ドーナル・グリーソン主演の映画「グッバイ・クリストファー・ロビン」を町山智浩の映画サーチライトで観た。

童話「くまのプーさん」は、どのようにして生まれたのか。作者と家族の関係を軸に描いた実話。



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

あのほんわかとした実話の裏側には、こんなに切ない話があったのか!という実話。

息子と乳母の関係に胸が締め付けられた。

あの童話で世界中の子供たちが幸せになったけれど…というは、なんともやるせない


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『グッバイ・クリストファー・ロビン』予告編 動画

(原題: Goodbye Christopher Robin)


更新履歴・公開、販売情報

・2018年9月25日 「町山智浩の映画サーチライト」にて鑑賞。

・2018年10月4日 感想を掲載。

・2019年3月17日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



ネット配信で観る:「グッバイ・クリストファー・ロビン」(字幕版)

グッバイ・クリストファー・ロビン (字幕版)

新品価格
¥299から
(2018/10/4 15:17時点)



DVDで観る:「グッバイ・クリストファー・ロビン」

グッバイ・クリストファー・ロビン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

新品価格
¥3,127から
(2018/10/4 15:18時点)



原作本:「グッバイ・クリストファー・ロビン:『クマのプーさん』の知られざる真実」

グッバイ・クリストファー・ロビン:『クマのプーさん』の知られざる真実

新品価格
¥2,916から
(2018/10/4 15:19時点)






キャスト&スタッフ


出演者

ドーナル・グリーソン



〇ウィル・ティルストン



監督



2017年製作 イギリス映画



グッバイ・クリストファー・ロビン




あらすじ


第一次世界大戦から帰還した作家のミルン(ドーナル・グリーソン)は、帰国後から戦争の後遺症であるPTSDに悩まされる。

その後、妻 ダフネ(マーゴット・ロビー)との間に、息子のビリー(ウィル・ティルストン)が産まれ、一家はミルンの静養のため広大な森がある田舎町へと引っ越す。

しかし、田舎での生活に退屈したダフネは、ロンドンへ戻ってしまい、ビリーのために雇った乳母 ヌー(ケリー・マクドナルド)は、病気の母親を看病するため実家へ帰ってしまう。

そうして、ビリーと二人きりになったミルンは、ビリーと森へ散歩へ行くと彼のくまのぬいぐるみを使って遊ぶようになり、そのぬいぐるみと、その友達クリストファー・ロビンを主人公とした童話を思いつく。

初めは、二人で遊ぶために書いた物語だったが、それを出版することになると、たちまちベストセラーとなり…。



グッバイ・クリストファー・ロビン3




感想(ネタばれあり)


「くまのプーさん」の切ない誕生秘話


この映画「グッバイ・クリストファー・ロビン」は、「くまのプーさん誕生秘話」を描いた実話である。

第一次世界大戦に従軍したミルンドーナル・グリーソン)は、終戦後に帰国した後、戦争の後遺症であるPTSDに悩まされてしまう。

その後、妻ダフネマーゴット・ロビー)との間に生まれた息子 ビリーを喜ばせるためにクマのぬいぐるみを主人公にした童話を書くと、それが、書籍化され、ベストセラーとなるのだか…。  



PTSDで悩むお父さんが、プーさんとクリストファー・ロビンの童話を書くと、それがカウンセリングのような役割を果たし、お父さん自身が救われていく

けれど、その物語のモデルとなった息子は、予期せぬ形で有名人となってしまい、本の主人公「クリストファー・ロビン」と素の「ビリー」の間で苦しむことになる。



私がこの物語の中で一番グッと来たのは、その家族を影で支えていた乳母ヌーの存在だった

ミルンの妻ダフネは、上流階級の出身で、遊ぶことが大好き。

そのため、ビリーの子育てと、教育、スケジュール管理は、全て乳母に任せっきり。
いわゆる「育児放棄」そのものだ。



そのせいで、ビリーは、母よりも乳母になつくようになっていく。

ヌーはビリーを不憫に思うけど、ダフネはビリーか自分よりもヌーになついていることが気に入らない  



お父さんがプーさんを書いたのは、自身にとってのPTSDを治療する役割があったけれど、その物語を一緒に作り上げたビリーにとっては、お父さんに好かれたい一心だった。

しかし、お父さんはビリーとうまく接することができず、「お父さんに好かれていない」と思い込んだビリーの思いは乳母の元へ

とはいえ、ヌーも使用人だから、必要以上に家族の間に立ち入ることができない



そんなビリーとヌーの関係に胸が締め付けられてしまった

ディズニー版の「プーと大人になった僕」では、ほんわかと心温まる物語が描かれているけれど、その裏には、こんなに切ない話があったのかぁという作品だった

この映画、日本では劇場公開しないままビデオスルーになってしまった作品。



プーと大人になった僕」もいいけれど、その真実の姿を知りたくなったら、ぜひ、こちらを観て欲しい。



グッバイ・クリストファー・ロビン2




関連記事

〇あわせて観たい!ディズニー版「くまのプーさん」
「プーと大人になった僕」仕事に追われ家族と過ごす時間もなくなったら…。何もしないことの素晴らしさが心に刺さる。社畜に捧げるファンタジー。ユアン・マクレガー主演【感想】


Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「グッバイ・クリストファー・ロビン」(字幕版)

グッバイ・クリストファー・ロビン (字幕版)

新品価格
¥299から
(2018/10/4 15:17時点)



DVDで観る:「グッバイ・クリストファー・ロビン」

グッバイ・クリストファー・ロビン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

新品価格
¥3,127から
(2018/10/4 15:18時点)