とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:デニス・クエイド



ラッセ・ハルストレム監督の映画「僕のワンダフル・ライフ」を試写会で観た。

『僕は何のために生まれてきたのか』と自分の犬生を問いかけながら生きるベイリーが、輪廻転生を重ねて大好きな飼い主のイーサンと再び出会うまでを描く。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)


可愛いワンちゃんに見とれながら、ニヤニヤしながら終了する100分間。

犬を飼ったことはないけど、いつも散歩しているワンちゃんとすれ違うだけでニヤニヤしてしまう私には、ひたすらワンちゃんが出てくるというだけで、心が浄化されたし、満足度が高った。

特に、大好きなコーギーちゃんが出てきただけで、大満足だったりする(笑)

きっと、今、ワンちゃんを飼っている人や、かつて、ワンちゃんを飼っていた人にはもっと満足度が高いに違いない。



私みたいにワンちゃんを飼いたくても飼えない人にも、ワンちゃんを飼っている、または、かつて、飼っていた人にも、全てのワンちゃん好きにおススメの作品。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「僕のワンダフル・ライフ」予告編 動画

(原題:A DOG'S PURPOSE)



更新履歴・公開、販売情報

・2017年9月8日 試写会で観た感想を掲載。

・2019年7月26日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

・2019年9月27日 金曜ロードショーでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「僕のワンダフル・ライフ」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazonプライムで観る:「僕のワンダフル・ライフ」(字幕版)

僕のワンダフル・ライフ (字幕版)

新品価格
¥1,000から
(2019/9/27 16:21時点)



DVDで観る:「僕のワンダフル・ライフ」

僕のワンダフル・ライフ [Blu-ray]

新品価格
¥972から
(2019/7/26 11:13時点)





キャスト&スタッフ


出演者

〇ブリット・ロバートソン

〇K・J・アパ

〇ジョン・オーティス

デニス・クエイド
…(「ニュースの真相」など)

〇ペギー・リプトン

〇ジョシュ・ギャッド(声のみ)
…(「美女と野獣」など)


監督

ラッセ・ハルストレム
…(「マダム・マロリーと魔法のスパイス」など)

原作・脚本

〇W・ブルース・キャメロン


原作本:「野良犬トビーの愛すべき転生」

野良犬トビーの愛すべき転生 (新潮文庫)

新品価格
¥810から
(2017/9/8 11:46時点)




2017年製作 アメリカ映画



映画「僕のワンダフル・ライフ」


あらすじ


生まれた家を飛び出し、少年イーサンに拾われたゴールデン・レトリバーの僕は、「ベイリー」と名付けられ、イーサンと兄弟のように成長した。

高校生になったイーサン(K・J・アパ)がフットボールでタッチダウンを決めた時も、ガールフレンドのハンナ(ブリット・ロバートソン)と出会った時も一緒にいた。

でも、イーサンが大学に進学する頃、僕にも寿命がやってくる。

そして、目覚めた時には、メスの警察犬になっていた…!?



映画「僕のワンダフル・ライフ」


感想(ネタバレあり)


犬が自分の犬生を考える!?


日頃、近所を歩いている時、ワンちゃんを見かけると、つい、まるで不審人物のようにジロジロと観てしまう。

その時の私の萌えポイントは、ワンちゃんがご主人様だけを見つめている時のワンちゃんの表情。

本当は、私のことを気にかけて欲しいし、寄ってきてくれると、すごく嬉しくて挨拶をするんだけど、私のことなんか目もくれず、ただただご主人様だけを見つめてるワンちゃんがステキだなぁと思う。



きっとご主人様とワンちゃんの間には、私なんかが入る隙も無いぐらい、強い信頼関係があるんだなぁと、勝手に妄想し、そんな二人を観ながらトキメいてしまう

ペットがいない私には、そんなに忠実で愛すべきペットがいる飼い主様がうらやましい



この映画は、そんな忠実なペットのワンちゃんとご主人様の関係をそのままハートウォーミングなドラマにした作品

他の映画と違って、この映画が特殊なのは、犬が主人公であり、一人称の『僕』が、『僕の転生』を語っていくという物語の進み方

全てが『犬』の視点で語られていく



そして、その中で『僕』は、『何のために生まれてきたのか』と自分自身に問い続けていく。



主人公は犬で、これは犬から見た「犬生」の物語だけれど、それを人間に置き換えて考えることができる。

自分は、どんな使命を持って、何のために生まれてきたのか

可愛いワンちゃんを観ながら癒され、ご主人様とワンちゃんの強い結びつきに心が温かくなり、観終わった後には、そんな哲学的なことを考えさせられる作品になっている。

(もちろん、そんなことは考えなくても十分に楽しめる)



映画「僕のワンダフル・ライフ」


犬と人間は相思相愛である


原作『野良犬トビーの愛すべき転生』は、全米でベストセラーになった小説のようだけど、この物語の面白さは、犬が輪廻転生を繰り返すところにある。

これは、犬に限らずペットを飼っている人たちの心を軽くする話ではないかと思った。



例えば、大好きなペットが死んでしまった時、あの子の代わりはいないから、もう二度とペットは飼わない。

そういう話をよく聞く。



でも、もし、次に飼うペットは、前に飼っていたペットの生まれ変わりかもしれないとしたら。

そう思ったら、次にまたペットを飼うことに前向きな気持ちになれるんじゃないかと思う。



ペットが亡くなってしまったことに心を痛めているのは飼い主だけじゃなくて、ペット自身もまた飼い主さんに会いたいと思っていたら…。

人間とペットは言葉が通じないから、人間からの気持ちばかりを考えてしまいがちだ。



しかし、そうではなくて、この映画では、人間がペットに対して思っていることと同じことを犬も人間に対して思っているんだよということを犬目線で語ってくれることで、犬と人間の気持ちが通じ合えていることを気付かせてくれる

きっと、この映画を観たら、そんな飼い主とペットの相思相愛の関係に憧れて、犬を飼いたくなる人が急増すると思う。



映画「僕のワンダフル・ライフ」


ベイリーの目的は大好きな飼い主に再びめぐり逢うこと


犬の一年が人間の7年間に相当することを意味する「ドッグイヤー」という言葉がある。

輪廻転生を繰り返すベイリーは、自分の時間が人間よりも早くて短いことを知っているから、今できることを必死にやって生きている。

飼い主さんの側で支えてあげること、与えられた使命を全うすること

常に全力で生きること



そうやって全力で生きてきた中で、ベイリーが犬生の中で、本当にやりたいこととは、大好きだった飼い主のイーサンにもう一度会うことだと分かる。

そして、『僕』はベイリーの生まれ変わりで、再び会えた奇跡をイーサンにも分かってもらうこと。



さすがに、ここまでくるとやりすぎじゃないかと思わなくもないけど、そんな奇跡があったら素敵だなぁとも思う。



イーサンが長い年月を経て、再びハンナに再会したように。

ベイリーも長い年月を経て、イーサンに再会する。



本当に好きで、会いたいと思っている人には、思い続ければ、きっといつか会える

だから、絶望しないで日々を一生懸命に生きるんだ。

そう思える素敵な話だった。



映画「僕のワンダフル・ライフ」


人生は長いようで短い、だから、瞬間、瞬間を楽しんで生きる


結局、『僕』は、「大好きなイーサンに再びめぐり逢い、共に暮らすために、この世に生まれてきた」と確信する

しかし、その目的は、長い間犬生を繰り返した中で気付けたこと。

主人公は犬で、犬の視点で描けているけれど、それを人間に置き換えても、同じことが言える



私たちの人生は長いようで短い。

常に出会いと別れを繰り返して生きている。

イーサンがハンナを手放して、長い間、後悔し続けたのは、この物語の教訓である。



しかし、そんなイーサンも、長い間ハンナのことを思い続けたからこそ、再び会えることができた。

(これが、ベイリーのお手柄っだというのが、またニクイ)



イーサンのように、長い後悔の人生を生きないためにも、私たちは日々を一生懸命生きるべきである

たとえ、その途中で人生が終わってしまったとしても、また新しい人生が待っている。

短い人生、毎日を、心から楽しんで生きようじゃないか

その側に、大好きなペットがいたら、きっと、もっと充実した人生を送れるだろう



全ての犬好きにおススメする一本。

動物苦手、犬嫌いの人にはおススメしません(笑)

見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「僕のワンダフル・ライフ」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



Twitterでも映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~



Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「僕のワンダフル・ライフ」(字幕版)

僕のワンダフル・ライフ (字幕版)

新品価格
¥1,000から
(2019/9/27 16:21時点)



DVDで観る:「僕のワンダフル・ライフ」

僕のワンダフル・ライフ [Blu-ray]

新品価格
¥972から
(2019/7/26 11:13時点)



原作本:「野良犬トビーの愛すべき転生」

野良犬トビーの愛すべき転生 (新潮文庫)

新品価格
¥810から
(2017/9/8 11:46時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ケイト・ブランシェット主演の映画「ニュースの真相」をWOWOWで観た。

2004年、アメリカのテレビ局CBSが人気番組「60ミニッツ」で、

ブッシュの軍歴詐称疑惑を報じるドキュメンタリー番組を放送するが、

その内容にウソがあるとして制作陣が非難され、局を追われる羽目になってしまった実話の映画化。


満足度 評価】:★★★★☆

ニュースが作られている現場を見ることができて面白かったし、自分自身でも「ニュースを読み解く目」を持たなければいけないなと感じた作品だった。



例えば、日本の『加計学園問題』の場合、私たちが見極めるべきは、その「獣医学部が日本にとって必要か、必要でないか」が一番重要なのに、

それ以外の、例えば理事が首相と友人だとか、便宜を図ったとか、本筋とは離れたところに目が行きがちになってしまう。

もちろん、便宜を図ったり、友人だから優先度が上がるという問題はあってはいけないことだけれど、

そもそも、そこに大学を新設するべきかどうかを、まず見極めるべきなのではと思う。



この映画では、メディアが誘導した世論によって、

テレビ局が『本当に伝えたかった真実』を葬り去れてしまった実話
を描いている。

その時、『本当に伝えるべき真実』から論点が移ったことで得をしたのは誰だったのか。

なぜ、最後までブッシュを糾弾することができなかったのか。

私たち視聴者が考えるべきことは何か

映画の中では語られない、その「見えない裏側」が非常に面白い映画だった


「ニュースの真相」予告編 動画

(原題:TRUTH)





原作本:メアリー・メイプス著「大統領の疑惑」

大統領の疑惑

新品価格
¥1,500から
(2017/8/25 20:07時点)



DVDで観る:「ニュースの真相」DVD

ニュースの真相 [DVD]

新品価格
¥2,954から
(2017/8/25 20:05時点)



ネット配信で観る:Amazonプライム「ニュースの真相」(字幕版)

ニュースの真相(字幕版)

新品価格
¥2,160から
(2017/8/25 20:06時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ケイト・ブランシェット
…(「オーシャンズ8」、「ブルージャスミン」、「ミケランジェロ・プロジェクト」、「シンデレラ」、「ヴェロニカ・ゲリン」、「エリザベス」)

ロバート・レッドフォード
…(「大いなる陰謀」、「ロング・トレイル!」、「オール・イズ・ロスト」、「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」)

デニス・クエイド
…(「僕のワンダフル・ライフ」など)

ブルース・グリーンウッド
…(「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「白い沈黙」、「ドローン・オブ・ウォー」、「パパが遺した物語」、「エレファント・ソング」、「デビルズ・ノット」、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「スター・トレック」など)

ダーモット・マローニー
…(「ダーティ・グランパ」、「8月の家族たち」、「7デイズ」など)

監督・脚本

〇ジェームズ・ヴァンダービルト


2015年製作 アメリカ映画



ニュースの真相



あらすじ


2004年、アメリカ大統領選挙を目前にして、ブッシュ大統領の再選が確実視されていた頃。

CBSテレビ局の人気報道番組「60ミニッツ」のプロデューサー、メアリー・メイプス(ケイト・ブランシェット)は「ブッシュ大統領が軍歴を詐称している」という情報を入手する。

ブッシュ大統領が空軍に入隊したと思われる時期に在籍していた関係者などの取材をし、インタビュー動画を撮影、文書やメモなどを入手し、社内の規定通りに鑑定を行った。

そして、全ての証拠が揃い、アンカーマンのダン・ラザー(ロバート・レッドフォード)司会で番組が放送される。

しかし、放送後の反響の中に、「番組で証拠として提示された文書は、当時はまだなかったマイクロソフトのWORDで作成されたものではいか」という指摘があり…。



ニュースの真相4



感想(ネタバレあり)


メディアが誘導した世論が、伝えるべき真実を葬り去る



テレビ局CBSの人気報道番組「60ミニッツ」では、再選目前だったブッシュ大統領の軍歴詐称についての情報を入手した。

その大まかな内容は

大物政治家の息子として、空軍に「裏口入隊」したブッシュだったが、そこに籍があるだけで、特に活動もしないまま軍歴を終えたにも関わらず、「優秀な空軍パイロット」という華やかな経歴の持ち主になっている。」というもの。

もし、これが本当ならば、保守派である共和党代表の大統領候補としては、「支持者を裏切った」候補者となり、ブッシュの再選に向けて大打撃となるスクープだった



CBSでも敏腕プロデューサーだったメアリーは、情報に基づき、当時、ブッシュの周りにいる人々にインタビューし、それが事実だったのかどうかの確認や、当時の軍幹部が残した文書やメモなどを入手。

文書やメモは社内の規定に沿って専門家に鑑定を依頼し、全てが事実であるという裏をとって放送に踏み切った。



しかし、放送後の反響の中で

「証拠だとされた文書は、当時はなかったはずのWORDで作成されたものでは??」という指摘が出る。

たちまち、マスコミからは「文書を偽造したのでは?」と総攻撃を受け

話題は「ブッシュの軍歴詐称」よりも、「『60ミニッツ』の文書偽造」へ移っていってしまった



そして、輝かしいはずのスクープも、真相がぼやけてしまい、そのうち、誰も信用しなくなってしまう

しかし、その時のCBSに対する一斉攻撃には疑問が残る

なぜ、他局や新聞社などのマスコミはCBSの報道を受けて「ブッシュの軍歴詐称」について調査をしなかったのか。

なぜ、CBSは再度調査をすることができなかったのか。



さらに、なぜ、CBSはこれまで数々の優秀な番組を作ってきたメアリーをかばうことなく、内務調査にかけることになったのか



そこにあるのは、真実よりも大切な「視聴率主義」、「発行部数主義」があって、さらには見えない圧力もあったはずで、

結局、私たち視聴者は「真相を知らないまま」、各メディアに振り回されてしまう

時代はテレビからネットへと移行していく中で、私たちはニュースとどう向き合うべきかを考えさせられる作品だった。



ニュースの真相2


ブロガーがプロのジャーナリストを超える時代の到来



面白いなぁと思ったのは、この騒動がたった一件のブログの書き込みからスタートしていること

それが、新聞でも、雑誌でもなく、ブログだったということ

これは、2004年に起きたできごとだから、今から13年も前の話になるけれど、

既に、その時からブロガーが世論を引き起こす力を持っていたということ。



人々のテレビ離れが加速し、

ニュースはテレビや新聞よりもネットで読むよという人が増えている現代では、

ネットの世界で大きな影響力を持つインフルエンサーたちの力が

時に、プロのジャーナリストたちの持つ力を軽々と超えてしまう
ことを示している。



実際に、そのブログの書き込みがきっかけで、

名プロデューサのメアリーと、人気アンカーマンのダン・ラザーは局を離れることになってしまった。



最近、日本のテレビで放送されているワイドショーなどを見ると、

「昨日は、こんなことがTwitterで炎上していました」というネタが取り上げられている。

私はそれを、「Twitterで盛り上がっているネタをテレビで報道するようになったらおしまいだな」と思いながらいつも見ている。



たとえば、「こんな事件がありました」というコメントと共に上がっている写真は、合成写真かもしれない。

しかし、フォロワーたちは、それが「本当かウソか」の確認もしないまま拡散してしまう。

キチンと裏を取って(と思いたい)報道しているテレビ局よりも、はるかにウソの確立が高いのがネットなのに、人々はそれを信じ切ってしまう。



テレビや新聞は、そんなネットの世界に迎合するよりも、むしろ、正しい道を示す場であって欲しいと思う

にも関わらず、この時は、そのブログの書き込みにより、メディアが騒動を起こし、結局、会社が揺れ動く事態にまで発展してしまった



ニュースの真相5



なぜCBSが一斉砲火を浴び、メアリーは退社する羽目になったのか



そんなCBSが世論に振り回されている事態を見ながら、Netflixで配信されているドラマシリーズの「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のことを考えていた。



このドラマは、ケヴィン・スペイシー演じる下院議員のフランク・アンダーウッドがアメリカ合衆国大統領に登りつめ、アメリカで最高の権力を手に入れようとしている姿が描かれている。

もし、フランクが「軍歴詐称」だと言われたら、どう動くだろうか。

首席補佐官のダグ・スタンパーを使って、CBSの裏から手を回し、メアリーをクビにすることで幕引きさせるだろうなと思った。

もちろん、CBS以外のテレビ局や報道には、「文書捏造問題」にフォーカスをあてるように根回しをするに違いない。

そんなことを想像しながら、その騒動を見ていた。



もちろん、それは私の行き過ぎた想像でしかないし、そもそも、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」はフィクションである。

しかし、「ホワイトハウスが裏から手を回すなんてあり得ない」と言い切れるだろうか

物事の裏側には、必ず『得した人』と『損した人』がいる

今回のできごとの場合、『得した人』はブッシュであり、『損した人』はメアリーである。

『得した人』は、その利益を他の人に分配することで自分の味方につけることが可能である。

一方で、『損した人』は、ちょっと足をくじいただけで、味方が一気にいなくなり、そのうち、どん底へと突き落とされる。



そう考えると、この映画の中では一切描かれたかったけれども、ホワイトハウスの中で何が起きていたのかは容易に想像できる

全く描かれなかったからこそ、浮かび上がってくる闇の世界なのである



ニュースの真相3


視聴者に求められるのは「流されない力」


結局のところ、ブッシュは再選し、メアリーは責任を取って局を離れ、ダンはアンカーマンを降ろされる

「たった一枚の文書の疑惑」だけで、『ブッシュの軍歴詐称問題』は闇の中へと葬り去られてしまった

それが、この騒動の後に残された真実。


世の中が、テレビからネットへと移行していく中で、

プロのジャーナリストではなくても発言力を持つ時代になったことで、

私たち個人に求められるのは、「真相を見極める力」である

周りに流されることなく、知るべきことは何か、何が正しくて、正しくないのかを見極める力が必要とされている。



私たちが全く知らない「見えない裏側の暗闇」に世の中を操作されることがないように、

常に疑問を持つことが必要なのである。


Twitterでも映画情報を発信しています~




↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





原作本:メアリー・メイプス著「大統領の疑惑」

大統領の疑惑

新品価格
¥1,500から
(2017/8/25 20:07時点)



DVDで観る:「ニュースの真相」DVD

ニュースの真相 [DVD]

新品価格
¥2,954から
(2017/8/25 20:05時点)



ネット配信で観る:Amazonプライム「ニュースの真相」(字幕版)

ニュースの真相(字幕版)

新品価格
¥2,160から
(2017/8/25 20:06時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック