とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ジェイコブ・トレンブレイ



ボイド・ホルブルック主演の人気SFシリーズ最新作「ザ・プレデター」を映画館で観た。

宇宙のハンター「プレデター」と人間との戦いを描く。



満足度 評価】:★★★★☆

楽しかった!

ツッコミどころ満載で、B級SFアクション映画の王道!の面白さ!

動きが読めないプレデターの面白さはそのままに、これまでとは違う、新しい一面を見せてくれたのも楽しかった!

何も考えたくない時に観たい作品。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『ザ・プレデター』予告編 動画

(原題:The Predator)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年9月14日 映画館にて鑑賞。

・2018年10月1日 感想を掲載。

・2019年6月22日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。詳しい作品情報につきましては、下記、公式サイトをご参照ください。
 ↓


見逃しちゃった!でも大丈夫!映画「ザ・プレデター」は、現在U-NEXT で配信中


ネット配信で観る:「ザ・プレデター」(字幕版)

ザ・プレデター (字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/6/22 00:30時点)



DVDで観る:「ザ・プレデター」

ザ・プレデター [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/6/22 00:32時点)



ノベライズ「ザ・プレデター」

ザ・プレデター (竹書房文庫)

新品価格
¥886から
(2018/10/1 15:07時点)



【映画パンフレット】「ザ・プレデター」

【映画パンフレット】ザ・プレデター

新品価格
¥1,200から
(2018/10/1 15:08時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ボイド・ホルブルック
…(「LOGAN/ローガン」、ドラマシリーズ「ナルコス」など)


〇オリヴィア・マン

〇トーマス・ジェーン

〇キーガン=マイケル・キー


〇スターリング・K・ブラウン


監督

シェーン・ブラック
…(「ナイスガイズ!」など)


2018年製作 アメリカ映画



映画「ザ・プレデター」



あらすじ

元特殊部隊員のマッケンナ(ボイド・ホルブルック)は、麻薬カルテルとの戦いで入ったジャングルにいた際、墜落してきた宇宙船と、プレデターの姿を見る。

その時、プレデターは追ってきた政府に拘束され、マッケンナはプレデターの所有物を拾い、翌日、自宅に送り届ける。

マッケンナの自宅では、彼の息子で秀才の小学生ローリー(ジェイコブ・トレンブレイ)が、それを「パパからのプレゼント」だと勘違いし、荷物を開けてしまう。

ところが、それは、プレデターをおびき寄せる発信機になっていて…。



映画「ザ・プレデター」ボイド・ホルブルック、ジェイコブ・トレンプレイ



感想(ネタばれあり)


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


ザ・プレデター (2018)


★★★★ [80点] 「B級SFアクションど真ん中で楽しい!」


ツッコミどころ満載で「B級SFアクション映画の王道」みたいな作品だったけど、楽しかったなぁ。

地球に、あのプレデターが再びやってくる。

あの得体の知れない怪力プレデターが暴れまわる。

それだけでも十分楽しいんだけど、今回は、進化系とか、動物系とか、数種類登場して楽しませてくれる



それに対するマッケンナ(ボイド・ホルブルック)は、米軍イチのスナイパー。

彼のゲーム好きな彼の息子(ジェイコブ・トレンブレイ)がプレデターと交信しちゃって、さぁ大変!

パパは息子を救うことができるのか!?



プレデターの動きが予測不可能で、どこから出てくるかわからないし、すごく動きが早くて、かなり容赦ないところが良い!

王者の貫禄たっぷりで、あのドレッドヘアも相変わらず(笑)

力は強いけど、ちょっと頭が弱い感じもまた良い!(笑)



アクションの合間のドラマパートはジョークいっぱいで笑えるし、ジェイコブくんは相変わらずピュア度高めで抱きしめたくなる(笑)

ボイド・ホルブルックは「LOGAN/ローガン」よりも見せ場多めでカッコいい!

歴代プレデターにありがちなマッチョなヒーローではなく、ちょっとイカれてるけど、息子想いのスマートなパパっていう立ち位置も良い!



見始めてから

うぁぁぁぁぁ

うぉぉぉぉぉ

ぐわぁぁぁぁ

えぇぇぇぇぇ

と思っている間に終わってしまう107分!(笑)



頭の中が、グチャグチャしてるときは、こういうB級アクションでスッキリしたい!!

ぜひ、脳の柔軟体操にお使いください(笑)

プレデターさんが、凝り固まった脳みそをブチ抜いてくれると思うよ



続編はあるのかなぁ~?

ヒットすればあるだろうね~



Posted by pharmacy_toe on 2018/09/16 with ぴあ映画生活


見逃しちゃった!でも大丈夫!映画「ザ・プレデター」は、現在U-NEXT で配信中





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村







ネット配信で観る:「ザ・プレデター」(字幕版)

ザ・プレデター (字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/6/22 00:30時点)



DVDで観る:「ザ・プレデター」

ザ・プレデター [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/6/22 00:32時点)



ノベライズ「ザ・プレデター」

ザ・プレデター (竹書房文庫)

新品価格
¥886から
(2018/10/1 15:07時点)



【映画パンフレット】「ザ・プレデター」

【映画パンフレット】ザ・プレデター

新品価格
¥1,200から
(2018/10/1 15:08時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジュリア・ロバーツジェイコブ・トレンブレイ共演の映画「ワンダー 君は太陽」を映画館で観た。

他の子と違う顔を持って生まれた少年オギーが学校に通い始めることで様々な困難を乗り越える姿を描く。

ベストセラー児童文学の映画化。



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

先天性の障害を持ち、他の子と違う顔を持つオギー。

周りの子たちは初めは残酷な態度をとるが、やがて彼の素晴らしさを知る。

ただし、一人の悪を排除したところで問題は解決しない。

悪とどう共存して生きていくかを学ぶのも教育なのだと思った。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ワンダー 君は太陽」予告編 動画

(原題: Wonder)




更新履歴・公開情報


・2018年6月15日 映画館で鑑賞。

・2018年7月13日 感想を掲載。

・2019年5月26日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。作品の詳細につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓ 


ネット配信で観る:「ワンダー 君は太陽」(字幕版)

ワンダー 君は太陽(字幕版)

新品価格
¥299から
(2019/5/26 16:01時点)



DVDで観る:「ワンダー 君は太陽」

ワンダー 君は太陽 [Blu-ray]

新品価格
¥3,879から
(2019/5/26 16:00時点)



原作本:「ワンダー Wonder」

ワンダー Wonder

新品価格
¥2,437から
(2018/7/13 11:42時点)



原作続編:「もうひとつのワンダー」

もうひとつのワンダー

新品価格
¥2,598から
(2018/7/13 11:43時点)



「365日のWonder ブラウン先生の格言ノート」

365日のWonder ブラウン先生の格言ノート

新品価格
¥1,944から
(2018/7/13 11:45時点)



「みんな、ワンダー」

みんな、ワンダー

新品価格
¥1,296から
(2018/7/13 11:45時点)





キャスト&スタッフ


出演者


…(「ザ・プレデター」、「ルーム」など)


〇マンディ・パティンキン

〇ダヴィード・ディグス

〇イザベラ・ヴィドヴィッチ

〇ダニエル・ローズ・ラッセル

〇ナジ・ジーター


〇ミリー・デイビス

〇ブライス・ゲイサー

〇エル・マッキノン


監督

〇スティーヴン・チョボスキー


2017年製作 アメリカ映画



映画「ワンダー 君は太陽」



あらすじ


先天性の障害により、他の子とは違う顔を持って生まれたオギー(ジェイコブ・トレンブレイ)。

小学生のなった頃は、母 イザベル(ジュリア・ロバーツ)が自宅で教育していたが、オギーが中学生になる歳になり、イザベルと、父 ネート(オーウェン・ウィルソン)はオギーを他の子と一緒に学校に通わせるという決断をする。

オギーが入学してきたことで、周りの子たちは初めは残酷な態度を見せるが、やがてオギー本人に興味を持ち始める。

しかし、当たり前のようにオギーをいじめる子供たちもいて…。



映画「ワンダー 君は太陽」ジェイコブ・トレンブレイ、ジュリア・ロバーツ



感想


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものを紹介します。



ワンダー 君は太陽 (2017)

★★★☆ [70点] 「勇敢なオギーの姿には泣けたけれど…」

泣いたわー

予想通り泣いたー



生まれつきの障害により、他の子とは違う顔を持つ少年オギーは、これまで自宅学習をしていたが、ミドルスクールからは、他の子たちと同じように学校に通い始める。

しかし、同級生たちは、オギーを化け物扱いし…。



原作が児童小説だけに、子供の心に寄り添った物語になっている

見たものをそのまま感じる子供たちは、オギーを化け物扱いするし、当然のようにイジメにも遭うし、友達の裏切りも経験する。



けれど、初めはオギーの見た目に慣れなかった子供たちも、やがて幼いなりに「見た目よりも中身」であることを学んでいく

私には子供はいないけれど、すっかり親の目線でオギーのことを見ていて、オギーのような子供がいたら、いてもたってもいられないだろうと思った。



それでも、ジュリア・ロバーツ演じるお母さんは、「かわいい子には旅をさせよ」のような気持ちで、誰よりも優しく賢い息子の背中を押して学校に通わせたし、その苦渋の選択は正解だったと思う。

オギーが学校へ通うようになって、オギーだけでなく、クラスメイトたちも、一年でオギーからたくさんのことを学んだからだ。



ただし、これはファンタジーだと思ってしまうほどに、全てがうまくいきすぎだし、ここに真実はない

いくら小学生だといっても悪魔のような子はいるし、そういう子を排除すれば問題が解決するわけでもない



オギーは、これから社会へ出ていくにあたり、いかにそんな悪魔と共存して生きて行けばいいのかを学ぶことが、本当の教育だと思う

周りの子たちが100%改心するなんてことは、ただの理想郷であり、臭い物に蓋をしてやり過ごすのでは、いつまでも免疫ができない。



そうではなく、本当の社会の汚さを知ることも、生きていく上で大切なスキルなのだと思う。

さんざん泣いておいて、こんなことを言うのもなんだけど、その辺に児童小説ならではの物足りなさを感じてしまった。

イジメの根っこはもっと深く広く張り巡らされたものだと思う



ただ、どんな時も負けないオギーの強さは素晴らしかったと思う


Posted by pharmacy_toe on 2018/06/18 with ぴあ映画生活




Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ワンダー 君は太陽」(字幕版)

ワンダー 君は太陽(字幕版)

新品価格
¥299から
(2019/5/26 16:01時点)



DVDで観る:「ワンダー 君は太陽」

ワンダー 君は太陽 [Blu-ray]

新品価格
¥3,879から
(2019/5/26 16:00時点)



原作本:「ワンダー Wonder」

ワンダー Wonder

新品価格
¥2,437から
(2018/7/13 11:42時点)



原作続編:「もうひとつのワンダー」

もうひとつのワンダー

新品価格
¥2,598から
(2018/7/13 11:43時点)



「365日のWonder ブラウン先生の格言ノート」

365日のWonder ブラウン先生の格言ノート

新品価格
¥1,944から
(2018/7/13 11:45時点)



「みんな、ワンダー」

みんな、ワンダー

新品価格
¥1,296から
(2018/7/13 11:45時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブリー・ラーソンがアカデミー賞主演女優賞を受賞した映画「ルーム」を観た。

7年間、納屋の「ルーム」に監禁されていた女性と、その間に彼女が産んだ5歳の子供が、ルームから脱出し、新しい生活を始める姿を描く。

満足度 評価】:★★★★★

始まってから15分後ぐらいに泣き始め、ほとんど最後まで泣きながら観ていた。

この映画をたくさんの人が観て、ジョイのような女性が、この世界からいなくなることを願っての★5つ。

人生の一番楽しい時期に監禁という地獄のような生活を過ごしたジョイ。

彼女のこれからの人生が素晴らしく輝かしいものでありますようにと願う。

「ルーム」予告編 動画

(原題:Room)




「ルーム」DVD

ルーム [DVD]

新品価格
¥2,727から
(2017/3/1 23:31時点)



原作本「部屋」(上)

部屋 上・インサイド (講談社文庫)

新品価格
¥961から
(2016/4/14 00:41時点)



原作本「部屋」(下)

部屋 下・アウトサイド (講談社文庫)

新品価格
¥961から
(2016/4/14 00:42時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ブリー・ラーソン
…(「キャプテン・マーベル」、「フリー・ファイヤー」、「ショート・ターム」、「ギャンブラー/熱い賭け」など)


ジョーン・アレン
…(「ボーン・スプレマシー」、「フェイス/オフ」、「ボビー・フィッシャーを探して」など)

ウィリアム・H・メイシー
…(「君が生きた証」、「シー・ビスケット」、「エアフォース・ワン」、「ボビー・フィッシャーを探して」など)

〇ショーン・ブリジャース

〇トム・マカムス

監督

レニー・アブラハムソン
…(「FRANK-フランク-」、「リチャードの秘密」など)

2015年製作 アイルランド、カナダ合作映画

room

あらすじ


ジョイ(ブリー・ラーソン)は見知らぬ男に誘拐され、納屋「ルーム」に監禁されてから7年。

2年経った頃に生まれた息子ジャック(ジェイコブ・トンプレイ)は5歳の誕生日を迎えたばかり。

どんどん大きくなり、世界を知らないジャックの成長を見ながら、ジョイはルームから脱出することを決意する。

そして、ジャックに「死んだふり」をして、この部屋から出る方法を教える…。


ルーム4

感想(ネタバレあり)


ドキュメンタリーのような生々しさのある監禁生活

男が少女を誘拐し、監禁するという映画はそんなに珍しくない。

例えば、「羊たちの沈黙」のようなサスペンス映画だったら、よくある話だ。

この映画は、それらの「よくある監禁もの」とは明らかに違う。

まるで、ドキュメンタリー映画でも観ているかのような生々しさがある。

薄暗く、いかにも不衛生な監禁部屋。

毎晩、性的欲求を満たすためだけにやってくる「オールド・ニック」。

そして、妊娠してしまったジョイと、憎むべき男との間に生まれてしまった息子ジャック。

その全てが異常に生々しい。

これは誘拐した男の変態性を問うサスペンスではなく、7年間監禁されたとこで、普通の人生を歩めなくなってしまった女性の心理状態にスポットをあてた人間ドラマである。

ジャックと共に「ルーム」で暮らしていた時は、ジャックのために常に気を張って生きていたジョイ。

しかし、「ルーム」を脱出してからは、その緊張の糸が緩んだのか、心が壊れてしまう。

そんな彼女を観ているのが、とても痛々しい映画だった。


ルーム6

ジャックはジョイを助ける救いの天使


そんな彼女をいつも救ったのは、5歳になる息子のジャックだった。

ジャックは本当に神様がジョイに送った贈り物のように、純真で心優しい男の子。

「死んだふり」ごっこでオールド・ニックの車から逃げて母を救い、解放されてから自殺未遂をした母を救い、入院中の母に力を届ける。

そんな健気なジャックの姿にジョイは常に助けられ、観ているこちらも泣けてきてしまう。

そのジャックに対する、ジョイの両親の態度の違いがとても印象的だった。

ジョイの母(ばぁば)はジャックと出会った時から孫として受け入れ、ジャックもすぐに仲良くなった。

しかし、ジョイの父(じぃじ)は違う。

決してジャックとは目を合わせようとしない。

ジャックの姿にオールド・ニックを重ね合わせるんだろう。

その辺の男女の感覚の違いがこれまたリアルで、生なましかった。

それに比べてばぁばのボーイフレンドのレオはとてもオープンな上、さりげない気遣いもできる大人の男性という感じがして良かった。

じぃじはジャックのことが愛せないというわけではなく、ジョイのことを愛し過ぎていた。

だから、どうしても許せなかったんだ。

でも、だからこそじぃじジョイのために愛してあげてよ。


ルーム3

なぜ、この男はこんなことをするんだろう


このオールド・ニックという監禁男は、観ているだけで気持ち悪かったし、今すぐスクリーンの中に手を伸ばして首を絞めてやりたいと思いながら観ていた。

この男、何が腹が立つって、一番腹が立つのは、勝手にジョイを誘拐してきて、監禁しているくせに

「無職で金もないのに、面倒見てやっているんだ。感謝しろ」だって。

なんなんだよーーーー。だったら、今すぐ解放してくれよ!!!!

もう、本当に気持ち悪いから死んでくれと思っていた

それでも、ジョイは、あの男を殺せないと言う。

なぜなら、「オールド・ニックが死んでしまったら、一生ここから出られないと思って怖かった」

そんな理由でジョイは、地獄のような毎日を送らなければならないなんて、本当に心が痛くなる。

ルーム

出演者はオスカー女優のブリー・ラーソン、監督はレニー・アブラハムソン


主演のジョイを演じているのは、ブリー・ラーソン

この映画の演技で、アカデミー賞主演女優賞を受賞している。

ブリー・ラーソンの鬼気迫る演技がなければ、この映画は成立しなかっただろうと思うぐらいに素晴らしい演技だった。

この映画で、彼女のことを知った人は、是非、「ショート・ターム」も観て欲しい。

「ルーム」のブリー・ラーソンに匹敵する彼女の演技を観ることができる。

他の出演作に「ギャンブラー/熱い賭け

ルーム2


監督はレニー・アブラハムソン

前回の監督作品は「FRANK-フランク-

ちょっとなるほどなぁと思った。

FRANK-フランク-」は、自分を「かぶりもの」という世界に閉じ込め、そこから自分を解放するフランクの話だった。

この世の中では生きづらい人たちの、世界に踏み出す初めの一歩を応援しているところが、二つの作品に共通している。

興味がある人は、観てみて欲しいおススメの作品。

他の監督作品に、「リチャードの秘密」など

ルーム5

これからは「声をかけられたら疑え」という悲しい世界に


日本でも、この「ルーム」のような事件がたまに起きる。

ジョイは、この映画の中で、「アイツの犬を助けてあげようと思って声をかけたら誘拐されてしまった」と言っている。

ということは、「困っている人は助けてあげましょう」という世の中ではないのかなと思うと、すごく悲しい。

この世から性善説はなくなり、「声をかけられたら疑え」という時代がやってくるような気がしてならない。

もう、既にそうなっているのかもしれないけど。

どうしたら、こんな悲しい出来事がなくなるんだろうと思い巡らせるけど、残念ながら、その考えに対する出口が見つからない…。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ルーム」DVD

ルーム [DVD]

新品価格
¥2,727から
(2017/3/1 23:31時点)



原作本「部屋」(上)

部屋 上・インサイド (講談社文庫)

新品価格
¥961から
(2016/4/14 00:41時点)



原作本「部屋」(下)

部屋 下・アウトサイド (講談社文庫)

新品価格
¥961から
(2016/4/14 00:42時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック