ケン・ローチ監督の映画「ジミー、野を駆ける伝説」をWOWOWで観た。

アイルランドで、裁判もなく国外追放となった実在の人物ジミーの物語。

【満足度】:★★★☆☆(3.5)

すごく面白かったわけではないけど、知らなかったアイルランドの歴史を知ることもできたし、大好きなアイリッシュダンスも見ることができた。

「ジミー、野を駆ける伝説」予告編 動画

(原題:JIMMY'S HALL)





「ジミー、野を駆ける伝説」DVD

ジミー、野を駆ける伝説 [DVD]

新品価格
¥3,809から
(2016/3/9 00:28時点)



あらすじ


1932年のアイルランド。

10年前の内戦当時、活動家だったジミー・グラルトン(バリー・ウォード)は、アメリカから故郷へ帰郷する。

久しぶりの故郷は、静けさを取り戻すように見えたため、住民たちからの強い要望もあったことから、当時集会所として使用していた「ホール」を再開する。

そして、彼らは音楽や、ダンス、芸術をそこで学び始める。

しかし、地域の教会の神父はそのことをよく思っていなかった…。

ジミー野を駆ける伝説

感想(ネタバレあり) 伝説の男ジミーとは??


アイルランドの田舎町に、ジミーという人がいた。

彼は、他の人よりもちょっと進んだ考え方を持っていて、地域住民が集まることができるホールを作った。

そして、そこで何も娯楽のない農民たちが、音楽やダンスや絵画を学べるようにした。

農家の人たちが通えるカルチャースクールのような感じかなぁ。

しかし、彼はキリスト教に所属していなかったために、、危険分子のリーダーとして、目をつけられてしまった。

そこで、逮捕され、投獄されることを恐れたジミーはほとぼりが冷めるまでアメリカへ逃亡。

10年後、アイルランドへ帰郷するが、結局同じことの繰り返しになってしまい、最終的には裁判にもかけられることなく、強制的に国外追放にされてしまった。

その後、アイルランドの地元では、伝説の男として語り継がれるようになったというお話。

このジミーという人は、実在していたんだなぁ。

でも、国外追放になってしまったから、アイルランドの歴史には残っていないらしい。

ジミー野を駆ける伝説2

言論弾圧の先頭に立っていたのは神父だった


私がこの映画を観ていて、一番意外だったのは、IRAの人たちはアイルランドの人たちの代表であって、国民の味方だと思っていたのに、この映画の中では、教会や警察と結託して、積極的に赤狩りをしていたこと。

それには、ちょっとビックリした。

私の中では、IRAは虐げられたアイランドの代表、すなわち「善」だったので、それが「悪」だと認識するまで、ちょっと混乱してしまった。

で、この部分はアイルランドの人たちにとっては、当たり前のことのようで、特にこれといった説明も無かったから、それは、この地域だけのことなのか、国全体がこうだったのかとか、理解するのに時間がかかってしまった。

まぁ、そもそもおかしいのが、神父が先頭に立って言論を弾圧しちゃってるところ。

ここの部分も事実だとしたら、恥を知れって感じだよね。

神父は弾圧する方じゃなくて、市民をかくまっても守る方だろう。

結局、まるで クー・クラックス・クラン(kkk)のような神父の一声で、ジミーは国外追放に。

あぁ、お母さんがかわいそう。

ジミー野を駆ける伝説3

アイルランドが生んだ芸術。アイリッシュダンス


しかし、この映画を観て、私が嬉しかったのは、大好きなアイリッシュダンスを観られたこと。

私、かつてリバーダンスが大好きで、劇場に見に行ったんだよねえ。

今日は、この映画を観ながら、昔大好きだったリバーダンスを思い出したよ~。

市民がホールに集まると、あの素晴らしい音楽が聴こえてきて、みんながダンスを踊り始めるっていうのが良かった。

あのダンスと音楽は、本当にあの土地から生まれたものなんだなと確信した。

素晴らしきリバーダンスをご存じない方は、こちらから
▼  ▼  ▼



市民の味方のケン・ローチ


監督は、イギリスを代表するケン・ローチ

常に一貫しているのは、ケン・ローチは「市民の味方」であるということ。

この映画の神父とは大違いだね。

特に、真面目に生きている貧しい市民にすごく同情的な視線を持っているのが、ケン・ローチの特色。

その常にぶれないクオリティが、この人が世界中から信頼され、常に各地の映画祭から呼ばれる理由なんだなぁ。

私も、ケン・ローチの映画を見る時は、ちょっと辛い思いをする覚悟をしてから見るもんね(笑)

この映画に限っては、そんなに辛い思いもしなかったけど。

他の監督作品には、「麦の穂をゆらす風」、「この自由な世界で


ジミー野を駆ける伝説4


当たり前のようで、当たり前ではないこと


この映画では、アイルランドの赤狩りが描かれている。

当時は、アイルランドだけでなく、イギリスもアメリカも発言の自由はなかった時代の話。

当時を思うと、毎日、こうしてブログを自由に書けるだけでも、とてもありがたいこと。

言論の自由も、娯楽を楽しむ自由も、今では当たり前のことだけど、その当たり前のことを手に入れるために、戦った人たちもいたんだなということを、胸に刻んでおくべし。

決して、当たり前のことではないのだね。

しかし、アイルランドの緑が素晴らしく美しかった。

いつか実際に行って観てみたい美しさだった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ジミー、野を駆ける伝説」DVD

ジミー、野を駆ける伝説 [DVD]

新品価格
¥3,809から
(2016/3/9 00:28時点)