とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:キム・ゴウン



イ・ビョンホン主演の映画「メモリーズ 追憶の剣」をWOWOWで観た。

共に王と戦うことを誓った3人の剣士だったが、1人が裏切ったために憎しみ合い、殺し合うことになってしまった彼らの運命を描く歴史ドラマ。

満足度 評価】:★★★☆☆

映像はとても美しいけれど、内容の薄っぺらさが非常に残念な作品だった。

もっと細部を丁寧に描けば重厚な作品にも成り得た気がした。

「メモリーズ 追憶の剣」予告編 動画

(原題:협녀:칼의 기억




「メモリーズ 追憶の剣」 通常版 【DVD】

メモリーズ 追憶の剣 通常版 【DVD】

新品価格
¥3,000から
(2016/12/18 13:49時点)



キャスト&スタッフ


出演者

イ・ビョンホン
…(「それだけが、僕の世界」、「天命の城」、「エターナル」、「MASTER マスター」、「マグニフィセント・セブン」、「インサイダーズ 内部者たち」、「ターミネーター/新起動:ジェネシス」、「王になった男」、「甘い人生」など)

チョン・ドヨン
…(「男と女」、「無頼漢 乾いた罪」、「ユア・マイ・サンシャイン」など)

キム・ゴウン
…(「コインロッカーの女」、「ウンギョ 青い蜜」など)

ジュノ(2PM)
…(「二十歳」、「監視者たち」など)

〇ペ・スビン

監督・脚本

〇パク・フンシク

2015年製作 韓国映画

メモリーズ追憶の剣



あらすじ


高麗王朝末期、最強として恐れられた3人の剣士、ドッキ(イ・ビョンホン)、ソルラン(チョン・ドヨン)、プンチョン(ペ・スビン)は王朝と戦っていたが、ドッキは権力に屈して王朝に寝返ってしまう。

そのドッキを殺そうとしたプンチョンはソルランによって殺され、生き残ったプンチョンの娘はドッキの剣により背中を切られてしまう。

その後、ドッキは王朝で将軍にまで登りつめ、最後の玉座を虎視眈々と狙い、ソルランはプンチョンが遺した娘ホンイ(キム・ゴウン)を一人前の剣士に育て、ドッキに復讐する機会を狙っていた…。

メモリーズ追憶の剣2



感想(ネタバレあり)


時系列が分かりづらいのが難点…


「この世の中を変えたい」という志を持った同士3人・ドッキ、ソルラン、プンチョン。

彼らは切磋琢磨して共に戦ったものの、最後の最後で、その仲間のうちの1人・ドッキが権力に屈して裏切ってしまう。

さらには、そのドッキへの愛が捨てきれずに、ソルランはプンチョンを殺してしまう。

しかし、ソルランは裏切り者を愛したことと、プンチョンを殺してしまったことへの良心の呵責から、ドッキへの復讐を誓い、自分自身は盲目となり、残されたプンチョンの娘ホンイを一人前の剣士に育て上げる。

ところが、実はプンチョンの娘ホンイはドッキに切られた時に死んでおり、その後、ソルランとドッキの間に生まれた娘をホンイとして育てていた。

娘は、その全ての事実を知りながらも、母に教えられた「復讐」を果たすため、腕を磨いていた。

というお話なんだけれども、どうにもこの全貌が伝わりにくい映画だった。

ストーリーは、ドッキが将軍となったところから始まり、過去のことはその間に回想シーンとして差し込まれていくが、時代劇ということもあって時系列が分かりづらく、この回想シーンはいつのものかと推理しながら先に進まないとならず、観客に対し不親切で雑な編集をしているなという印象を受けてしまった。


メモリーズ追憶の剣3



一つ一つのストーリーやキャラクター設定が薄い


最初から、最後まで、「この回想はいつの頃のものかな」…なんて、考えながら観ていったにも関わらず、内容はその割にとても薄っぺらい印象だった。

最強と言われた3人の剣士、ドッキ、ソルラン、プンチョンが登場するが、彼はなぜ、何のために王朝と戦っていたのか。

その理由が語られていない。

きっと王政が悪政だったんだろうということは想像がついても、どれ程までに酷い仕打ちを受けたから彼らは立ち上がったのか。

その理由が知りたかった。

そして、戦い抜き王の目の前まで来て、なぜドッキは仲間を裏切ったのか。

権力が欲しかったから?それとも王朝に入ったら、中から王政を覆せると思ったから??そこもまた、野心なんだろうなぁと推測するしかない。

そういう一つ一つのことの理由と、その心情背景が描かれないまま話が進んでいくために、物語はどんどん薄っぺらくなっていく。

その後、ドッキの忠実な部下として登場するユルについては、キャラクター設定さえも曖昧で、何か意味がありそうな役割を匂わせたまま、結局、あまり重要性を感じないまま終了してしまう。

もう少し、それぞれのキャラクターの持つ意味や、彼らの持つ「愛」や「憎しみ」の感情をもっと丁寧に描いていれば、もっと良い作品になっただろうなぁと思うと、とても残念だった。


メモリーズ追憶の剣4



内容よりも映像美に力を入れた感あり


その内容が薄くなった分、映像の美しさにはとても力を入れて描かれていた。

だからきっと、すごく美しい童話だと思って観ればいいのかなと思ったんだけど、その割に内容が「愛憎劇」だったので、そうもいかなくなってしまった。

ひまわりや、白い花が咲き誇る草原。

深い緑の竹林や、雨や雪のシーンもすごく効果的だった。

あぁ美しいなぁと思って見とれるシーンもいくつかあった。

それに、殺陣のシーンは、さすがの韓国クオリティで迫力満点だった。

しかし、あまり、ワイヤーを使って飛んだりしてしまうと、「足技」が見せ場の韓国カラーがちょっと薄れてしまって残念。

チョン・ドヨンやキム・ゴウンのような、あまりアクションシーンを演じてこなかった女優たちを使ったために投入したワイヤーなんだろうけど、「韓国だからこそ」の飛び蹴りやまわし蹴りを楽しみにしているファンも多いはず。

でも、まぁ、映像の美しさの力の入れようを見ると、内容の奥行きよりも、映像の美しさを重視したんだなという印象だった。


メモリーズ追憶の剣5



演技の上手さでも脚本の薄さはカバーできない


きっと、その分、イ・ビョンホンチョン・ドヨンキム・ゴウンといった新旧の演技派たちを集めて、演技の重厚さで内容の薄さをカバーしようと考えたのかなと思った。

しかし、残念ながらいくらうまい演技を見せられたところで、脚本の内容の薄さはカバーしきれない。

最後にホンイが念願の復讐を果たしたものの、「で、どうしたの??」っていうのが、私の率直な感想だった。

肝心なのは、「ホンイが復讐を果たして何を思ったか」だと思ったんだけど、そこについては何も語られず。

ということは、結局は、ソルランが自分の娘を巻きこんで復讐を果たしたかっただけの自分本位な物語だったのか。

ソルランは、ホンイに復讐を託したものの、未来は託していなかったのか。

彼らは、この世の中をよくするために生きていはいなかったのか…。

結局、復讐を果たして、「愛する人と死ぬまで一緒」という願いを叶えたかっただけの物語だったのか…。

なんだか、心に残るものもなく、残念な物語だった。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~



ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「メモリーズ 追憶の剣」 通常版 【DVD】

メモリーズ 追憶の剣 通常版 【DVD】

新品価格
¥3,000から
(2016/12/18 13:49時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


韓国映画「コインロッカーの女」をWOWOWで観た。

コインロッカーに捨てられていた赤ん坊が、やがて裏社会を牛耳る家族拾われ、女帝と対立していく姿を描くサスペンス映画。



満足度 評価】:★★★★☆

この映画「コインロッカーの女」を観ながら、何度か「怖い!」とか「ひえぇぇぇぇぇ」とか声を上げた。

韓国の裏社会の恐ろしさが肌感覚で伝わってくる映画!

人間の闇は、ちょっとした路地裏に潜んでいる。


「コインロッカーの女」予告編 動画

(原題:차이나타운)




「コインロッカーの女」 DVD

コインロッカーの女 [DVD]

新品価格
¥2,980から
(2016/10/13 12:35時点)



キャスト&スタッフ


出演者


〇パク・ボゴム

〇オム・テグ

〇コ・ギョンピョ


監督・脚本

〇ハン・ジュニ

2015年製作 韓国映画



あらすじ


コインロッカーNo.10に捨てられていた赤ん坊は、10(イリョン)と名付けられ、ホームレスに育てられる。

まだ幼い頃に、仁川にある中華街で裏稼業を営む一家に拾われ、やがてイリョン(キム・ゴウン)は裏社会を牛耳る一家の立派な兵隊として育っていく。

一家の首領はオンマ(母)(キム・ヘス)であり、イリョンと同じように各地で拾われてきた子供たちが、オンマの指示の元、人身売買、借金の取り立て、臓器の闇取引、密入国などの仕事を確実にこなしていた。

しかし、ある時、そんなイリョンが借金の取り立てに向かった相手は、これまで出会ったことのない明るく優しい青年ソッキョン(パク・ボゴム)だった…。



コインロッカーの女




感想(ネタバレあり)


コインロッカーで拾われた女。闇社会で兵隊となる


どんな映画だったか、一言で表現しろと言われたら「恐ろしい」と真っ先に答える。

それぐらい、この映画には韓国の裏社会の恐ろしさが詰まった作品だった。

物語の舞台は仁川にある中華街(原題「차이나타운(チャイナタウン)」)。

韓国には中華街と呼ばれるものがほとんどなく、唯一、存在しているのが、この仁川にある中華街だ。

だから、多くの韓国の人たちにとって中華街とは「謎の街」であり、「あなたの知らない世界」だ。

その中華街を舞台に、まさに、私たちにとって未知の世界・裏社会が描かれているのが、この映画「コインロッカーの女」だ。

主人公イリョンは、コインロッカーに捨てられていた赤ん坊だった。

その彼女が裏社会を牛耳る一家に育てられ、立派な兵隊として成長する。

そして、借金の取り立て、人身売買、臓器の闇取引、密入国など、闇の世界で金になることはなんでも手掛けるようになる。



コインロッカーの女4



闇の社会しか知らない人生


まぁーーー、このイリョンがとにかく恐ろしい。

人を傷つけたり、殺したりすることを全くいとわない。

それもそのはず。

彼女はチャイナタウンで絶対的な女帝として君臨するオンマの元で二の腕として育てられてきたからだ。

幼い頃から、捨てられようが足蹴にされようがくらいついて生きてきた。

むしろ、オンマはちょいちょいそうやって拾ってきた子供たちをテストして生き残る者だけを兵隊として育ててきた。

借金の取り立てに行き、相手に返す能力がないと分かれば、その場で即刻、臓器をいただき金に換金する。

それは、彼女が幼い頃から闇の世界しか知らず、それが当たり前だと思っているからこそだ。

普通の人が学校へ行き、計算の仕方を覚えるように、彼女は人間の臓器がいくらなのかを瞬時に計算する能力を覚えてきた。

角膜、腎臓、心臓…などなど。



コインロッカーの女2



陽のあたる世界と人の温かさを知った日


そんな彼女が、借金の取り立てに向かった先でソッキョンと出会うことで、初めて陽のあたる世界の生活を知る。

ケガをしている人の傷を気遣う。おしゃれなレストランでイタリアンを食べる。深夜の映画館で映画を観る。

普通の人にとってそんな当たり前の日常が、イリョンにとっては初めての世界だった。

しかも、ソッキョンは自身の借金で苦しんでいたわけではない。

中学3年生の時に出て行った父親の借金を肩代わりしているだけだった。

そのソッキョンの優しさと温かさに触れたイリョンは人格が変化していく。

日頃着ないワンピースを着てデートをし、「人を殺すこと」の罪を知る。

それは、恐れることなく人を殺すイリョンを買っていたオンマにとっては大誤算だった。

そして、イリョンとオンマの関係に転機が訪れる。

これはイリョンにとってオンマからの自立であり、オンマにとっては女帝としての足場の崩壊となった。

ソッキョンの死は理不尽なものだけど、その理不尽さがこの映画が描く闇社会のリアリティであり、と同時にこの映画の核となっている。



コインロッカーの女6



今後が楽しみな女優 キム・ゴウン


主人公のイリョンを演じるのは、キム・ゴウンだ。

私が初めてキム・ゴウンを観たのは「ウンギョ 青い蜜」だった。

ある老小説家が若くて瑞々しい少女と出会い、彼女との妄想を小説にするが、彼女も小説も新進気鋭の後輩に奪われてしまうという話で、キム・ゴウンは光まばゆい少女を演じていた。

ずいぶん脱ぎっぷりの良い若い女優さんだなぁとは思ったけど、決して闇の世界の人ではなく、むしろ陽のあたる世界の人だったので、今回の映画での180度転換ぶりにはちょっとビックリした。

現在、25歳。

今後の成長が楽しみな女優さんの1人。



コインロッカーの女7



カリスマと貫録を見せつけるベテラン女優のキム・ヘス


そして、チャイナタウンの女帝オンマを演じるのは、キム・ヘス

私の中でキム・ヘスのイメージと言ったら、いつも完璧に化粧をしてナイスバディの身体で登場するセクシーな姿。

だから、今回いつもよりかなり薄めのメイクでの登場に、それだけでちょっとビックリしてしまった。

しかし、他にもこの役を演じられそうな女優はいたと思うけど、それでも、キム・ヘスに演じさせたのは、彼女の持つカリスマ性が欲しかったのだと思う。

出てきただけで、彼女の一挙手一投足に迷わず目がいってしまうその威厳と脅威、そして威圧感。

監督が彼女に期待したのは、そこなんじゃないかと思う。

それ程までに、今回の彼女の女帝っぷりはキレていた。

若手女優を前に圧巻の存在感を見せつけていた。



コインロッカーの女5



微かに見える新しい時代への希望


結局、女帝が仕切るチャイナタウンの闇社会は崩壊し、新しいリーダーを迎える。

しかし、新女王の闇社会はこれまでとちょっと違う。

臓器を闇取引するための無駄死に一切禁止する。

それは、この映画に刺した唯一の光であり、新時代に向けた希望だった。

韓国映画を見るといつも、路地裏が怖くなる。

細くて暗い路地の向こうに何かあるのでは…と考えてしまう。

今回も、舞台は薄汚い路地裏だった。

貧しさが闇を生み、闇が大きな悪を生み出す。

韓国が抱える貧しさに潜む悪を浮き彫りにする恐ろしい作品だった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「コインロッカーの女」 DVD

コインロッカーの女 [DVD]

新品価格
¥2,980から
(2016/10/13 12:35時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パク・ヘイル主演の韓国映画「ウンギョ 青い蜜」をWOWOWで観た。

国内では伝説となりつつある老作家が女子高生を好きになってしまう話。

満足度 評価】:★★☆☆☆(2.5)

凡人の妄想は変態でも、偉大な作家の妄想は純文学になる。そんな話だった。

「ウンギョ 青い蜜」予告編 動画

(原題:은교)





「ウンギョ 青い蜜」DVD

ウンギョ 青い蜜 [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2016/3/16 18:01時点)



キャスト&スタッフ


出演者


〇キム・ムヨル

キム・ゴウン

監督

…(「沈黙、愛」など)

2012年製作 韓国映画


あらすじ


国を代表する純文学作家のイ・ジョギョ(パク・ヘイル)は、マスコミの前に姿を現すこともなく、弟子ソ・ジウ(キム・ムヨル)の名前を借りて本を出版。

人里離れた山奥で人目から隠れるように生活していた。

そんな隠遁生活送るジョギョの前に突然現れた女子高生のウンギョ(キム・ゴウン)。

ジョギョは、アルバイトをしたいというウンギョをお手伝いとして雇う。

そして、ジョギョは家に通い始めたウンギョに心が惹かれるようになる…。



韓国映画「ウンギョ 青い蜜」



感想(ネタバレあり)


凡人の妄想は変態、小説家の妄想は純文学


この映画を観て、「女が眠る時」を思い出した。

凡人が思い描く妄想をそのまま文字にすると、たいていが変態扱いされて笑い話にしかならない。

しかし、小説家がその美しい文章で妄想を表現すると、「純文学」と言われ、「なんて美しい私小説」と絶賛される。

凡人も小説家も頭の中は一緒なのに。

文章が上手いか下手かだけで、純文学と変態に評価が分かれるなんて、不公平だと思った(笑)



韓国映画「ウンギョ 青い蜜」キム・ゴウン


変態と純文学の違いは「情緒があるかないか」


小説家は、若い頃の自分と女子高生ウンギョの恋を妄想し小説にする。

それを読んだ弟子は、師匠に内緒で自分の名前で文壇に発表してしまう。

これを読んだウンギョは、なんて素晴らしいラブレターなんだと思い、弟子に心が惹かれてしまう。

ところが、彼女は、この映画のラストでその自分の考えが間違っていたことに気付く。

なぜ彼女は気付いたのか。

それは、小説家が持つ「情緒」だ。

日頃から生活していて、小さな物事にも情緒を見出す人と、感性の全くない人間の差がウンギョにその真実を気付かせることになった。

そうなんだよなぁ。

凡人と小説家の徹底的な違いは、そこなんだよね。

一つの出来事から妄想を働かせ現実よりも美しい世界を生み出せる人と、そうでない人では、明らかに情緒という感性が違う。



韓国映画「ウンギョ 青い蜜」キム・ゴウン



自暴自棄になっている人生に希望の光が差し込む


もちろん、ウンギョと自分が結ばれることはないと頭の中で分かっていても、弟子とウンギョが結ばれることは許すことができなかった。

ましてやその弟子は、自分から彼の最も大切にしていた小説も盗んでいった人間。

怒りを爆発させた小説家は、弟子が必然的に事故を起こすようにしかけてしまう。

ところが弟子は、師匠の仕掛けではなく、自分の運転ミスで事故に遭ってしまう。

それを知らずに小説家は、弟子を殺したと思い込む。

そこへ、ウンギョから救いの手が伸びる。

肉体は衰えても、心は衰えていない小説家にとっては、この時のウンギョは生き返るぐらいに嬉しい出来事だったに違いない。

このラストは、ウンギョがハラボジ(小説家)と、弟子の違いに気付いた瞬間であり、この映画を通じて最も切なく印象的なシーンだった。



韓国映画「ウンギョ 青い蜜」パク・ヘイル



一瞬の輝く妄想のためにキャスティングされたパク・ヘイル


主人公の小説家を演じるのは、パク・ヘイル

肉体は衰えても、心は青年のままというジョギョを演じた。

彼が、小説家の妄想の中で華麗に若返るシーンはとても印象的だった。

他の出演作には、「ブーメランファミリー」、「殺人の追憶」など



韓国映画「ウンギョ 青い蜜」パク・ヘイル



いつの間にか歳を取り過ぎていたことに気付く切なさ


小説家にとって、いつの間にかすっかり歳をとっていたということに気付いてしまたったのは、悲しい出来事だったけど、ウンギョのおかげで、毎日の生活に光がさしたという思いを弟子は最後まで分からなかっただろうと思う


きっと、私も、この映画を20代の時に観たら、気付かなかったことがたくさんあったと思う。

始めて行く喫茶店、初めて飲む飲み物、聞いたことのない若者言葉。

全てが、彼にとって輝く瞬間だった。

最後、暗闇のまま終わるかと思われたところに、光がさして良かったと思う。

彼の残りの人生が、少しでも輝くものでありますように。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ウンギョ 青い蜜」DVD

ウンギョ 青い蜜 [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2016/3/16 18:01時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック