とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ダニエル・カルーヤ



ジョーダン・ピール監督作の「ゲット・アウト」を映画館で観た。

人種差別をテーマに扱ったホラー映画。


満足度 評価】:★★★★★

「この先、こうなるだろうなぁ」という予想を完全に覆し、全く真逆の世界を見せる。

しかし、その「こうなるだろうなぁ」という予想は、観客の中にある差別意識が勝手に生み出したものである。

結局、この映画から思い起こす「人を虐げる差別」とは、それぞれの観客の頭の中に潜在的に植え付けられた意識の中にある

映画を観てから、この感想をお読みください

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ゲット・アウト」予告編 動画

(原題:Get Out)



更新履歴・公開、販売情報

・2017年11月9日 映画館で観た感想を掲載。

・2019年8月25日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


Amazon Prime で観る:「ゲット・アウト」(字幕版)

ゲット・アウト(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2019/8/24 23:36時点)



DVDで観る:「ゲット・アウト」

ゲット・アウト [Blu-ray]

新品価格
¥992から
(2019/8/24 23:46時点)




キャスト&スタッフ


出演者

ダニエル・カルーヤ
…(「ボーダーライン」など)

〇アリソン・ウィリアムズ

ブラッドリー・ウィットフォード
…(「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「アイ・ソー・ザ・ライト」など)

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
…(「バリー・シール/アメリカをはめた男」など)

キャサリン・キーナー

…(「アンクル・ドリュー」など)

監督・脚本・製作

〇ジョーダン・ピール


2017年製作 アメリカ映画



映画「ゲット・アウト」



あらすじ


付き合い始めてから4カ月たったクリス(ダニエル・カルーヤ)とローズ(アリソン・ウィリアムズ)は、ローズの実家で行われる親戚の集いに出席するため、クリスは初めてローズの両親と対面することになった。

しかし、ローズは白人のため、「両親に嫌われるのでは」という不安を抱えるクリスと、何も心配はいらないと言うローズ。

ローズの家に着くと、脳神経外科医の父ディーン(ブラッドリー・ウィットフォード)と、精神科医の母ミッシー(キャサリン・キーナー)に歓迎されたクリス。

裕福な彼女の家は豪邸で、黒人女性のお手伝いさんと、黒人男性の庭師がいるような大きな家だった。

そして、しばらくすると、そのお手伝いさんと庭師の様子がおかしいことにクリスが気付くのだが…。



映画「ゲット・アウト」



感想(ネタばれあり)


人種差別をテーマにしたホラー映画


この作品に私は見事にだまされた!!

できることなら、なるべく予備知識なしで見て欲しい。

そして、この感想も映画を観終わってから読んで欲しい。



私は常に、何も先入観がない状態で映画を楽しみたいので、映画を観る前にあまり予習はしない派である。

この映画も、事前に知っていたのは『人種差別』をテーマにしたホラー映画ということだけ。

しかし、そこからして既に私はこの映画のトラップにかかっていたということが、後で分かる。



物語は、黒人男性クリスと白人女性アリソンのカップルの物語。

クリスは彼女の自宅に招待され、初めて挨拶するのに、彼女はクリスが黒人だとは両親に言ってないと言うので、もしかして両親に「嫌われるのでは…」と思い、緊張している。

最近では、黒人男性と白人女性のカップルなんて、そんなに珍しくないイメージがある。

しかし、ただでさえ『彼女の両親に挨拶する』ことに緊張するのに、相手が裕福な白人家庭となると、そりゃあ誰だって緊張するんだろうなぁとクリスの気持ちを思いやった。



そして、彼女の実家に到着してみると、そこは豪邸であり、周囲には彼女の実家以外の家がないという素晴らしい景色。

さらに、黒人のお手伝いさんと、庭師までいる。

それからしばらくして、クリスは、その家のお手伝いさんと庭師の様子がおかしいことに気づく…



映画「ゲット・アウト」


「きっと黒人たちは虐げられ、奴隷にされているに違いない」と先の展開を推測


この映画の前半部分では、ほとんど事件が起きない。

冒頭で黒人男性が誰かにさらわれる映像があるのと、アリソンが運転する車で鹿を轢いてしまう事故があった。

この時、警察は運転していないクリスにまで運転免許証の提示を求めたので、この辺は人種差別的な土地柄なのでは…と思った



それ以降は、後半まで何も起きない。

しかし、アリソンの実家で働く黒人のお手伝いさんと庭師の様子がなんとなくおかしい

話したいことがあっても、話せないという雰囲気を匂わせている。



そこで私は彼らの様子を見て、「いくらアリソンの両親が差別意識はない」と言ったって、お手伝いさんと庭師を使ってるじゃないのと思う。

やっぱり、これが裕福な白人社会の現実なんだろうなぁと考える

きっと、このアリソン一家に酷い目にあっているから、様子がおかしいんだな。

彼らも虐げられているから、そのことを言い出せないんだな…と、この先の展開を想像していた



さらにその時、私の頭の中には、「これは『人種差別』をテーマにしたホラー映画なんだ」という予備知識があった

だから、きっとおとなしくしている黒人たちは、何か言ってはいけない驚くべき事情があるんだろうと考えた。



そう考えていると、彼ら裕福な白人家庭が集まる親戚同士の『懇親会』が開催された。

その中に、若い黒人男性アンドリューがひとり混じっている。

そのアンドリューが、白人男性のような話し方をすることにクリスは驚きつつも、その人がかつて会ったことがある人だということに気づく。



その時、クリスはそのことを親友のロッドに電話で話し、ロッドが調べた結果、そのアンドリューが行方不明者だということが分かる。

そして、その時、クリスも、クリスの親友のロッドも、私も「ここでは黒人が誘拐されて、人体実験されて、奴隷にされているんだ!!」と確信する。

だから、クリスはアリソンを連れて、そこから早く逃げなきゃ!!と思った。

ロッドの「性奴隷」はちょっと言い過ぎだとしても(笑)、彼の言っていることはほぼ間違いない!!と思った



映画「ゲット・アウト」


「白人たちは、黒人たちに憧れている」という差別


しかし、後半になって、それらは、私の『人種差別に対する思い込み』からきた空想であることが分かる。

実際にそこで起きていたことは、完全に真逆の出来事だった。



これは「黒人に憧れて、黒人になりたい人たちの話」なのである!!

同じ『人種差別』でも、私が思っていた『差別』とは、全く逆方向の差別が行われていた。



確かに、誰も「黒人は下等だ」なんて一言も言っていない。

むしろ、お父さんは「オバマ最高!もう一期あったら、確実にオバマに投票してた」と言っていたし、いきなり体を触ってくるおばさんもいた。

さらに、クリスの写真を見たことがあると言っていた男性は、クリスの写真の才能を絶賛していた。

彼らは、「黒人に憧れている」のだ。



それが分かった瞬間に、「えーーーーーっっっそっちーーーーーーーー!?」って思った。

完全にやられたと思った

「黒人だから奴隷にされている」とか、「黒人だから虐げられている」と考えたのは、私の頭の中にある『差別意識』と『黒人差別に対するステレオタイプ』が作り出した妄想である。

映画は、私が思うよりもずっと先を歩いている



優れた脳外科医の父は、黒人たちの素晴らしい身体と自分たちを融合させ、長生きする方法を考えた。

それが、脳移植だった。

だから、そこにいる黒人たちは、黒人なのに、白人のような話し方をして、白人のような振る舞いをする。



また、この中で、日本人が1人出てきて、白人のような話し方で、白人のような振る舞いをするが、あれは完全に「自分も白人の仲間だと思っている」日本人に対する皮肉である。



映画「ゲット・アウト」


虐げられるのも、崇められるのも差別であり、地獄


結局、この映画は、オープニングの映像から不穏な雰囲気を作り出し、親友のロッドを使って観客を誘導し、その目を欺いた上で、話を逆転させ、「黒人の身体を崇め、黒人になりたい人たち」を登場させる

黒人たちはこれまで「虐げるのをやめろ!」と訴え続けてきたが、そこで「崇め奉られることも地獄」であることを知る。

私たちは、虐げられ、なじられることが差別だと思い込み、この映画の中でもそれが起きていると錯覚するが、そのどんでん返しにより、「崇められ信奉されること」も差別であり、苦痛であることを知る。



映画の前半で「きっと、この先、黒人が洗脳されて、奴隷にされるんだろう」と思った世界は、私の頭の中にある『差別意識』が生み出した妄想

なぜ、私は、「黒人たちを捕まえて洗脳し、奴隷にしている」なんて考えたのか。

それは、私の頭の中にある黒人差別に対する偏見と思い込みが生み出した幻想である。

その人のことを知りもしないで、「あぁ、あの人は差別されているんだな、虐げられているんだな」と勝手に思うこと自体が、差別であり、偏見であることを思い知らされる



しかし、それにしても、こんなにトリッキーな映画は初めて見た。

私が映画を観て、予測した世界は、私の頭の中にある偏見が生み出しているものだったなんて。



アリソンは、黒人男性の身体を品定めするただの兵隊で、父の後をジェレミーが継ぎ、裕福な白人たちによる黒人男性たちの人身売買は、この後も続けられていくはずだった

なるほどなぁ。

結局のところ、虐げられても、崇められても地獄ということ

本当の差別の無い世界とは、上に見ることも、下に見ることもせず、何事も平等に扱うということ。



それは、女性蔑視の視点で考えて見れば良くわかる。

「あいつはブス」という差別もあれば、「あの人は美しすぎる」という差別もある。



こんな展開を予想していなかった??

それは、あなたの中の人種差別への思いが、ストーリーを勝手に作り上げただけだよね??

そんな風に映画から語りかけられている気がした。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon Prime で観る:「ゲット・アウト」(字幕版)

ゲット・アウト(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2019/8/24 23:36時点)



DVDで観る:「ゲット・アウト」

ゲット・アウト [Blu-ray]

新品価格
¥992から
(2019/8/24 23:46時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


エミリー・ブラント主演の映画「ボーダーライン」をWOWOWで観た。

アメリカとメキシコの国境付近で麻薬カルテルの撲滅のために働いてきたFBI捜査官が国の特別捜査チームに配属される。

彼女がそこで見たものとは。


満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

最初から最後まで緊張感が解けることなく一気に見てしまった。

麻薬戦争を描く社会派ドラマかと思いきや、ある男の復讐の物語だった。

しかし憎しみによる復讐は、また新たな憎しみを生む。

そこに終わりはない。

「ボーダーライン」予告編 動画

(原題:SICARIO)




ネット配信で観る:Amazonプライム「ボーダーライン」(字幕版)

ボーダーライン(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2017/6/14 00:49時点)



DVDで観る:【Amazon.co.jp限定】「ボーダーライン」スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン

【Amazon.co.jp限定】ボーダーライン スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン(オリジナルクリアステッカー付き) [Blu-ray]

新品価格
¥6,998から
(2017/6/14 00:50時点)



オリジナルサウンドトラック「Sicario」

Sicario

新品価格
¥1,604から
(2017/6/14 00:51時点)



キャスト&スタッフ


出演者

エミリー・ブラント
…(「メリー・ポピンズ リターンズ」「クワイエット・プレイス」、「ジェイン・オースティンの読書会」、「アジャストメント」、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「イントゥ・ザ・ウッズ」、「プラダを着た悪魔」など)

ベニチオ・デル・トロ
…(「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」、「ロープ 戦場の生命線」、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」、「ガーディアンス・オブ・ギャラクシー」など)

ジョシュ・ブローリン
…(「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」、「オンリー・ザ・ブレイブ」、「デッドプール2」、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、「トゥルー・グリット」、「とらわれて夏」など)

ジョン・バーンサル
…(「ウインド・リバー」、「ぼくとアールと彼女のさよなら」、「ザ・コンサルタント」、「We Are Your Friends ウィー アー ユア フレンズ」、「フューリー」、「リベンジ・マッチ」、「ゴーストライター」、ドラマシリーズ「デアデビル」、「パニッシャー」など)

ダニエル・カルーヤ
…(「ゲット・アウト」など)


監督

ドゥニ・ヴィルヌーヴ
…(「メッセージ」、「プリズナーズ」など)

2015年制作 アメリカ映画


ボーダーライン

あらすじ


FBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)はメキシコ国境付近の麻薬カルテル撲滅のために従事してきた。

その仕事が評価されたのか麻薬カルテル特別捜査班に配属される。

国防総省のコンサルタントだというマット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)の指揮の元、同じくコンサルタントのアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)と共にメキシコのフアレスへ向かう。

フアレスで麻薬カルテルの証人を確保した捜査班は再びアメリカへ戻るが、国境付近で銃を持った民間人に取り囲まれてしまう…。

ボーダーライン2


感想(ネタバレあり)


女であることを忘れて最前線で戦ってきたプライド


主人公は女性FBI捜査官のケイトである。

彼女はこれまでアメリカとメキシコの国境付近で麻薬カルテル撲滅のため戦ってきた。

仕事のためにプライベートをないがしろにし、離婚してしまい、同僚には「女を捨てている」とさえ言われてしまう。

それでも、「最前線で戦ってきた」というキャリアに対する誰にも負けない自信とプライドは持っていた。

そんな彼女が国の麻薬特別捜査班に配属される。

それは、国防総省が主体になる外部と連携した組織だった。

これまでのケイトの働きが評価されたという証なのか。

仕事内容を聞いても教えてもらえないまま、不安と期待を抱いて現場へと向かう。

しかし、そこでは彼女の期待を大きく裏切る現実が待っていた。


ボーダーライン4

女を捨ててまで必死に働くことを求められない現実


「私はこれまで女を捨ててがんばってきた」と言いたくなる気持ちはよく分かる。

一般的な企業でさえ、心の中では「男性と同等に扱って欲しい」と願いながら、「残業できません」と言えば、「デートでもあるのか?」と言われてしまう。

それが悔しくて残業を進んでする。

文句も言わず、お化粧する時間を減らしたって責任をもって仕事を全うしたい。

きっとキャリアアップしたら自由な時間ができるはずと微かな希望を心に抱いて。

そうやって必死に仕事をしているうちに、時間はあっという間に過ぎていき、女であることさえ忘れてしまう。

しかし現実は残酷で、周りの男性たちは女性にそんなにまで仕事に必死になることを求めていない。

このケイトもまさにそうだ。

彼女は「麻薬戦争の最前線」という全国で一番キツイ現場のリーダーとして戦ってきた。

男性と共に仕事をし、命の危険を感じるような修羅場を何度もくぐり抜けてきた。

しかし、同僚たちはそんなに「男勝り」にしなくても良いと思っていて、むしろもっと女らしくしてくれよと思う。

ケイトはそんな「女扱い」をされることが嫌なのに。

そして、今回、自分のこれまで働きが認められ、麻薬最前線のリーダーとして迎えられたはずの特別捜査班で屈辱を受ける。

彼女の仕事は「ただそこにいるだけ」で、自分の身を自分で守るぐらいのことしかやることがない。

彼女が最前線(だと思っていた)現場での経験は一切必要とされないし、これまでの経験を聞かれることさえもない。

彼らはケイトに対し、仕事に口出しをしないFBI捜査官を求めていただけなのだ。

だから、ケイトが女性だと知った瞬間に「最適だ」と思ったのだ。

ケイトからしてみれば何のために女であることを忘れてまで必死になって戦ってきたのか、男性たちと同等の扱を受けるためではなかったのか。

これまでの戦いを評価してもらうためではなかったのか。

ただの「おとなしい女性FBI捜査官」が欲しかっただけなのか…。


ボーダーライン3

これまでのキャリアが泡となって消えていく瞬間


では、ケイトが配属された特別捜査班とは何だったのか

特別捜査班というのは表向きで、その実情は元メキシコの検察官だったアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)の復讐を果たすための組織だった。

アレハンドロは妻と娘を無残な方法でメキシコのフアナにある麻薬カルテルのリーダーに殺されてしまった。

そのため、アレハンドロは彼らに復讐をするために、対立するコロンビアの麻薬カルテルと手を組んで暗殺者(SICARIO)となり、カルテルのリーダーを殺すことだけを考えていた。

CIA捜査官のグレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)は彼の復讐心に目をつけ、彼と手を組んでアメリカとメキシコの国境を行き来しながらカルテルを潰す作戦だった。

しかし、CIAは国内を自由に捜査できないため、FBI捜査官でイエスマンになりそうなケイトが必要だった。

残念ながら、この捜査班にケイトが配属されたのは、有能だからでも、これまでのキャリアがあったからでもない。

彼女の知識なんて最初から必要としていなかった。

ただ、サインをしてくれる人が欲しかっただけなのだ。

これまで女を捨ててがんばってきたことなんて、誰も評価してくれないのだ。

それは、彼女がFBIの元でしてきた捜査は、アメリカとメキシコの間にある麻薬戦争の表面的な部分にしか過ぎないということでもあった。

その本質は、それ程大々的に違法捜査をしないと探れない部分にあり、彼女がとうてい知りえないもっと奥深いところにあった。


ボーダーライン5

何が正しいのか。どうにもならないジレンマが残る


トランプ政権の目玉の政策として、「メキシコとアメリカの国境に壁を立てる」という計画があるが、そんなことをしても麻薬や移民の流入に対し、なんの解決にもならないことがこの映画を観ていると良くわかる。

FBIが命がけでしてきたことも、ただのいたちごっこでしかなく、どんなに戦っても敵が減ることはない。

もっと大きな力がアメリカ、メキシコ、そしてコロンビアの間で働いている。

巨大な壁など作ったところで、相手は巨大なトンネルを掘って行き来しているから無駄なだけ。

そして、アレハンドロが家族を殺した人間に復讐をするが、次はアレハンドロによって親を殺された子供がアレハンドロに復讐心を抱くようになる。

そうして報復の連鎖は続いていく。

ケイトは散々無視された上に、捜査が無事に完了したことを示すサインをしろと迫られる。

その実態は違法捜査だったのに。

自分の命が惜しくてサインをしたものの、後悔が残る。

彼女がその捜査班に呼ばれたのは、そのサインをするためだけだったのだ

しかし、ケイトがその違法捜査を訴えたところで麻薬カルテルの撲滅へと前進できるのか。

かと言って、カルテルを撲滅するためだったら何をしても良いのか。

規則正しく捜査をしていては、本物の悪を捕まえることはできない。

だからといって、違法捜査をしてもいいのか。

そのどうにもならないジレンマが心に残る作品だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:Amazonプライム「ボーダーライン」(字幕版)

ボーダーライン(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2017/6/14 00:49時点)



DVDで観る:【Amazon.co.jp限定】「ボーダーライン」スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン

【Amazon.co.jp限定】ボーダーライン スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン(オリジナルクリアステッカー付き) [Blu-ray]

新品価格
¥6,998から
(2017/6/14 00:50時点)



オリジナルサウンドトラック「Sicario」

Sicario

新品価格
¥1,604から
(2017/6/14 00:51時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック