とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:スティーヴ・ザーン



チャーリー・プラマー主演、アンドリュー・ヘイ監督の映画「荒野にて」を試写会で観た。

孤独な少年と、一頭の馬が荒野に旅に出る物語。


映画「荒野にて」


満足度 評価】:★★★★☆

天涯孤独になってしまった少年チャーリーと殺処分間近の馬ピート。

彼らの荒野の旅路はあまりにも厳しい。

それでも少年は生きていく術を学び、遥か遠くに見える希望の光を目指す。

そんな彼を心で励ましつつ、ラスト10分は号泣だった。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『荒野にて』予告編 動画

(原題:Lean on Pete)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年4月4日 試写会にて鑑賞。

・2019年5月13日 感想を掲載。

より詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓





キャスト&スタッフ


出演者

…(「ゲティ家の身代金」など)


〇クロエ・セヴィニー

〇トラヴィス・フィメル



監督

アンドリュー・ヘイ
…(「さざなみ」など)


2017年製作 イギリス映画





あらすじ


幼い頃に母が家出をし、父一人、子一人で育ってきたチャーリー(チャーリー・プラマー)。

しかし、夫がいる女性と恋愛関係にあった父は、その恋人の夫に殺されてしまう。

それ以来、天涯孤独になってしまったチャーリーは、面倒をみていた競走馬のリーン・オン・ピートが殺処分されることを知り、ピートを厩舎から連れ出し荒野へ向かって歩き出すのだが…。



映画「荒野にて」チャーリー・プラマー



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に書いたものをご紹介します。




★★★★ [80点]「それでも彼らは生きていく」


これはラスト10分号泣してしまった。



シングルファーザーの家庭で暮らす15歳のチャーリーは、お父さんが夫のいる女性と不倫した果てに、彼女の夫に襲撃され、亡くなってしまう。

天涯孤独になってしまったチャーリーは、殺処分が決まった馬のピートと共に旅に出る。



これは、そんな一人の少年チャーリーと一頭の馬ピートのロードムービーである。

お父さんを亡くしたチャーリーにとって、頼りになるのは馬のピートだけ。



その先に何があるのかわからない彼らの目の前には、ただひたすら広くて何もない荒野が広がっている。

それでも少年は、その先に希望がらあると信じて前に向かって進んでいく。



この世には、チャーリーのように温かい家庭に暮らすことが夢だという子供たちがいることを改めて思い知らされた作品だった。

頼れるのはお互いだけというチャーリーとピートは、生きていく方法をストリートで身につけ、いつか、温かい家庭で暮らせるんだという希望を持ち続ける。

旅に出て、どんどん逞しくなっていくチャーリーを観ながら、生温い家庭で育った子とは違う、大人っぽい雰囲気を感じたけれど、ラスト10分、やはり、少年だったんだと思わせる彼の姿には涙が止まらなかった。



そんなチャーリーを観ていると、人はどんな環境でも生きていけるんだなと思ったし、前向きに生きる力をもらった映画だった

主役のチャーリーを演じたチャーリー・プラマーの寂しげな表情に、ほんのりリバー・フェニックスを感じて、これからの期待の星だと思った。

彼は既に「 ゲティ家の身代金 」で世に出ているけど、新し物好きな人は要チェックの新星です


Posted by pharmacy_toe on 2019/04/16 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「荒野にて」(字幕版)

荒野にて(字幕版)

新品価格
¥408から
(2019/12/10 18:09時点)



DVDで観る:「荒野にて」

荒野にて [DVD]

新品価格
¥3,444から
(2019/12/10 18:10時点)



原作本:「荒野にて」

荒野にて

新品価格
¥2,160から
(2019/5/13 16:50時点)



オリジナルサウンドトラック「荒野にて」

荒野にて

新品価格
¥2,592から
(2019/5/13 16:51時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


三部作の完結編「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を映画館で観た。

類人猿と人間の対決を描く完結編。

前作で類人猿のリーダーとなったシーザーと、猿ウィルスという疫病により破滅へと向かう人間たちを率いる大佐との対決が描かれている。


満足度 評価】:★★★★☆

かわいい赤ちゃんの頃からシーザーを観てきた者としては、人間と争わなければならず、その葛藤に苦しめられるシーザーを観ているのが、とても切ない作品だった。

しかし、そのシーザーの心根の優しさが、この惑星を『猿の惑星』にしたんだということが分かった作品だった。

それにしても、第一作目に『創世記』という邦題を付けた人、天才だと思った

その理由も、この感想の中に書いてある。


「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」予告編 動画

(原題:War for the Planet of the Apes)




更新履歴・販売情報


・2017年10月21日 映画館にて鑑賞した感想を掲載。

・2018年8月4日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信・DVD共に販売中。

ネット配信で観る:猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(字幕版)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (字幕版)

新品価格
¥399から
(2018/8/3 16:34時点)



DVDで観る:「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2018/8/3 16:38時点)




予習復習に!『猿の惑星』コンプリートBOX

猿の惑星 ブルーレイコレクション(8枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥5,536から
(2017/10/21 20:04時点)



キャスト&スタッフ


出演者

アンディ・サーキス
…(「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」、<監督のみ>「ブレス しあわせの呼吸」など)

ウディ・ハレルソン
…(「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」、「LBJ ケネディの意志を継いだ男」、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」、「スリー・ビルボード」、「スウィート17モンスター」、「ファーナス 訣別の朝」など)

スティーヴ・ザーン
…(「荒野にて」、「はじまりへの旅」など)

〇アミア・ミラー

監督

マット・リーヴス
…(「クローバーフィールド/HAKAISHA」など)


2017年製作 アメリカ映画



猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)



あらすじ


人間が作ったウィルスから発生した疫病により、人類は破滅の道へと向かっていた。

そんな中、生き残った人間たちは、類人猿との戦いを続けていた。

類人猿のリーダー・シーザー(アンディ・サーキス)は、争いをやめ、人間との共存を願っていたが、軍隊を率いる大佐(ウディ・ハレルソン)により妻と息子を殺されてしまう。

シーザーは復讐の鬼と化し、類人猿たちを別の居住地へと避難させ、一人で大佐の元へと向かうが、モーリスなど、数名の側近たちは彼に付いて行くことに。

その後、シーザーたちが大佐の元へ向かっている途中、一人の口のきけない少女に出会う…。



猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)5



感想(ネタばれあり)


最初から結末の筋書きが分かっている作品



この「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」は、「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、「猿の惑星 新世紀(ライジング)」と続く三部作の完結編。

この完結編では、前作で類人猿のリーダーとなったシーザーと、ウィルスによる疫病により破滅へと向かう人間たちのを率いる大佐との対決が描かれている。



この映画のキャッチコピーは

あなたは、最後を見届ける 最初の人類になる

そこから、「人類の最後」が描かれるんだなということが読み取れる。

私も、最初、このキャッチコピーが書かれたポスターを観た時に、「これはネタバレじゃないか」と思った。

さらに、初代、チャールトン・ヘストン版「猿の惑星」を観た人なら、余計に結末が分かってしまうはず。



しかし、この物語が伝えたいのが、「人類が破滅するのか、しないのか」ではなく、「なぜ、破滅するのか」だということが、だんだんと分かってくる

私たちがこの映画を観て感じ取るべきなのは、『結果』ではなく、その『過程』なのだ。



ここには、2人の対照的なリーダーが登場する。

人間の軍隊を率いる『大佐』と、類人猿を率いる『シーザー』

何から何まで対照的な2人の行動を見ていると、指導者の判断一つで、一方は破滅へ向かい、もう一方は繁栄していくのが分かる。



なぜ人類は破滅へ向かい、類人猿は繁栄し、この星は『猿の惑星』になったのか。

その理由を考えてみた。



猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)4


大佐とシーザー、対照的なリーダーの対比から見えること



人間の軍隊を率いる大佐は、カリスマ的な威厳を持ち、恐怖を植え付けることで軍人たちを従わせ、率いている典型的な独裁者。

その様子は、まるで『地獄の黙示録』そのもの

恐らく、長い戦闘状態の間に気がふれてしまい、人を殺すことに何の感情持たなくなってしまった恐ろしき指導者



その彼が軍隊に植え付けている「恐怖」というのが、「類人猿」であり、「ウィルス」である。

人は、未知のものに遭遇すると、その多くが最初は恐怖を抱く。

大佐は、その多くの人間が抱く「恐怖」をうまく利用する



「ウィルスに罹ったものは殺せ」、「類人猿のリーダーを殺せと」というスローガンを掲げると、恐怖におびえ、将来に不安を感じていた人間たちに具体的な目標ができ、モチベーションが上がっていく。

それは、ヒトラーがナチスを率いる時に用いていた「ユダヤ人を殺せ」のスローガンと同じである。



大佐の考えに異論を唱える者は容赦なく殺されていく。

するとそのうち、独裁的な大佐についていけなくなる者が現れる。

そして、人間の間でも大佐派と、反大佐派に別れ、人間同士が殺し合うようになる



その大佐とは対照的な行動をしたのが、類人猿のリーダー、シーザーである。

どんなことがあっても、「殺戮をやめよう」と考えていたシーザーは、人間を捕えても捕虜にすることなく、人間の元へ返していた

彼のかけた慈悲が、互いの平和を生むと考えていたからだった。

しかし、大佐はそのシーザーの優しさを利用し、彼の家族を殺してしまう。



その時、シーザーの中には憎悪や恨みといった悪の感情が生まれる。

ところが、そこで「人間たちに復讐を」とならないところが、指導者シーザーが独裁者の大佐と違うところである。

あくまでも憎いのは大佐本人であり、人間ではない

類人猿の中に、シーザーの意見に反対する者がいても、それをとがめることをせず、引き留めることもしない。



その2人のリーダーが指導した結果、人間たちの殺し合いは加速し、類人猿たちは共に手を取り合い助け合うようになっていく。

本来あるべきリーダーの姿は、どちらが正しいのか

この映画では、大佐とシーザーを対比させることで、「戦争」や「恐怖政治」からは憎しみや破滅しか生まれないことを描いている。

真の平和と繁栄は、互いの存在を認め合うことから始まるのだ。



猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)3


次世代の人類の形 少女・ノバ



そもそも、その疫病の元となったウィルスを作り出したのは人間だった。

アルツハイマーの特効薬を研究していた化学者が作り出した薬が原因で『猿インフルエンザ』という病気に発展する。

一方で、その薬を投与されたチンパンジーは知能が向上する。



このできごとは、神の怒りをかうことになる

聖書に出てくる「バベルの塔」では、人間たちは言葉を巧みに使ってコミュニケーションをし、自分たちの高い技術力を過信し、天にも届く程の高い塔を作ったことで神の怒りをかってしまう。

その結果、互いに言葉が通じないようにさせられてしまう。



この映画で化学者たちは、最先端の技術を駆使し、類人猿の知能を発達させ、神が作ったチンパンジーとは違う生き物にしてしまう。

そうして、神の領域に踏み込んだ人間たちに制裁を加えるため、神は同じ薬で疫病を蔓延させ、彼らの口をきけないようにしてしまう。



その「バベルの塔」が象徴するのが、口のきけない少女・ノバである。

ノバ(イタリア語で“新しい”の意)は、新世代の人間の形だ。

口がきけないため、他の人間たちとコミュニケーションが取れず、類人猿たちと手話で会話するようになる。

そして、「私も類人猿になりたい」と願うようになる。



それは、「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」で、人間並みの知能を持ったシーザーが「人間になりたい」と願っていたのと立場が逆転したことを示している。

ノバの登場こそが、この星が『猿の惑星』になったことを示しているのだ。



ちなみに、聖書で「バベルの塔」が登場するのは、旧約聖書の「創世記」だそうで、邦題の上手さに思わずうなってしまった



本来、科学は人間の生活を助け、豊かにするためのものであり、自然の摂理を壊すものではない。

神の領域を犯したものは、必ず、神から制裁を受けることになる。

ノアはその結果として登場するが、彼女が猿たちと共存していくことができれば、人間にとって希望となるし、それができなければ、人間は絶滅する

彼女は人類が生き残るためのカギを握っている。



猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2


憎しみ合いからは何も生まれない。互いの存在を認め合うことが平和への道のり



目の前に起きている恐怖(類人猿や猿ウィルス)と向かい合うことができず、恐怖の対象となるものは全て殺し、ついには人間同士が殺し合うようになる。

さらに、科学の進歩を過信し、治療不可能なウィルスを蔓延させることになってしまった人間の科学技術

そこから浮かび上がってくるのは、人間の愚かさと傲慢さ

それらが、人間を破滅へと導くことになる。



その一方で、類人猿にとって脅威となる人間との共存を模索し、殺戮を終わらせ、常に平和への道のりを考えていた類人猿たち

彼らは繁栄の一途をたどり、この星は類人猿のものとなる。



その対照的な二つのできごとの中で、最も怖いのは、指導者の選び方一つで吉にも、凶にもなるということ。

指導者選びを間違えれば、人類は破滅する可能性だってある。



そこから感じたのは、政治の大切さだった。

恐怖におののき、ヒトラーのような強い指導者を選んでしまうと、逆に世界は恐怖に包まれる。

それよりも、勇気を持って和平を模索する指導者が人類を繁栄に導くことができる



「創世記」の頃は、かわいい、かわいいシーザーの成長記を観るような軽い気持ちで見始めたら、とても奥が深いことに驚かされた。

言葉は、凶器にもなるし、平和の使いにもなる。

これからの時代は、その言葉を巧みに操る政治家たちにだまされず、最もふさわしい指導者を見抜く目が必要であると考えさせられた作品だった。



関連記事

〇リブート版三部作 第一作

〇リブート版三部作 第二作





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(字幕版)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (字幕版)

新品価格
¥399から
(2018/8/3 16:34時点)



DVDで観る:「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2018/8/3 16:38時点)



予習復習に!『猿の惑星』コンプリートBOX

猿の惑星 ブルーレイコレクション(8枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥5,536から
(2017/10/21 20:04時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヴィゴ・モーテンセン主演の映画「はじまりへの旅」を映画館で観た。

山奥にある山小屋で暮らすベン一家が、ベンの妻であり子供たちの母の葬儀に出席するため、山奥から町に出て行くが…。


満足度 評価】:★★★★☆

憧れはしないけど、彼ら一家の奇妙な日常生活と考え方には興味津々だった。

「普通とは何か」「当たり前のことは本当に当たり前のことなのか」について、改めて考えさせられる作品。


「はじまりへの旅」予告編 動画

(原題:CAPTAIN FANTASTIC)




ネット配信で観る:「はじまりへの旅」(字幕版)

はじまりへの旅(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/2/6 22:35時点)



DVDで観る:「はじまりへの旅」

はじまりへの旅 [DVD]

新品価格
¥3,256から
(2018/2/6 22:36時点)



「はじまりへの旅」 【サントラ盤】

はじまりへの旅 【サントラ盤】

新品価格
¥2,592から
(2017/4/4 16:25時点)



【映画パンフレット】はじまりへの旅

【映画パンフレット】はじまりへの旅 監督 ステファーヌ・フォンテーヌ キャスト ヴィゴ・モーテンセン、フランク・ランジェラ、ジョージ・マッケイ、サマンサ・イズラー、アナリース・バッソ、ニコラス・ハミルトン、シュリー・クルックス、

新品価格
¥2,200から
(2017/4/4 16:25時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ヴィゴ・モーテンセン
…(「グリーンブック」、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ)

〇フランク・ランジェラ

…(「マローボーン家の掟」など)

スティーヴ・ザーン
…(「荒野にて」、「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」、「パーフェクト・ゲッタウェイ」など)

監督・脚本

マット・ロス
…(「あるふたりの情事、28の部屋」など)

2016年制作 アメリカ映画

はじまりへの旅

あらすじ


アメリカ北西部の山奥にある森の中で暮らすお父さんのベン(ヴィゴ・モーテンセン)と、6人の子供たち。

食事は自給自足、学校へ行かず自分たちで勉強している彼らの中には、山から下りたことがない子供もいる。

ある時、数年前から病院に入院していたお母さんが亡くなってしまう。

彼らは葬儀に出席するために、森を出て、ニューメキシコへと向かうのだが…。


はじまりへの旅4

感想(ネタバレあり)


「普通」とはいったい何??


映画が始まってから30分程は、主人公であるベン一家の独特で奇妙な生活に圧倒された。



森で狩りをし、崖でロッククライミングしたり、山の中を走ったり、運動したり。

もちろん、テレビもなければ、携帯電話もない。

都会育ちでヘタレの私からしたら、「うわ~。こんなの絶対無理ーーー」という日常生活。



でもきっと、そんな彼らからしたら、私たちが当たり前のように暮らしている日常はどう思うだろうか。

毎日、満員電車に揺られて通勤・通学し、家族や友だちと面と向かわずに、携帯電話で会話をし、ときには嫌いな人たちに愛想笑いをしてやり過ごす。

そんな日常こそが、「無理ーーー」と思うかもしれない。



「普通」と思うことや、「当たり前」だと思うことは人それぞれであり、

人々が思う「理想の生活」も千差万別

この映画を観て、そんな「普通とは何か」について考えさせられた



はじまりへの旅5



「自分の教育方針は間違っていたのかもしれない」という気付き


このベン一家に限らず、子供たちは親の影響を受けて育つ。

幼稚園にするか、保育園にするか、小学校は公立にするか私立にするか。

本人の意思より、親の影響の方が強い。



そのまま「思春期」を迎えると、「こんなはずじゃなかった」と思い、急に親に反抗するようになる。

それがいわゆる反抗期であるが、このベン一家にも他の家庭と同じように反抗期がやってくる。



長男のボウはこれまで学校になど通ったこともないのに、いきなり大学に行きたいと言い出し、次男のレリアンは町の生活が気に入り「おじいちゃんと暮らしたい」と言い出す。

ベンにとっては、「最高の生活だ」と思っていた山小屋での暮らしだったが、温かいベッドとテレビゲームがある暮らしの方が良いと思う子供だっている。

これが、ベンにとって、痛いつまずきになる。



「自分の教育方針は間違っていたのか…」



はじまりへの旅3



義務教育の必要性


ベンの教育方針が間違っていたわけではないと思う。

彼が育てた子供たちは、町で暮らす子供たちよりも頭が良く、何事も自分の頭で考える力を持っている。



彼らの「考える力」は、学校から一方的に均等に叩きこまれた教育だけではできない個性である。

運動神経だって、その辺の子供たちよりもずっと良い。



しかし、一般社会への適応能力が圧倒的に欠けている

家族の中のコミュニティだけで暮らしているいるなら、それで良い。

もし、将来就きたい職業ができたり、結婚したいと思う時が来たらどうするのか。

彼らは、それでも「森の生活」を押し通すのだろうか。



そんな彼らの様子を観て、将来、子供には「自分の意志で人生を歩んで欲しい」と願うからこそ、ある程度、社会のことを知る必要があるんだと思った。

だから中学校までは、一般的な常識を知り、他者とのコミュニケーションを学ぶために義務教育になっているのだ。



何も、有名大学に行ったり、大企業に就職する必要はないし、それが常識だとは思わない。

かと言って、世間から隔離された生活を送ることも、ベストな教育方法ではないようだ。



だから、ボウはキスをしただけでひざまずいて「結婚してください」という青年に育ってしまったんだと思う。

それは、決して悪いことではないけど、世間で生きていくには、なかなか生きづらいのではと思う。



とはいえ、親から欲しい物を与えられて育った子供たちも決して素晴らしいとは言えない

彼らの親戚の子供たちは、物欲にまみれ、一日中「ゲーム」をやることしか考えていない。



そうやって考えると、どれが正解なのか分からなくなってくる。

それでは、「普通の生活」とは、一体、どんなもので、何が正解なのか

改めて考えさせられてしまう。



はじまりへの旅2



「豪邸暮らし」と「山奥暮らし」心地よい生活はどちらなのか


例えば、亡くなったお母さんの実家のように、広大な敷地に立つ立派な邸宅で暮らすのも悪いわけじゃない。

しかし、お母さんは、そんな「物欲」にまみれた世界が嫌になって、森の生活に憧れたんだろうと思う。



だからといって、世間から隔絶された「森の奥の山小屋」で暮らす生活がベストなわけでもない。

大事なのは、「豪華な邸宅」で暮らしている人も、「山奥の小屋」で暮らしている人もいていも良い

多様な生活様式を自分の意思で選択でき、互いに尊重し合える世の中が本当に素晴らしいように思う。



「豪華な邸宅に住んでいるから」立派な人なのではなく、「山奥に住んでいるヒッピーだから」おかしな人なのでもない。

どちらも、社会に生きる一員なのである。



ただし、子供は義務教育を全うするという条件付きが良いと思う。

ある程度知識を付け、コミュニケーションの方法も学んだ上で、自分の暮らしを選択したら良い

子供の人生は親のものではない

子供自身のものである



そうやって、互いの価値観や生活様式を認めることが、「多様性の容認」であり、社会は広がっていくのである。

結局、一家は社会と程よい距離を保ちながら生活し、子供たちは学校に通うようになる。

その生活スタイルが彼らにとって心地よい暮らしであるならば、それが正解なんだと思う。






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「はじまりへの旅」(字幕版)

はじまりへの旅(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/2/6 22:35時点)



DVDで観る:「はじまりへの旅」

はじまりへの旅 [DVD]

新品価格
¥3,256から
(2018/2/6 22:36時点)



「はじまりへの旅」 【サントラ盤】

はじまりへの旅 【サントラ盤】

新品価格
¥2,592から
(2017/4/4 16:25時点)



【映画パンフレット】はじまりへの旅

【映画パンフレット】はじまりへの旅 監督 ステファーヌ・フォンテーヌ キャスト ヴィゴ・モーテンセン、フランク・ランジェラ、ジョージ・マッケイ、サマンサ・イズラー、アナリース・バッソ、ニコラス・ハミルトン、シュリー・クルックス、

新品価格
¥2,200から
(2017/4/4 16:25時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」をWOWOWで観た。

ハワイでハネムーン中の新婚カップル。しかし、ホノルルで新婚カップルを狙ったと思われる殺人事件が発生し、自分たちも狙われるのでは…と心配するが…。



満足度 評価】:★★★☆☆

つまらくはなかったけど、すごく面白かったわけでもない。軽めのものを暇つぶしに観たい時なんかにピッタリの作品だと思う。

※この映画の感想には、結末についてネタバレしています。是非、映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」を観てからお読みください。


「パーフェクト・ゲッタウェイ」予告編 動画

(原題:A PERFECT GETAWAY)




「パーフェクト・ゲッタウェイ」 DVD

パーフェクト・ゲッタウェイ [DVD]

新品価格
¥2,090から
(2018/9/22 11:35時点)



キャスト&スタッフ


出演者




〇キーリー・サンチェズ


〇マーリー・シェルトン

監督

〇デヴィッド・トゥーヒー


2009年製作 アメリカ映画



あらすじ


シドニー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)とクリス(スティーヴ・ザーン)は、ハワイでハネムーンの最中。

そこへ、同じくハワイのホノルルでハネムーン中のカップルが殺される事件が起きる。

防犯カメラを観た結果、犯行は男女のカップルであり、新婚カップルを狙っているというニュースを聞いたシドニーとクリスは、周りのカップルを疑い始める。

そして、彼らと同じタイミングでトレッキングを楽しんでいるニック(ティモシー・オリファント)とジーナ(キーリー・サンチェズ)と行動を共にし始めるが…。



パーフェクト・ゲッタウェイ



感想(ネタバレあり)


美しい景色の中、新婚カップルを狙った殺人事件が勃発


主人公は、ハワイへハネムーンに行ったシドニーとクリスのカップル。

まず、このハワイの景色が美しすぎる!!

私は、ハワイの景色を見ると、すぐに「ジュラシック・パーク」を想像しちゃう悪い癖があるんだけど、まさに、この映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」の舞台も、あの「ジュラシック・パーク」の舞台となったジャングル。

もう今すぐにでも、恐竜が出てきそうな雰囲気満載。

綺麗だったなぁ~。

その景色を観ているだけで、ハワイに行きたくなった。シーカヤックとか、すごく楽しそう。

いやいや、観光案内のVTRを観たのではない(笑)

サスペンス映画の「パーフェクト・ゲッタウェイ」だ。話を戻す(笑)

主人公の新婚さんがハネムーンをしている最中、ワイキキで同じく新婚でハネムーン中のカップルを狙った殺人事件が起きる。

そのニュースを知った時から、シドニーとクリスは周りが信じられなくなってしまう。



パーフェクト・ゲッタウェイ



どんでん返しにそれ程の驚きがなかった…


このブログはネタバレOKのブログなので言ってしまうと、実は、主人公のシドニーとクリスこそが、その新婚カップルを狙った殺人犯だったというオチ。

彼らは、歳が同じぐらいのカップルを殺しては、その人たちになりすまして暮らす強盗殺人犯。

彼らの新しいターゲットがニックとジーナのカップルだったというお話だった。

しかしなぁ、そのどんでん返し、それにしても驚きが少ない。

どうも途中でジーナがヤギをさばいたり、ニックがいかにも海兵隊上がりのちょっとおかしな奴を演じてて、ちょっとやりすぎだなと思ってた。

このまま、ジーナとニックが殺人鬼だったら、1つも面白くないと思っていたから、なんかちょっとひねりがあるんだろうなぁと思っていたら、やっぱりあった。

そんな感じだったなぁ。

えぇ~??っていうのけ反り系はなかった。



パーフェクト・ゲッタウェイ



驚きがなかったのは、ミラ・ジョヴォヴィッチのミスキャストのせい


というのも、私が思うに、この映画でミラ・ジョヴォヴィッチをキャスティングしたことが、そもそも間違っている。

映画の冒頭からミラ・ジョヴォヴィッチが、しおらしい新婚主婦の役なんておかしいと思い、きっとなんかやらかすに違いないんだろうなぁと思っていた。

だから、「やっぱり私たちが殺人鬼よ」と言われたところで、「あぁやっぱりな」としか思えない。

むしろ、「キャスティング時点でバレてるじゃないか」と思ってしまった。

ミラ・ジョヴォヴィッチをキャスティングするんだったら、殺人鬼のシドニー役じゃなくて、狙われる側のジーナの方が良かったように思うんだよね。

ミラ・ジョヴォヴィッチがあの顔でヤギをさばいていたら、それこそ怪しさ満載だし、こいつら絶対犯人だわぁって疑いなく思うはず(笑)

さらに、シドニーの夫のクリスがインパクト薄いもんで、殺人鬼と言われても、あまりピンと来ないんだなぁ。

やっぱり、この映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」のインパクトの薄さは、キャスティングミスに原因があるとしか思えない。



 ↓ もはや貞淑な妻の役などできないミラ・ジョヴォヴィッチ
パーフェクト・ゲッタウェイ もはや貞淑な妻の役などできないミラ・ジョヴォヴィッチ



ブレイク寸前のクリス・ヘムズワースに会える映画


しかし、そんな中、私が最も期待していたのは、ブレイク前のクリス・ヘムズワース

「マイティ・ソー」に出演する前のクリヘムが、ほんの少し登場している。

こちらは、あの巨体で立っているだけで怪しさ満載。

容疑者の雰囲気を匂わせる役目は十分に果たしたように思う。

クリヘムも、もうこんなに小さい役はやらないだろうから、この登場シーンはかなり貴重だと思うなぁ。

ちなみに、この作品は「スター・トレック」でカーク船長のお父さんの回送シーンに出演した後の作品であり、この後、「マイティ・ソー」が続く。

まさに、ブレイク前夜の作品だった。

本音を言えば、もう少し出番があっても良かったと思うんだけど。

ちなみに、弟はリアム・ヘムズワースで、「ハンガーゲーム」シリーズや、「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」に出演している。



 ↓ 出番が少ないながらキチンと印象を残すクリス・ヘムズワース
パーフェクト・ゲッタウェイ 出番が少ないながらキチンと印象を残すクリス・ヘムズワース



丸く収まってめでたしめでたし


結局のところ、そうやって話が二転三転ドタバタしたものの、最後は「愛が勝つ」という王道で終了。

愛のないカップルは、パートナーにかばってもらうことなく撃沈。

まぁ、これはこれで、丸く収まって良かったんじゃないかな。

しかし、私はそんなカップルたちの悲喜こもごもよりも、ハワイの美しい景色に心が奪われ、行ってみたいなぁという気持ちを募らせた映画だった(笑)

これ、やっぱり、観光VTRとしていけると思うんだけど(笑)

あ、新婚さんが行きたくなくなっちゃうからダメか(笑)





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「パーフェクト・ゲッタウェイ」 DVD

パーフェクト・ゲッタウェイ [DVD]

新品価格
¥2,090から
(2018/9/22 11:35時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック