とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:チョ・ジョンソク



チョ・ジョンソク主演の映画「造られた殺人」をWOWOWで観た。

テレビ局の過熱報道が、事件をねつ造していく様子を描くサスペンス映画。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

今一つパンチが足りない映画ではあったけど、テレビ局が十分に裏を取らないまま事件を報道し、それが思わぬ方向へと発展してしまう様子が非常に面白かった。

実際に、テレビの報道一つで「罪のない善良な市民」が「悪人」に仕立てられてしまうことは度々あることで、多少誇張されている部分はあるにしても、この映画が描こうとしていることは的外れではないと思った。

「造られた殺人」予告編 動画

(原題:특종: 량첸살인기(特ダネ:リャンチェン殺人記))




DVDで観る:「造られた殺人」

造られた殺人 [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2017/7/24 00:16時点)



ネット配信で観る:Amazonプライム「造られた殺人」(字幕版)

造られた殺人(字幕版)

新品価格
¥540から
(2017/7/24 00:17時点)



キャスト&スタッフ


出演者

チョ・ジョンソク
…(「王の涙 イ・サンの決断」、「観相師」など)

〇イ・ミスク

〇イ・ハナ

…(「ゴールデンスランバー」など)

ペ・ソンウ
…(スウィンダラーズ」、ザ・キング」、「大好きだから」、「奴隷の島、消えた人々」など)

監督・脚本

〇ノ・ドク

2015年製作 韓国映画


造られた殺人


あらすじ


テレビ局に勤務する記者のムヒョク(チョ・ジョンソク)は、局の大口スポンサーである財閥の事件をニュースにしたことで、財閥の反発を買い、スポンサーを失うという事態に発展、長期謹慎処分を言い渡されてしまう。

家庭を顧みず、仕事に熱中していた結果、妻のスジン(イ・ハナ)とは別居中。

妻は、妊娠6か月の身重であるにも関わらず、ムヒョクと別れることを既に決意していた。

このままでは、仕事も家庭も失ってしまう危機に直面したムヒョクは、一般視聴者からの情報を元に、世間を騒がせている連続殺人事件の犯人だと思われる人物の家へと向かう。

その家には、さまざまな凶器や、連続殺人事件の記事の切り抜き、血痕などがあり、ムヒョクはその家の持ち主が犯人だと断定して上司に報告する。

すると、スクープを待ち望んでいたテレビ局は、ムヒョクのネタを警察に確認しないまま報道してしまい…。

造られた殺人2


感想(ネタバレあり)


「視聴率至上主義」のテレビ局で起きる「殺人犯捏造」事件


テレビを中心としたマスコミの過熱報道はたびたび問題になる。

例えば、芸能人や政治家の「不祥事」(不倫問題や金銭関係の問題)が起きた場合、平日の朝から夕方まで放送されるワイドショーでは繰り返し報道され、それまでとても良い人だったイメージの人でも、一日にして悪人に様変わりしてしまう。

それも、「事実関係を正しく」報道されたなら仕方がないけれど、その多くが記者会見を「悪意ある」編集で悪者に仕立てられてしまう場合が多い。

それはひとえに、「より過激でショッキングな情報」を求める視聴者のために番組を演出しているからに他ならない。

番組を作るスタッフたちも、「視聴率」を上げて、より高額なスポンサーを得るために必死なのだ。

また、その問題は日本だけで起きているものではない、お隣の韓国でも、それは深刻な問題なようだ。

この映画「造られた殺人」では、テレビ局の過熱報道によって、見事に殺人事件がねつ造されていく様子を描いている。

主人公はテレビ局の記者・ムヒョク。

仕事もプライベートも最悪の状況になってしまった彼は、視聴者からの情報提供に飛びついて、「連続殺人犯」だと思われる人物の家へ向かう。

そして、彼はたまたま留守だった容疑者の家に侵入し、「この家の家主が犯人ではないか?」と思われる証拠の数々を見つける。

さらに、その家から「殺人の独白」のような手書きのメモを持って帰ってしまう。

そのことをテレビ局の上司に報告すると、上司は警察に確認せず、裏も取らないまま、朝のニュースで「犯人と思われる人物の手書きのメモを入手」と報道、それが大反響を呼び、テレビ局のサーバーがダウンする程、視聴者が殺到する事態になってしまう。

そして、この初動で裏を取らなかったことが、後々、ドンドン話が大きくなっていくきっかけになった。

彼がつかんだネタが独り歩きし、ムヒョクは犯人ではない人を犯人だと勘違いしていることに気付く。

しかし、それは後の祭りで、視聴者はその時既に、より過激な情報を求めるようになっていた…。


造られた殺人3

「視聴率至上主義」が、より過激なネタをテレビに要求する


普通に考えて恐ろしくなるのは、テレビ局が「正確な情報」よりも、「過激な情報」を「誰よりも早く」求めているというところにある。

韓国の映画やドラマを観ていて面白いなぁと思うのは、テレビや新聞の記者たちは、警察署に寝泊まりして情報を入手している。

だから、もしも、テレビ局が警察にメモを持ち込み、「これは容疑者のものですか?」などと確認しようものなら、他のメディアにも知られてしまう。

だから、他者を出し抜くということができない。

日本だったら、それを防ぐために「捜査妨害をしないための」報道規制がある。

「これは出しても良いよ」と警察が認めたものだけを報道することができる。

捜査中の情報をテレビに流したことで、自分が容疑者だと気付いた犯人が逃げないようにするためのものだったり、それが誘拐事件だったりしたら、犯人が焦って人質を殺してしまうかもしれない。

しかし、どうも韓国はその辺の規制が日本よりも緩いように思う。

もしも、このメモが本当に犯人のものだったら、テレビを観て、自分が容疑者だと知った犯人は逃げてしまう可能性が高い。

テレビ局は、そんな「警察の事情」よりも、自分たちの「視聴率」のために番組作りをしてるのだ。

だから、常に他者よりも過激なネタを、より早く報道したがっている。

恐らく、ムヒョクが財閥のネタをニュースにしたのも、その「視聴率至上主義」のためのものだっただろう。

「特ダネ」を取れば、社内の待遇が良くなるのだ。

だから、仕事もプライベートも崖っぷちのムヒョクは迷うことなく、一発逆転のために、この「特ダネ」に飛びついたのだ。


造られた殺人4

テレビ局によるねつ造で、誰かが犠牲になるべきだったのかも…


ところが、彼が取り上げた容疑者は、ニセモノというより、彼が「容疑者だ」と早合点しただけだった。

ムヒョクがそのことに気付いた時には、国民の全てが「殺人者のメモ」だと信じて疑わず、「逮捕される」という「続報」を待っていた。

ムヒョクも引くに引けない状況に追い込まれてしまっていた。

落ち着いて考えてみてば、あの家にあった血痕だって、「ただの血のり」だっていうことに気付いたはず。

そんな冷静な判断を失ってしまうぐらい、そのときのムヒョクは追い詰められていたのだ。

同じく冷静な判断を失っていたのは、警察だった。

それまで地道に捜査をしていたのは警察なのに、マスコミの情報に振り回され、国民からは「早く逮捕しろ」とせっつかれ、テレビ局が出した嘘の情報に対して余計な捜査に時間を取られ、犯人を絞り込めないことに焦りの色を見せる。

国民も、警察も、たった一枚の「殺人メモ」に気を取られてしまったのだ。

これは、まさに木を見て森を見ずの状況だった。

より過激でショッキングな情報に心を奪われてしまい、全体像を見ようとしない。

本当に大事な情報は、「犯人はどんな人をこれまでターゲットにしてきたか」なのだ。

肝心な犯人は、嘘の情報を捏造したムヒョクのおかげで、偽の犯人を隠れ蓑にすることができた。

結局、真犯人はムヒョクによって殺されることになるが、その後、テレビの報道によって「ヒーロー扱い」されることになったのは、とても皮肉な話だ。

これでは、殺された人たちが報われない。

ムヒョクが真相を話さない限り、殺人犯不詳のまま事件は結末を迎え、以後、この連続殺人犯によって誰かが殺されることはない。

そして、国民は「次の過激な事件」へと関心が移っていく。

この話が非常にラッキーだったのは、ムヒョクが犯人像を勝手に作り上げたことで、誰かが犠牲にならなかったことだ。

もう少しムヒョクの到着が遅かったら、誰かが殺されていたのかのしれない。

私が思うに、もしかしたら、この映画はムヒョクのせいで、誰かが犠牲になるところを描いても良かったのかもしれない。

そしたら、「テレビ局が負うべき責任」について問える作品になったし、現在の過熱報道に対する警笛にもなった。

そこまでしなかったのが、この映画の優しさであり、物足りなさだったように思う。


造られた殺人5

大事なのは「ショッキングな出来事」よりも、「何が起きているか」という真実


最後、とても印象的だったのは、ムヒョクの「父親鑑定」である。

妻のスジンは、ムヒョクが家庭を顧みず仕事ばかりしていた時に浮気をして妊娠していた。

それでも、スジンは「ムヒョクが父親だ」と言い切っていた。

そこで、生まれた娘がDNA的に自分の娘なのかどうかを、ムヒョクは検査に出していた。

しかし、彼はその結果を見ないまま、書類を燃やしてしまう。

それは、彼にとって「DNAが示す真実」よりも、「娘の父親であること」が大切だと考えた結果だった。

それは、この一連の事件の中で、「殺人メモ」という些末なことに気を取られ、事件の本質が全く見えていなかったことへの反省から来ているのかと思った。

問題は、「人をゾッとさせるようなショッキングなネタ」ではなく、「そこでは実際に何が起きているのか」なのだ。

これまで、「特ダネ」ばかりを追いかけてきたことで、家族を失いかけたムヒョク。

これからは、「特ダネ」よりも、一歩引いた立場で「今そこにある事実」を優先するよう改心したのかもしれない。

しかし、この映画のぬるさでは、今の過熱報道に釘をさすような作品にはなり得ない。

それが、とても残念なところだ。

あと一歩、激烈なパンチが欲しいところだった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「造られた殺人」

造られた殺人 [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2017/7/24 00:16時点)



ネット配信で観る:Amazonプライム「造られた殺人」(字幕版)

造られた殺人(字幕版)

新品価格
¥540から
(2017/7/24 00:17時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
韓国映画 に参加中!
ヒョンビン主演、韓国映画「王の涙 イ・サンの決断」をWOWOWで観た。

朝鮮李王朝第22代国王、イ・サンの暗殺計画が行われた24時間を描く。



満足度 評価】:★★★★☆

米櫃に入れられて殺された思悼世子(さどせじゃ)と、その息子イ・サンの話は、韓国の歴史ドラマの中でよく出てくる話であり、今回映画化されたイ・サンもテレビドラマで見て知っていたので、その「韓国人なら誰もが知っている人」をどう描くのかに興味があって観てみた。

面白かったなぁ。

特に、イ・サンの周りに取り巻く人たちの描き方がとても面白く、美しい映像もこの映画の見どころの一つだと思う。

「王の涙 イ・サンの決断」予告編 動画

(原題:역린(逆鱗))




「王の涙 イ・サンの決断」DVD

王の涙 -イ・サンの決断- [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/5/16 10:40時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ヒョンビン
…(「スウィンダラーズ」、「コンフィデンシャル/共助」など)

チョン・ジェヨン

チョ・ジョンソク
…(「造られた殺人」、
観相師」など

ハン・ジミン
…(
それだけが、僕の世界」、「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」など)

パク・ソンウン
…(
復讐のトリック」、「スウィンダラーズ」、愛を歌う花」、「無頼漢 渇いた罪」、「皇帝のために」、「ゴシップサイト 危険な噂」、「鬼はさまよう」など)

監督

〇イ・ジェギュ

2014年制作 韓国映画




あらすじ


イ・サン(
ヒョンビン)は、前国王である祖父を亡くして間もなく、李王朝第22代国王に即位したばかり。

それは、現王室最大の敵対勢力である老論(のろん)派にとっては、阻止せねばならないことであり、その老論派を裏で率いる大妃(
ハン・ジミン)は、イ・サン暗殺の指揮をとる。

しかし、そのことにいち早く気付いたイ・サンは、その芽を一つずつ摘み取ろうとするのだが・・・。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」



感想(ネタバレあり)


王の周りで世話をする人たちの悲しいお話


今回のこのイ・サンの物語の中で、私が最も心を惹かれたのは、幼い頃に捨てられ、そこから暗殺者として教育され、宮中に送り込まれた 77番、220番、224番のなんとも悲しい物語。

最もイ・サンに近く、誰よりも王のことを知っていた77番、尚冊(サンチェク)のカプス(
チョン・ジェヨン

幼い頃から、イ・サンと共に兄弟のように育ったカプスも、途中までは心の裏側は暗殺者だった。途中までは。

それが、いつの日からか、心からイ・サンに忠誠心を抱くようになる。

私が、この映画の中で最も印象に残っているのは、イ・サンがその尚冊の生い立ちを知ってしまった時。

本当だったら、その場で殺されてもおかしくない状況で、イ・サンは尚冊の追放を命じる。

泣いたわ~。この映画の中で、このシーンが一番泣いた。

これは、尚冊にも、イ・サンにも、とてもつらい瞬間だった。

イ・サンは涙を流し、尚冊は呆然と立ち去るしか無かった。

本当は、もう尚冊は改心しているのだから許してあげて欲しいと願いながら見たシーンだった。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン


恋する暗殺者は運命的に兄と再会する


220番・ウルス(
チョ・ジョンソク観相師」)は、暗殺の実行犯。

守りたいと思っていた女を目の前で王に奪われ、逆上。

ためらっていた暗殺も、率先して実行する立場に変わる。

しかし、77番とは、兄弟のように育った間柄で、お互いに常に命を案じる仲だった。

そして、220番ウルスと77番カプスは運命的に再会する。

220番は暗殺者として、77番は王を守る立場として。

「王はダメだ」と言いながら、自分の身を楯にしてウルスを守り死んでいくカプスの姿が悲しかった。

韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン



恋する洗濯女は密かに告発をする・・


224番、女官のウォレは、王の洗濯係。

目の前で、幼い女官に暗殺命令がくだるのを見て、幼い頃の自分を思い出し、それまでの生い立ちを王に直訴する。

この人は謎の人だったなぁ。

きっと、彼女と同じような人生を歩む子供たちを一人でも減らしたい。

そんな思いだったんだろう・・。

結局、彼女のおかげで暗殺者集団も、計画も明るみになったんだと、最後に知る。

220番に運命的に惹かれていったのは、同じ生い立ちを抱えていたからだったんだね。

彼らの恋の話も切なかった。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン、ハン・ジミン



周りの人たちの行動でイ・サンの人柄を思い知る


結局、77番も、220番も、老論派に育てられるも、王の側で働くことで、王を信頼し、王を守る方へと方向転換する。

それは、イ・サンという人の人柄の良さが分かるエピソードだ。

この周りにいた「幼い暗殺者」のエピソードは、他のイ・サンを描いたドラマなどには無い、映画オリジナルの登場人物で、彼らの人間性が魅力的だったからこそ、この映画「王の涙」は面白かったんだと思う。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン、チョン・ジェヨン



ヒョンビンの弓とチョン・ジェヨンの背中の焼き印


主役、イ・サンを演じるのは
ヒョンビン

ヒョンビンのドラマは観たことがあっても、映画で観るのは初めてかなぁ。

正直、イ・サンのイメージではなかったので、少し心配していたんだけど、思った以上にイ・サンになりきっていて良かった。

特に、弓を射るシーンが良かったなぁ。

それに、尚冊との別れのシーンは
ヒョンビンに泣かされたよ。

しかし!今回の映画で、最も素晴らしい功労者はその尚冊を演じた
チョン・ジェヨン(「さまよう刃」)だった。

自分は暗殺者であるという烙印を背中に焼き付けたまま、時にはイ・サンの相談に乗り、イ・サンのストレスも受け止めていた尚冊。

その動を秘める静の演技が見事だった。

最後、恩返しだったんだろう、なんとしてでもイ・サンに老論派を叩く書を届けたいと宮中に向かう姿がとても切なくて今でも私の記憶から離れてくれない。



韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン、チョン・ジェヨン



長編映画デビュー作のイ・ジェギュ監督


監督は、この映画が長編映画デビュー作となった
イ・ジェギュ

どうも、調べたところでは、この映画がプレビューされた時は、評論家の意見が批判的なものばかりだったそう。

しかし、公開してみれば大ヒットとなったので良かったというインタビュー記事を読んだ。

なんで、批判ばっかりだったんだろうね。

テレビドラマでは「ベートーベン・ウィルス」の演出を担当している
イ・ジェギュ

「ベートーベン・ウィルス」も好きなドラマだったから、ぜひ、批評家の批判を気にせず、映画を撮り続けて欲しい。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「王の涙 イ・サンの決断」DVD

王の涙 -イ・サンの決断- [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/5/16 10:40時点)









↓ 「王の涙 イ・サンの決断」も放送しているWOWOW_新規申込




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
韓国映画 に参加中!
ソン・ガンホイ・ジョンジェ主演の映画「観相師-かんそうし-」をWOWOWで観た。

朝鮮王朝で第5代王の跡目争いが激化する中、王から信頼され王宮を動かすようにまでなった観相師(人相でその人の運勢を言い当てる人)を描いた作品

これ、ものすんごい面白かった。

王位継承者たちの跡目争いあり、それに群がる人たちのそれぞれの人生あり・・・

脚本も素晴らしければ、映像も美しく、衣装も美しい

どこを切り取っても素晴らしい作品だった

「観相師-かんそうし-」予告編 動画

(原題:관상(観相))




ネット配信で観る:「観相師 ―かんそうし―」(字幕版)

観相師 ―かんそうし― (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/28 19:35時点)



DVDで観る:「観相師 ―かんそうし―」

観相師 ―かんそうし― [DVD]

新品価格
¥927から
(2018/7/28 19:36時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ソン・ガンホ


監督

ハン・ジェリム
…(「ザ・キング」など)


2013年製作 韓国映画



あらすじ

観相師(人相でその人の運勢を読み取る人)のネギョン(ソン・ガンホ)は、都で一番の芸妓ヨノン(キム・ヘス)のいる芸妓館で働き始めると、千里眼を持つ男としてその噂は宮中まで広がり始める

そして、ある時、王様自らがお忍びでネギョンを訪ね、相談に乗って欲しいと言われる

王は、自分の行く末が短いことを悟り、王位継承の一番の権利がある息子と、それに対抗する自分の兄弟たちの観相をして欲しいという

特に、次男の首陽大君(イ・ジョンジェ)に謀反の動きが無いか注意して欲しいと言われ、各継承候補に会いに行くのだが・・・



観相師



感想(ネタバレあり)


韓国歴史ドラマのドロドロはやっぱりいつ見ても楽しい

韓国の歴史ドラマが凄く人気があって、なおかつ面白いのは、何よりもその宮中でのドロドロが面白いんだよね。

そのたいていが、王様を引きずり降ろそう、クーデターを起こそうとする抵抗勢力がいて、こいつらの暗躍っぷりを観ているのがいつも楽しい。

今回の映画「観相師」で言えば、イ・ジョンジェ演じる次男の首陽大君の謀反

ジョンジェが出てきた瞬間から、この映画はグッと面白さが増す

最初の掴みは、首陽大君が狩りで捕獲したトラを左議政の家へ送り届けるシーン

その剛腕ぶりからトラとあだ名をつけられた左議政。

しかし、首陽大君が送り届けたのは、体中に矢が刺さり、逆さづりにされたトラだった・・・

えーーーー(((( ;゚д゚))) 

それは、いつかお前も同じ目に遭わせてやるっていうメッセージですか!?

「ゴッドファーザー」でいうところの、切り取ったサラブレッドの首を敵に送るやり方と一緒じゃないですか!?(笑)

そう。まるでやり口が恐怖のマフィアレベル。こーーーえーーーーーε=ε=(;´Д`)

そこから始まる悪行の数々は、王位を継承する前から、既に恐怖政治

これがまた、怖くて面白かったんだよねぇ~



観相師2



千里眼を持つ観相師は、運命を変えることができるのか


そのマフィア的存在の首陽大君のクーデターを、誰よりも早く気付き、阻止しようとしたのが、観相師ネギョンだった

でもね、たとえ、人相を観て人の未来が見通せたとして、それを阻止しようとしたとしても、運命は運命なんだよね

誰にも運命を変えることはできなくて、最後には、ちゃんと辻褄が合うようにできている

宮中に入って、いろんな人相を観て、未来を変えられるような気になっていた観相師も、結局悲しみしか残らないことに気付く

観相師の凄く真面目な息子も、ちょっとおバカな義弟も、何も悪くないのに、結局、悲しい運命を背負うことになってしまったことがすごく切ない終わり方だった



観相師3



「観相師」というお仕事を知る


しかし、今回、この映画で初めて『観相師』という存在を知って、それだけでも面白かった

確かに、「目は口程に物を言う」とか、「皺に人生が刻まれる」とか、「ほくろ取って人生変わった」なんて話も聞くから、人相って、その人の人生とか性格って出ると思うよね

この映画の面白いところは、「巫女の予言」でもなく、「易学」でもなく、「占星術」でもなく、この「観相」を政治に取り入れたところ

実際、朝鮮王朝でこの「観相」を政治に活用したかどうかは知らないけれど、初めて聞いたからすごく新鮮で楽しめたなぁ

特に、「王位継承者たちの人相を観てくれ」という先王の願いの元、観相師が、各継承者たちのところへ出向くところは面白かった

次男はそこを見越して替え玉を使ったりね

既に、そこから政治的陰謀が始まっていたりして

もし、現代にも、その「観相師」さんがいるなら、私も見てもらいたい。

私って、どんな顔してるんだろうなぁ(笑)



観相師4



「おとぼけ観相師」ガンホ vs 「恐怖の独裁者」ジョンジェの演技対決


そして、この映画を何よりも盛り上げているのは、俳優陣たちの演技力

もう、ソン・ガンホは説明する必要もないスーパースター。


最後に息子と二人で首陽大君に頭を下げる姿が悲痛で、心に焼き付いて離れないが、どんな状況でも笑いを常に忘れないすっとぼけた観相師の姿は、まさにガンホ流で、誰にもマネできない

それ以上に、今回、私を驚かせたのは、イ・ジョンジェの悪役っぷり

私の中で、ジョンジェが悪役をやったイメージが無くて、悪役を演じてるだけでビックリだったんだけど、んもう、すんごい恐ろしい悪役を見事に演じてた

本当にビックリした。

こんなに大きな作品で、堂々と悪役をやるようになったジョンジェがなんだか嬉しかったなぁ



観相師5



というワケで、ガンホ演じる「おとぼけ観相師」vsジョンジェ演じる「恐怖の大君」が見どころのこの映画

韓国の歴史ドラマが好きな方も、そうでない方もゼヒゼヒ観て欲しい一本

未来を知るということは、とても切なく、悲しいことなんですな





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「観相師 ―かんそうし―」(字幕版)

観相師 ―かんそうし― (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/28 19:35時点)



DVDで観る:「観相師 ―かんそうし―」

観相師 ―かんそうし― [DVD]

新品価格
¥927から
(2018/7/28 19:36時点)





↓ 「観相師」も放送しているWOWOW_新規申込






古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック