とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ジョン・レグイザモ



キアヌ・リーブス主演の映画「ジョン・ウィック チャプター2」を映画館で観た。

ジョン・ウィックが引退したはずの殺し屋稼業に引きずり戻されるアクション映画の第2章。


ジョン・ウィック:チャプター2


満足度 評価】:★★★★☆

前作よりもずっとパワーアップしていて面白かった!!

敵の数も増えたし、ガンフーアクションもバリエーション豊かになって、最初から最後まで飽きさせない。

前作よりも殺し屋度が増して、ジョン・ウィック本人のキャラクターにも深みが出ていた。

キアヌ・リーブスローレンス・フィッシュバーンとの久しぶりの共演も嬉しかったなぁ。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ジョン・ウィック チャプター2」予告編 動画

(原題:JOHN WICK: CHAPTER 2)





更新履歴・販売情報

・2017年7月15日 映画館で観た感想を掲載。

・2018年7月28日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

・2019年10月4日 「午後のロードショー」での放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信共に販売中。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「ジョン・ウィック:チャプター2」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

DVDで観る:「ジョン・ウィック:チャプター2」Blu-ray

ジョン・ウィック:チャプター2 [Blu-ray]

新品価格
¥3,553から
(2018/7/28 00:06時点)



Amazon プライムで観る:「ジョン・ウィック:チャプター2」(字幕版)

ジョン・ウィック:チャプター2(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2017/11/30 10:55時点)



【映画パンフレット】ジョン・ウィック:チャプター2

【映画パンフレット】ジョン・ウィック:チャプター2 監督:チャド・スタエルスキ 出演:キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン ほか

新品価格
¥2,193から
(2017/7/15 17:20時点)





キャスト&スタッフ


出演者

キアヌ・リーブス
…(「おとなの恋は、まわり道」、「ネオン・デーモン」、「ジョン・ウィック」、「砂上の法廷」、「地球が静止する日」、「マトリックス」、「スピード」など)

コモン
…(「ラン・オールナイト」など)

リッカルド・スカマルチョ
…(「ローマの教室で~我らの佳き日々~」など)

ローレンス・フィッシュバーン
…(「運び屋」、「アントマン&ワスプ」、「30年後の同窓会」、「パッセンジャー」、「ボビー・フィッシャーを探して」、「コンテイジョン」、「m:i:III」、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」など)

〇ルビー・ローズ

〇フランコ・ネロ

ピーター・ストーメア
…(「V.I.P. 修羅の獣たち」、「9デイズ」、「コンスタンティン」など)

ジョン・レグイザモ
…(「ジョン・ウィック」、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」、「ボーダー」、「ラブ&マネー」など)

監督

チャド・スタエルスキ
…(「ジョン・ウィック」など)

2017年製作 アメリカ映画





あらすじ


妻の形見である愛犬を殺され、愛車を盗まれたジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は復讐を果たし、愛車も取り戻した。

再び静かな引退生活を取り戻したジョンの元へ、イタリアのマフィア サンティーノ・ダントニオ(リッカルド・スカマルチョ)が訪ねて来る。

サンティーノはジョンに殺人の依頼をするためにやってきたのだが、ジョンは「引退した」という理由でそれを固辞していた。

サンティーノの依頼に対し、最後まで拒み続けたジョンだったが、サンティーノはジョンの家を破壊して去って行く。

ジョンは、かつてサンティーノと「血の約束」を交わしているため、サンティーノの依頼を受けなければならない立場あるため、再び静かな生活を取り戻すために、サンティーノの待つローマへと旅立つのだが…。



映画「ジョン・ウィック:チャプター2」



感想(ネタバレあり)


冒頭から前作よりもパワーアップを感じさせるアクション満載!!


いきなり冒頭から、パワー全開のアクションシーンでスタートする。

前作の「ジョン・ウィック」で、ロシアンマフィアに奪われてしまった愛車を取り戻すために、ファミリーが経営しているタクシー会社へ行くが、容易には取り戻すことができない。

この10分か15分ぐらいのアクションシーンを観ただけで、「前作よりもパワーアップしてる!!」と思って興奮した!!



フルスロットルのカーチェイスシーンから始まり、せっかくの愛車はボロボロで、ドアももげてしまう。

しかし、そこから飛び出したジョン・ウィックのガンフー(ガンアクション+カンフー(銃を持ったままのアクション))が炸裂する。



もちろん、前作の「心臓を撃ってから、頭を撃って即死させる」という「殺し屋の流儀」もそのままで、さらに柔道やカンフーを取り入れたアクションが倍増!!

正直なことを言うと、前作はミカエル・ニクヴィスト演じるロシアンマフィアのボスさえ殺せばゲーム終了っていう筋書きが見えていたので、途中で飽きてしまっていた。



しかし、今回は、話もよく見えないうちから殺しまくるところからスタートし、「うわぁぁぁぁぁ。なんだかすごいな」と思っているうちに、今度はイタリアンマフィアがやってきて第2章がスタート。

舞台もNYから、ジョンの自宅、そこから、イタリアのローマへ飛んで、さらにもう一回NYに戻ってくるという風に、様々な場所で殺し合いが繰り広げられて飽きさせない。



前作では、敵がミカエル・ニクヴィストだけだったのに対し、今回はイタリアン・マフィアから派生して、世界中の殺し屋を敵に回してしまうことになり、「どこから敵が出てくるのか分からない」という恐ろしさも楽しかった

最初から最後まで怒涛のアクションてんこ盛りの波状攻撃で、最後までテンション高いまま観終えることができた。



映画「ジョン・ウィック:チャプター2」



怒涛のガンフーアクション!!


前述したとおり、今回の目玉は、なんと言ってもパワーアップしたガンフーアクション。

その凄さは、この動画を見ても分かると思う。





引きで撮っている映像を観ると、ジョンの腰の位置がすごく低くて、それが小手先でやっている柔道ではなくて、本当にマーシャルアーツとしての柔道のリアリティが出てて、その姿勢を見ただけで「この人プロだな」と思わせる暗殺者ジョン・ウィックに仕上がっていた。



その上、片手で銃を持ちつつ、もう片方の肩で一本背負いした上に、銃で頭を撃ってとどめを刺すガンフーを次から次へと繰り出していくから凄い。

それに、ジョンはスーツを着て、一糸乱れることなくそのガンフーをこなしている

それは、どれだけ体の線が崩れずに、そのアクションシーンをこなしているかということ。



当然、何度もリハーサルを重ねた上で作り上げあられたアクションシーンなんだろううけど、ちょっとタイミングを間違えたら、本当にケガ人が続出しそうな複雑で難しいアクションシーンを、それこそ、本当に「ダンスを踊るように」やってのけていた。

このレベルのアクションシーンが盛り盛りの映画がドンドン生まれていくようになったら、今あるアクション映画は物足りなくなってしまう。

それぐらいの革命的なアクションシーンを観た気分になった。



映画「ジョン・ウィック:チャプター2」



「純愛・ロマンティスト・ケンカが強くて犬好き」トキメキのキャラクター ジョン・ウィック


このチャプター2で心に残ったのは、「ジョン・ウィック」の人間性。

やはり、女子としては、いつまでも亡くなった奥さん(ヘレン)のことを思い続けるジョン・ウィックに胸がトキメクわけで。

そもそも、冒頭でどうしても愛車を取り戻したかったのは、ダッシュボードに奥さんからのカードと写真が入れてあったからで。



ところが、それも結局サンティーノに焼かれてしまったことで、どんなことをしてでも、サンティーノはジョンにとって「復讐したい男No.1」になってしまった。

映画の中にもそのセリフが出てくるけど、「全てはヘレンのために」なんだな。



何年も前に亡くなったヘレンのことを想っては涙を流す彼の純愛っぷりとロマンティストなところは、女性から見るとかなりポイントが高く、その上、誰よりもケンカが強い

もう、そうなると、ジョンという人は、「あぁ、こんな人に愛されたら幸せだなぁ」という男性の集大成のようなもの。



その上、前回成り行きで飼うことになった犬との信頼関係もキチンと築いている。

あれは、身近にいる犬をとても大切にしている証拠。

でも、3までにちゃんと名前を付けてあげてね(笑)



純愛、ロマンティスト、ケンカが強くて、犬好き、さらに無口。

武闘派アクションだけが魅力の映画になってしまうと女性客の多くがひいてしまうけど、ジョンに女子のときめきポイントを盛り込むことで女性客も満足できる作品になっている



映画「ジョン・ウィック:チャプター2」



世界中が敵だらけ…のジョン・ウィックの今後は??


ジョンに殺されることを恐れたサンティーノは、ジョンの首に懸賞金をかけて世界中の殺し屋に「ジョン殺し」の依頼をする。

これがまた面白かった。



地下鉄の構内、地下鉄の中、公園…様々な場所に刺客が潜んでる。

そこで寝転がっているホームレスだって、暗殺者の仮の姿かもしれない。

この「どこからともなく現れる暗殺者」が恐ろしくて面白い



中には「相撲レスラー」みたいな笑える刺客もいたし、駅の構内で演奏しているバイオリン奏者のお姉ちゃんが刺客だったりする。

いや、現実が本当にそんな社会だったら、怖くて外を歩けないけどね(笑)



しかし、このままいくと、チャプター3はこの続きになる。

相棒の犬と共に走り去るジョン・ウィックはどこへ逃げるのか。

そして、この「世界中に敵だらけ」の状況はいつまで続くのか。

いや~良いなぁ。この続きがかなり楽しみである



関連記事


伝説の殺し屋「ジョン・ウィック」シリーズ

「ジョン・ウィック」チャプター1
伝説の殺し屋が愛する妻のために覚醒する。キアヌのガンフーアクションが激烈かっこいい!ここから始まる物語の序章。キアヌ・リーブス主演【感想】


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「ジョン・ウィック:チャプター2」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「ジョン・ウィック:チャプター2」Blu-ray

ジョン・ウィック:チャプター2 [Blu-ray]

新品価格
¥3,553から
(2018/7/28 00:06時点)



Amazonプライムで観る:「ジョン・ウィック:チャプター2」(字幕版)

ジョン・ウィック:チャプター2(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2017/11/30 10:55時点)



【映画パンフレット】ジョン・ウィック:チャプター2

【映画パンフレット】ジョン・ウィック:チャプター2 監督:チャド・スタエルスキ 出演:キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン ほか

新品価格
¥2,193から
(2017/7/15 17:20時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キアヌ・リーブス主演の映画「ジョン・ウィック」をWOWOWで観た。

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが愛妻が彼のために遺した愛犬を殺された恨みを晴らすため、殺し屋に復活する話。


ジョン・ウィック


満足度 評価】:★★★★☆

始め見た時は、「ただ人を殺すだけの映画だ」と思った。

しかし、チャプター2を観てから、この映画を観返すと最初から最後までアクション満載で迫力ある仕上がりになっているけれど、それでもこれはただの序章でしかないことが分かる。

なにより、ガンアクションとカンフーが融合したガンフーがダイナミックでカッコイイ!!


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ジョン・ウィック」予告編 動画

(原題:JOHN WICK)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年7月27日 映画館で観た感想を掲載。

・2019年10月3日 「午後のロードショー」での放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「ジョン・ウィック」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazon プライムで観る:「ジョン・ウィック」(字幕版)

ジョン・ウィック(字幕版)

新品価格
¥100から
(2019/10/3 10:48時点)



DVDで観る:「ジョン・ウィック」1・2スペシャル・コレクション

ジョン・ウィック 1 2 Blu-rayスペシャル・コレクション[初回生産限定]

新品価格
¥3,967から
(2019/10/3 10:48時点)





キャスト&スタッフ


出演者



〇ブリジット・モイナハン

ジョン・レグイザモ


〇アルフィー・アレン



監督

チャド・スタエルスキ
…(「ジョン・ウィック チャプター2」など)


2014年製作 アメリカ映画




あらすじ


元殺し屋のジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は、愛妻ヘレン(ブリジット・モイナハン)を病気で亡くしてしまう。

彼女が一人になってしまうジョンへの最後のプレゼントは一匹のビーグル犬だった。

妻への思いが消えぬまま、愛犬と暮らす日々をスタートさせたジョンだったが、ある日、彼の家に強盗が入り、ジョンは暴行され、愛犬は殺されてしまう…。

彼女の形見だった愛犬を殺されたジョンは、かつて殺し屋だった血が蘇る。

そして、愛犬を殺した強盗は、かつての依頼主でありロシアンマフィアのボス、ヴィゴ(ミカエル・ニクヴィスト)の息子ヨセフ(アルフィー・アレン)だった…。




感想(ネタバレあり)


第一章:伝説の殺し屋 ジョン・ウィック


主人公のジョンは伝説の殺し屋。

結婚を機に殺し屋を引退。



しかし、妻は病気でこの世から去ってしまう。

そして妻が亡くなってから数日後、彼女からの最後のプレゼントだった愛犬を強盗に殺されてしまう。



激しく怒るジョンはその復讐のために再び殺し屋として立ち上がる。

というのが、この映画のストーリー



その愛犬を殺した強盗団はロシアンマフィアであり、彼のかつての依頼人の息子。

だから、ジョンは内情をよく知っている上に、彼にとってそのアジトは勝手知ったる他人の家。

それをいいことに、乗り込んでは次から次へと殺していく。


この物語は、良く言えば「とても分かりやすい」しかし、悪く言えば「内容がなさ過ぎて薄っぺらい」



そのため、私は最初にこの映画を観た時は、愛する妻からの大切な思い出を台無しにされたジョンの「怒り」というのはよく分かるけれど、ただそれだけだなと思い、次から次へとやってくる殺し屋を殺すだけの映画だと思い、途中で飽きてしまった。

しかし、「ジョン・ウィック チャプター2」を観てから、改めて観返してみると、この物語は、次へ続く物語の序章だということがよく分かる。



この映画は闇の社会で「ブギーマン(怪物)」として恐れられていた伝説の殺し屋ジョン・ウィックが、再びその世界に戻り、どれだけのスキルで敵を殺すのかを紹介する「イントロダクション」になっている。

殺し屋 ジョン・ウィックにとっては、名刺代わりの作品なのだ。



映画「ジョン・ウィック」キアヌ・リーブス



ジョンにとって「犬」がどれだけ大切な存在なのか


次に続く物語として押さえておきたいのは、「愛妻」と「犬」だ。



世界各地で裏の世界から「ブギーマン(怪物)」として恐れられたジョン・ウィックは、愛する妻と結婚して闇の世界から引退し、愛のある生活を送るつもりでいた。

ところが、その人生を変えるきっかけになった妻が、病気で亡くなってしまう。

突然、奈落の底に突き落とされたジョンだったが、その数日後、亡くなった妻からプレゼントが届く。



社会と断絶し、妻が世界の全てだったジョンが孤独になってしまうことを心配した妻は、「デイジー」と名付けられた犬を「私だと思って可愛がって」というメッセージと共にジョンにプレゼントする。

その時から、そのデイジーはジョンにとって「妻そのもの」になったのだ。



ということは、その「デイジー」を殺されたということは、「妻」を殺されたことを意味する

そのため、「死には死を」とばかりに、デイジーを殺したロシアンマフィアを片っ端から「抹殺」するのだ。



そして、仕事が終わったジョンは、一匹の犬を連れて帰る。

それは「デイジー2号」の位置にいるけれど、彼の名前はない。

その犬はデイジーの代わりにはなれないけれど、「孤独にならないで」という妻からのメッセージを守っているのだ。



ジョンにとって、「犬」とは、大切な相棒であり、唯一、妻以外で心を許せる相手なのだ。



映画「ジョン・ウィック」キアヌ・リーブス



殺し屋であることを証明する「ガンフー」と「処刑スタイル」


しかし、久々に観たキアヌのアクションはキレキレで良かった

全盛期の「マトリックス」の時とは、また違ったキレっぷりのガンファイト。

狙った獲物は絶対に外さないという気合いを感じる眼光もとても良かった



それもそのはず、この映画の監督チャド・スタエルスキは、「マトリックス」シリーズでスタントを務めていたとか。

なるほどと思った。



だから、監督第一作目の主演はキアヌ・リーブスだし、彼にかつてのキレキレのアクションを思い起こさせるシーンを演じさせたんだなぁというのが良く分かった。



この映画のアクションで注目すべきなのは、ガンアクションとカンフーが融合したガンフーだ。

(カンフーというよりも、ほぼ柔道)

カンフーで相手の動きを封じ込め、銃で殺す。



あの体の大きなジョン・ウィックが、同じぐらいか、さらに大きな相手を投げ飛ばしたり、一本背負いしたり、羽交い絞めにしたり、寝技で封じ込めたり。

グルグル回転したり、バッタバッタと倒していく姿は、とてもダイナミックで迫力がある



そして、もう一つ大切なのは、銃で殺す時の「処刑スタイル」だ。

まずは心臓を撃って敵の動きを止め、頭を撃ってとどめを刺す

どんなに敵が多い場面でも、この2つの動きは必ず、瞬時にやっているので、是非注目して観て欲しいところ。



ジョン・ウィックは殺し屋なので、仕事として請け負ったターゲットが生き残るようなことがあってはいけない。

だから、瞬時に相手の息の根を止めるスキルを習得している

それが、「心臓を撃ってからの頭を撃つ」という二段構えであり、彼が殺し屋であることを証明するシーンになっている。



この映画をよくよく見ていると、どんなにたくさんの敵に囲まれたシーンでも、必ずとどめを刺している。



カンフー(マーシャル・アーツ)で、相手の動きを止め、銃で処刑するというガンフーのカッコ良さが、この映画の最大の魅力だ。

一つ一つのアクションをとても丁寧に撮っていることが分かるので、じっくりと観て欲しいところでもある。



映画「ジョン・ウィック」キアヌ・リーブス



序章の凄さが第二章でパワーアップする!


このシリーズが上映されてからというもの、マーシャルアーツを取り入れた華麗なガンアクション「ガンフー」が、ハリウッドのアクション映画の中に、より積極的に取り入れられるようになったように思う。

特に影響を受けているのが、シャーリーズ・セロン主演の「アトミック・ブロンド」だと思うので、シャーリーズ・セロンのガンフーを観たい方はぜひ、観て欲しいところ。



で、さらによくよくこの映画を観ていて面白いのは、「銃の弾切れのタイミング」

弾切れのタイミングがとてもリアル

次から次へとやってくる敵に対して銃で戦っていたけれど、「途中で弾が切れちゃったから、相手に銃を投げつけて不意打ちを食らわせる」なんていう思わず笑ってしまう技も繰り出している。



その辺の「リアルさ」がとても良いのだ。



そして、初めにも言ったけれど、これはあくまでも「序章」なので、そんなジョン・ウィックの「なぜ殺し屋に戻ってきたのか」とか、「華麗なガンフー」と「処刑スタイル」をこの映画で学んで次に進んで欲しい

次の「ジョン・ウィック チャプター2」は、その応用になるのだが、さらに敵が増え、さらにカオスになっていく中、しっかりと、丁寧に、ブギーマン ジョン・ウィックが敵を倒していく姿を堪能することができる。



その振付をしたアクション監督もすごいけれど、結構な長回しの中でそのアクションシーンをやりきるキアヌ・リーブスもすごい。



そして、たとえ、この第一章が物足りなかったとしても、是非、第二章は観て欲しい。

私もそうだったのだけど、きっと、この映画の面白さに覚醒するに違いない。



映画「ジョン・ウィック」キアヌ・リーブス




関連記事


〇さらにパワーアップした第二章!!


「ジョン・ウィック チャプター2」怒涛のガンフーに興奮!!亡き妻の思い出と犬を大切にするジョンにトキメキ。全てがバージョンアップした第2章!キアヌ・リーブス主演映画【感想】

見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「ジョン・ウィック」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon プライムで観る:「ジョン・ウィック」(字幕版)

ジョン・ウィック(字幕版)

新品価格
¥100から
(2019/10/3 10:48時点)



DVDで観る:「ジョン・ウィック」1・2スペシャル・コレクション

ジョン・ウィック 1 2 Blu-rayスペシャル・コレクション[初回生産限定]

新品価格
¥3,967から
(2019/10/3 10:48時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ共演の映画「ボーダー」を観た。

ベテラン刑事二人組が追っている事件の周りで起きる、容疑者のみを狙った殺人事件を追うサスペンス映画。

んーーー。なんだろう。デニーロと、アル・パチーノの共演っていう割に、どうにもチープな感じがするんだけど・・・。

最後のどんでん返しには、「えーーーっ」とは思ったものの、だからといって、あまり説得力がないのが残念なところ。

「ボーダー」予告編 動画 (冒頭から 1分20秒程のみ)

(原題:RIGHTEOUS KILL(正義の殺し))





「ボーダー」DVD

ボーダー [DVD]

新品価格
¥842から
(2015/11/25 00:58時点)



あらすじ


NY市警のターク(ロバート・デ・ニーロ)と相方のルースター(アル・パチーノ)は、市警内でも一目置かれるベテラン刑事。

現在、彼らは麻薬の売人であるスパイダー(カーティス・ジャクソン)を挙げるため、証拠固めをしているが、なかなか証拠が出てこない。

それと、同時に、その周辺にいる悪人が次々と殺される連続殺人が勃発。

同じくNY市警のペレス(ジョン・レグイザモ)と、ライリー(ドニー・ウォルバーグ)が担当している事件でも悪人が殺され、合同で捜査を始めるのだが・・・。

ボーダー

感想(ネタバレあり) 犯人の動機に説得力なし・・・


これ、犯人が、別にタークだろうと、ルースターだろうと、どっちでも良いんだけど、彼らが犯人になってしまう理由が、全く分からないんだよね。

逮捕して裁判にしても、無罪を勝ち取っちゃうとか、証拠が無くて逮捕できないとか、それが溜まって爆発しちゃったって言ったら、世界中の警察官が、ストレスたまって爆発しちゃうよ(笑)

だったら、もっと悪者を怖くして、誰が見ても「コイツ死ぬべき!!」って状況にしてくれないと、納得がいかないんだよねぇ。


ボーダー2

見どころは、俳優たちの共演のみ


ただ、このデニーロ(「ダーティ・グランパ」「リミットレス」「リベンジ・マッチ」「マイ・インターン」「キリングゲーム」「ミート・ザ・ペアレンツ」)と、アル・パチーノが共演しているってことには、なんだかお得感があるね。

この映画に見どころがあるとすれば、ただそこだけだけど・・・(^^;

「ヒート」の時は、本当に一瞬だけだったから、本当に共演しているっていうのは、なかなか無いよね。

しかしなぁ、だったらなぁ、ちゃんと脚本を選んでほしかったんだけどなぁ。

共演は、他に、ドニー・ウォルバーグと、ジョン・レグイザモ。

ドニー・ウォルバーグは、マーク・ウォルバーグのお兄さん。

昔は、ドニーの方が人気も実力も上だったのにな。

なんだか、弟が大出世してしまって、ちょっと影が薄い感じがしちゃうよね。

そして、ジョン・レグイザモ(「ジョン・ウィック チャプター2」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「キックアス」「ラブ&マネー」)は、小さい役から大きな役まで、変幻自在にお仕事いっぱいしてるよねぇ~。

監督は「8月のメモワール」「アンカーウーマン」のジョン・アヴネット

ボーダー3


結局のところ、デニーロとアル・パチーノの共演意外で、楽しめるところが無かったんだなぁ。

もっとシャープで切れ味のある作品を期待していただけに、とても残念なところ。

特に、アル・パチーノは精彩を欠く感じの演技で、これまた輪をかけて残念な感じだった・・・。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ボーダー」DVD

ボーダー [DVD]

新品価格
¥842から
(2015/11/25 00:58時点)















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
キャサリン・ハイグル主演の映画「ラブ&マネー」をWOWOWで観た。

バツイチで仕事をクビになった女が始めた仕事は、バウンティハンター(賞金稼ぎ)だった。

「グレイズ・アナトミー」のイジー役で有名なキャサリン・ハイグル製作総指揮、主演の映画。

うーーーん。可もなく不可もなく。どちらかといえば、ちょっと退屈かな。


「ラブ&マネー」予告編 動画

(原題:ONE FOR THE MONEY)




「ラブ&マネー」DVD

ラブ&マネー [DVD]

新品価格
¥4,000から
(2015/11/19 00:18時点)



原作本「私が愛したリボルバー」

私が愛したリボルバー (扶桑社ミステリー)

新品価格
¥608から
(2015/11/19 00:21時点)



あらすじ


ステファニー・プラム(キャサリン・ハイグル)は、デパートの下着売り場での仕事をクビになり、無職。

過去に結婚していたが、現在は離婚して、両親が住む家の近くに住んでいる。

今すぐお金が必要なステファニーが始めた仕事はバウンティハンター。

保釈金保証会社が、保釈金を出して保釈したものの、行方が分からず、出頭しなければいけない日に出頭しない容疑者を探しだして出頭させるのが仕事だ。

ステファニーの最初の容疑者は、なんと高校時代に付き合っていた元カレの警察官、ジョー・モレリ(ジェイソン・オマラ)になってしまい・・・


ラブ&マネー

感想(ネタバレあり) キャサリン・ハイグルって、友達みたいな感覚で見てる


軽いコメディタッチのバウンティハンターもの。

キャサリン・ハイグルって、私にとっては、スターっていうより、身近な友達な感じがするのは、「ロズウェル」→「グレイズ・アナトミー」ってずっと見てきたからだろうか。

だから、ちょっと他の人より贔屓目で観てるんだろうけど、それでも、この映画の面白さがイマイチ分からないまま、終了 (^^;

だって、相手役のジョーは、「街の1/3の女の子が彼に初恋を捧げてきた」ようなタイプには見えないし、結局、ジョーはどんな事件を解決したくて、誰を追いかけてて、どうして冤罪になったのか、ちっとも分からない。

ただ、ステファニーがバウンティハンターになって、ドタバタしているだけのお話なんだなぁ


ラブ&マネー2

話が楽しくない&知っている俳優がいない映画は観ていてつらいけど・・・


画に力があればいいけど、そうでもなく、さらに、知っている俳優があまり出ない低予算映画ってなってくると、どうにも厳しい。

私は、何を楽しみに観ればいいんだ!!

キャサリン・ハイグルのナイスバディをひたすら観ればいいのか!!この私が(笑)

そんな中、「あぁ~いたよ。知ってる人~」

それはまるで、海外旅行に行った時に、知り合いに遭遇したぐらいの感動を覚える。

その、私に安心感をくれた知り合いは、ジョン・レグイザモ(「ジョン・ウィック チャプター2」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「キック・アス」)


↓ この人が、ジョン・レグイザモ
ジョン・レグイザモ


先日観た、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」で株が上がってるから、余計安心度アップ。

おかげで(?)、ジョン・レグイザモがいるシーンは安心して観れた。

なんだか、ちょっとおマヌケな役だったんだけどな。

良かったのかな(笑)


ラブ&マネー3

がんばれテレビ女優!!


キャサリン・ハイグルは、この映画で製作総指揮も務めたとか。

結構、体張ったり、自虐ネタで笑わせたりする役だったので、これは、キャサリン・ハイグルが、今後、こういう役をやりたい!っていうアピール映画だったのかなぁって考えた。

意外に、強い女の役をやりたいんだなぁって、具体的には、サンドラ・ブロックとか、シャーリーズ・セロンがやりそうな役。

アメリカでは、テレビ女優が映画の世界で戦っていくのは、なかなか茨の道なので、大変だと思うけど、やりたいと思うなら、ドンドンがんばって欲しいな。



「ラブ&マネー」DVD

ラブ&マネー [DVD]

新品価格
¥4,000から
(2015/11/19 00:18時点)



原作本「私が愛したリボルバー」

私が愛したリボルバー (扶桑社ミステリー)

新品価格
¥608から
(2015/11/19 00:21時点)











↓ 「ラブ&マネー」も放送しているWOWOW_新規申込







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック