とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:チュ・ジフン



ハ・ジョンウ主演の韓国映画「神と共に 第一章:罪と罰」を試写会で観た。

亡くなった人間が現世に生まれ変わるために、地獄で受けなければならない七つの裁判を描くファンタジー映画。

韓国の人気ウェブコミックを映画化。



満足度 評価】:★★★★☆

面白かった!

笑いあり涙ありの地獄エンターテイメント!

死について描かれた作品でありながら、これまでの人生を振り返り、生き方を考えてしまう作品。

しかもそれが堅苦しくなく分かりやすく、なおかつ楽しいのが良い!

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『神と共に 第一章:罪と罰』予告編 動画

(原題:신과함께: 죄와 벌


更新履歴・公開、販売情報

・2019年5月16日 試写会にて鑑賞。

・2019年6月18日 感想を掲載。

現在、全国順次公開中。詳しい劇場情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓


『神と共に 第二章』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

『神と共に 第二章』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

新品価格
¥1,400から
(2019/6/18 21:33時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ハ・ジョンウ
…(「1987、ある闘いの真実」、「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」、「お嬢さん」、「群盗」、「テロ、ライブ」、「ラブ・フィクション」、「ベルリンファイル」、「チェイサー」など)

チャ・テヒョン
…(「大好きだから」、「風と共に去りぬ!?」など)

チュ・ジフン

〇キム・ヒャンギ

イ・ジョンジェ

…(「7号室」、「明日へ」など)

〇キム・ドンウク


監督

〇キム・ヨンファ


2018年製作 韓国映画



韓国映画「神と共に 第一章:罪と罰」


あらすじ


火事の現場で亡くなった消防士のジャホン(チャ・テヒョン)の前に、カンニム(ハ・ジョンウ)と、へウォンメク(チュ・ジフン)と、ドクチュン(キム・ヒャンギ)が現れる。

人のために生きたジャホンは19年ぶりの貴人とされ、新たに生まれ変わるチャンスを与えられる。

しかし、そのためには地獄で行われる7つの裁判で、全て無罪でなければならないという。

カンニムとへウォンメクとドクチュンは、そんなジャホンを迎えに来た地獄の使いだった。

19年ぶりの貴人であるジャホンは、余裕で裁判を通過すると思われていたが、思うように進まず…。


韓国映画「神と共に 第一章:罪と罰」チャ・テヒョン


感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


神と共に 第一章:罪と罰 (2018)


★★★★ [80点]「笑って泣ける!地獄エンターテイメント!」


これは超面白かった!



人が亡くなった後、地獄へ行くか、それとも、生まれ変わるか…について、7つの裁判を受ける。

その裁判を無事に通過すれば、この世に生まれ変わることができる。



という「人の死」について描かれた作品であるけれど、死者が裁判を受けているのを見ながら、自分自身の生き方を振り返り、「自分の人生は、果たしてこのままでいいのか…」と「生き方」について自問してしまう作品だった。



なんてことを言われると、難しい作品のように感じるかもしれないけど、ところがこれが、とっても分かりやすく描かれていて、なおかつとっても楽しい!

こんなに「あの世」について楽しく描かれた作品を見たのは初めてだと思う!



笑えるシーンもたくさんあるけれど、終盤には号泣場面もあり、笑って泣けて忙しい作品だった。

そして、韓国映画好きとして嬉しかったのは、オールスター総出演のキャスティング!

ポスターにあるハ・ジョンウチュ・ジフンチャ・テヒョンだけでなく、いろんな人たちが、ほんのちょい役で登場する。



え、あの人も、この人も、ただ、これだけのために!?とドキドキしながら観るのが、とても楽しい!

第二章では、あの
マ・ドンソクまで出演するというから、今から楽しみで仕方がない!



まぁ、とにかく、笑って泣けて楽しい地獄エンターテイメント!

CGのクオリティも高いこの作品

ぜひ、一人でも多くの人に観て欲しい映画だった


Posted by pharmacy_toe on 2019/06/02 with ぴあ映画生活






Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


チョン・ウソン主演の韓国映画「アシュラ」を試写会で観た。

汚職にまみれた市長と、それに飼われている悪徳刑事。市長を引きずり下ろしたい検事。

彼らの闘いを描く。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

豪華な俳優陣の演技は、文句なしに面白かった。

しかし、あまりにも暴力シーンが多すぎて、途中でうんざりしちゃた作品。

最初から最後まで、悪しか出てこないという設定も残念だった。

悪の中にも一筋の善があれば良かったのに…と思う。


「アシュラ」予告編 動画

(原題:아수라(阿修羅))




ネット配信で観る:「アシュラ」(字幕版)

アシュラ(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/2/24 10:51時点)



DVDで観る:「アシュラ」 Blu-ray

アシュラ [Blu-ray]

新品価格
¥3,772から
(2017/6/25 11:21時点)



チョン・ウソン X キム・ソンス「MUSA 武士」

MUSA -武士- [DVD]

新品価格
¥9,800から
(2017/1/18 23:55時点)



キャスト&スタッフ


出演者

チョン・ウソン
…(「ザ・キング」、「監視者たち」、「グッド・バッド・ウィアード」など)

ファン・ジョンミン
…(「哭声/コクソン」、「国際市場で逢いましょう」、「ベテラン」、「甘い人生」、「ユア・マイ・サンシャイン」など)

チュ・ジフン
…(「コンフェッション 友の告白」、「結婚前夜~マリッジブルー~」)

クァク・ドウォン
…(「哭声/コクソン」、「悪魔の倫理学」など)

チョン・マンシク
…(「ありふれた悪事」、「7番房の奇跡」など)

監督・脚本

キム・ソンス
…(「FLU 運命の36時間」、「MUSA 武士」など)

2016年製作 韓国映画

アシュラ

あらすじ


刑事ドギョン(チョン・ウソン)は、アンナム市の市長(ファン・ジョンミン)から賄賂を受け取り、市長の身辺整理の仕事を裏で行っていた。

しかし、ある時、市長を告発する裁判で、市長を糾弾する側の証人を高跳びさせる際、その仲介者との間にいざこざがあり、同僚の刑事を死なせてしまう事故が起きる。

その件以来、市長を糾弾するチャイン検事(クァク・ドウォン)がドギョンに急接近し、ドギョンに市長を引きずり下ろす決定的な証拠を出すように迫って来る。

ドギョンは、市長の仕事を後輩の刑事ソンモ(チュ・ジフン)に任せ、距離をおくフリをするのだが…



アシュラ2


感想(ネタバレあり)


最近の韓国映画で定番の(公務員=悪)の構図


韓国といえば、現在、大統領をめぐる前代未聞の様々なスキャンダルがニュースをにぎわせている。(公開時、2017年6月:当時、朴槿恵(パク・クネ)政権下)

あまりにもいろんな方面に大統領の手がのびていて、いろんなところで大金が動いているんだなぁと思う。



しかし、そうして日本でも韓国の大統領や公務員の汚職が報道される以前から韓国映画の中では、公務員の悪徳ぶりが映画化されてきた。

数え上げれば切りがない程、そういった「公務員=悪」の有様が映画の中で描かれてきたので、韓国では警察官や刑事がみな賄賂をもらっていて、ヤクザな人たちが仕事がしやすいように社会ができていると思ってしまう



そして、この映画「アシュラ」もまた、公務員の悪徳ぶりを描いている。

なので、正直、またか。またこのネタかと思わずにはいられなかった。



アシュラ3



市長が周りを引きずり込む泥沼


「悪」の中心にいるのは市長である。

市長は様々な企業から金をもらい、その金を刑事に横流しして犬のように扱う。

刑事も金が貯まりだすと、仕事を辞めて市長のボディガードに転職する。

そこには、うまいことリサイクルできるシステムができあがっている



市長は悪の沼を作り出し、周りの人間は市長に近づけば近づく程、ずぶずぶとその底なし沼の深みにはまっていく…

自首したら最後、刑務所行きは確実で、裁判なんてことになったら、殺し屋に狙われ命すら危うい。

生きていくために、沼から抜け出すことができないのだ。



市長の犬になった刑事に気付いた検事は、彼を通じて市長を告発しようとする。

しかし、その検事は検事で「市長反対派」という、これまたワイロと利権でつながった沼がある。

結局のところ、どっちに転がってもそこには沼しかない

つまり、市長も検事も警察も、全て「悪」なのである。



アシュラ5



次第に形相が鬼へと変化していくチョン・ウソンの表情に注目


私がこの映画を観ていて面白かったなぁと思ったのは、主人公の刑事ドギョンが悪の沼にはまればはまる程、その顔がドンドン歪んでいくところ

この表情の変化を観ているのが非常に面白かった



そもそも、この映画の面白さは、ストーリー展開とか、描かれているテーマよりも、豪華な俳優たちの演技にあると思った。

その中でも、チョン・ウソンファン・ジョンミンの対決が面白いわけだけど、さらに言えば、そのチョン・ウソンの人間性の変化と合わせて表情の変化が非常に面白かった。



初めは金が欲しくて始めた市長の裏稼業

しかし、自分のミスで先輩刑事を亡くしてしまう。

そこから、歯車が狂い始める。



初めはクールだったドギョンが、次第に焦り始め、そして発狂し、ボコボコに殴られ、もう全てがどうでも良くなってくる…

いつかは抜け出せると思っていた沼から抜け出せないことに気付き、妻も余命が短く、もう失うものは何もないと気付いた瞬間

まさに、ドギョンは鬼の形相をしている

その極限の状況が、キム・ソンス監督の描きたかった「アシュラ」だったんだろうと思う。




アシュラ4



こんな社会でも変われるという希望が欲しかった


しかし、私にとって残念だったのは、ここには悪しか出てこないこと。

市長、刑事、検事と公務員たちが揃っていながら、誰一人として市民の生活を考えていない。

それはちょっとやり過ぎなんじゃないかなと思った。



ドギョンが裏稼業をしながら、病気の妻を気遣うように、100%の悪じゃない、20%の善がいても良かったと思う。

その僅かな善が、この先に希望を持てるような終わり方にしてくれないと、結局、このまま利権社会は変わらない



それとも、韓国は、このまま利権社会で良いと思っているんだろうか。

どこかに希望を持たせてくれないと、絶望のままという気がする。

この後、検事が持っているレコーダーがうまく機能してくれると信じたいが、でも、このままだと、この後に立った市長もまた、利権の沼を作っていくような気がしてならない

私は、この泥沼の社会構造をガラリと変えるような希望の光が観たかった

そこが残念なところだった。



関連記事


〇 「アシュラ」試写会終了後にトークイベントがありました

トークイベントのレポはこちらから →韓国映画「アシュラ」の上映後トークイベントに行ってきました。ゲスト:キム・ソンス監督、橋本マナミ。トーク再現レポ掲載【レポート】





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「アシュラ」(字幕版)

アシュラ(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/2/24 10:51時点)



DVDで観る:「アシュラ」 Blu-ray

アシュラ [Blu-ray]

新品価格
¥3,772から
(2017/6/25 11:21時点)






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


チソンチュ・ジフン主演の韓国映画「コンフェッション 友の告白」をWOWOWで観た。

中学生の頃から固い友情で結ばれた3人組が、ある事件をきっかけにその関係が壊れていく姿を描く。



コンフェッション友の告白



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

少しずつからまりはじめた糸を、初めのうちに直しておけば良かったのに、気付いたら、元に戻せないぐらいからまってしまっていた。

失ったものは二度と戻ってこない。そんな映画だった。

「コンフェッション 友の告白」予告編 動画

(原題:좋은 친구들(良い友人たち))






キャスト&スタッフ


出演者

チソン

チュ・ジフン
…(「アシュラ」、「結婚前夜~マリッジブルー~」など)

イ・グァンス

監督

イ・ドユン 

2014年製作 韓国映画



あらすじ


正義感が強い消防士のヒョンテ(チソン)、ずる賢いインチョル(チュ・ジフン)、ドジだけど心は優しいミンス(イ・グァンス)の3人は、中学生の時から固い絆で結ばれた友人同士だ。

ある時、ヒョンテの両親が経営する遊技場で火事が起きる。

その火事により母親は死亡し、父親は意識不明の重体だ。

しかし、事件に不審な点が多いにも関わらず、警察は事件を捜査しようとしない。

そのことに業を煮やしたヒョンテは「自分で犯人捜しをする!」と言いだし、インチョルとミンスは動揺する…。




感想(ネタバレあり)


互いの家族を思いやるような仲の良い友人関係


なんとも、悲しく切ない物語だった。

中学時代、ヒョンテ、インチョル、ミンスは、3人で山登りに行った際、ミンスが崖から落ちたのをヒョンテとインチョルが命がけで助け、それ以来、固い友情で結ばれていた。

ヒョンテには、耳の不自由な妻と、一人娘のユリがいる。

インチョルとミンスは、そのユリをまるで我が子のようにかわいがっていた。

中学を卒業して、長い時間が過ぎて、大人になっても、彼らはそれぐらい仲の良い友人同士だった。

私は以前から、男同士の友情に憧れがある。

韓国では特に、まるで血のつながった兄弟のように見える仲の良さが良いなぁ、羨ましいなぁと思っていた。

この映画の3人組も、互いの家族を思いやる姿に良い友人関係を見ていた。

映画「コンフェッション 友の告白」



「ちょっとした小遣い稼ぎ」のつもりが、殺人事件に発展…


ところが、その友人関係を壊したのは、インチョルだった。

地下の遊技場という闇の社会(韓国ではパチンコが禁止されている)で働くヒョンテの母に相談され、「ちょっとした小遣い稼ぎのため」に保険金目当ての「強盗・放火事件を偽装」しようとしたところ、何も知らないヒョンテの父が現れ、それが「本当の事件」になってしまう。

この「ちょっとした小遣い稼ぎ」が良く無かった。

インチョルの中では、もしかしたら、これで保険金がヒョンテの両親に入れば、ヒョンテの親子関係も良くなるかもしれないと、気を回した部分もあったのかもしれない。

しかし、どう考えても、ヒョンテが「20億ウォン」という大金に目がくらんだとしか思えなかった。

もしも、あの時、その話をヒョンテに相談していたら。

ヒョンテと母親の親子関係がもっと親密だったら。

そしたら、事件にならずに済んだのに。

この時、全てのことがガラリと姿を変えてしまった。


映画「コンフェッション 友の告白」



どこで、誰が、全てを打ち明けるべきだったのか…


ここで思うのは、「本当の友情とは何か」だ。

どこで、誰が、全てを打ち明けるべきだったのか。

ヒョンテは、かなり早い段階でインチョルがやったことに気付いていた。

それは、ラストシーンでヒョンテがインチョルに打ち明ける話で分かる。

正義感の強いヒョンテは、中学時代からインチョルの手癖の悪さ、強欲さに気付いていた。

今回の事件でも、その事件を機にインチョルとミンスの様子がおかしいのを見て、ヒョンテは何かを察していたはずだ。

だから、「犯人が見つかった」という知らせを受けた時に、インチョルに「車を出せ」と言ったのだと思った。

そうしたら、「きっとインチョルが何かを話してくれる」と、ヒョンテは思ったはずだったからだ。

でも、インチョルは最後の最後まで、自分の罪を告白することはなかった。

ミンスは良心の呵責に耐えきれず、自殺してしまったにも関わらず…。


韓国映画「コンフェッション 友の告白」



言いづらいことも全て打ち明けて欲しい


もしも私がヒョンテの立場だったら、同じように「全てを話して欲しい」と思うだろう。

ヒョンテのように気付いていないフリをして、話せるような場を作り、告白を待つ。

許す、許さないは、全て話が終わってからのことで、それはまた別の問題だ。

本当の友人なら、きっと全てを打ち明けてくれる。そう思うに違いない。

でも、インチョルはインチョルで、友の母親を殺してしまったことを消化しきれなかったように思う。

本当は、こんなはずじゃなかった。

話を持ち掛けてきたのは、お母さんの方だ。自分は悪くない…。

ミンスまで巻き込んでおきながら、最後までそんな思いがあったのでは…と思う。

もしも、ミンスが「自首しよう」と言った時に、素直に告白していたら、ミンスもインチョルも命を落とすことはなかったのに…。

ちょっとした判断ミスが、どんどんドツボにはまっていってしまった話だった。



韓国映画「コンフェッション 友の告白」



「腹心の友」のはずだったのに…


腹を割って話せる友人を「腹心の友」というが、

彼らが、お互いに大好きな 좋은 친구들(良い友人たち)なのであれば、腹を割って話すべきことがたくさんあった。

1つの秘密がお互いの間に溝を作り、秘密を増やすほどに幅も深さもどんどん広がっていく。

この映画を観て、そんなことを思った。

さすがに仲の良い友人同士でも、言いにくいこと、言わなくてもいいことたくさんある。

でも、「言わなくても分かってくれる」と思っているうちに、実は、互いの心の距離がどんどん広がっているなんてこともある。

だから、溝を広げないためにも、互いに言いたいことは言う勇気も必要なのだ。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「コンフェッション 友の告白」

コンフェッション 友の告白 [Blu-ray]

新品価格
¥4,868から
(2019/12/10 17:58時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2PMのテギョンが出ているから、WOWOWで放映していた韓国映画「結婚前夜~マリッジブルー~」を見てみた

結婚を1週間後に控えた4組のカップルの群像劇

テギョンきっかけで観たものの、テギョンは登場シーンも少ないし、あまり印象に残ってなく・・・

テギョンとは違うカップルが印象に残った映画だった


「結婚前夜~マリッジブルー~」予告編動画

(原題:결혼전야)





あらすじ


1週間後に結婚式を控えた4組のカップル

1組目は、野球の2軍コーチ・テギュ(キム・ガンウ)と泌尿器科の女医・ジュヨン。

コーチは、彼女が本当に結婚相手として問題が無いか疑い始める・・・

2組目は、花屋の主人ゴノと、ウズベキスタンから来た花嫁ヴィカ

ゴノは、美しすぎる花嫁がどうして自分と結婚するのか信じることができず・・・

3組目は、ウェディングプランナーのイラと、泌尿器科の受付・デボク

イラは既に妊娠中。しかし、イラの父はキリスト教の神父でとても厳格。

そのため、イラは父親に妊娠を告げることができず、そのことでデボクとも衝突し・・・

4組目は、韓国で最も注目される料理人・ウォンチョル(テギョン)とネイリストのソミ(イ・ヨニ)

付き合って7年。倦怠期。そろそろ結婚しようかぁの一声で結婚することに。そのため、ネイリストの仕事を辞めて、家庭に入る準備をしていたソミだが、結婚式の直前、済州島で行われるネイリストのコンテストに出場することを決めてしまい、ウォンチョルには、親戚に結婚の挨拶をしに行くと嘘をつき、済州島へ3日間の旅行へ

済州島では、旅行ガイド・キョンス(チュ・ジフン)がソミのガイドを担当することになり・・・


一番気になったカップルは・・・ 感想(ネタバレあり)


軽~いタッチで楽しく見られるロマンティックコメディ

マリッジブルーというと、普通、女性が結婚前に揺れ動く心を挿すけど

この映画「結婚前夜~マリッジブルー~」は、女性よりも男性が弱腰で逃げ腰なのが面白い

さらに、4組のカップルが描かれているから、大抵誰か感情移入できたり、

お気に入りのカップルができたりしながら見られるので、とても見やすくできている

私が、この中で気に入ったのは、花屋のゴノとウズベキスタン人のヴィカ

ヴィカは、ゴノに内緒で、ゴノのことを思って韓国料理の勉強をしているのに、

ゴノはそんなことも知らずに、ヴィカが自分と結婚するのは、永住権が欲しいからだと思い込み

どうしても、一歩先に踏み切れない

ゴノちゃんは、する必要のない心配をしていた模様(笑)

それが誤解だと気付いて、ヴィカに本当の気持ちを告白するゴノに思わず涙・・・

もう、なんで、もっと早く言わないのよ(笑)

久しぶりのチュ・ジフン


ストーリーの他に気になったのが、チュ・ジフン

チュ・ジフンを見るのが、久しぶり過ぎて、最後までチュ・ジフンだと気付かなかった

どっかで見たことある人だなぁ~ってずっと考えてて、後で、公式サイト見てチュ・ジフンだと分かったわ(笑)

その後、真面目に俳優生活を送れているんでしょうか。余計なお世話だけど

今後も、ご活躍を期待します。

チュ・ジフンの他の出演作には、「アシュラ」など

結婚前夜


強気の花嫁に弱腰の花婿


全体的な印象として、やっぱり基本的に韓国は、女は強気。男は弱気だよね

マリッジブルーって女の人がなるイメージだけど、この映画からすると、マリッジブルーだったのは、みんな男子

野球コーチのテギュは、彼女の過去が許せなかったし

花屋のゴノは、美人過ぎる奥さんに弱腰

泌尿器科のデボクは、花嫁の父にビビり過ぎ

唯一、女の子で逃げ腰になったのは、ネイリストのソミだけかな

この辺の、女性が強気で男性が弱気っていうのが、どうにも国民性が出ていて面白いよね

みんな、相手に怒鳴られてシュンってなっちゃう

むしろ、女性たちの強気さが怖いよね

「なんで、今さら結婚できないとか言うのよぉ~」って目をひんむいて怒るみたいな(笑)

その辺のお国柄、人柄の違いも見られて面白いかな


女性監督による女性目線の作品


監督はホン・ジヨン。女性監督。

私は、初めてお目にかかる監督さん

女性監督と聞いて、なるほどと思った。

女性たちの主張が強くて、気が強いわけだ

韓国で、女性監督にお目にかかるのもなかなか無いので、今後が楽しみな監督さんです


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

結婚前夜~マリッジブルー~ (特典DVD付2枚組) [DVD]

新品価格
¥4,041から
(2015/7/9 01:10時点)



結婚前夜~マリッジブルー~ナビゲートDVD -Would you marry me?-

新品価格
¥3,118から
(2015/7/9 01:11時点)




↓  WOWOW_新規申込 はこちら
WOWOW_新規申込





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック