とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ジョン・マッデン



ジェシカ・チャステイン主演の映画「女神の見えざる手」を映画館で観た。

政界で最も信頼されているロビイストのリズが銃規制法案の票集めのために、大手ロビー会社から小さな会社に移籍し奮闘する社会派ドラマ。


満足度 評価】:★★★★☆

ジェシカ・チャステイン演じるロビイスト、リズ・スローンの辣腕ぶりにグイグイと引き込まれながら観た!

正直、こんなに面白い映画だと思っていなかったので、ちょっとビックリした。

アメリカの銃社会を変えることは不可能。そう言われてきた。しかし、本当に不可能なのか。

一人の女性ロビイストが不可能を可能にする。



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想
  6. 関連記事


「女神の見えざる手」予告編 動画

(原題:MISS SLOANE)



更新履歴・公開、販売情報

・2017年10月30日 映画館にて鑑賞した感想を掲載。

・2018年10月21日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。

映画『女神の見えざる手』公式サイト



ネット配信で観る:「女神の見えざる手」(字幕版)

女神の見えざる手(字幕版)

新品価格
¥2,160から
(2018/10/21 16:12時点)



DVDで観る:「女神の見えざる手」

女神の見えざる手 [Blu-ray]

新品価格
¥4,112から
(2018/10/21 16:13時点)



ロビイストが気になったら…「敏腕ロビイストが駆使する 人を意のままに動かす心理学」

敏腕ロビイストが駆使する 人を意のままに動かす心理学

新品価格
¥1,728から
(2017/10/30 14:58時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ジェシカ・チャステイン
…(「モリーズ・ゲーム」、「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」、「オデッセイ」、「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」、「インターステラー」、「MAMA」など)

マーク・ストロング
…(「シャザム!」、「キングスマン:ゴールデンサークル」、「キングスマン」、「記憶探偵と鍵のかかった少女」、「イミテーションゲーム」、「リピーテッド」、「ワールド・オブ・ライズ」、「シャーロック・ホームズ」、「裏切りのサーカス」、「キック・アス」など)

ググ・ンバータ=ロー
…(「砂上の法廷」、「幸せの教室」など)

〇アリソン・ピル

ジョン・リスゴー
…(「ザ・コンサルタント」、「インターステラー」、「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」、「シビル・アクション」など)



監督

ジョン・マッデン
…(「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」、「恋におちたシェイクスピア」、「マリー・ゴールドホテルで会いましょう」など)


2017年製作 フランス・アメリカ合作映画



女神の見えざる手




あらすじ


エリザベス(通称:リズ)・スローン(ジェシカ・チャステイン)は、政界で最も信頼されているロビイストのひとり。

そんな彼女が勤務するロビー会社では、銃規制法案に反対票を集める仕事を請け負うことになった。

彼らの裏側にある銃器メーカーを考え、このロビー活動に成功すれば莫大な利益が会社に入ってくると幹部たちは計算し、リズのチームをその仕事に指名した。

しかし、リズ本人は銃規制法案に賛成派のため、その仕事を請け負うことができないと判断し、これまで勤務していた会社を辞め、銃規制法案に賛成派のロドルフォ・シュミット(マーク・ストロング)がCEOを務めるロビー会社へ転職することに。

そして、彼女はこれまで共に戦ってきたチームのメンバーのうち、リズの意見に賛同する者をシュミットの会社へ連れて行ってしまう。

だが、銃規制法案を可決させるのは、なかなか一筋縄ではいかず…。



女神の見えざる手2



感想(ネタばれあり)


ロビイストとは何をする仕事なのか


ロビイストと言われても、あまり日本ではピンとこない職業ではないだろうか。

東京オリンピックを誘致する時に、その職業を知ったという人もいるかもしれない。

私も、ロビイストという職業について名前を聞いたことはあっても、具体的にどんな風に仕事をしているのか、よく分かっていなかった。

しかし、Netflixで配信しているドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」で、マハーシャラ・アリがロビイストを演じているのを見て、その仕事内容に興味を持つようになった。



ロビイストとは、「票を集めること」が仕事である。

例えば、国会で審議される経済政策について、政治家たちが賛成、または反対票を投じる時、顧客(企業)にとってより都合が良い方に票が集まように政治家たちに働きかける。

東京オリンピックの場合、東京都から雇われたロビイストたちは、投票権ある人たちに東京の良さをアピールし、一人でも多くの人が東京に投票するように説得する。

感動的な「おもてなし」のスピーチの裏で、そんなロビイストたちによる熱心なロビー活動が行われていたからこそ、東京はオリンピックを誘致できたのである。



この映画の主人公のリズ・スローンは、業界でも有名なロビイストであり、国会で審議予定である「銃規制法案」の賛成票を集めるためにロビー活動を行っていた。

銃廃止ではなく、銃規制。

現在のアメリカでは、成人なら誰でも普通にスーパーで銃が買えてしまうけど、今後は、「誰でも」ではなく、厳しい審査を通過した人だけが買える世の中にしようというのが、「銃規制法案」。



そうなると困るのが、銃の売り上げで生活している「銃器メーカー」や、銃をこよなく愛する「ライフル協会」の人たちと、彼らに支持されている政治家たち。

もしも、銃規制法案にYesと投票したら、支持母体を失ってしまい、政治家を続けられなくなってしまう政治家もいる。

アメリカで、その「銃器メーカー」や、「ライフル協会」の圧倒的な数を抑えて『銃規制法案』を通過させるのは、不可能に近いと言われている。

実際、現実のアメリカで何度も銃を規制しようという動きはあるものの、それが実施されることはない。



そんな中、リズ・スローンは「銃規制反対派」の保守的でマッチョな人たちに立ち向かうのだ。

大手ロビー会社を捨て、政治家たちに「銃規制 Yes!」と言わせるために闘い続ける

彼女にとっては、「勝ち目がないからこそ、やりがいのある仕事」だったんだろうと思う。



これを観ていると、ロビイストのがんばり一つで、アメリカに銃規制をさせることが可能なのでは…と思えてくるから面白い。



女神の見えざる手3



世論を動かすためには何でも利用するのが、ミス・スローン


そんなロビイストに最も大事なこととは何か。

予見すること。敵の動きを予測し、対策を考えること」だと、リズ・スローンは言う。

彼女は、敵 (この場合、「銃規制法案」に反対の人たち) を出し抜くためには、どんな手段も使う人だった。

それこそ、ゴキブリさえも。



この映画の面白さは、そのミス・スローンが「相手を言い負かす」ディベート力にある

とにかく、しゃべる。そして、決して負けない。

ディベートが苦手な日本人の代表のような私からすると、立て板に水のごとく、よどみなくしゃべり続けるミス・スローンが羨ましくて仕方がなかった。

相手の出方を予測しながらしゃべり続け、かつ、説得力を持たせながら、先手を打って相手を黙らせる。

そして、時には身内も引き込んで世間を驚かせる話題を提供する



本来なら、ディベートの上手さで世論を動かすのは政治家、もしくは弁護士の仕事だったはず。

しかし、「失言」を恐れた政治家たちはロビイストという代役を通じて世論を先導する時代がやってきたようだ。

ロビイストは政治家と違って合法的にお金を使えるという利点もある。



ということは、資産が豊富で弁が立つロビイストが1人いれば、この世の中を変えることができるということなのか。

さらに、これからの時代はマイノリティの意見を反映した方が世論の受けが良い

ここで言うマイノリティとは、女性、LGBTQ、有色人種たち。

リズが、テレビの討論会で部下のエズメ(黒人の女性)を利用したのは、もちろん、計算ずくのことである。



ミス・スローンは、現代のアメリカの政治を象徴しているような存在なのである。



女神の見えざる手5



信念がブレまくる政治家たちと、一貫して信念を曲げないロビイストの皮肉


そして、この映画を観ていて強く感じたのは、「右へ左へと揺れ動く政治家」たちの信念のなさだった。



この映画の中には、一枚のホワイトボードが登場する。

そのボードは、3つのエリアに分かれていて、

左端は「銃規制 賛成派」、右端は「銃規制 反対派」、真ん中は「どちらにしようか迷っている派」

分かりやすく左派、右派、中道派に分けて描いてくれているのがありがたい。



その3つのブロックの人たちは、何かあるごとに揺れ動き、その中の人数が変わっていく。

そこから分かってくるのは、政治家たちは、自身の信念に動かされているわけではなく、世論を見て動いているということ。



それに比べて、ミス・スローンは最初から最後まで一貫して、「銃規制に賛成」の信念を貫いている。

果たして、どちらが「政治家として」あるべき姿なのだろうか。

政治家たちは「銃規制法案」について審議しておきながら、「誰も真剣に銃が無くなった世の中のことを考えていない」のだ。

彼らは、少しでも長く国会に籍を置くことしか考えていない。



皮肉なことに、そのフラフラと揺れ動く政治家たちの様子を見て、先日、日本で行われた(2017年10月)衆議院選挙のことを思い出した。

あの選挙の時も、平気で信念を変え、「勝てそうな政党」に移った人たちがいた。

そして、選挙に負けると、自分が信念を変えたことに対する反省もなく、党首のせいにする。

いや、人のせいにする前に、君たちの信念はどこへ消えてしまったのかと聞きたい。

恐らく、これは世界中で見られる光景なのだろうと思う。



ミス・スローンの信念が1㎜もブレないからこそ、右へ左へとウロウロする政治家たちの姿が際立って見えてくる。

政治家たちに、ロビイストの姿勢を見習って欲しいと思ってしまうのは、なんとも皮肉な話だと思った。



女神の見えざる手4



政治とは一体誰のためのものなのか


そして、考える。

一体、「政治」とは誰のためのものなのか

ロビイストが金を集めるためのものなのか、政治家たちの職業を安定させるためにあるものなのか。



映画の前半部分でミス・スローンは、自動車免許の取得試験に失敗した過去を明かし、「車の運転をするよりも、政治の方が向いていると思った」と言っている。

その時は「では、なぜロビイストになったのか…」と思った。



しかし、映画を最後まで観終わって、なるほど と思った。

彼女の言う「政治」の意味するところが、「世論を正しい方向へ動かすこと」だとするなら、政治家になるよりもロビイストになった方が満足感を得られると考えたのではないだろうか。



だからこそ、ミス・スローンにとって、この「銃規制法案」のロビー活動が念願の機会だったのでないか。

自分がどんな窮地に立とうとも、結果、自爆することになろうとも、最後まで世論に訴えかける方法を用意していたのは、なんとしてでも、彼女の人生を賭けてでも、この法案を通したいと思ったから。



もちろん、「負け」を許さない性格もある。

本来なら、政治家が「政治生命を賭けてでも」取り組む問題のはずなのに、なぜか、ロビイストが自分の人生と引き換えに、その法案を通過させてしまった

一体、政治家の信念はどこへ行ってしまったのか



とにかくジェシカ・チャステインがカッコイイ!それだけでも一見の価値がある映画だったけれど、

ある1人の信念を持った女性の仕事への取り組み方、生き方を私たちに提示する作品でもあるし、政治の現状と希望を示した作品だった。

私は、彼女の活躍で世論が変わったことに希望があると信じたい。

そして、日本にも、信念のない政治家たちを振り落とすために、ミス・スローンが必要だと思われる。



関連記事


〇ホワイトハウスを動かしているのはロビイスト!?ケヴィン・スペイシー主演 Netflixドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「女神の見えざる手」(字幕版)

女神の見えざる手(字幕版)

新品価格
¥2,160から
(2018/10/21 16:12時点)



DVDで観る:「女神の見えざる手」

女神の見えざる手 [Blu-ray]

新品価格
¥4,112から
(2018/10/21 16:13時点)



ロビイストが気になったら…「敏腕ロビイストが駆使する 人を意のままに動かす心理学」

敏腕ロビイストが駆使する 人を意のままに動かす心理学

新品価格
¥1,728から
(2017/10/30 14:58時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グウィネス・パルトロウ主演、アンソニー・ホプキンスジェイク・ギレンホール共演の映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」をWOWOWで観た。

偉大な数学者を父に持つ娘が、病の父の介護と父の名を超える苦悩を描く。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

満足度 評価】:★★★★☆

父と娘、、姉と妹、新しい恋人と自分など、それぞれの関係を通じて自分とは何者かを証明していく映画。

じっくりと、俳優たちの演技を楽しめる映画だった。

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」予告編 動画

(原題:PROOF)





キャスト&スタッフ


出演者

グウィネス・パルトロウ
…(「アイアンマン」、「コンテイジョン」、「恋におちたシェイクスピア」など)

アンソニー・ホプキンス
…(「ハイネケン誘拐の代償」、「羊たちの沈黙」、「アミスタッド」、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」、「9デイズ」、「ノア 約束の舟」など)

ジェイク・ギレンホール
…(「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」、「ライフ」、「オクジャ okja」、「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」、「プリズナーズ」、「エヴェレスト3D」、「ミッション:8ミニッツ」、「サウスポー」、「ムーンライト・マイル」、「遠い空の向こうに」、「ブロークバック・マウンテン」)

ホープ・デイヴィス
…(「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」、「ディス/コネクト」など)

監督

ジョン・マッデン
…(「恋におちたシェイクスピア」、「マリー・ゴールドホテルで会いましょう」など)


2005年制作 アメリカ映画



あらすじ


シカゴで暮らす27歳のキャサリン(グウィネス・パルトロウ)は、最近偉大なる数学者の父親(アンソニー・ホプキンス)を亡くしたばかり。

自宅の父の書斎には、父の弟子である数学者のハル(ジェイク・ギレンホール)が入り浸って父の研究を漁っている。

NYに住む姉のクレア(ホープ・デイヴィス)は、父の葬儀のため帰宅し、キャサリンと目が合えば小言が絶えず、ケンカばかり。

そんな中、キャサリンは、父や彼女のことを気遣ってくれるハルに心が惹かれ始める…。




感想(ネタバレあり)


親の老いは悲しく切ない


親の老いを目の当たりにするっていうのは、悲しいものだよね。

それは、子供のとても勝手な言い分だとは分かっているけど、とても偉大だった親が老いていくのはすごく寂しい。

主人公のキャサリンは27歳。

とても偉大な数学者を父に持つ。

父に似て数学が好きな彼女は、大学で数学を学び始める。

ある時、彼女は自分が証明した定理について、父に意見を聞こうとした時、もう父は、彼女の書いた理論について、1行も理解できない状態になっていた…。

これは、切ないよなぁ。

27歳の娘としては、まだまだ親に褒めて欲しい時だったのだと思う。

しかし、現実は彼女に対して、とても冷たかった。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス



ひねくれ、こじらせ、もがきながら親の殻を破る娘


彼女が証明した定理は、父に検証してもらうことなく埋もれていくところで、恋人のハルがそれを見つけ出す。

この時、キャサリンは父以外の人間に認めてもらう瞬間だった。

なのに、彼女は素直に喜ばない。

それは、キャサリンの証明を、父のものだと勘違いしたためだった。

もしも、この時、少し素直になって彼女が証明したものだと、キチンと説明すれば良かった。

しかし、そうではなく、ひねくれてしまったために、話をこじらせてしまった。

「あぁもったいない。素直に喜べばいいのに」と思うのは、すっかり大人になって、人生の中で物事の進め方を学んでしまったから。

キャサリンは、27歳とはいえ、まだまだ子供で、父親の庇護が欲しい年頃だった。

その庇護という殻を一生懸命破ろうとし、話をこじらせてしまった。

それは、本人も良く分かっている。

だからこそ、一旦、シカゴを出てNYへ行くという提案を受け入れ、空港へ向かうタクシーの窓を開け、ハルの投げたノートを受け入れたんだ。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、ホープ・デイヴィス、ジェイク・ギレンホール



全ての殻を破った時、「本当にやりたいこと」が見えてくる


そして、ほんの少し心の扉を開けたキャサリンは、そこから「本当に自分がやりたいこと」に気付く。

これは、本当にハルの力が大きい。

「君が見つけたことを証明しよう」と言ってくれたハル。

彼の力がなければ、父の殻を破って外に出ることはできなかったと思う。

この映画の良いところは、こんなにひねくれちゃったキャサリンにも、すごく優しく温かく接しているところだ。

人はみんな素直にすくすく成長できるわけではない。

時には、深く傷つき、そのせいでひねくれる時もあるし、言ってはいけないことを言ったりもする。

でも、そんな時だからこそ、優しく手を差し伸べたら、またすくすくと成長する生き物なのだ。

その彼女の成長の過程を観るのが、深く考えさせられ、また清々しい映画だった。

映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、ホープ・デイヴィス、ジェイク・ギレンホール



豪華な出演者の演技を観ているのが楽しい映画


主人公のキャサリンを演じるのは、グウィネス・パルトロウ

彼女は、とてもクールなイメージだけど(例えば「アイアンマン」シリーズのペッパー)、こうやって喜怒哀楽が激しい役もやるんだなぁと思った。

また、その喜怒哀楽の激しさがとても良かった。

何かに行き詰ったり、傷ついたりした時は、こうやって落ち込んで、怒って、泣くことで、ネガティブな感情を全部吐き出すことも必要だよなぁと思った。

また、それが成長するということでもあるんだよね。

とても将来が気になる数学者、キャサリンだった。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ


キャサリンの父で偉大なる数学者には、アンソニー・ホプキンス

さすがに、彼は出てきただけで数学者に見えるんだなぁ。不思議なことに。

ただ、うつ病患者には見えなかったし、彼がどれだけ偉大な数学者だったのかというのも、ちょっと伝わりづらかった。

ちょっと彼については説明不足のところがあったかなぁと思った。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス


キャサリンの父の弟子であり、キャサリンの恋人になるハルに、ジェイク・ギレンホール

本当に、いつも、ジェイク・ギレンホールは優しい彼氏だよね。

そこは裏切らない。

今回も、キャサリンの良いところも、悪いところも理解して側にいてくれる優しい彼氏。

で、彼はそれをちゃんと自然に表現するから良い。

安心して観ていられる。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」ジェイク・ギレンホール


監督は、「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン

グウィネス・パルトロウとは2作目。

視線がね、優しくて良いんですよ。この監督は。



映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、ジェイク・ギレンホール



「一緒にがんばろう」と言ってくれる人のありがたさ


この映画を見てて思ったのは、自分が精神的に追い詰められた状況にある時って、「君が正しいよ。だから、一緒にがんばろう」って言ってくれる人の存在って、本当に大きいなぁと思った。

世間を騒がせたSTAP細胞の話も、同じように「力になるから、一緒に証明しよう」っていう人がいたら、少しでも状況が変わったのかもしれないなと思った。

だれかが手をつないでくれたり、背中を押したりしてくれるだけで、その目の前に広がる世界が変わってくる。

だから、そんなことがあった瞬間は、絶対にひねくれたり、そっぽを向いたりしてはいけない。

しっかりと、相手と見つめ合って、本気かどうかを確かめた上で、一緒に前に進むことが大切なことなんだと思う。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



DVDで観る:「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

プルーフ・オブ・マイ・ライフ [DVD]

新品価格
¥1,132から
(2019/12/5 15:19時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック