とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:キム・ジフン



チョン・ヘイン主演の韓国映画「逆謀~反乱の時代~」をWOWOWで観た。

朝鮮李王朝 英祖(ヨンジョ)王の時代に、謀反を企てたイ・インジャとその計画を阻もうとする若き捕卒(ホジョル)との戦いを描く。

劇場未公開の作品をどこよりも早く放送する「WOWOWジャパンプレミア」の一本。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

これはなかなか面白いアクション映画だった。

英祖時代に謀反を企てたイ・インジャとそれを阻止しようとする若き捕卒の戦いを描いたアクション映画。

ただ、ちょっと説明不足な感じがしたので、もうすこし人間ドラマに力を入れてくれたら、もっと面白くなったのに…と思うと残念な気がした。


「逆謀~反乱の時代~」予告編 動画

(原題:역모 - 반란의 시대(逆謀ー反乱の時代))




DVDで観る:「逆謀 -反乱の時代-」

逆謀 -反乱の時代- [DVD]

新品価格
¥3,256から
(2019/1/31 00:35時点)



ネット配信で観る:逆謀~反乱の時代~(字幕版)

逆謀~反乱の時代~(字幕版)

新品価格
¥500から
(2019/1/31 00:37時点)



キャスト&スタッフ


出演者

…(「王様の事件手帖」など)

〇キム・ジフン

チョ・ジェユン
…(「犯罪都市」、「監獄の首領」など)

〇イ・ウォンジョン

監督・脚本

〇キム・ホンソン


2017年製作 韓国映画



韓国映画「逆謀~反乱の時代~」


あらすじ


朝鮮李王朝 英祖(ヨンジェ)王の時代、謀反を企てようとしたイ・インジャ(キム・ジフン)は、義禁府に捕まり、投獄されてしまう。

しかし、宮中で英祖に反発する派閥は、イ・インジャを脱獄させ、彼に再び謀反を起こさせるため、最強の集団「御営庁5人衆」を義禁府に送り込む。

その時、かって王の護衛を務めていたキム・ホ(チョン・ヘイン)は、捕盗庁の門番を務めていて…。



韓国映画「逆謀~反乱の時代~」チョ・ジェユン、チョン・ヘイン



感想(ネタバレあり)


背景にあるのは陰謀渦巻く英祖王時代の宮中


韓国映画や韓国ドラマが好きで、よく見ていのだけど、これが英祖(ヨンジェ)王の時代の話だと分かった時には、「あぁ、また英祖王の時代かぁ…」と思ってしまった。

それぐらい、韓国の時代劇はこの時代を舞台にした作品がとても多い



この当時の朝鮮王朝は、少論(ソロン)派と老論(ノロン)派に分かれて対立していた。

そして、英祖王が若き王妃を迎えて以降、王妃は老論派を裏で操り、英祖王を引きずり降ろして国を自分の天下にしようとしていた。

その争いに巻き込まれたのが英祖王の息子であり、「米櫃(ひつ)王子」と呼ばれるサド世子である。



サド世子は、王様に対して謀反を起こした罪で米櫃に入れられてしまい、その中で衰弱死していくという悲劇の王子である。

それを裏で画策していたのが王妃なのだが、王様自身は王妃に惚れ込んでいて、そのことに気付かないまま王子を死なせてしまった。



この時代が何度も映画化されるのは、そのまるでシェイクスピアのようなドラマチックな時代性にある

それは、たとえば、日本でいえば織田信長の時代や、明治維新が何度も映画化されるのと同じであり、中央権力で謀反が起きたり、転覆されたりすることに人々はロマンを感じるのである。



私が、この時代について初めて知ったのは、韓国ドラマ「イ・サン」だった。

「イ・サン」では、英祖(ヨンジョ)王の孫であり、サド世子の息子であるイ・サンが、何度も暗殺の危機に遭いながらも、その陰謀渦巻く王朝を正していく話だった。

もし、この時代に興味を持ったなら、「イ・サン」を観ることをおススメする。

イ・サン DVD-BOX I

新品価格
¥11,000から
(2018/5/15 15:16時点)





しかし、ドラマはちょっと長すぎるわ…と思ったら、ソン・ガンホ主演の映画「王の運命(さだめ)歴史を変えた八日間」では、英祖王とサド世子の関係が描かれているし、ヒョンビン主演の映画「王の涙 イ・サンの決断」では、英祖の孫イ・サンの戦いが描かれている。

その2本の映画を観ただけでも、この時代のことが十分理解できるように思う。



なぜ、これほどまでに、この時代の説明をしているかといえば、この映画ではその時代背景を詳しく説明されていないので、予備知識として、この時代に関する知識が必要だからである。

恐らく、韓国では何度も描かれた有名な話だからあえて説明しなかったのだろう。

なので、その時代を知らない日本人にとっては、ちょっとわかりにくい作品になってしまっている



韓国映画「逆謀~反乱の時代~」チョン・ヘイン



王朝に謀反を企てた実在の人物 イ・インジャ



その時代の中で、この映画は謀反人イ・インジャにスポットを当てて描かれている

イ・インジャとは実在した人物である。

イ・インジャは少論派の役人だったのだが、王の反対派としてクビになってしまう。

そこで、イ・インジャは反乱を起こし、王の息子を担いで王座に座らせる画策をする



チャン・グンソク主演の韓国ドラマ「テバク」では、そのイ・インジャの謀反が描かれ、チャン・グンソクは、そのイ・インジャの謀反を阻止しようと戦う姿が描かれている。

テバク ~ 運命の瞬間(とき) ~ DVD BOX I

新品価格
¥14,090から
(2018/5/15 15:39時点)





この映画では、謀反に失敗したイ・インジャが投獄されている捕盗庁を脱獄し、宮中を裏で操る王妃と手を組んで再び謀反を起こす様子が描かれている

そのイ・インジャの謀反を阻止すべく戦うのが、若き捕卒キム・ホなのだ。



イ・インジャ本人について、その死に方に諸説あるため、この映画ができたのだろう。

そのため、最後に王様が「この件は、誰にも明かしてはいけない」と言うセリフが出てくるのだ。

イ・インジャは実在する人物だけど、この物語はあくまでも架空の話なのだ。



韓国映画「逆謀~反乱の時代~」チョ・ジェユン、キム・ジフン



見せ場は迫力あるアクションシーン


とはいえ、そういった込み入った説明を一切省いて描いたのは、これはあくまでもアクション映画だからだ。

そんなドラマチックな時代を背景にして、実在の人物を登場させ、この映画が撮りたかったのはアクション映画なのだ。



この謀反は夜中に起きるため、全てが夜のシーンで画面が暗く、アクションが見づらくなってしまっているのがとても残念だけど、アクションシーンは迫力あるものばかりだった。

主人公の捕卒キム・ホのアクションには「ブルース・リーか??」思わせる部分もあり、真ん中に吹き抜けがある捕盗庁でのアクションシーンは香港映画のアクションの影響を強く感じたし、相変わらず身体能力の高い韓国アクションを楽しめる。



そして、場面を宮中に移すと、個性あふれる5人衆が登場して、それぞれの特技を発揮するアクションも面白かった。

ハンマーなんて、当時の韓国にあったのか??と突っ込みつつ、そんな映画らしい脚色を楽しんだ。



さらに、夜中の宮中で、白黒の画面の中を太鼓のBGMが流れるあたりは、黒沢映画の影響も感じた。



人物設定や、ドラマパートを端折るぐらいなら、最初から全部フィクションにすればいいのに…と思わなくもないけれど、きっと、あの時代の「宮中は王の敵ばかり」というドラマチックな部分を取り入れたかったのだろうと思う



韓国映画「逆謀~反乱の時代~」イ・ウォンジョン



最後に裏切るのは、やっぱりあの人!!


そして、いよいよ王を討つ時がやってきた!

という時に、最後の最後で裏切るのが王妃である。



この王妃の行動について、先述した予備知識がないと理解できないのではと思う。

しかし、知っている者としては「あぁ、やっぱりやりやがった」と思う場面である。



恐らく、監督としても「知っていること」が前提として、脚本を書いたのだろうし、そこの説明に力を入れるよりも、アクションシーンに力を入れて描きたかったのだろうと思う。

しかし、それにしても、もう少し人間ドラマに力を入れて描いてくれていたら、もっと面白い映画になっただろうにと思うとちょっと残念だった。



でも、私としては、これまであまり印象がなかったイ・インジャについて、英祖時代の重要なキャラクターの一つになったので、それはそれで良かったかなと思った。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「逆謀 -反乱の時代-」

逆謀 -反乱の時代- [DVD]

新品価格
¥3,256から
(2019/1/31 00:35時点)



ネット配信で観る:逆謀~反乱の時代~(字幕版)

逆謀~反乱の時代~(字幕版)

新品価格
¥500から
(2019/1/31 00:37時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハ・ジウォン主演の韓国映画「第7鉱区」をWOWOWで観た。

韓国、済州島沖にある石油採掘海域、第7鉱区。

25年前に採掘中止となったその鉱区には、未知の生物が生きていた…。


満足度 評価】★★☆☆☆(2.5)

B級アクションスリラーにしては、無駄にお金かけすぎな印象。

すごく退屈だったわけではないけど、すごく面白かったわけでもない。

「第7鉱区」予告編 動画

(原題:7광구





DVDで観る:「第7鉱区」

第7鉱区 [Blu-ray]

新品価格
¥1,533から
(2019/1/25 00:19時点)



ネット配信で観る:「第7鉱区」

第7鉱区

新品価格
¥300から
(2019/1/25 00:20時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ハ・ジウォン
…(「パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛」、「朝鮮美女三銃士」、「第7鉱区」など)


…(「風と共に去りぬ!?」など)

〇イ・ハンウィ


〇ソン・セビョク

〇チャ・イェリョン

監督

〇キム・ジフン


2011年製作 韓国映画




あらすじ


済州島沖にある石油採掘地区第7鉱区は、25年ぶりに石油の採掘を再開。

かつてそこで勤務し、事故で行方不明となった父の無念を晴らすため、ヘジュン(ハ・ジウォン)は、誰よりも強い思いで採掘作業にあたっていた。

しかし、石油が出る可能性が低いと判断され、本社から撤収命令がくだり、その指揮者としてヘジュンもよく知るジョンマン(アン・ソンギ)が送られてきた。

ヘジュンの強い説得により、ジョンマンの本社への働きかけ、石油の採掘を再開。

無事、石油を掘り当てるが、それ以来、その採掘場では奇妙なことが起き続ける…。


韓国映画「第7鉱区」



感想(ネタバレあり)


最初からB級映画になると認識して、クリーチャーに独創性を!


残念ながら、日頃、ハリウッドが大量に生産し続ける大作映画のせいで、ちょっとやそっとの特殊効果では、「これは合成だな」と分かってしまう。

その瞬間、観客はその映画を「B級映画だな」と認識して観続ける。

そこで観客を引き付けるのに必要なのは、「ハリウッドに負けない独創性」だ。

画面のリアリティでは絶対に勝てないから、せめてアイディアだけでも度肝を抜けば、ハリウッドも振り向いてくれる映画になる。

しかし、この映画に出てくるクリーチャーも、それに対抗する人間たちの行動も、「常識の範囲内」のものであり、観ている観客の度肝を抜くような独創性は感じられなかった。

だいたいクリーチャーを観た瞬間、怖くない上に、笑っちゃうようじゃダメだよ。

これは以前「グエムル -漢江の怪物-」の時にも思ったけど、この程度のクリーチャーを作るのであれば、飛び切り個性的なクリーチャーを作ることができる人間を、外国から呼んだ方が良い。

もし、それなりに投資するだけの資金があるなら、国内のクリエイターに任せるよりも世界中からコンペでもなんでもして見つけた方が良いものが作れる。

現に、ハリウッドはそうやって世界中から才能を集めて作っている。

もしも、そこに対抗しようと思って作っているのであれば、それなりの資金力を使って制作するべき。

二番煎じで収まりたいのなら、その必要はないし、この程度で十分だけど。

 ↓ この構図は「エイリアン」で観たことあるよね(笑)
韓国映画「第7鉱区」ハ・ジウォン



25年前のハリウッドB級映画「トレマーズ」だってもっと面白い…


まぁ、まぁこの映画を観る前に、「おや、もしかして、これは『グエムル-漢江の怪物-』の二の舞か?」と思わなかったわけでもないのに、結局見てしまった私にも問題がある(笑)

こうなることは分かってただろう(笑)

しかし、そんなクリーチャーだけど、あの歯並びと口の開き方を観たら、1990年のケビン・ベーコンの映画「トレマーズ」を思いだした(笑)

「トレマーズ」とは、地中の中をはい回るお化けモグラみたいなクリーチャーで、時々地中から首を出しては人を驚かせるという、それこそハリウッドのB級映画。

しかし、低予算ながら多くの人を楽しませ、今年はテレビドラマとしてリブートされるという話まである伝説的映画だ。


「トレマーズ」Blu-ray

トレマーズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2016/2/23 00:32時点)



それでも、ハリウッドでは25年前の作品だからなぁ。

やっぱり、この手の特撮映画となるとレベルが違い過ぎるんだよなぁ

いや、比べちゃいけなんだ。

でも、どうしても比べてしまう(笑)

韓国映画「第7鉱区」ハ・ジウォン



わたし的「第7鉱区」結末 を考えてみた(笑)


私には、この映画を見始めた時から、勝手に考えていたオチがある。

25年前に行方不明になったハ・ジウォンのお父さん。

しかし、実は彼は謎の深海生物にとりつかれ、怪物になっていた。

そのことに気付いたハ・ジウォンは、ラスト近くになって、「もしかして、お父さんなの??私よ、ヘジュンよ」と必死に語りかけ、一瞬正気を取り戻した怪物は、自ら海の底へと帰っていく…ジ・エンド

みたいなオチを想像していたんだけど(笑)

同じB級作品をつくるなら、それぐらいくだらない方が面白いのに(笑)

どえらいまともな映画で残念だったわーーー(笑)


韓国映画「第7鉱区」ハ・ジウォン



韓国の人気俳優が大集合


主役のヘジュンを演じるのは、ハ・ジウォン

本当に、韓国はハ・ジウォンが大好きだよね。

この手の超大作アクション映画のヒロインは、最初からハ・ジウォンに決まっているかのような印象。



第7鉱区の怪物をひっそりと養育していたベテラン技術者、ジョンマンにはアン・ソンギ

韓国では演技界で最高峰の地位にいるアン・ソンギが、悪役をやるとは意外だった。

その、「誰もがこの人は悪役をやらないと思っている」ところがポイントだったんだろうけど。

いつもより、ちょっとファンキーなアン・ソンギも良かったな。

先生も、たまにはこういう緩い役もいいのでは。



ヘジュンの恋人で、同じく第7鉱区の技術者、ドンスにはオ・ジホ

監督は、「光州5・18」のキム・ジフン



韓国映画「第7鉱区」オ・ジホ、ハ・ジウォン、アン・ソンギ



韓国映画界に期待すればこその辛口


んーー。感想を書いているつもりが、クリーチャーの悪口と、私の勝手な結末妄想が暴走しただけの、感想文なのかどうか分からない文章になってしまったけど、これは、きっと韓国映画に対する私の期待あればこそなんだなぁ~。

スペイン映画界も、その猛烈な個性がさく裂してクリーチャーの世界で一つ頭を飛び出しているから、できないことはないと思うんだよねぇ~ ←しつこい!(笑)

まぁ、その前に「一流の映画ではなく、B級映画を作っているんだ」ぐらいの、開き直った心構えが必要だと思うけどね。

だって、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の後に、この映画は観られないでしょう??







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



DVDで観る:「第7鉱区」

第7鉱区 [Blu-ray]

新品価格
¥1,533から
(2019/1/25 00:19時点)



ネット配信で観る:「第7鉱区」

第7鉱区

新品価格
¥300から
(2019/1/25 00:20時点)



「トレマーズ」Blu-ray

トレマーズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2016/2/23 00:32時点)













WOWOW_新規申込





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック