とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ジェフ・ダニエルズ



マット・デイモン主演、リドリー・スコット監督の映画「オデッセイ」を映画館で観た。

火星にたった一人取り残されてしまった宇宙飛行士が、なんとか地球へ帰ろうとする話。


オデッセイ



満足度 評価】:★★★★☆

本当に素晴らしい映画で、笑ったり泣いたり忙しかった!!

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「オデッセイ」予告編 動画

(原題:The Martian)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年3月2日 映画館で観た感想を掲載。

・2019年10月14日 NHK BS プレミアムでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「オデッセイ」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazonプライムで観る:「オデッセイ」(字幕版)

オデッセイ(字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/10/14 20:38時点)



DVDで観る:「オデッセイ」

オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥950から
(2019/10/14 20:40時点)



 ↓「音楽の趣味が最低」の隊長が選んだ宇宙に持って行きたい音楽はこちら

Songs from The Martian

新品価格
¥1,600から
(2019/10/14 20:44時点)



原作本「火星の人」(上)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥704から
(2019/10/14 20:45時点)



原作「火星の人」(下)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥704から
(2019/10/14 20:46時点)






キャスト&スタッフ


出演者

マット・デイモン

 
クリステン・ウィグ
…(「ゴーストバスターズ」、「ローラーガールズ・ダイアリー」、「LIFE!」、「宇宙人ポール」など)




…(ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」など)




監督

リドリー・スコット
…(「エイリアン:コヴェナント」、「オデッセイ」、「ワールド・オブ・ライズ」、「キングダム・オブ・ヘブン」、「ブレードランナー」、<製作総指揮>ドラマシリーズ「グッド・ワイフ 彼女の評決」など)


2015年製作 アメリカ映画





あらすじ


宇宙飛行士のワトニー(マット・デイモン)は、火星探索の任務中、嵐に遭遇、事故に遭い居場所も分からず、酸素レベルも低下してしまう。

他のクルーたちは、彼は助からないと判断し、火星から脱出してしまう。

しかし、ワトニーは奇跡的に一命をとりとめるが、残された食料は30日分しかなく、通信手段も途絶え、次の火星探索が4年後だという現実を知る…。





感想(ネタバレあり)


火星にひとりぼっちでも寂しくないのは音楽のおかげ!


この映画は、本当に面白かった!!

火星にひとりぼっち残されたワトニーの言動に笑ったり泣いたり笑ったり。



「何もない火星にひとりぼっち。地球に帰れる可能性はほんのわずか」と聞くと、悲しい気分になってくる。

しかし!70年代~80年代ダンスミュージックをBGMに観ていると、なぜか、観ているこちらが前向きな気分になってくる(笑)



もしもこのBGMが北島三郎的な演歌だったら、地球を思って切なくなって号泣するに違いない(笑)

音楽の力って本当にすごい。



映画「オデッセイ」



立ち止まって悩むより、行動して解決する。ワトニーのポジティブマインド


さ らにすごいのは、主人公ワトニーのポジティブマインド。

彼の言動はどれも素晴らしい。

その中でもすごく共感したのは、「悩んでる暇があったら行動せよ」という、その行動力



主人公のワトニーは、ある時突然火星にひとり取り残されてしまう。

もし、私がそうなったらと想像してみる。

きっと、やることがなくて「どうしよう・・・」と思って呆然としたまま時間が過ぎていくに違いない。



しかし、ワトニーは違う。

腕を組んで眉間にしわを寄せて悩んだりしない。

まずは「行動する」



食料が無ければ「ジャガイモを育てる」ことを考え、実際に植えてみる。

火星の砂では育たないかもしれないのに、失敗することは考えず、うまくいく方法(排泄物を肥料にする)を考える。



通信手段がなければ、「あの辺に昔使った通信機器があったはず」と思い、そこへ行ってみる。

もしかしたら無いかもしれないし、あっても壊れているかもしれないのに、きっとうまくいくと信じて行動する。

この行動力にすごく共感したし、真似したい!と思った。




映画「オデッセイ」



火星にひとりぼっち。困難の乗り越え方。ワトニーの場合


とても個人的な話になるけど、私は2016年2月に簿記検定2級の検定試験にチャレンジしていた。

検定試験では会社での会計処理の仕方について、数字やシチュエーションが与えられ、どのように処理をするか答えるのが主な内容。

検定試験直前は、ひたすら過去問やら、練習問題を解く日々だった。



中には、「ん??この問題は、どうやって解いたら良いんだろう」という問題に出会う。

そんな時、腕を組んで文章を読んでいても、ひらめきは降りてこない。

そういう時は、計算用紙に問題の内容を絵や数式にして書き出していくと、いつの間にか答えが導かれていく。



この映画中で、ワトニーが今まで過ごした日数を書き出したり、問題にぶつかるとまず行動する姿を見て、その難しい試験問題にぶち当たった時の自分を思い出した。



とても不思議なことに、すごーーーーーーく遠く離れた火星でワトニーがしている行動には、「私たちが日常生活で困難にぶち当たった時に、どうやって乗り超えていくか」のヒントがある。



まずは行動してみるとか、書き出してみるとか、成功も失敗もアウトプットして残すとか。

自己啓発本を1冊読むぐらいの生活のアドバイスがここにはあると思った。



映画「オデッセイ」



アカデミー賞主演男優賞にノミネート マットデイモン、男前な隊長 ジェシカ・チャステイン、史上最高に明るくて楽しい映画 リドリー・スコット監督


とにかく前向きで明るいワトニーを演じるのは、マット・デイモン

この映画でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

初めのうちは、胸板の扱った男も、日々ジャガイモだけの生活で最後にはガリガリに。



それでも、一切の悲壮感が無いのは、マット・デイモンの演技力。

悲壮感どころか、思わず爆笑してしまうシーンがいろいろあって、中でも、水を作ろうとして、酸素と水素を燃やした時に火力が強すぎて、爆発しちゃってドリフのコントみたいに煙がモクモクになってるワトニーが大好きだった。



もちろん、火星ひとりぼっちと言っても、地上クルーや、彼を助けに行くクルーたちもいる。

中でも一番印象に残っているのは、「音楽の趣味が最低」の隊長(笑)

演じているジェシカ・チャステインがすごく凛々しくて良かった!

隊長がいなかったら、ワトニーは地球へ帰れなかったよ!



監督はリドリー・スコット

私的には、リドスコ史上最高に明るくて前向きで楽しい映画だったと思う。

弟のトニー・スコットを自殺という悲しい事故で亡くされた後、深い悲しみを乗り超えた末に、「たとえ地球から遠く離れた場所にあっても、今ある命を大切にする」という思いを持ったのかなと思った。



映画「オデッセイ」



ツライ時に思い出したい アイアンマンのポーズ


この映画の中でいつまでも心に残るのは、ワトニーのアイアンマンのポーズ。

「隊長!僕はアイアンマンになります!!」

と言ったワトニーが、命がけでスーツの空気を抜いてアイアンマンのポーズをした時、とてもハラハラドキドキするシリアスなシーンだったのに、その姿に笑ってしまった。



これからは辛いことがあった時、あのアイアンマンのポーズを思いだせば乗り越えらる。

それぐらい、印象的なシーンだった。

それは、この映画全体の印象にもリンクしていて、だから、あのシーンは、この映画を象徴していると思う。



酸素ボンベが無くても普通に生きられる毎日がありがたく、地面に生えている雑草さえも愛おしく思う。

そう思えるような日々を過ごしたい。

本当に素晴らしい映画だった。



そして、この曲を聴きながら泣いた。

David Bowie Starman





見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「オデッセイ」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「オデッセイ」(字幕版)

オデッセイ(字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/10/14 20:38時点)



DVDで観る:「オデッセイ」

オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥950から
(2019/10/14 20:40時点)



 ↓「音楽の趣味が最低」の隊長が選んだ宇宙に持って行きたい音楽はこちら

Songs from The Martian

新品価格
¥1,600から
(2019/10/14 20:44時点)



原作本「火星の人」(上)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥704から
(2019/10/14 20:45時点)



原作「火星の人」(下)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥704から
(2019/10/14 20:46時点)














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クリント・イーストウッド監督・主演の映画「ブラッド・ワーク」をNHK BSプレミアムで観た。

FBI心理分析官が連続殺人犯を追うサスペンス映画。

満足度 評価】:★★☆☆☆(2.5)

クリント・イーストウッド監督作品でも、こんなに退屈な作品があるんだぁと思うぐらい退屈な作品だった。

それが、ある意味新鮮で、クリント・イーストウッドにも、良い作品もあれば、そうでもない作品もあって、今があるんだなと思うと、勇気が出る作品だった。

「ダーティ・ハリー」なクリント・イーストウッドが好きな方におススメ。

「ブラッド・ワーク」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:BLOOD WORK )




「ブラッド・ワーク」 特別版 DVD

ブラッド・ワーク 特別版 [DVD]

新品価格
¥549から
(2016/11/7 19:09時点)




キャスト&スタッフ


出演者

クリント・イーストウッド
…(「運び屋」、「グラン・トリノ」、「人生の特等席」、「ザ・シークレット・サービス」など)

ジェフ・ダニエルズ
…(「スティーブ・ジョブズ」、「オデッセイ」、「消されたヘッドライン」)

〇アンジェリカ・ヒューストン

監督・製作

クリント・イーストウッド
…(「運び屋」、「ハドソン川の奇跡」、「アメリカン・スナイパー」、「ジャージーボーイズ」、「インビクタス/負けざる者たち」、「グラン・トリノ」、「硫黄島からの手紙」、「父親たちの星条旗」など)


2002年製作 アメリカ映画


ブラッド・ワーク


あらすじ


FBI捜査官のマッケイレブ(クリント・イーストウッド)は、「コードキラー」と呼ばれる猟奇的な連続殺人犯を追っていた。

そのコードキラーは現場に必ず血文字でマッケイレブへのメッセージと9つの数字からなる暗号を残していた。

そしてある時、コードキラーの殺人現場で犯人のプロファイリングによく似た男を発見。

その男を追い始めるが、その途中で心臓発作を起こし、倒れてしまう。

その時、運よく心臓移植ができ、一命を取り留める。

それから2年後。

マッケイレブの前に「殺人事件で殺された妹がマッケイレブに心臓を提供した」という女性が現れる…。

ブラッド・ワーク3


感想(ネタバレあり)


クリント・イーストウッドにもこんな時期があったんだな


常に強い男、強くて良心的なアメリカを追求し続ける男クリント・イーストウッド

彼の全ての作品に目を通したいと思い、積極的に観ることにしている。

その中で、この「ブラッド・ワーク」は15年程前の作品ということもあり、少々色あせ、やや退屈な作品だった。

しかし、クリント・イーストウッドにもこんなに退屈な作品を作っていた時代があったということは、逆に私を勇気づけた。

この作品を制作した後の15年間の監督作品のラインナップはどれも素晴らしい作品ばかりだから。

当たり前だけど、クリント・イーストウッド程の人でも、こんな時代があったんだなぁと改めて思った作品だった。

その「ブラッド・ワーク」。

主人公はFBI捜査官のマッケイレブ。

彼は犯人の心理分析をプロファイリングを専門としている捜査官だ。

そんな彼の元へ挑戦状を送り続けているのが、コードキラーと呼ばれる連続殺人犯だ。

この映画は、ダーティ・ハリーが心理分析官に鞍替えしたような…。

ダーティ・ハリーのスピンオフ?延長戦??と思えるような作品だった。

ブラッド・ワーク5

当時、一般的になりつつあった「プロファイリング」


原作は当時のベストセラー小説で、日本でも翻訳・出版されているマイクル・コナリーの「わが心臓の痛み」だ。

原作本「わが心臓の痛み」〈上〉

わが心臓の痛み〈上〉 (扶桑社ミステリー)

新品価格
¥905から
(2016/11/7 12:26時点)



原作本「わが心臓の痛み」〈下〉

わが心臓の痛み〈下〉 (扶桑社ミステリー)

新品価格
¥905から
(2016/11/7 12:27時点)



この当時、心理分析官とかプロファイリングという言葉が一般的になり始めた頃だった。

この原作本も2000年に出版されている。

その後、海外ドラマの「クリミナル・マインド」のヒットがあり、「プロファイリング」という捜査方法も、珍しくもなんともないなってしまった。

「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪」 シーズン1 コンパクト BOX DVD

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

新品価格
¥3,709から
(2016/11/7 12:34時点)



むしろ、この映画で描かれている捜査方法も今となってはありきたり。

だから、公開から14年経った現在にこの映画を観て、ちょっと退屈だなとか色褪せてるなと思うのは、当然といえば当然の話でもある。

と思うと、私がこの映画に出会った時期が悪かったのかもしれない。

14年前に観ていれば、もっと面白く観ることができたのかもしれない作品だった。


ブラッド・ワーク4

すぐに犯人だと分かってしまったジェフ・ダニエルズ


しかし、やっぱりクリント・イーストウッドはすごいなぁと思うのは、この当時(2002年)で御年72歳。

それでも、恋愛がらみあり、セクシーシーンありの役を演じるんだからすごい。

そして、残念なのは、ジェフ・ダニエルズ

出てきた途端に、「あ、この人犯人かな」と思わせるキャスティングだった。

そのため犯人捜しの面白さも半減し、「コードキラー」の暗号解読も「ふーーーーん。そうなのね」ぐらいの印象しかない。

この当時、「ジム・キャリーはMr.ダマー」の大ヒットでコミカルな演技を得意としていたジェフ・ダニエルズは、シリアスな演技もできるところも見せ始めている時期だった。

だから、もしかしたら、この当時観ていた観客は、まさか、あのジェフ・ダニエルズが犯人のわけないよな。

ただの、人の良い隣人だよなっていうイメージで観ていたのかもしれない。

むしろ、最近のジェフ・ダニエルズはシリアスなイメージしかないので、観た瞬間に犯人だと分かってしまった。

そのキャスティングからしても、この映画と出会う時期を間違えた感がある。

ブラッド・ワーク2

「ダーティ・ハリー」なクリント・イーストウッドをもう一度


とはいえ、そんなクリント・イーストウッドの色男っぷりも、所轄警察や、保安官、FBIの縄張りを気にせずマイペースで捜査しちゃうところも、「ダーティ・ハリー」をふつふつと彷彿させるところあり。

そんなクリント・イーストウッドを楽しもうと思えば、楽しめるし、「あぁ古臭い映画だな」と思ってしまったら、そこまでの作品になってしまう。

まぁ、結局、良い面も悪い面も含めて、クリント・イーストウッドは偉大ですごい俳優であり、監督だというのが良く分かる作品になってるんだと思う。

私としては、なぜ、この映画にアンジェリカ・ヒューストンがキャスティングされているのか、最後まで謎だった。

誰でもできる役だったのに…。






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ブラッド・ワーク」 特別版 DVD

ブラッド・ワーク 特別版 [DVD]

新品価格
¥549から
(2016/11/7 19:09時点)



原作本「わが心臓の痛み」〈上〉

わが心臓の痛み〈上〉 (扶桑社ミステリー)

新品価格
¥905から
(2016/11/7 12:26時点)



原作本「わが心臓の痛み」〈下〉

わが心臓の痛み〈下〉 (扶桑社ミステリー)

新品価格
¥905から
(2016/11/7 12:27時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マイケル・ファスベンダー主演、ダニー・ボイル監督の映画「スティーブ・ジョブズ」を試写会で観てきた。

iMacやiPhoneなどで知られるApple社の元CEO、スティーブ・ジョブズがiMacで成功するまでの舞台裏。

これは、スティーブ・ジョブズのサクセス・ストーリーではなく、その人間性に迫った作品。

スティーブ・ジョブズのダメ人間っぷりがすごく面白かった。

【満足度】:★★★★☆

「スティーブ・ジョブズ」予告編 動画

(原題:STEVE JOBS)





「ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1」

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1

新品価格
¥1,080から
(2016/2/6 02:08時点)



◆「アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝

新品価格
¥2,160から
(2016/2/6 02:11時点)



あらすじ


1984年Apple社は、新製品(Macintosh マッキントッシュ)の発表会を控え、CEOのスティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は、デモンストレーションで使うPCがうまく動作しないことにイラついていた。

その時、楽屋を訪れてきたのは、元恋人のクリスアン(キャサリン・ウォーターストン)と、娘のリサだった。

リサがスティーブ・ジョブズの娘であることを認めてもらい、養育費を上げてもらうために。

そんな様子を見ていたマーケティング担当のジョアンナ(ケイト・ウィンスレット)は、スティーブとクリスアンを二人きりにするために、リサを会場へ案内するのだが…

スティーブ・ジョブズ


感想(ネタバレあり) Macを使うとパニクるWinユーザー


お使いのPCは、Windowsですか? Macですか?

私は、PCを使い始めた頃からずっとWin派で、Macはほとんど触ったことも無い。

でも、ごくたまに、Macを使う機会があると、「Ctrlキーはどこ?」「Altキーはどこ?」「F2キーはどこぉぉぉぉ?」「どうしても右クリックしちゃうんだけどぉぉぉぉ」

と、数分でイラついて、パニック状態になる(笑)

主人公、「スティーブ・ジョブズ」という人は、Apple社でそのMacを作り、この世に広めた人。

それで、この映画を観て分かったことが、この「イラつきそのものがMacなんだ」なってこと。

スティーブ・ジョブズ2

Macはそもそもユーザーに優しい製品を作っていない


普通、何か製品を買って、使い心地が悪かったらメーカーに苦情を言うよね。

それで、感度の良いメーカーだと、次回のバージョンアップで即修正したりしてくるれることもある。

しかし、このApple社の、スティーブ・ジョブズという人は、

ユーザーの使い心地を、絶対に優先しない人

なぜなら、そんなことをしていたら、彼の夢に描いた製品が現実化しないから

だからもしも、さっきの私のようなWinユーザーが、これでは使いづらいから「Ctrlキーをつけてくれ」、「マウスは右クりを使えるようにしてくれ」と言ったところで、「そんなことは知ったこっちゃない」と言われるに違いない

この映画で描かれる、スティーブ・ジョブズとは、常に30年、50年先を見越した製品を頭の中に描き、それを現実化するためなら、どんなことでもやり、周りを巻きこんで、絶対に現実化させる。

そのために、「他人の意見に耳を貸す」なんてことは絶対にしない。

でも、その傲慢ぷりが、まさに、AppleのPCな訳よ。

スティーブ・ジョブズ2

MacのPCはスティーブ・ジョブズそのもの


スティーブには熱狂的な、というよりも信者的なファンが大勢いる。

彼の製品を愛し、新商品が出ると、誰よりも先にその使い心地を試したくなる。

そんな人たちにしてみれば、Macは夢のPCだ。

しかし、私のようなWinユーザーからしたら、「なんで、アンタだけルールが違うのよ」とイラついてしまう。

それは、まさにスティーブ・ジョブズの生き様そのもの。

スティーブの夢に乗り、彼をスターのように演出するのは、マーケティング担当のジョアンナ(ケイト・ウィンスレット)。

誰よりも、もしかしたら本人よりも彼を理解していた彼女は、すぐに周りと衝突するスティーブの感情面をうまくコントロールし、スターであり、Apple信者の教祖であるスティーブを作り出した。

しかし、彼をよく思わない人たちにとって、何も話を聞こうとしないスティーブは、まさにイラつきそのもの。

その他者を一切受け入れようとしない姿が、MacのPCそのもの。

製品とは、その製品を生み出した人を写す鏡なんだなぁ

スティーブ・ジョブズ3

娘との関わりで成長していく、人間・スティーブ・ジョブズ


そんなこの映画の中で、私が最も印象的だったのは、娘・リサとの関わりだった。

出会ったころは、リサを自分の娘だと認めようともしなかったスティーブが、長い年月を経て、彼女の攻撃的な性格を見て、彼女を娘として愛するようになる。

そして、衝撃だったのは、スティーブがリサとのケンカで、

「私は欠陥人間だから」

と自分自身の欠点を認めたところ。

1984年の時に5歳だったリサが19歳になるまでの14年間に成長したように、スティーブもその間、自分が作った会社から追放されるという屈辱を味わいながら、成長していた。

その時、ずーっと二人の間のわだかまりだった彼の過失を認めたことで、リサとの仲が改善される。

それは、iMacの成功前夜。

ここから、Appleが世界的に成功していったのは偶然ではない。

スティーブ・ジョブズ4

アカデミー賞ダブルノミネートの主演男優、主演女優


主役のスティーブ・ジョブズを演じたのは、マイケル・ファスベンダー

この作品で、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされる。

1984年の垢抜けない青年が、少しずつ垢抜けて、スターになっていくまでの姿が衝撃的にうまかった。

孤高の欠陥人間って感じが良かったなぁ。

マイケル・ファスベンダーは、「X-MEN:ファーストジェネレーション」のマグニート役で有名。

他の作品には、「エイリアン:コヴェナント」「光をくれた人」「FRANK-フランク-」「それでも夜は明ける」など

ビジネスパートナーとして、常にスティーブを支え続けるジョアンナには、ケイト・ウィンスレット

いつもの華やかなケイト・ウィンスレットは全て封印して、とにかく地味(笑)

しかし、彼女もマイケル・ファスベンダーと同じく、徐々にすごく微妙なさじ加減で垢抜けていく姿が良かったなぁ。

他の出演作に、「女と男の観覧車」「とらわれて夏」「コンテイジョン」「ダイバージェント」「ネバーランド

監督は、ダニー・ボイル

私には、この映画が、まるでシェイクスピア悲劇…Apple王国で国を大きくしたスカリー王と、彼を王座から落とそうとするスティーブ王子、有能な策士のジョアンナと、妻の不貞と隠し子の話…のように見えたのは、イギリス人のダニー・ボイルが監督だからかなぁ。

彼は、私にとっては「トレインスポッティング」をこの世に送り出してくれたことだけでも感謝したい人。

大好きなんだよねぇ

他の監督作には「スラムドッグ$ミリオネア」「127時間」「28日後」など


スティーブ・ジョブズ6

監督の独自の切り口で描いたからこその「スティーブ・ジョブズ」


ここには、サクセスストーリーが描かれていない。

サクセスストーリーが観たかったと言ったところで、それは、「知ったこっちゃない」こと。

だったら、彼の伝記でも読めばいいと言われそう。

そんな、ダニー・ボイルにしかできない切り口で描いたところが、まさに「スティーブ・ジョブズ」であり、「他者を引き寄せない」孤高の存在となる。

いや~、でも、あれだけ有名なスティーブ・ジョブズが「性格的に欠陥人間だった」っていう作りにするなんて、かなり勇気ある決断だったろうなぁ。

しかし、やっぱり、何事も、やる!と決めたら最後まで貫き通した人間が勝つんだなぁ。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1」

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1

新品価格
¥1,080から
(2016/2/6 02:08時点)



◆「アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝

新品価格
¥2,160から
(2016/2/6 02:11時点)

















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
新作映画の話題 に参加中!
マイケル・ファスベンダー主演、ダニー・ボイル監督、2月12月公開予定の新作映画「スティーブ・ジョブズ」の予告編を観た。

先日、日本版ポスターが解禁になったことをツイッターで知り、「アカデミー賞最有力」のキャッチが気になり、動画を観たくなったのが、そのきっかけ。


*** 受賞歴 ****

第41回LA映画批評家協会賞
主演男優賞(マイケル・ファスベンダー) 受賞

第19回 オンライン映画批評家協会賞
主演男優賞(マイケル・ファスベンダー) 受賞

第73回ゴールデングローブ賞 2016 映画部門
助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)、脚本賞(アーロン・ソーキン) 受賞

************

「スティーブ・ジョブズ」予告編 動画

(原題:Steve Jobs)





「スティーブ・ジョブズ」ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

スティーブ・ジョブズ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,127から
(2016/6/4 20:14時点)



原作本「スティーブ・ジョブズ 1」

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1

新品価格
¥1,080から
(2015/11/27 10:29時点)



原作本「スティーブ・ジョブズ 2」

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 2

新品価格
¥1,080から
(2015/11/27 10:31時点)



「誰もが知ってる」スティーブ・ジョブズ


一般家庭の小さなガレージからスタートしたアップル社。

最初は軍事的な目的で開発されたコンピューターを身近なものにした功労者は、創業者でありながら、その性格から、一度は会社をクビに。

しかし、再び会社へ復帰すると、そこからiMacや、iPhoneなどなど、ヒット作品を世に出し続ける・・・。

という、知ってい人は知っているスティーブ・ジョブズのお話。

予告編では、そんなガレージのシーンや、奥様とのケンカ、アップルへ復帰する様子などを見ることができる。

まれに見る天才なのは確かだけど、性格破綻者だったという話も聞こえてくるスティーブ・ジョブズ。

世界的に有名な人で、彼について書かれているいろんな本も出回っているだけに、この映画は、どんな視点から描くかを注目したいところ。


スティーブ・ジョブズ

アカデミー賞監督 ダニー・ボイル


監督は、ダニー・ボイル。

「28日後」「スラムドッグ$ミリオネア」「127時間」などなど、アカデミー賞作品や、ヒット作など様々な作品を撮っている監督だけど、私はなんと言っても、「トレインスポッティング」なんだなぁ。

多分、「トレスポ」が無かったら、今の私の映画ライフはないんじゃないかと思える程に、私にとって、とても影響力の大きな作品。

「トレスポ」は、「トレスポ」でオリジナルメンバーで続編を作るって噂を聞いているので、いつか、それはそれで記事を書きたい。

今回のダニー・ボイル版「スティーブ・ジョブズ」では、人間「ジョブズ」をどんな方角から、どんな視点で描くのかが、すごく楽しみなところ。

ダニー・ボイルって、狂人とか、変人とか、変態とか得意でしょ。

ダニー・ボイルが見た「スティーブ・ジョブズ」がとても楽しみ。

スティーブ・ジョブズ2

マイケル・ファスベンダー (=スティーブ・ジョブズ)、共演 ケイト・ウィンスレット


スティーブ・ジョブズを演じるのは、「エイリアン:コヴェナント」「光をくれた人」「X-MEN:フューチャー&パスト」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「FRANK-フランク-」のマイケル・ファスベンダー。

もう、X-MENのせいでマグニートのイメージが強いマイケル・ファスベンダーだけど(笑)、予告編を見る限りでは、パソコンのことしか考えてない仕事人間のスティーブ・ジョブズに完全になりきってるのが良く分かる。

そして、期待したいのは、共演のケイト・ウィンスレット(「とらわれて夏」「コンテイジョン」「ダイバージェント NEO」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ネバーランド」など)

予告編でも、彼女の姿を見ることができるけど、どんな役回りなのかな?彼女はジョブズの理解者?それとも、犬猿の仲??

なんて、想像しながら、この予告編を観るのも楽しい。

まぁ、まぁ、いずれにせよ、個人的に、ケイト・ウィンスレットは大好きな女優さんなので、とても楽しみ。

作品としても、俳優さんたちの演技も、ジョブズの人間性の描かれ方もとても楽しみなこの「スティーブ・ジョブズ」は、2月12日公開予定。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「スティーブ・ジョブズ」ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

スティーブ・ジョブズ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,127から
(2016/6/4 20:14時点)



原作本「スティーブ・ジョブズ 1」

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1

新品価格
¥1,080から
(2015/11/27 10:29時点)



原作本「スティーブ・ジョブズ 2」

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 2

新品価格
¥1,080から
(2015/11/27 10:31時点)
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ラッセル・クロウ主演の映画「消されたヘッドライン」を観た。

途中まではすごく面白いんだけど、最後になって、「あぁそういうオチなのか~」って、オチにガッカリする映画

この映画の原作は、イギリスのTVドラマ


満足度 評価】:★★☆☆☆

そう言われてみれば、2009年公開当時、私は元ネタのイギリスのドラマの方を見ていた。

最後のオチまで知っていたから映画は見なかった。

6年経って、そんな事情はすっかり忘れていて、今になってハリウッド映画版を見た。



「消されたヘッドライン」予告編 動画

(原題:state of play)





ネット配信で観る:消されたヘッドライン(字幕版)

消されたヘッドライン(字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2017/12/17 17:12時点)



DVDで観る:消されたヘッドライン [Blu-ray]

消されたヘッドライン [Blu-ray]

新品価格
¥1,018から
(2017/12/17 17:13時点)



スタッフ & キャスト


出演者

ラッセル・クロウ
…(「ある少年の告白」、「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」、「ナイスガイズ!」、「ディバイナー 戦禍に光を求めて」(兼監督)、「レ・ミゼラブル」、「3時10分、決断の時」、「ノア 約束の舟」、「ワールド・オブ・ライズ」、「パパが遺した物語」など)

ベン・アフレック(兼 監督・脚本・製作)
…(「夜に生きる」、「ザ・コンサルタント」、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」、「ジャスティス・リーグ」、「ゴーン・ガール」、「ペイチェック 消された記憶」、「世界で一番パパが好き!」、<監督・主演>「アルゴ」、「ザ・タウン」(兼 脚本)など)

ヘレン・ミレン
…(「ワイルド・スピード ICE BREAK」、「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、「黄金のアデーレ 名画の帰還」、「マダム・マロリーと魔法のスパイス」、「クイーン」など)

レイチェル・マクアダムス
…(「ドクター・ストレンジ」、「サウスポー」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「誰よりも狙われた男」、「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」、「きみに読む物語」など)

ロビン・ライト
…(「ブレードランナー 2049」、「ワンダーウーマン」、「フォレスト・ガンプ/一期一会」、「誰よりも狙われた男」、ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」など)

監督

〇ケヴィン・マクドナルド
…(「ラスト・キング・オブ・スコットランド」など)


2009年製作 アメリカ映画



あらすじ


ある軍事産業大手についての聴聞会の日。

その前日と当日に、2件の殺人と、1件の地下鉄事故により、二人が死亡。一人が意識不明

新聞記者のカル(ラッセル・クロウ)は、この事件と、聴聞会には何か関係があるのではないかと調査を始める

カルの同僚で新人記者デフ(レイチェル・マクアダムス)も、同じ路線で取材を始め、二人で協力して聞き込みをすることに

実は、その聴聞会で委員長を務める議員スティーブン(ベン・アフレック)は、カルの親友

カルとデフのボスである編集長(ヘレン・ミレン)は、カルに他紙では書けないスティーブンのネタを書くようにプレッシャーをかけるが・・・


※ネタバレ注意
 この感想には、ネタバレが含まれておりますので、ご注意ください


感想(ネタバレあり)


この映画に期待していたもの・・・


始めのうちは、アメリカの金にまみれた軍需産業にメスを入れるのではないかと期待して観ていた。

軍事産業側からが将来有望の国会議員にハニートラップをしかけたり、

事件を追っていくうちに重要参考人はどんどん殺されていくし、これは、きっと裏に大きな何かがいて、全てを操ってて、バッサリ切るんだろうなぁ・・・って期待が膨らんでいく。

ところが、最後の最後で、全てが議員の下半身のだらしなさが引き起こした事件だとわかる。

そこでガッカリ。



消されたヘッドライン



国会議員が失脚するのは、どこの国でもスキャンダルが原因・・・


その時になって、そういえば、6年前にこの映画の元になったイギリスのドラマを見て、ラストのオチが嫌いだからって、この映画観るのやめようって思ったことを思い出した…。

元凶は軍事産業ではなく、国会議員へ流れている賄賂でもなく、ただの下半身問題…。



なんだよそれ~。かなりの期待外れ。

皮肉屋のイギリスらしく、国会議員をスキャンダルで失脚させるとか、ある意味すごくリアル。

それは、日本でもよくある話。



愛人作って、隠し子ばれちゃって失脚しちゃうとか。

そんな国会議員の姿見ると、あぁあってがっかりするよね

そのガッカリ感によく似てる



やっぱり、6年前に思った通り、この映画嫌いなんだなって思った。

再確認だった(笑)






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:消されたヘッドライン(字幕版)

消されたヘッドライン(字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2017/12/17 17:12時点)



DVDで観る:消されたヘッドライン [Blu-ray]

消されたヘッドライン [Blu-ray]

新品価格
¥1,018から
(2017/12/17 17:13時点)









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック