とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ジェイソン・べイトマン



サイモン・ペッグ、ニック・フロスト主演の映画「宇宙人ポール」をNHK BSプレミアムで観た。

SFオタクのイギリス人2人組が、憧れのアメリカSF旅行をしている最中に、本物の宇宙人と遭遇してしまうコメディ。


満足度 評価】:★★★★☆

非常に細かいところに、名作映画のパロディが散りばめられていて、それだけで満足しつつも、おかしな宇宙に爆笑したコメディだった。

最初から最後まで楽しかった。

「宇宙人ポール」予告編 動画

(原題:PAUL)




「宇宙人ポール」 Blu-ray

宇宙人ポール [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2017/2/10 11:42時点)



キャスト&スタッフ


出演者

サイモン・ペッグ(兼共同脚本)
…(「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」、「レディ・プレイヤー1」、「スター・トレック BEYOND」、「ミッション・インポッシブル」シリーズ、「しあわせはどこにある」、「ミラクル・ニール」、「マン・アップ!恋のロンドン狂騒曲」、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」、「スター・トレック」、「ショーン・オブ・ザ・デッド」など)

ニック・フロスト(兼共同脚本)
…(「パイレーツ・ロック」、「ショーン・オブ・ザ・デッド」など)

セス・ローゲン(声の出演)
…(「ネイバーズ」など)

ジェイソン・べイトマン
…(「ザ・ギフト」、「ズートピア」(声の出演)、「モンスター上司」、「ディス/コネクト」、「あなたを見送る7日間」、「ファング一家の奇想天外な秘密」など)

クリステン・ウィグ
…(「ゴーストバスターズ」、「オデッセイ」、「ローラーガールズ・ダイアリー」、「LIFE!」など)

シガニー・ウィーバー
…(「ギャラクシー・クエスト」、「エイリアン」など)

ブライス・ダナー
…(「ミート・ザ・ペアレンツ」、「マーダー・オブ・キャット」など)

監督

〇グレッグ・モットーラ

2010年製作 アメリカ映画

宇宙人ポール

あらすじ


イギリスから憧れのアメリカへやってきたグレアム(サイモン・ペッグ)とクライブ(ニック・フロスト)は、SFオタクの聖地コミコンを観た後に、エリア51を通ってロズウェルへ行くSF旅行の途中だった。

夜が暮れた頃、エリア51を差し掛かったところで、彼らの目の前で車が横転。

横転した車の様子を見に行ったところ、そこから出てきたのは、ポールと名乗る宇宙人だった!

宇宙人ポール2

感想(ネタバレあり)


イギリス人2人組が巡るアメリカ版オタクの聖地巡礼旅行


日本でオタクの祭典といったらコミケがあるように、アメリかにはコミコンがある。

正式名称はコミックコンベンション。

昨年12月には日本にも初上陸し、東京コミコン2016が開催された。

これまで、コミコンのオタクぶりはちょいちょい映画の中でも描かれてきた。

中でも私にとって「コミコン」と言ったら、「ギャラクシー・クエスト」。

SFテレビドラマ「ギャラクシー・クエスト」(「スター・トレック」のようなもの)の出演俳優たちがコミコンでサイン会を行っている中、宇宙人たちが助けを求めにきた。

ただのコスプレ集団だと思っていたら、本物の宇宙人だった!というコメディ映画。

こちらも面白い映画なので未見の方は是非。

この映画「宇宙人ポール」も、そんなコミコンのシーンからスタートする。

イギリスから憧れの聖地巡りをしようとアメリカへやってきたオタク2人組、グレアムとクライブ。

「コミコン」を堪能 → エリア51 → ロズウェル と、宇宙船が発見されたと言われた場所を巡る旅を計画。

アメリカでも聖地巡礼ってするんだね(笑)

そしたら、本当に宇宙人のポールと出会ってしまった。

そこから、イギリス人2人と宇宙人の珍道中がスタートする。

彼らが行く先々で、様々な出来事が起きるんだけど、随所に細かくSFネタが仕込まれていて、SFファンなら楽しめるシーンばかり。

もちろん、コメディも笑えるシーンばかりでSF映画を知らなくても十分楽しめる映画だと思う。

宇宙人ポール3

SFオタクによる、SFオタクのための SFパロディコメディ映画


脚本と出演は、サイモン・ペッグとニック・フロスト。

主人公のイギリス人オタク2人組を演じているのも、この2人。

サイモン・ペッグは「オタク代表俳優」と呼ばれる程、自称オタクでSF映画が大好き。

この映画も最初から最後まで、SF映画のパロディに溢れてるんだけど、ネタ元のイメージを決して汚さない。

これ、失礼だろーーっていう使い方は一切してなかったと思う。

それが、SF映画愛に溢れてて、SFオタクによる、SFオタクのためのSFコメディ映画だった。

それに、脚本と主演が一緒ということは、2人の会話もアドリブ満載なのか??

サイモン・ペッグの笑いって、優しい感じがして好きなんだなぁ。

この映画も汚い言葉をわざと使うシーンとかいっぱいあったけど、そんなに下品な印象がなかったから不快な感じはしなかったんだよね。

アメリカのコメディ映画で、下品すぎるのが多くて、ちょっとげんなりしちゃうんだけど、この映画は、そんなことが一切無かった。

その優しさとか温かさは、サイモン・ペッグの人柄かなぁと思う。

宇宙人ポール4

スピルバーグも声で出演!?遊び心満載のパロディシーン


具体的に、どんな映画のパロディをしているかと言えば、私が観て思いついただけでも、「ET」、「スター・ウォーズ」、「未知との遭遇」、「エイリアン」、「X-FILE」など。

グレアムとクライブがポールと出会った直後に、FBI捜査官らしき男性(ゾイル)がその遭遇場所を捜査するシーンがあって、そのゾイルの足元しか映っていないシーンがある。

この時のカメラ位置は、まんまET。

これは、スピルバーグがETの視線の高さから人間の大人を観た時のショットを意識して撮ったカメラワークだったので、よく覚えてる。

そして、FBI捜査官のゾイルたちから逃げる途中に、立ち寄ったバーで流れていたBGMは、「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」のサウンドトラック。

ルークが初めてハン・ソロと出会った時にバーで流れていた音楽を使っている。

さらに、ポールが宇宙へ帰る宇宙船との待ち合わせ場所は未知との遭遇で出てきた山がそのまんま出てきたし、エイリアン・ハンターとして、シガニー・ウィーバーが登場する。

他にも、ポールの回想シーンの中で、「ハリウッドに助言したこともあるよ」と言って、電話でアドバイスするシーンがある。

その時の電話の相手の声はスピルバーグ監督本人だった。

私は「良く似た声だなぁ」と思っていたんだけど、最後にエンドロールを観たら、監督ご本人だった(笑)

ちなみに、アドバイスしたシーンは「ET」で、ETが指先で奇跡を起こしたのは、ポールの助言だった(笑)

それらのパロディシーンをいろいろ観ていたら、久しぶりに「未知との遭遇」が観たくなった。

「未知との遭遇」スペシャル・エディション

未知との遭遇 スペシャル・エディション [SPE BEST] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2017/2/10 11:54時点)



「E.T.」 Blu-ray

E.T. [Blu-ray]

新品価格
¥1,390から
(2017/2/10 11:55時点)



宇宙人ポール5

「スター・トレック」の脚本家としてオタクの夢を叶えるサイモン・ペッグ


という訳で、この映画はサイモン・ペッグと、ニック・フロストによるSF映画愛に溢れた映画だった。

サイモン・ペッグと言えば、「スター・トレック」映画版にレギュラー出演している。

最新作の「スター・トレック BEYOND」では、脚本も担当している。

自称、SF好きのオタクのサイモン・ペッグとしては、夢を叶えたことの1つだろうと思う。

そのサイモン・ペッグが「スター・トレック BEYOND」の脚本を書いたことについてと、さらに「シン・ゴジラ」を観た感想について語っているインタビュー動画を観た。

そこには「スタトレ」ファン故に悩んだことが語られていて興味深かった。

さらには、「シン・ゴジラ」について飛行機の中で観たという割に、かなり細かいところまでしっかりと観ていてさすがなだなと思ったし、アメリカ版と本家の比較もキチンとできていて、やっぱり、この人はオタクなんだなと思った(笑)

そのサイモン・ペッグの動画はこちらから





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「宇宙人ポール」 Blu-ray

宇宙人ポール [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2017/2/10 11:42時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ニコール・キッドマン主演の映画「ファング一家の奇想天外な秘密」をWOWOWで観た。

劇場未公開の作品をどこよりも早く放送する「WOWOWジャパンプレミア」の一本。

姉は女優、弟は作家、両親はアーティストという芸能一家には、昔からある秘密があった…。



満足度 評価】:★★★☆☆

つまらなかったワケではないんだけど、なんだか観ていて疲れる家族だった。

自分が何も無い平凡な家庭に育ったことを感謝する作品(笑)

「ファング一家の奇想天外な秘密」予告編 動画

(原題:The Family Fang)




ネット配信で観る:「ファング一家の奇想天外な秘密」(字幕版)

ファング一家の奇想天外な秘密(字幕版)

新品価格
¥1,000から
(2018/10/5 01:07時点)



DVDで観る:「ファング一家の奇想天外な秘密」

ファング一家の奇想天外な秘密 [DVD]

新品価格
¥1,798から
(2018/10/5 01:08時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ニコール・キッドマン
…(「ある少年の告白」、「アクアマン」、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」、「パーティで女の子に話しかけるには」、「LION/ライオン~25年目のただいま~」、「シークレット・アイズ」、「パディントン」、「リピーテッド」、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」、「バースデイ・ガール」、「レイルウェイ 運命の旅路」、「ザ・インタープリター」など)

ジェイソン・べイトマン
…(「ザ・ギフト」、「ズートピア」(声の出演)、「モンスター上司」、「ディス/コネクト」、「あなたを見送る7日間」、ドラマシリーズ「オザークへようこそ」(製作総指揮・主演)など)

クリストファー・ウォーケン
…(「イーグル・ジャンプ」、「ジャングル・ブック」(声の出演)、「ジャージー・ボーイズ」、「ニック・オブ・タイム」など)

監督・製作

ジェイソン・べイトマン

2016年製作 アメリカ映画


映画「ファング一家の奇想天外な秘密」



あらすじ


女優・アニー・ファング(ニコール・キッドマン)の元にかかってきた1本の電話。

それは、弟で作家のバクスター(ジェイソン・べイトマン)からのものだった。

彼は、ジャガイモ大砲で撃たれてけがをしたから、病院に迎えに来てほしいと言う。

初めは断っていたアニーだったが、バクスターの「病院が両親に電話をしちゃって」の一言で、彼の元へ向かうことに。

彼らには両親に会いたくない理由があったのだ。



映画「ファング一家の奇想天外な秘密」ジェイソン・ベイトマン、ニコール・キッドマン



感想(ネタバレあり)


大きすぎる親の存在を疎ましいと思う姉弟


多くの人にとって、両親は生まれて初めて接する大人だ。

だから、多くの人が両親の陰の下、良い意味でも、悪い意味でも大きく影響を受けて育つ。

そのためか、大人になって成功できなかったり、人生がうまくいかないのは親のせいと感じる人も少なくない。

この映画の主人公アニーとバクスターの姉弟も、親の影響を大きく受けすぎて育ってしまったようだ。

彼らにとって、両親はとてもやっかいで面倒な存在だ。

確かに、私もそれには同情する。

この姉弟の両親はちょっと酷い。

アーティストを自称している彼らの両親は、「人をアッと驚かせるパフォーマンス」をアートだと言い、大勢の前で銀行強盗を装ったり、ボウガンで人を撃ったりして、人を驚かせ続けてきていた。

そんな生活を子供の頃から強いられてきた姉弟は、そんな両親のことが理解できず、大人になると距離を置いて暮らして生きていた。

それが、弟バクスターのケガにより、久しぶりに一家が揃うことになってしまった。

うーーん。確かに、こんな両親は嫌だ。

子供のうちは楽しくても、大人になったら恥ずかしいだけだ。

私も、こんな両親に育てられたら、即、姿を消したいと思うかもしれない。



映画「ファング一家の奇想天外な秘密」ジェイソン・ベイトマン



奇妙な親の下で育ったダメージ


その「偉大なる両親」の与えた子供たちへのダメージは大きい。

姉のアニーは、子供の頃から両親に演技を強いられたためか女優として仕事をしている。

しかし、なかなかヒット作を出せないことに悩み、軽率にもトップレスでスタジオを練り歩き、その写真が週刊誌の表紙になってしまうような3流女優になっている。

弟のバクスターは、その両親と姉の陰に隠れて暮らし、売れない作家をしている。

週刊誌などの三面記事を書いて小銭を稼いでいるが、本人は小説で売れたいと思っている。

幼い頃の刺激的な毎日に比べ、低迷期である現在を送る彼らは、両親が行方不明になったことをきっかけに、思い出の品を全て処分して、新しい人生を切り開こうとしていた。

しかし、思い出の品を全て処分したことで、父の秘密が明らかになってしまった。



映画「ファング一家の奇想天外な秘密」ニコール・キッドマン



父がゲスな男だと知った瞬間、本当の自分になれた


ファング一家の両親にとって、「人が驚いてくれなかった時が、アーティストとしての引き際だ」と感じていたように思う。

家族が久しぶりに揃って向かった公園の売店で、偽のクーポンに驚かれず、父はだたのクレーマーとなってしまった時、彼らは「引き際」を感じ、最後の大勝負に出たんだと思う。

自らの血痕を大量に残し、失踪する夫婦。

実は、父には、アニーやバクスター以外に帰る家があったのだ。

父は「アーティスト」を廃業し、「普通のお父さん」になることを決意する。

ということは、結局、父ケイレブにとっては、アニーもバクスターも彼らの母親も全てが「アート」のための道具でしかなかった。

気の毒なのは、彼らの母親で、ケイレブが本当に帰りたかった家を「アートの一部」だと思い、自分自身こそが本当の妻だと信じて疑わないところ。

そう思っているのは、残念ながら、お母さんだけなんだよ。

アニーとバクスターは、父が「普通のゲスな男」だということを知り、そこからは呪縛が解けたように仕事が順調にいき始める。

ということは、やはり、たとえそれがどんな父であったとしても、それまでの父は彼らにとって「偉大なるアーティスト」だったんだろう。

だから、それまではその傘の下でイマイチ伸び伸びできず、伸び悩んでいたのではないかと思った。

彼ら夫婦の最後の大仕事「失踪事件」を機に、収まるべきところに収まったんだなぁという印象を受けた。



映画「ファング一家の奇想天外な秘密」ジェイソン・ベイトマン



親の存在が大きすぎると感じたなら


多くの人にとって両親とは、良い意味でも、悪い意味でも、大きな存在である。

そして、子供の頃から、彼らを「大きな存在だ」と思いながら暮らしていると、その存在に萎縮してしまい、伸び伸びとできない人たちもいる。

だから、もしも「偉大すぎる両親」の存在を感じるのであれば、どこかで一回縁を切って、冷静な立場から「親も普通の人間だ」と知る機会が必要なのかもしれない。

そしたら、これまで偉大だと思っていた傘が取れて、これまでになく伸び伸びとできるのかもしれない。

この映画を観て、そんなことを思った。

もしも、「二世」であることに苦しんでいる人がいるのなら、この映画を観てみると良いかもしれない。

素晴らしく偉大な両親だって、どこかにきっと「普通の人」の顔があるはず。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ファング一家の奇想天外な秘密」(字幕版)

ファング一家の奇想天外な秘密(字幕版)

新品価格
¥1,000から
(2018/10/5 01:07時点)



DVDで観る:「ファング一家の奇想天外な秘密」

ファング一家の奇想天外な秘密 [DVD]

新品価格
¥1,798から
(2018/10/5 01:08時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジェイソン・べイトマン主演の映画「ディス/コネクト」をWOWOWで観た。

日常生活がうまくいかず、心のつながりをSNSの世界に求め、その結果、犯罪に巻き込まれてしまう人たちの群像劇。

満足度 評価】:★★★★☆

「これ、SNSであるあるだなぁ」と思うことが次々と起きて、世界に引き込まれてしまう見応えのある映画だった。

面白かったなぁ。

「ディス/コネクト」予告編 動画

(原題:DISCONNECT)




「ディス/コネクト」DVD

ディス/コネクト [Blu-ray]

新品価格
¥4,010から
(2016/4/10 01:14時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ジェイソン・ベイトマン
…(「ザ・ギフト」、「ズートピア」(声の出演)、「モンスター上司」、「ディス/コネクト」、「ファング一家の奇想天外な秘密」、「あなたを見送る7日間」、ドラマシリーズ「オザークへようこそ」(製作総指揮・主演)など)

アレクサンダー・スカルスガルド
…(「ターザン:REBORN」、「メイジーの瞳」、「キヴァー 記憶を注ぐ者」)

ミカエル・ニクヴィスト
…(「間奏曲はパリで」、「ジョン・ウィック」、「コロニア」、「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」、「ミレニアム2 火と戯れる女」、「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」など)

ホープ・デイヴィス
…(「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」など)

フランク・グリロ
…(「スカイライン-奪還-」、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」、「パージ:大統領令」)

監督

〇ヘンリー=アレックス・ルビン

2012年製作 アメリカ映画

あらすじ


弁護士のリッチ・ボイド(ジェイソン・べイトマン)は、高校生の息子・ベンが自殺未遂を起こしてしまう。

その理由を知りたくなったリッチは、ベンのPCを開き、彼が見ていたサイトを観ていると、彼がSNSで頻繁に会話をしている女性ジェシカにたどり着く。

シンディ(ポーラ・パットン)は、生まれたばかりの子供を失い、それ以来、夫(アレクサンダー・スカルスガルド)との仲もギクシャクしていた。

その寂しさを癒すようにチャットルームで会話をしていた日々の中、インターネットを通じてクレジットカード詐欺の被害に遭っていることに気付く。

ジャーナリストのニーナ(アンドレア・ライズブロー)は、未成年の男女がネットの前で裸になってライブ中継して金もうけしている性犯罪の実態を取材するため、その中の1人、カイルに近づくのだが…。


ディス/コネクト

感想(ネタバレあり)


いつでも、どこでも誰とでもつながれる便利な世の中

便利な世の中になったなぁと思う。

LINEがあれば、いつでも友達とお話できるし、趣味があってtwitterやfacebookに入れば、共通の趣味を持った友達を作ることが簡単にできる。

リアルな日常でつらいこがあって、SNSで愚痴をこぼせば、誰かしら寄ってきて慰めてくれる。

それで本当に心が救われた瞬間は、「あぁなんてありがたい世の中なんだ」と、SNSを開発してくれた人に感謝したくなる。

でも、そうやって人が心のよりどころをSNSに頼るようになったことで、人と人とのスキンシップや心のつながりが希薄になっているのでは…と、この映画は訴えている。

ディス/コネクト4

家族のコミュニケーションがあれば自殺は防げたのか


もしも、リアルな世界で親子や、夫婦や職場でしっかりと人間同士、目を見つめ合ってコミュニケーションがとれていたら、ここで起きるような事件が起きなかったのでは…ということばかりが起きてしまう。

例えば、高校生の息子が自殺未遂を起こした家庭。

父はやり手の弁護士で、仕事を家に持ち込み息子や娘と会話をすることが無く、彼らが何が好きで、何に悩んでいたのかすら知らない。

それは、高校生の男子に特有の思春期が、親と息子の間に壁を作ってしまうこともあったかもしれない。

それでも、もしも日頃から頻繁に会話をしている親子だったら、父は息子ベンがジェシカに入れ込む前に気付いて、何か手助けをすることができたかもしれない。


ディス/コネクト6


夫婦仲が良ければカード詐欺に遭わなかったのか


クレジットカード詐欺に遭ってしまった夫婦はもっと明らかで、夫婦仲がよくて、しっかりとコミュニケーションが取れていたら、妻は心の寂しさを吐き出すためにチャットルームへ行くことなんかなかったように思う。

しかし、彼らの場合は、災いが転じて、この事件を通して夫婦仲が良くなったようだから(笑)

終わり良ければ総て良しだったのかな。

でもね、使いこまれたお金がちゃんと帰ってくるといいけどね。

パソコンにウィルス対策ソフトをインストールしましょうね(笑)

ディス/コネクト7

SNSはリアルな日常を表す鏡のようなもの


とはいっても、私はSNSが大好きで、スマホが手放せない生活をしている。

だから、SNSが全部悪いと思っていないし、SNSを使ってすごくHappyになったこともたくさんある。

いや、むしろ、SNSに日常助かっていることの方が多い。

でも、思うのは、リアルな日常生活でコミュニケーションが苦手で、トラブルを起こすような人は、きっとSNSでもトラブルを起こすんじゃないかということ。

日常生活でコミュニケーションが苦手な人が、SNSの中では、すごくコミュニケーション上手っていうのは考えづらい。

日常生活でコミュニケーションが希薄になっている人は、SNSでのコミュニケーションも決して濃いものではなく、希薄だから、問題が起きるのではないかと思う。

だから、この映画のように、日常生活でコミュニケーションがなく、寂しくなってSNSに助けを求めたところで、中の世界でも同じく問題が起きてしまうんじゃないかと思う。

ディス/コネクト3

出演者はジェイソン・べイトマン、アレクサンダー・スカルスガルド


高校生の息子が自殺未遂してしまう弁護士ボイドを演じるのは、ジェイソン・べイトマン

つい先日、「あなたを見送る7日間」を観たばかり

仕事にばかり夢中になって、息子の悩みに気付いてやれなかったお父さんを演じている。

「あなたを見送る7日間」とは、ほぼ真逆と言っていい程、笑顔が全くない役。

この人は、隣にいそうな親近感がいいんだろうなぁ。

ディス/コネクト2


もう1人、気になったのは、妻がカード詐欺に遭ってしまう夫デレックを演じた、アレクサンダー・スカルスガルド

初めは、不愛想で暗い人だなぁと思っていたら、そのうち、だんだん、「元海兵隊員」だという本性が出てきて、最後には、ちょっと怖い人になっていた。

今年(2016年)が、ブレイクの年になる予感大の俳優さん。


ディス/コネクト5

問題はSNSというよりも、その人の日常生活や環境にあるのでは…


ネットの中のSNSの世界と、リアルな日常世界が交差する世の中だからこそ、日頃の人間同士のコミュニケーションが大切だと、この映画は訴える。

SNSは、この世界の美しさも汚さも、そのまま映す鏡だから。

この映画に描かれているようにSNSの世界には、悪もあれば、闇もある。

でも、心に隙があって、ダマされてしまうのは、SNSの中だろうと、日常生活も一緒だ。

だから、最後にお父さんが「僕の大切な者たち」と言って家族を抱きしめたように、日頃から、周りの人たちとコミュニケーションを取ることで、心の隙を減らし、だまされにくくなると考える。

SNSはただのツールであり、人の心の問題は、日常生活や日頃の環境にあるんじゃないかなぁと私は思う。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ディス/コネクト」DVD

ディス/コネクト [Blu-ray]

新品価格
¥4,010から
(2016/4/10 01:14時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジェイソン・べイトマン主演の映画「あなたを見送る7日間」をWOWOWで観た。

妻に浮気され、仕事も家庭も失った男が父の葬式で実家に帰宅し、7日間喪に服しながら、自分を取り戻していく話。

満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

家族だから我慢できないこともあるし、家族だから癒されることもある

良くも悪くも、基本は家族なんだなぁ。


「あなたを見送る7日間」予告編 動画

(原題:This Is Where I Leave You)






◆「あなたを見送る7日間/This is Where I Leave You (字幕版)

あなたを見送る7日間/This is Where I Leave You (字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2016/4/9 00:41時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ジェイソン・ベイトマン
…(「ザ・ギフト」、「ズートピア」(声の出演)、「モンスター上司」、「ディス/コネクト」、「ファング一家の奇想天外な秘密」、「あなたを見送る7日間」、ドラマシリーズ「オザークへようこそ」(製作総指揮・主演)など)

ジェーン・フォンダ
…(「禁断のケミストリー」、「グランド・フィナーレ」など)

〇ティナ・フェイ

ローズ・バーン
…(「ピーターラビット」、「X-MEN:アポカリプス」、「インターンシップ」、「ネイバーズ」、「ANNIE/アニー」)

アダム・ドライヴァー
…(「ブラック・クランズマン」、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」、「ローガン・ラッキー」、「パターソン」、「沈黙-サイレンス-」、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」)

コリー・ストール
…(「アントマン」、TVドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」)

監督

ショーン・レヴィ…(「ナイト・ミュージアム」、「ナイト・ミュージアム2」、「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」、「インターンシップ」など)


あらすじ


ラジオ局のプロデューサーをしていたジャド(ジェイソン・べイトマン)は、妻の誕生日にサプライズでケーキをプレゼントしようと早めに帰ると、妻は上司とベッドインしていた。

二人の浮気は、一年前からだったこを知る。

失意の中、実家から連絡があり、父が亡くなったことを知らされる。

葬式のため実家に帰ると、母(ジェーン・フォンダ)が「お父さんの遺言で7日間ユダヤ式の喪に服す」と言いだし…。

あなたを見送る7日間


感想(ネタバレあり)


人生が行き詰った時にお父さんがくれた時間

人生に行き詰った中年男が、父の葬式で実家に帰り、7日間過ごしながら自分を取り戻していく話。

主人公のジャドは、妻が自分の上司と浮気していることが発覚。

それがきっかけで、仕事も妻も失ってしまう。

人生の行き詰りにいる。

そのタイミングで、父が亡くなり、実家に帰ることになる。

これはお父さんからの、「ちょっと、ゆっくりと考える時間をつくりなよ」っていうプレゼントだよね。

なんだろうな。

家族といる時間って、他の人といる時とは違う時間が流れるもんね。

あなたを見送る7日間2

家族だから我慢できない、家族だからケンカもする


ジャドは4人兄弟。兄と弟と妹。

兄弟は、仲が良いわけではない。

でも、仲が悪いわけでもない。

なぜなら、それはお互いに我慢しないから。

他人だったら我慢できることも、兄弟だと我慢できない

だから、ケンカも殴り合いもしちゃう。

腹の中にたまっていることを、兄弟の前だから全部吐き出しちゃって、ケンカする。

実はそれ、ジャドにとっては最高のカウンセリングになっているよね。

実家に帰っている7日間の間に、奥さんとの間にあった問題が全部片付いちゃった。

口では、お互いにめんどくさいようなことを言っているけど、やっぱり兄弟だし、家族なんだよね。

そんな、家族の間のやりとりが居心地いいなぁと思いながら観ていた。

あなたを見送る7日間3

出演者は、ジェイソン・べイトマン、ローズ・バーン、ジェーン・フォンダ


主人公のジャドを演じるのは、ジェイソン・べイトマン

いかにも、アメリカの平均的な中年男っていう感じが良かった。

どこかで観ているんだろうけど、私の中でこれっていう印象がない…残念ながら。

他の出演作には、「モンスター上司」「ディス/コネクト」など

あなたを見送る7日間5


ジャドが地元で再会する女友達ペニーを演じるのは、ローズ・バーン

私が一番最初に彼女を知ったのは、グレン・クローズ主演のテレビドラマ「ダメージ」で、あの頃からすると、最近、本当にご活躍が目覚ましく。

いろんな映画でお見かけするよね。

コメディも、シリアスも両方いけるのがいいと思うんだよね。

今年は、「X-MEN:アポカリプス」と「ネイバーズ2」の公開が待機中で、これからもマスマス活躍するのでは。


あなたを見送る7日間4


そして、ジャドの母親を演じるのは、ジェーン・フォンダ

彼女は、この映画の中で豊胸手術を受けたことになっているけど、彼女自身も豊胸手術を受けたことがあるとか。

もうすぐ80歳になるとは思えない美貌で登場するジェーン・フォンダにとっては、自虐ネタなのかな??

ちょっとぶっ飛んでいて、下ネタが大好きなお母さん。

平然とこなすあたりは、さすが大女優。

もうすぐ「グランド・フィナーレ」が公開予定。まだまだ現役なんだな。


あなたを見送る7日間6


スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でカイロ・レンを演じたアダム・ドライヴァーがちょっとだらしない末っ子役を演じているのも見どころのうちの1つ。


あなたを見送る7日間7




家族と過ごす大切な時間


人生いろいろあるけど、家族だから話せるし、家族だからケンカもする。

そんな仲の良い家族を観ているとホッとするんだよね。

兄弟げんかも微笑ましくて良し。

大人になると、家族全員が集まる時間ってなかなか作れなくなっていくもの。

久しぶりの再会がお葬式なのはちょっと寂しいけど、お父さんが家族にプレゼントした時間。

有意義に過ごせたんじゃないかなと思う





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



◆「あなたを見送る7日間/This is Where I Leave You (字幕版)

あなたを見送る7日間/This is Where I Leave You (字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2016/4/9 00:41時点)



















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック