とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:オーランド・ブルーム



ジョニー・デップ主演の映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」を映画館で観た。

人気シリーズの第5弾。ウィル・ターナーの息子が父の呪いを解くために、ジャック・スパロウと共に秘宝「ポセイドンの槍」を探す冒険の旅に出る。


満足度 評価】:★★☆☆☆

ストーリー展開は適当だし、キャラクターの人間性は薄いし、このノリに全くついていけなかった。

この映画の中で、素晴らしいと思ったのは音楽だけ。

画面やストーリーにワクワクしなくても、音楽を聴くとワクワクする。

音楽の力って絶大だなと思った。

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」予告編 動画

(原題:PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MEN TELL NO TALES)




DVDで観る:「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]

新品価格
¥3,289から
(2018/7/30 15:00時点)



ネット配信で観る:パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (字幕版)

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (字幕版)

新品価格
¥399から
(2018/7/30 15:01時点)



「パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊」オリジナル・サウンドトラック

パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊 オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,620から
(2017/7/18 23:39時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ジョニー・デップ
…(「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」、「ブラック・スキャンダル」、「イン・トゥ・ザ・ウッズ」、「トランセンデンス」、「アリス・イン・ワンダーランド」、「チャーリーとチョコレート工場」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「ネバーランド」、「ニック・オブ・タイム」など)

ジェフリー・ラッシュ
…(「鑑定士と顔のない依頼人」、「やさしい本泥棒」、「シャイン」など)

ハビエル・バルデム
…(「BIUTIFUL ビューティフル」、「コラテラル」、「007 スカイフォール」、「スコーピオン 反逆のボクサー」など)

〇ブレントン・スウェイツ

カヤ・スコデラーリオ
…(「メイズ・ランナー 最期の迷宮」、「メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮」、「メイズ・ランナー」など)

オーランド・ブルーム
…(「ケープタウン」、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、「キングダム・オブ・ヘブン」、「ホビット」シリーズなど)

キーラ・ナイトレイ
…(「プライドと偏見」、「ラブ・アクチュアリー」、「はじまりのうた」、「イミテーション・ゲーム」、「エンド・オブ・ザ・ワールド」など)

監督

〇ヨアヒム・ローニング

〇エスペン・サンドベリ

2017年製作 アメリカ映画

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」


あらすじ


ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の元に、かつて共に旅をしていたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の息子ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)が訪ねて来る。

ヘンリーは父にかけられた呪いを解くために必要な「ポセイドンの槍」を探していて、そのためにジャックの力が必要なのだと言う。

さらに、ヘンリーはポセイドンの槍の在りかを知る女性カリーナ(カヤ・スコデラーリオ)を連れ、旅に出る。

しかし、その昔、ジャックによって呪いをかけられたサラザールが亡霊となって、ジャックの後を追っていた…。



映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ジョニー・デップ


感想(ネタバレあり)


特にこれまでの内容を覚えていなくても大丈夫


ジョニー・デップの主演で人気の「パイレーツ・オブ・カリビアン」もこれが第5作目。

ディズニー・ランドの人気アトラクション「カリブの海賊」から着想された映画だ。

話の内容もタイトルにあるまま、カリブ海の海賊ジャック・スパロウが、海にいる怪物たちと戦いながら冒険する物語である。

これが5作目と言われ、「えぇと…、そんなにあったかなぁ??」と思う程度にしか、この人気シリーズに思い入れはない。

全部観たような気もするし、何か見落としているような気がしなくもない。

しかし、話の筋を追っていっている間に、分からないところもなかったし、知らないキャラクターもいなかったので、なんだかんだ言いながら、これまでも見てきたんだと思う。

綺麗な海があって、そこにジャックがいて、ジャックと腐れ縁のバルボッサがいる。

そして、今回ジャックの盟友(?)ウィル・ターナーとエリザベスの息子ヘンリーが登場する。

それだけ分かっていれば、十分なような気もする。


映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ジョニー・デップ


試練や困難を乗り越えることなく叶えた願いには感動できない


このシリーズは大人気でファンも多く、この5作目も観客ウケがとても良いようだ。

しかし、私は何とも物足ず、時折、退屈だなぁと思うところもあった。

その要因はいろいろあるが、何よりもまず、ストーリーについていけなかった。

今回の旅の目的は、「ウィルの息子ヘンリーの願いを叶えること」だ。

その願いを叶えるまでの道筋が、あまりにも短絡的過ぎる。

私たちが日常生活において、何か願いを叶えようとする時、誰かに道筋を整えてもらって、あとは自分がそこへ行けば、願いごとが叶ったりするんだろうか。

そうではないはずだ、時には挫折し、葛藤したり、失敗したりしながら、仲間を助け、また助けられながら、ようやく欲しかった願いにたどり着くのではないだろうか。

ところが、このヘンリーの場合、ジャックとバルボッサとカリーナがお膳立てをして、目の前に目的の「ポセイドンの槍」が登場する。

私からすると、ヘンリーはジャックと遊びつつ、かわいいカリーナといちゃついているうちに、「ポセイドンの槍」にたどり着いてしまったような、そんな印象を受ける。

ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」の映画化としては、それが正解なのかもしれない。

でも、冒険映画と言うのなら、「目的にたどり着くまでの試練」を描いて欲しかったし、日頃、がんばっている人たちに対して「君たちも頑張れば、願いを叶えられる」と思えるような展開にして欲しかった。

もちろん、「娯楽作品にそこまで求める必要はない」と思う人もいるだろうが、最初から最後まで楽しい娯楽作品でありながら、夢に向かうまでの苦労や葛藤を描き、人に希望を与える作品もたくさんあるのだ。


映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ブレントン・スウェイツとジョニー・デップ


ジャック・スパロウは尊敬できるところのない、ただの酔っ払い


さらに、私が物足りないと感じたのは、各キャラクターの人物設定だ。

主人公のジャック・スパロウは、私からすれば、「ただの酔っ払い」にしか見えない。

ジャックは、この物語の主人公でありながら、ブラック・パール号の船長でしょう。

もちろん、表面的には「ただの酔っ払い」で良いのだけれど、その裏に尊敬できる部分とか、惹かれずにはいられない人間性みたいなものが欲しかった。

正直言って、途中でこの「酔っ払い」キャラにも飽きてしまった。

これも、毎度のことなんだけど、ジャックは何かを自分で決断したりしない。

いつも、周りの人たちとの成り行きで物語は進んでいる。

その「ゆるいキャラ」が、きっとこの物語がウケている理由の一つなんだろうけど、私には、ただのだらしない人にしか見えない。

ジョニー・デップがカッコいいからとか、あの衣装や髪型がイケてるからという理由では、ジャック・スパロウというキャラクターに惹かれる理由にはならない。

いつも酔っ払っている感じだけれど、裏ではクルーたちに気を配ってくれるとか、見えないところに優しさがあるとか、実は、誰よりも気配りができるのがジャックだとか、そういう「ちょっとした裏話」を挟むだけで、ジャック・スパロウの人間性が全然違ってくる。

あれでジャック・スパロウがキャラとして成立しているなら、志村けんのバカ殿様でも良いんじゃないかと思う。


映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ハビエル・バルデム


これだけの俳優陣と製作費があったら…


後半、夜中にハビエル・バルデムが演じるサラザールとジャックとバルボッサが乗るブラック・パール号との闘いになった時、ただでさえ、夜中のアクションシーンは何をやっているのかよく分からないから好きではないのに、みんな同じような格好をしているから、誰がどこにいるのか、イマイチよく分からなくなってきた。

そこまでくると、私も、ほぼ試合放棄をしていたので、「まぁいいか」と思いつつ、若干「退屈だなぁ」と思っていた。

そして、その頃には、ジョニー・デップと、ジェフリー・ラッシュと、ハビエル・バルデムが共演をして、こんなにCGにかけるお金があったら、もっと良い映画できたよねぇと思い始めていた。

この第5弾では、ほぼカメオ的にしか登場しないオーランド・ブルームキーラ・ナイトレイも入れたら、どんなに素晴らしい映画ができることかと考えた。

そう思ったら、その登場場面の大半を加工されたアニメの状態で登場するハビエル・バルデムのもったいなさ。

彼は「スペインの伝説的船長を演じることができて光栄だ」とコメントしていたけど、それこそ、リアルにスペインの無敵艦隊の船長を演じたら、重厚な歴史映画が作れそうだ。

まぁ、そんな妄想をしても空しいだけだ。

なんで、こんなに素敵な俳優さんたちを無駄遣いしてしまっているのか。

本人たちは、こんな、何の葛藤も成長も冒険すらないアドベンチャー作品に出演して満足しているんだろうか。

それとも、多額のギャラをもらっているから、満足なのかな。

後半は暇だったもので、そんな風に邪推ばかりをしていた作品だった。

そろそろ、このシリーズもネタ切れなんじゃないかなと思う。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]

新品価格
¥3,289から
(2018/7/30 15:00時点)



ネット配信で観る:パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (字幕版)

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (字幕版)

新品価格
¥399から
(2018/7/30 15:01時点)



「パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊」オリジナル・サウンドトラック

パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊 オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,620から
(2017/7/18 23:39時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
今日観た映画 に参加中!
オーランド・ブルーム主演の映画「キングダム・オブ・ヘブン」をWOWOWで観た。

聖地エルサレムを巡るキリスト教十字軍とイスラム教徒との宗教戦争を描く。

パリで同時多発テロが起きた翌日に、なんとなくHDDに撮れていた映画を見始めたら、キリスト教とイスラム教の聖戦だったことに何か運命のようなものを感じて、これは観なければいけないという気分で最後まで観続けた。

人は、千年も前から同じことを繰り返し、未だに和平なんか夢のまた夢で、新たな戦争が起きようとしていることを思うと、なんだか愕然としてしまった。

「キングダム・オブ・ヘブン」予告編 動画

(原題:KINGDOM OF HEAVEN)




ネット配信で観る:「キングダム・オブ・ヘブン」(字幕版)

キングダム・オブ・ヘブン (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/8/6 15:03時点)



DVDで観る:「キングダム・オブ・ヘブン」

キングダム・オブ・ヘブン(ディレクターズ・カット) [Blu-ray]

新品価格
¥1,000から
(2015/11/15 17:05時点)



「キングダム・オブ・ヘブン」公式ガイド

キングダム・オブ・ヘブン 公式完全ガイド

中古価格
¥180から
(2015/11/15 17:06時点)



「キングダム・オブ・ヘブン」サウンドトラック

「キングダム・オブ・ヘブン」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥75,654から
(2015/11/15 17:08時点)



キャスト&スタッフ


出演者

オーランド・ブルーム
…(「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」、「ケープタウン」、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、「ホビット」シリーズなど)








監督



2005年製作 アメリカ映画


あらすじ


十字軍の騎士ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)は、生まれてから会ったことがない息子バリアン(オーランド・ブルーム)に会い、「キリスト教とイスラム教が共存する天国の王国」を目指し、共にエルサレムへ向かう。

しかし、道の途中で同じキリスト教の対立勢力に襲われ、ゴッドフリーは命を落としてしまう。

しかし、ゴッドフリーの希望である「天国の王国」を目指し、バリアンはエルサレムへと向かう・・・。



キングダム・オブ・ヘブン



感想(ネタバレあり)


夢の聖地を作る戦いではなく、単に富と領土を奪い合う戦いへと変貌していく・・・


あぁぁぁぁぁぁぁ。残念なことに、人間は1,000年前から何も変わっていないことが分かってしまった。

本来、宗教とは弱気を助け、悪しきを挫くものであったはずなのに、その頃から、戦争の言い訳として使われるようになってしまった。

彼らの起こす戦争は、聖地のためでなく、人々を守るものでもなく、富と領土を守るためのものだった。

その空しさに気付いたバリアンは、多くの民を救うために、エルサレムを解放する。

彼のその判断は、多くの民から感謝されることになる。



キングダム・オブ・ヘブン2



多くの血を流してまで守らなければならないものなど無い


私も、この映画の終わり方に大賛成だと思った。

多くの血を流してまで、守らなければならない聖地っていうのは、一体なんなんだろう。

元々、そこを統治していたエルサレム王(仮面の男)(エドワード・ノートン)が目指していたのは、キリスト教とイスラム教の共存だった。

もしも、共存できず、多くの血を流すことになるのであれば、そこまでしてそこにいる必要は無い。

世界中、どこにいても祈りを捧げることはできるのだから。

それよりも、バリアンは善行をなす(この場合は、無実の人を助けること)ことが、最善だと考えた。

人の命をかけてまで、守り抜かなければならない信仰心なんて、そこには神はいないと私は思う。



キングダム・オブ・ヘブン3



イスラム教 = 悪 としない描き方に好感


それに、私は、この映画がイスラム教徒を悪として描かなかったことが、気持ち良く見られた要因の一つだったと思った。

エルサレム王に仕えたバリアンが、とても優秀な騎士だったように、イスラム教徒の中にも、紳士だった騎士もいて、頭の良いリーダーもいて、敵に慈悲をかけることもできる。

それは、今の時代にも言えることで、全てのイスラム教=悪と考えるのは、ますます関係を悪化させるだけだと考える。

時には互いのリーダーが、この映画のラストのように白旗を振って相手の要求は何かを聞くことが、最善の道につながることもあるのではないか。

もちろん、相手はテロリストではなく、もっと上にいる指導者レベルの話で。

結局、この映画が描かれた約1,000年前の状況と、今の状況では、大して進歩していないんだから。



キングダム・オブ・ヘブン4



名だたる俳優たちの中、主役を演じたのは大作初主演のオーランド・ブルーム


騎士バリアンを演じるのは、オーランド・ブルーム

父、ゴッドフリーの血をひき、最後までエルサレムで弱き民を守り続けた騎士を演じた。

なんだか、オーランド・ブルームが出てくると、弓をひくイメージがチラついちゃうのは、なんだか気の毒だけど(笑)、今回はとても男らしい棋士を堂々と演じていて良かった。

彼以外にも、有名な俳優がたくさん出ていて気の休まる時がなかった映画だったんだけど、私は、その中でも、リーアム・ニーソンが出番が少ないながらも、一番印象的だったなぁ~。

バリアンの父でありながら、彼が大人になるまで名乗らなかったことを詫び、攻撃に遭えば、命尽きるまで部下と息子を守り続けた、懐の深い騎士ゴッドフリーが素敵だった。



キングダム・オブ・ヘブン5



一日も早い和平実現を


私には、これといって信仰している宗教もないし、困った時の神頼みしかしないような不心得者なので、この映画の心情的な部分を理解できていないところも多々あるかもしれない。

私もこの地球に住む人間の一人であり、無実の人の命を奪うような、無差別テロは一日も早く無くなって欲しいと心から願っている。

少なくとも、神のために無実の人も殺していいと言っている宗教なんてあるはずがない。

この映画の中で騎士ゴッドフリーと、エルサレム王が心から望んでいた、キリスト教徒とイスラム教徒が共存する「キングダム・オブ・ヘブン(天国の王国)」が、一日も早く聖地にできることを心から願う。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「キングダム・オブ・ヘブン」DVD

キングダム・オブ・ヘブン(ディレクターズ・カット) [Blu-ray]

新品価格
¥1,000から
(2015/11/15 17:05時点)



「キングダム・オブ・ヘブン」公式ガイド

キングダム・オブ・ヘブン 公式完全ガイド

中古価格
¥180から
(2015/11/15 17:06時点)



「キングダム・オブ・ヘブン」サウンドトラック

「キングダム・オブ・ヘブン」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥75,654から
(2015/11/15 17:08時点)














買取ならもったいない本舗



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
オーランド・ブルーム、フォレスト・ウィテカー主演の南アフリカ映画「ケープタウン」をWOWOWで観た。

アパルトヘイトが撤廃されたはずの南アフリカで、現在もまだ直面している富裕層 VS 貧困層 の構図を描くサスペンス映画。

とても見応えのある骨太な作品だった。

実際には、こんな世の中であって欲しくはないと願っているが、南アフリカが制作した映画となれば、きっとそこには悲しい現実も含まれているんだろうなぁ。

「ケープタウン」予告編 動画

(原題:ZULU)



「ケープタウン」DVD

ケープタウン [Blu-ray]

新品価格
¥3,809から
(2015/10/11 01:20時点)


あらすじ


スラム街で次から次へと子供が失踪する事件の捜査を担当しているアリ(フォレスト・ウィテカー)の元へ、殺人事件の報告が入る。

相棒の刑事ブライアン(オーランド・ブルーム)と現場へ向かうと、そこにはひどく殴られた形跡のある白人女性の死体があった。

なぜ、彼女は殺されたのか、死因は何だったのかを捜査していくうちに、新種の薬物が見つかった。

その薬物は、誰が何のために開発したものだったのか・・・

ケープタウン

感想(ネタバレあり)


黒人の人たちを人間と思わない人たちがまだいる現状


アパルトヘイトが撤廃されてから20年経った、今の南アフリカを描いた作品。

途中、過激なシーンがいくつかあったけれども、最初から最後まで一貫して力強い作風に、ガッツリとのめり込んで観てしまった。

南アフリカでは、アパルトヘイトが撤廃された今も、黒人を人間と思っていない悪魔みたいな奴らがいるっていうのが、何よりも衝撃だった。

スラム街の子供たちを新しいドラッグの人体実験に使い、散々使い尽くした後、捨ててしまう。

そんなことあるわけないでしょう・・・と、初めは半信半疑だった。

すごく平和に、白人と黒人が仲良くしてる・・・なんて、能天気なことは思っていなかったけど、未だにこのレベルなのかと思うと、唖然としてしまう。

しかし、背景に流れるスラム街の映像と、その子供たちの扱いの酷さを見るに、この南アフリカのスラム街でなら、あり得るのかもしれないと思ってしまう。

怖かったなぁ。とても怖かった。

ケープタウン2

黒人たちの心の奥底でフツフツと煮立っている、過去への復讐心


この映画の中で、一番、印象に残っているのは、最後、フォレスト・ウィテカー(「メッセージ」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」「贖罪の街」「クリスマスの贈り物」「96時間/レクイエム」「ファーナス/訣別の朝」)演じるアリが砂漠の中、犯人を追い詰めていくシーンだ。

アリは、とても真面目な警察官で、問題を起こすようなことはそれまで無かったけれども、心の中では、アパルトヘイト時代に、白人に痛い目に遭わされたことが、まだ、心の傷として残っていた。

そんな精神状態での、このシーンは、母が殺されてしまったことへの復讐だけではなく、自分が今まで受けてきた傷の復讐でもあったように思えてならない。

ということは、実際の南アフリカでも、アパルトヘイトが撤廃されて、黒人の人たちは自由になったとはいえ、心に受けた傷を未だに奥底にしまったまま生きている人がたくさんいるということなんだなと思った。

今まで、いろいろ言いたいことがあった、言えなくて我慢してきた。

殴りたい奴もいた。でも、我慢してきた。

それが、最後の最後に爆発する。

でも、きっと真面目で優しいアリのことだから、最後まで心が痛んだのではと思う。

ケープタウン3

ブライアンが葬儀屋で依頼した最後の葬式とは・・・


アリとは、対照的なのが、オーランド・ブルーム(「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」、「キングダム・オブ・ヘブン」)演じるブライアンだ。

アル中で、毎晩恋人を変え、目の下には隈を作っているような男。

でも、悪に対しては容赦情けなく潰していく彼の強さが、この映画の希望だった。

最後の最後、葬儀屋でアリの葬式の手配をした後、一旦外に出てから、また戻ってきて、もう一件、手配をお願いしたいと言った。

その「もう一件」は、誰の葬式だったんだろう・・・

彼が子供の頃から忌み嫌い、アパルトヘイト推進派だった父親の葬式ではないだろうか。

アリが、過去に受けた悲しみと向き合い爆発させてしまった姿を見て、

ブライアンも、同じく、過去と向き合い、出した答えが父の葬式であったなら、

それは、アパルトヘイトを忘れて、一歩前進したいという思いがここには表現されているのではないかと感じた。

ケープタウン4

アパルトヘイトを撤廃したことは正しかった。南アフリカは平和だと証明する日が来て欲しい


つい、昨日、「子連れじゃダメかしら?」っていう映画を観て、主人公たちが南アフリカへ旅行へ行くのを観て、「私も南アフリカへ旅行に行きたーい (´▽`)ノ」なんて、のんきに言っていたのに、この映画「ケープタウン」を観たら、「絶対、行きたくなーい」に変わってしまった (^^;

きっと、こんなに治安が悪いのは、スラム街だけだと思うけど、歩いているだけで、流れ弾に当たってしまいそうな雰囲気・・・。

南アフリカは、今後も定期的に映画を作って、現状を世界に知らせて欲しい。

アパルトヘイトを撤廃したことは、正しかったことだと証明して欲しいから・・・。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ケープタウン」DVD

ケープタウン [Blu-ray]

新品価格
¥3,809から
(2015/10/11 01:20時点)







↓ 「ケープタウン」も放送しているWOWOW_新規申込






古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック