とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:キム・ヘス



キム・ヘス主演の韓国映画「グッバイ・シングル」をコリアン・シネマウィーク 2017で観た。

落ち目の大女優が妊娠してしまった女子高生と出会い、人生が変わっていくコメディ映画。


グッバイ・シングル



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

笑って楽しめて、最後には心が温かくなるハートウォーミングコメディ映画。

仕事に必死になって働いてきて、気付けば40代一人ぼっち。

このまま一人でいることに不安になってきた…。

そんな時、目の前にいた十代の妊婦は彼女にとって天使なのか…!?



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「グッバイ・シングル」予告編 動画

(原題:굿바이 싱글(グッバイ・シングル))






更新履歴

・2017年11月10日 コリアン・シネマ・ウィーク 2017 で観た感想を掲載。

・2019年12月13日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。




キャスト&スタッフ


出演者

キム・ヘス
…(「修羅の華」、「コインロッカーの女」、「観相師-かんそうし-」など)

マ・ドンソク
…(「ファイティン!」、「犯罪都市」、「新感染 ファイナル・エクスプレス」、「殺されたミンジュ」、「悪のクロニクル」、「フェニックス 約束の歌」、「結婚前夜~マリッジブルー~」、「アンダー・ドッグ 二人の男」など)

〇キム・ヒョンス

〇キム・ヨンゴン

ソ・ヒョンジン
…(「大好きだから」など)

〇クァク・シヤン

監督

〇キム・テゴン

2015年製作 韓国映画




あらすじ


大女優のコ・ジュヨン(キム・ヘス)は、人気急上昇中の若手俳優のジフン(クァク・シヤン)と付き合っていたが、ジフンに若い恋人がいることが発覚し、ジフンはジュヨンを売名のために利用していただけだったことが分かる。

そんなジフンと別れ、一人ぼっちになってしまったジュヨンは、精子提供を受けて子供を産もうと考えるが、既に子供が産めない身体だったことが分かる。

そんな時、ジュヨンは子供を妊娠してしまった女子中学生タンジ(キム・ヒョンス)と出会う。

タンジは姉と2人で貧しい暮らしをしているし、今後の人生を考えると出産できないと考え、堕ろすつもりで産婦人科に来ていた。

そこで、ジュヨンはタンジに、生まれる子供はジュヨンが産んだことにして養子として引き取るから、ジュヨンの元で出産することを提案する…。



韓国映画「グッバイ・シングル」



感想(ネタばれあり)


下がり続ける出生率と、増え続ける未婚率の間に生まれたコメディ


コメディ映画なので、全体的にホンワカとして笑えるし、最後には、ジーンときて心が温まる作品に仕上がっている。

しかし、その背景には、韓国で上昇し続ける未婚率の高さと、日本より低いと言われる出生率の低下があって、この映画は、そんな韓国を完全に皮肉ったコメディ映画である



なぜ、キャリアのある女性たちは結婚しないのか、なぜ、出生率があがらないのか。

この映画を観ていると、その仕組みが分かるようにできている。



少し前に観た、韓国映画「女は冷たい嘘をつく」では、同じく女性が1人で子育てしていくことの大変さを描いていた。

女は冷たい嘘をつく」は、希望がないサスペンスとして描かれ、「やっぱり、韓国で女性が1人で子供を育てるのに無理がある」と思わざるを得ない作品になっている。

しかし、この「グッバイ・シングル」はコメディ映画のなので、そんな韓国の社会事情を笑いつつも、最後には希望を描き、「どうやって出生率を上げていくべきか」という新しいスタイルを提案している。



同じく、最近見たチャ・テヒョン主演の「大好きだから」でも、「妊娠してしまった女子高生」が登場する。

恐らく、韓国社会の現状として、「妊娠・中絶をする未成年」が増加する一方で、「生涯独身を貫くキャリア女性たち」が増加し、結果、出生率は下がる一方なのではないか。

だったら、その「産みたくても産めない未成年」と「未婚のキャリア女性」の間をうまく橋渡しすれば、どちらにとってもハッピーな社会が誕生するのでは、と考えたところに、この映画「グッバイ・シングル」がある



コメディはコメディでも、単なる笑えるだけのコメディじゃなく、社会情勢もちゃんと織り込んでくるところが、この映画の良い所であり、韓国映画の強さでもある



韓国映画「グッバイ・シングル」



私生活よりも仕事に夢中になって生きてきた…気付けば一人ぼっち


キム・ヘスが演じる主人公のコ・ジュヨンは女優である。

彼女は貧しい家の出身ながら、必死になってキャリアを築き上げてきた。

そして、今や富豪の仲間入りをしている。



そんな彼女の姿は、私生活よりも仕事を優先して生きてきた中年女性たちの姿と重なる

その中には、20代から30代前半の、最も仕事にやりがいを感じた時代に、結婚かキャリアかの選択を迫られ、仕事を選んだ女性もいるだろう。

特にキム・ヘスのような女優の場合は、その時に「結婚・出産」を選んでいたなら、「お母さん役」しか回って来なくなるのでは…という不安もあったかもしれない。



問題は、やりがいを感じている仕事を手放したくない一方で、全ての女性たちに満足のいく産休が与えられるわけではなく、子供を育てるほどの給料がもらえているわけでもないという雇用の実態。



その時、「結婚をして今の仕事を手放すぐらいないなら、独身でいたい」と感じた女性たちが40代になり、子供を産めなくなった頃になってはじめて、『老後・死』を意識するようになる

それならば、その時はそれなりの地位も確立してお金に余裕があるのなら、養子縁組をすればいいのでは?と考える。

その『養子縁組』にチャレンジする様子がこの映画の中で描かれているが、審査が厳しく難しい。



とは言っても、この映画の中のコ・ジュヨンは、決して一人ではない。

マ・ドンソク演じる幼なじみのマネージャーが困った時は、いつだって側にいてくれる。

しかし、ジュヨンとしては、いくら幼なじみだと言っても、妻子持ちの友達に頼るわけにはいかないと思ったんだろう。



それにしても、「1人きりで生きていく」ことが現実的で深刻な女性たちよりは、かなり恵まれている。



そこで、そんな「仕事に必死になって、気付けば一人ぼっち」という女性たちへの救済策として、この映画では『産みたくても産めない若い妊婦たちへのサポート』を提案しているのだ



韓国映画「グッバイ・シングル」



子供を妊娠したら、中絶よりも産んで育てられる仕組みづくりをする


タンジは、予想外に妊娠してしまった女子中学生。

しかし、中学生というだけでなく、姉と2人暮らしをしている彼女は、貧しくてとても子供を産める状況ではない



そこで、『子供が欲しい』と願っているコ・ジュヨンと出会い、彼女から「全部費用を出すから子供を産んで欲しい」と言われ、子供を産むことになる。

タンジにとっては、絵の勉強をしたいからお金が欲しいという思いもあった。



韓国の「貧しくて子供を産めない」という環境を象徴しているのが、タンジというキャラクターである



先日観た韓国映画「エンドレス 繰り返される悪夢」では、ピョン・ヨハン演じる救命士が大学生の妻と「子供を作る、作らない」でケンカする場面が出てくる。

それは、救命士というしっかりとした仕事があるにも関わらず、「子供を育てるのが難しい」経済状況であることを示している。

奥さんが大学生であり、その学費がかかるからというのも、彼らの家計を悪化させている要因の一つなのだが。



それにしても、ちゃんと働いているのに、なぜそんなことになるのかと思った。



それぐらい、韓国では子供を産んで育てることにお金がかかるし、一般家庭への負担が大変なことがよく分かる。

だから、出生率が増えないのだ。



この映画のタンジが中学生という設定なのは、ちょっとやりすぎな気も過ぎるけど、十代の子たちの無計画な妊娠と中絶も出生率を低下させている原因の1つ。

そこで、この映画は、タンジの出産をジュヨンがサポートしたように、そういう十代の子供たちの中絶をやめさせて、子供が産めなくても産めない人と養子縁組させる、または共同で育児をするという「新しい家族の形」を提案している。



これからの時代を考えると、子供を欲しがっているのは中年女性だけではなく、子供を産めない同性愛カップルなども考えられるから、この『新しい家族の形』も、そんなに突飛な発想ではないと思えてくる

むしろ「血がつながっている、つながっていない」にこだわらず、産める人が産む、育てられる人が育てる

産んだ人と育てる人の間にその後も交流がある。



そんな生活スタイルがあっても良いと思えた。



韓国映画「グッバイ・シングル」



新しい家族はお金だけで買えるものではない


私自身は、コ・ジュヨンと立場が全く同じなので、将来、一人で生きていくことに不安なのがよく分かる。

それに、これまで何もかも一人で生きてきた女性ならではの、『身勝手さ』は観ていて胸が痛くなった

タンジの出産をサポートするなんて言っておきながら、『偽装妊娠』で仕事が忙しくなってしまうと、仕事に夢中になってタンジのことなど忘れてしまう。



ジュヨンはダメな人だなぁと思いつつも、心の奥底では、気持ち分かるなぁと思いながら観ていた。

ジュヨンは恋愛や家庭よりも仕事が好きだから、今まで独身だったのだ



これまでのパートナーだって、タンジにそうしてきたように、彼らの存在をそっちのけで仕事をしてきたのではないだろうか。

もしくは、新しい恋人(ニュースキャスター)ができたら、タンジや子供よりも、恋人の方に夢中になってしまうのではないか



そこが、『出産・育児の新しいスタイル』への課題になるんだろうと思う。

「どれほど本気で子供を育てる気があるのか」ということ。



時には、自分のやりたいことやプライベートを我慢してでも、家族に目を向けることができるのか。

結婚や、出産という「儀式」を経ずに、覚悟が定まらないまま新しい家族ができてしまい、これまでの生活スタイルを変えないままやり過ごしてしまっている。



そこで、この映画の中では、「マスコミ」という怪物がジュヨンに襲いかかり、結局、彼女はこれまでの生活を全て捨てることになる。

それは、新しい家族を迎え入れるということは、これまでの生活スタイルをガラリと変えることになることを示している

軽い気持ちで、簡単に養子を迎え入れられても困るという話だ。



それでも、彼女が全財産を失って、ゼロから生活を新たに始めることになっても、一緒に住みたいと思えるなら、もう、彼らはれっきとした家族なのである。

そこが、この映画の希望であり、未婚率が上昇し、出生率が低迷する韓国社会の希望でもある。

どこの国よりも「血のつながり」を重視する韓国だからこそ、この映画が提案する「新しい家族の形」に意義があるんだと思う







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



DVDで観る:「グッバイ・シングル」

グッバイ・シングル [DVD]

新品価格
¥3,351から
(2019/12/13 18:13時点)



Amazonプライムで観る:グッバイ・シングル(字幕版)

グッバイ・シングル(字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/12/13 18:12時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キム・ヘス主演の韓国映画「修羅の華」を映画館で観た。

闇の組織を仕切るヒョンジョンと彼女を愛しながらも報われない男 サンフンが死闘を繰り広げるノワール作品。

満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

面白かったなぁ。

裏社会を舞台に男を狂わすファム・ファタルなキム・ヘスと、彼女を愛しすぎて全てを破壊する狂気の男 イ・ソンギュンの死闘。

しかし、男は女が「何のために生き、強くなるのか」を読み違え悲劇が生れる。

主演のふたりが良い。



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「修羅の華」予告編 動画

(原題:미옥(ミオク)



更新履歴・公開情報


・2018年6月2日 映画館にて鑑賞。

・2018年6月29日 感想を掲載。

・2019年7月2日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。


Amazon Primeで観る:「修羅の華」(字幕版)

修羅の華(字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/7/2 11:08時点)



DVDで観る:「修羅の華」

修羅の華 [DVD]

新品価格
¥3,289から
(2019/7/2 11:09時点)




キャスト&スタッフ


出演者


…(「王様の事件手帖」、「最後まで行く」など)

…(「1987、ある闘いの真実」など)

…(「一級機密」など)



監督・脚本

〇イ・アンギュ


2017年製作 韓国映画



映画「修羅の華」



あらすじ


ナ・ヒョンジョン(キム・ヘス)は裏社会を仕切り、検事や政治家のわいせつ映像を集めては、それで脅し、彼女の仕事に文句を言わせない帝国を作り上げていた。

そんなヒョンジョンに密かに恋心を抱くサンフン(イ・ソンギュン)は、ある時、ヒョンジョンの秘密を知ってしまい激怒する。

これまで秩序を守って運営されていた組織が、サンフンの反抗により壊滅状態へと向かって行く…。



映画「修羅の華」キム・ヘス、イ・ソンギュン



感想


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に書いたものを紹介します。


修羅の華 (2017)


★★★☆ [70点]「運命の女に狂わされる男たち」


面白かったなぁ~。

裏社会を舞台に「運命の女」を巡って繰り広げられる死闘



これは「男を狂わせる運命の女・ミオク」の物語であり、そのミオク役のキム・ヘスは、ファム・ファタルになるべく運命を背負ったミオクを見事に演じている。

周りにいる人たちの注目を一身に受けるだろうカリスマを兼ね備えた
キム・ヘスだからこそ、このミオクという役柄に説得力が出てくるのだ。



そして、そのミオクに狂い、この世の全てを破壊してしまうサンフンを演じたイ・ソンギュンは、これまでの優男のイメージをガラリと変える残忍さを見せる



この映画は、その主演ふたりの魅力の上に成り立っていて、世界は彼らの狂気を中心に回っている

そして、女は「何のために生き、何のために強くなる」のか、その女たちの「愛の強さ」も描かれた作品だった。

悪女/AKUJO」もそうだけど、韓国には、大人の女性が年相応の魅力を発揮できる映画があって羨ましいなぁ…と思った映画だった


Posted by pharmacy_toe on 2018/06/04 with ぴあ映画生活






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


韓国映画「コインロッカーの女」をWOWOWで観た。

コインロッカーに捨てられていた赤ん坊が、やがて裏社会を牛耳る家族拾われ、女帝と対立していく姿を描くサスペンス映画。



満足度 評価】:★★★★☆

この映画「コインロッカーの女」を観ながら、何度か「怖い!」とか「ひえぇぇぇぇぇ」とか声を上げた。

韓国の裏社会の恐ろしさが肌感覚で伝わってくる映画!

人間の闇は、ちょっとした路地裏に潜んでいる。


「コインロッカーの女」予告編 動画

(原題:차이나타운)




「コインロッカーの女」 DVD

コインロッカーの女 [DVD]

新品価格
¥2,980から
(2016/10/13 12:35時点)



キャスト&スタッフ


出演者


〇パク・ボゴム

〇オム・テグ

〇コ・ギョンピョ


監督・脚本

〇ハン・ジュニ

2015年製作 韓国映画



あらすじ


コインロッカーNo.10に捨てられていた赤ん坊は、10(イリョン)と名付けられ、ホームレスに育てられる。

まだ幼い頃に、仁川にある中華街で裏稼業を営む一家に拾われ、やがてイリョン(キム・ゴウン)は裏社会を牛耳る一家の立派な兵隊として育っていく。

一家の首領はオンマ(母)(キム・ヘス)であり、イリョンと同じように各地で拾われてきた子供たちが、オンマの指示の元、人身売買、借金の取り立て、臓器の闇取引、密入国などの仕事を確実にこなしていた。

しかし、ある時、そんなイリョンが借金の取り立てに向かった相手は、これまで出会ったことのない明るく優しい青年ソッキョン(パク・ボゴム)だった…。



コインロッカーの女




感想(ネタバレあり)


コインロッカーで拾われた女。闇社会で兵隊となる


どんな映画だったか、一言で表現しろと言われたら「恐ろしい」と真っ先に答える。

それぐらい、この映画には韓国の裏社会の恐ろしさが詰まった作品だった。

物語の舞台は仁川にある中華街(原題「차이나타운(チャイナタウン)」)。

韓国には中華街と呼ばれるものがほとんどなく、唯一、存在しているのが、この仁川にある中華街だ。

だから、多くの韓国の人たちにとって中華街とは「謎の街」であり、「あなたの知らない世界」だ。

その中華街を舞台に、まさに、私たちにとって未知の世界・裏社会が描かれているのが、この映画「コインロッカーの女」だ。

主人公イリョンは、コインロッカーに捨てられていた赤ん坊だった。

その彼女が裏社会を牛耳る一家に育てられ、立派な兵隊として成長する。

そして、借金の取り立て、人身売買、臓器の闇取引、密入国など、闇の世界で金になることはなんでも手掛けるようになる。



コインロッカーの女4



闇の社会しか知らない人生


まぁーーー、このイリョンがとにかく恐ろしい。

人を傷つけたり、殺したりすることを全くいとわない。

それもそのはず。

彼女はチャイナタウンで絶対的な女帝として君臨するオンマの元で二の腕として育てられてきたからだ。

幼い頃から、捨てられようが足蹴にされようがくらいついて生きてきた。

むしろ、オンマはちょいちょいそうやって拾ってきた子供たちをテストして生き残る者だけを兵隊として育ててきた。

借金の取り立てに行き、相手に返す能力がないと分かれば、その場で即刻、臓器をいただき金に換金する。

それは、彼女が幼い頃から闇の世界しか知らず、それが当たり前だと思っているからこそだ。

普通の人が学校へ行き、計算の仕方を覚えるように、彼女は人間の臓器がいくらなのかを瞬時に計算する能力を覚えてきた。

角膜、腎臓、心臓…などなど。



コインロッカーの女2



陽のあたる世界と人の温かさを知った日


そんな彼女が、借金の取り立てに向かった先でソッキョンと出会うことで、初めて陽のあたる世界の生活を知る。

ケガをしている人の傷を気遣う。おしゃれなレストランでイタリアンを食べる。深夜の映画館で映画を観る。

普通の人にとってそんな当たり前の日常が、イリョンにとっては初めての世界だった。

しかも、ソッキョンは自身の借金で苦しんでいたわけではない。

中学3年生の時に出て行った父親の借金を肩代わりしているだけだった。

そのソッキョンの優しさと温かさに触れたイリョンは人格が変化していく。

日頃着ないワンピースを着てデートをし、「人を殺すこと」の罪を知る。

それは、恐れることなく人を殺すイリョンを買っていたオンマにとっては大誤算だった。

そして、イリョンとオンマの関係に転機が訪れる。

これはイリョンにとってオンマからの自立であり、オンマにとっては女帝としての足場の崩壊となった。

ソッキョンの死は理不尽なものだけど、その理不尽さがこの映画が描く闇社会のリアリティであり、と同時にこの映画の核となっている。



コインロッカーの女6



今後が楽しみな女優 キム・ゴウン


主人公のイリョンを演じるのは、キム・ゴウンだ。

私が初めてキム・ゴウンを観たのは「ウンギョ 青い蜜」だった。

ある老小説家が若くて瑞々しい少女と出会い、彼女との妄想を小説にするが、彼女も小説も新進気鋭の後輩に奪われてしまうという話で、キム・ゴウンは光まばゆい少女を演じていた。

ずいぶん脱ぎっぷりの良い若い女優さんだなぁとは思ったけど、決して闇の世界の人ではなく、むしろ陽のあたる世界の人だったので、今回の映画での180度転換ぶりにはちょっとビックリした。

現在、25歳。

今後の成長が楽しみな女優さんの1人。



コインロッカーの女7



カリスマと貫録を見せつけるベテラン女優のキム・ヘス


そして、チャイナタウンの女帝オンマを演じるのは、キム・ヘス

私の中でキム・ヘスのイメージと言ったら、いつも完璧に化粧をしてナイスバディの身体で登場するセクシーな姿。

だから、今回いつもよりかなり薄めのメイクでの登場に、それだけでちょっとビックリしてしまった。

しかし、他にもこの役を演じられそうな女優はいたと思うけど、それでも、キム・ヘスに演じさせたのは、彼女の持つカリスマ性が欲しかったのだと思う。

出てきただけで、彼女の一挙手一投足に迷わず目がいってしまうその威厳と脅威、そして威圧感。

監督が彼女に期待したのは、そこなんじゃないかと思う。

それ程までに、今回の彼女の女帝っぷりはキレていた。

若手女優を前に圧巻の存在感を見せつけていた。



コインロッカーの女5



微かに見える新しい時代への希望


結局、女帝が仕切るチャイナタウンの闇社会は崩壊し、新しいリーダーを迎える。

しかし、新女王の闇社会はこれまでとちょっと違う。

臓器を闇取引するための無駄死に一切禁止する。

それは、この映画に刺した唯一の光であり、新時代に向けた希望だった。

韓国映画を見るといつも、路地裏が怖くなる。

細くて暗い路地の向こうに何かあるのでは…と考えてしまう。

今回も、舞台は薄汚い路地裏だった。

貧しさが闇を生み、闇が大きな悪を生み出す。

韓国が抱える貧しさに潜む悪を浮き彫りにする恐ろしい作品だった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「コインロッカーの女」 DVD

コインロッカーの女 [DVD]

新品価格
¥2,980から
(2016/10/13 12:35時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
韓国映画 に参加中!
ソン・ガンホイ・ジョンジェ主演の映画「観相師-かんそうし-」をWOWOWで観た。

朝鮮王朝で第5代王の跡目争いが激化する中、王から信頼され王宮を動かすようにまでなった観相師(人相でその人の運勢を言い当てる人)を描いた作品

これ、ものすんごい面白かった。

王位継承者たちの跡目争いあり、それに群がる人たちのそれぞれの人生あり・・・

脚本も素晴らしければ、映像も美しく、衣装も美しい

どこを切り取っても素晴らしい作品だった

「観相師-かんそうし-」予告編 動画

(原題:관상(観相))




ネット配信で観る:「観相師 ―かんそうし―」(字幕版)

観相師 ―かんそうし― (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/28 19:35時点)



DVDで観る:「観相師 ―かんそうし―」

観相師 ―かんそうし― [DVD]

新品価格
¥927から
(2018/7/28 19:36時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ソン・ガンホ


監督

ハン・ジェリム
…(「ザ・キング」など)


2013年製作 韓国映画



あらすじ

観相師(人相でその人の運勢を読み取る人)のネギョン(ソン・ガンホ)は、都で一番の芸妓ヨノン(キム・ヘス)のいる芸妓館で働き始めると、千里眼を持つ男としてその噂は宮中まで広がり始める

そして、ある時、王様自らがお忍びでネギョンを訪ね、相談に乗って欲しいと言われる

王は、自分の行く末が短いことを悟り、王位継承の一番の権利がある息子と、それに対抗する自分の兄弟たちの観相をして欲しいという

特に、次男の首陽大君(イ・ジョンジェ)に謀反の動きが無いか注意して欲しいと言われ、各継承候補に会いに行くのだが・・・



観相師



感想(ネタバレあり)


韓国歴史ドラマのドロドロはやっぱりいつ見ても楽しい

韓国の歴史ドラマが凄く人気があって、なおかつ面白いのは、何よりもその宮中でのドロドロが面白いんだよね。

そのたいていが、王様を引きずり降ろそう、クーデターを起こそうとする抵抗勢力がいて、こいつらの暗躍っぷりを観ているのがいつも楽しい。

今回の映画「観相師」で言えば、イ・ジョンジェ演じる次男の首陽大君の謀反

ジョンジェが出てきた瞬間から、この映画はグッと面白さが増す

最初の掴みは、首陽大君が狩りで捕獲したトラを左議政の家へ送り届けるシーン

その剛腕ぶりからトラとあだ名をつけられた左議政。

しかし、首陽大君が送り届けたのは、体中に矢が刺さり、逆さづりにされたトラだった・・・

えーーーー(((( ;゚д゚))) 

それは、いつかお前も同じ目に遭わせてやるっていうメッセージですか!?

「ゴッドファーザー」でいうところの、切り取ったサラブレッドの首を敵に送るやり方と一緒じゃないですか!?(笑)

そう。まるでやり口が恐怖のマフィアレベル。こーーーえーーーーーε=ε=(;´Д`)

そこから始まる悪行の数々は、王位を継承する前から、既に恐怖政治

これがまた、怖くて面白かったんだよねぇ~



観相師2



千里眼を持つ観相師は、運命を変えることができるのか


そのマフィア的存在の首陽大君のクーデターを、誰よりも早く気付き、阻止しようとしたのが、観相師ネギョンだった

でもね、たとえ、人相を観て人の未来が見通せたとして、それを阻止しようとしたとしても、運命は運命なんだよね

誰にも運命を変えることはできなくて、最後には、ちゃんと辻褄が合うようにできている

宮中に入って、いろんな人相を観て、未来を変えられるような気になっていた観相師も、結局悲しみしか残らないことに気付く

観相師の凄く真面目な息子も、ちょっとおバカな義弟も、何も悪くないのに、結局、悲しい運命を背負うことになってしまったことがすごく切ない終わり方だった



観相師3



「観相師」というお仕事を知る


しかし、今回、この映画で初めて『観相師』という存在を知って、それだけでも面白かった

確かに、「目は口程に物を言う」とか、「皺に人生が刻まれる」とか、「ほくろ取って人生変わった」なんて話も聞くから、人相って、その人の人生とか性格って出ると思うよね

この映画の面白いところは、「巫女の予言」でもなく、「易学」でもなく、「占星術」でもなく、この「観相」を政治に取り入れたところ

実際、朝鮮王朝でこの「観相」を政治に活用したかどうかは知らないけれど、初めて聞いたからすごく新鮮で楽しめたなぁ

特に、「王位継承者たちの人相を観てくれ」という先王の願いの元、観相師が、各継承者たちのところへ出向くところは面白かった

次男はそこを見越して替え玉を使ったりね

既に、そこから政治的陰謀が始まっていたりして

もし、現代にも、その「観相師」さんがいるなら、私も見てもらいたい。

私って、どんな顔してるんだろうなぁ(笑)



観相師4



「おとぼけ観相師」ガンホ vs 「恐怖の独裁者」ジョンジェの演技対決


そして、この映画を何よりも盛り上げているのは、俳優陣たちの演技力

もう、ソン・ガンホは説明する必要もないスーパースター。


最後に息子と二人で首陽大君に頭を下げる姿が悲痛で、心に焼き付いて離れないが、どんな状況でも笑いを常に忘れないすっとぼけた観相師の姿は、まさにガンホ流で、誰にもマネできない

それ以上に、今回、私を驚かせたのは、イ・ジョンジェの悪役っぷり

私の中で、ジョンジェが悪役をやったイメージが無くて、悪役を演じてるだけでビックリだったんだけど、んもう、すんごい恐ろしい悪役を見事に演じてた

本当にビックリした。

こんなに大きな作品で、堂々と悪役をやるようになったジョンジェがなんだか嬉しかったなぁ



観相師5



というワケで、ガンホ演じる「おとぼけ観相師」vsジョンジェ演じる「恐怖の大君」が見どころのこの映画

韓国の歴史ドラマが好きな方も、そうでない方もゼヒゼヒ観て欲しい一本

未来を知るということは、とても切なく、悲しいことなんですな





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「観相師 ―かんそうし―」(字幕版)

観相師 ―かんそうし― (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/28 19:35時点)



DVDで観る:「観相師 ―かんそうし―」

観相師 ―かんそうし― [DVD]

新品価格
¥927から
(2018/7/28 19:36時点)





↓ 「観相師」も放送しているWOWOW_新規申込






古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック