とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:クレア・デーンズ



映画「ブリグズビー・ベア」を映画館で観た。

幼い頃に誘拐され、25年ぶりに救助された青年が初めて外の世界で暮らし始める生活を描いたコメディ映画。


満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

ラスト10分間号泣!

外界から25年間遮断されていた青年が映画に救われていく姿に泣いた!

映画に限らず好きなことに夢中になる気持ちは人を救い、その愛は周りの人に連鎖する。

ダサくてもいい。好きな気持ちが大事なのだ



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ブリグズビー・ベア」予告編 動画

(原題:Brigsby Bear)



更新情報・公開情報


・2018年6月28日 映画館で鑑賞。

・2018年8月1日 感想を掲載。

・2019年2月25日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。



ネット配信で観る:「ブリグズビー・ベア」(字幕版)

ブリグズビー・ベア (字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2018/10/5 01:13時点)



DVDで観る:「ブリグズビー・ベア」

ブリグズビー・ベア ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,911から
(2018/10/5 01:16時点)






キャスト&スタッフ


出演者

〇カイル・ムーニー(兼 共同脚本)



〇マット・ウォルシュ


〇ジェーン・アダムス




監督

〇デイヴ・マッカリー

2017年製作 アメリカ映画



映画「ブリグズビー・ベア」



あらすじ


幼い頃から家の中で子供向け教育番組「ブリグズビー・ベア」だけを見て育った青年ジェームズ(カイル・ムーニー)は、両親に言われた通り、外の世界は汚染されていると信じていた。

しかし、そんな彼の元へ警察がやってきてジェームズは両親から引き離されてしまう。

実は、ジェームズが両親だと思っていた人たちは誘拐犯だったのだ。

その衝撃の事実を知ったジェームズは、25年ぶりに実の両親の元へ帰ることとなり…。



映画「ブリグズビー・ベア」



感想



この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に投稿したものをご紹介します。



ブリグズビー・ベアブリグズビー・ベア (2017)

【監督】デイヴ・マッカリー
【出演】カイル・ムーニー / マーク・ハミル / グレッグ・キニア / マット・ウォルシュ / クレア・デインズ


★★★★☆ [90点]「好きなことに夢中になることで繋がれる絆」


予想外に最後の10分間は号泣だった!



幼いころに誘拐されてから25年間、家の中でテレビ番組「ブリグズビー・ベア」だけを観て育った青年が、25年ぶりに救助され、初めて外の世界で暮らし始める姿を描いたコメディ映画。



この映画が救いなのは、ジェームズを誘拐した夫婦が、ジェームズに愛情を注いで育てたことであり、そこは時々「万引き家族」を思い出しつつ、本当に子供が好きだけど子供を持つことができない夫婦の不幸から生まれる衝動を感じた。

けれど「万引き家族」と違うのは、ジェームズの実の両親も本当に良い人たちで、いつかジェームズが帰ってくると願って信じていた人たちだということ。



そうなって一番困るのは誘拐された本人のジェームズだ。



愛情を注いで育ててくれた両親を憎むことはできないし、かといって、突然現れた本当の両親や妹と、どう接していいかわからない。

そこで、ジェームズは映画と出会い映画製作にのめり込むことで、外の世界と繋がるようになる



私が、この映画で最も感動したのは、その「映画が人を救う」というところ

私も、辛い時には学校サボって映画を観に行ったりしてたし、大人になってからは、映画の話をすることで繋がれた友人たちもできた。



それはジェームズも同じで、「ブリグズビー・ベア」の映画を作ることで「外の世界で生きている実感」を得ることができ、家族とも心から繋がれるようになる

そんなジェームズを観ていて、映画に限らず「好きなことを好きだ」と表現することは、とても大切なことだし、それは時に、その人を救うことになるんだと思った。



歌うことが好き。

おしゃれをすることが好き。

なんでもいい



たとえそれが人と違っていても、時代遅れでも、ダサくても、自信を持って「好きだ」と言える気持ちは、きっと周りの人たちの気持ちも動かすことになる

その好きな気持ちの連鎖が広がっていくところにとても感動し、号泣してしまった

映画好きはもちろん、全ての人にオススメの作品


Posted by pharmacy_toe on 2018/06/30 with ぴあ映画生活




Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~

Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~









↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ブリグズビー・ベア」(字幕版)

ブリグズビー・ベア (字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2018/10/5 01:13時点)



DVDで観る:「ブリグズビー・ベア」

ブリグズビー・ベア ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,911から
(2018/10/5 01:16時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
クレア・デーンズ、サラ・ボルジャー主演の映画「あしたの家族のつくり方」をWOWOWジャパンプレミアで観た。

16歳の女子高生の視点で描く、恋・ボーイフレンド・家族についての物語。

正直、退屈だったなぁ。

物語の主人公の誰かを尊敬できるわけでもなく、誰かに同情するわけでもない。

あえて言うなら、この映画を半面教師にして、こんな人生は歩まないようにしよう・・・と思うことぐらいか・・・

「あしたの家族のつくり方」予告編 動画

(原題:As cool as I am)



「As Cool As I Am」【輸入版】DVD

As Cool As I Am [DVD] [Import]

新品価格
¥1,598から
(2015/11/22 00:17時点)





あらすじ


ルーシー(サラ・ボルジャー)は16歳の高校生。

両親が17歳の時に生まれた子供だ。

父(ジェームズ・マースデン)は、林業の仕事で年中家を空けている。

母(クレア・デーンズ)は、最近、外で仕事をするようになり、帰りも遅くなるようになった・・・。

ルーシーが唯一心を許せるのは、友達のケニーただ一人だった・・・。



映画「あしたの家族のつくり方」





感想(ネタバレあり)


アメリカの次期スター候補サラ・ボルジャー


主人公のルーシーを演じている、サラ・ボルジャーは最近アメリカでも注目されている子役女優だ。

その、サラ・ボルジャーを紹介する映画として、この映画が位置しているのなら、それはそれで良いと思う。

サラ・ボルジャーのいろんな面を観ることができるからだ。

悲しい顔も、寂しい顔も、楽しい顔も、全てがここに詰まっている。


映画「あしたの家族のつくり方」クレア・デーンズ、ジェームズ・マースデン、サラ・ボルジャー



結局、何が言いたかったのか…


ただし、この映画を、普通に一本の映画として観るなら、足りないところがたくさんある映画のように思う。

特に、この家族を描くことで、何を言いたいのかが全く伝わってこないのは、大問題。

今、改めて考え直しても、この映画が何が言いたかったのか、私には伝わってこない。

何が言いたかったんだろうなぁ。本当に。

映画「あしたの家族のつくり方」クレア・デーンズ、サラ・ボルジャー



依存症体質の母娘


そして、好きになれないのが、この家族が、いつも誰かに依存して生活していること。

母は、夫とうまくいっていないのを、会社の同僚との不倫で穴埋めし、ルーシーは、ケニーがいなくなった穴を他の男の子で穴埋めする。

ルーシーが母親にそのことを指摘すると、「自分が枯れていくようでつらい」と泣きだす始末・・・。

ということは、あまりにも若いうちに恋をして、子供を作り、家庭を築いていしまうと、家族がみんな不幸になるだけ・・・ってことが言いたかったんだろうか・・・。

なんだかなぁ。


映画「あしたの家族のつくり方」サラ・ボルジャー



もっと料理に入れ込む役にしてくれれば…


ただ、私がこの映画の中で唯一、少し前のめりになって観たのは、料理のシーン。

できれば、ルーシーが、もっと早く料理のかける情熱に気付いて、自分の腕を磨いていくうえで、誰か、素晴らしい人に出会うとか、そういう物語にして欲しかったんだが・・・。

ラストに、映画界の重鎮、ピーター・フォンダがワンシーンだけ出てくるのは、恐らく、彼がルーシーを料理人として導いていく人になるっていうことだと思うんだけど、そこ、もう少し掘り下げて欲しかった。

それに、最後の最後、今後のルーシーについて、「自分で書いたレシピ本」がベストセラーっていうのは、やり過ぎなんだなぁ~。

映画「あしたの家族のつくり方」サラ・ボルジャー

サラ・ボルジャーは、イン・アメリカのお姉ちゃんだった!!


ってことで、この映画、隅から隅まで私の趣味ではない作品だったんだけど、気になったのが一点。

ルーシーを演じてる、サラ・ボルジャーは、私の大好きな映画「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」のお姉ちゃん役の子だってことに気付いたこと!!


「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」DVD

イン・アメリカ/三つの小さな願いごと [DVD]

新品価格
¥982から
(2015/10/13 23:33時点)




私、この子が歌うイーグルスのデスペラードが大好きで。


まだ、観ていない方は、すごくおススメの映画なので、「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」を是非、観て欲しいです。

なんだか、最後は、「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」の宣伝になっちゃった(笑)

サラ・ボルジャーの他の出演作には「エミリー 悪魔のベビーシッター」など





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「As Cool As I Am」【輸入版】DVD

As Cool As I Am [DVD] [Import]

新品価格
¥1,598から
(2015/11/22 00:17時点)







↓ 「あしたの家族のつくり方」も放送しているWOWOW_新規申込




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック