フランク・グリロ主演の映画「パージ:大統領令」を試写会で観た。

一年に一回、12時間だけ「あらゆる犯罪」が許される法律パージと、それを廃止しようとする議員の戦いを描く。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

前作を観ていなかったので、ちょっと不安だったけれども、前作を知らなくても十分楽しめた。

この設定の異常性よりも、その背景にある病んでるアメリカの姿が面白かった。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「パージ:大統領令」予告編 動画

(原題:THE PURGE: ELECTION YEAR)



更新履歴・公開、販売情報

・2017年4月7日 試写会にて観た感想を掲載。

・2018年12月15日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


ネット配信で観る:「パージ:大統領令」(字幕版)

パージ:大統領令 (字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/12/15 15:37時点)



DVDで観る:「パージ/大統領令」

パージ/大統領令 ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,122から
(2017/7/31 19:07時点)



「パージ」 Blu-ray

パージ [Blu-ray]

新品価格
¥1,375から
(2017/4/7 00:01時点)



「パージ:アナーキー」 Blu-ray

パージ:アナーキー [Blu-ray]

新品価格
¥1,375から
(2017/4/7 00:02時点)





キャスト&スタッフ


出演者

フランク・グリロ
…(「スカイライン-奪還-」、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」、「ディス/コネクト」など)

〇エリザベス・ミッチェル

〇ミケルティ・ウィリアムソン



監督・脚本

〇ジェームズ・デモナコ


2016年制作 アメリカ映画

映画「パージ大統領令」



あらすじ


一年に一度、夜間12時間だけ、「あらゆる犯罪が合法化」という法律パージが施行されたアメリカ。

ちょうど大統領選が行われており、パージを守る保守派の議員と、パージを廃止を掲げるローン上院議員(エリザベス・ミッチェル)の間で激しい戦いが行われていた。

そして、パージの夜。

シークレットサービスのレオ(フランク・グリロ)は、ローン上院議員の警護に当たるが、警護チームの中に裏切り者がいて、彼女の家は襲撃されてしまう…。



映画「パージ大統領令」フランク・グリロ




感想(ネタバレあり)


「パージ」とは


この「パージ」という映画、3作目だとのことで、残念ながら、私は前2作を観ていない。

しかし、この第3作目の「パージ:大統領令」は、アメリカでそこそこヒットしていたので、存在は知っていたし、だいたいの内容も分かっていた。

個人的には、ただひたすら人を殺すだけの映画は苦手なので、正直なところ、どうかなぁと思ったけれども、思っていた以上に楽しめた。



まぁ、確かにバイオレンスはバイオレンスだけれども、タランティーノほどの残虐性もないし、そんなに激しい方ではないと思う。

私のように、前作を観ていない人のために、「パージ」という法律について説明すると、「一年に一度だけ夜間の12時間、殺人を含めたあらゆる犯罪が合法になる」というもの。



そのため、犯罪がその「パージ」の日に集中し、犯罪率が減ったのだとか。

また、パージの日になると、「人を殺したい人」が町に溢れ出て、町は殺戮パーティになるという話。



んーーー。そうか。あらゆる犯罪が合法と言われると、私だったら、ハッキングとかして大金を自分の口座に移しちゃうような犯罪を考えちゃうけれども…。

どうも、アメリカの人たちは血気盛んで、ストレスが相当溜まっているらしい。



映画「パージ大統領令」フランク・グリロ



現実離れしているから面白い


最初は、おバカな法律考えるなぁと思いながら観ていた。

しかし、ローン上院議員が家を追い出されたあたりから楽しくなってきた。

「殺戮パーティ」をするんだったら、やっぱり外に出ないと面白くない。



殺人ドローンは飛んでるし、路地にギロチンが置いてあったり、おかしな被り物被って、銃を持った人たちが街を歩いている。

ハロウィーンパーティーが殺し合いになったようなものだろうか。

私は、そのクレイジーな感じが楽しかった。



現実離れしていればいる程面白い



特に、チョコバー欲しさに、チェーンソー持ち出しちゃう女子高生なんて、最高に面白かった。

この辺のバカっぽい感じは、それなりに楽しかった。

それまでおとなしかった黒人のお姉さんが、銃持ったら、急にガンガン撃ち始めたのもクールだった。



映画「パージ大統領令」



白人富裕層 vs 低所得者層


しかし、私が、この映画で面白いと思ったのは、現在のアメリカが病んでいる部分をギュギュっと凝縮して描いているところ。

パージが施行される夜間12時間に起きる犯罪は、アメリカで1年間に起きている犯罪を、全部そこに集約させたようなもの。



「銃規制」、「格差社会」、「人種差別」、「移民問題」…。

アメリカで起きている社会問題について、そこの部分を解決すれば、相当減るだろうと思われるところをデフォルメして描いている。



パージを使ってガス抜きさせれば良いじゃないか。

銃器メーカーも儲かるし。

といって、パージを推進しようとするのが、白人富裕層を中心とした保守派っていうのも面白い



逆に、パージに反対しているのは、黒人や移民を中心とした低所得者層である。

なぜなら、彼らこそが、パージのような時に「人間狩り」の対象になるからだ。

その白人富裕層 vs 低所得者層 の対立もまた、現在のアメリカを表現している。



映画「パージ大統領令」



「パージ」を廃案にして、何をするのか…


この映画が残念なのは、そこで終了しているところである。

今のアメリカにはこれだけ問題があって、銃も簡単に手に入るし、犯罪大国だ。

だから、パージみたいな法律作ったら、犯罪が減るだろう。

でも、やっぱり、無実の人が殺される理不尽な社会になるだけだから、パージは辞めよう。

そこで終了してしまっている。



私が知りたかったのは、そこから先だった。

パージで犯罪が減ったのに、そのパージを辞めてしまったら、犯罪は増えるだろう。



その後、どうやって犯罪を減らすつもりなのか

それもないまま、「パージを辞めましょう~」じゃ、中途半端だ。



結局、アメリカから犯罪を減らすこともできず、銃規制もできないと放棄するのか。

アイディアはかなり面白いのに、全体的に印象がB級で終わってしまっているのは、その辺の提案力のなさにあるかなと思う。



だったら、私たちはどう生きるべきなのか

という、心意気みたいなものを見せて欲しかった。





ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「パージ:大統領令」(字幕版)

パージ:大統領令 (字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/12/15 15:37時点)



DVDで観る:「パージ/大統領令」

パージ/大統領令 ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,122から
(2017/7/31 19:07時点)



「パージ」 Blu-ray

パージ [Blu-ray]

新品価格
¥1,375から
(2017/4/7 00:01時点)



「パージ:アナーキー」 Blu-ray

パージ:アナーキー [Blu-ray]

新品価格
¥1,375から
(2017/4/7 00:02時点)