とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:グウィネス・パルトロウ



ロバート・ダウニー・Jr主演の映画「アイアンマン」をWOWOWで観た。

大手軍需産業会社のCEOトニー・スタークが、アフガニスタンで武装勢力に誘拐されたことをきっかけに、アイアンマンスーツを開発し、スーパーヒーローになるまでを描く。

満足度 評価】:★★★★☆

久しぶりに観た。初めに観た時より、数倍面白く感じたのは、私の経験値があがったからなのか、その後のアベンジャーズを観たからなのか。

アイアンマンができていく過程を観ているのが楽しかった。

出演ロバート・ダウニー・Jrジェフ・ブリッジステレンス・ハワードグウィネス・パルトロウ

監督ジョン・ファブロー 2008年製作 アメリカ映画

「アイアンマン」予告編 動画

(原題:IRON MAN)




ネット配信で観る:「アイアンマン」(字幕版)

アイアンマン(字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/24 01:19時点)



DVDで観る:「アイアンマン」

アイアンマン [SPE BEST] [Blu-ray]

新品価格
¥1,480から
(2016/7/2 20:49時点)



あらすじ


大手軍需産業会社のCEOトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、このたび開発した大量破壊兵器ジェリコの米軍向けプレゼンテーションをアフガニスタンで行っていた。

しかしその時、現地の武装勢力に襲われ、誘拐されてしまう。

そして彼が目覚めた時には、心臓に機械が入れられ、機械に生かされているような状況だったが、テロリストたちに「ここでジェリコを製作したら助けてやる」と言われる。

早速トニーは製作を始めるが、それはジェリコではなく、そこから脱出するためにトニーが着るスーツの製作だった…。

アイアンマン


感想(ネタバレあり)


スーパーヒーローといえば特殊能力を持っているか宇宙人


スーパーヒーローといえば、私が真っ先に思い浮かぶのは、スパイダーマンやスーパーマン、キャプテン・アメリカなどなど。

スパイダーマンは、ある時突然、蜘蛛からスーパーパワーをもらったイジメられっ子だし、スーパーマンは宇宙人で、キャプテン・アメリカは特殊能力を身につけるように開発された軍人だ。

彼らのように普通、スーパーヒーローと言えば、特殊能力を身につけた人間、もしくは、宇宙人がほとんど

中には、バットマンのような普通の人もいるが、彼は財閥の御曹司で、スーパーヒーローになるための訓練をした人間だ。

男の子は、子供の頃にスーパーヒーローになりたいと憧れるが、実際、スーパーヒーローになれるのは、宇宙人や、特殊能力を身につけた人のようだ。

普通の人がスーパーヒーローを目指したら、「キックアス」のようになるのがオチ。なんだな。


アイアンマン2

アイアンマンはただのビジネスマン

そんな中、このアイアンマンは異色のスーパーヒーローだ。

主人公のトニー・スタークは、飛び抜けた運動神経を持っているわけでもなく、日頃から鍛えているわけでもない。

もちろん、特殊能力も持っていないし、もちろん、宇宙人でもない。

いつもスリーピースを着て仕事をしているただのビジネスマン
だ。

ビジネスマンといっても、軍需産業会社のCEOというのは、ちょっと一般的ではないけど。

この映画では、その普通のビジネスマンのトニーが、スーパーヒーローになるまでが描かれているが、これがすごく面白い

少年だったら、誰もが幼い頃にスーパーヒーローに憧れ、日本だったら、みんなウルトラマンや、仮面ライダーごっこをして遊んだだろう。

しかし、トニーはスーパーヒーローになりたくてなったワケではない。

気付いたら、いつの間にかスーパーヒーローになっていた。そんなタイプだ。


アイアンマン3

軍需産業の技術を人命救助に使いたい

トニーがスーパーヒーローになっていく過程で、特に目を引くのは、「アフガニスタンで平和に目覚めた」ことだ。

彼が「テロとの闘い」で米軍が使うために開発した兵器を、テロリストたちが使い、無実の民を殺している。

世界平和のためにと作った兵器で、逆に死者が増えている

その現実を見た彼は兵器製造を止めることを決意する

「自分は大勢の無実の人を殺すための兵器を開発している」と感じたためだった。

それよりも、その技術を人間の命を助ける機器の開発のために使いたいと考え始める。

軍需産業というのは、どの分野でも他の業界よりも真っ先に最先端の技術が導入される業界だから、技術を他のことに応用して方向転換というのは、できないこともない話だと思った。

その思いがベースにあっての、「アイアンマン」誕生だった。

最新技術を駆使し、戦争を起こさずに、悪を阻止する方法

それが「アイアンマン」だった

アメリカの軍需産業が、皆、トニーと同じことを考えて、兵器の製造をストップしたら世の中はきっと平和になるに違いない。

現実では、そんなことはあり得ないけど。

世界中の青少年たちが大好きなスーパーヒーローの誕生を描きながら、その芯の部分では、経済の多くを軍需産業に頼るあまりに、戦争を止めることができないアメリカに対する批判も描かれた作品だった。


アイアンマン4

MARVELのお約束!エンドロールが終わるまでお見逃しなく


とにかく、この映画ではビジネスマンがスーパーヒーローになるっていうのが、とても斬新で面白かった

確かに、世界で戦っているのは、軍人だけではない。

ビジネスマンだって、スーツケース一つで世界を飛び回り、日々戦っている。

中には、世界平和のために身を粉にしている人だっているだろう。

ビジネスマンの中には、スーパーヒーローもいるんだな。現実に

そして、最後の最後に、サミュエル・L・ジャクソンがSHIELDの代表として、トニーをスカウトに来たシーンを見て、「待ってましたーーー!!」と思った。

これだから、MARVEL作品はエンドロールで切れないんだよね(笑)







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「アイアンマン」(字幕版)

アイアンマン(字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/24 01:19時点)



DVDで観る:「アイアンマン」

アイアンマン [SPE BEST] [Blu-ray]

新品価格
¥1,480から
(2016/7/2 20:49時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グウィネス・パルトロウ主演、アンソニー・ホプキンスジェイク・ギレンホール共演の映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」をWOWOWで観た。

偉大な数学者を父に持つ娘が、病の父の介護と父の名を超える苦悩を描く。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

満足度 評価】:★★★★☆

父と娘、、姉と妹、新しい恋人と自分など、それぞれの関係を通じて自分とは何者かを証明していく映画。

じっくりと、俳優たちの演技を楽しめる映画だった。

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」予告編 動画

(原題:PROOF)





キャスト&スタッフ


出演者

グウィネス・パルトロウ
…(「アイアンマン」、「コンテイジョン」、「恋におちたシェイクスピア」など)

アンソニー・ホプキンス
…(「ハイネケン誘拐の代償」、「羊たちの沈黙」、「アミスタッド」、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」、「9デイズ」、「ノア 約束の舟」など)

ジェイク・ギレンホール
…(「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」、「ライフ」、「オクジャ okja」、「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」、「プリズナーズ」、「エヴェレスト3D」、「ミッション:8ミニッツ」、「サウスポー」、「ムーンライト・マイル」、「遠い空の向こうに」、「ブロークバック・マウンテン」)

ホープ・デイヴィス
…(「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」、「ディス/コネクト」など)

監督

ジョン・マッデン
…(「恋におちたシェイクスピア」、「マリー・ゴールドホテルで会いましょう」など)


2005年制作 アメリカ映画



あらすじ


シカゴで暮らす27歳のキャサリン(グウィネス・パルトロウ)は、最近偉大なる数学者の父親(アンソニー・ホプキンス)を亡くしたばかり。

自宅の父の書斎には、父の弟子である数学者のハル(ジェイク・ギレンホール)が入り浸って父の研究を漁っている。

NYに住む姉のクレア(ホープ・デイヴィス)は、父の葬儀のため帰宅し、キャサリンと目が合えば小言が絶えず、ケンカばかり。

そんな中、キャサリンは、父や彼女のことを気遣ってくれるハルに心が惹かれ始める…。




感想(ネタバレあり)


親の老いは悲しく切ない


親の老いを目の当たりにするっていうのは、悲しいものだよね。

それは、子供のとても勝手な言い分だとは分かっているけど、とても偉大だった親が老いていくのはすごく寂しい。

主人公のキャサリンは27歳。

とても偉大な数学者を父に持つ。

父に似て数学が好きな彼女は、大学で数学を学び始める。

ある時、彼女は自分が証明した定理について、父に意見を聞こうとした時、もう父は、彼女の書いた理論について、1行も理解できない状態になっていた…。

これは、切ないよなぁ。

27歳の娘としては、まだまだ親に褒めて欲しい時だったのだと思う。

しかし、現実は彼女に対して、とても冷たかった。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス



ひねくれ、こじらせ、もがきながら親の殻を破る娘


彼女が証明した定理は、父に検証してもらうことなく埋もれていくところで、恋人のハルがそれを見つけ出す。

この時、キャサリンは父以外の人間に認めてもらう瞬間だった。

なのに、彼女は素直に喜ばない。

それは、キャサリンの証明を、父のものだと勘違いしたためだった。

もしも、この時、少し素直になって彼女が証明したものだと、キチンと説明すれば良かった。

しかし、そうではなく、ひねくれてしまったために、話をこじらせてしまった。

「あぁもったいない。素直に喜べばいいのに」と思うのは、すっかり大人になって、人生の中で物事の進め方を学んでしまったから。

キャサリンは、27歳とはいえ、まだまだ子供で、父親の庇護が欲しい年頃だった。

その庇護という殻を一生懸命破ろうとし、話をこじらせてしまった。

それは、本人も良く分かっている。

だからこそ、一旦、シカゴを出てNYへ行くという提案を受け入れ、空港へ向かうタクシーの窓を開け、ハルの投げたノートを受け入れたんだ。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、ホープ・デイヴィス、ジェイク・ギレンホール



全ての殻を破った時、「本当にやりたいこと」が見えてくる


そして、ほんの少し心の扉を開けたキャサリンは、そこから「本当に自分がやりたいこと」に気付く。

これは、本当にハルの力が大きい。

「君が見つけたことを証明しよう」と言ってくれたハル。

彼の力がなければ、父の殻を破って外に出ることはできなかったと思う。

この映画の良いところは、こんなにひねくれちゃったキャサリンにも、すごく優しく温かく接しているところだ。

人はみんな素直にすくすく成長できるわけではない。

時には、深く傷つき、そのせいでひねくれる時もあるし、言ってはいけないことを言ったりもする。

でも、そんな時だからこそ、優しく手を差し伸べたら、またすくすくと成長する生き物なのだ。

その彼女の成長の過程を観るのが、深く考えさせられ、また清々しい映画だった。

映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、ホープ・デイヴィス、ジェイク・ギレンホール



豪華な出演者の演技を観ているのが楽しい映画


主人公のキャサリンを演じるのは、グウィネス・パルトロウ

彼女は、とてもクールなイメージだけど(例えば「アイアンマン」シリーズのペッパー)、こうやって喜怒哀楽が激しい役もやるんだなぁと思った。

また、その喜怒哀楽の激しさがとても良かった。

何かに行き詰ったり、傷ついたりした時は、こうやって落ち込んで、怒って、泣くことで、ネガティブな感情を全部吐き出すことも必要だよなぁと思った。

また、それが成長するということでもあるんだよね。

とても将来が気になる数学者、キャサリンだった。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ


キャサリンの父で偉大なる数学者には、アンソニー・ホプキンス

さすがに、彼は出てきただけで数学者に見えるんだなぁ。不思議なことに。

ただ、うつ病患者には見えなかったし、彼がどれだけ偉大な数学者だったのかというのも、ちょっと伝わりづらかった。

ちょっと彼については説明不足のところがあったかなぁと思った。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス


キャサリンの父の弟子であり、キャサリンの恋人になるハルに、ジェイク・ギレンホール

本当に、いつも、ジェイク・ギレンホールは優しい彼氏だよね。

そこは裏切らない。

今回も、キャサリンの良いところも、悪いところも理解して側にいてくれる優しい彼氏。

で、彼はそれをちゃんと自然に表現するから良い。

安心して観ていられる。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」ジェイク・ギレンホール


監督は、「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン

グウィネス・パルトロウとは2作目。

視線がね、優しくて良いんですよ。この監督は。



映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、ジェイク・ギレンホール



「一緒にがんばろう」と言ってくれる人のありがたさ


この映画を見てて思ったのは、自分が精神的に追い詰められた状況にある時って、「君が正しいよ。だから、一緒にがんばろう」って言ってくれる人の存在って、本当に大きいなぁと思った。

世間を騒がせたSTAP細胞の話も、同じように「力になるから、一緒に証明しよう」っていう人がいたら、少しでも状況が変わったのかもしれないなと思った。

だれかが手をつないでくれたり、背中を押したりしてくれるだけで、その目の前に広がる世界が変わってくる。

だから、そんなことがあった瞬間は、絶対にひねくれたり、そっぽを向いたりしてはいけない。

しっかりと、相手と見つめ合って、本気かどうかを確かめた上で、一緒に前に進むことが大切なことなんだと思う。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



DVDで観る:「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

プルーフ・オブ・マイ・ライフ [DVD]

新品価格
¥1,132から
(2019/12/5 15:19時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック