ベルギー映画「エンジェル、見えない恋人」を映画館で観た。

透明人間として生まれたエンジェルと、盲目の少女マドレーヌとの恋を描く恋愛映画。


映画「エンジェル 見えない恋人」

満足度 評価】:★★★★☆

「もしも恋人が透明人間だったら」という発想が斬新で面白かった。

人は人種や肌の色などの外見で判断しがちだけど、二人の恋を見ていると外見なんかどうでも良いと思えてくる。

誰にも入り込めない二人だけの世界が良い。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想
  6. 関連記事


『エンジェル、見えない恋人』予告編 動画

(原題:Mon ange)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年10月22日 映画館にて鑑賞。

・2018年11月3日 感想を掲載。

・2019年11月25日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。




キャスト&スタッフ


出演者

〇フルール・ジフリエ

〇エリナ・レーヴェンソン

〇マヤ・ドリー

〇ハンナ・ブードロー

〇フランソワ・ヴァンサンテッリ

〇ゴーティエ・バトゥー(声の出演)

〇レオ・ロルレアック(声の出演)

〇ジュール・マイニー(声の出演)


監督

〇ハリー・クレフェン


2016年製作 ベルギー映画





あらすじ


マジシャンの父と母 ルイーズ(エリナ・レーヴェンソン)との間に産まれた息子 エンジェルは生まれつき透明人間で、彼の存在は母にしか分からない。

養護施設で暮らす母と共に生活していたエンジェルだったが、その施設の隣の家に住む少女マドレーヌ(ハンナ・ブードロー)に興味を持ち始める。

全盲であるマドレーヌは、他の人には見えないエンジェルの存在に気付き、エンジェルが透明人間とは知らずに友達になる。

しかし、彼女が成長すると、エンジェルは「視力回復の手術を受けるため、遠くへ引っ越すことになった」と、マドレーヌに言われてしまい…。



映画「エンジェル 見えない恋人」



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


エンジェル、見えない恋人 (2016)



★★★★ [80点]「外見などどうでもいいと思えてくる」


とっても独創的な作品で面白かった。

優しくて温かいファンタジー恋愛映画



生まれつき透明人間で生まれてきたエンジェルは、母親が入院している病院の隣の家で暮らす少女マドレーヌと出会う。

全盲のマドレーヌは、エンジェルの存在を感じ、彼が透明人間とは知らずに友達になり、思春期を迎えた頃に恋人へと発展する。

しかし、彼女は視力回復の手術を受けることになり…。



偶然にも、最近観た映画かごの中の瞳」とかなり設定が近い作品。

どちらも「全盲の彼女の目が見えるようになったら、僕は捨てられる」という不安を映画にしている

かごの中の瞳」は、その不安がサスペンスになり、この「エンジェル」は、そこからファンタジーへと発展していく。



美しい恋人を持ってしまった男性たちは、自分の外見に自信がなく、「こんな自分は、彼女と釣り合わない…」とネガティブな気持ちにおちいってしまうのが、その原因



もちろん、それは逆パターンでも同じこと。

めちゃくちゃイケメンな彼氏ができてしまった女子は「なんで、私なんかと…」と、悩むに違いない。

それならば、「いっそのこと、恋した相手が透明人間ならどうか」という、思い切った提案をこの映画はしている

そうして「恋愛に必要なものは何か。立派な外見か、それとも、そばにいて欲しいという気持ちか」について考えさせる



で、結局、透明人間を恋人に持ったマドレーヌは、どういう選択をしたのか。

については、ぜひ、映画を観て確認して欲しい。



けれど
かごの中の瞳」は、ネガティブな方向に気持ちが走ったのに対し、こちらは、それとは対象的にポジティブに話が展開していくのが良かった

気持ちが救われる作品になっている



現代は「人種とか、肌の色で人間を判断するのはやめましょう」という、多様性の時代を迎えているけど、この映画は、まさにその究極の形を提示しているのだ。



目が見えない状態で愛し合っていた二人が、目が見えた途端に破滅するなら、本当に二人は愛し合っていたとは言えないのではないか。

彼らを見ていると「本当に外見とかどうでもいいな」という夢の世界が見えてくる

愛の形は、人それぞれなのだ


Posted by pharmacy_toe on 2018/10/26 with ぴあ映画生活



関連記事


盲目の恋人の目が見えるようになったら…


「かごの中の瞳」
全盲の妻が美しく大胆になっていくことに耐えられない夫が招くサスペンス。独占欲・自信のなさ・不安が不幸を招く。ブレイク・ライブリー主演映画【感想】




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村