とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:クエンティン・タランティーノ



レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を映画館で観た。

1960年代のハリウッドを舞台に描かれるタランティーノ流のおとぎ話。



満足度 評価】:★★★★☆

60年代のハリウッドを舞台に描いたおとぎ話。

落ち目のTV俳優も、スタントマンも、シャロン・テートも当時のハリウッドを陰ながら支えていた人たち。

彼らにスポットを当てたのが監督流の愛情表現だ。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告編 動画

(原題:Once Upon a Time... in Hollywood)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年8月31日 映画館にて鑑賞。

・2019年9月13日 感想を掲載。

現在、全国公開中。詳しい上映劇場は、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」オフィシャルサイト


オリジナルサウンドトラック:「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,592から
(2019/9/13 16:01時点)



【映画パンフレット】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

【映画パンフレット】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

新品価格
¥1,500から
(2019/9/13 16:03時点)





キャスト&スタッフ


出演者

レオナルド・ディカプリオ

ブラッド・ピット
…(<出演>「マリアンヌ」、「マネー・ショート」、「フューリー」、<製作>「ビューティフル・ボーイ」、<製作総指揮>「バイス」、「オクジャ okja」、「ムーンライト」など)



〇マーガレット・クアリー

…(「Dear ダニー 君へのうた」、「ボーダー」など)



監督

クエンティン・タランティーノ
…(「ヘイトフル・エイト」など)


2019年製作 アメリカ映画



映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」



あらすじ

1969年ハリウッド。

落ち目のテレビ俳優 リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、スタントマンのクリフ・ブース(ブラッド・ピット)と共に、助け合いながらハリウッドで生き抜く道を探していた。

そして、リックの自宅の隣には「ローズマリーの赤ちゃん」で高い評価を得たロマン・ポランスキー監督と、その妻 シャロン・テート(マーゴット・ロビー)が引っ越してくる。

光り輝く彼らの姿を見たリックは、自分もハリウッドで生き残っていこうと必死になるのだが…。



映画「ワンハリ」レオナルド・ディカプリオ



感想(ネタばれあり)


タランティーノ流のおとぎ話


この映画はクエンティン・タランティーノ監督が1969年のハリウッドを舞台に描くおとぎ話だ。



主人公は落ち目のテレビ俳優 リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)。

かつてはテレビドラマで主演を演じていた彼も、最近では悪役を演じるようになり、そのままでは業界から消えてしまうと評論家のマーヴィン・シュワーズ(アル・パチーノ)から言われ、危機感を持つようになっていた。

そこから、リックはスタントマンのクリフ(ブラッド・ピット)と共にハリウッドで俳優として生き残っていくことを夢見て必死に働く物語である。



1969年が舞台ということは、1963年に生まれたタランティーノ監督が6歳だった頃だ。

その年頃、私が夢見ていたおとぎ話といえば、シンデレラや、白雪姫だった。

私たちでいう「シンデレラ」や「白雪姫」が、タランティーノにとっては「ハリウッド映画」だったのだ。



タランティーノ少年は、当時テレビで放送されていたTVドラマの西部劇やマカロニウエスタンに夢中だったのが、この映画を観ているとよく分かる。

そこで、その当時に実在したシャロン・テートやブルース・リーを織り交ぜながら、「もしも、こうだったら良かったのに…」という思いを込めて製作されたのが、この映画なのだ。



だから、主人公は彼が夢中になって観ていたTVドラマの俳優とスタントマンなのだ。

その二人を、現在のハリウッドでトップに君臨するトップスター レオナルド・ディカプリオと、ブラッド・ピットに演じさせることで、当時、ハリウッドを陰ながら支えていた彼らへ敬意を表している



タランティーノからしたら、当時のTV俳優たちがもっと評価されても良いはずだという思いがあるに違いない。

だからこそ、この映画が作られたのだ。



具体的には、バート・レイノルズがリックのモデルとされているが、クリント・イーストウッドも、落ち目のテレビ俳優からマカロニ・ウエスタンを経て大スターになった人の1人だ。

その当時は、そういう「なかなか日の目を見ない俳優たち」がたくさんいたのだ。

その後、クリント・イーストウッドが巨匠と呼ばれるようになるなんて、誰が想像しただろうか…。



この物語は、もしもこんな結末だったら、この後、リックは大スターの仲間入りをしていたに違いない…という願いを込めて作られたおとぎ話になっている。

そこには、タランティーノ少年が夢中だったハリウッドへの愛がたっぷりと込められている



映画「ワンハリ」ブラッド・ピット



悲運の女優 シャロン・テート


この物語のもう一人の主役はシャロン・テート(マーゴット・ロビー)だ。



この当時、新進女優の1人として将来を期待されていたシャロンは、映画で役をもらえるようになっていた上に、「ローズマリーの赤ちゃん」で高い評価を得たロマン・ポランスキー監督と結婚したばかりで、公私共に順調だった。

この映画の中で、本屋を訪れたシャロンが小説「テス」の初版本をポランスキーへのプレゼントに買う場面があるが、「テス」は後々ポランスキーが映画化した作品だ。



しかし、残念ながら、シャロン・テートはポランスキーの妻としてよりも、チャールズ・マンソン率いるヒッピー集団「マンソン・ファミリー」に殺された女優として有名になってしまう

1969年8月9日に自宅で友人を招いてパーティをしていたシャロンは、マンソン・ファミリーに襲撃され殺されてしまう。

ところが、それが「人違い」によって殺されたことが後々判明し、シャロン・テートは悲運の女優として名を残すことになった。



ちなみに、その時ポランスキー監督は仕事で出張中であり、新妻と共に、シャロンのお腹の中にいた子供まで同時に失ってしまう。

それ以来、ポランスキーは未成年に対する強姦容疑でアメリカを追われることになるが、その後のあまりにも暗い作風などから、この時の思いをいつまでも引きずっているのでは…と思ってしまう。



この映画の中でマーゴット・ロビーが演じているシャロン・テートは、とても美しく輝いている。

その姿は、これからハリウッドで一流女優になるだろうオーラを放ち、そんな彼女を見ていると、もしも、シャロン・テートが生きていたら…と思わずにはいられない



そこで、タランティーノは、この映画の中でそのシャロン・テートとポランスキーを救うヒーローとしてリックとクリフを登場させるのだ。



映画「ワンハリ」マーゴット・ロビー



ハリウッドに暗い影を落としたヒッピー集団


そして、もう一つ、この当時のハリウッドで欠かせないのが「ヒッピーたち」だ。



老人をだましてハリウッド牧場に住み着いている彼らは、犯罪者チャールズ・マンソンに心酔し、その当時「マンソン・ファミリー」と呼ばれるようになる。

「Love & Peace!」「ベトナム戦争反対!」を唱える彼らだが、その生活はドラッグと酒とセックスの日々であり、贅沢なものに対して敵意をむき出しにする。



家出少女も同然のプッシーキャットがクリフを誘惑したことからも、日頃から売春まがいのことをして生活していることが目に見えるが、その後、プッシーキャットはちゃんと大人になったのだろうか…。

彼女もまた、時代が作り出した被害者なのかもしれない。



実話では、チャールズ・マンソンが歌手としてメジャー・デビューをしようとして拒絶され、その時に拒絶したミュージシャンが、以前、住んでいたのがシャロンの家だった。

「マンソン・ファミリー」は、シャロンの家にそのミュージシャンが住んでいると信じて、その家に襲撃に行くのだ。



そこで、タランティーノは「どうせ間違えるなら、隣の家にいけばよかったのに」という結末を作り出し、ヒッピーからシャロン・テートを救うのだ。



映画「ワンハリ」クエンティン・タランティーノ



登場人物たちに感じるタランティーノ監督の深い愛


この映画を後半まで観ていて、シャロン・テートも出ているし、あの「血まみれの酷い惨劇(シャロン・テート事件)」をタランティーノ流に描くに違いないと思っていた。

あの事件を知っている多くの人はそう思ったはずだ。



8月8日にリックとクリフがイタリアから帰ってきて、「あぁ、いよいよだ」と思い、ドキドキしていた。

しかし、タランティーノはクリフをヒーローにし、シャロン・テートを救うのだ。



ここで、タランティーノに良い意味で裏切られたことを知る。

タランティーノは、シャロン・テートに生きていて欲しかったのだ。



そして、そこには、「タランティーノが撮りたかったブラッド・ピット」がいた。

ピットブルと共に暴漢と戦うハイになったブラピは、これまで一度も見たことがなくて、これまでで飛び切りカッコイイブラピだった

タランティーノは、ハリウッドのブラピの扱いに納得がいっていなかったのだろう。



クリフは、ブルースリーと互角に戦えるスキルを持ちながらも、「スターの影武者」に徹し、時にはスターの「アンテナを直して」なんていう雑用もこなし、ヒッピーを嫌う真面目な仕事人間だ。

けれど、誰からも評価されることなく、リックからも解雇を言い渡され、「ハイにならずにはいられない」状況だった。



そんな、映画では必要な人材であるにも関わらず、誰からも評価されることのないスタントマンのクリフをヒーローにしたところに、タランティーノ監督のハリウッドへの深い愛が感じずにはいられないのだ。

クリフだけでなく、リックも、シャロン・テートも、この当時、ハリウッドを陰ながら支えていた人々だ。



しかし、彼らの演技が評価されることはなく、その多くが名前を覚えられないまま消えていってしまう人たちだ。

ハリウッドは、そんな彼らが夢を見られる場所であって欲しいとタランティーノはこの映画に願いを込めているのだ。



映画のラストシーン。

リックは、救急車に乗ったクリフを見届けた後、シャロン・テートの家を訪問するところで話は終わっている。

もしも、シャロン・テートが生きていて、そこからリックがハリウッドの映画人に仲間入りしたら…



だからこそ、これは「むかし、むかし、ハリウッドで…」から始まるおとぎ話なのだ

映画を全て観終わった後で、グッとくるタイトルだった。




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


イスラエル映画「オオカミは嘘をつく」をWOWOWで観た。

1人の少女の殺人事件について、警察官と少女の父親が容疑者から真実を聞こうとするが…。

【満足度】:★★★★☆

善が悪に、悪が善に姿を変え続け、先の読めない展開が面白かった~。

「オオカミは嘘をつく」予告編 動画

(原題:BIG BAD WOLVES)





「オオカミは嘘をつく」DVD

オオカミは嘘をつく [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2016/3/8 01:10時点)



あらすじ


イスラエルの森の中で、少女の惨殺死体が発見される。

そして、事件現場での目撃情報から、容疑者に中学教師のドロールが浮かび上がる。

しかし、少女の頭部が見つかっておらず、刑事のミッキは、署長から事件解決の命を受けるが、殺された少女の父親に誘拐されてしまう。


オオカミは嘘をつく


感想(ネタバレあり) 深い森の中、善の格好をした3人のオオカミと1人の少女


童話「赤ずきんちゃん」に出てくるオオカミは、ニコニコと微笑みながら良い人のフリをして少女に近づき、おばあさんの情報を聞きだす。

そして、赤ずきんちゃんよりも先回りして、おばあさんを丸飲みしたオオカミは、おばあさんの格好をして、少女が安心した隙にペロリと食べてしまう。

ここは深い森の中、登場するは、3人のオオカミと1人の少女。

宗教学の気の弱そうなおとなしい教師、娘を失った父親、少々口は悪いが使命感に燃える刑事。

彼らは、それぞれに「悪そうなオオカミ」に見えず、容疑者にいたっては、「この人は本当に犯人なんだろうか?」とさえ思う。

映画の終盤になって、「あぁこの人は悪い人ではないんじゃない」と安心した瞬間に、本当のオオカミが顔を表す。

正直、私は、そのオオカミが発覚した瞬間に悲鳴をあげてしまった。

それは、物語として騙されたとか、どんでん返しに驚いたとか、そういうワケではなく、その人の本当の心の闇を観てしまったからだった。

おばあちゃんの格好をしたオオカミは、最後までおばあちゃんの格好を脱ごうとしなかった。


オオカミは嘘をつく2

市民レベルで拷問のクオリティが高すぎるイスラエル


イスラエルといえば、世界最強の諜報機関、モサドが有名だ。

国でテロを起こした犯人は、世界の果てに逃げようと、一度モサドに狙われたら、絶対に見つかってしまうことで有名だ。

この映画を観ながら、そのモサドを思いだした。

なぜなら、この映画の中の市民レベルの拷問が、あまりにも残酷だったから。

拷問シーンが残酷で有名なTVドラマ「24」よりも、リアルに痛い。

どちらかと言えば、韓国サスペンス映画の残酷さに近い。

それを観ていて、兵役経験者も多く、世界一の諜報機関を持つイスラエルは、市民レベルで拷問に対する偏差値が高いのかなと思った。

娘の父親は本来被害者であり、何もしなければ純粋な「善の人」だったのに、残酷な拷問を続けることで、次第に悪へと豹変していく。

それは、娘を殺された恨みからなのか、それとも、彼本人が奥底に持っていたものなのか。

そこから、誰が善で、誰が悪なのかが曖昧になっていく。

オオカミは嘘をつく3

アジア的な残酷さとヨーロッパ的ブラックな笑いが共存するイスラエル


さっきも、少し書いたけれども、この映画の中で執拗に繰り返される残酷な拷問は、韓国のサスペンス映画の残酷さにとても近い。

しかし、人間の描き方はとてもシニカルで、皮肉っぽく、残酷なシーンであってもブラックな笑いがちりばめられている。

その辺の人間の描き方は、フランスやイギリスの映画のような雰囲気を感じる。

そのアジアとヨーロッパのテイストを同時に感じるのは、太古からそこに住んでいたアラブ系住民と、ヨーロッパから移り住んできたユダヤ人が共存する(今の状態を共存しているとして)、アジアとヨーロッパの中間に立つイスラエルを表しているように観えた。

この映画の中で、アラブ系住民が1人だけ登場する。

馬に乗って iPhone を持った、とても友好的なアラブ人。

この人の想像を超えたアンバランス感が、まさにこの映画を表現しているように思える。

悪のように見える人が悪ではなく、善のように見える人が善ではない

それぞれが、善の顔をかぶったオオカミたちの話だった。


オオカミは嘘をつく4

監督の次回作は、ハリウッドでブルース・ウィリス主演の映画が決定


監督は、アハロン・ケシャレスナヴォット・パプシャドの共同監督。

この映画は、世界の映画祭で絶賛され、クエンティン・タランティーノが「今年のナンバーワン!」と言ったという。

そのためか、監督のアハロン・ケシャレスは、次回、ハリウッドで映画を撮ることが決定している。

ブルース・ウィリス主演で、チャールズ・ブロンソンのヒット作「狼よさらば」のリメイク作を監督する。

「狼よさらば」とは、妻を殺され、娘を暴行された男が復讐のために立ち上がる話とのこと。

また狼かと思いつつ(笑)、この映画との共通点もいくつかあって、今からすごく楽しみ。

しかし、それにしてもハリウッドは良き才能を吸収するのがとても早い。

ネタ元はこちら
 ▼ ▼ ▼



その後、想像上の相違があり、監督コンビはこの「狼よさらば」の企画から降板しました。
(2016年6月21日追記)







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「オオカミは嘘をつく」DVD

オオカミは嘘をつく [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2016/3/8 01:10時点)













WOWOW_新規申込 はこちら







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クエンティン・タランティーノ監督の映画「ヘイトフル・エイト」を劇場で観てきた。

南北戦争直後、ワイオミング州の雪深い山荘で吹雪のために足止めをくらった7人の男と1人の女。そこから、生き残りをかけた闘いが始まる。

【満足度】:★★★☆☆(3.5)

面白かったんだけど、相変わらずの流血の多さにちょっとげんなりしちゃって、新鮮味を感じなかった。



*** 受賞歴 ***

第88回アカデミー賞 2016
作曲賞(エンリオ・モリコーネ) 受賞

ナショナル・ボード・オブ・レビュー 2015
助演女優賞(ジェニファー・ジェイソン・リー)、脚本賞(クエンティン・タランティーノ) 受賞

第73回ゴールデングローブ賞 2016 映画部門
作曲賞(エンニオ・モリコーネ)受賞

***********


「ヘイトフル・エイト」予告編 動画

(原題:The Hateful Eight)




アカデミー賞 作曲賞受賞 エンリオ・モリコーネ「ヘイトフル・エイト」 OST

「ヘイトフル・エイト」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,700から
(2016/3/3 00:44時点)




あらすじ


南北戦争直後、ワイオミング州の山奥にある雪深い山荘。

吹雪のために足止めをくらった7人の男と1人の女。

その女、デイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)は、最強最悪の犯罪者であり、バウンティハンターのジョン・ルース(カート・ラッセル)が警察へ送り届ける途中だった。

その山荘に着いた瞬間、ルースは、「この中にデイジーの仲間がいて、連れ出そうとしている」と言い始める…。

ヘイトフル・エイト

感想(ネタバレあり) まさにパルプ・フィクションなマンガ的娯楽映画


この映画を観てて、「マンガを読んでるみたいだなぁ」と思った。

マンガっていうのは、よくある昭和の香りの漂う喫茶店の本棚でクタクタになっている感じの週刊誌に載っているようなマンガ。

ザラザラの紙に印刷されているマンガで、

「ドバッ」「ドビュッ」「バンバン」「グサッ」「ドドドドドドド」

って感じの擬音語、擬態語がめちゃくちゃ多いマンガ。

血がドバーーーーッって出てたり、目が飛び出ちゃったりしちゃうヤツ。

最初は、なんだこれ~??と思いつつ、メロンフロートなんて飲みながら読み始めたら、思わずブッと吹き出したり、1人で爆笑するようになっちゃったりして、いつの間にか読み終わってて、「あぁ楽しかった」って言いながら、雑誌を閉じる。

そんな雰囲気の映画だったんだよなぁ~(笑)

つまり、「理屈抜きでこの世界を楽しんじゃえ」ってこと。

まぁ、まぁ、クエンティン・タランティーノ(以下タラ氏)の映画は全てそうだけどね。

本人も『パルプ・フィクション』なんてタイトルの映画を撮ってるんだから、監督本人もその雰囲気を狙っているのかもしれないけど。

ヘイトフル・エイト2

嘘つきは誰だ!!えぇ~もう死んじゃうの????


この山奥の山荘で繰り広げられるのは、「THEだまし合い」

誰かがデイジーの仲間であり、誰かが誰かを殺そうとしているワケ。

それを「誰??」と思いつつ、ちょっとした謎解きなんかをしながら楽しもうと思うと、タラ氏は観客にそんな間を与えない。

だって、この映画の主役だと思っていたバウンティハンターのルース(カート・ラッセル)は、割と早めに壮絶に死んでいく。

観客は、そこで「えぇーーー??もう死んじゃうの??」と思うけど、タラ氏はそんな観客のリアクションを待っていた。

そこで、9人目の刺客が登場する!!!


ヘイトフル・エイト3

一番好きだったのは、チャニング・テイタムの登場シーン


なんと、9番目の刺客としてデイジーの弟(チャニング・テイタム)が床下で待機していた。

私は、この映画の中でこのチャニング・テイタムが出てくるシーンが一番好き!!

先日、読んだ記事によれば、チャニング・テイタムはタラ氏の映画が大好きで、あらゆるコネを使ってストーカーのようにメールを送り続け、この役を手に入れたらしい。

しかし!!!そんな涙ぐましい努力の甲斐もなく(笑)、チャニング・テイタムはあっという間に頭を吹き飛ばされてしまう(笑)

きっと、タラ氏はチャニング・テイタムの「出してくれ」攻撃に嫌気がしたんだな(笑)

でも、まぁ、チャニング・テイタム的には悲願のタラ氏映画出演が叶ったわけだから、良かったんじゃないかな(笑)

そして、また観客は「えぇーーーー、今出てきたばっかりなのにーーー」と思い、チャニング・テイタムのファンは悲鳴を上げる。

そんな裏でドヤ顔をしているタラ氏の顔が思い浮かぶ(笑)

そこで、またしても、その後の行方が分からなくなる。

ヘイトフル・エイト4

そろそろ違う作風のタランティーノも観たい!!


まぁ、そんな風に、ひたすら頭が吹っ飛んだり、ドバーーーッと血を吐いたりする映画なんだけど(笑)

タラ氏の映画は、いつもそんな感じなので、「あぁまたか」って思うようになっちゃて、「いつもやり過ぎなんだよな」って思っている自分もいたんだよね。

つまり、その作風にちょっと飽きがきているわけ。

まぁ、それは、私個人の見解だけど。

だからね、そろそろ今までとは違う作風の作品を作った方が良いんじゃない??と思った。

例えば、タラ印のSF映画とか、ロマンティックコメディ(『ジャッキー・ブラウン』はロマコメだって話もあるけど)とか。

ちょっと想像つかないでしょ。

想像つかないからこそ、チャレンジして欲しいんだなぁ~。

『パルプ・フィクション』の衝撃をもう一度味わいたいんだよねぇ~。


ヘイトフル・エイト5



でも、最後の最後に生き残った二人の間に芽生えたちょっとした友情が好きだな。

二人とも、無事生き残っていますように。

そこがまた、西部劇っぽくてタラ氏らしい。


この映画に登場する俳優たちについては、以前書いた記事があるので、そちらをご参考に。
→ 「ヘイトフル・エイト」2/27公開予定。クエンティン・タランティーノ最新映画は密室西部劇。とにかく面白そう!!!【予告】



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



アカデミー賞 作曲賞受賞 エンリオ・モリコーネ「ヘイトフル・エイト」 OST

「ヘイトフル・エイト」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,700から
(2016/3/3 00:44時点)

















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
新作映画の話題 に参加中!
本年度アカデミー賞の目玉の一つ、クエンティン・タランティーノ監督新作映画「ヘイトフル・エイト」の予告編を見た。

日本では2月27日に公開が決定!!

*** 受賞歴 ***

ナショナル・ボード・オブ・レビュー 2015
助演女優賞(ジェニファー・ジェイソン・リー)、脚本賞(クエンティン・タランティーノ) 受賞

第73回ゴールデングローブ賞 2016 映画部門
作曲賞(エンニオ・モリコーネ)受賞

***********

【観たい度】:★★★★★

これは!早速チェックしなくちゃ!!!と思ったんだけど、まだ日本語字幕付きの予告編が見当たらず・・・。

とりあえず、字幕抜きで予告編を・・・。

【追記】日本語字幕付き予告編が公開されたので、追記しました。(2月2日)



***********

〇 「ヘイトフル・エイト」観てきました!!

映画の感想はこちらから →「ヘイトフル・エイト」密室で繰り広げられる8人の死闘。生き残るのは誰だ!!理屈抜きで楽しんだもん勝ちのクエンティン・タランティーノ印の西部劇映画【感想】

***********



「ヘイトフル・エイト」予告編 動画(日本語字幕付き)

(原題:The Hateful Eight)





「ヘイトフル・エイト」予告編 動画(日本語字幕無し)

(原題:The Hateful Eight)





ヘイトフル・エイト コレクターズ・エディション

ヘイトフル・エイト コレクターズ・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥3,855から
(2016/6/17 17:44時点)



タランティーノ前作「ジャンゴ 繋がれざる者」DVD

ジャンゴ 繋がれざる者 [DVD]

新品価格
¥1,000から
(2015/12/12 11:25時点)



その気になるストーリーは・・・


お話のストーリーは・・・
アメリカ・ワイオミング州を舞台にした西部劇。吹雪によって先に進めなくなり、山の上のロッジで立ち往生せざるを得なくなった賞金稼ぎ、保安官、囚人ら、ワケありで嘘つきな7人の男と1人の女が登場し、そこで巻き起こる殺人事件を映し出す密室ミステリーだ。

映画ナタリーより

とのこと。

おぉぉぉぉぉ密室劇。面白そうだよねぇ。

そして、予告編を観て、まず思ったのが、音楽がかっこいい!!!

やっぱり、タランティーノの映画はいつも音楽がかっこいいよねぇ~。


ヘイトフルエイト

タランティーノ映画はキャスティングが良い


そしてキャスティング!!!

いつも、タランティーノはキャスティングが良い!!

タイトルの「ヘイトフル・エイト」は直訳すれば「憎たらしい8人」って感じかな??

その8人の方がはこちら
▼▼▼
ヘイトフルエイト2


こちらの写真、上段左から、

〇カート・ラッセル(死刑執行人)
(「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」「バーニング・オーシャン」「ワイルドスピード スカイミッション」)

〇サミュエル・L・ジャクソン(バウンティハンター(賞金稼ぎ))
(「キングスマン」「ビッグ・ゲーム」「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」「キャプテン・アメリカ ウインター・ソルジャー」「ロボコップ」「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」)

〇ジェニファー・ジェイソン・リー(囚人)
(「バック・ドラフト」)

〇マイケル・マドセン(カウボーイ)
(「レザボア・ドッグス」「キル・ビル」)

下段、左から

〇ティム・ロス(The Little Man)
(「グレース・オブ・モナコ」)

〇ウォルトン・ゴギンズ(警官)
(「ジャンゴ 繋がれざる者」)

〇ブルース・ダーン(南軍)
(「ジャンゴ 繋がれざる者」)

〇デミアン・ビチル(メキシコ人)
(「ドム・ヘミングウェイ」「明日を継ぐために」)


と、さすが、タランティーノ。超豪華なキャスティング!!!

さらに、チャニング・テイタム(「22ジャンプストリート」「マジック・マイク」)が重要な役で登場するらしい。

チャニング・テイタム


今回のキャスティングで、一番気になるのは、ティム・ロスなんだよね!!!

なんだろう、役柄が The Little Man って!!!

うぅぅぅぅ気になるぅぅぅぅ。

もちろん、謎の男、チャニング・テイタムも気になるしなぁ、マイケル・マドセンのカウボーイも気になるんだよねぇ。

なぜなら、タランティーノ映画では、なんてことない普通の人が、普通の人だった試しがない!!!(笑)

だから、何かやってくれるに違いない!!!と思っている。

今後の賞レースで、この作品がどれだけ食い込んでくるのかも気になるところだけど、早く日本語字幕ありの予告編が観たーいー

そして、映画公開は 2月27日からの予定。

「ヘイトフル・エイト」日本版ポスター

(12/21 追記)

さすが、日本版のポスターはとっても分かりやすい(^-^)

このメンツ観てると、ジワジワと「あぁ観たいなぁ」と思う。

ちなみに、アカデミー賞大本命は、「スポットライト」じゃないのか??とツッコミたくなったけど(笑)

ヘイトフル・エイト


9人目の男!チャニング・テイタム登場シーン

(2月22日追記)

どんな役なのかは明かされないものの、チャニング・テイタムの登場シーンが公開された。

なんと、チャニングはタランティーノが大好きで、ライバル俳優たちに脅迫メールを送り、あらゆるコネを使って、この役を手に入れたそう。
「シネマ・トゥデイ」より




一体、あんたは何者なんだよ!!ジョディ!!!

チャニング・テイタム



***********

〇 「ヘイトフル・エイト」観てきました!!

映画の感想はこちらから →「ヘイトフル・エイト」密室で繰り広げられる8人の死闘。生き残るのは誰だ!!理屈抜きで楽しんだもん勝ちのクエンティン・タランティーノ印の西部劇映画【感想】

***********







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ヘイトフル・エイト コレクターズ・エディション

ヘイトフル・エイト コレクターズ・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥3,855から
(2016/6/17 17:44時点)



タランティーノ前作「ジャンゴ 繋がれざる者」DVD

ジャンゴ 繋がれざる者 [DVD]

新品価格
¥1,000から
(2015/12/12 11:25時点)















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック