とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:キューバ・グッディング・Jr



キューバ・グッディング・Jr主演の海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード10『評決』をNetflixで観た。

シーズン最終話。

次から次へとスターが登場し、事件も日本でも報道された事件だったし、その時何があったのかが知れて面白いドラマだった。

しかし、「本当はその時、何があったのか」について、OJが話さない限り、誰も知ることはできない。

知れば知るほど後味の悪い事件だった



海外ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>は、現在Netflixにて配信中。

DVDは輸入盤のみ販売中(2018年6月 現在)


「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>予告編 動画

(原題:American Crime Story)





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




***********

〇 「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード9 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード9『波乱を呼ぶテープ』神の恵みがOJに舞い降りる。キューバ・グッディング・Jr 主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

キューバ・グッディング・Jr
…(「ザ・エージェント」、「アウトブレイク」など)






製作総指揮




受賞歴

第68回エミー賞(2016年)リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

作品賞、主演女優賞(サラ・ポールソン)、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)受賞作品



アメリカン・クライム・ストーリー



感想(ネタバレあり)


事件の真相と人種差別、検察と弁護士の主張の違い

公判最終日。

検察側のマーシャとクリスによる論告求刑が行われた。



恐らく、ここでクリスが主張した話が、この事件の全てだったように思う。

OJは前妻であるニコールのことが忘れられずにいたが、しかし、そのニコールには新しい恋人がいる。

それでも構わずニコールに復縁を迫ったOJは、彼女に拒絶されたため、激情に駆られて刺し殺してしまう

激情だったからこそ、それはとても残忍であり、ニコールは首を切られ、OJはそこら中に証拠を残して現場を去っているのだ。



印象的だったのは、そのクリスの論告を聞きながら、OJが涙を流していたことだった。

クリスの話を聞いて、OJは、その時何があったのかを思い出し、共感した部分があったからこそ涙を流したのではないか。

そう思った。



しかし、その後ジョニー・コクランによる最終弁論があり、

その証拠は差別主義者ファーマンによるねつ造であり、このアメリカで長い間続いてきた人種差別を終わらせるべき」と主張。

そうして、公判は陪審員による評決へと移った。



アメリカン・クライム・ストーリー1-10-1



「黒人 VS 白人」代理戦争の結末


長い裁判の後だっただけに、検察側も弁護側も評決には時間がかかると思っていた。

検察側は必ず勝てると確信し、弁護側もまた、裁判の内容に満足し、スター弁護士たちは次の仕事へと散り散りになっていった。

ところが、彼らが解散して間もなくの4時間後、評決がくだされたとの連絡が入る



それは異例の速さであり、12人の陪審員たち全員に迷いがなかったということだろう。



その評決は「O・J・シンプソンは無罪」というものだった。

結局のところ、12人いる陪審員のうち、9人が黒人であり彼らが「これはファーマン刑事によるねつ造に違いない」と思った結果、無罪という結論に達したのだ。

この「O・J・シンプソン事件」は、白人 VS 黒人の代理戦争になってしまったのだ。



裁判の内容はテレビで生中継され、黒人たちの怒りはヒートアップし、元々黒人たちにとってスーパースターだったO・J・シンプソンは「差別主義の白人に罪を着せられた悲劇のスター」となった



また、クリントン大統領も、この事件に言及し「これは悲しい事件、人々の多様性を受け入れていくべきだ」と発言。

それを聞いたジョニー・コクランは、「これは勝利だ」という。

それはまるで、「LA暴動」から続く、黒人 VS 白人の騒ぎに対して、ようやく黒人の意見が認められたかのような雰囲気を感じた



しかし、OJの周りにいる人たちこそ、OJの「有罪」を確信していた

OJが住んでいる高級住宅街の周辺に住む人たちは「OJは帰ってくるな」というプラカードを掲げ、自宅に押し寄せる。

そして、事件が起きる前までは「親友」だと言っていたボビー・カーダシアンは「無罪判決」を機に、OJと絶縁してしまう。



恐らく、カーダシアンにはOJが有罪だと確信する何かがあったはずだ。

しかし、彼はもう亡くなっているので、その真相を知ることはできない。



もしも、担当刑事が差別主義者じゃない黒人の刑事だったら、OJは確実に有罪になっていたはずだ。

OJが無罪になったことで、多くの黒人が喜んだけれど、それでは被害者の遺族の思いはどうなるのか

なんとも後味の悪い事件だった。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キューバ・グッディング・Jr主演の海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード9『波乱を呼ぶテープ』をNetflixで観た。

運も実力のうちという言葉があるけれど、アメフト界のスーパースターは確かに強い運を持っていた。

事件が起きたのは、「ロス暴動」から2年後で、国民はロス市警の差別的な行動に対して批判的な目を向けているという世論がOJの味方をする。

そして、さらに差別主義の担当刑事が黒人を侮辱している発言が収めれたテープが発見される…。



海外ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>は、現在Netflixにて配信中。

DVDは輸入盤のみ販売中(2018年6月 現在)


「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>予告編 動画

(原題:American Crime Story)





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




***********

〇 「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード8 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード8『囚われの陪審員』8ヶ月の監禁生活に疲弊する陪審員。キューバ・グッディング・Jr 主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

キューバ・グッディング・Jr
…(「ザ・エージェント」、「アウトブレイク」など)






製作総指揮




受賞歴

第68回エミー賞(2016年)リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

作品賞、主演女優賞(サラ・ポールソン)、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)受賞作品



アメリカン・クライム・ストーリー



感想(ネタバレあり)


OJ側へ神の恵みか…差別主義 ファーマン刑事の肉声テープ


ここへ来て、O・J・シンプソン側に神の恵みが降りてくる



以前、ロスに住んでいた売れない脚本家が、脚本を書くためにロス警察の刑事にインタビューをした際、その中に人種差別主義のファーマン刑事もいた。

その時の肉声テープと書き起こしがあるのだが、脚本家がノースカロライナにいるという。



その上、脚本家がそのテープと書き込起こしを渡すことを拒んだため、ジョニー・コクランとF・リー・ベイリーはノースカロライナの地方裁判所へ行き、その音声テープと書き起こしを証拠として強制的に提出するよう求める。

F・リー・ベイリーの働きかけにより、その要求が認められ、彼らはその新しい証拠を手にすることができる。



ここでも、人種問題が起きていた。

ノースカロライナ州は南部の州で、黒人の主張が通りにくい。

初めはジョニーの訴えを聞き入れなかった裁判所だったが、その後、ベイリーが訴えると聞き入れられるという事態が起きていた。



そして、ようやく手に入れた肉声テープだったが、大きな問題点があった

この裁判で裁判長をしているイトー判事の妻 ペギーは、ロス警察で警部をしているのだが、彼女を酷く罵る言葉がそこに録音されていたのだ。

そのことでイトー判事がファーマン刑事に悪意を持つ可能性があり、裁判長から降ろされることになったら、審理無効になり、裁判は初めからやり直しになってしまう。



結局、裁判でテープを流すことになるが、それは「陪審員のいないところで」という条件付きになった。


それは、検事側の2人を怒らせることになった。

そもそも、検事局は「これは論点のすり替えになる」という理由で証拠にすることを拒否していたのに、たとえ陪審員がいない裁判所であっても、音声テープを流すということは、テレビ中継されるということであり、陪審員たちは、いずれ家族から電話でその内容を知らされることになるから意味がないと考えた。



一方で、OJ側弁護団は、ペギーの部分をカットして、残りの部分を証拠として陪審員に聞かせるべきだと考えていた。

その中でも、特に「証拠をねつ造している」と発言している部分は証拠にすべきだと考えていた。



それぞれの主張がある中、ファーマン刑事が「ニガー」と発言している部分、二ヵ所を証拠として採用することになった

以前、ファーマン刑事が「これまで『ニガー』と発言したことはない」と宣言したことに対し、その部分はその証言が「嘘をついている」と証明した部分だからだ。





アメリカン・クライム・ストーリー1-9-1



世論と時代がOJに味方する


その証拠については、検事側にとっても、弁護団にとっても納得のいかないものとなったが、テレビを見ている国民は「黒人 VS 白人」で真っ二つに分かれてしまう

やはり、ロス市警は人種差別を行っていて、OJの事件も刑事がねつ造したに違いないと思うようになった。



しかし、冷静に見れば、現場に残されていた証拠を見る限り、OJが犯人なのは確実だと思ってしまう。

その現場で証拠を採取したのが「差別主義者の刑事」だったというのは、OJにとっては「神の恵み」だったというほかない。

それも、「ロス暴動から2年後」の、国民がロス市警に対して不信感が最も高まっていた時代もOJに味方した



テープが証拠として認められた後、ファーマン刑事は裁判所に召喚される。

証言台に上がったファーマンは、何を聞かれても「黙秘権を行使します」としか言えなかった



そこで、ジョニー・コクランは絶対に勝てる質問を考える。

それは「あなたは、証拠をねつ造しましたか」というものだった。

それに対しても、ファーマン刑事は「黙秘権を行使します」と答えた。

その答えを否定できないということは、「証拠をねつ造した」と認めたようなものだった。



恐らく、ファーマンは今後のことを考えて、全ての質問に対して「黙秘権を行使する」ように弁護士からアドバイスされていたのだろう。

ジョニーはそれを逆手に取ったのだ。



その一件で、世論は「ロス市警は差別主義」と見るようになり、「OJは被害者」と見るようになる

OJに神風が吹いたのだ。



しかし、OJ本人は貧しい黒人たちを見下して、まるで白人のような生活をしている

なぜ、そんな男に神風が吹くのか。

運が良かったとしか言いようがない。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キューバ・グッディング・Jr主演の海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード8『囚われの陪審員』をNetflixで観た。

陪審員は12人いることは分かっているけれど、彼らが裁判中にどんな生活をしているのかまではよくわかっていなかった。

このエピソードでは陪審員の生活にスポットが当てられる。

彼らの生活を観ているだけで気が狂いそうになった…。



海外ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>は、現在Netflixにて配信中。

DVDは輸入盤のみ販売中(2018年6月 現在)


「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>予告編 動画

(原題:American Crime Story)





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




***********

〇 「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード7 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード7『陰謀説』疑惑の手袋が登場!!キューバ・グッディング・Jr 主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

キューバ・グッディング・Jr
…(「ザ・エージェント」、「アウトブレイク」など)






製作総指揮




受賞歴

第68回エミー賞(2016年)リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

作品賞、主演女優賞(サラ・ポールソン)、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)受賞作品



アメリカン・クライム・ストーリー



感想(ネタバレあり)


何もできないホテルと裁判所を往復するだけの8ヶ月


このエピソードでは、陪審員たちの生活にスポットが当てられていた。

選ばれた12人の陪審員たちと、補欠たち(その後、彼らの存在がとても重要になる)は、O・J・シンプソン事件の公判中、ホテルと裁判所との往復以外はどこへも行くことができない。

それどころか、ホテルの中も決めらた場所以外に行ってはいけない決まりになっている。



ところが、この公判「手袋が小さすぎた!」のところまで8ヶ月も経過していた!

その間、彼らはずーーーっとテレビもラジオも新聞もない部屋で過ごしていたのだ。



これはいくらなんでも気が狂うだろう。

当然、新聞を読んだり、テレビやラジオを聞いたら、彼らの耳に余計な雑音が入って判決に影響してはいけない。

だから、外部から一切影響を受けない環境を作らなければいけない。



ということは、彼らは毎日話題の公判に出席していながら、テレビでどれだけ話題になっているかを知らないのだ。

もしも私がそんな環境に置かれたら、きっと頭がおかしくなるだろうと思うし、当然ながら、OJの陪審員たちにも疲れが出ている。

ちょっとしたことで、キレたり反抗したりする人たちが出始めている。



アメリカン・クライム・ストーリー1-8-1



公判中にも陪審員のチェンジがある

そして、このドラマを観て初めて知ったのは、陪審員にチェンジがあるということ。

この裁判の判決に影響が出るような経歴がある人(例えば犯罪歴があったり、DVを受けた経験がある人)は、それが分かった時点で陪審員から外され、補欠の人が繰り上がる。

それは知らなかった。



そのために、補欠の人たちがいるのだ。



この公判では、OJに無罪を投票する黒人の人が2人、経歴を隠していて陪審員を外された。

それって、陪審員を選ぶ時に分からないものなのかなぁと思ってしまうけれど、そういうこともあるため、検事や弁護士は自分たちの判決に有利な人たちで陪審員を固めようとする

しかし、12人を欠けてしまうと審理無効となり、裁判のやり直しになる。



けれど、さすがに、8ヶ月もかかった裁判をやり直ししたいと思わないのだろう。

最終的に、黒人が3人はずされ、代わりに白人が入ったところで陪審員は落ち着く。

OJ側はそれが不利だと感じ、さらなる奇策を考えなければいけなくなった。



そこで、OJは自分が陪審員の同情を買う証言をすると言い出し、スーパースターのOJならそれもありかもと思い始めたジョニーはOJのリハーサルを始める。

ところが、そこで、ファーマン刑事の人種差別的な発言を録音したテープがあるとわかり…。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キューバ・グッディング・Jr主演の海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード7『陰謀説』をNetflixで観た。

この事件があった当時、日本でも大きく報道されていたけれど、O・J・シンプソンを知らない私は、興味を持って見ていなかったため、あまりよく覚えていない。

しかし、そんな私でさえ「手袋」のことはよく覚えている

なんでそんなことが起きるのか、不思議でしょうがなかった

そして、いよいよその手袋がこのエピソードに登場するが、やはり、事実がドラマ化されても「なぜ、そんなことが起きたのか」理由が分からないのだ…。


海外ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>は、現在Netflixにて配信中。

DVDは輸入盤のみ販売中(2018年6月 現在)


「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>予告編 動画

(原題:American Crime Story)





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




***********

〇 「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード6 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード6『女性検察官の苦悩』裁判の主役はマーシャ!キューバ・グッディング・Jr 主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

キューバ・グッディング・Jr
…(「ザ・エージェント」、「アウトブレイク」など)






製作総指揮




受賞歴

第68回エミー賞(2016年)リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

作品賞、主演女優賞(サラ・ポールソン)、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)受賞作品



アメリカン・クライム・ストーリー



感想(ネタバレあり)


あくまでも「司法取引で」と考えるシャピロの不協和音


全米で有名な弁護士ばかりを集めたO・J・シンプソン側弁護団。

始まりは、シャピロが「黒人嫌いの刑事がOJに罪をかぶせた冤罪」という線で裁判を勝ち抜く戦略を立て、黒人の人権問題に強いジョニー・コクランを誘う。

しかし、ある程度話題集めをした後で、裁判で負けるぐらいなら「司法取引に持ち込みたい」とシャピロは考えた



それに対し、ジョニー・コクランとベイリーは「白人嫌いの刑事による陰謀説」で勝てると考え、シャピロの「司法取引に持ち込みたい」という考えに反対する。

当然、OJ本人も「100%無罪」だと言い切る。



それに納得できないシャピロは「LA警察の警察官を支持するバッジ」を身に着けて登場する。

それは、明らかにジョニーとベイリーの気持ちを逆なでするものだった。



その一方で検察側は、殺人現場に落ちていた手袋はニコールが買った特注品であるという証拠を見つけ、これで確実にOJを有罪にできると喜んでいた。



アメリカン・クライム・ストーリー1-7-1



裁判の動きを大きく変えた「手袋」事件


マスコミにマーシャが叩かれ続けたことに対して、気分転換が必要だと感じた相棒のクリスは、マーシャを誘って地元に帰る。

マーシャがクリスの同級生たちと打ち解け、楽しい週末を過ごし、クリスは「マーシャを落とせる!」という段階になって、うまく誘うことができない…。

マーシャは明らかにクリスが誘ってくれることを待っていたのに…。



それ以来、二人の仲はギクシャクしてしまう。



さらに、検察側の戦略は裏目に出てしまう…。

検察が「貴重な証拠の一つ」としていた手袋

それが、OJの手にはあまりにも小さすぎたのだ…。



この「証拠の手袋が小さすぎた問題」は、この事件のことをあまり覚えていない私でさえもよく覚えている

検察が自信を持って「証拠だ」としていた手袋が、OJには小さすぎてはめることができないなんて、そんなことがあるのか。

事件をよく知らなくても、その出来事にビックリしてしまった。



しかも、それはシャピロがたまたまはめてみて(いくら休憩時間だからといって証拠に触ることができるのも不思議)気付いたことであり、それを知った弁護団は検察のクリスをうまいことけしかけて、手袋をはめさせるように誘導するというずる賢さ!!

OJは、陪審員たちの目の前で堂々とはめるも、明らかに手のサイズが合わない!!

これには検察も目が点になってしまう。



それまでシャピロは弁護団と不協和音を出していたのに、この一撃が大金星となり、OJが有利な方向へと空気が変わっていく

再びOJ側の弁護団は一致団結していくのだ。



なぜ、証拠として提出する前にサイズを確認しなかったのか…

あらゆる点で、この「手袋」については検察側の失態だったと言わざるを得ない。



本当に刑事がOJをはめるために仕込んだものだったのか…。

その真相は誰も分からない。




Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キューバ・グッディング・Jr主演の海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード6『女性検察官の苦悩』をNetflixで観た。

OJシンプソンの事件のはずなのに、毎日、新聞やテレビをにぎわせているのは、主任検事 マーシャ・クラークだった!?

これは、OJ側弁護団が望んだことではないと思うが、彼女の独特なヘアスタイルやファッションがOJに対して有利に働くことになる…。

今だったら、そんな過熱報道は「女性蔑視」以外の何物でもないが、当時はそれが当たり前だったのだ。

マーシャという存在に時代を感じるエピソードだった。


海外ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>は、現在Netflixにて配信中。

DVDは輸入盤のみ販売中(2018年6月 現在)


「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>予告編 動画

(原題:American Crime Story)





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




***********

〇 「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード5 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード5『公判開始』黒人差別を切り札にする弁護人。キューバ・グッディング・Jr 主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

キューバ・グッディング・Jr
…(「ザ・エージェント」、「アウトブレイク」など)






製作総指揮




受賞歴

第68回エミー賞(2016年)リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

作品賞、主演女優賞(サラ・ポールソン)、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)受賞作品



アメリカン・クライム・ストーリー



感想(ネタバレあり)


自分のスタイルを守り通したことがあだになったマーシャ


このO・J・シンプソン事件が起きたのは1994年。

ロス暴動があってから2年後で、白人警官による黒人差別が問題視されていた時代だった。



そこで、OJの主任弁護士のジョニー・コクランは、その「差別問題」を巧みに利用してOJを勝たせようとする。

そのように、その当時、黒人問題についてはとてもデリケートに扱っていたけれど、女性問題については、ほとんどの人たちがまだまだ関心を持っていなかった時代だったようだ。



それは、主任検事マーシャに対する人々の態度を観ていればよくわかる

彼女が、検事局という男性社会の中で、どれだけ必死になって「O・J・シンプソン事件」を担当する主任検事に登りつめたのかという過程は描かれていない。

しかし、ちょっと想像してみれば、男性たちの何倍も努力をして、その位置に登りつめたのだろうということは想像がつく。



それまで、仕事にばかり必死になっていたから、「好感度があがるファッションや髪形、化粧」がどのようなものなのか、どうしたらいいのか分からないのだ。

ちょっと本屋さんに行って、コスモポリタンとか、VOGUEとか、ELLEとか買って、気に入った髪型があったら、それを切り取って美容院に持っていけば良いだけなのだ。

メイクの仕方がわからなければ、化粧品店でメイクの仕方を教えてもらえばいい。



ところが、彼女はそういった努力を一切しようとしなかった

挙句の果てに、上司から「メディアコンサルタントを紹介しようか」と言われてしまう。

そうやって上司に忠告されて、ようやく気付くのだ



そして、美容院に行くのだが、さらにパーマをきつくかけられて、「恐怖のカーリーヘア」という悲しいあだ名までつけられてしまう。



しかし、私はマーシャの気持ちがよくわかる。

これまで、自分が信じた道を歩んできたからこそ、手に入れた成功なのだ。

知らない人たちから、あーだこーだ言われたくない。

自分の好きなように生きたいんだという、マーシャの強い意志を感じる。



しかし、男性たちはそんな女性たちに「かわいくない女」という烙印を押したがる

女性とは、にこにことして愛想がよく、ファッションセンスも、髪型もおしゃれにしておくものだと決めつけている。

それこそが「女性蔑視」なのだけど、残念ながら、これは94年の話なのだ。



アメリカン・クライム・ストーリー1-6-1



あまりの過熱報道に裁判を中断してしまうマーシャ


裁判の内容よりも、マーシャの髪形やファッションが新聞やテレビをにぎわせていた頃、ファーマン刑事が証人台に上がる。

ファーマンは「差別主義者」だと言われていた人間で、ジョニーとシャピロはファーマンが証拠をねつ造した方向で裁判を進めようと考えていた。



その時、ジョニー・コクランがファーマンに質問したのは、「あなたはこれまでニガーという言葉を使ったことがありますか」という質問だった。

これで「はい」と答えれば、陪審員は「やっぱりファーマンは差別主義者だ」とみるし、

「いいえ」と答えれば「ファーマンは嘘つきだ」と考える。



これは、どっちに転んでも、ファーマンのイメージを下げる質問だったのだ。

その結果、ファーマンの答えは「いいえ」だった。

その答えを聞いて、陪審員たちは「ファーマンは嘘をついているに違いない」と思ったはず…。



そして、裁判を続けようとしたところ、マーシャの写真が流出する。

それは噂のヌード写真のことだろう。

マーシャの前々夫が撮った写真なのだとか。

さすがに、それにはマーシャも応えたのか、その日は休廷になってしまう…。



主役はOJのはずなのに、まるでマーシャが主役のような扱い。

確かに、マーシャにはヒステリックな雰囲気も感じるけれど、時代に翻弄された気の毒な面も感じてしまう。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キューバ・グッディング・Jr主演の海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード5『公判開始』をNetflixで観た。

OJから主任弁護士に指名されたジョニー・コクランは、この事件を「人種問題」にすれば勝てると考え、戦略を立てる。

初日からその成果を出し、法廷はジョニーペースで進んでいく

ところが、ジョニーが「OJは黒人であることで、警察から差別を受けた」とするのだが、そのOJ本人は「まるで白人のような言動」を繰り返す差別主義者なのだ。

その間に挟まれた黒人検事のクリスは、「自分の立ち位置」について悩まされる…。



海外ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>は、現在Netflixにて配信中。

DVDは輸入盤のみ販売中(2018年6月 現在)


「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>予告編 動画

(原題:American Crime Story)





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




***********

〇 「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード4 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード4『100パーセント無罪』主任弁護士を変更!キューバ・グッディング・Jr 主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

キューバ・グッディング・Jr
…(「ザ・エージェント」、「アウトブレイク」など)






製作総指揮




受賞歴

第68回エミー賞(2016年)リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

作品賞、主演女優賞(サラ・ポールソン)、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)受賞作品



アメリカン・クライム・ストーリー



感想(ネタバレあり)


初日から自分のペースに持ち込む 主任弁護士のジョニー・コクラン


陪審員が選定され、いよいよ公判が開始される。



検事局はOJ側の「ドリームチーム」に対する切り札として、黒人若手検事のクリス・ダーデンを加える。

そして、クリスは裁判長に対し「この裁判では『Nワード(二グロ)』を使わせないようにしてほしい」と訴える。

検察側は、ドリームチームが人種問題を切り札にしてくることに対して「この裁判は人種問題ではなく、殺人事件として扱うべき」ということを強調したかったのだ。

それを、黒人検事であるクリスに言わせることで、「公正さ」を強調できると考えたのだろう。



ところが、それは間もなくジョニーに論破されてしまう

それこそが「黒人を侮辱している発言」であり、OJが黒人である以上、人種問題は切っても切れない問題であるとジョニーは強く主張した。



翌日、新聞の世論調査では76%の黒人がクリスの発言に「満足していない」と回答し、「クリス・ダーデンはアンクル・トム(白人に媚を売る黒人)だ!」と非難されてしまう

クリスが悪いわけではない。

彼は本気でそう思って、この事件は「人種問題にするべきではない。真実を訴えたい」と考えていたはずだ。



しかし、相手が悪すぎた。

ジョニー・コクランは人種差別の経験も豊富で、かつて検事補をしていたこともあり、クリスが考えることなど手に取るようにわかるのであり、クリスがジョニーに立ち向かったところで、小人と巨人の対決ようなものなのだ。



さらに、ジョニー・コクランの快進撃は続く。

翌日には、冒頭陳述が行われた。

そこでジョニーは、開示していない証人の名前を読み上げる。

それは本当は「違法なこと」なのだ。



検事側が聞いたこともない証人の名前を聞いたときに、異議を唱える。

「それは、事前に開示すべきなのに聞いていません」

それを受けて、ジョニーの助手が手を挙げ「申し訳ありません。急に決まったもので開示に間に合いませんでした」と言うと、ビル検事が興奮しながら「そんなことは許されません!!」と言うと、興奮しすぎて倒れてしまう…



これは、明らかにジョニーの「確信犯的な心理作戦」だった。

ジョニーが検事局に知らせずに証人を用意し、それを冒頭陳述に書き、ジョニーはいかにも「もう手続き済みだと思った」的な顔でそれを読み、ジョニーの助手が「開示することを忘れていました」としらばっくれる。



すると、ジョニーの予想通り検事局は激しく動揺してしまう。

やはり、どう考えても、ジョニー・コクランに対して、この検事局チームは弱すぎる。



倒れてしまったビルの代わりに、誰か他の人を補充しようかという話が出た時も、マーシャは「クリスを昇格させればいい」と言ったけれど、ここは、経験豊富で特に人種問題に詳しい検事を入れておくべきだった。

検事局は「証拠がそろっている」ことを理由に、「絶対に勝てる」と確信していたのだろうが、もう既に2度も打ち負かされているのだ。

ここは戦況について、きちんと総括して反省して、次の対策を練るべきだったと思う。



アメリカン・クライム・ストーリー1-5-1



まるで白人のような言動をするOJ


検事局が2敗した後も、ジョニーは攻撃の手を緩めない。

陪審員による「殺害現場の見学」が行われるにあたり、ニコール家の豪華な装飾を極力減らし、OJの家を「黒人らしくした」のだ。



しかし、真実は全く違っていた。

OJの自宅は「裕福な白人が暮らすような豪邸」なのだ。

ノーマン・ロックウェルの絵を飾り、白人が好むようなものを好んで置いていた。



それでは「陪審員たちに同情してもらえない」と考えたジョニーは、OJの家を「黒人らしいアフリカ的装飾」でイメージを変えてしまう

それは、ジョニーの自宅にあったものを持ってきただけだ。



しかし、OJ本人を変えることはできない。

OJ宅の庭にあったベンチに座っていたクリス検事に対し、OJが明らかに嫌悪感をにじませながら「俺のベンチに座るんじゃねぇ。目障りだ」と言い切ったのだ。



なんとまぁ、ここにOJの本性が表れている

OJは、自分が黒人であることを忘れ、他の黒人を見下しているのだ。

それを見ていたジョニーは穏やかにOJをなだめるが、驚いたのはクリスだった。



何も悪いことをしていないのに、そこに座っているだけで、まさかの黒人から「目ざわりだ」と言われるなんて思ってもみなかったことだろう。

この時、明らかにOJは「自分は白人だ」と思っていたに違いない。



クリスが驚いているところへ、さらに、ジョニーが声をかける。

それは「ファーマン刑事と関わるな」という言葉だった。

ファーマン刑事は、殺害現場に駆けつけて証拠を採取した証人なのだが、過去に「人種差別的な言動」があり、差別主義者だと言われている。



そのファーマンには関わるなとジョニーはクリスにアドバイスしている。

それは、ジョニーの作戦なのか。

それとも、本心からクリスのことを心配して、これ以上関わったら酷い目に遭うということなのか。

恐らく、ファーマンはOJ以上にもっと酷い人間だとジョニーは言いたかったのではないか。



そのジョニーの言葉があったからか、クリスはマーシャから任されたファーマン刑事への尋問を辞退している。

果たして、ファーマン刑事とはどれほどの差別主義者なのか

最後のシーンに出てくるナチスドイツの勲章がそれを物語っている…



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キューバ・グッディング・Jr主演の海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード4「100パーセント無罪」をNetflixで観た。

このドラマは、本当にすべてがドラマのようだけど、実話をドラマ化しただけで、全てが実際にあったこと

もちろん、演出の面白さもあるけれど、こんなドラマのようなことが現実にあるんだなぁと思う。

スーパースターが、明らかに彼が犯人だと分かるような殺人事件を起こすが、全国で有数の弁護士が集まって彼のことを助けようとする。

金さえあれば、無実も買い取ることができるのだ…。



海外ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>は、現在Netflixにて配信中。

DVDは輸入盤のみ販売中(2018年6月 現在)


「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>予告編 動画

(原題:American Crime Story)





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




***********

〇 「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード3 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード3『ドリームチーム』無罪に必要なのは真実より同情。キューバ・グッディング・Jr 主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

キューバ・グッディング・Jr
…(「ザ・エージェント」、「アウトブレイク」など)






製作総指揮




受賞歴

第68回エミー賞(2016年)リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

作品賞、主演女優賞(サラ・ポールソン)、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)受賞作品



アメリカン・クライム・ストーリー



感想(ネタバレあり)


無罪を主張するOJと司法取引を企む主任弁護士のシャピロ

O・J・シンプソンが逮捕され、「ドリームチーム」と呼ばれた弁護団も決定。

そして、予備審問が行われ、当然「O・J・シンプソン事件」の裁判が行われることになる。

続く罪状認否で、検察はOJの殺人罪を訴え、それに対しOJは「100パーセント無罪だ!」と宣言

O・J・シンプソンは殺人犯かどうかが、裁判で争われることになった。



次にするべきは「陪審員の選定」だ。

しかし、そこまできて「ドリームチーム」に亀裂が入り始める。

主任弁護士であるシャピロは、そのままうまいこと司法取引に持ち込み、OJの刑を軽くすることを考えていた



しかし、F・リー・ベイリーは、シャピロとは考え方が違い、なんとしてでも裁判で勝ってOJからガッツリ弁護料を取ることを考えていた。

そんなベイリーに対し、シャピロは「この件は、プロボノ(ボランティアの弁護士)だろ?」と言ったため、ベイリーはシャピロと決裂、ジョニー・コクランを主任弁護士に変えようと考えた。



この時のシャピロとベイリーのやり取りを見ていて、ベイリーの要望も聞かずに「だってプロボノだろ??名前も売れるしいいじゃないか」と言ったシャピロはずいぶん酷いなと思った。

シャピロは、そんなに無計画に人を集めたのか?それも自分の名声のために

なかなか汚い人間だよな。



シャピロは人気の弁護士を集めて話題性を作り、テレビに多く出て自分の名前を売るためにOJを利用していたのだ。

そもそもシャピロは「OJがニコールを殺した」と思っていたのだ。

元から「OJは無罪だ」と強く信じている友人のカーダシアンは、そんなシャピロの動きに不安を感じ、OJに「コクランを主任弁護士にするべき」とアドバイスしている。



OJとしては、シャピロを選んだのは自分だっただけに、なかなか踏ん切りがつかない。

しかし、本気で無罪を勝ち取るにはジョニー・コクランを主任弁護士にするしか道が残されていなかった。



アメリカン・クライム・ストーリー1-4-1



裁判直前に主任弁護士を変更するドリームチーム


そこで、クリスマス休暇を使ってシャピロがハワイへ行っている間に、コクランの弁護士事務所の人たちはOJの資料を全て自分たちの事務所へ移してしまう。

そして、OJが電話でコクランを主任弁護士に指名し、シャピロはサブに回されることになった



シャピロは、司法取引が得意な弁護士であって、実践があまり得意ではない。

だから、自分が得意な分野で決着をつけようとしたのだが、話題作りのために集めた「ドリームチーム」が、結局、あだとなってしまったのだ。

彼らは司法取引のために弁護を引き受けたのではないのだ。



そして、陪審員を選抜。

検事局がモニターしたところ、国民の意見は真っ二つに割れていることが分かった。

白人はOJが有罪だと思っていて、黒人は無罪だと思っているのだ。

検事局としては、圧倒的にOJが有罪だと思っていたので、これが「意外と難しい裁判になる」ということに気付く



さらに、殺されたニコールの友人のフェイ・レズニックがニコールの暴露本を出版

そこには、OJがDV男だということや、彼らの性生活まで赤裸々に描かれていた。

愛されすぎた女の悲劇―ニコール・ブラウン・シンプソン 断ち切られた人生の記録

中古価格
¥84から
(2018/6/24 00:04時点)





フェイの暴露本が出たことで、一旦陪審員選びが中止されたものの、「読むに値しない本」だという結論になり、陪審員選びが続けられる。

OJ側弁護団は、黒人女性たちの間で「ニコールは金目当てでOJに近づいた」と悪口を言われていることを知り、一人でも多くの黒人女性を陪審員に入れるようにし、検察側は、白人の陪審員を増やそうとする。

そして、12人の陪審員が決定し、裁判が開始される。



OJ側の冒頭陳述は、OJからの指名により、ジョニー・コクランがすることになった



結局、シャピロは本気でOJを無罪にしようとしなかったことが周りから悟られて外されてしまったわけだけど、主任検事のマーシャ・クラークも検察側から信頼されていなかった。

「もっと笑えばいいのに」「スカートはけばいいのに」「髪型を変えればいいのに」

と言われ続ける。



これは、今だったら確実に「女性蔑視」と言われる発言の数々で、「女は、女性らしい服装で愛想よくするもの」だと思われていた。

それに対し、ブチ切れたマーシャだけど、相手がドリームチームになった時に、もう一人ぐらいベテランの検事を加えるべきだったのではとも思う。

黒人検事を入れたはいいけれど、「裁判の経験がない」というのは不安材料でしかない。



マーシャは他の検事から「女のくせに」と言われていたことに腹を立て、意地をはっていたけれど、そこはもう少し柔軟に対応しても良かったように思う

意地を張ってしまう彼女の気持ちも痛いほどよくわかるけれど。

マーシャにはマーシャの検事局内での戦いがあったのだ。



しかし、「国民の半分がOJが無罪だと思っている」と知った時に、検事局も「ドリームチーム」を作るべきだったのだ。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キューバ・グッディング・Jr主演の海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード3「ドリームチーム」をNetflixで観た。

アメリカのような陪審員制度では、容疑者が「事件を実際にしたかしていないか」を示すよりも、「陪審員の同情を買えるか買えないか」が判決に大きく作用する

OJ裁判の場合、あらゆる証拠が「OJが犯人」であることを示していたため、弁護士のシャピロは「どうすれば、陪審員がその証拠が無効だと信じるか」が勝敗の決め手になると考え、様々な方法を考える。

そして、ロサンゼルス暴動からわずか2年後という当時の社会情勢が、そんなシャピロの戦略に味方することになる…。



海外ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>は、現在Netflixにて配信中。

DVDは輸入盤のみ販売中(2018年6月 現在)


「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>予告編 動画

(原題:American Crime Story)





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




***********

〇 「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード2 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード2『命がけの逃走』カーチェイスを全国生中継するTV!キューバ・グッディング・Jr 主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

キューバ・グッディング・Jr
…(「ザ・エージェント」、「アウトブレイク」など)






製作総指揮




受賞歴

第68回エミー賞(2016年)リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

作品賞、主演女優賞(サラ・ポールソン)、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)受賞作品



アメリカン・クライム・ストーリー



感想(ネタバレあり)


「絶対に負けられない」という執念が呼び寄せたチャンス


元妻の殺害現場に残されていた証拠はOJがその場にいたことを示していて、逮捕状が出されたことを知ったOJは、出頭直前に逃げ出してしまう。

それは明らかに「自分が有罪になることが分かっていて逃げ出した」と思われる行為だった。

パトカーとOJのカーチェイスをテレビで観ていた国民も、その多くが「OJがやったに違いない」と思った。



そんなOJの自由奔放な振る舞いに追い詰められたのは弁護士のシャピロだった。

全米でも有名な弁護士であるシャピロにとって、「負け」は許されない。

状況証拠は「有罪」を示していても、なんとしてでも裁判で「無罪」を勝ち取らなければいけないのだ。



シャピロは必死に戦略を練るが、なかなか思い浮かばない。

その時、弁護士事務所の調査員が「現場検証をした刑事は黒人嫌いの差別主義者」という情報を得る。

これはシャピロにとって青天の霹靂だった。



その事件が起きた1994年は、ロサンゼルス暴動からわずか2年後であり「LAの警官は差別主義者」として全国から非難されているという社会的背景があった


シャピロは、そんな社会情勢を利用しようと考える。

このOJの事件を「黒人問題」にすり替え、「事件の証拠は、黒人嫌いの警官によってねつ造されたもの」という主張を通す方針で裁判を戦うことに決める。



そして、早速、NYから取材に来た雑誌「ザ・ニューヨーカー」に情報をリークする。

この「警官が黒人嫌い」から、雑誌に情報をリークするまでの一連の動きが、なんとも神がかっていた。

これは「絶対に裁判に負けられない」というシャピロの執念が呼び寄せた強運ではなかったか。



時代を読み、小さな情報も見逃さずチャンスに変えてしまうからこそ、シャピロは全米でも有名な弁護士にまで登りつめたのだ。



アメリカン・クライム・ストーリー1-3-1



必要なのは、ロス市民の心を動かす弁護士


裁判の方向性を「黒人問題を柱にする」と決め、準備を始めるが、シャピロはさらなる弁護士の補充が必要だと考えた。



事件があったのは高級住宅街だけれど、裁判が行われるのはロスの市街地であり、陪審員に呼ばれるのは「普通の」市民だ。

実際にロス暴動を目撃し、経験してきたロス市民が「共感できる」弁護士でなければならない

そこでシャピロは、黒人問題のプロ、ジョニー・コクランを弁護団に加えることをOJに提案する。



この話を聞いたOJの反応が傑作だった。

OJは、ジョニー・コクランがどんな人間かを知りながら、それをとことん拒否したのだ。

その理由が「俺は黒人じゃない!おれは、O・J・シンプソンだ!!」と言い放ったのだ。



つまり、自分はその辺の黒人とは違って白人たちと同じ特権階級にいるから、「黒人専門の弁護士」などお断りだと。

なんだろう。この差別主義者は。呆れてしまった。

だから、友人たちも、元妻も弁護士も白人なのかと納得した。

OJという人は、黒人であることがコンプレックスで、それをバネにしてスーパースターにまで登りつめた人だったんだな。



しかし、シャピロの「勝つためには絶対にコクランが必要だと」という説得に折れ、ジョニー・コクランを弁護団に加えることになった。

シャピロの他に、F・リー・ベイリーやジョニー・コクランという、全米で名の知れた弁護士が名を連ねたOJの弁護団は「ドリームチーム」と名付けられた。




Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キューバ・グッディング・Jr主演の海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード2をNetflixで観た。

これは、フットボール界のスーパースター O・J・シンプソンが全国民を熱狂の渦に巻き込み、うまいこと自分の味方につけてしまうという話だ。

それが、このエピソード2のパトカーとのカーチェイスから始まっている。

日頃から警察に嫌悪感がある人や、OJのファンたちが、その「全国にテレビで生中継されたカーチェイス」を見て、OJを応援するようになる

その異常さは「テレビが最も強いメディアだった時代性」を表している。



海外ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>は、現在Netflixにて配信中。

DVDは輸入盤のみ販売中(2018年6月 現在)


「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>予告編 動画

(原題:American Crime Story)





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




***********

〇 「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード1 観ました!!

感想はこちらから →海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード1『被疑者O・J・シンプソン』エミー賞受賞作品。キューバ・グッディング・Jr 主演【感想】

***********

キャスト&スタッフ


出演者

キューバ・グッディング・Jr
…(「ザ・エージェント」、「アウトブレイク」など)






製作総指揮




受賞歴

第68回エミー賞(2016年)リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

作品賞、主演女優賞(サラ・ポールソン)、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)受賞作品



アメリカン・クライム・ストーリー



感想(ネタバレあり)


国民が熱狂!!OJと警察のカーチェイス


OJは友人 アル・カウリングス(以下、AC)の車を使って自宅から逃走。

警察は情報を公開し「OJは白のフォード・ブロンコに乗って逃走中」というニュースを流す。

OJが遺書を残して逃走したため、弁護士のシャピロとカーダシアンは、「OJは、この先自殺するに違いない」と思い込む。



しかし、高速道路を走っていた一般人から通報があり、OJの居場所が分かると、パトカーによるOJ追跡劇がテレビで全国中継されてしまう。

それをテレビで観たカーダシアンは、なんとかOJを自宅に帰そうと説得を続ける。



その日、テレビ局はアメリカのバスケットボールの最高峰の試合「NBAファイナル」を放送していたのに、NBAファイナルからOJシンプソン追跡劇に変更してしまう。

それは日本で言ったら、首相の退陣会見をすべてのチャンネルで一斉に放送する感じだろうか。

それぐらい、その「OJ追跡劇」に対する国民の関心が高いということだ。



沿道にはOJを応援する人々が溢れ、ボードを作って励ましている

いや、待てよ。と思う。

「OJは殺人容疑者」なのにだ。



その熱狂ぶりにはちょっと呆れてしまうけれど、それぐらい、警察が国民に嫌われているということでもある。

それに、アメリカでフットボール選手のスターになるということは、国民的英雄と同意ということなんだろう。

たとえ、殺人容疑者であっても…。

なんとも異常な熱狂ぶりだった。



アメリカン・クライム・ストーリー1-2-1




OJの友人!カーダシアンとは…!?


そんな国民の声が届いたのか、OJは自殺を思いとどまり、ACと共に自宅へ戻る

まずは、OJの命が無事だったことにホッとするカーダシアンだが、殺人容疑が晴れたわけではないのだ。


このエピソード2を観終わって気付いたのだけど、このカーダシアンとは、あのお騒がせセレブ「カーダシアン一家」のカーダシアンなんだな。

そのカーダシアン家が出ているリアリティ番組を見たことがないので、私もそれほど知っているわけではないけれど、名前は聞いたことがある。

カーダシアン家を知らない方は、こちらから ↓




このエピソード2では、ボブ・カーダシアンが会見を開いてOJからの手紙を読む場面があり、それをテレビで観た娘たちが「K・A・R・D・A・S・H・I・A・N!! カーダシアン!!」と騒いでいる場面が出てくるけれど、あの子たちが、後々世間を騒がせるカーダシアン姉妹なんだな。

ということは、OJの友人のボブは、彼女たちのパパなのだ。

ここから、世間の注目を集めるようになるんだなぁ。



このドラマは、そういう「OJの周りにいるセレブたち」を見ているのもなかなか楽しそう

それに、国民の熱狂ぶりも異常だし、この先も、いろいろとおかしなことが起きそうだわ。

なんてったって、それが実話というところに、アメリカのセレブのクレイジーっぷりが感じられて面白いんだな。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キューバ・グッディング・Jr主演の海外ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>エピソード1をNetflixで観た。

1994年6月にアメリカで実際に起きた「O・J・シンプソン事件」

それは、国民的な人気を誇るフットボール選手 O・J・シンプソンが元妻を殺害した容疑者として逮捕された事件であり、このドラマは、その実話をドラマ化した作品である。



オザークへようこそ」を観終わって、Netflixのトップ画面を眺めていて、真っ先に目に入ってきたのが、このドラマだった。

アメリカでは誰もが知っている「O・J・シンプソン事件」だけど、私にとって「そういえば、そんな事件があったな程度」だったし、キューバ・グッディング・Jrが主役を演じているのも魅力的なうえ、エミー賞を受賞しているというので、がぜん観る気になった。

この先の展開がとても楽しみな作品である。



海外ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>は、現在Netflixにて配信中。

DVDは輸入盤のみ販売中(2018年6月 現在)


「アメリカン・クライム・ストーリー」<O・J・シンプソン事件>予告編 動画

(原題:American Crime Story)





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)



キャスト&スタッフ


出演者

キューバ・グッディング・Jr
…(「ザ・エージェント」、「アウトブレイク」など)



〇デヴィッド・シュワイマー

〇コートニー・B・ヴァンス

〇スターリング・K・ブラウン

製作総指揮

〇ライアン・マーフィー



受賞歴

第68回エミー賞(2016年)リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

作品賞、主演女優賞(サラ・ポールソン)、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)受賞作品



アメリカン・クライム・ストーリー



感想(ネタバレあり)


アメリカでは誰もが知っているO・J・シンプソン事件のドラマ化

1994年6月に起きたO・J・シンプソン事件の顛末をドラマ化した作品。

言われてみれば、そういう事件があったことは憶えているけれど、詳細についてはあまり知らないので、どんな事件だったのか知りたくなった

それが、このドラマを観始めた理由だった。



それに加えて、2016年のエミー賞で賞を独占したことや、豪華俳優陣の共演もすごく魅力的だった。



このエピソード1では、事件が起きてからO・J・シンプソンが容疑者として浮上し、検察が逮捕状を出すが、O・J・シンプソンが逃げ出してしまうところまでが描かれる。



1994年6月。

元フットボール選手 O・J・シンプソンの元妻 ニコールと友人の男性が血だらけの遺体で発見される。

以前もDVで訴えられた過去があったことから、O・J・シンプソン(キューバ・グッディング・Jr)が容疑者として浮上する。

遺体が発見された時、OJはシカゴにいたが、殺害してからシカゴへ飛ぶことも時間的に可能だった。



しかし、OJは有名人であることから、検察は逮捕にとても慎重だった。

それに対するOJは、ロスでセレブ相手に人気だった弁護士、ロバート・シャピロ(ジョン・トラボルタ)に弁護を依頼。



検察は、遺体発見現場に落ちていた手袋についていた血痕や、OJの車についていた血痕について、DNA検査にかける。

DNA検査には時間がかかるので、その間、OJに嘘発見器をかけると、24の項目で嘘をついているというOJ側にとって最悪の結果が出る。

次から次へと出てくる状況証拠は、OJが容疑者であることを示していた。



アメリカン・クライム・ストーリー1-1-1



逮捕状を出されて混乱するOJと、何とか事態を収束させようとする検察と弁護士

この時のOJの様子を見ていて思ったのは、OJの落ち着きのなさ。

常にイライラし、ちょっとしたことでブチ切れる。

それでも、シャピロが何度聞いても「やってない」の一点張り。



そうなると、OJに雇われている弁護士としては、OJが無実であることを示さなければならない



その後、現場に残されていた手袋に付着していたDNAを調査した結果、OJのDNAと一致したことから、検察はOJの逮捕状を出す。

しかし、彼が有名人であることを考慮して、弁護士が約束の時間にOJを検察へ出頭させることになっていた



それを知ったOJは遺書と母親、子供たち、ファンに宛てた手紙を書き、自殺しようとする。

友人のボブ・カーダシアン(デヴィッド・シュワイマー)がそれを阻止し、検察にはシャピロが「ちょっと遅れる」と言い訳をし、OJを落ち着かせようとしていた。



ところが、そんな周りの人間の努力も空しく、OJは自分の車で逃走してしまうのだ。



改めて、ドラマを観ていると、「あぁ、そういえば、こんなことあったなぁ」とか、手袋が証拠品だったとか、思い出すことがいろいろあって、私の記憶の中にある「O・J・シンプソン事件」を再構築している感じだった。

それに、キューバ・グッディング・Jrとか、ジョン・トラボルタとか、懐かしのデヴィッド・シュワイマー(ドラマ「フレンズ」)とか、豪華俳優陣の演技を見ているのはやっぱり楽しい。

いきなり、最初からOJがいけ好かない奴として描かれているけれど、そんな人物描写もなかなか興味深いドラマだった。

今後の展開に期待したい。




Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「American Crime Story: the People V Oj Simpson」DVD【輸入盤】

American Crime Story: the People V Oj Simpson [DVD] [Import]

新品価格
¥1,398から
(2018/6/22 16:29時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック