とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:グレッグ・キニア



映画「ブリグズビー・ベア」を映画館で観た。

幼い頃に誘拐され、25年ぶりに救助された青年が初めて外の世界で暮らし始める生活を描いたコメディ映画。


満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

ラスト10分間号泣!

外界から25年間遮断されていた青年が映画に救われていく姿に泣いた!

映画に限らず好きなことに夢中になる気持ちは人を救い、その愛は周りの人に連鎖する。

ダサくてもいい。好きな気持ちが大事なのだ



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ブリグズビー・ベア」予告編 動画

(原題:Brigsby Bear)



更新情報・公開情報


・2018年6月28日 映画館で鑑賞。

・2018年8月1日 感想を掲載。

・2019年2月25日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。



ネット配信で観る:「ブリグズビー・ベア」(字幕版)

ブリグズビー・ベア (字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2018/10/5 01:13時点)



DVDで観る:「ブリグズビー・ベア」

ブリグズビー・ベア ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,911から
(2018/10/5 01:16時点)






キャスト&スタッフ


出演者

〇カイル・ムーニー(兼 共同脚本)



〇マット・ウォルシュ


〇ジェーン・アダムス




監督

〇デイヴ・マッカリー

2017年製作 アメリカ映画



映画「ブリグズビー・ベア」



あらすじ


幼い頃から家の中で子供向け教育番組「ブリグズビー・ベア」だけを見て育った青年ジェームズ(カイル・ムーニー)は、両親に言われた通り、外の世界は汚染されていると信じていた。

しかし、そんな彼の元へ警察がやってきてジェームズは両親から引き離されてしまう。

実は、ジェームズが両親だと思っていた人たちは誘拐犯だったのだ。

その衝撃の事実を知ったジェームズは、25年ぶりに実の両親の元へ帰ることとなり…。



映画「ブリグズビー・ベア」



感想



この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に投稿したものをご紹介します。



ブリグズビー・ベアブリグズビー・ベア (2017)

【監督】デイヴ・マッカリー
【出演】カイル・ムーニー / マーク・ハミル / グレッグ・キニア / マット・ウォルシュ / クレア・デインズ


★★★★☆ [90点]「好きなことに夢中になることで繋がれる絆」


予想外に最後の10分間は号泣だった!



幼いころに誘拐されてから25年間、家の中でテレビ番組「ブリグズビー・ベア」だけを観て育った青年が、25年ぶりに救助され、初めて外の世界で暮らし始める姿を描いたコメディ映画。



この映画が救いなのは、ジェームズを誘拐した夫婦が、ジェームズに愛情を注いで育てたことであり、そこは時々「万引き家族」を思い出しつつ、本当に子供が好きだけど子供を持つことができない夫婦の不幸から生まれる衝動を感じた。

けれど「万引き家族」と違うのは、ジェームズの実の両親も本当に良い人たちで、いつかジェームズが帰ってくると願って信じていた人たちだということ。



そうなって一番困るのは誘拐された本人のジェームズだ。



愛情を注いで育ててくれた両親を憎むことはできないし、かといって、突然現れた本当の両親や妹と、どう接していいかわからない。

そこで、ジェームズは映画と出会い映画製作にのめり込むことで、外の世界と繋がるようになる



私が、この映画で最も感動したのは、その「映画が人を救う」というところ

私も、辛い時には学校サボって映画を観に行ったりしてたし、大人になってからは、映画の話をすることで繋がれた友人たちもできた。



それはジェームズも同じで、「ブリグズビー・ベア」の映画を作ることで「外の世界で生きている実感」を得ることができ、家族とも心から繋がれるようになる

そんなジェームズを観ていて、映画に限らず「好きなことを好きだ」と表現することは、とても大切なことだし、それは時に、その人を救うことになるんだと思った。



歌うことが好き。

おしゃれをすることが好き。

なんでもいい



たとえそれが人と違っていても、時代遅れでも、ダサくても、自信を持って「好きだ」と言える気持ちは、きっと周りの人たちの気持ちも動かすことになる

その好きな気持ちの連鎖が広がっていくところにとても感動し、号泣してしまった

映画好きはもちろん、全ての人にオススメの作品


Posted by pharmacy_toe on 2018/06/30 with ぴあ映画生活




Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~

Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~









↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ブリグズビー・ベア」(字幕版)

ブリグズビー・ベア (字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2018/10/5 01:13時点)



DVDで観る:「ブリグズビー・ベア」

ブリグズビー・ベア ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,911から
(2018/10/5 01:16時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


サム・ライミ製作の映画「マーダー・オブ・キャット」をWOWOWで観た。

WOWOWが劇場未公開の作品を、どこよりも早く公開する「WOWOWジャパンプレミア」の一本。

アメリカの田舎町で、引きこもりの青年が飼い猫を殺されたことで、捜査をしているうちに本当の犯罪に巻き込まれていく…というクライムコメディ。

時々、クスッと笑えるところがあったりして、最後まで楽しめる軽めのコメディ映画だった。

満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

「マーダー・オブ・キャット」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:Murder of a Cat)




ネット配信で観る:「マーダー・オブ・キャット」(字幕版)

マーダー・オブ・キャット(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/7/2 11:17時点)



「MURDER OF A CAT」【輸入版DVD】

MURDER OF A CAT

新品価格
¥2,169から
(2016/2/7 01:21時点)



あらすじ


アメリカの田舎町。

引きこもりで、母(ブライス・ダナー)と二人暮らしのクリントン(フラン・クランツ)は、一日中テレビを見たり、ガレージセールをしたりの毎日。

しかし、そんな平和なある日、彼の相棒であり、飼い猫のマウサーが何者かにボーガンで殺されてしまう。

地元警察のホイル保安官(J・K・シモンズ)に捜査をするようにお願いするクリントンだったが、保安官からの反応がイマイチ。

保安官に頼らず、独自で捜査をすることに決めたクリントンは、マウサーの流した血をたどっていくと、「迷い猫」の張り紙が。

その張り紙に写っている猫は、なんと、マウサーだった…。


マーダー・オブ・キャット

感想(ネタバレあり)


「猫」は寂しい人間の象徴なのか!!(笑)


今回のテーマは「猫」。

といっても、「猫」がたくさん出てくる映画ではない。

私には、「猫」といえば、思い出すことがある。

私、facebookをやっているんだけど、PC版のfacebookをたまにひらくと(普段はスマホで見ているからPCで開くのはまれ)、サイドバーに広告がずらずらと並んでる。

この広告欄に猫関連が多いこと!!本当にビックリするぐらい猫が多い。

それは、どうやら、「アラフォー独身女子(=寂しがり女子)には、猫好きが多い」と、facebookの統計で出た結果がそこに出ているらしい!!

そこから言えることは、「人は寂しいと猫を飼う」っていうイメージは万国共通なんだろうなってこと。

確かにね、ついこの間までは、猫よりも絶対に犬!だったのに、なんだか、最近「猫もいいなぁ」と思い始めてて、そのメンタルの変化はいったい何なんだろう…って考えるんだよね。

案外、私も「寂しがり屋」のなのかもしれないねぇ(笑)



マーダー・オブ・キャット2



アメリカの田舎町には、寂しい人たちが肩寄せあって生きている


ちょっと話がずれちゃったけど(笑)、この映画「マーダー・オブ・キャット」で描かれているアメリカの田舎町には、とにかく寂しい人たちが集まってきている。

主人公のクリントンは、引きこもりの独身男。

彼のママは、クリントンの父親と離婚して、今は独身。

クリントンと共に、マウサーを可愛がっていたグレタは、高齢者住宅に住んでいる独身。

マウサーの捜査を担当するホイル保安官も独身。

そして、地元で巨大マーケットを経営するフォードは、妻から離婚され慰謝料で破産してしまう…。

もう、寂しい人たちの見本市みたいな感じ。

そんな彼らが、「一匹の猫の死」を中心にして、引き寄せられてくる様子がとても面白い。

この人たちがとても個性的で、それぞれが一生懸命になればなるほど、なんだかおかしい。

そのクスッと笑えるところが、この映画の面白さ。

やはり、「猫」とは、寂しい人間の象徴のような存在なんだなぁと妙に納得する。



マーダー・オブ・キャット3



ママと二人暮らしの引きこもり、旅立ちの時


そこで、それまで引きこもりだったクリントンは、近所の人たちの人生を知る。

クリントンの知らないところで恋愛をしていたママ。

人生に迷いながらも、常に新しい仕事にチャレンジしているグレタ。

巨大マーケットを経営して裕福な暮らしをしていたのに、離婚をきっかけに、破産し、犯罪に手を染めていたフォード。

クリントンは、そんな彼らの姿を見て、自分の生活を改める。

これは、この街に暮らす人たちの物語だけれども、クリントンの成長物語でもある。

日頃、あまり会えない人に会い、その人がとてもがんばっている人だと、すごく影響を受けて、「私もがんばらなきゃ~」と思うことがある。

クリントンがなぜ引きこもりになってしまったのかは分からないけど、必死で生きている彼らの姿を見て、「生活を変えなきゃ」と思ったんだろうなぁ。

檻の中で暮らしていた猫が、檻から出て猫らしく自由に生き始めるように、クリントンも「ママの家」という檻を出て、自由な生活を手に入れる。

ちょっと清々しい、旅立ちの時だった。



マーダー・オブ・キャット4



大物俳優と大物プロデューサーによる新人監督の映画


主人公のクリントンを演じたのは、「キャビン」のフラン・クランツ

そのキャビンという映画は、存じ上げないんだけども、私の勝手な印象ではブラッドリー・クーパーをちょっと小物にしたイメージ。

コメディに向いているような気がした。

クリントンの猫・マウサー殺害事件を担当するホイル捜査官をJ・K・シモンズが演じている。

このホイル捜査官が嘘みたいに優しい。

嘘みたいにっていうのは、どうにも、J・K・シモンズって「セッション」のイメージが強くて(笑)

この映画の中で、彼がクリントンのガウンを着て登場するシーンが大好き。

ガウン着て、ダイニングで新聞を読んでる姿が最高!

良かったなぁ。J・K・シモンズ。

J・K・シモンズの他の出演作には、「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」、「パトリオット・デイ」、「ザ・コンサルタント」、「Re:LIFE~リライフ~」、ドラマシリーズ「カウンターパート/暗躍する分身」など。

この田舎町で、巨大マーケットを経営するのは、グレッグ・キニア

どうも、グレッグ・キニアという人は、気の毒な役が多いイメージなんだけど、なんでだろう??

「恋愛小説家」のせいかなぁ??

残念ながら、この映画でも気の毒な役を演じているので、そのイメージは払拭されていない。

他の出演作に「ブリグズビー・ベア」、「リトル・ミス・サンシャイン」

監督は、ジリアン・グリーン

彼女はこの映画のプロデューサーを務めるサム・ライミ(「スパイダーマン」シリーズの監督)の妻で、この映画が初の長編作だそう。

初めての監督作って感じがしないのは、旦那さんのアドバイスがあったからなのかな??



マーダー・オブ・キャット5



「ジャパンプレミア」のレベルが上がるのは、嬉しいことなのか、それとも寂しいことなのか…


今年に入ってから、この「ジャパンプレミア」の作品のレベルが上がったような気がするけど、気のせいかなぁ??

それは、単館上映の映画館が減ってるってことなのかなぁ><

本来は、ジャパンプレミアって、埋もれた名作の発掘の場だと思うんだけど、この枠にこういうサム・ライミ製作作品とか入ってきちゃうと、本当に埋もれた作品は、埋もれたままってことになりそうだよね…。

とはいえ、今回みたいに、このコーナーが無ければ観られない豪華出演者共演の作品を観られるのは単純に嬉しい。

この映画の中の街路樹(多分ライラックだったと思う)が、紫色の花で満開になっているのが、本当にきれいで印象的だった。

軽ーいコメディに笑いつつ、新しい人生を始めようかなと考えるのもありかなと思う。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「マーダー・オブ・キャット」(字幕版)

マーダー・オブ・キャット(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/7/2 11:17時点)



「MURDER OF A CAT」【輸入版DVD】

MURDER OF A CAT

新品価格
¥2,169から
(2016/2/7 01:21時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック