とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:コン・ヒョジン



イ・ビョンホン主演の韓国映画「エターナル」を映画館で観た。

家庭を顧みず、仕事中毒になっていた男に、ある日突然降りかかる「中年の危機」を描く。


韓国映画「エターナル」


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

ポスターのコピーにあるようなラストに衝撃を受けるサスペンス映画だとは思わなかったけど、これはそうではなく、「中年の危機」を迎えた仕事中毒の男性の悲哀を描いた映画として観た。

そして、観終わった後には、しみじみと切なさが心に残る作品だった。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想



「エターナル」予告編 動画

(原題:싱글라이더(A Single Rider))



更新履歴・公開、販売情報

・2018年3月18日 映画館にて観た感想を掲載。

・2018年12月21日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。





キャスト&スタッフ


出演者

イ・ビョンホン
…(「それだけが、僕の世界」、「天命の城」、「密偵」、「MASTER マスター」、「王になった男」、「マグニフィセント・セブン」、「インサイダーズ 内部者たち」、「メモリーズ 追憶の剣」、「ターミネーター/新起動:ジェネシス」など)

コン・ヒョジン
…(「女は冷たい嘘をつく」、「ブーメラン ファミリー」、「ラブ・フィクション」など)

アン・ソヒ
…(「新感染 ファイナル・エクスプレス」など)



監督・脚本

〇イ・ジェヨン


2016年製作 韓国映画




あらすじ


証券会社の支店長を務めるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)は、会社でトップの成績を上げるために私財をはたいてまで売り上げを伸ばすが、その会社は倒産してしまう。

息子の語学留学のために、妻 スジン(コン・ヒョジン)と息子はオーストラリアにいるため、家に帰っても一人きりのジェフンはインターネットのストリートビューで妻と息子の住所を検索すると、そこには妻の姿があった。

そこで、ジェフンは妻に連絡せずに、一人オーストラリアへと向かう。

ところが、スジンにはジェフンの知らない生活があった…。



韓国映画「エターナル」



感想(ネタバレあり)


ある日突然襲ってくる「中年の危機」


この映画の予告編には「最高ラブ・サスペンス」とあり、ポスターには「映画史上に残る衝撃のラスト」というコピーが躍っているけれど、私は、この映画はそういうラストに衝撃を受けるようなサスペンス映画ではないと思った。

これは、家庭をかえりみず、仕事の夢中になってきた男に突然やってくる「中年の危機」を描いた作品であって、観終わった後にはしみじみとした切なさが残る作品だった。



映画の本編が始まる前に、一編の詩が紹介される。

「下る時には見えた。

上る時には見えなかった花が」(うろ覚え)

私は、この詩がこの映画の主人公であるジェフンの心情を全て表していると思った。



ジェフンは「証券会社でトップの成績」という「頂点」を目指し、周りの景色も気にせず必死で登り続けるが、いざ、その「頂点」に立った時には、「周りに誰もいない」という孤独を味わう。

さらに、その足元にあった「会社」という山が見事に崩れ落ちていく。

そうしてジェフンは、そこから真っ逆さまに落ちていくのだが、その時、ようやく途中で家族を置き去りにしてきたことに気付くのである。



それでは、ジェフンは、一体何のために仕事に尽くしてきたのか。

この映画は、そのジェフンの「孤独」と「置き去りにしてきた家族への愛」を描いた作品である。

サスペンスだと思って期待して観ると、全く違う作品だったとガッカリしかねない作品である。



韓国映画「エターナル」イ・ビョンホン



家庭よりも仕事が生活の中心にあるジェフン


この映画の中で描かれる韓国ならではの光景が「妻と息子を語学留学させるために必死で働く父の姿」である。

日本以上に大卒就職率が低い韓国では、「語学に堪能」であることが就職に有利であるとされ、父親が一流企業に勤務し、経済的に余裕がある家庭では、息子がまだ小学生ぐらいのうちから留学させ、ネイティブの英語を身に着けさせることが珍しくない。

幼い息子を一人で行かせるわけにはいかないので、息子に妻を同行させるのである。



この映画のジェフンも妻と息子をオーストラリアへ留学させる。

そこには、「証券会社のトップ」としての見栄のようなものもあっただろうし、妻はあまり乗り気でなかったにも関わらず、オーストラリアに行かせた様子を見ると、「家族サービスよりも仕事に集中したいから」厄介払いしたような印象さえ受ける。

つまり、彼は家族に対しても「仕事ありき」で考えるような「仕事中毒」の男なのだ。



彼らをオーストラリアへ行かせたのは、「息子の将来」のためなのか、それとも「自分の仕事」のためなのか。

それは、ジェフンだけに限らず、韓国の多くの家庭で見られることであり、日本でも語学留学とはいかなくても、家庭をかえりみずに仕事中毒に陥っている人たちはたくさんいる。

この映画は、そんな「仕事中毒の中年男性」に向けて描かれた作品なのだ。



韓国映画「エターナル」イ・ビョンホン



妻と息子の楽しそうな姿が夫を孤独な気持ちにさせる


そうしてジェフンは、仕事に対して必死になって生きてきたのだが、肝心の会社が倒産してしまう。

そうして、彼に中年の危機がやってくると、彼は家族に会うために、妻子のいるオーストラリアへ向かうのだ。

しかし、妻には何も告げずに。



本当は妻子に会いに行ったはずなのに、さらにジェフンは孤独になってしまう

なぜなら、妻子にはジェフンの知らない生活があったのだ。

ジェフンにとっては異国の地、オーストラリアの生活にすっかりなじみ、英語を話し、ご近所づきあいをして楽しそうにしている。

そんな妻子の楽しそうな姿を見ると、ジェフンは彼らに会いづらくなってしまう。

さらに、かつてバイオリニストだった妻・スジンは、韓国では弾かなかったバイオリンを再び始め、オーストラリアに永住することも考えていた。



ジェフンが家族をかえりみずに仕事ばかりしていた間に、彼らは彼らの充実した生活を送っていたのだ。

そこでスジンは、夫の仕送りに頼らずに、そのままオーストラリアで暮らせるようにバイオリンで生計を立てようとしていたのだ。



さらに、スジンにはオーストラリアにいる間に好きな人ができ、その彼の存在も、スジンをオーストラリアに永住させようとする理由の一つだった。

しかし、かといって、そんなスジンのことをジェフンが責められるかと言ったら、そうではないだろう。

遠く離れた地で、スジンのことなど気にかけていなかった夫よりも、近くにいて、いろいろ不安だったスジン一家がオーストラリアになじむようにいろいろ世話してくれた隣人を好きになってしまうのも、仕方ないのではないか。



そんな妻子の姿を見て、孤独を感じるジェフンは、はっきり言って自業自得なのだ。



韓国映画「エターナル」コン・ヒョジン



「家族に会いたい」という魂が海を越えた「孤独な旅人(A Single Rider)」


そうして、彼らのオーストラリアでの生活のすべてが分かると、「孤独な旅人」ジェフンは、自分が既に死んでいることに気付く

彼は、会社が倒産した時に酒と共に睡眠薬を大量に摂取して亡くなっていたのだ。

この世に「家族に会いたい」という思いを残し、成仏できない魂が、「孤独な旅人」となってオーストラリアへ向かったのだ。



この映画の原題はA Single Rider(単身の乗客)である。

それは、孤独な彼の魂を表現している。

なぜ、邦題が「エターナル」になってしまったのか。

残念でならない。



とはいえ、私はそこで「衝撃の事実」とはならなかった。

彼が荷物にも持たずに、スーツでオーストラリアに降り立った時に、あぁこの人は亡くなったんだなと思った。

だから、「既に亡くなっているということに本人がいつ気付くのか」という視点で、この映画を観ていた。



その「いつ」とは、妻子がジェフンがいなくてもオーストラリアで幸せな生活を送っていると知った瞬間だった

ジェフンが家族をオーストラリアに厄介払いしたようだったけれど、家族に見捨てられたのはジェフンの方だったのだ。

ジェフンは人生が終わって初めてそのことに気付くのだが、それでは遅いのだ。



そこで、映画のオープニングに紹介された詩を再掲する。

「下る時には見えた。

上る時には見えなかった花が」

必死になって仕事をしていたときは、家族をかえりみる余裕すらもなかったけれど、全てを失って振り返ったみると、家族こそが大切にすべきものだったことに気付くという男の話なのだ。



そうして、ジェフンは息子が「パパと一緒に観たかった」と言っていたタスマニアの美しい景色を一人で見に行く場面で物語は終了している。

そこで、彼の「孤独な旅」は終了する



この映画の前に、特別映像として、イ・ビョンホン本人からのメッセージが流れた。

その中でイ・ビョンホンは「この映画を撮っている時に、日本のみなさんのことを思いました。多くの日本の方に観ていただきたい作品です」(うろ覚え)と言っていた。

それは、日本に仕事中毒の人たちが多いことを思ってのことなのだろうと、映画を観終わってから気付いた。



家庭もかえりみず、仕事に夢中になっていると、家族が夫に側にいて欲しいと願っている時に一緒にいることができない。

そして、そんな仕事中毒の人間に中年の危機が訪れ、自分が家族を必要だと思った時には、家族は側にいないということになる。

その時になって、「あぁもっと優しくしておけば良かった」と思っても遅いのだ。

上を目指しながら向かっている時も、時には立ち止まって周りを見渡し、景色の美しさを楽しむようなゆとりがあってこそ、人生は充実したものになるのだと、この映画は訴えているのだ



人生は、仕事ももちろん大切だけど、仕事がすべてではない

家族や愛情があってこそ、充実したものになるのだ。

家族がいるにも関わらず、「孤独な旅人」では、なんだか悲しすぎる

そんな切ない映画だった。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazonプライムで観る:「エターナル」(字幕版)

エターナル(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2018/7/28 17:14時点)



DVDで観る:「エターナル」

エターナル 豪華版 Blu-ray BOX

新品価格
¥6,171から
(2019/12/23 19:03時点)



イ・ビョンホン「エターナル」 オーストラリアロケ密着30日全記憶

イ・ビョンホン「エターナル」 オーストラリアロケ密着30日全記憶 (公式写真集) (光文社女性ブックスvol.173)

新品価格
¥3,780から
(2018/3/17 22:26時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オム・ジウォン主演の韓国映画「女は冷たい嘘をつく」をWOWOWで観た。

シングルマザー ジソンの娘ダウンが、ある時突然ベビーシッターのハンメと共に失踪。

ジソンが娘とハンメの行方を追うサスペンス映画。

劇場未公開の作品をどこよりも早く放送する「WOWOWジャパンプレミア」の一本。


満足度 評価】:★★★★☆

サスペンス映画ではあるけれども、ジソンとハンメという二人の女性を通して、韓国社会で低所得者や、虐げられた貧しい女性たちが1人で子供を育てていく難しさを描いた作品。

ハンメは、本来ならば悪役のはずなのに、彼女のあまりにも壮絶な人生に思わず同情して涙を流さずにはいられない。

また、そう思わせてしまうのは、彼女を演じたコン・ヒョジンの功績が非常に大きい。

これは劇場未公開作品であることがもったいないと思った作品だった。

「女は冷たい嘘をつく」予告編 動画

(原題:미씽: 사라진 여자.(Missing 消えた女)

 

ネット配信で観る:「女は冷たい嘘をつく」(字幕版)

女は冷たい嘘をつく(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/3/22 00:21時点)



DVDで観る:「女は冷たい嘘をつく」

女は冷たい嘘をつく [DVD]

新品価格
¥3,529から
(2019/3/22 00:22時点)



キャスト&スタッフ


出演者

オム・ジウォン
…(「MASTER マスター」、「リバイバル 妻は二度殺される」、「ソウォン/願い」など)

コン・ヒョジン
…(「エターナル」、「ブーメラン ファミリー」、「ラブ・フィクション」など)


〇パク・ヘジュン

監督・脚本

〇イ・オンヒ

2016年制作 韓国映画

女は冷たい嘘をつく



あらすじ


シングルマザーのジソン(オム・ジウォン)は、娘タウンの親権を巡って元夫と調停中である。

そんな彼女は1人でタウンを育てるため、住み込みのベビーシッター、ハンメ(コン・ヒョジン)にタウンの世話を任せ、朝から深夜まで仕事に追われる毎日だ。

しかし、ある日突然ハンメとタウンが姿を消してしまう。

心当たりを探し回るジソンだったが、どこにも見当たらない。

ハンメから渡された外国人登録証は偽造されたものであり、ハンメという名前も偽名だと分かる。

さらに調べていくうちに、ハンメの本当の姿が明らかになっていく…。

女は冷たい噓をつく2



感想(ネタバレあり)


少子化問題について考えさせられるサスペンス映画


娘がベビーシッターと失踪した話だと聞いて、先日WOWOWで観た「エミリー 悪魔のベビーシッター」と似たような話なのかと思った。



確かに、どちらもベビーシッターが他人の子供に執着する話という共通点があるけれども、描かれているバックグラウンドが全く違っていた。



エミリー 悪魔のベビーシッター」は、裕福でゆとりのある中流家庭を題材に描かれていたのに対し、この映画「女は冷たい嘘をつく」(残念ながら、この邦題はこの映画の良さを表していないと思う)は、社会で必死に生きているシングルマザーの家庭を舞台に描かれている。

その背景の違いだけで、全く違う作品に仕上がっていた。



エミリー 悪魔のベビーシッター」は、サイコパスのベビーシッターによるサスペンス色が強かったのに対し、「女は冷たい嘘をつく」は女性たちの育児の難しさを浮き彫りにしていて、どちらかと言えば社会派寄りのサスペンス映画だった。



この映画を観ていると、韓国で、シングルマザーや貧しい人たちが子供を育てていくことの難しさを痛切に感じる

そこには、韓国と同じく「少子化問題」について悩まされる日本でも、似たような問題があるのではと感じた。



シングルマザーや貧しい人たちが、子供を育てるのが非常に難しい環境で、どうやって子供を増やせというのか。

多くの映画ファンが好むサスペンス映画の中に、そういった社会問題を織り込んでくる韓国映画の上手さも感じる作品だった。



女は冷たい嘘をつく3



働くシングルマザーが子育てをする難しさ


主人公のジソン(オム・ジウォン)は、シングルマザーである。

元夫と親権を巡って調停中であり、娘のタウンを手放したくないジソンは朝から深夜まで必死に働いている。

そのため、まだ小さいタウンの世話は、住み込みのベビーシッターであるハンメ(コン・ヒョジン)に世話を任せている。



ところが、収入が少ないジソンは給料の大半をシッター代に費やしてしまう。

それが、医師である元夫にとって有利な材料となってしまい、結局、親権を奪われかねない状況になってしまっていた。



そんな風に、収入が少ないジソンにとっては、悪循環の生活が続いていたのだ。

その矢先に起きたタウンとハンメの失踪事件で、ジソンはすぐに疑われてしまう。



元夫と義母が、その「失踪」はタウンを奪われたくないジソンによる自作自演だと言い張った。

同じ女性として思うのは、なぜ、ジソンが寝る間もなく仕事をして、給料の大半をシッターに渡し、それでも親権を奪われるような状況になってしまうのかということ。



保育園に預けることはできないのか。

それとも、夜遅くまで預かってくれる保育園はないのか。

これは、まさに日本でも度々問題になる話である。



ということは、韓国でも日本と同じように保育園に預けようとすると、抽選で入れないことがあったりするのだろうか。

彼女が必死になっているのに、警察も元夫とその母も、彼女の味方であるはずの弁護士までもが、誰も彼女に同情の欠片も見せないのはどういうことなんだろうか。



落ち着いて考えれば、ジソンがタウンのために、毎日必死になっていることぐらいわかるはずだ。

男性たちのあまりにも冷め切った態度を、私はややイラつきながら観てしまった。



女は冷たい嘘をつく4



貧しいDV一家へ嫁に来た中国人女性 ハンメの悲しすぎる人生


そして、タウンを連れ去ったハンメ。

彼女は中国から嫁として連れてこられた女性だった。



彼女が嫁いだ家は、とても貧しい家庭で、夫も義母も彼女に無関心で暴力を振るう。

しかし、ハンメに子供ができた途端その暴力が収まる。



母親は韓国語が話せた方が良いからと、韓国語学校にも通わせてくれた。

しかし、娘が生まれてしばらくすると、その娘に肝機能障害があることが分かる。

すると、再び夫と義母は彼女と娘への関心を失くしてしまう。



もうこの辺から、ハンメの人生は涙なくしては見られない。

ハンメは娘を助けるために、身体を売るようになるが、それでも入院費用を賄えない。

さらに、中国人であるハンメには入院許可を出すことができず、夫の承認が必要だという。



結局、ハンメは臓器まで売るが、支払いに間に合わず、娘に治療が必要なのに、病院を追い出されてしまう。

その時、ハンメ母子を病院から追い出したのが、ジソンとその夫だったのだ。



この時の病院の非情な対応には、思わず唖然としてしまった。

肝機能障害の子供がいるのに、ベットが足りないから、入院費が払えないから追い出せと平気で言える神経。

この時、ジソンの夫がハンメの娘を助けていたら、タウンは連れ去られることもなかったかもしれないのに。



ハンメがジソンとその夫に恨みを抱くのも分かるような気がしてしまう。

ハンメのとった行動は決して良いことではないけれど、彼女も被害者であり、同情する余地は十分にある。

むしろ、タウンを殺すどころか、愛情をいっぱいかけて世話したところにハンメの素の良さがにじみ出ている。



また、このハンメを中国人の女優ではなく、あえて韓国人でしかも人気の女優コン・ヒョジンに演じさせたところに、ハンメを同情的に描こうとした意図が見えるように思う。

ハンメは悪くない。

彼女を追い込んだ社会に問題がある。



女は冷たい嘘をつく5



シングルマザーや貧しい人たちは子供を育ててはいけないのか


ジソンにしても、ハンメにしても思うのは、

この状況でどうやって子供を育てろというのか」だ



日本と韓国の出生率は世界でも最低レベルだ。

この映画を観ても分かる通り、育てる環境が厳しいと子供を増やすことも難しい。



どう考えても、ジソンはお金持ちと再婚でもしない限り2人目を持つことはとても考えられないし、ハンメは、貧しいから、治療費を払えないからという理由で、我が子の救える命を落としてしまった。

日本では最近、シッターが普及してきたものの、まだまだ敷居が高いイメージがある。



では、例えばジソンのような人が日本でタウンを育てようと思ったら、どうすれば良いのか。

昼間は保育園に預け、仕事が終わったら迎えに行く。

しかし、ジソンのように引き続き自宅でも仕事をしているような人は、自宅で誰がタウンの面倒を見てくれるのか。



家に帰ってからシッターを呼ぶとなると、保育園代に加えてシッター代もかかってしまう。

そう考えると、日本でも、韓国でも、仕事を抱えた女性が子供を育てるのがとても難しいという状況が見えてくる。



日本でハンメのような女性がいた場合、もしもハンメが国民健康保険に入っていなかったら、娘は治療してもらえるのか。

そうやって考えただけでも、子を持つ女性たち(特にシングルマザーや貧しい人たち)が置かれた環境はとても過酷である。

そこに「出生率を上げる」ことの難しさを強く感じる映画だった。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「女は冷たい嘘をつく」(字幕版)

女は冷たい嘘をつく(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/3/22 00:21時点)



DVDで観る:「女は冷たい嘘をつく」

女は冷たい嘘をつく [DVD]

新品価格
¥3,529から
(2019/3/22 00:22時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
韓国映画 に参加中!
韓国映画 ソン・ヘソン監督「ブーメランファミリー」。どうしようもない3兄弟とお母さんのお話。WOWOWで放映しているのを見た

面白かったなぁ

ゲラゲラ笑ってしまうところもあれば、ちょっとグッときてしまうところもあり、見終われば笑顔で帰りたくなる家族っていいなぁとほんわかした気持ちになる映画だった。

「ブーメランファミリー」予告編 動画




あらすじ


落ちぶれた映画監督の次男・インモ(パク・ヘイル『ウンギョ 青い蜜』)は、離婚寸前の別居中。下宿先を追い出され、実家へ転がり込むことに

実家では、刑務所帰りの長男・ハンモ(ユン・ジェムン『オクジャ okja』『私は公務員だ』)が母(ユン・ヨジョン)と二人で暮らしており、インモが実家で暮らすことに反発、兄弟げんかが勃発

さらに、末っ子の長女ミヨン(コン・ヒョジン)が夫に殴られ離婚して、娘のミギョン(チン・ジヒ)と一緒に実家へ帰ってきた!

3人兄弟が全員、出戻りで一緒に暮らすことになり、兄弟たちは毎日ケンカが絶えない中、母は毎日、子供たちのために食事をつくるのだった・・・


ブーメランファミリー

感想(ネタバレあり) 家族が戻ってくるのは居心地が良い証拠


「ブーメランファミリー」という題名通り、描かれているのは、戻ってきた家族たち

まず!第一に!一旦出ていった家族は、居心地が良くなければ戻ってこない

ここがすごく大事

なぜならば、彼らは戻ってきた早々、ケンカばかりしてる。

見ているこっちは、「そんなにケンカするなら、出ていけばいいじゃないか」と思う

でも、そうじゃない。

彼らにとっては、そんな『ケンカする毎日も、居心地の良い日常』で、とことんやり合うことで理解し合う家族なんだよね

そこが、この家族の面白いところ


ブーメランファミリー2


兄弟同士ケンカもするけど、兄弟に売られたケンカは倍返し!


それを象徴するシーンがある

映画の中盤、お母さんが突然「旅行に行きたい」と言い出して、海まで家族でドライブに行ったその帰り、みんなで外食をしている時

日頃から、兄たちに不満が溜まっていた長女のミヨンが大きな声で兄たちへの不満を言い始める

もちろん、そこでケンカが始まるわけだけど、それを隣りのテーブルから「楽しく食事しようよ」と、注意され、それにカチンときたミヨンが、今度は隣のテーブルとケンカ勃発

そうすると、今度は、さっきまでミヨンとケンカしてた兄たちが「俺のかわいいミヨンを殴ったな!」と、ミヨンに加勢(笑)

そう。彼らは、他人からすればケンカばかりしてる仲の悪い兄弟

でも、実際には、そうるすことで互いに分かり合ってる仲の良い兄弟なんだよね

それを分かっているうえで、時々合いの手を入れる母、大人たちの事情がウザい姪っ子ミギョン、そんな家族たちとどう付き合っていけばいいのか分からないミヨンの彼氏の姿の描き方も面白い

ブーメランファミリー3

何があっても、一緒に暮らしてきた家族だから


そんなに分かり合っている家族だけれども、互いに知らない秘密も隠し持っている

後半では、そんな秘密の暴露がいろいろと連鎖反応的に出てくるんだけれども、どんなことが起きても、常に冷静で、自分の姿勢は崩さない母が良い!

お母さんとは、なんて素晴らしい生き物なんだと思うと、本当に泣けてくる

「一つの同じ屋根の下で、一緒にご飯を食べて、一緒に笑って、一緒に泣く。それが家族なんだよ」

とは、母のセリフ

「いやーーーー。お母さーーーーーん。・゚・(ノД`)」

と思って、グッときた

例え、血がつながっていなかったとしても、長い間、同じ屋根の下で、一緒にご飯を食べて暮らした人は、みんな家族だよ

そこまで言い切れるのに、長ーーーい時間がかかっているし、容易なことではない。

でも、全てをジ――――ッと見てきたお母さんだからこそ、言えるそのセリフ

いろいろあって、でも最後の最後、心に残るのは、母の笑顔

笑顔で帰りたくなる家族っていいよね

↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブーメランファミリー [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2015/8/6 12:17時点)











 ↓ 「ブーメランファミリー」も放映している WOWOW_新規申込




 ↓ 【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】


 ↓ 古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハ・ジョンウと、コン・ヒョジンの映画「ラブ・フィクション」をWOWOWで見た

んーーー。もっと軽くて楽しいラブコメを期待してたんだよねーーー

でも、ちょっと期待と違ってたねーー(ーー;)

「ラブ・フィクション」予告編 動画

(原題:러브픽션)


◆「ラブ・フィクション」DVD

ラブ・フィクション [DVD]

新品価格
¥3,294から
(2015/9/1 15:35時点)




感想(ネタバレあり)妄想が溢れ出る世界についていけず・・・


ハ・ジョンウが売れない小説家。コン・ヒョジンは海外映画のバイヤー

ハ・ジョンウが、コン・ヒョジンに一目ぼれして、めくるめく妄想と現実の入り混じる世界へ・・・

このハ・ジョンウの見る、妄想の世界になんかついていけなくて・・・

無くてもいいじゃんと思ったり・・・

そしたら、この映画は成り立たないし・・・

それに加えて、コン・ヒョジンが演じる役に魅力を感じることが無くて・・・

どこに惚れたんだろう・・・と思いつつ

結局、ついていけないまま映画は終了・・・

ラブ・フィクション

ハ・ジョンウの狂気の演技が好きで期待してしまった・・・


久しぶりのハ・ジョンウにちょっと期待しすぎちゃったんだろうな。きっと

この人だったら、きっとやってくれる・・・みたいな・・・

しかし、コン・ヒョジンはモテモテさんですねぇ

本当に、テレビでも映画でもよく見る女優さん

それに、相変わらずスタイルが良い

何着ても似合っちゃうのは、さすがです

が、特におススメしない映画です(^^;

↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



◆「ラブ・フィクション」DVD

ラブ・フィクション [DVD]

新品価格
¥3,294から
(2015/9/1 15:35時点)



◆「ラブ・フィクション」サウンドトラック

ラブフィクション 韓国映画OST(韓国盤)

新品価格
¥1,305から
(2015/9/1 15:41時点)



↓「ラブ・フィクション」も放映している WOWOW_新規申込 はこちらから


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック