とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ジェイソン・ライトマン



ヒュー・ジャックマン主演の映画「フロントランナー」を特別上映会で観た。

1988年、スキャンダルにより失脚した大統領候補ゲイリー・ハートの実話を映画化。


映画「フロントランナー」


満足度 評価】:★★★★☆

面白かった!

先の展開がわかってもスリリングな展開にハラハラドキドキしながら楽しめた。

ゲイリーが女性スキャンダルで叩かれたのは、女性の地位が上がり、公に「不快だ」と言えるようになった証で、そうなる運命だったと思う

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『フロントランナー』予告編 動画

(原題:The Front Runner)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年1月22日 スペシャルスクリーニングにて鑑賞。

・2019年3月2日 感想を掲載。

・2019年12月8日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓




キャスト&スタッフ


出演者




〇モリー・イフラム



監督

ジェイソン・ライトマン
…(「タリーと私の秘密の時間」、「とらわれて夏」など)


2018年製作 アメリカ映画




あらすじ

1988年の大統領選挙。

民主党上院議員のゲイリー・ハート(ヒュー・ジャックマン)は、46歳という若さで大統領候補の筆頭に名乗りを上げる。

しかし、マイアミヘラルド紙が、彼に関するあるスキャンダルを入手し、やがてそれが他の有力紙にも知られることとなり、ゲイリー・ハートの支持率は一気に急落してしまう…。



映画「フロントランナー」



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介いたします。


フロントランナー (2018)


★★★★ [80点]「女性の地位が向上した証」


1988年のアメリカ大統領選挙で、民主党の有力な候補者だったゲイリー・ハートに降りかかるスキャンダルを描く作品。

実話の映画化。



現在では、不倫スキャンダルで政治家が失脚するのは、よくある話だ。

むしろ、リスキーなのがわかってて、よく不倫なんかするよなぁと思う。



しかし、この映画の舞台である1987年当時は、そうではなかった。

プライベートなことよりも政策で戦う時代だった。



ところが、ゲイリー・ハートの不倫が明らかになると、これまでスキャンダルを扱っていなかったワシントンポスト紙までが、ハートの不倫を書き立てるようになる。

ゲイリー・ハートは、女性スキャンダルによって、その資質が問われた初めての大統領候補なのだ。



そんなハートの姿を見て、なぜ、1987年というタイミングだったのかと考えた。

中には、ジャーナリズムの質が落ちて、販売部数を増やすために政治とは関係のないスキャンダルに手を出すようになったという見方もあるかもしれない。



しかし、それは女性たちの地位が上がった証ではないかと、私は思った。

それまでの男性社会では、不倫や女遊びは男の甲斐性、ただの火遊びだと思われていた



しかし、女性の地位が向上し、意見が言える立場になった人が増え、「女性を遊び道具のように扱うのは不快です」と言える人が増えてきたということだと思った。



だから、私はこのゲイリーの件が、ジャーナリズムの質が落ちて、くだらない三面記事まで扱うようになっただけだとは思えなかった。

確かに、そういう一面もあるかもしれないし、確かにジャーナリストはスキャンダルよりも政策を語るべきかもしれない。



しかし、その反面で、お堅い新聞が政治家の女性スキャンダルを暴くことで、若い女性をポイ捨てする権力者の地位が落ちるのは大歓迎だと思った。



人間は誰しも失敗をするもので、ゲイリーの件も騒ぎすぎだったという見方もあるかもしれない。

しかし、この時、ゲイリーの女性スキャンダルが明らかにならなかったら、彼に捨てられる女性たちは、もっと増えていたかもしれないのだ。

ゲイリーはただの運が悪かった男ではなく、起こるべくして起きた件だったのではと思う

なんとく、話の展開は分かっているものの、それでも、スリリングな展開にハラハラドキドキしながら最後まで見入ってしまった作品だった。


Posted by pharmacy_toe on 2019/02/03 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



DVDで観る:「フロントランナー」

フロントランナー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥2,609から
(2019/12/8 17:45時点)



Amazonプライムで観る:「フロントランナー」(字幕版)

フロントランナー (字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2019/12/8 17:47時点)



原作本:「The Front Runner」【洋書】

The Front Runner (All the Truth Is Out Movie Tie-in)

新品価格
¥1,443から
(2019/3/2 19:32時点)



オリジナルサウンドトラック:「The Front Runner」

The Front Runner (Original Motion Picture Soundtrack)

新品価格
¥1,600から
(2019/3/2 19:37時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャーリーズ・セロン主演の映画「タリーと私の秘密の時間」を試写会で観た。

3人の子供の育児に追われ、自分を見失いつつあるマーロが、ベビーシッター タリーとの交流を通じて自分を取り戻していく姿を描く。


映画「タリーと私の秘密の時間」


満足度 評価】:★★★★☆

お母さんは家事と育児をするのがどれだけ大変かわかって!という悲鳴のような作品。

が、笑えるところもあって気軽に観られるのが良い

これはぜひ、日頃奥さんに家事と育児を任せきりな旦那さまに観て欲しい。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『タリーと私の秘密の時間』予告編 動画

(原題:Tully)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年8月4日 試写会にて鑑賞。

・2018年8月30日 感想を掲載。

・2019年10月31日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。詳しい作品情報につきましては、下記の公式サイトをご参照ください。
 ↓
「タリーと私の秘密の時間」公式サイト


Amazonプライムで観る:「タリーと私の秘密の時間」(字幕版)

タリーと私の秘密の時間(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/10/31 16:22時点)



DVDで観る:「タリーと私の秘密の時間」

タリーと私の秘密の時間 セルBD [Blu-ray]

新品価格
¥3,998から
(2019/10/31 16:25時点)



「タリーと私の秘密の時間」オリジナルサウンドトラック(180グラム重量盤レコード)

タリーと私の秘密の時間 オリジナルサウンドトラック (180グラム重量盤レコード)

新品価格
¥3,232から
(2018/8/30 15:46時点)





キャスト&スタッフ


出演者

シャーリーズ・セロン(兼 製作)

〇マッケンジー・デイヴィス

〇マーク・デュプラス

〇ロン・リヴィングストン

〇アッシャー・マイルズ・フォーリカ

〇リア・フランクランド


監督

ジェイソン・ライトマン
…(「フロントランナー」、「とらわれて夏」など)


2018年製作 アメリカ映画




あらすじ


小学生の娘と息子がいるマーロ(シャーリーズ・セロン)は、2人の子供たちの面倒を見るので手一杯だが、40歳を過ぎて予定外の妊娠をし、育児をすることに。

ただでさえ大変そうなマーロの様子を見かねた兄のクレイグ( マーク・デュプラス)は、マーロに出産祝いとしてベビーシッターをプレゼントするという。

しかし、マーロは兄の親切に甘えてはいけないと思い、断ってしまう。

そして、出産。

これまでの日常に加えて、育児も増えたマーロには寝る暇もない。

そこへ、若くてとても魅力的なベビーシッターのタリー(マッケンジー・デイヴィス)がやってきて、「夜の間だけ」という約束で育児を手伝ってくれることになり…。



映画「タリーと私の秘密の時間」



感想(ネタばれあり)


家事や子育てで忙しくても「楽しむ」気持ちを持って欲しい


どんな人も、どんな瞬間も、楽しむことを忘れてはいけないと思う。

たとえ、それが仕事中であっても、楽しい妄想を思い描くぐらいの自由はあっていいと思う。



私は気ままな独身人間だから、そういえるのかもしれないけれど、それは忙しいお母さんも一緒。

家事や育児で忙しくて手が離せない時であっても、「楽しい」と思える時間を大切にして欲しい

もしも、「楽しい」と思える時間が作れないなら、周りの人たちに「助けて」と言って欲しい

そうしないと、この映画のマーロのようになってしまうから…。



主人公のマーロ(シャーリーズ・セロン)は、小学生の娘と息子がいて、臨月を迎えた妊婦だ。

その息子ジョナは、学校の先生から「落ち着きがない」と言われ、授業についていけず、「彼に適した」学校へ転校して欲しいと言われてしまう。

校長先生からそう言われ、マーロが悩んでいるその横で、ジョナは時折癇癪を起し、言うことを聞いてくれない。



そんな時、マーロは予期せぬ妊娠・出産をし、3人目の育児をすることになった。

毎晩、授乳で起こされる日々になり、睡眠不足に。

ただでさえいっぱいいっぱいなのに、疲れはピークに達し、マーロはイライラしはじめる。



兄はベビーシッターをプレゼントしてくれるというけれど、育児を他人に任せることに抵抗を感じてしまう…。

きっと、子育てを経験してこられた方たちの中で、マーロの大変さに共感できる人たちはたくさんいるだろうし、現在、まさに、子育て真っ最中だという人もいるだろうと思う。

そんな人にこそ、この映画を観て欲しい。

マーロのように手遅れになる前に…。



映画「タリーと私の秘密の時間」



タリーが疲れ切ったマーロにもたらした変化


兄からの出産祝いであるベビー・シッターを断ったマーロだけれど、ある日、シッターのタリー(マッケンジー・デイヴィス)が訪ねてくる。

猫の手も借りたいマーロは、いきなりやってきたタリーを帰すわけにもいかず手伝ってもらう。

タリーは、ちょっと変わったイマドキ女子だけど、育児や家事が完ぺきだったので、その日からタリーの手伝いに甘えることになった。



その日から毎晩やってくる若くて魅力的なタリーを見て、マーロは夢や希望に溢れ、キラキラ輝いていた昔の自分を思い出すようになる。

毎晩のように遊びに出かけ、ボーイフレンドたちを夢中にさせ、時にはルームメイトとケンカした日もあったし、嫌なことがあった日は一晩中飲み明かしたいと思った日もあった。



それに比べて、今の疲れ切った自分はなんだろうと思うようになる。

マーロは忙しい日々に追われ、あの頃の自分をどこかに置き忘れてしまったことに気付いたのだ。

そこから、マーロは化粧をしたり、ジョギングをしたり、かつての自分を取り戻す努力をし始める。



マーロ自身が変わろうとすることで、子供たちや夫が彼女を見る目も変わってくる。



映画「タリーと私の秘密の時間」



家事や育児を完璧にこなそうと思わなくていい


では、ある日突然やってきたタリーは一体何者なのか

タリーは、マーロが見た幻想だったのだ。



子育てを他の人に任せることができず、息子は学校になじめず先生に叱られ、赤ん坊はそんなマーロを気遣うことなく泣き叫ぶ。

ストレスとイライラがたまりに溜まったマーロは、タリーという「理想のベビーシッター」の幻想を生み出したのだ。



そんなタリーを見ていて思うのは「家事や育児を完璧にこなそうと思ってはいけない」という教訓。

日本でも「ワンオペ育児」の大変さはとても問題になっているけれど、全部を一人で完ぺきにこなすなんていうのは、無理だと思った方が良い。

自分で真面目にこなそうとすればするほど、精神的に追い込まれていってしまう



時には、マーロとタリーがニューヨークに遊びに行ったように、お酒飲んだり、ライブを見たり、思いっきり騒いだりするガス抜きがあってもいい。

そんな日は、子育てを誰かに任せてもいいのだ。



真面目に家事も育児もこなそうと思えば思うほど、精神的に追い詰められてしまう。

完璧にしなくていい。

困った時は「助けて」と言ってもいい



楽しむことを忘れず、時には自分をケアして、他人に頼れる時は積極的に頼る

日本では「ベビー・シッターを雇うなんて贅沢だ」という批判もあるけれど、そんな他人の言うことを気にする必要はない。

子供たちだって、いつもイライラしているお母さんよりも、キラキラ輝いて楽しんでいるお母さんの方が良いに決まってるのだ。



映画「タリーと私の秘密の時間」



家事や育児を一人だけに任せない環境づくり


とはいえ、みんながみんな、ベビー・シッターを雇う余裕などない。

そこで大切なのは、子育てしやすい環境づくりだ。

このマーロの家のように、夫は仕事、妻は家事・育児という完全なワンオペ育児ではなく、夫が家にいるときは、積極的に手伝って欲しいし、マーロの兄のように手助けしてくれる人がいたら甘えても良い



この映画は、家事と育児に追われて自分自身を見失ってしまったマーロについて描いているけれど、「子育ても育児も妻に任せきり」という男性たちにこそ観て欲しい作品だった。



男性たちの不倫の言い訳として「妻はお母さんになってしまって女としての魅力を感じなくなった」という声をよく聞くけれど、安易に不倫をする前に「なぜ、女性としての魅力を失ってしまったのか」その理由を考えて欲しい

自分の服を買うよりも、子供の服を買ったり、化粧にお金をかけるよりも、子供の習い事にお金を使ったり。

妻たちが犠牲にしているものを知って欲しい



そして、一人になれる自由な時間を作ってあげて欲しい。

外の新鮮な空気を吸ったり、友人たちに家事や育児の愚痴をこぼす時間が、どれだけ貴重で彼女たちの助けになるか。



私は、マーロとタリーの生活を観ながら、私の周りの「育児に追い込まれている」友人たちのことを思った。

ぜひ、半日だけでも育児をだれかに任せて、夫婦で観て欲しい作品である。




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「タリーと私の秘密の時間」(字幕版)

タリーと私の秘密の時間(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/10/31 16:22時点)



DVDで観る:「タリーと私の秘密の時間」

タリーと私の秘密の時間 セルBD [Blu-ray]

新品価格
¥3,998から
(2019/10/31 16:25時点)



「タリーと私の秘密の時間」オリジナルサウンドトラック(180グラム重量盤レコード)

タリーと私の秘密の時間 オリジナルサウンドトラック (180グラム重量盤レコード)

新品価格
¥3,232から
(2018/8/30 15:46時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
ケイト・ウィンスレットジョシュ・ブローリン主演、ジェイソン・ライトマン監督作品「とらわれて夏」をWOWOWで観た。

満足度 評価】:★★★★★

アメリカの田舎町で暮らす母と子二人だけの家庭に、一人の脱獄犯が身を隠すために潜り込んでしまうというお話

観る前は、すごく暗くて、絶望的な話なのではないかと思い・・・

しかし、見終わった後は、感動しただけでなく未来への希望も感じた

何より、とにかく、私はこの映画「とらわれて夏」をとても気に入ってしまった

「とらわれて夏」予告編 動画

(原題:LABOR DAY.)




ネット配信で観る:「とらわれて夏」(字幕版)

とらわれて夏 (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/8/12 16:21時点)



DVDで観る:「とらわれて夏」

とらわれて夏 [DVD]

新品価格
¥927から
(2015/9/11 00:15時点)



「とらわれて夏」原作本

とらわれて夏

新品価格
¥2,052から
(2015/9/11 00:17時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ケイト・ウィンスレット


…(「CSI:サイバー」など)

監督



2013年製作 アメリカ映画


あらすじ


1987年、アメリカのある田舎町。

アデル(ケイト・ウィンスレット)と、少年ヘンリーは父親が出て行った家で、二人で暮らしていた

アデルは、ほぼ引きこもりような暮らしをしており、ヘンリーはそんな母の寂しさを思い励ましながら暮らしていた

そんな二人の元へ、一人の脱走囚フランク(ジョシュ・ブローリン)が逃げ込んでくる

初めの頃は、フランクに怯えていた二人も、時間が経つうちに彼の優しさに気付き、心を許すようになっていく

しかし、彼は脱獄犯、いつか逃げ出さなければいけない時がくるのであり・・・



とらわれて夏



感想(ネタバレあり)


アデルが抱えているのは抜け出すことのできない寂しさの沼


何よりも、私の心を引き付けたのは、アデルの抱える絶望的な寂しさ

毎日、朝起きて息子のために食事をつくり、洗濯をし、掃除をして、寝る

そんな代り映えのしない毎日

しかし、そこから抜け出そうとも思わない寂しさの沼地

外へ出かけて幸せそうな人を見かければ、嫌な気分になって帰りたくなり、家へ帰ればいつもと同じ日常がまっている

それが、永遠と続くと思う毎日

その深い悲しみが痛い程強く伝わってくるなと思った



とらわれて夏2



その悲しみから君を救いたいなんて言うけれど・・・


だからこそ、「その悲しみから君を救いたい」と言ったフランクの存在が、私には悲しかった

なぜなら、アデルとフランクは許されない間柄で、いつか必ず終わりが来ると思っていたから

アデルが永遠に続くと思っていた寂しさを終わらせる人が現れた

でも、その人は、すぐにでもアデルの目の前から姿を消さなければいけない人だった

そんな中途半端なことをするぐらいなら、そこから君を救いたいなんて言わないでよって思った

しかし、この映画「とらわれて夏」は、私の期待を良い意味で大きく裏切り、最後には絶望ではなく、期待を抱かせて終了している

そんなことあるんだろうか。

15年もの間、一度も会わずに、それでも相手のことを思い続けることなんてできるんだろうか

この終わりは、私には驚愕だった



とらわれて夏3



ホットでスイートで官能的なピーチパイの作り方

そして、その二人の間に残った「たった5日間の幸せの思い出」の中で、一番印象に残ったのは「ピーチパイ作り」のシーン

ただのピーチパイを作るだけなのに、とてもホットで、スイートで、そしてその音さえもが、とても官能的

思春期を迎えた少年の視線から作っているこの作品は、とにかくなんでも官能的に見えてしまうという、とてもセクシーな映画なんだけれども、とにかくそのピーチパイを作るシーンが何よりも官能的で美しいシーンだった

髭をはやしたいかつい男が、何を始めるのかと思えば、ご近所さんからもらった桃で作る「ピーチパイ」なんて

フランクの脱獄犯という肩書と、髭もじゃの見た目からは判断できない、その人間性や優しさ、セクシーさを、そのシーンと少年の視線を通して、監督は表現したかったのではないか・・・と思った



とらわれて夏4



頭のてっぺんからつま先までアデルになりきったケイト・ウィンスレットの演技に死角なし

その絶望的な寂しさと、その寂しさから少しずつ抜け出そうとしているアデルを演じたのはケイト・ウィンスレット

もう、さすがとしか言いようのない圧倒的な演技力をこの映画でも存分に発揮してくれる

一人でベンチに座れば、セリフが無くても「私、寂しいんです」と体全体で語り掛け、フランクに心を許し始めると、「私はあなたに期待しているんです」と目が輝きだす

もう、なんでしょう。この人は



そして、彼女の相手役フランクを演じるのは、ジョシュ・ブローリン

見た目スゲーー怖いんじゃないか・・・この人・・・と、思わせつつ、でも実は、とても優しい人だったっていう役にとてもピッタリだった

思わずフランクの優しさに、安心しきってしまったアデルが、フランクの肩に頭を乗せるシーンがあるんだけど、あぁ分かるなぁ、この肩は、思わず頭を乗せてしまう肩だと思った

それは、ジョシュ・ブローリンが体の底から作り出してにじみ出るフランク臭なんだよね



とらわれて夏5



最後に心に残ったのは絶望ではなく希望だったのが嬉しかった

好きな映画は、つい話が長くなってしまうのが私のクセで、グダグダと色々書いてしまった。

結局、私が言いたいのは、最初から最後までアデルにずっぽり感情移入しながら観ていて、最後にはフランクに逃げられてしまうと思っていたのに、最後の最後に、しっかりと戻ってきてくれたことに異常に感動したんだよね

15年間も互いのことを思い続けていられたことに、私は激しく感動し、明るい希望を感じた

なんだか、本当にとてもいい映画だった。

これで、大好きな映画が一本増えたよ。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「とらわれて夏」(字幕版)

とらわれて夏 (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/8/12 16:21時点)



DVDで観る:「とらわれて夏」

とらわれて夏 [DVD]

新品価格
¥927から
(2015/9/11 00:15時点)



「とらわれて夏」原作本

とらわれて夏

新品価格
¥2,052から
(2015/9/11 00:17時点)











↓ 「とらわれて夏」も放送しているWOWOW_新規申込





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック