とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ジェイ・コートニー



ラッセル・クロウ主演・監督映画「ディバイナー 戦禍に光を求めて」をWOWOWで観た。

第一次大戦時にトルコとの戦いで息子を失った父が、息子たちの遺骨を探しに向かったトルコで起きた奇跡の物語。

実話を元に映画化。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

戦争がある家族に遺した傷跡と、その傷跡を修復していく物語。

傷跡は全てがきれいサッパリなくなるわけではないけれど、時間が修復してくれる部分もあれば、奇跡的になくなる部分もある。

かつて敵国だった国の人々との繋がりが癒しになっていく様子に、人間に対する希望を観た。


「ディバイナー 戦禍に光を求めて」予告編 動画

(原題:THE WATER DIVINER)




「ディバイナー 戦禍に光を求めて」DVD

ディバイナー 戦禍に光を求めて [DVD]

新品価格
¥2,654から
(2017/2/3 14:49時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ラッセル・クロウ
…(「ある少年の告白」、「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」、「ナイスガイズ!」、「レ・ミゼラブル」、「3時10分、決断の時」、「ノア 約束の舟」、「ワールド・オブ・ライズ」、「消されたヘッドライン」、「パパが遺した物語」など)

オルガ・キュリレンコ
…(「ロープ 戦場の生命線」、「スパイ・レジェンド」、「オブリビオン」、「007/慰めの報酬」など)

〇イルマズ・アルドアン

ジェイ・コートニー
…(「アウトロー」、「ターミネーター:新起動/ジェネシス」など)

監督

ラッセル・クロウ(初監督作)

2014年製作 オーストラリア、アメリカ、トルコ合作映画


ディバイナー戦禍に光を求めて

あらすじ


第一次世界大戦の時に、トルコへ派兵された息子たち3人を同時に失ってしまった夫妻。

戦争終結から4年後、妻は、息子たちが帰ってこないことを苦に自殺。

夫のジョシュア・コナー(ラッセル・クロウ)は、必ず息子たちの骨を探して隣に埋めると墓に眠る妻に約束。

次の日から、トルコへと向かう。

トルコでは、息子たちが戦死したとされるガリポリへ向かうが、そこには大きな障害が立ちはだかっており…。

ディバイナー戦禍に光を求めて2


感想(ネタバレあり)


戦争がある平和な家族にもたらした傷跡


この映画「ディバイナー 戦禍に光を求めて」は、戦争で何が起きたかを描いたものではなく、戦争が平和な家族に何をもたらしたかを描いた作品。

主人公コナーはオーストラリア人の「水源占い人」(原題のTHE WATER DIVINER)。

水源占い人っていうのは、読んで字のごとく水源をあてる人。

井戸を掘るために、怪し気な水源占い棒を使って砂漠のど真ん中の地下に眠る水源を言い当てるのが仕事。

その彼が、「水源を言い当てる力があるなら、息子の居場所を言い当ててよ」と妻に言われたことから、本当に戦死した息子たちの骨を拾いにトルコまで行ってしまった話。

オーストラリアの歴史というのは、私たちにはあまり馴染みがないので、初めて知ったことばかり。

第一次大戦時、トルコはイギリスと戦っていて、イギリスから独立したばかりのオーストラリアは援軍としてトルコに攻め入っていた。

そのため、遠く離れたオーストラリアで暮らすコナーの息子たちも、トルコで戦うこととなった。

その後終戦を迎えるけれども、トルコはオーストラリアに敗戦した国だったので、いきなり訪ねて行ったオーストラリア人のコナーはトルコ人にとっては敵。

息子たちが戦死した戦場へ行こうと思っても、そこまで行かせてもらえなかった。

しかし、イスタンブールで知り合った現地の人たちに教えられ、戦地へ向かうことができた。

なぜ、彼は助けてもらうことができたのか。

それは、「息子を失った親の気持ちは、敵、味方なく、皆一緒だから」

国同士が敵味方であっても、市民レベルでは気持ちが通じ合える。

それが、この映画の良いところの1つだった。


ディバイナー戦禍に光を求めて3

なぜ、オーストラリア軍が遠く離れたトルコで戦うのか


では、なぜ、そんなに遠く離れたトルコの地までオーストラリア軍がいかなければならなかったのか。

その答えは、この映画の中の、トルコ軍とオーストラリア軍の会話の中にあった。

「私たちは土地が欲しくて戦ったわけではない。正義のために戦ったのだ」

では、その戦争がコナー家にもたらしたものは何だったのか。

息子たちの戦士の知らせ、妻の自殺、自殺したからといってミサもあげてくれない教会、全てを失った父。

一家に大きな傷跡を残し、多くの命を犠牲にして得られた正義とは一体何なのか。

それを、多くの骨が眠る戦地を目の前にして、オーストラリア軍兵士は語る。

では、土地が得られれば報われるのか。それも違う。

戦争なんてしても、失うものが多すぎるのが現実なのだ。

ディバイナー戦禍に光を求めて4

助けてくれたのは元敵国の兵士たちだった


さらに、皮肉にもコナーがトルコへ渡って得られた希望は、トルコ人との交流の中にあった。

オーストラリア軍もイギリス軍も、「No」と言って、何も助けてくれなかったのに、トルコ人たちが抜け穴や、情報をかき集めてくれる。

そして、彼らの助けがあって「長男が生きているかもしれない」という希望を手にする。

それぞれの国が敵同士でも、言葉を交わし、気持ちをシェアすれば必ず分かり合える。

本当の正義は戦いで得られるものでなく、コミュニケーションを通して得られるものだと教えてくれるシーンだった。

ここから、コナーの骨を拾う旅は息子を探す旅へとシフトチェンジしていく。

オーストラリア軍の静止も振り切って。

もしかしたら、トルコ人の情報はガセネタかもしれない。

しかし、彼の「水源占い人」としての直感が、「息子は生きている」と告げていた。

だから、息子をオーストラリアへ連れて帰るために、彼は旅を始めた。

最後まで一筋の希望を諦めないために。

彼は、確信した水源が出るまで諦めずに掘り続けるのだ。


ディバイナー戦禍に光を求めて5

子供は未来への希望である


そうして、トルコ人の助けを得ながらめぐり逢えた長男だったが、彼は弟たちを救えなかったことに責任を感じ、心を閉ざしていた。

その彼の心の闇も戦争が、彼ら家族にもたらしたものだった。

戦争がなければ、平和に暮らしていた家族が、戦争があったために戦死者がいて、それぞれが心に痛みを抱え、戦争に行っていない母までもが絶望することになった。

この映画の中で、とても印象的だったのは、コナーがイスタンブールで宿泊していたホテルの息子だった。

まだ小学生低学年ぐらいの彼の純粋無垢な笑顔の素晴らしさ。

映画で描かれていることは、とても辛いことばかりの中で、彼の笑顔が心の癒しになっていた。

彼は、この映画の中でコナーをトルコに招き入れる役割を果たした。

人種や宗教が違っていても子供には一切関係ない。

コナーはだだの大好きなおじさん。

そんな彼の存在が、トルコとオーストラリアをつなぐ希望に見えた。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ディバイナー 戦禍に光を求めて」DVD

ディバイナー 戦禍に光を求めて [DVD]

新品価格
¥2,654から
(2017/2/3 14:49時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演の映画「アウトロー」をNHK BSプレミアムで観た。

かつて陸軍兵で腕利きだった捜査官ジャック・リーチャーが、ある銃乱射事件にまつわる陰謀を暴く。

満足度 評価】:★★★☆☆

陸軍出身、腕利きの捜査官ジャック・リーチャーっていうわりに、事件は小ぶりで、あまり迫力がなかった印象だった。それでも、トム・クルーズのキレのあるアクションシーンは見応えあり。

出演トム・クルーズロザムンド・パイクリチャード・ジェンキンスロバート・デュバル、ヴェルナー・ヘルツォーク、デヴィッド・オイェオウォ、ジェイ・コートニー

監督クリストファー・マッカリー 2012年製作 アメリカ映画

「アウトロー」予告編 動画

(原題:JACK REACHER)




「アウトロー」 Blu-ray

アウトロー [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2016/6/23 23:26時点)



原作本「アウトロー」 上

アウトロー 上 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:38時点)



原作本「アウトロー」 下

アウトロー 下 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:40時点)



あらすじ


一般市民6人を無差別に殺害した銃乱射事件。

元兵士が容疑者として逮捕されるが、彼は事件について語ろうとせず、唯一要求したのは「ジャック・リーチャーを呼んでくれ」の一言だった。

ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)は、かつて陸軍で活躍した捜査官で、華々しい軍歴がありながら退役した人物で、その後の足取りがつかめていなかった。

そこへ、テレビのニュースでこの件を知ったジャック本人が、捜査本部に現れたのだが…。


アウトロー



アウトロー4


感想(ネタバレあり) トム・クルーズが謎の男??


果たして…。この映画は何を語りたかったのか。

「謎の男。ジャック・リーチャー」なのか、それとも「ジャック・リーチャーが巻きこまれた陰謀」なのか。

どっちつかずのまま、中途半端な形で終わってしまったように思う。

ジャック・リーチャーは、陸軍出身の腕利き捜査官。

華々しい軍歴がありながら、ある日突然退役し、姿を消してしまう。

その謎の男が、容疑者に指名されると、また突然に姿を現す。

「彼は一体何者なのか」について、多くは語られない。

しかし、残念ながら、このジャック・リーチャーにそんな想像もつかないような過去があった「陰のある人」のようには見えない

これは、「トム・クルーズが『つかみどころのない陰のある謎の男』に見えない」ってことに尽きるように思う。

この映画はすごくスケールは小さくなるけど、「『ミッション・インポッシブル』の新シリーズだよ」って言われたら、そう見えなくもない。

私からすると、例えばリーアム・ニーソンのような俳優が演じたらしっくりくるんじゃないかな~と思った。

アウトロー3

背筋の凍るような陰謀が欲しかった…


そして、もう一つの問題は、「ちっぽけな陰謀」だった。

元陸軍のエリートを巻きこんで、アメリカの政治を覆すような陰謀が…っていうのならまだしも、「地元の小さな会社を欲しかっただけ」っていうスケールの小ささにがっかり。

そんな大勢の人を巻きこんでの銃乱射事件なんか起こさなくたって、手に入れることはできたのでは??

そもそも、その会社が欲しいっていう理由がイマイチ伝わりづらかったんだよね。

本当は原作には、もっとそれなりの理由が描かれていたんじゃないだろうか。

ところが、映画はジャック・リーチャーを描くことに力を注ぎすぎて、その陰謀の方に時間が割けなかったんじゃないだろうか。

もっと背筋が凍るような理由あってこその陰謀だし、そこがサスペンスの面白さなので、その辺の見せ方をもっと丁寧にして欲しかった

アウトロー5

さすが、トム・クルーズのアクションはピカイチ


その中で、この映画でも「面白い」と思えたのは、トム・クルーズのキレのあるアクションシーンだった。

バーで5人の男に囲まても、手際よく倒していくシーンはすごく見応えあった。

しかし、最後の最後に、敵(ジェイ・コートニー)と向かい合った時、それまで散々、銃を乱射してきたにも関わらず、素手で闘うっていうは、ありがちなヒーロー的アクション映画の結末を観ているようでしらける。

なんだ。やっぱり、トム・クルーズをヒーローにしたかっただけの映画なんだなと思った。

ラスボス(ヴェルナー・ヘルツォーク)を殺してしまったのも、意味がよく分からなかった。

あのラスボスは、結局、何者だったんだ??

アウトロー2

続編への期待


ということで、なんだか批判とモヤモヤの多い感想になってしまった。

トム・クルーズ程の人になると、出演作があまりにも多すぎて、似たような役を演じると、全て同じように見えてしまう。

この「アウトロー」も、近々続編が公開されるという。

それならば、「ジャック・リーチャー」にしかできない「何か」個性をつけないと、他の映画と並列して埋没してしまう

なぜ、トム・クルーズがジャック・リーチャーをやるのか

その位置づけをキチンと考えた続編を期待している。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「アウトロー」 Blu-ray

アウトロー [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2016/6/23 23:26時点)



原作本「アウトロー」 上

アウトロー 上 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:38時点)



原作本「アウトロー」 下

アウトロー 下 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:40時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「ターミネーター:新起動/ジェネシス」をWOWOWで観た。

人気シリーズ第5作。2029年。核戦争後の世界。人類の救世主ジョン・コナーの父となるカイル・リースがサラ・コナーを守るため、1984年に送られるが…。


映画「ターミネーター:新起動ジェネシス」


満足度 評価】:★★☆☆☆

退屈だった。これは無いなーーーと思いながら観ていた。

結局のところ、最後まで何をしたかったのか良くわからない映画だった。

「ターミネーター:新起動/ジェネシス」予告編 動画

(原題:TERMINATOR: GENISYS)





キャスト&スタッフ


出演者





J・K・シモンズ



監督

〇アラン・テイラー


2015年制作 アメリカ映画




あらすじ


2029年、人間対マシンによる核戦争後の世界。

人類の救世主となるジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)は、彼の母であるサラ・コナー(エミリア・クラーク)を守るため、仲間であるカイル・リース(ジェイ・コートニー)を1984年へ送る。

カイルには、彼の知らないミッションとして、ジョンの父親になるという使命も含まれていた。

そして、1984年に降り立ったカイル・リースだったが、そこはジョンも想定していない世界が待っていた。





感想(ネタバレあり)


どんでん返し?どこが??


↑ ここに貼ってあるポスターによれば、このシリーズの元ネタである「ターミネーター」と「ターミネーター2」を監督したジェームズ・キャメロンは

期待を遥かに超える大どんでん返し。必見の作品だ!!

というコメントを残しているらしい。

はぁ??どこにどんでん返しがありました??どこが必見ですか??

っていう気分で、「けっ」っと言いながら、このポスターを観た。

私は、この「ターミネーター」シリーズは、全作観ていて、その中でも、面白いのは「ターミネーター」と「ターミネーター2」だけだと思っている。

そんな私からしたら、この第5作が、その前作2つの全てをひっくり返し、今まであったことは全て無かったことにした時点で、「なんだこれ。ターミネーターの意味がないな」と思った。

さらに、今の時代に合わせサイバーダイン社もバージョンアップさせたあたりで、「そんなことするんだったら、全く違う映画にするか、完全なリブートにすれば良かったのに」と思った。


映画「ターミネーター:新起動ジェネシス」アーノルド・シュワルツェネッガー


敵がバージョンアップしたつもりが弱くなってる気がするーーー


これは、作品が迷走しているようにしか見えない。

私は、なぜキャメロンが上記のようなコメントを残したか、全く想像がつかないが、この第5作では、これまでの作品から何を残し、何を再構築したかったのかが全く見えなかった

結局、何をしたかったんだろうか

まず、サイバーダイン社はこれまで精密機械の会社で、将来的には軍事産業で人工知能を使い、人間を脅かす存在になるはずだったが、この第5作では、世界中で10億人が使用する端末のOS(ジェネシス)の制作会社に変わっている。

そのOS(ジェネシス)にウイルスとして人工知能を仕込み、人工知能は端末を手放せない人間を支配するようになる

なるほど。ってことは、私たちは数年後、携帯のSiriに支配されるんだね(笑)

Siriはウイルスではないけどね(笑)

ロボットの方が目に見える形で具体的だし分かりやすく、観客を納得させやすかったのに、なんでいきなりOSにしちゃったんだろう。

そのせいなのか、そのおかげなのか、人間vsマシンの戦いは、人間がサイバーダイン社のサーバーセンターを破壊すればそれで終了というとてもイージーな戦いになってしまった。

世界中に売られている軍事用ロボットの一つ一つ、宇宙を飛んでる衛星の一つ一つに人工知能が仕込んであって、それぞれが、それぞれに反乱を起こすから、誰も止められなかったんじゃないの??

なんか、しょぼいよね。アニメとかテレビゲーム観てるみたいだと思った


映画「ターミネーター:新起動ジェネシス」アーノルド・シュワルツェネッガーとエミリア・クラークとジェイ・コートニー


それで、ジョン・コナーはどうなるの??サラにターミネーターを送ったのは誰??


そん中、「ターミネーター」、「ターミネーター2」の頃から変わらないものは、シュワルツェネッガーのターミネーターと、サラ・コナーの運命の人はカイル・リースということだけ。

ジョンは、結局マシンに支配されてしまったし、1984年から2017年に勝手にタイムスリップしてしまったサラ・コナー。

そうなると、ジョンが生まれたとしても、年齢は変わってしまうし、それでも、ジョンは人類の救世主なのか??

それとも、絶対に核戦争は起きないのか??

そうなるとさぁ、やっぱり、もう「ターミネーター」っていう映画のコンセプトからずれるんだよね。

さらに、7歳のサラ・コナーにターミネーターを送ったのは、結局誰だったんだ??

伏線を作るんだったら、最後にちゃんと収拾しましょうね。

はぁ。なんだか、先を決めずに「これはインパクトがあるだろう」とか、「こうした方が衝撃的だろう」っていうその場しのぎの展開が続いて、とても残念だった。


映画「ターミネーター:新起動ジェネシス」アーノルド・シュワルツェネッガー


主演はアーノルド・シュワルツェネッガーと新星女優エミリア・クラーク


主演は、LA州知事の仕事を終え映画界に戻ってきたアーノルド・シュワルツェネッガー

古い機種のターミネーターだからなのか?走らない、動きが遅い、感度が鈍い。

ターミネーター役にも限界なのかなーーと思う。

そろそろ、新しい人でリブートする時期なんじゃないかな??



そして、もう1人の主役、サラ・コナーを演じたのはエミリア・クラーク

決して、このサラ・コナー役がはまり役だったとは思わないが、彼女自身は、現在注目されている女優の一人。

彼女は、TVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で人気女優となる。

そして、「ターミネーター:新起動/ジェネシス」を経て、現在、アメリカで公開されている新作映画「Me Before You」に出演。

それが、下半身不随の実業家男性と介護人の恋という地味な作品に関わらず、「X-MEN:アポカリプス」や「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」などの大作が並ぶ中、それらに負けないスマッシュヒットの興行成績を上げている。

まさに、これからが楽しみな女優の一人。


映画「ターミネーター:新起動ジェネシス」エミリア・クラーク



今後のお願い


結局のところ、もしも、今後、この「ターミネーター」の新たなシリーズを作るのだったら、キャスティングを一新して、ストーリーを組み直してリブート作品を作って欲しい

もう、ここまで崩されちゃうと、元ネタも破片しか残っていないけど(涙)

これ以上、こねくり回したら、破片すらもなくなってしまう気が…。

あの素晴らしかった「ターミネーター」「ターミネーター2」の素敵な思い出を壊さないでくれ!!

ファンからのお願いです…。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(字幕版)

ターミネーター:新起動/ジェニシス (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/9/17 15:23時点)



DVDで観る:「ターミネーター:新起動/ジェニシス」

ターミネーター:新起動/ジェニシス[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2018/9/17 15:22時点)











このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック