オム・ジョンファ主演の韓国映画「ミス・ワイフ」をU-NEXT で観た。

独身主義者の女性弁護士が、天国のミスで1ヶ月だけ子持ちの専業主婦をすることになってしまうロマンティック・コメディ。


満足度 評価】:★★★★☆

笑って泣けて感動するロマコメ。

独身の敏腕女性弁護士が突然子持ちの専業主婦になって奮闘!

それまで愛を拒絶して生きてきた主人公が、愛を知ってそれまでの自分の人生を見つめ直す姿に共感してぼろ泣き。

人の優しさが温かくて良い。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『ミス・ワイフ』予告編 動画

(原題:미쓰 와이프)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年9月2日 U-NEXT にて鑑賞。

・2019年9月17日 感想を掲載。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「ミス・ワイフ」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

AmazonPrimeで観る:「ミスワイフ」(字幕版)

ミスワイフ(字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/9/17 16:15時点)





DVDで観る:「ミス・ワイフ」

ミス・ワイフ デラックス版 [DVD]

新品価格
¥4,012から
(2019/9/17 16:16時点)





キャスト&スタッフ


出演者

…(「悪魔は誰だ」など)

〇ソン・スンホン


監督

〇カン・ヒョジン


2015年製作 韓国映画



韓国映画「ミス・ワイフ」



あらすじ


「結婚しない主義」を貫き通す敏腕弁護士のヨヌ(オム・ジョンファ)は、交通事故に遭った際、天国の手違いで1ヶ月間、平凡な公務員ソンファン(ソン・スンホン)の妻になることになってしまう。

ソンファンには二人の子供がいて、1カ月後にヨヌが交通事故で死亡し、その後、元の弁護士の生活に戻れることになっている。

それまで、夫も子供もいらないと思っていたヨヌが、その時から突然専業主婦となり、食事の支度から、家計のやりくり、内職まですることになったしまう。

しかし、初めは早く元の生活に戻りたいと思っていたヨヌも、次第に夫や子供たちに愛着がわくようになり…。



韓国映画「ミス・ワイフ」オム・ジョンファ




感想(ネタばれあり)


独身女性が知る、専業主婦の大変さ


40歳手前まで独身主義を貫き通してきた人が、もしも、ある日突然、二人の子持ちの専業主婦になったらどうなるだろうか。



長いこと独身をしている私としては、確実に悲鳴を上げると思う。

まず、子供とどう接したらいいか分からないし、良い親になれる自信もない。

そもそも、子供を育てる覚悟もできていない。



どうしていいか分からないまま、悲鳴を上げてしまうはずだ。



そんな「独身女性のどうしていいか分からない」という戸惑いが、この映画ではとてもリアルに描かれている

夫に夜の営みをいきなり頼まれても、悲鳴を上げてしまうし(それでも怒らない夫が優しすぎて素敵)、子供の名前を平気で間違える。

女子高生の娘から小遣いをせがまれても「働け」と言ってしまう…などなど。



困ることは家の中だけではない。

ママ友との付き合いに気分が乗らないし、いきなり任された内職に「嘘でしょ!」と思ってしまう。



日頃、朝から晩までバリバリビジネスをやっている人からしたら、とにかく「無駄な時間」が多くて戸惑ってしまう。

しかし、その「無駄な時間」こそが、主婦たちにとって日常生活を円滑に送る大切な時間で、ヨヌは徐々に専業主婦の大変さを知っていくのだ。



韓国映画「ミス・ワイフ」ラ・ミラン



「愛」のある生活の大切さ


ヨヌは、それまで「独身主義」を貫き、「愛なんていらない」と思っていたタイプで、しかも両親を幼い頃に事故で亡くしているので、「温かい家庭」を知らない。



それが、ソンファンの妻となったことで、家族の温かさを知ることになる。



ソンファンは何もかもヨヌと正反対だ。

真面目で曲がったことが嫌いな公務員のソンファンは、ワイロをもらうような公務員ではなく、安月給だ。



それに対してヨヌは、大企業から大金を貰う敏腕弁護士なので、地道な生活をしているソンファンを初めのうちは見下していた。

ソンファンの給料では何も買えないし、自分の時間もなければ、オシャレをすることすらできない。



しかし、安月給で時間もないし、面倒なことも多いけど、生活の中に愛と思いやりがある。



それまで、愛を拒絶して生きてきたヨヌは、初めて愛を感じることとなる。

そして、彼女は家族の大切さを知り、家族に対して愛情を持つようになる。



私は、ヨヌが家族に優しくされることで、家族に愛着を持つようになる姿に、とても共感して泣かずにはいられなかった

隣人を思いやったり、優したり、優しくされるような機会が独身だとどんどん減っていくからだ。

そして、ヨヌは、仕事に明け暮れる孤独な毎日よりも、家族のいる生活の方が良いと思うようになる。



韓国映画「ミス・ワイフ」ソン・スンホン



未婚率が日本よりも高い韓国のお国事情


なぜ、このような物語ができたのか。

その背景には、韓国の日本よりも高い未婚率がある



この映画の中でも、幼稚園児の息子がいるヨヌは、子供の送り迎えがあることからフルタイムで働くことができない。

そのため、袋貼りの内職をして、わずかながら生活の足しにしている。



働く女性たちは、結婚して家庭に入って、旦那の少ない給料でやりくりするよりも、ヨヌのようにキャリアを優先するのだ。

それは、待機児童問題を抱える日本も他人事ではない。



だから、この映画は、そんな未婚率の高さを受けて、独身たちに「愛のある生活」の大切さを訴えているように見える



かといって、待機児童問題などもあって共働きが難しいなら、仕事にやりがいを感じている人が、この映画を観て結婚したがるかな…と思うと、ちょっと疑問だ。

独身時代の優雅なヨヌの生活も十分に魅力的だからだ。



韓国映画「ミス・ワイフ」キム・サンホ



「愛」を知ったヨヌの心の変化に共感して号泣


最終的に、ヨヌは自分の命をかけてでも、家族を救いたいと思うようになる。



そのヨヌの変化に号泣してしまった。



初めは「別に結婚しなくても良いし」と思っていた。

それは、愛のある生活を知らないからだ。



人として大切なことは、誰かを心配したり、誰かのことを思ったり、助け合うことなのだ。

そして「孤独な生活」に戻ることが嫌になってしまう。



その孤独で高飛車なヨヌを、温かく包み込む優しさが良かった

ヨヌは幼い頃に両親を亡くしてしまったために、「愛」を知らずに育ってしまっただけなのだ。



そして、そんなヨヌを助ける天国の担当さんがお父さんだというのも良かった。

幼い頃に勝手に思っていた誤解も解け、人生には愛が必要であることをヨヌは知る。

その気持ちに私もとても共感して、号泣してしまった。



笑って泣いて、最後には心が温かくなる映画だった。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「ミス・ワイフ」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





AmazonPrimeで観る:「ミスワイフ」(字幕版)

ミスワイフ(字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/9/17 16:15時点)





DVDで観る:「ミス・ワイフ」

ミス・ワイフ デラックス版 [DVD]

新品価格
¥4,012から
(2019/9/17 16:16時点)