とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:キングスマン



タロン・エジャトン主演の映画「キングスマン:ゴールデンサークル」を映画館で観た。

人気アクション映画「キングスマン」の続編。世界を牛耳る麻薬カルテル・ゴールデンサークルとの戦いを描く。


満足度 評価】:★★★★☆

面白かったーーー。

前回、面白かったところを全部寄せ集めてパワーアップ!

それでいてアクションキレキレでクールだし、おしゃれだし、やっぱりイギリス人はアメリカ人を上から目線で見てて笑えるし、面白くないはずがない!!


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想
  6. 関連記事


「キングスマン:ゴールデンサークル」予告編 動画

(原題: Kingsman: The Golden Circle)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年1月18日 映画館で観た感想を掲載。

・2018年10月13日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



ネット配信で観る:「キングスマン: ゴールデン・サークル」(字幕版)

キングスマン: ゴールデン・サークル (字幕版)

新品価格
¥299から
(2018/10/13 10:34時点)



DVDで観る:「キングスマン:ゴールデン・サークル」

キングスマン:ゴールデン・サークル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,695から
(2018/10/13 10:35時点)



【映画パンフレット】「キングスマン ゴールデン・サークル」

【映画パンフレット】 キングスマン ゴールデン・サークル 

新品価格
¥1,200から
(2018/10/13 10:44時点)



予習に!ネット配信で観る:キングスマン(字幕版)

キングスマン(字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/1/18 17:25時点)



予習に!DVDで観る:「キングスマン」

キングスマン [SPE BEST] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2018/1/18 17:26時点)




キャスト&スタッフ


出演者

タロン・エジャトン
…(「イーグル・ジャンプ」、「SING/シング」、「キングスマン」など)

コリン・ファース
…(「メリー・ポピンズ リターンズ」、「マンマ・ミーア!ヒア・ウィーゴー」、「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」、「キングスマン」、「リピーテッド」、「マジック・イン・ムーンライト」、「デビルズ・ノット」、「レイルウェイ 運命の旅路」、「英国王のスピーチ」、「真珠の耳飾りの少女」、「裏切りのサーカス」など)

ジュリアン・ムーア
…(「サバービコン 仮面を被った街」、「マギーズ・プランー幸せのあとしまつー」、「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」、「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」、「トゥモロー・ワールド」、「メイジーの瞳」、「フライト・ゲーム」、「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」など)

マーク・ストロング
…(「シャザム!」、「女神の見えざる手」、「キングスマン」、「記憶探偵と鍵のかかった少女」、「イミテーションゲーム」、「リピーテッド」、「ワールド・オブ・ライズ」、「シャーロック・ホームズ」、「裏切りのサーカス」、「キック・アス」など)

〇ハル・ベリー

〇エルトン・ジョン

チャニング・テイタム
…(「ローガン・ラッキー」、「ジュピター」、「フォックスキャッチャー」、「ヘイトフル・エイト」、「ヘイル・シーザー!」、「22ジャンプストリート」、「マジック・マイク」など)

ジェフ・ブリッジス
…(「オンリー・ザ・ブレイブ」、「トゥルー・グリット」、「アイアンマン」、「クレイジー・ハート」、「ギヴァー 記憶を注ぐ者」、「シー・ビスケット」など)

ペドロ・パスカル
…(「ビール・ストリートの恋人たち」、「グレートウォール」、海外ドラマ「ナルコス」など)

〇エドワード・ホルクロフト


監督

マシュー・ヴォーン
…(「キングスマン」、「キック・アス」など)


2017年製作 イギリス映画



映画「キングスマン:ゴールデンサークル」



あらすじ


元キングスマンの候補生・チャーリー(エドワード・ホルクロフト)から襲撃を受けたキングスマン エグジー(タロン・エジャトン)。

チャーリーは謎の組織・ゴールデンサークルの一員であり、エグジーがロンドンを留守にしている間にキングスマンの本拠地とエージェントの自宅を爆撃されてしまう。

爆撃から逃れ生き残ったエグジーとマーリン(マーク・ストロング)だったは、アメリカのステイツマンに助けを求める。

そして、アメリカに渡った彼らは、死んだはずのキングスマン ハリー(コリン・ファース)が生きていることを知り…。



映画「キングスマン:ゴールデンサークル」タロン・エジャトン



感想(ネタバレあり)


紳士の国 イギリス vs カウボーイの国 アメリカ


オープニングからカーアクションで一気にテンションぶち上がり!!

その中でも、予告編の中にもあるけれど、「前から接触してくる車をエグジーが空中でよけるシーン」はどうやって撮っているの??

と思わせながらも観客に考える余地を与えず、そのテンションのまま、怒涛のアクションがどんどん先に進んでいき、「キングスマン」の世界へと誘導していく



オープニングからすごいシーン観たなぁと思うのだけど、その後も、そのキレッキレのカッコイイアクションはどんどん続いていくのだ。



そのオープニングでエグジーを襲ったのは、元キングスマン候補生のチャーリー。

めでたくキングスマン正式メンバーになったエグジーに対して、恨みつらみが募って襲ったかのように見せかけた。

しかし、そのチャーリーは実は麻薬カルテル「ゴールデンサークル」の諜報員であり、彼らにとって目障りな「キングスマン」を襲撃したのである。



諜報員も殺され、本拠地もなくなってしまったキングスマンは、彼らと親戚同士のような関係にあるアメリカの秘密組織「ステイツマン」に助けを求め、アメリカへと渡る

そこで、エグジーの師匠 ヘンリーが生きていることを知る

しかし、ヘンリーは意識不明であり、自分がキングスマンだったことをすっかり忘れていた



そうして、物語はスタートするが、これは「紳士の国・イギリス VS カウボーイの国・アメリカ」の対立軸を中心にして描かれるたっぷり皮肉のこもったコメディでもある

そのため、ここに登場するアメリカ人たちは、いかにもステレオタイプな田舎のカウボーイそのものであり、そんな彼らを上から目線でバカにした描き方がとてもイギリスらしい作品になっている



映画「キングスマン:ゴールデンサークル」チャニング・テイタムとハル・ベリー


なってったってアクションがキレッキレでカッコイイ!!


先ほどもチラッと書いたけど、なんといっても、この映画の面白さはクールでカッコイイアクションシーンにある

オープニングのカーアクションだけじゃないのだ。



すごいなと思ったのは、イタリアのスキーリゾートでのアクションシーンだった。

ゴンドラに乗ってるエグジーとウイスキー。

しかし、彼らが乗っているゴンドラが高速回転し始め、さらにはゴンドラのワイヤーが切られてしまう。



こんなアクションシーンは観たことがない!!どうやって撮ったんだろう??と思ったら、本当にゴンドラを回転させていたことを後でメイキング動画で知った。

そのメイキング動画はこちらから




まじかーーーーと思った(笑)



そして、カッコ良かったのは、投げ縄のアクション

カウボーイのウイスキーが投げ縄を投げ、敵の足をすくい、さらに鞭でとどめを刺す。

これさえあれば、ちょっと離れたところにいる敵も倒すことができる。

これクールだったなぁ。

残念ながら「ワンダーウーマン」に先を越され、「最新の」アクションというわけにはいかなかったけど、前作でハリーが見せた「こうもり傘アクション」(今回は不発だった(笑))に続くステイツマンのクールなアクションだった。



そして、アクションはそれだけでは終わらず、最後に麻薬王・ポピーの本拠地「ポピーランド」での決戦が待っている。

ちなみに、ポピーとは「ケシの花」の英名でアヘンやヘロインの原料のことである。

かわいらしい名前の裏にある毒々しさが、ポピーの名前によく合っている



その「かわいらしい名前」のポピーランドで決戦が行われる。

ここでは、チャーリー、ウイスキーの他に復活したハリーやエルトン・ジョンも加わって大暴れする。

もうそれは、ラストにふさわしい、ド派手なアクションだった。



映画「キングスマン:ゴールデンサークル」タロン・エジャトン、コリン・ファース、ペドロ・パスカル



とことんアメリカをバカにするイギリス


そんなキレッキレのアクションの合間には、「笑い」で私たちを楽しませてくれる

今回のテーマは「イギリス VS アメリカ」

「王につかえる」キングスマンと、「王のいない」ステイツマンの対立。



私としては「お酒の味は全部一緒」なので、イギリスのスコッチと、アメリカのバーボンの違いを言われてもわからないけど、イギリスがそのことでバカにしているのはよくわかる(笑)



今回、一番感じたのはイギリスはアメリカを「ジャンキーとカウボーイの国」として見ているということ。

もちろん、イギリスでもドラッグは深刻な問題だけど、ロンドンや「グラストンベリー」のフェスで麻薬を売りさばいているのはアメリカ人じゃないかと皮肉っている。

なんてったって、ホワイトハウスの大統領の側近(エミリー・ワトソン)に常習者がいるなんて、バカにするにも程がある(笑)

でも、アメリカでのドラッグ常習者の割合を考えると、そこまで浸透していてもおかしくないってことなんだろうと思った。



さらには、ブルース・グリーンウッド演じる大統領が、「これで常習者を一網打尽にできる。助かった」と言ったのには笑ってしまった。

イギリスからしたら、アメリカがドラッグの売人も、常習者も一層してくれたら、イギリスからもジャンキーが減るし、世界がもっと平和になるのにと言いたいんだろう。



もちろん、ポピーの描き方はかなりデフォルメされていて、一人の麻薬王を消せば良いという話ではない。

しかし、ポピーはアメリカのドラッグビジネスを象徴する存在なのだ。

アメリカで販売されているドラッグは世界中に広がり、止めようがない。

ホワイトハウスも、ドラッグ根絶を考えるてはいるものの、決定的な改善策を打ち出すことができず、手をこまねいてる

だから、大統領はつい「これでジャンキーを一掃できる。良かった。助かった」なんてセリフを吐いてしまうのだ。



さらには、いかにもステレオタイプ的なカウボーイたちを登場させ「田舎者のダサいアメリカ人」を演出する

これは「歴史のないアメリカ」では、「アメリカ文化としてのフォーマルなスタイルがない」ことを示している。

それは、たとえば日本だったら、フォーマルな場所へ着物を着ていくように、イギリスの紳士はスーツを着る

じゃぁ、アメリカは?と考えた時に、カウボーイスタイルが出てくるんだから、アメリカには歴史的な文化がないことをバカにしている



アメリカの歴史と言えばカウボーイだろうと言いたいのだ

その上で、キングスマンたちはスーツで登場するんだから、かなり卑怯だ(笑)

そして「お前らはスーツの着こなし方さえ知らないだろう」と言いたげなのだ。

でも、まぁ、そんな挑発には目くじらを立てず、笑って楽しめる寛大さがアメリカにはあるから、できることなんだろうと思う。



それだけ挑発した分、この「キングスマン」は、アメリカのアクション映画に負けないアクション映画を目指したんだろうなぁと思った。

「007」でもない「ハリウッド映画」でもない、紳士の映画を作りたいと思ってできたのが、この「キングスマン」なんだろう。

しかし、残念ながら、遠く離れたところに住む日本人からしたら、これはイギリス映画ではなく、「ハリウッド映画」だと思って観た日本人たちがたくさんいたに違いない。

そこもまた、アメリカの強さなのである。



映画「キングスマン:ゴールデンサークル」チャニング・テイタム



MVPはエルトン・ジョン!!残念だったのはアメリカ勢


そんな中、「イギリスが誇る歌手」として登場したのがエルトン・ジョンである。

彼は今回、まるでドラッグクイーンのようなド派手な衣装を着て「ハイヒールで若い男を踏み潰す」という自虐ネタ満載で大活躍

「イギリスのポップスターは、みんなジャンキー」というステレオタイプそのままに、若い男の子とドラッグをしてポピーに怒られる場面まである。



私の中では、今回の「キングスマン:ゴールデンサークル」のMVPは、そのエルトン・ジョンだった!!

彼の出ているシーンは、全部笑えて楽しかった。

私はいくつになっても遊び心のある大御所が大好きなのだ。



そして、残念だったのは、「ステイツマン」たちの活躍の場が思ったよりも少なかったことだった。

ジェフ・ブリッジスチャニング・テイタム、ハル・ベリーというメジャーどころを使いながら、彼らの良さを生かしてきれていなかった。

チャニング・テイタムが、おバカなダンスを踊っていた場面は面白かったけど)



ただし、エンディングシーンを観た感じでは、次回は、チャニング・テイタムにも活躍の場が与えられそうな感じがした。

しかし、カウボーイスタイルを脱ぎ捨てスーツ姿になっちゃったのは、ちょっと残念だったな。

まぁ、きっと、次回は米英入り混じって、共通の敵と戦うってことなんだろうな。



そして、前回はソフィア・ブテラという最強の敵がいたので、次回も、戦える女性ヒールの登場を楽しみにしている。



まぁ、まぁ、いろいろと細かいことまで言ってしまったけど、この「キングスマン:ゴールデンサークル」は、基本的になーーーーんも考えずに軽い気持ちで楽しめるアクション映画なんだよ。

誤解のないように、それだけは強く言っておく。




関連記事

〇シリーズ一作目
「キングスマン」コリン・ファース主演のスパイアクション映画!全てのシーンが楽しくて、オシャレでカッコイイ!!幸せな気持ちになった映画だった!!【感想】



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「キングスマン: ゴールデン・サークル」(字幕版)

キングスマン: ゴールデン・サークル (字幕版)

新品価格
¥299から
(2018/10/13 10:34時点)



DVDで観る:「キングスマン:ゴールデン・サークル」

キングスマン:ゴールデン・サークル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,695から
(2018/10/13 10:35時点)



【映画パンフレット】「キングスマン ゴールデン・サークル」

【映画パンフレット】 キングスマン ゴールデン・サークル 

新品価格
¥1,200から
(2018/10/13 10:44時点)



予習に!ネット配信で観る:キングスマン(字幕版)

キングスマン(字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/1/18 17:25時点)



予習に!DVDで観る:「キングスマン」

キングスマン [SPE BEST] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2018/1/18 17:26時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
コリン・ファース主演、タロン・エジャトン共演、マシュー・ヴォーン監督の映画「キングスマン」をWOWOWで観た。

どこの国にも所属しないスパイ組織「キングスマン」のスカウトマンと新人が世界を救う!?



満足度 評価】:★★★★☆

面白かったなぁ~。全てのシーンが楽しくて、見終わった後に、すごく幸せな気分になった映画だった。

ちなみに、ジャック・バウアーはスパイではない(笑)

「キングスマン」予告編 動画

(原題:Kingsman)




ネット配信で観る:「キングスマン」(字幕版)

キングスマン(字幕版)

新品価格
¥300から
(2018/9/17 14:25時点)



DVDで観る:「キングスマン」

キングスマン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2018/9/17 14:27時点)



◆「キングスマン」最高!という人には、こちらもおススメ。マシュー・ヴォーン監督の「キック・アス」!

キック・アス<スペシャル・プライス版>Blu-ray

新品価格
¥1,890から
(2015/9/1 00:27時点)






キャスト&スタッフ


出演者

コリン・ファース






〇ソフィー・クックソン

監督

マシュー・ヴォーン


2014年製作 イギリス映画



あらすじ


アーサー(マイケル・ケイン)が率いるスパイ組織「キングスマン」では、メンバーの一人が世界有数の大富豪ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)に殺されてしまう。

そのため、ベテランメンバーのハリー(コリン・ファース)は、かつての友人の息子エグジー(タロン・エジャトン)を新しいメンバーとしてスカウトする。

その一方で、ハリーはヴァレンタインが何のために、「キングスマン」の工作員を殺したのか、その理由を探り始める。

そして、エグジーは、一人前のスパイになるための訓練がスタートした…。



キングスマン2



感想(ネタバレあり)


おもちゃ箱を開けた時のワクワクドキドキ感


始めから終わりまで楽しいことばかりだった。

観たことが無いようなキレキレッのアクションシーンがたくさんあって、役者さんたちの演技がとても上手くて、新しいアイディアが溢れ出ている。

見終わった後は、幸福感に包まれて、すごく幸せだなぁと思った。

んーーー。そうだなぁ。子供の頃に、「遊んでいて良いよ」と言われて、おもちゃ箱を開いた時の感覚に似ているかなぁ。

次は、何が出てくるんだろう、次は、どんな風に楽しませてくれるんだろう…。

それぞれのシーンの味をじっくり楽しみつつ、ワクワクドキドキしながら観ていたら、映画が終わってしまっていた。

そんな幸せな2時間だった。



キングスマン5



あのオスカー俳優のコリン・ファースが魅せるアクション


なんと言っても、この映画での目玉は、キレッキレのアクション。

あのアクションなんて、到底やりそうもないコリン・ファースが、キレキレのアクションを見せるんだからスゴイ!!

この映画のアクションの凄さは、初めから終わりまで流れるように、まるでダンスの振付みたいに華麗なるアクションが続いていくところ。

アクションシーンが始まると、決着がつくまで、決して切れ目を作らない。

その間に、アクションを演じている人、この映画で言えばコリン・ファースの目線からの風景を入れ込み、まるで自分がアクションをしているかのような臨場感が味わえて、迫ってくる敵にドキドキする。

これは、ゲーム世代が作り出す新しいタイプのアクションシーン。

シューティングゲームでは、画面に映っている映像は、自分が観ている世界。

それと同じように、主人公のカメラ目線でアクションシーンが展開する。

観客は、主人公になりきった気分でアクションシーンを疑似体験し、主人公の動きにワクワクドキドキする。

そのせいか、アクションシーンが楽しくてしょうがなかったなぁ。


↓ 流れるようなアクションシーンはこちら!!





イギリスだからこそ、スパイは紳士らしくスーツで


そして、もう1つ、この映画を観ていて面白かったのは「紳士的なスパイ」

誰よりもマナーを重んじ、現場ではスーツをビシッと着こなす。

常に「紳士的に」行動するのが「キングスマン」の掟。

それが、イギリス紳士の化石を観ているみたいで面白かった(笑)

どんなに激しいアクションをしても、スーツが乱れたりしない。

紳士ならではのコウモリ傘を使ったアクションもかっこ良かった。

ピシッと、キチッとしていてかっこ良かったぁ~。

ハリーの秘密基地も仕立屋の裏にあったりして、おしゃれだったなぁ。

スパイも一人の英国ビジネスマン。そんな感じがおしゃれでかっこ良かった。

 ↓ この裏は実は秘密基地!!オシャレだなぁ~
キングスマン3



主演は、アクションができそうにないコリン・ファース

主役のスパイ、ハリーを演じるのはコリン・ファース

これまで、到底アクションなんてやりそうもない演技派俳優が、キレッキレのアクションを見せてくれる。

しかも、面白いのは、彼がアカデミー賞で主演男優賞をとった映画は「英国のスピーチ」で、その原題は、「The King's Speech」

その後に撮られたこの映画のタイトルは「Kings man」

これは、偶然?それとも意図的?タイトルを聞いただけで、思わずクスッとしてしまう。

このコリン・ファースは、彼史上1,2位を争うかっこ良さだった。

しかしなぁ。アクションできちゃうんだなぁ。あの演技力でアクションもできたら、怖いものなしだよなぁ。



↓ コリン・ファースがどんなに素晴らしい人かと共演のタロン・エジャトンが語っている動画




刀が飛び出る義足の美女はソフィア・ブテラ

この映画の中で、コリン・ファース以外にひときわ目を引くのが、刀が飛び出る義足のお姉ちゃん

すげー長い足でピョンピョン飛び回っているんだけど、彼女は、ソフィア・ブテラという女優さんで、マドンナのワールドツアーに参加するようなダンサーでもあるらしい

なるほど、やっぱりダンサーがアクションやってるんだね。

ながーーい振付を観ているみたいだったもんね。

しかし、彼女の体の曲がり具合とか、切れ具合とか尋常じゃなかったよ!?

これからも、いろいろなところでお目にかかりそうな期待の女優さんだな。



キングスマン



監督は「キック・アス」のマシュー・ヴォーン

監督は「キック・アス」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のマシュー・ヴォーン。

キック・アス」と同じく、今回もアクションシーンがすごく冴えてた!!

やっぱり、マシュー・ヴォーンの作品はいいな!!と思った。



キングスマン4



続編にコリン・ファースは出演するのか!?


そして、気になる続編のお話。

続編「キングスマン:ザ・ゴールデン・サークル(原題)」は、2017年6月16日に全米公開予定が決定している。

タロン・エジャトンは続投され、新たにハル・ベリーやジュリアン・ムーア、チャニング・テイタムの出演が決定している。

そして、気になるのは、コリン・ファースが出るのか、出ないのか??

ここにあるのは、「キングスマン:ザ・ゴールデン・サークル(原題)」のポスター。

タロン・エジャトンは、これを「古い友人からのメッセージ」だと紹介している。



キングスマン



ここに書かれているのは、「私の死亡記事はとても大げさだ」というもの。

ということは死んでいない??ということは、続編にもハリーが登場する??

ってことで、続編も大いに期待!!したいところ。

日本での公開決定を楽しみに待ちたい。



関連記事

〇シリーズ二作目
「キングスマン:ゴールデンサークル」キレッキレのアクションてんこ盛り!イギリスはアメリカをバカにしすぎ!「007」じゃないイギリスアクション映画。人気シリーズ第2弾!【感想】






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「キングスマン」(字幕版)

キングスマン(字幕版)

新品価格
¥300から
(2018/9/17 14:25時点)



DVDで観る:「キングスマン」

キングスマン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2018/9/17 14:27時点)
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック