とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ジェイミー・ベル



タロン・エジャトン主演の映画「ロケットマン」を映画館で観た。

世界的スター エルトン・ジョンの半生を描いたミュージカル映画。


満足度 評価】:★★★★☆

エルトン・ジョンという道化を演じるレジーの孤独。

彼が孤独を知っているからこそ、彼の歌は愛されるんだと思うと涙が止まらなかった。

それでも、愛を渇望する彼に「どれだけの人があなたの歌を愛し、救われたか」を伝えたかった。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『ロケットマン』予告編 動画

(原題:Rocketman)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年8月24日 映画館にて鑑賞。

・2019年8月30日 感想を掲載。

現在、全国公開中。詳しい上映劇場情報につきましては、下記、公式サイトをご参照ください。
 ↓


オリジナルサウンドトラック:「ロケットマン」

ロケットマン(オリジナル・サウンドトラック)

新品価格
¥2,700から
(2019/8/30 15:46時点)





キャスト&スタッフ


出演者

タロン・エジャトン
…(「キングスマン:ゴールデンサークル」、「イーグル・ジャンプ」、「SING/シング」、「キングスマン」など)


監督

〇デクスター・フレッチャー


2019年製作 イギリス・アメリカ合作映画



映画「ロケットマン」



あらすじ


イギリスの小さな町で育ったレジー・ドワイト(タロン・エジャトン)は、幼い頃に両親が離婚したこともあり、愛情に恵まれずに育った。

しかし、音楽の才能に恵まれたレジーは、ライブハウスで演奏するようになり、「エルトン・ジョン」の名前でロックスターを目指すようになる。

その後、作詞家のバーニー・トービンと出会い、成功への道を歩み始めるのだが…。



映画「ロケットマン」タロン・エジャトン



感想(ネタばれあり)


なぜエルトン・ジョンは生きているのか


ここ数年、薬の過剰摂取で多くのスターが亡くなっている。

マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、プリンス…など。

ホイットニー・ヒューストンの死については、ぜひ、ドキュメンタリー映画「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~」を観て欲しい。



エルトン・ジョンもまた、そこに名を連ねてもおかしくない人生を歩んでいた。

しかし、幸運にも、彼はまだ元気に生きている。

映画ファンだったら、「キングスマン:ゴールデンサークル」で、その元気な姿を観た人もいるかもしれない。



この映画は、そんなエルトン・ジョンの「死んでもおかしくない人生」を赤裸々に語ったものである。

彼は今、生きているからこそ、語れることがあるのだ。



もうこれ以上、私たちが悲しいニュースに胸を痛めないように。

もうこれ以上、彼らのように素晴らしい歌手が亡くならないように…。



映画「ロケットマン」リチャード・マッデン



幼少期に感じた孤独がそのまま大きくなっていく


エルトン・ジョンは、世界中に名前を知られた歌手である。

エルトン・ジョンの曲を知らなくても、名前は知っているという人は大勢いるだろう。



イギリスで生まれた彼の本名はレジー・ドワイトという。

レジーは幼い頃に両親の離婚を経験し、母(ブライス・ダラス・ハワード)に育てられるが、そこに愛情はなく、愛に飢えたまま大人になる。



ブライス・ダラス・ハワードは、いつもはとても優しい人を演じている女優だが、このエルトンの母を演じている彼女は、正に毒親であり、本当に冷たい人でビックリしてしまった。

それは恐らく、レジーの父親との不仲に原因があって、その苛立ちがレジーにぶつけられたのだと思ったのだけど、そんな大人の事情をレジーが分かるはずもなく。

レジーは両親の愛情を感じることなく、常に愛を欲しがる青年になっていった



しかし、レジーにはピアノの才能があったことが救いだった。

一度聞いただけでその曲を弾くことができるという才能に恵まれたレジーは、音楽学校に入学。

たちまち音楽に夢中になり、自分もプレスリーやビートルズのようなスターになりたいと思うようになる。

(この映画によれば、エルトン・ジョンの「ジョン」は、ジョン・レノンの「ジョン」からきている)



そして、地元のライブハウスで演奏するようになり、「エルトン・ジョン」という芸名でスターを目指し始めるのだ。

そこからレジーは誰もが知っている「エルトン・ジョン」になるのだが、その反面、その幼少期の愛に飢えた「孤独」が彼の中で大きくなっていく



映画「ロケットマン」ブライス・ダラス・ハワード



「エルトン・ジョン」というスターと「レジー・ドワイト」の孤独


しかし、念願のスターとなって売れれば売れるほど、愛を渇望するレジーの思いは誰にも理解されず、ますます孤独になっていく

派手な衣装を着て、大勢のオーディエンスの前で歌うエルトンと、楽屋に帰るとひとりぼっちなレジーの二面性がとても切ない。

私は、そんなエルトンの姿を見て、「エルトン・ジョン」という道化を孤独なレジーが演じているのだと思った。



けれど、レジーの孤独があり、愛を乞う人だからこそ、エルトンの歌には愛があり、世界中の人が愛されるのだろうと思った。

つまり、レジーは幼少の頃から孤独だったからこそ、エルトンは愛を歌う歌手として成功したに違いない。

常に愛に恵まれ、幸せなレジーだったら、今の「エルトン・ジョン」は誕生していなかったはずだ。



孤独を知っている人が歌うからこそ、世界中で寂しい思いをしている人々の心に届くのだ。



しかし、エルトン本人は、誰からも理解されず、愛されなったことで、ますます孤独になっていく

そのエルトンの表と裏のギャップを見て、どれだけエルトンの孤独が深いのかと思うと、私は涙が止まらなかった



そして、そんなエルトンを見て、私は「どれだけの人がエルトンの歌を愛し、どれだけの人がエルトンの歌に救われたのか」をエルトンに伝えたかった

「世界中の人々があなたを愛していますよ」と。



そんなことはエルトン本人も百も承知だろうけれど、それでも本人は誰よりも愛されたかったのだ。

そんな時は、エルトンに救われた人々の思いを知って欲しかったのだ。



映画「ロケットマン」ジェイミー・ベル



自分自身を理解し、愛することの大切さ


そして、その二面性に耐えられなくなったエルトンの精神は崩壊する。

酒とドラッグに頼るようになり、自殺未遂を起こしてしまう。

大きな豪邸に住んで、取り巻きはたくさんいても、家族も取り巻きもエルトンの財産に目がくらみ、本当にエルトンのことを理解し、気遣ってくれる人などいない。



その中で唯一、彼の希望となったのは、友人のバーニーだった

バーニーは働き過ぎのエルトンに対し、「少し休んだ方が良い」とアドバイスしてくれた人だ。

しかし、エルトンはそんなバーニーのアドバイスをはねのけてしまう。



それ以来疎遠だったバーニーだったが、エルトンが入院した時に、再び手を差し伸べる。

そして、そこから、エルトンは再起していくのだ。



「誰も愛してくれない」と思っていたエルトンは、カウンセリングを受け、自分と向き合うことで徐々に自分を取り戻していく。



私は、そのエルトンを見て、エルトンが生きているのはバーニーがいたからではないかと思った。

どんなことが起きてもエルトンに手を差しのべ、彼が持っている世界を理解し、その世界を表現する詩を書いたバーニーは、エルトンの唯一の理解者だった。

そのことにエルトンが気付いた時、エルトンの世界は開けていく。



大切なのは、自分を知ることなのだ。



スターたちは、世間が思い描くイメージと、素の自分のギャップに悩まされ、スターのイメージに引きずられてしまう。

「私はスターでなければならない」と。



しかし、本当の自分がどこにいるのかを理解していないと、無理をして精神は崩壊し、依存症になってしまう

だからこそ、素の自分を愛することが大切なのだ。

愛してくれなかった両親を許し、受け入れることで、肩の荷が下りるのだ。



それはスターでなくても同じこと。

「周りに好かれる良い人のイメージ」を維持しようとすると、どこかに無理がくる

本当の自分を大切にしてあげることで、豊かな人生が開けるのだ。



そのことをエルトン・ジョンは世界中の人に生きているうちに伝えたかったのだろうと思った。

これ以上仲間の誰かが亡くならないように



「自分を理解し、愛すること」とはとても難しいことだけれど、自分自身を見失わないためにも、とても大切なことなのだ。




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





オリジナルサウンドトラック:「ロケットマン」

ロケットマン(オリジナル・サウンドトラック)

新品価格
¥2,700から
(2019/8/30 15:46時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」をNHK BSプレミアムで観た。

第二次世界大戦。アメリカの勝利の象徴として使われた「星条旗を立てる米兵たち」

その写真が撮られた硫黄島の戦いと、写真が有名になったその後の話を描く。



映画「父親たちの星条旗」



満足度 評価】:★★★★☆

戦争の英雄とは何か。本当に平和で住みやすい世の中とは何かについて考えさせられた。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「父親たちの星条旗」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:FLAGS OF OUR FATHERS)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年8月6日 NHK BS プレミアムで観た感想を掲載。

・2019年8月5日 NHK BS プレミアムでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「父親たちの星条旗」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazon Primeで観る:「父親たちの星条旗」(字幕版)

父親たちの星条旗(字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/28 23:03時点)



DVDで観る:「父親たちの星条旗」

父親たちの星条旗 [Blu-ray]

新品価格
¥864から
(2019/8/5 15:05時点)



「父親たちの星条旗」オリジナル・サウンドトラック

「父親たちの星条旗」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥9,980から
(2016/8/6 12:36時点)



原作本「硫黄島の星条旗」

硫黄島の星条旗 (文春文庫)

新品価格
¥1,028から
(2016/8/6 12:39時点)




キャスト&スタッフ


出演者

〇ライアン・フィリップ

〇ジェシー・ブラッドフォード

〇アダム・ビーチ

…(「崖っぷちの男」、「ディファイアンス」など)





監督

クリント・イーストウッド


2006年製作 アメリカ映画




あらすじ


1944年、第二次大戦の末期。

アメリカと日本は硫黄島で決戦を迎えていた。

米軍は、これまで戦争を経験していない若い兵士たちの多くを硫黄島へ送るが、予想以上の苦戦を強いられてしまう。

数日間の死闘の末の穏やかなある日。米兵たちは硫黄島の摺鉢山の頂上に星条旗を立てる。

そして、その際に撮った写真が本土に渡ると、それは戦意高揚の材料として使われ始める。

しかし、硫黄島での苦戦はその後も続いていた…。




感想(ネタバレあり)


摺鉢山に星条旗を掲げる米兵たち


あぁこの写真は硫黄島で撮ったものなのかと、真っ先に思った。



父親たちの星条旗2



この映画では、この「摺鉢山に星条旗を掲げる米兵たち」の写真について描かれている。

これはいかにも「米軍が硫黄島で勝利しました」と言いたげな写真だが、実際には、この星条旗を立てた後も硫黄島ではアメリカと日本の死闘が続き、この写真に写っている6人も、その多くがその後の戦闘で亡くなっている。



幸運にも、この戦闘で怪我をしたが軽症だった者、運よく最後まで命が助かった者のみが、本土に帰ることができた。

まさに、そこは地獄のような有様だった。



映画「父親たちの星条旗」



「国債買ってよキャンペーン」に利用される英雄たち


そして、彼らが運よく本土に帰った頃、この写真は戦意高揚の象徴としてあまりにも有名になっていた



この星条旗を掲げた小隊のメンバー3人、ドク(ライアン・フィリップ)、レイニー(ジェシー・ブラッドフォード)、アイラ(アダム・ビーチ)は英雄として迎えられる。

彼らは3人で全国を周り「国債を国民に買うよう促すキャンペーン」に使われるようになってしまった。



しかし、実際の硫黄島の戦闘は苦戦続きで、多くの仲間を失った彼らは英雄扱いをされることに戸惑いを感じていた

しかも、その中でもアイラはその写真にも写っておらず、「同じ小隊で生き残ったから」という理由で、その写真のメンバーとして祀り上げられていた。

それはきっと、米軍側がネイティブアメリカンが1人いた方が、「自由なアメリカ」の象徴になると考えたからだろう。



たちまち英雄となった彼らは、3人で全国を周り、国債の宣伝をし、戦争の資金集めの手伝いをさせられることに。

その「嘘の戦意高揚作戦」のプレッシャーに押しつぶされたアイラは自分自身を見失い、日々、泥酔するようになってしまう。



しかし、他の2人を含め、米軍の国債キャンペーンのスタッフたちは、そんなことはお構いなしだった。

今見れば、この時の「国債買ってキャンペーン」がなんてバカバカしいことかと思うけど、当時のアメリカの資金難は尋常じゃなかったんだろうなと思う。



人々に注目してもらうために作られた英雄

そこに違和感を持たずにはいられなかった



映画「父親たちの星条旗」



人種差別を受ける「英雄」


そんな中、私にとって、最も印象的なシーンがある。

それは、街にあるバーの前の道路で仁王立ちになったアイラが椅子を振り回し、大暴れしているシーンだった。



日頃から泥酔していたアイラだったので、スタッフたちは「あいつ、また暴れてる。なんとかしろ」程度の対応しかしなかった。

しかし、その後、ドクがアイラにその理由を尋ねると、彼は「入店を拒否された」と答えた。



これは衝撃だった。

全米各地を英雄として巡っていた彼らが、「ネイティブアメリカンだから」という理由で入店を拒否される



アメリカのように自由で平和な資本主義を広めるために世界で戦っている彼らが、本土へ帰れば差別を受けている

彼の生活が一向に良くならないのなら、なぜ、何のために彼らは戦っているのかと言わざるを得ない場面だった。



映画「父親たちの星条旗」



生き残るのが英雄なのか、戦場で命を落とせば良かったのか


そして、そのプレッシャーに苦しみ、ほぼ毎日泥酔していたアイラのセリフがとても印象的だった。

俺はただ弾をよけていただけなのに。なんで英雄にされるんだ



運よく命が助かっただけで、英雄ではない。

これは、多くの兵士たちが思う現実だろう。



多くの亡くなった兵士たちとなんの違いもないのに。なぜ、自分は英雄なのか

そのことに悩まされ続けたアイラは、その後、孤独な死を遂げてしまう。



戦争でせっかく助かった命、生き延びた命だったのに、本土に帰ってきてから悩まされ続け、辛い思いをし、命を落としてしまうなんてあまりにも悲しすぎる彼の生涯だった。



映画「父親たちの星条旗」



表面ではなく、その裏側を知る努力


そして思う。英雄とは、一体何なのか。

人を一人でも多く殺した者が英雄なのか。

それとも悲惨な状況の中、逃げ続け、命からがら助かった者が英雄なのか。



米軍から「英雄」と言われ、資金集めに散々利用された結果、それまで生活が変わらず、差別を受けていたものが差別を受け続けるのであれば、ただの戦意高揚の道具だとしか言いようがない。



私たちは、つい、テレビやラジオで政府が垂れ流す情報をそのまま鵜のみにしてしまうことが多々ある。

しかし、その裏にある真実とは何かということに目を向け、耳を傾けないと、世の中は簡単に間違った方向に動いてしまう。

そのことを強く感じた映画だった。




関連記事


硫黄島の戦いについて考える


「硫黄島からの手紙」
第二次大戦の硫黄島の戦いを日本側の視点から描く。戦争が引き裂く、個人、家族、友人たちについて。渡辺謙主演、クリント・イーストウッド監督映画【感想】



見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「父親たちの星条旗」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon Primeで観る:「父親たちの星条旗」(字幕版)

父親たちの星条旗(字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/28 23:03時点)



DVDで観る:「父親たちの星条旗」

父親たちの星条旗 [Blu-ray]

新品価格
¥864から
(2019/8/5 15:05時点)



「父親たちの星条旗」オリジナル・サウンドトラック

「父親たちの星条旗」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥9,980から
(2016/8/6 12:36時点)



原作本「硫黄島の星条旗」

硫黄島の星条旗 (文春文庫)

新品価格
¥1,028から
(2016/8/6 12:39時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


サム・ワーシントン主演の映画「崖っぷちの男」をNHK BSプレミアムで観た。

刑務所から脱走した男が、NYにある高層ホテルの20階から飛び降りようとしている。

なぜ、彼はそこから飛び降りようとしているのか…。



満足度 評価】:★★★★☆

最初から最後まで、ハラハラドキドキして楽しめた~。

20階のビルの縁で足を滑らせるシーンとか、思わず悲鳴を上げてしまった。

高所恐怖症の人は要注意!


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「崖っぷちの男」予告編 動画

(原題:MAN ON A LEDGE)





更新履歴・公開、販売情報

・2016年9月1日 NHK BS プレミアムで観た感想を掲載。

・2018年9月12日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



ネット配信で観る:「崖っぷちの男」(吹替版)

崖っぷちの男 (吹替版)

新品価格
¥199から
(2018/9/11 22:21時点)



DVDで観る:「崖っぷちの男」

崖っぷちの男 ブルーレイ [Blu-ray]

新品価格
¥1,946から
(2016/8/31 00:30時点)





キャスト&スタッフ


出演者

サム・ワーシントン
…(「ハクソー・リッジ」、「サボタージュ」、「エベレスト3D」、ドラマシリーズ「マンハント:ユナボマー」など)



アンソニー・マッキー

〇エドワード・バーンズ

…(「ラン・オールナイト」など)

〇タイタス・ウェリバー



監督

〇アスガー・レス

2012年製作 アメリカ映画



あらすじ


NYのホテルの20階。

窓の外には、わずかに人が歩ける程度の棚のような部分(レッジと呼ぶ)があり、そこに一人の男が立ち、今にも飛び降りようとしている。

なぜ、彼はそこに立っているのか。

自殺を止めるように説得に行った刑事には、交渉人にマーサー刑事(エリザベス・バンクス)を指名し、マーサーが来なければ飛び降りると言っている。

彼の名前は、ニック・キャシディ(サム・ワーシントン)。

2年前に、宝石王から30億円のダイヤを盗んだ罪で有罪になり、服役していたが、最近脱走したばかりだった。

なぜ、そのニックがそこにいるのか…。


崖っぷちの男





感想(ネタバレあり)


飛ぶのか飛ばないのかのパフォーマンスにハラハラドキドキ


ハラハラドキドキしたわぁ~。

ホテルの20階にあるレッジから飛び降りようとしている男、ニック・キャシディ。



彼が歩くたび、バランスを壊すたびにドキドキし、足を滑らせた時には、思わず悲鳴を上げてしまった!!!

その「飛ぶのか、飛ばないのか」の全てがニックのパフォーマンスだって、追々分かってはくるものの、それでも、最後までドキドキしてしまった。



これ、5階でも、10階でもダメ。

多分、10階ぐらいだと、2回に1回ぐらいは助かりそうな感じがする気がする。

実際は絶対に助からないけどね。

画的に、「ひぇーーーーーっ!!」っていう恐怖感が薄いような気がするんだよね。

20階だから良かったんだなぁ。



崖っぷちの男2



ジャンピングパフォーマンスの裏で弟は潔白の証拠探し


その20階からのジャンピングパフォーマンスと同時進行していた、アメリカの宝石王のビルに侵入する弟チームも緊迫感あって面白かった。



弟は、兄の潔白を証明するために、「兄が盗んだ」とされるダイヤモンドを探しに来た。

兄は、そのビルの目の前のホテルで、人々の注目を集めるパフォーマンスを絶賛公開中。

その地域の注目を兄が一手に引き受けた所で、弟はビルに侵入。



そこで、そうか、なる程。だから、ニックは目くらましのために、このホテルを選んだんだねと分かる。

適当に選んだわけじゃないのだ。

また、このビルのセキュリティが強固で、1㎝でもいるところがずれたら「ビーーーーーッ!!」って警報がなるんじゃないかと思うと、すごく恐ろしい。



崖っぷちの男4



借金苦の宝石王、保険金が欲しくて事件をでっち上げ


この映画、描かれている話はとても簡単だ。

アメリカで1番と言われる宝石王(エド・ハリス)がいる。

その宝石王が、専門外の不動産に手を出しまくっていたころ、リーマンショックが到来



そこで、一気に借金まみれになって首が回らなくなった宝石王は、30億もするダイヤの宝石を盗難されたことにして、保険金を手に入れることを思いつく。

白羽の矢が立ったのは、警察の仕事以外にセキュリティのバイトをしていたニックだった。

宝石王は、「ニックに宝石を盗まれた」とありもしない罪を着せ有罪にしてしまった。



そのため、ニックは刑務所にいた2年間を使って、証拠である宝石を「もう一度盗む」計画を立てていたのだ。

しかし、その話を順序立てて説明するような映画だったら、よくある話で面白くない。

そこで、「無実を証明するために、20階のレッジに立たせたらどうだろう」という切り口から入ったのが正解だった。



崖っぷちの男3



見せ方を工夫すれば、ありがちな映画も観たことのない映画に変化する


これまで長い長い歴史の間に、様々な種類の映画が作られてきた。

子供のころから、その映画たちに触れあってきた私たちは、冒頭を少し観ただけで「あぁ、これはあのパターンか~」と思ってしまうと、すぐに飽きて、どうでもよくなってしまう。

だから、よっぽど独創性のあるストーリーにするか、それとも見た目に工夫した作品作りをしないと、観客に支持をしてもらえない。



この映画「崖っぷちの男」は、その「見た目に工夫」した作品だ。

「なんだ、この男は」「なぜ、そこにいるのか」「一体、何をしたいのか」と観客に考えさせ、惹きつける。



ありがちで分かりやすい話も、見せ方を工夫すれば、すごく面白い作品になるんだなぁっていうのが、良く分かった作品だった。

見せ方次第で、ありがちな映画も、観たことのない映画に変化するのだ。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「崖っぷちの男」(吹替版)

崖っぷちの男 (吹替版)

新品価格
¥199から
(2018/9/11 22:21時点)



DVDで観る:「崖っぷちの男」

崖っぷちの男 ブルーレイ [Blu-ray]

新品価格
¥1,946から
(2016/8/31 00:30時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
ダニエル・クレイグ主演、エドワード・ズウィック監督の映画「ディファイアンス」をWOWOWで観た。

第二次大戦中に、1,200人ものユダヤ人を救ったビエルスキ兄弟の真実の物語。

今週末より、全国公開になるダニエル・クレイグ主演作品「007 スペクター」の公開に合わせて、WOWOWが放送していた「007特集」の一本。

【満足度】:★★★★★

好きだなぁ。この映画。

最初から最後まで、ハラハラドキドキしながら見入ってしまった。

「ディファイアンス」予告編 動画

(原題:DEFIANCE)



「ディファイアンス」DVD

ディファイアンス プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥2,264から
(2015/11/30 01:01時点)



原作本「ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟」

ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟

中古価格
¥1,275から
(2015/11/30 01:02時点)



映画パンフレット 「DEFIANCE(ディファイアンス)」

映画パンフレット 「DEFIANCE(ディファイアンス)」 監督 エドワード・ズウィック 出演 ダニエル・クレイグ/リーヴ・シュレイバー/ジェイミー・ベル/アレクサ・ダヴァロス/アラン・コーデュナー/マーク・ファイアスタイン/トマス・アラナ/ジョディ・メイ/ケイト・フェイ

中古価格
¥1,050から
(2015/11/30 01:04時点)



あらすじ


1941年。第二次大戦中。

長男・トゥビア(ダニエル・クレイグ)、次男・ズシュ(リーヴ・シュレイバー)、三男・アザエル(ジェイミー・ベル)、四男・アーロン(ジョージ・マッケイ)のビエルスキ兄弟は、ユダヤ人であるために、両親をドイツ人に殺されてしまう。

そのまま村にとどまれば、自分たちも殺されてしまうと思い深い森の中へ逃げることに。

やがて、同じような理由から、村を追われたユダヤ人たちと出会い、共に暮らし始めるようになると、徐々に人数が増えていき、彼らはそこでコミュニティを作り始めるのだが・・・。

ディファイアンス

感想(ネタバレあり) 寡黙だけど根は優しい長男のトゥビア


この映画で描かれているビエルスキ兄弟は、実際に第二次大戦中、1200人ものユダヤ人をナチスから救ったそう。

そんな人たちがいたなんて、知らなかったなぁ。

やはり、中でも一番頼りになるのは、ダニエル・クレイグ演じる長男トゥビア。

顔はいかつくても人に優しいのが、この人の良いところ。

村や森で困っているユダヤ人を見つけると、連れて帰ってきてしまう。

一番、次男のズシュを困らせたのは、ゲットーへ行って大勢のユダヤ人を連れて帰ってきた時だ。

年寄りもいれば、子供もいて、そんなに増やせばいつかナチスにばれてしまうし、何より、食糧をまかないきれない。

それでも、トゥビアは彼らを見捨てられずに助けてしまう。

そんな彼に呆れたズシュは、彼らを見捨て、ロシア人のパルチザンへ入ってしまう。

ディファイアンス4

全てに疲弊して怖気ずくトゥビアの目を覚まさせるアザエル


そんな彼らだけど、結局、3人が揃っていなとダメ。っていうとこが、私は大好きだった。

この映画の中で、私の一番印象に残っているシーンは、ドイツ軍に陸と空から攻撃され逃げる彼らの目の前に、終わりの見えない沼地が広がっていたシーンだ。

そこへ足を踏み入れれば、腰まで足がつかってしまい、足元が弱い年寄りたちには到底渡れそうにないところだった。

トゥビアは途方に暮れてしまい、上空をドイツ軍の飛行機が飛ぶ中、足がすくんで立ち上がれなくなってしまう。

どうしていいか分からない。

そんな時、彼らに一筋の光を当てたのは、三男のアザエルだった。

「こんなところにいても殺されるだけ。前に進むしかないじゃないか。何をやっているんだ」

まだ幼くて子供のようだった三男が、結婚して責任感が芽生え、いつの間にか大人になっていたことに気付く瞬間だった。

私は、アザエルがトゥビアの目を覚まさせるその瞬間にとても感動した。

あぁぁ、なんて良い弟なんだって。

ディファイアンス3

やはり、兄弟は3人揃ってこそ力を発揮する


しかし、彼らに困難は続く。

その湿地帯を抜けた後、彼らを待っていたのは、ドイツ軍の歩兵部隊と一台の戦車だった。

当然、ドイツ兵に囲まれ、絶体絶命と思われた時、彼らを救ったのは、今度は次男のズシュだった。

ロシア軍のパルチザンで、彼らに危機が迫っていることを知り、助けに戻ってきたズシュ。

パルチザンで、軍人としての腕前を挙げた彼らは、あっという間にドイツ軍を打ち負かしてしまう。

こうして、トゥビア、ズシュ、アザエルの3人が揃い、やっぱり3人いないとダメだよね。と、感じさせた瞬間だった。

デイファイアンス2

名優たちの演技と、それを率いるベテラン監督


主役のトゥビアを演じたのは、ダニエル・クレイグ

まもなく、「007 スペクター」が公開待機中。

とてつもなく青い瞳がすごく印象的だったなぁ。

で、やっぱりかっこいいんだよね。この人。

無口だし、不愛想なんだけど、すごく優しそうなは、あの青い瞳だからかなぁ。

いや、それはダニエル・クレイグの演技力だ(笑)

その他の作品に、「ローガン・ラッキー」、「ドラゴンタトゥーの女

次男のズシュを演じるのは、リーヴ・シュレイバー(「犬ヶ島」、「チャック~”ロッキー”になった男~」、「ジゴロ・イン・ニューヨーク」、「ソルト」、「ニューヨークの恋人」など)。

血気盛んで、すぐに暴力的になってしまうズシュをリーヴ・シュレイバーが演じると、それは狂気からではなく、ドイツに対する怒りからくるものだと思えるから不思議。

一歩間違えれば、狂気の男に見えかねない難しい役を演じていた。

改めて、リーヴ・シュレイバーって良い俳優だなぁと思った作品だった。

そして、この兄弟の中で、一番成長したアザエルを演じたのは、ジェイミー・ベル(「リトル・ダンサー」「ファンタスティック・フォー」)

本当にジェイミー・ベルは、いつの間にか逞しくなったよなぁって思ったんだけど、そんなジェイミー・ベル本人と、アザエルの成長がリンクしていて、まさにピッタリのキャスティングだったと思う。

監督は、「ブラック・ダイアモンド」「ラスト・サムライ」、そして「完全なるチェックメイト」が公開間近のエドワード・ズウィック

力作揃いのベテラン監督。

癖のある俳優たちをうまく演出したのも、彼ならではなのでしょう。

デイファイアンス5

ビエルスキ兄弟に助けられたユダヤ人の数は、1200人


結局のところ、ビエルスキ兄弟は1200人のユダヤ人を助け、彼らのコミュニティの中には学校などもあったそう。

人間らしい生活を送りたいという彼らの願いを最大限叶えた結果だったと思う。

しかし、彼らからその話をしなかったので、あまり知られることがなかったとのこと。

きっと、彼らからしたら、人を救ったというよりも、みんなと一緒に助け合いながら暮らしたっていう意義の方が大きかったんだろうと思う。

助けられた人たちの子孫は、今では数万人もいるそう。

本当に素晴らしい兄弟の物語だった。

しかし、戦争は終わっても、世の中には、未だにたくさんの迫害や差別を受けて暮らしている人たちがいる。

一人でも多くの人たちが救われる世の中にしなければいけないなと強く思う作品だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ディファイアンス」DVD

ディファイアンス プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥2,264から
(2015/11/30 01:01時点)



原作本「ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟」

ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟

中古価格
¥1,275から
(2015/11/30 01:02時点)



映画パンフレット 「DEFIANCE(ディファイアンス)」

映画パンフレット 「DEFIANCE(ディファイアンス)」 監督 エドワード・ズウィック 出演 ダニエル・クレイグ/リーヴ・シュレイバー/ジェイミー・ベル/アレクサ・ダヴァロス/アラン・コーデュナー/マーク・ファイアスタイン/トマス・アラナ/ジョディ・メイ/ケイト・フェイ

中古価格
¥1,050から
(2015/11/30 01:04時点)













↓ 「ディファイアンス」も放送しているWOWOW_新規申込







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヒーロー映画が好きな私は、ヒーロー物の予告編が出ると、必ず見るクチです(笑)

いま、注目している映画は、10月9日公開予定の「ファンタスティック・フォー」

「ファンタスティック・フォー」予告編 動画





主演は、「ビニー/信じる男」「セッション」「ダイバージェント」のマイルズ・テラー。最近、売れてるねぇ

 ↓ マイルズ・テラー
マイルズ・テラー


この「ファンタスティック・フォー」って昔もあったよねぇと思って気になっているのです

で、探してみたらあった、昔の「ファンタスティック・フォー」

このころは、ジェシカ・アルバが大人気で、ジェシカ・アルバ主演だったのですね

ファンタスティック・フォー

「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」(2005年)予告編 動画





しかし!予告編を見たところで、どんな話だったのか、ちっとも思い出せない (--;)

確かに、ジェシカ・アルバが出てて、岩男がいたのも覚えてる・・・

 ↓ ジェシカ・アルバ
ジェシカ・アルバ


でも、どんな話だったっけ・・・

MARVEL社のヒーローの割に、こんなに印象が地味なんて・・・

ってことは、やっぱり、今年公開のリブート版ファンタスティック・フォーに期待するしかないんだなぁ

予告編を見る限り、映像もきれいなんで早く見たいなぁ


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] [DVD]

新品価格
¥800から
(2015/8/8 11:52時点)



ファンタスティック・フォー:銀河の危機 [Blu-ray]

新品価格
¥2,880から
(2015/8/8 11:56時点)



ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] [Blu-ray]

新品価格
¥2,057から
(2015/8/8 11:57時点)



ファンタスティック・フォー ブルーレイディスクBOX 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

新品価格
¥8,554から
(2015/8/8 11:57時点)



ファンタスティック・フォー:銀河の危機 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付・2枚組) [DVD]

新品価格
¥1,800から
(2015/8/8 11:59時点)













 ↓ 【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック