とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:デヴィッド・ストラザーン



アンセル・エルゴートクロエ・グレース・モレッツ共演の映画「クリミナル・タウン」を映画館で観た。

友人を殺された高校生が事件の謎を探るクライム・サスペンス。



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

「死」と向き合うことで子供から大人へ成長していく高校生を描いたサスペンスタッチの青春映画。

サスペンスというには鋭さが欠けるけど、人の死を受け入れられないのは子供で、受け入れられたら大人という描き方は面白かった。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『クリミナル・タウン』予告編 動画

(原題:November Criminals)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年9月6日 映画館にて鑑賞。

・2018年9月20日 感想を掲載。

・2019年1月9日 DVD、ネット配信、共に販売開始。

・2019年7月27日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

作品情報はこちらから。
 ↓
「クリミナル・タウン」公式サイト

DVDで観る:「クリミナル・タウン」

クリミナル・タウン [DVD]

新品価格
¥2,900から
(2019/7/27 11:17時点)



Amazon Primeで観る:「クリミナル・タウン」(字幕版)

クリミナル・タウン(字幕版)

新品価格
¥300から
(2019/7/27 11:16時点)



原作本「クリミナル・タウン」

クリミナル・タウン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

新品価格
¥1,058から
(2018/9/20 18:47時点)






キャスト&スタッフ


出演者



…(「リンカーン」など)



監督

〇サーシャ・ガバシ


2017年製作 アメリカ映画



映画「クリミナル・タウン」



あらすじ

ワシントンD.C.で暮らす高校生のアディソン(アンセル・エルゴート)は、友人のケビンが銃殺された事件にショックを受ける。

しかし、警察は「麻薬を売買しているグループの抗争に巻き込まれた事件」として、捜査を打ち切ってしまう。

ケビンが麻薬ディーラーの抗争に巻き込まれるはずがないと思ったアディソンは、ガールフレンドのフィービー(クロエ・グレース・モレッツ)と共に、独自に事件の捜査を開始する…。



映画「クリミナル・タウン」



感想


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


クリミナル・タウン (2017)


★★★☆ [70点]「「死」を受け入れて人は大人になる」


これ、割と評判の悪い映画で 「つまらないのかなぁ~」と心配しながら行ったら、そんなにつまらなくもなかった。

むしろ、それなりに楽しんで帰ってきた。



翌年、大学進学を控えた高校生のアディソン(アンセル・エルゴート)と、フィービー(クロエ・グレース・モレッツ)は、同級生のケビンが殺された事件を不審に思い、独自に聞き込みを始める…。



このアディソンとフィービーが迎えている高校最後の年の11月は、大学への進路を決める年

彼らは、願書を大学に送り、合否判定を待っている状態であり、年齢的にも子供から大人へ成長する思春期のど真ん中。

つまり、最も精神的に不安定な時期なのである。



その時に起きたのが、同級生ケビンの殺人事件だった。

大学からの合否待ちのアディソンは、まるでとりつかれたように、ケビン殺人犯探しに夢中になっていく。



そんなアディソンを観ながら、私は彼が「死」そのものを理解し、受け入れようとしているんだなと思った。

その事件のちょうど一年前、アディソンのお母さんが突然死している。

しかし、彼は、その母の死を受け入れられずにいるのだ。



そこへ、ケビンの事件が起きる。

アディソンは、ケビンの死の謎を解明すれば「死」というものを理解できる気がしているように見えた

彼は、その時まだ、大人への成長の過程にいたのだ。



そして、アディソンは「大人になるということは、とてもリスキーで痛みを伴うものだ」とわかったはずだ。



この映画は、デビッド・ボウイに捧げられている

それは、世界中の人々が彼の死を受け入れられずにいることを示している



ただ、非常に残念なのは、アンセルもクロエちゃんも、どんなに頑張っても、高校生には見えない。
クロエちゃんはまだしも、アンセルは厳しすぎる

キャスティングはもう少しがんばって欲しかったと思う。


Posted by pharmacy_toe on 2018/09/11 with ぴあ映画生活





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~









↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「クリミナル・タウン」

クリミナル・タウン [DVD]

新品価格
¥2,900から
(2019/7/27 11:17時点)



Amazon Primeで観る:「クリミナル・タウン」(字幕版)

クリミナル・タウン(字幕版)

新品価格
¥300から
(2019/7/27 11:16時点)





原作本「クリミナル・タウン」

クリミナル・タウン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

新品価格
¥1,058から
(2018/9/20 18:47時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演の映画「ザ・ファーム 法律事務所」をWOWOWで観た。

ロースクールを卒業したばかりの若き弁護士が、最も待遇の良い事務所に就職。しかし、その待遇の良さには理由があった…。


満足度】:★★★☆☆

つまらないというワケではないけど、もっとシンプルに描けたのでは…と思うことしばしば。155分はちょっと長過ぎる。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ザ・ファーム 法律事務所」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:THE FIRM)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年6月21日 WOWOWで観た感想を掲載。

・2019年5月3日 NHK BS プレミアムでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



ネット配信で観る:「ザ・ファーム/法律事務所」(字幕版)

ザ・ファーム/法律事務所 (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/9/14 10:55時点)



DVDで観る:「ザ・ファーム -法律事務所-」

ザ・ファーム -法律事務所- [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2019/5/3 11:52時点)



原作本「法律事務所」

法律事務所 (小学館文庫)

中古価格
¥585から
(2016/6/21 11:39時点)




キャスト&スタッフ


出演者



〇ジーン・トリプルホーン

デヴィッド・ストラザーン
…(「リンカーン」など)


監督

…(「フィクサー」、「ザ・インタープリター」など)


1993年製作 アメリカ映画





あらすじ


ハーバード大学のロースクールを成績上位で卒業したミッチ(トム・クルーズ)は、スカウトされた法律事務所の中から、もっとも待遇の良いメンフィスの法律事務所へ就職する。

しかし、就職して間もなく、夜中にダイナーで食事をしている時に、FBI捜査官のウェイン(エド・ハリス)からその事務所では過去に4人もの事故死者が出ていたことを知らされる。

その事実に衝撃を受けるミッチであったが、上司のエイヴァリー(ジーン・ハックマン)から見込まれ、ケイマン諸島への出張に付き合わされるようになるのだが…。



映画「ザ・ファーム」




感想(ネタバレあり)


生い立ちが仇となる彼の人生の選択


野心満々の若者が、仕事内容よりも報酬に目がくらんだために、裏社会へ引きずり込まれそうになる姿を描いたサスペンス映画。

野心があるのは結構だけど、どこへ向かいたいのかという目的の無い野心は人生を間違った方向に進めることになると感じた映画だった。

主人公のミッチはハーバード大学のロースクールを優秀な成績で卒業。

全国で有数の法律事務所から引く手あまたの彼は、その中でも、最も待遇の良い事務所を選択。

彼にとっては、それが間違いの始まりだった。

成績が優秀で自分の好きな職場を選べるのであれば、「自分が将来なにをしたいのか」で選ぶべきだった。

将来的に検事を目指すのか、最高裁の裁判官を目指すのか、何を専門に扱いたいのか…。

その選択肢は彼の中に一切無く、「いくらもらえるのか」ということだけしか頭の中になかった

彼の過ちの原因は、彼の生い立ちにある。

トレーラーハウスで育った幼少時代、刑務所で長い間暮らす兄。

ミッチは、その貧しく惨めな人生を逆転させたいという思いだけで、勝ち抜いてきたのではないか。

だから、彼にとっては報酬だけが全てになってしまったのではと思う。



映画「ザ・ファーム」トム・クルーズ



大いなる夢と希望と、現実とのギャップ


しかし、いざ、好待遇で就職した事務所で仕事をしてみると、理想と現実のギャップに苦しむことになる。

その事務所が彼を破格の待遇で迎え入れることができたのは、潤沢な資金があるからであり、その資金源はマフィアだった

彼らは、ケイマン諸島でマフィアの裏金をマネーロンダリングする仕事をメインとしており、そのことでFBIから目を付けられていた。

最近、日本でも話題になっているケイマン文書。

アメリカでは20年も前に小説に描かれ、こうして映画化されている。

ハラハラドキドキさせるエンターテイメントを描きながら、その裏で、世間的にはまだそれ程話題にになっていない頃からケイマン諸島の資金洗浄について問題提起しているのが、アメリカのエンターテイメントの多様性であり、底力だと思う。

その現実を知ったミッチは、彼にとって最も「正しい道」を歩もうとする。

ミッチが、この現実に気付いてから、なんとか逃げ出そうと奔走するハラハラドキドキが、この映画の面白さだった。

FBIよりも怖いのが、アメリカのマフィアなんだな。



映画「ザ・ファーム」トム・クルーズ、ジーン・ハックマン



若くて野心満々なトム・クルーズと、贅沢な生活を維持したい老害ジーン・ハックマン


主人公のミッチを演じるのは、トム・クルーズ

トム・クルーズが優秀な弁護士??それどうなの??

と一瞬、思ってしまうけど、トム・クルーズが弁護士を演じるということより、トム・クルーズが主演を務める映画でケイマン諸島のマネーロンダリングを話題にすることが目的ではないかと思った。

こういう法の穴があるんだよと多くの人に知らせるのが、彼が出演したメリットがあるのでは。

そういう意味では、目的を果たしているし、私もこの映画を公開当時に観た時、初めてケイマン諸島のマネーロンダリングを知ったように思う。



映画「ザ・ファーム」トム・クルーズ



ミッチを裏社会へ引きづり込もうとする上司エイヴァリーを演じるのは、ジーン・ハックマン

ここ数年は第一線から退いてしまった名優。

なんとも腹黒い男の役が良く似あう。

しかし、今回のエイヴァリーはいつもと違って、まだ良心が残っていた。

うわーーー。なんか、こういう悪い奴、弁護士にいそうだなぁ~。

あらゆる人にそう思わせるのが、彼の上手さ。

また映画に出演して欲しいなぁと思う。



映画「ザ・ファーム」ジーン・ハックマン



就職先の選択に迷ったら


結局、ミッチは事務所を閉鎖に追いこむ証拠を集めて、FBIに提供する。

いわゆる内部告発だ。

FBIの狙いはマフィアだったのに、法律事務所の法律違反という事件になってしまった。

ミッチは、顧客としてのマフィアを守り、自分の弁護士としての資格も守り続けることとなった。

この辺の法律の穴の描き方も非常にうまい映画だった。

もしも、自分の人生の選択として、今後、報酬と、仕事内容とどちらを選ぶべきかと悩む人がいたら、この映画を観たらいいと思う

身分不相応の美味しい話には、きっと裏があるに違いない




↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ザ・ファーム/法律事務所」(字幕版)

ザ・ファーム/法律事務所 (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/9/14 10:55時点)



DVDで観る:「ザ・ファーム -法律事務所-」

ザ・ファーム -法律事務所- [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2019/5/3 11:52時点)



原作本「法律事務所」

法律事務所 (小学館文庫)

中古価格
¥585から
(2016/6/21 11:39時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダニエル・デイ=ルイス主演、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画「リンカーン」をNHK BSプレミアムで観た。

アメリカの南北戦争時代、奴隷制を廃止に追い込んだ大統領リンカーンの奮闘を描く。

満足度 評価】:★★★☆☆

壮大な教育用の歴史再現VTRを観させられたような気がした。

そこで起きている事実を追いかけるので精一杯だった。もっとエンターテインメント性が欲しかった…。

第85回(2012年) アカデミー賞主演男優賞受賞作品

「リンカーン」予告編 動画

(原題:LINCOLN)




「リンカーン」 DVD

リンカーン [DVD]

新品価格
¥927から
(2016/10/23 15:59時点)



キャスト&スタッフ


出演者

…(「ファントム・スレッド」など)

トミー・リー・ジョーンズ
…(「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」、「クリミナル 2人の記憶を持つ男」、「ジェイソン・ボーン」など)

〇サリー・フィールド

ジョセフ・ゴードン=レヴィット
…(「スノーデン」、「インセプション」、「ザ・ウォーク」、「(500)日のサマー」など)

…(「クリミナル・タウン」など)

〇ジェームズ・スペイダー

ハル・ホルブルック
…(「DEMON デーモン」など)

監督

スティーヴン・スピルバーグ
…(「レディ・プレイヤー1」、「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」、「ブリッジ・オブ・スパイ」、「マイノリティ・リポート」、「アミスタッド」、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」、「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」、「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」など)

2012年製作 アメリカ映画


リンカーン

あらすじ


1865年のアメリカ。

奴隷制度を無くし黒人に自由を与えようとする北部と、それを拒否する南部の間で戦争が起こってから4年。

軍事力が大きく上回る北部が、南部を武力的に制圧することで事態を鎮静化しようとしていたが、当時の第16代大統領のエイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)は、憲法を改正し、奴隷制度そのものを無くすことを訴え続ける。

しかし、議会での賛成票を獲得することが難しく、憲法改正案は否決されると思われていた…。


リンカーン2


感想(ネタバレあり)


描かれている事実関係を理解していくのがやっと…


奴隷制度を廃止したリンカーンについて描かれた物語。

南北戦争当時の大統領であるリンカーンが、その奴隷制度に対しどれ程までに情熱を傾けていたか、そして憲法を改正するためにどれだけの苦悩を費やしたかが分かる映画になっている。

しかーーーし。

私には、そこで起きている事実を追っていくので精一杯で、そこに描かれているドラマがちっとも頭に入ってこなかった…。

そもそも、私の勉強不足が問題で。

登場人物の人たちが国会や所属している党でどんな役割を担い、どれ程の力を握っているかという力関係が分からず…。

例えば、トミー・リー・ジョーンズが演じた共和党の議員だって、どんな立ち位置で、どれ程の力を握っている人物なのかイマイチ分からない。

それを観ながら、1つ1つ理解しようとしているだけで頭がパンパンになってしまった…。

結局、そこで起きていた事実だけを把握することに終始し、リンカーンの人間性にまで考えが及ばず、なんだか、壮大な教育用の再現VTRを観させられている気分になった。

せめて、ここに出てくる議員の中で何人か知っている名前があったら、まだ良かったのかもしれないけど。

リンカーン3

リンカーンが奴隷制度を廃止に追い込むことにかけた情熱


だから、「この映画を観て、リンカーンはどんな人だったか」と聞かれれば、「法案作りの職人さん」っていうイメージしかない。

彼の功績は改正案を作っただけではない。

改正案を作った上で、反対派と思われる議員たちの中から賛成派に回りそうな議員たちを絞り込み、1人1人を説得し、賛成派に誘いこむ。

もちろん実動隊は大統領が選んだロビイストたちだけれども、どうにもならない時や、どうしても動かしたい人はリンカーン自らが足を運んで説得する。

ここが、彼がそれ程までにこの改正案を通したがっていた情熱を感じる場面だ。

しかし、これまた話している内容が難しすぎて、すんなりと頭に入ってこない…。

この時になって「あぁ、これはこの当時の時代背景をもっと知っておくべきだったな」と思い始めた。

何もバックグラウンドのない私には、観ているのが若干ツライ映画だった。


リンカーン4

全てにおいて知識不足で置いてきぼり感あり


私が言いたいのは、私みたいに予備知識が無くても、リンカーンの偉大さを感じたり、グイグイと引き込まれる作品にはできなかったんですか??ということ。

人をワクワクさせたり、楽しませたりすることが得意なスピルバーグ。

もっと、リンカーンを庶民的に感じさせるエピソードとかはなかったんだろうか?

リンカーンをの人柄を見せて、グッと観客の心を掴んだうえで、奴隷制度廃止の本題にフォーカスをあてるような作品だったら、もっとのめり込んで観ただろうになぁと思う。

あんな偉大な人なのに、こんなお茶目な一面もあるんだ!!とか思うことができたら、もうちょっと入りやすかっただろうし、親しみも感じただろうと思う。

最初から最後まで信念の人として描かれてしまうと、ただでさえ近寄りがたいのが、ますます近寄りがたくなるし、遠くの雲の上で起きているような出来事に感じてしまう。

だから、もっと「リンカーンの人間らしいエピソード」が観たかった。

まぁ、仕方がない。

アメリカにとって、リンカーンはとても偉大な人間で、予備知識なんてものは当然持っているものなんだろう。

むしろ、みんなが知っているリンカーンをどう描くかっていうのが肝だったんだろうな。


リンカーン5

リンカーンの偉大さは理解できた


最終的に、リンカーンが出した改正案が議会で可決されて奴隷制は廃止される。

しかし、リンカーン本人は間もなく暗殺されてしまう。

それで、誰に暗殺されたんだろう…。

またしても勉強不足により、よく分からず…。

結局、最後までよく分からないまま終わってしまった映画だった…。

リンカーンが奴隷制を廃止してから、黒人の人たちが本当の自由を得るまでは、長い時間がかかるけれども、偉大な一歩を踏み出した人だというのは良く分かった。

この人がいなかったら、黒人たちが解放されるのは、もっと遅くなっていただろう。

いやーー。でも、ちょっと尺も長いし、全体的にちょっと疲れた映画だったなぁ…。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「リンカーン」 DVD

リンカーン [DVD]

新品価格
¥927から
(2016/10/23 15:59時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック