とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ショーン・ペン



スーザン・サランドン主演の映画「デッドマン・ウォーキング」をWOWOWで観た。

死刑囚とシスターの交流を通して、アメリカの死刑制度のあり方を問う。


満足度 評価】:★★★☆☆

キリスト教の世界では、どんなに酷い極悪人でも、告解すれば神様は赦してくれるのかもしれないが、レイプされ、殺されてしまった少女本人のことを思うと、そんなに簡単に許せない。

だから、私は軽々と「死刑は廃止すべき」なんてことは言えない。

そこの考え方の違いがあって、最初から最後まで入り込めない映画で、評価も辛めになってしまった。


「デッドマン・ウォーキング」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:DEAD MAN WALKING)




「デッドマン・ウォーキング」Blu-ray

デッドマン・ウォーキング [Blu-ray]

新品価格
¥927から
(2017/2/28 23:45時点)



キャスト&スタッフ


出演者

スーザン・サランドン
…(「ムーンライト・マイル」、「タミー/Tammy」、「ニューヨーク、愛を探して」など)

ショーン・ペン
…(「ザ・インタープリター」、「LIFE!」、「I am Sam アイ・アム・サム」、「ミスティック・リバー」など)

〇ジャック・ブラック
…(「ハイスクール・ロック」など)

ピーター・サースガード
…(「マグニフィセント・セブン」、「完全なるチェックメイト」、「ブルージャスミン」、「ブラック・スキャンダル」など)

監督・脚本

ティム・ロビンス
…(「ロープ 戦場の生命線」など)



1995年製作 アメリカ映画

第68回アカデミー賞(1995年)主演女優賞受賞(スーザン・サランドン)


デッドマン・ウォーキング


あらすじ


ニューオーリンズの「希望の家」で黒人貧困層の子どたちの世話をしているシスター・ヘレン(スーザン・サランドン)の元に、一通の手紙が届く。

それは、ティーンエイジャーのカップルを襲撃し、少女をレイプした上、二人とも殺害した罪で死刑判決を受けた囚人マシュー(ショーン・ペン)からのものだった。

そこには、彼の貧しい生い立ちや、共犯の相棒が無期懲役なのに、自分は死刑を言い渡されたという内容が書かれていた。

その手紙を読んだヘレンはマシューに面会し、彼を人権派の弁護士に紹介するのだが…。


デッドマン・ウォーキング2


感想(ネタバレあり)


昔は私も死刑反対だった…


これは「死刑」についての物語。

私も若い頃は、今よりももっと心が広かった(笑)

「死刑制度」には反対で、今後の犯罪を減らすためにも極悪人の生い立ちとか、精神状態の分析などをして、今後の犯罪防止に役立てたら良いんじゃないかと思っていた。

そんな極悪人にも更生の道を作ることが必要だし、それこそが、世の中を良い方向へ導く方法だと考えていた。

それに、刑務所で長年生きていることよりも、死んだ方が楽なような気がしていた。

しかし、歳をとるにつれ、「何回殺しても気が済まない極悪人」っていうのが世の中にはいて、そんな奴が無期懲役なんて判決を受けたら、30年後ぐらいには塀の外に戻ってくるかもしれないと思ったら、そんなの絶対に許せないと思うようになった。

人は歳をとった分だけ寛容になるのかと思ったら、そうでもない。

歳を重ねた今となっては、軽々しく「死刑反対」なんて言えず、むしろ、極悪人は死刑にしてしまえと思うようになった。

そんな私が、この映画を観たんだから気が合うはずがない。


デッドマン・ウォーキング3

告解をすれば神は赦してくれると問いかけるシスター


主人公はシスターである。

だから、キリスト教の教えが全てで、そこが正しいというところから物語はスタートしている。

まず私にはキリスト教の信仰そのものがないので、考え方が食い違ってしまったようだった。

キリスト教では、どんな極悪人でも告解をすれば赦してくれるという。

シスターはマシューに告解の機会を与えるため、裁判で上告できるよう人権派の弁護士に働きかける。

しかし、「新しい証拠」を提示できないマシューは上告のチャンスが与えられない。

結局、死刑は一週間後と決定してしまう。

シスターはそんなマシューに毎日会い、彼と話をしているうちに心が打ち解け、親しい間柄へと進展していく。

そこでシスターは、死刑が執行されるまでに何があったのか全て打ち明ければ、神は赦してくれるとマシューに語りかける。


デッドマン・ウォーキング5

おとなしくて優しすぎる被害者の家族


この映画がフェアだなと思うのは、そのシスターからの一方的な視点だけではなく、被害者の家族の話もキチンとだしているところ。

殺されてしまった二人のティーンエイジャーの両親。

彼らがどれだけ辛い思いをしているのか描いている。

シスターも家族に対し「彼を赦してください」とは言わない。

しかし、私は、ここに出てきた両親たちは、まだ優しい方なんじゃないかと思った。

本当は彼らはマシューのことなんか「殺したい」ぐらいに思っているんじゃないかと考えていた。

マシューと親しくしているシスターと会話をするだけでも、心が広いなと思ったぐらいだ。

もっと酷くののしったり、半狂乱になったりしてもおかしくない。

被害者の両親にしては、あまりも品行方正で正しく、でき過ぎていると感じた。


デッドマン・ウォーキング4

神は赦しても私は許さない


そうやって、被害者の家族の現状を見せた上で、最後にマシューの家族を登場させる。

明らかに被害者の家族とは社会的な地位が違い過ぎるマシューの家族。

それなのに、弟たちが3人もいて生活が大変そうな上、母親は泣いてばかり。

しかし、それではいかにも、「貧しさがモンスターを作った」と言わんばかり。

そうやってマシューが家族と過ごすところを見せることで、加害者であるマシューも家族のいる一人の人間だと観客に認識させる。

そして、そんなマシューの人生を人間が勝手に終わらせていいのかと問いかける。

人間は神でもないのに。

でも、結局のところ、マシューは女の子をレイプして殺していたのが本当で、それをやっていないと嘘を言い続けていたわけで。

そんな人間を減らすための見せしめとして死刑があっても良いんじゃないかと私は思ってしまう。

どうしても死刑を廃止するっていうなら、懲役1000年とか作って欲しいよ。

本当に一生外に出てこられないように。

キリスト教では神が許してくれるかもしれないが、私は許さない。

何を言おうが、口で何を反省しようが、2人の未来あるティーンエイジャーの命を奪った極悪非道な悪人に変わりはない。

この映画に登場するシスターもマシューも言いたいことは分かるんだけど、私としては、彼らの言っていることがあまりにもステレオタイプで、品行方正の常識人過ぎて、なんとも気分が乗らなかった。

悪い人間はもっと姑息だし、恨みを持つ人間はもっと恐ろしいものだと思う。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
新作映画の話題 に参加中!
ショーン・ペン主演の映画「THE GUNMAN(ザ・ガンマン)」の予告編を観た。

元特殊部隊の暗殺者(ショーン・ペン)が何者かに狙われる・・・というお話。

【観たい度】:★★★☆☆

観たいなぁと思うけど、ちょっと不安もあって、ちょっと少なめの【観たい度】

「THE GUNMAN(ザ・ガンマン)」予告編 動画

(原題:THE GUNMAN)





待ちきれない人は輸入版で!「The Gunman」DVD(リージョンコード1)(字幕:仏語、スペイン語)

GUNMAN

新品価格
¥3,200から
(2015/12/1 00:55時点)



ショーン・ペン初のアクション映画に期待値大だけど・・・


そもそも、この映画が公開されると知ったのは、ツイッターから


ショーン・ペンが初めてアクション映画に出演するとのことで、話題になっているらしい。

確かに。

アクション映画に出演しているイメージはない。

むしろ、今までチャンスはあっただろうに、なぜ出演して来なかったんでしょう・・・?

と思って、予告編を観てみたら、これはなかなか面白そうじゃないか!と思ったんだよね。

ところが、この映画を調べるので、ネットサーフィンをしていたら、アメリカの映画評サイトの「Rotten Tomato」のページにたどり着いてしまって。

このページのことは知っているけど、普段、ここを頼りにすることなんてなかったのに

Rotten Tomato「The Gunman」:16% 

・・・急に不安になった・・・(^^;

完全に腐ってるじゃないか・・・ (^^;

どうも、この役をやるには、ショーン・ペンは歳を取り過ぎたっていう感じの評価かな・・・ (^^;

thegunman

ショーン・ペン X ハビエル・バルデム X 「96時間」監督


主演は、ショーン・ペン(「ザ・インタープリター」「LIFE!」「I am Sam アイ・アム・サム」「ミスティック・リバー」)

元特殊部隊出身の暗殺者なんて、似合いそうで期待しちゃうよね。

まぁ、当たり前かもしれないけど、この作品のために肉体改造をして挑んだという。

共演は、ハビエル・バルデム(「ノーカントリー」「海を飛ぶ夢」「夜になるまえに」)

渋いところ持ってきたよねぇ

↓ ハビエル・バルデム
ハビエル・バルデム

私の中では、「ノーカントリー」の怖ーーいハビエル・バルデムしか印象に無い!(笑)

この「THE GUNMAN」では、ショーン・ペンの味方のように見えるけど、どうなんだろう??

そして、監督は「96時間」のピエール・モレル。

なるほど、ショーン・ペンはリーアム・ニーソン的なところを狙っているのか・・・!?

まぁまぁ、Rotten Tomato の散々な結果には、ちょっと腰が引けるけれども、日頃、あんまり他人の評価とか気にするタイプではないので、やっぱり観たいなぁと思う。

日本では、2016年2月6日公開予定。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



待ちきれない人は輸入版で!「The Gunman」DVD(リージョンコード1)(字幕:仏語、スペイン語)

GUNMAN

新品価格
¥3,200から
(2015/12/1 00:55時点)













このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
ニコール・キッドマン、ショーン・ペン主演、シドニー・ポラック監督の映画「ザ・インタープリター」を観た

国連本部を標的にしたテロが計画されていることを知ってしまった通訳と、その通訳を警護するシークレットサービスの話

満足度 評価】:★★★★☆

緊迫感や緊張感があり、お話も見ごたえがあって面白かったなぁ

これは10年ぐらい前の映画になってしまうけど、それにしても、ニコール・キッドマンは美しい人だった

「ザ・インタープリター」予告編 動画

(原題:THE INTERPRETER.




◆「ザ・インタープリター」DVD

ザ・インタープリター [DVD]

新品価格
¥405から
(2015/9/7 11:29時点)



パンフレットの販売をしています「ザ・インタープリター」





あらすじ


国連でアフリカの言葉の通訳として働くシルビア(ニコール・キッドマン)は、国連の通訳ブースにいる時に、現地の言葉でアフリカにある国マトボの大統領を暗殺する話を聞いてしまう

マトボではズワーニ大統領がすすめる民族浄化により、多くの国民が殺されており、国連ではその現状を知るために、大統領を招いて演説をしてもらう予定だ

しかし、その民族浄化によって家族を殺された者たちがテロリストとなり、大統領に危害を加えることが予想されていた

その話を上司に報告したシルビアは、シークレットサービスのケラー(ショーン・ペン)が警護につくことになったが、シルビアがシークレットサービスの目をくらますような行動をするようになり・・・

インタープリター

感想(ネタバレあり) 社会派サスペンスはハラハラドキドキしながら見るのが面白い


面白かったなぁ。この映画。

社会派やサスペンスの映画って、「誰が犯人か」っていう謎解きをしながら観る面白さと、「いつ、だれが殺されるか分からない」っていうドキドキ感があってこそ、面白いジャンルだよね

この映画「ザ・インタープリター」は、その両方を兼ね備えていて、最初から最後まで緊張感が解けず、ワクワクドキドキしながら見られて、非常に面白かった

インタープリター2

主人公シルビアは、敵なのかそれとも味方なのか・・・


この映画「ザ・インタープリター」では特に、主人公のシルビアが国連にとって、味方なのか敵なのかが分からないっていう曖昧さが面白かった

国連の会議場で大変なことを聞いてしまったから、なんとかしてくれとシークレットサービスに言ったクセに、自分は行方をくらまし、「私のことを監視しないで」と、シークレットサービスに苦情を言う

普通に考えれば、「助けてくれと言ったのはあんたでしょう」と怒り爆発になるところ(笑)

私も、そのシルビアの行動を観ていて、最初はちょっとイラついたりしてた

でも、もしも、自分がシルビアの立場になって、「家族を大量虐殺の末に殺された」側の人間だったら

そして、その復讐の機会が目の前にポロッと落ちてきたら、気が動転して、「何かせずにはいられない」状態になるんじゃないか

むしろ、暗殺されてしまえと思うんじゃないか

理性で考えれば、「やってはいけないこと」だけれど、人間には、怒りの感情が理性を超えてしまう時があるんじゃないかと思う

インタープリター3

「やってはいけない」という理性と、「絶対に許せない」という激情の狭間で・・・


そういう視点で、そのシルビアの「心情の揺らぎ」を追いながら、この映画を観ていた

その中でも、この映画「ザ・インタープリター」で一番印象に残ったのは、最後の最後にシルビアとズワーニが二人きりになった時のシーン

「何があっても絶対に殺してはいけない」と思いつつも、その反面、「こんなじいさんは殺しちゃってもいいんじゃないか」と、私の心の中で感情では訴えていた

きっとシルビアも同じ感情だったに違いない

心の中で激しく湧き起こる感情を、理性では制御しきれずに揺らいでしまう

その曖昧な部分が非常に面白く、緊迫感あるシーンで、真剣にズワーニを見つめ続けるニコール・キッドマンの表情が印象的なシーンだった

インタープリター6

スタッフ、キャスト全てが安心の組み合わせ


監督は、「愛と哀しみの果て」、「ハバナ」、「ザ・ファーム」の名監督シドニー・ポラック

残念ながら、これが最後の監督作品になってしまった

この映画には、本人が登場していて、ショーン・ペンの上司であり、シークレットサービスの一番偉い人を演じていたのが、シドニー・ポラック本人だった

そして、主演は「ある少年の告白」、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」「パーティで女の子に話しかけるには」「パディントン」「リピーテッド」「シークレット・アイズ」「ファング一家の奇想天外な秘密」のニコール・キッドマンと、「LIFE!」「アイ アム サム I am Sam」「THE GUNMAN(ザ・ガンマン)」のショーン・ペン

本当のことを言うと、このシルビア役は南アフリカ出身のシャーリーズ・セロンに演じて欲しいなぁと思いながら見ていたんだけど、最終的には、この賢くて美しい役がニコール・キッドマンにピッタリ合っていたと思う

 ↓ この写真の真ん中にいるのが、シドニー・ポラック監督
インタープリター4

ぜひ、観て欲しい・・・


毎日、美味しいご飯を食べて、ベッドでぐっすり寝ている日本人の私には、テロとか内戦なんて遠いところで起きていることのように感じてしまうけど、こうして映画を観ることで、少しでも、そういう立場の人たちの心情に触れるということが、とても大切なことなんだと、つくづく感じる映画だった

とても面白い映画だったので、機会があったら是非観て欲しい作品





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



◆「ザ・インタープリター」DVD

ザ・インタープリター [DVD]

新品価格
¥405から
(2015/9/7 11:29時点)

















↓ 古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


面白かった〜(≧∇≦)
この映画 LIFE!見て良かった〜

【満足度】:★★★★☆

「LIFE!」予告編 動画




「LIFE!/ライフ」DVD

LIFE!/ライフ [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2015/12/1 09:56時点)



感想(ネタバレあり)

うだつの上がらないサラリーマンのウォルターが、ある一枚の写真を求めて世界中を旅する話

ウォルターはいつも妄想の世界で暮らしていて、やりたいことがあっても行動できず、言いたいことも言えず、好きな人に告白もできない人生

それが、ある時、思い切って妄想を実行してみたら、素晴らしい人生が待っていた

life


この「勇気を持って、目の前にある扉を開きなさい」っていう、この映画のメッセージが素晴らしいと思った

何か新しいことを始めよう思う時、「うまくいかない理由」を考えて、やめてしまったり

言いたいことがあるのに、「後で傷つくこと」を想像してやめてしまったり

そんな経験、誰でもあると思うけど、この映画は、「恐怖を打ち破る素晴らしさ」を見せてくれる

やりたいことをやらない後悔、言いたいことを言わない後悔をしているうちに、人生が終わってしまう

まずは、やりたいことをやって、後から考えればいい。それが、人生だから

主人公のウォルターが、次から次へと冒険してる姿を見て、自分も冒険してるような気分になるんだよね〜

そして、映画のラスト。

彼が命をかけて探し求めた一枚の写真に感動

主演と、監督はベン・スティラー(「ナイト ミュージアム」シリーズ、「ミート・ザ・ペアレンツ」)

ホントに素敵な映画をありがとう

明日からがんばれる勇気をもらいました


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「LIFE!/ライフ」DVD

LIFE!/ライフ [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2015/12/1 09:56時点)









WOWOW_新規申込 はこちらから





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック