とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ジョーン・アレン



ブリー・ラーソンがアカデミー賞主演女優賞を受賞した映画「ルーム」を観た。

7年間、納屋の「ルーム」に監禁されていた女性と、その間に彼女が産んだ5歳の子供が、ルームから脱出し、新しい生活を始める姿を描く。

満足度 評価】:★★★★★

始まってから15分後ぐらいに泣き始め、ほとんど最後まで泣きながら観ていた。

この映画をたくさんの人が観て、ジョイのような女性が、この世界からいなくなることを願っての★5つ。

人生の一番楽しい時期に監禁という地獄のような生活を過ごしたジョイ。

彼女のこれからの人生が素晴らしく輝かしいものでありますようにと願う。

「ルーム」予告編 動画

(原題:Room)




「ルーム」DVD

ルーム [DVD]

新品価格
¥2,727から
(2017/3/1 23:31時点)



原作本「部屋」(上)

部屋 上・インサイド (講談社文庫)

新品価格
¥961から
(2016/4/14 00:41時点)



原作本「部屋」(下)

部屋 下・アウトサイド (講談社文庫)

新品価格
¥961から
(2016/4/14 00:42時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ブリー・ラーソン
…(「キャプテン・マーベル」、「フリー・ファイヤー」、「ショート・ターム」、「ギャンブラー/熱い賭け」など)


ジョーン・アレン
…(「ボーン・スプレマシー」、「フェイス/オフ」、「ボビー・フィッシャーを探して」など)

ウィリアム・H・メイシー
…(「君が生きた証」、「シー・ビスケット」、「エアフォース・ワン」、「ボビー・フィッシャーを探して」など)

〇ショーン・ブリジャース

〇トム・マカムス

監督

レニー・アブラハムソン
…(「FRANK-フランク-」、「リチャードの秘密」など)

2015年製作 アイルランド、カナダ合作映画

room

あらすじ


ジョイ(ブリー・ラーソン)は見知らぬ男に誘拐され、納屋「ルーム」に監禁されてから7年。

2年経った頃に生まれた息子ジャック(ジェイコブ・トンプレイ)は5歳の誕生日を迎えたばかり。

どんどん大きくなり、世界を知らないジャックの成長を見ながら、ジョイはルームから脱出することを決意する。

そして、ジャックに「死んだふり」をして、この部屋から出る方法を教える…。


ルーム4

感想(ネタバレあり)


ドキュメンタリーのような生々しさのある監禁生活

男が少女を誘拐し、監禁するという映画はそんなに珍しくない。

例えば、「羊たちの沈黙」のようなサスペンス映画だったら、よくある話だ。

この映画は、それらの「よくある監禁もの」とは明らかに違う。

まるで、ドキュメンタリー映画でも観ているかのような生々しさがある。

薄暗く、いかにも不衛生な監禁部屋。

毎晩、性的欲求を満たすためだけにやってくる「オールド・ニック」。

そして、妊娠してしまったジョイと、憎むべき男との間に生まれてしまった息子ジャック。

その全てが異常に生々しい。

これは誘拐した男の変態性を問うサスペンスではなく、7年間監禁されたとこで、普通の人生を歩めなくなってしまった女性の心理状態にスポットをあてた人間ドラマである。

ジャックと共に「ルーム」で暮らしていた時は、ジャックのために常に気を張って生きていたジョイ。

しかし、「ルーム」を脱出してからは、その緊張の糸が緩んだのか、心が壊れてしまう。

そんな彼女を観ているのが、とても痛々しい映画だった。


ルーム6

ジャックはジョイを助ける救いの天使


そんな彼女をいつも救ったのは、5歳になる息子のジャックだった。

ジャックは本当に神様がジョイに送った贈り物のように、純真で心優しい男の子。

「死んだふり」ごっこでオールド・ニックの車から逃げて母を救い、解放されてから自殺未遂をした母を救い、入院中の母に力を届ける。

そんな健気なジャックの姿にジョイは常に助けられ、観ているこちらも泣けてきてしまう。

そのジャックに対する、ジョイの両親の態度の違いがとても印象的だった。

ジョイの母(ばぁば)はジャックと出会った時から孫として受け入れ、ジャックもすぐに仲良くなった。

しかし、ジョイの父(じぃじ)は違う。

決してジャックとは目を合わせようとしない。

ジャックの姿にオールド・ニックを重ね合わせるんだろう。

その辺の男女の感覚の違いがこれまたリアルで、生なましかった。

それに比べてばぁばのボーイフレンドのレオはとてもオープンな上、さりげない気遣いもできる大人の男性という感じがして良かった。

じぃじはジャックのことが愛せないというわけではなく、ジョイのことを愛し過ぎていた。

だから、どうしても許せなかったんだ。

でも、だからこそじぃじジョイのために愛してあげてよ。


ルーム3

なぜ、この男はこんなことをするんだろう


このオールド・ニックという監禁男は、観ているだけで気持ち悪かったし、今すぐスクリーンの中に手を伸ばして首を絞めてやりたいと思いながら観ていた。

この男、何が腹が立つって、一番腹が立つのは、勝手にジョイを誘拐してきて、監禁しているくせに

「無職で金もないのに、面倒見てやっているんだ。感謝しろ」だって。

なんなんだよーーーー。だったら、今すぐ解放してくれよ!!!!

もう、本当に気持ち悪いから死んでくれと思っていた

それでも、ジョイは、あの男を殺せないと言う。

なぜなら、「オールド・ニックが死んでしまったら、一生ここから出られないと思って怖かった」

そんな理由でジョイは、地獄のような毎日を送らなければならないなんて、本当に心が痛くなる。

ルーム

出演者はオスカー女優のブリー・ラーソン、監督はレニー・アブラハムソン


主演のジョイを演じているのは、ブリー・ラーソン

この映画の演技で、アカデミー賞主演女優賞を受賞している。

ブリー・ラーソンの鬼気迫る演技がなければ、この映画は成立しなかっただろうと思うぐらいに素晴らしい演技だった。

この映画で、彼女のことを知った人は、是非、「ショート・ターム」も観て欲しい。

「ルーム」のブリー・ラーソンに匹敵する彼女の演技を観ることができる。

他の出演作に「ギャンブラー/熱い賭け

ルーム2


監督はレニー・アブラハムソン

前回の監督作品は「FRANK-フランク-

ちょっとなるほどなぁと思った。

FRANK-フランク-」は、自分を「かぶりもの」という世界に閉じ込め、そこから自分を解放するフランクの話だった。

この世の中では生きづらい人たちの、世界に踏み出す初めの一歩を応援しているところが、二つの作品に共通している。

興味がある人は、観てみて欲しいおススメの作品。

他の監督作品に、「リチャードの秘密」など

ルーム5

これからは「声をかけられたら疑え」という悲しい世界に


日本でも、この「ルーム」のような事件がたまに起きる。

ジョイは、この映画の中で、「アイツの犬を助けてあげようと思って声をかけたら誘拐されてしまった」と言っている。

ということは、「困っている人は助けてあげましょう」という世の中ではないのかなと思うと、すごく悲しい。

この世から性善説はなくなり、「声をかけられたら疑え」という時代がやってくるような気がしてならない。

もう、既にそうなっているのかもしれないけど。

どうしたら、こんな悲しい出来事がなくなるんだろうと思い巡らせるけど、残念ながら、その考えに対する出口が見つからない…。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ルーム」DVD

ルーム [DVD]

新品価格
¥2,727から
(2017/3/1 23:31時点)



原作本「部屋」(上)

部屋 上・インサイド (講談社文庫)

新品価格
¥961から
(2016/4/14 00:41時点)



原作本「部屋」(下)

部屋 下・アウトサイド (講談社文庫)

新品価格
¥961から
(2016/4/14 00:42時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


チェスの神童について描く「ボビー・フィッシャーを探して」をNHK BSプレミアムで観た。

チェスの神童と呼ばれた実在の人物ジョシュ・ウェイツキンが7歳の時にチェスと出会った頃の様子を描く。



満足度 評価】:★★★★☆

良い映画だったなぁ。この映画「ボビー・フィッシャーを探して」で描かれるのは、「負けを克服することの難しさ」だった。

7歳にして、「勝ち続けること」に恐怖を感じプレッシャーに押しつぶされるジョシュと、そこから抜け出していく姿が感動的だった。


「ボビー・フィッシャーを探して」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:SEARCHING FOR BOBBY FISCHER)




ネット配信で観る:「ボビー・フィッシャーを探して」(字幕版)

ボビー・フィッシャーを探して (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/2/20 00:29時点)



DVDで観る:「ボビー・フィッシャーを探して」

ボビー・フィッシャーを探して [DVD]

新品価格
¥1,289から
(2016/10/5 00:21時点)



原作本「ボビー・フィッシャーを探して」

ボビー・フィッシャーを探して

新品価格
¥3,024から
(2016/10/5 00:22時点)



映画パンフレット 「ボビー・フィッシャーを探して」

映画パンフレット 「ボビー・フィッシャーを探して」 監督 スティーヴン・ゼイリアン

中古価格
¥200から
(2016/10/5 00:22時点)




キャスト&スタッフ


出演者

〇マックス・ポメランク

〇ジョー・マンテーニャ

ジョーン・アレン
…(「ルーム」など)

ベン・キングスレー

ローレンス・フィッシュバーン


ウィリアム・H・メイシー

〇デヴィッド・ペイマー

〇トニー・シャルーブ


監督・脚本

〇スティーヴン・ザイリアン


1993年製作 アメリカ映画



あらすじ


ジョシュ・ウェイツキン(マックス・ポメランク)は、7歳の時に公園で大人たちがチェスをやるのを見ているだけで、そのルールを覚えてしまう。

お父さんのフレッド(ジョー・マンテーニャ)は、教えていないチェスを覚え、大人たちを負かしてしまうそのスキルを見て、伝説のチェス教師ブルース・パンドルフィーニ(ベン・キングスレー)にその教育を任せることに。

しかし、フレッドはブルースが反対しているチェスのトーナメントにジョシュを出場させる。

日頃、大人と対戦しているジョシュはどの大会でも優勝するようになるが、そのことが次第に彼へのプレッシャーとなていく…。

ボビー・フィッシャーを探して



感想(ネタバレあり)


チェスを知らなくても楽しめる


正直、チェスのルールなんて1つも分からない。

チェスだけではなく、将棋も囲碁もやったことがないから、この映画「ボビー・フィッシャーを探して」を観ても、ルールなんてちっとも分らないし、どのタイミングで勝負が決まるのかも分からない。

それでも、この映画を観ていて楽しかったし、最後はとても爽快な気分になった。

だから、チェスが全く分からない人でも安心して観られる作品だと思う。

主人公は7歳にしてチェスの天才ジョシュ。

ジョシュは誰にも教わらないのに、公園で大人たちがチェスを打つのを観て、そのルールを覚えてしまい、対戦までできるようになった。

その当時のアメリカのチェス界では、かつて冷戦の最中に大統領の命令でソ連のチェスチャンピオンと対戦し、見事に勝利を収めたチェス世界チャンピオンのボビー・フィッシャーが失踪し、第二のボビー・フィッシャーが求められていた。

そのボビー・フィッシャーの対戦を間近で観ていたのが、ブルース・パンドルフィーニであり、その彼がジョシュを「第二のボビー・フィッシャーだ」と言い、ジョシュの教育を引き受けることとなった。


ボビー・フィッシャーを探して4



お父さんを喜ばせるために勝つ


しかし、ブルース以上にジョシュの才能を信じていたのは、父のフレッドだった。

彼はジョシュをブルースが反対するチェスのトーナメント(子供の部)に出場させるようになる。

ブルースは、「トーナメントで勝つための」チェスをやることが気に入らなかった。

恐らく、彼はもっと基礎の基礎からジョシュをキチンと教育したいと考えのだと思う。

ところが、ジョシュはブルースの反対をよそにどの大会でも勝ち続け、常に1位を取り続ける。

すると、そのうち「どんな時も1位でなければならない」と思うようになり、それが次第にプレッシャーとなっていく。

そこには、父フレッドが「お前なら勝てる」「1位になれる」と言い続けたために、「お父さんに愛される子供」でいたいジョシュは「1位を取らないとお父さんに嫌われる」と考えるようになる。

これは、週末になると地方で行われている大会に父と2人で行き、学校もチェスを学べる学校へ転校するなど、「チェス中心の生活」にシフトチェンジした上、同世代の友達がいないために、ジョシュにとって世界は「お父さんとチェスだけ」になってしまったことが原因だったのではと思った。

そして「負けること」を恐れるあまり、自分らしいプレイができず、萎縮するようになってしまう…。

ボビー・フィッシャーを探して3



トーナメントで優勝したいのはお父さんなのか、ジョシュ本人なのか


この時、本当に勝ちたかったのは、「お父さん」だったのか、「ジョシュ」だったのか。

ジョシュ以上に勝利にこだわっていたのが、お父さんだったのではないかと思う。

「勝ち」にこだわるあまり、「自分の息子」であるジョシュを見失ってしまったお父さん。

そのことに気付かせてくれたのが、妻のボニー(ジョーン・アレン)であり、ブルースだった。

そこで、ブルースはジョシュと2週間の釣り旅行に出かける。

一切、チェスの話題は禁止にしてただひたすら釣りだけを楽しむ。

それが、ジョシュにとっての良い気分転換になる。

というより、それも、お父さんにとっての良い気分転換だったんだろう。

ちゃんと息子と向き合って、チェスをしていない彼は何に興味を持って、何を楽しんでいるのか。

お父さんは、そうすることで、ようやく7歳の息子の姿を知ったのだと思う。

ボビー・フィッシャーを探して2



「次に勝つための負け」を知る


その親子の姿を観て感じたのは、「負けを克服することの難しさ」だった。

スポーツ選手でも、どんな世界でも、常に勝ち続けて負け知らずの人間などいない。

誰もが、出初めの頃は何度も「負け」を経験し、痛い思いをし、自分の弱みを知って、次の戦いに挑んでいく。

だから、強い人間になるためには、必ず「負ける経験」が必要になる。

お父さんは新聞のスポーツ欄を担当している記者なんだから、たくさんの一流アスリートたちの「負ける姿」を観ているはず。

だから、「負けること」が「次の勝ち」につながることはよく知っているはずで、誰よりもその素晴らしさを教えることができるはずなのに…。

お父さんも「神童の父」として、インタビューを受けたりして、良い気になっていたんだろうなぁ。

「勝ち」というのは、あくまでも必死で戦った結果でしかない。

大切なのは、そこに至るまでの経過だってことを教えて欲しかったんだけどなぁ。

「お前なら勝てる」しか言えなかったお父さんはちょっと残念だった。

ボビー・フィッシャーを探して5



ジョシュ・ウェイツキンの華麗なる転身


しかし、結局、釣りでの気分転換と、伝説の教師ブルースの教えもあって、最後は無事に勝利してこの映画「ボビー・フィッシャーを探して」は幕を閉じる。

その勝利の寸前。

「勝負をドローにして、両方がチャンピオンになろう」と毅然とした表情で腕を差し出したジョシュがとても印象的だった。

そして、この映画「ボビー・フィッシャーを探して」のラストには、ジョシュ・ウェイツキンがその後どうなったかが書かれていた。

彼はその後18歳以下のチェストーナメントで全米一になったという。

その後も、バスケや野球を続けたのだとか。

さらに、その後どうしているのかがとても気になったので、調べてみた!!

そしたら、驚愕!!なんと、チェスの神童から全米一の武術家に華麗に転身していた!!

その上、なんと、自己啓発本まで出していた(笑)

↓ それがこちら

◆「習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法

習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法

新品価格
¥3,240から
(2016/10/5 00:08時点)



私の想像では、今も第一線で活躍するプロのチェスプレイヤーだったんだけど…。

全く予想もしない方向へ進んでいた…(笑)

あぁでもなぁ。

1つの分野でNo.1を極めた人は、他の分野でもNo.1を極めるというのは、なんとなく分かる気がする。

どちらも共通しているのは、集中力とか、精神力のメンタル面の強さなんだと思う。

それは、きっとこの自己啓発本を読めば、もっと詳しく出ているはず。

やるんなら、とことん突き詰めるまでやれってことなんだろうな。

ホント、人生いろいろだな。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ボビー・フィッシャーを探して」 DVD

ボビー・フィッシャーを探して [DVD]

新品価格
¥1,289から
(2016/10/5 00:21時点)



原作本「ボビー・フィッシャーを探して」

ボビー・フィッシャーを探して

新品価格
¥3,024から
(2016/10/5 00:22時点)



映画パンフレット 「ボビー・フィッシャーを探して」

映画パンフレット 「ボビー・フィッシャーを探して」 監督 スティーヴン・ゼイリアン

中古価格
¥200から
(2016/10/5 00:22時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ライアン・ゴズリングレイチェル・マクアダムス共演の映画「きみに読む物語」をWOWOWで観た。

認知症の人たちが暮らす病院で、入院患者の女性に毎日物語を聴かせる男性。彼が語るのは、金持ちの令嬢アリ―と、肉体労働者ノアの許されない恋の物語だった。

満足度 評価】:★★★★☆

公開当時に映画館で観て号泣して、久しぶりに観たら、やっぱり良い映画だった。

誰も入り込めない、アリーとノアの2人だけの世界がすごく羨ましかった。

「きみに読む物語」予告編 動画

(原題:THE NOTEBOOK)




ネット配信で観る:「きみに読む物語」(字幕版)

きみに読む物語(字幕版)

新品価格
¥300から
(2018/7/28 15:29時点)



DVDで観る:「きみに読む物語」スペシャル・プライス

きみに読む物語 スペシャル・プライス [DVD]

新品価格
¥927から
(2016/4/24 22:46時点)



原作本「きみに読む物語」

きみに読む物語 (ソフトバンク文庫)

中古価格
¥15から
(2016/4/24 22:49時点)




キャスト&スタッフ


出演者

ライアン・ゴズリング
…(「ファースト・マン」、「ブレードランナー 2049」、「ナイスガイズ!」、「ラ・ラ・ランド」、「ドライヴ」など)

レイチェル・マクアダムス
…(「ドクター・ストレンジ」、「サウスポー」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「誰よりも狙われた男」、「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」、「消されたヘッドライン」など)

〇ジーナ・ローランズ

〇ジェームズ・ガーナー

ジョーン・アレン
…(「ルーム」、「ボーン・スプレマシー」、「フェイス/オフ」、「ボビー・フィッシャーを探して」など)

ジェームズ・マースデン
…(「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」、「明日の家族のつくり方」)

サム・シェパード
…(「7デイズ」、「8月の家族たち」など)

監督

〇ニック・カサベテス

2004年制作 アメリカ映画


あらすじ


認知症の人たちが暮らす病院の入院患者である女性(ジーナ・ローランズ)の病室へ毎日通う男性デューク(ジェームズ・ガーナ―)。

彼は、彼女に毎日物語を読み聞かせるためにやってくる。

その物語は、1940年金持ちの令嬢で17歳のアリー(レイチェル・マクアダムス)が夏休みを過ごすためにやってきた南部の田舎町で、地元の青年ノア(ライアン・ゴズリング)と出会うところから始まる…。


君に読む物語


感想(ネタバレあり)


7年の年月をかけて一生の恋にめぐり逢う


この物語は、アリーとノアの2人の恋の物語。

アリーはお金持ちの家の令嬢で、ノアは田舎町で木材加工の仕事をしている貧乏な青年。

今から70年も前の二人には、そんな身分違いの恋が許されるはずもなく、愛し合いながらもアリ―の両親によって引き裂かれてしまう。

それでも、二人は7年の年月を経て、アリーには婚約者もいて、ノアは新しい恋人を作りながらも、彼らは再びめぐり逢う。

と書いてしまうと、なんだかありがちで陳腐な昼メロみたいに聞こえてしまう。

まぁ、確かにそんな一面もある恋愛ドラマなのかもしれないけど、それでも、私には彼らがとても輝いて美しく、また、羨ましく思えた

きみに読む物語4


誰も入り込めない二人だけの輝く世界が羨ましい


私が彼らを観ていて良いなと思ったのは、彼らには誰にも入り込めない2人だけの世界があるということ。

何度も衝突して、ケンカしても、また彼らは2人だけの場所に戻ってくる。

お互いが、お互いにとって居心地の良い居場所になっているのが、すごく羨ましかった。

7年間アリーとノアが会えなかった間に、アリーはロンと出会い、彼を愛し、婚約を決めたことに嘘はなかったように思う。

きっとその時は、ノアしか見えてなかったんだと思う。

それでも、ノアと再会した時に感じた居心地の良さが、アリーをノアの元へ呼び戻したのだと思う。

私にはそういう人がいないから、すごく羨ましいなぁと思った。

きみに読む物語


アリーの気持ちを誰よりも理解していたママの想い


この映画は10年間の映画になるけど、その時に気付けなかったことがある。

それは、ジョアン・アレンが演じる、アリーのママの想い。

実は、ママにもパパではない人を好きになった過去があって、その人のことを度々見にくることがあるというママの告白。

そのシーンがすごく切なくて、心が痛かった。

彼女は、肉体労働者との恋よりも、金持ちとの結婚を選んだことが幸せだと言い、その幸せを確かめるために昔の彼を度々見に来るという。

でも、本当に幸せなら、たびたび昔の彼の姿を見つめながら、今の自分の幸せを確認する必要があるんだろうか。

昔の彼のことなんか、忘れてしまうんじゃないだろうか。

「だから、あなにも後悔だけはして欲しくないの」

というママの一言は、「ママと同じ道は歩んで欲しくない」という願いのように聞こえた。

なんだか、その時のママとアリーの会話が、すごく心に残るシーンだった。

きみに読む物語7


出演者たちは、この映画が出世作に


「一生をかけてアリ―を愛する男」ノアを演じたのは、ライアン・ゴズリング

今思えば、この映画が彼の出世作。

その後、ラブコメ系のソフト路線を行くのかと思いきや、「ドライヴ」でハード路線もいけるところを見せ、次回作が注目される俳優の一人。



きみに読む物語6



「命がけで愛される女」アリーを演じたのは、レイチェル・マクアダムス

ライアン・ゴズリングと同じくこの映画が出世作となった彼女は、この映画に出演後、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が急上昇。

ロマコメのスイートな役だけでなく、知的な役もこなす彼女は、ロマンス映画からまで幅広く出演する。

現在、アメリカのトップ女優の1人。



きみに読む物語5


そして、老後のアリ―を演じたのは、ジーナ・ローランズ

彼女は、この映画の監督ニック・カサヴェテスの母。

周りに反対されながらも愛を貫く一生だったアリーを演じたジーナ・ローランズを観ながら、これはカサヴェテス家の物語でもあるのかな…と勝手に想像してしまった。

もちろん、ジョン・カサヴェテスと、ジーナ・ローランズは、誰もが知る有名人カップルなので、ノアとアリーのような身分違いの恋ではないけど、一生をかけて愛し合った夫婦という意味では、共通するところがあるのかなと思った。

そんなジーナ・ローランズとジョン・カサヴェテスの共同作業で有名な映画に「グロリア」がある。

観たことがない人は、素敵な映画なので是非。

私も、久しぶりに「グロリア」を観たくなった。



「グロリア」DVD

グロリア [SPE BEST] [DVD]

新品価格
¥1,000から
(2016/4/24 22:52時点)






誰にも負けないこと。それは1人の女性を愛し続けたこと


この映画は、オープニングに一番グッとくるセリフがある。

最初に老後のノアが登場し、

「私は誰でもない、ただの平凡な男。何かを成し遂げ分けでも、名前を残したわけでもない。

しかし、ただ一人の女性を命がけで愛した。それだけで十分だ。」

今の世の中、そんなことを胸を張って言える人がどれだけいるんだろう。

一生かけてまで愛する人に出会い、その人と一生を添い遂げる。

そんなのは夢物語…と思いつつ、そんな二人が本当に心の底から羨ましいと思える美しく輝いた映画だった。



きみに読む物語3






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「きみに読む物語」(字幕版)

きみに読む物語(字幕版)

新品価格
¥300から
(2018/7/28 15:29時点)



DVDで観る:「きみに読む物語」スペシャル・プライス

きみに読む物語 スペシャル・プライス [DVD]

新品価格
¥927から
(2016/4/24 22:46時点)



原作本「きみに読む物語」

きみに読む物語 (ソフトバンク文庫)

中古価格
¥15から
(2016/4/24 22:49時点)



「グロリア」DVD

グロリア [SPE BEST] [DVD]

新品価格
¥1,000から
(2016/4/24 22:52時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック