とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:トム・クルーズ



トム・クルーズ主演の映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」を映画館で観た。

冷戦時代にCIAの極秘任務で南米でスパイ活動を行うかたわら、コロンビアから麻薬の輸入をしていたバリー・シールの実話を映画化。


満足度 評価】:★★★★☆

面白かったなぁ。

主人公バリーの生き様が破天荒過ぎて面白かった。

そんな彼の驚きの人生だけでなく、彼を利用して吐き捨てたCIAやホワイトハウスの恐ろしさも描かれているのが良かった。

バリーとは、冷戦時代のアメリカのしたたかさを象徴している男だった


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「バリー・シール/アメリカをはめた男」予告編 動画

(原題:AMERICAN MADE)


更新履歴・公開、販売情報

・2017年10月24日 映画館で観た感想を掲載。

・2019年7月20日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



AmazonPrimeで観る:「バリー・シール/アメリカをはめた男」(字幕版)

バリー・シール/アメリカをはめた男(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2019/7/20 11:14時点)



DVDで観る:「バリー・シール アメリカをはめた男」

バリー・シール アメリカをはめた男 [Blu-ray]

新品価格
¥964から
(2019/7/20 11:16時点)



サウンドトラック「バリー・シール アメリカをはめた男」

バリー・シール アメリカをはめた男

新品価格
¥2,592から
(2017/10/24 15:09時点)




キャスト&スタッフ


出演者

トム・クルーズ
…(「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」、「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」、「m:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3」、「アウトロー」、「コラテラル」、「大いなる陰謀」、「ザ・ファーム 法律事務所」、「ワルキューレ」、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「マイノリティ・リポート」、「ザ・エージェント」など)

ドーナル・グリーソン
…(「グッバイ・クリストファー・ロビン」、「ピーターラビット」、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」、「レヴェナント/蘇りし者」、「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」、「FRANK-フランク-」、「不屈の男 アンブロークン」、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、「ブルックリン」など)

〇サラ・ライト

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
…(「ゲット・アウト」など)

監督

〇ダグ・リーマン
…(「オール・ユー・ニード・イズ・キル」など)


2017年製作 アメリカ映画



映画「バリー・シール アメリカをはめた男」


あらすじ


1970年代後半、パイロットのバリー・シール(トム・クルーズ)は、キューバから葉巻を密輸していた。

それがCIA捜査官 シェイファー(ドーナル・グリーソン)の目に留まり、スカウトされる。

シェイファーがバリーに依頼したのは、南米にあるゲリラ組織のアジトを上空から撮影することだった。

飛行機の操縦技術に長けていたバリーはゲリラ組織からの攻撃をかわし、次々と証拠写真を撮り続けていき、CIAの中でも写真の正確さが好評だった。

そんな中、やがてバリーはコロンビアの麻薬王たちから声をかけられる。



映画「バリー・シール アメリカをはめた男」トム・クルーズ



感想(ネタばれあり)


アメリカの楽観主義がバリー・シールを生み出す


これ、とっても面白かったんだけど、何が面白いって、これが実話で、このバリー・シールが実在した人物だってこと!!

「事実は小説よりも奇なり」って言葉があるけれど、CIAからホワイトハウスまでからめた、こんな良くできた話をなかなか作れない(笑)



とにかく、主人公のバリー・シールはノリがいい

CIAから「南米へ行って写真を撮ってみない?」と言われれば、「いいよ」って言っちゃうし、コロンビアの麻薬王たちから声を掛けられれば、ひるむことなく(もしかしたら、彼らのことを知らなかったのかもしれないけど)ホイホイついて行ってしまう。



果たして、彼はバカなのか、それとも本当にしたたかなのか

いや、何も考えていないだけなのか。

そんな彼は、絵に描いたような 『THE 楽観主義』である。



その、人の予想をはるかに超えたキャラクターそのものが、バリーの魅力であり、この映画の魅力でもある。



その楽観主義が破天荒な彼を躍進させる



「バレる」なんてことにびくびくしない。

大量の麻薬を積んで、堂々と海を渡る。

汚れた金の処理に困り、裏庭に埋めてしまう雑さ。



どんな時も、誰にあっても物おじしない姿勢が、彼をドンドン上へ上へと押し上げる。



なぜ、彼はどんな時も楽観主義でいられたのか。

それは、当時のアメリカが作り出したものだった。



映画「バリー・シール アメリカをはめた男」トム・クルーズ


バリーを利用できるだけ利用し尽した冷戦当時のCIA


そんなバリーをうまいこと利用したのが、CIAだった。



冷戦の真っ只中だった当時、東側の動向を知るためにCIAは最も必要とされていた組織だった。

そのため、自分たちで動こうとしても人手が足りない。

そこで、民間を有効利用しようと考えた。

そのテキトー加減に驚かされっぱなしだった。



それにしたって、いくら人手が足りないからって、シェイファーが個人的にキューバの葉巻を密輸していたバリーをスカウトしたのには、唖然とさせられた。

それも、よくあるカフェで、まるで企業の新人をスカウトするみたいに声を掛ける

「ちょっとCIAの仕事を手伝ってみないか」っていう軽いノリで。



しかし、CIAが彼に依頼した仕事内容は決して軽くない



当時、南米で盛り上がっていた『革命』を把握するため、彼らの軍事施設を上空から撮影するというもの。

バリーは、CIAから指定された場所へ行き、写真を撮って帰って来る。



それだけの仕事だけど、時には攻撃されることもあった。

たちまち、彼の空撮はCIAで話題になり、その全てがシェイファーの手柄になっていく。



今なら衛生写真もあるし、ドローンだってあるから、バリーのような人間は必要ない。

当時のアメリカだったからこそ、必要とされた人材だった。



写真撮影が成功するとCIAの要求はエスカレートしていく。



当時、南米で『打倒!共産主義』のために訓練していた自由の戦士たちに銃を運ぶ仕事を依頼される。

この銃がまたビックリで、ソ連軍がPLO(パレスチナ解放機構)のために作ったカラシニコフ自動小銃だったりする。



イスラエルがパレスチナから押収したものを横流ししてもらったとか(笑)

もう、なんでもあり。



そのうち、「自由の戦士をアメリカで訓練する」と言い出し、バリーがCIAからもらった土地で訓練を始める。

そして、人も密輸する。

残念ながら、その『自由の戦士』たちは、アメリカへ渡ると約半数が逃走してしまったんだとか(笑)



CIAはバリーが民間だろうとなんだろうと、散々利用して、使いまわし、彼の立場がやばくなると、一気に関係を断ち切ってしまう

使えるところは使い尽くし、旨みを吸いつくすとあっさりと捨てる。

そのしたたかさが、まさにアメリカの強さであり、恐ろしさだと思った。



映画「バリー・シール アメリカをはめた男」ドーナル・グリーソン


コロンビアの麻薬王、パナマのノリエガ、CIA、ホワイトハウス…バリーを利用した者たち


そのバリーとCIAの関係に乗っかったのが、ホルヘ・オチョアや、パブロ・エスコバルといったコロンビアの麻薬王たちや、パナマのノリエガ将軍だった。

バリーが写真撮影をした後、麻薬を載せてアメリカに帰ってくれれば、それなりの金を払うという。

その話にのったバリーは、CIAの依頼の他に、コロンビアの麻薬の密輸まで手伝うようになる



コロンビアでも、バリーの仕事は好評で「宅配便よりも優秀で確実に届く」と言われるようになる。

そして、密輸の量が1人では賄いきれなくなり、人を増やし、事業を拡大させていく。



そんなバリーの『活動』をCIAは見て見ぬふり。

その後、コロンビアとアメリカの間で麻薬戦争が勃発する。

もしも、この時、バリーを通じて麻薬の密輸を止め、麻薬王たちを逮捕していたら、コロンビアは麻薬大国にならなかったかもしれない。



コロンビアが麻薬大国になったのには、大いにアメリカにも責任があったのだ。

当時のCIAは、そんな麻薬のことよりも、『冷戦の成果』として『革命』を潰すことしか考えていなかったのだ。



そして、80年代後半になるとアメリカでも麻薬問題が深刻化する。

それもそうだ。CIA黙認の上、バリーが大量にコカインを密輸していたんだから。

本土に拡散するのも、あっという間だろう。



すると、今度はホワイトハウスがバリーを利用するようになる

そして、実際にホワイトハウスに招き、話し合いの席に座らせ、今度は麻薬王たちの写真を撮るようにバリーに依頼する。

結局、そのホワイトハウスとバリーの関係が麻薬王たちに知られ、激怒されてしまう



そうなると、ホワイトハウスもバリーを手放してしまう。



すごく調子がいい時は散々持ち上げて使いまわし、立場が危うくなると、一気に潮が引いていく

そのアメリカのご都合主義と調子の良さ、そして、危険だと察知したら一気に手を引くしたたかさ

ホワイトハウスでさえも。



その全てが、『楽観主義でお調子者』のバリー・シールを作り上げているものだった。



映画「バリー・シール アメリカをはめた男」


全てを飲みこんで、いらなくなったら平気で吐き捨てるアメリカの強さ


結局、その中で誰が一番得をしたのか

それは、CIAだったと思う。

今思えば、一番CIAが輝いていたのが冷戦時代で、バリーがCIAのために働いていた時が、彼らにとって一番充実していた時期だっただろう。



このバリーを巡る狂騒曲を観て、民間人だろうと、なんだろうと、使える者は何で使ってポイ捨てするテキトーさとしたたかさがアメリカの強さなんだと思った。

冷戦だろうが、ドラッグ戦争だろうが、その場のノリで全部飲みこんじゃう。

毒だと分かれば吐き捨ててればいい。



それが、This is Americaであり、バリーは American Made(原題:アメリカ製)なんだなと思った。

せめて、証人保護プログラムぐらいしてやれよ、と今さら言っても、もう遅い。



もしも、バリーが現代の人だったら、証人保護プログラムを受けられたのだろうか。

それとも、そもそも、CIAとは何の関係もない、ただの人扱いされてしまうんだろうか。



そして、やっぱり、アメリカの楽観主義は最強だなと思った。

乗れるものはドンドン乗ってけーー!!ってノリがあるからこそ、世界最強なんだけど、そこがアメリカの恐ろしさでもある。



バリーは技術の優れたパイロットだけど、元軍人なわけでもなく、それ以外は、どこにでもいる普通の人だ。

そんなバリーが、国に散々利用される恐ろしさ。

最初から最後まで、バリーの破天荒な生き方を楽しませてもらったけど、その裏に大きく構えるアメリカを思うとゾッとする映画でもあった







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



AmazonPrimeで観る:「バリー・シール/アメリカをはめた男」(字幕版)

バリー・シール/アメリカをはめた男(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2019/7/20 11:14時点)



DVDで観る:「バリー・シール アメリカをはめた男」

バリー・シール アメリカをはめた男 [Blu-ray]

新品価格
¥964から
(2019/7/20 11:16時点)



サウンドトラック「バリー・シール アメリカをはめた男」

バリー・シール アメリカをはめた男

新品価格
¥2,592から
(2017/10/24 15:09時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演の映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を映画館で観た。

人気シリーズ第6弾。

謎のシンジケートに奪われたプルトニウムを追う!!


満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

ものすごくお金のかかった贅沢なアクション映画に大満足!

ヨーロッパの美しい景色を背景にトム・クルーズが走る、戦う、飛ぶ!

臨場感満点で、こっちも登ったり突き落とされたりの気分で楽しかった!

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想
  6. 関連記事


『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』予告編 動画

(原題:Mission: Impossible - Fallout)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年8月7日 映画館にて鑑賞。

・2018年9月7日 感想を掲載。

・2018年12月19日 ブルーレイ&DVD発売

・2019年6月15日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正

現在、ネット配信、DVD、共に販売中。詳しい作品情報については、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」公式サイト


「ミッション:インポッシブル」シリーズは、現在U-NEXT で配信中


Amazon Primeで観る:「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(字幕版)

ミッション:インポッシブル フォールアウト (字幕版)

新品価格
¥299から
(2018/12/31 16:10時点)



DVDで観る:「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

ミッション:インポッシブル/フォールアウト ブルーレイ DVDセット<初回限定生産>(ボーナスブルーレイ付き)[Blu-ray]

新品価格
¥4,309から
(2018/10/19 00:46時点)



オリジナルサウンドトラック:「Mission Impossible: Fallout」

Mission Impossible: Fallout

新品価格
¥2,301から
(2018/10/19 00:48時点)



【映画パンフレット】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

【映画パンフレット】ミッション:インポッシブル/フォールアウト Mission: Impossible - Fallout

新品価格
¥870から
(2018/9/7 16:14時点)






キャスト&スタッフ


出演者








…(ドラマシリーズ「ザ・クラウン」など)


〇フレデリック・シュミット




監督


2018年製作 アメリカ映画




映画「ミッション・インポッシブル/フォールアウト」


あらすじ


IMFのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、回収したプルトニウムを目の前で何者かに奪われてしまう。

それを奪ったのは、謎の組織「シンジケート」の残党「アポストル」だと分かる。

そこで、イーサンはその「アポストル」のジョン・ラークと接触するというホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)に会いに行くが、CIAは監視役としてエージェントのウォーカー(アレック・ボールドウィン)を同行させる…。



映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」トム・クルーズ



感想


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。



ミッション:インポッシブル/フォールアウト (2018)


★★★★☆ [90点] 「何もかもがトム・クルーズのために」

楽しかったー

ものすごくお金のかかった、CGじゃない生身のとても贅沢なアクション映画を観たという満足感!!



謎の組織シンジケートにプルトニウムが奪われてしまう!

イーサン率いるIMFチームは命がけでプルトニウムを追う。

正直、ストーリーはとてもありきたりだけれど、なぜなら、それはアクションがメインだから!!



何よりもまず、観客を興奮させるアクションありきでこの映画はできている

それは全盛期の香港映画スタイルだけど、この映画は金のかけ方が違う!

いちいち大掛かりで豪華。



パリやロンドンの美しい景色を背景に、トム・クルーズが、戦う、走る、飛ぶ!!

車、バイクは当たり前、ヘリコプターだって操縦しちゃう!?



スタントなしの
トム・クルーズを観ているこちらは、まるで、ジェットコースターにでも乗っている気分で、浮いたり、上がったり下がったり。

谷底に突き落とされるスリルだって味わえちゃう!

全てのアクションが大興奮だった!!



いつもの、ベンジーとルーサーも健在!

イーサンを惑わすヒロインには、
レベッカ・ファーガソンが前作から異例の連続起用。

さらに、ドラマシリーズ「ザ・クラウン」のマーガレット女王役でエミー賞にノミネートされた
ヴァネッサ・カービーを謎の女ウィドウ役に大抜擢



そして「ジャスティス・リーグ」「マン・オブ・スティール」の若手アクションスター
ヘンリー・カヴィルを「コードネームUNCLE」と同じCIA捜査官役に起用



常に、その時の旬を起用して新しい風を取り入れてきた結果、マンネリ化させずに進化させてきたこの「ミッション:インポッシブル」シリーズ。

その理由がその俳優たちの起用からも見えてくる



新しい才能を積極的に起用することで、自分自身も切磋琢磨する

そんな
トム・クルーズの製作兼主演俳優としての姿勢が見えてくる作品だった



アクションスターとしては、どんなに他の俳優たちが頑張っても、到底たどり着けないところに、今の
トム・クルーズはいると思った



しかし、すごい俳優だなぁ


Posted by pharmacy_toe on 2018/08/09 with ぴあ映画生活



関連記事


ミッション:インポッシブルシリーズ


「m:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3」怒涛のアクション満載は面白かったけど、ストーリーは・・・な映画だった

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(MI4)核戦争を阻止せよ!アクション連発であっという間の2時間。MIシリーズ第4弾

「ミッション:インポッシブル/ローグネイション」トム・クルーズ主演の人気シリーズ第5弾。とにかく怒涛のアクションが気持ちいい!トム・クルーズに老いは無し!【感想】

「ミッション:インポッシブル」シリーズは、現在U-NEXT で配信中




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~









↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon Primeで観る:「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(字幕版)

ミッション:インポッシブル フォールアウト (字幕版)

新品価格
¥299から
(2018/12/31 16:10時点)



DVDで観る:「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

ミッション:インポッシブル/フォールアウト ブルーレイ DVDセット<初回限定生産>(ボーナスブルーレイ付き)[Blu-ray]

新品価格
¥4,309から
(2018/10/19 00:46時点)



オリジナルサウンドトラック:「Mission Impossible: Fallout」

Mission Impossible: Fallout

新品価格
¥2,301から
(2018/10/19 00:48時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演の映画「ザ・ファーム 法律事務所」をWOWOWで観た。

ロースクールを卒業したばかりの若き弁護士が、最も待遇の良い事務所に就職。しかし、その待遇の良さには理由があった…。


満足度】:★★★☆☆

つまらないというワケではないけど、もっとシンプルに描けたのでは…と思うことしばしば。155分はちょっと長過ぎる。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ザ・ファーム 法律事務所」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:THE FIRM)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年6月21日 WOWOWで観た感想を掲載。

・2019年5月3日 NHK BS プレミアムでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



ネット配信で観る:「ザ・ファーム/法律事務所」(字幕版)

ザ・ファーム/法律事務所 (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/9/14 10:55時点)



DVDで観る:「ザ・ファーム -法律事務所-」

ザ・ファーム -法律事務所- [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2019/5/3 11:52時点)



原作本「法律事務所」

法律事務所 (小学館文庫)

中古価格
¥585から
(2016/6/21 11:39時点)




キャスト&スタッフ


出演者



〇ジーン・トリプルホーン

デヴィッド・ストラザーン
…(「リンカーン」など)


監督

…(「フィクサー」、「ザ・インタープリター」など)


1993年製作 アメリカ映画





あらすじ


ハーバード大学のロースクールを成績上位で卒業したミッチ(トム・クルーズ)は、スカウトされた法律事務所の中から、もっとも待遇の良いメンフィスの法律事務所へ就職する。

しかし、就職して間もなく、夜中にダイナーで食事をしている時に、FBI捜査官のウェイン(エド・ハリス)からその事務所では過去に4人もの事故死者が出ていたことを知らされる。

その事実に衝撃を受けるミッチであったが、上司のエイヴァリー(ジーン・ハックマン)から見込まれ、ケイマン諸島への出張に付き合わされるようになるのだが…。



映画「ザ・ファーム」




感想(ネタバレあり)


生い立ちが仇となる彼の人生の選択


野心満々の若者が、仕事内容よりも報酬に目がくらんだために、裏社会へ引きずり込まれそうになる姿を描いたサスペンス映画。

野心があるのは結構だけど、どこへ向かいたいのかという目的の無い野心は人生を間違った方向に進めることになると感じた映画だった。

主人公のミッチはハーバード大学のロースクールを優秀な成績で卒業。

全国で有数の法律事務所から引く手あまたの彼は、その中でも、最も待遇の良い事務所を選択。

彼にとっては、それが間違いの始まりだった。

成績が優秀で自分の好きな職場を選べるのであれば、「自分が将来なにをしたいのか」で選ぶべきだった。

将来的に検事を目指すのか、最高裁の裁判官を目指すのか、何を専門に扱いたいのか…。

その選択肢は彼の中に一切無く、「いくらもらえるのか」ということだけしか頭の中になかった

彼の過ちの原因は、彼の生い立ちにある。

トレーラーハウスで育った幼少時代、刑務所で長い間暮らす兄。

ミッチは、その貧しく惨めな人生を逆転させたいという思いだけで、勝ち抜いてきたのではないか。

だから、彼にとっては報酬だけが全てになってしまったのではと思う。



映画「ザ・ファーム」トム・クルーズ



大いなる夢と希望と、現実とのギャップ


しかし、いざ、好待遇で就職した事務所で仕事をしてみると、理想と現実のギャップに苦しむことになる。

その事務所が彼を破格の待遇で迎え入れることができたのは、潤沢な資金があるからであり、その資金源はマフィアだった

彼らは、ケイマン諸島でマフィアの裏金をマネーロンダリングする仕事をメインとしており、そのことでFBIから目を付けられていた。

最近、日本でも話題になっているケイマン文書。

アメリカでは20年も前に小説に描かれ、こうして映画化されている。

ハラハラドキドキさせるエンターテイメントを描きながら、その裏で、世間的にはまだそれ程話題にになっていない頃からケイマン諸島の資金洗浄について問題提起しているのが、アメリカのエンターテイメントの多様性であり、底力だと思う。

その現実を知ったミッチは、彼にとって最も「正しい道」を歩もうとする。

ミッチが、この現実に気付いてから、なんとか逃げ出そうと奔走するハラハラドキドキが、この映画の面白さだった。

FBIよりも怖いのが、アメリカのマフィアなんだな。



映画「ザ・ファーム」トム・クルーズ、ジーン・ハックマン



若くて野心満々なトム・クルーズと、贅沢な生活を維持したい老害ジーン・ハックマン


主人公のミッチを演じるのは、トム・クルーズ

トム・クルーズが優秀な弁護士??それどうなの??

と一瞬、思ってしまうけど、トム・クルーズが弁護士を演じるということより、トム・クルーズが主演を務める映画でケイマン諸島のマネーロンダリングを話題にすることが目的ではないかと思った。

こういう法の穴があるんだよと多くの人に知らせるのが、彼が出演したメリットがあるのでは。

そういう意味では、目的を果たしているし、私もこの映画を公開当時に観た時、初めてケイマン諸島のマネーロンダリングを知ったように思う。



映画「ザ・ファーム」トム・クルーズ



ミッチを裏社会へ引きづり込もうとする上司エイヴァリーを演じるのは、ジーン・ハックマン

ここ数年は第一線から退いてしまった名優。

なんとも腹黒い男の役が良く似あう。

しかし、今回のエイヴァリーはいつもと違って、まだ良心が残っていた。

うわーーー。なんか、こういう悪い奴、弁護士にいそうだなぁ~。

あらゆる人にそう思わせるのが、彼の上手さ。

また映画に出演して欲しいなぁと思う。



映画「ザ・ファーム」ジーン・ハックマン



就職先の選択に迷ったら


結局、ミッチは事務所を閉鎖に追いこむ証拠を集めて、FBIに提供する。

いわゆる内部告発だ。

FBIの狙いはマフィアだったのに、法律事務所の法律違反という事件になってしまった。

ミッチは、顧客としてのマフィアを守り、自分の弁護士としての資格も守り続けることとなった。

この辺の法律の穴の描き方も非常にうまい映画だった。

もしも、自分の人生の選択として、今後、報酬と、仕事内容とどちらを選ぶべきかと悩む人がいたら、この映画を観たらいいと思う

身分不相応の美味しい話には、きっと裏があるに違いない




↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ザ・ファーム/法律事務所」(字幕版)

ザ・ファーム/法律事務所 (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/9/14 10:55時点)



DVDで観る:「ザ・ファーム -法律事務所-」

ザ・ファーム -法律事務所- [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2019/5/3 11:52時点)



原作本「法律事務所」

法律事務所 (小学館文庫)

中古価格
¥585から
(2016/6/21 11:39時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演の映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」を映画館で観た。

ユニバーサルスタジオが製作する、ダークユニバース第一弾、「ミイラ再生」のリブート作品。

エジプトで掘り起こしたミイラが、ロンドンで大暴れするアクション大作。



満足度 評価】:★★★☆☆


この映画を観て、「えーーと、これは何??」と思うところがなかっただろうか。

よく考えても分からないから、アクションが楽しめればいいか。

そんな風に思わなかっただろうか。

私は、この映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」を観て、いろいろ説明不足!!だと思ったので、ちょっと頭の中を整理しようと思う。

いや~、そんなことないよ!!この映画はすごく面白かったよ!!

そう思う人にとっては、これから書くことは必要ないかも…。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」予告編 動画

(原題:THE MUMMY)




更新履歴・公開、販売情報

・2017年8月5日 映画館で観た感想を掲載。

・2019年4月20日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



DVDで観る:「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/4/20 12:51時点)



ネット配信で観る:「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」(字幕版)

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2019/4/20 12:55時点)



元ネタ「ミイラ再生」Blu-ray

ミイラ再生 [Blu-ray]

新品価格
¥1,375から
(2017/8/5 00:14時点)



1999年製作リブート版:「ハムナプトラ失われた砂漠の都」 (字幕版)(Amazonプライム)

ハムナプトラ失われた砂漠の都 (字幕版)

新品価格
¥300から
(2017/8/5 00:16時点)



「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」Blu-ray

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 [Blu-ray]

新品価格
¥1,150から
(2017/8/5 00:18時点)





キャスト&スタッフ


出演者

トム・クルーズ
…(「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」、「バリー・シール/アメリカをはめた男」、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」、「m:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3」、「アウトロー」、「コラテラル」、「大いなる陰謀」、「ザ・ファーム 法律事務所」、「ワルキューレ」、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「マイノリティ・リポート」、「ザ・エージェント」など)

〇アナベル・ウォーリス

ソフィア・ブテラ
…(「アトミック・ブロンド」、「スター・トレック BEYOND」、「キングスマン」など)

〇ジェイク・ジョンソン

ラッセル・クロウ
…(「ある少年の告白」、「ナイスガイズ!」、「ディバイナー 戦禍に光を求めて」(兼監督)、「レ・ミゼラブル」、「3時10分、決断の時」、「ノア 約束の舟」、「ワールド・オブ・ライズ」、「消されたヘッドライン」、「パパが遺した物語」など)


監督

〇アレックス・カーツマン


2017年製作 アメリカ映画

映画「ザ・マミー」


あらすじ


中東で、古代遺跡を発掘した軍人のニック(トム・クルーズ)と、考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は、その遺跡にあった棺を軍用機に乗せてロンドンへ向かう。

しかし、その途中でカラスの大群による攻撃を受け、飛行機は墜落。

ジェニーはパラシュートによって、そこから脱出するが、ニックは奇跡的に命が助かる。

ところが、その後ニックは吸い寄せられるように飛行機が墜落した現場へと向かう。

ニックの異変に気付いたジェニーは、共にミイラの研究を行っているジキル博士(ラッセル・クロウ)に連絡をする。

映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」トム・クルーズ


感想(ネタバレあり)


夏の「娯楽大作」を期待したのに、なんだか「不完全燃焼」


今、このブログを読んでいる方の中には、お盆休み!夏休み!という方もいるかもしれない。
(この映画の公開は2017年サマーシーズンだった。)

現在、映画館もサマーシーズン真っ最中!!

サマーシーズンと言えば、「なーーーーんにも考えないで(実際は考えないなんて無理)楽しめる」娯楽大作の季節。



この映画の主役、トム・クルーズは、夏の娯楽大作の定番俳優。

そんな定番男だからこそ、バンバン、ミイラに追いかけられて、キャーーーーッとなったところを、トムくんがバッタバッタと倒していく…そんなアクション娯楽作を期待した人もいるかもしれない。

少なくとも、私は、そんな楽しいアクション大作を期待していた!!



ところが、実際、幕が開けてみたら「ちょっと、違うかも」、「なんだか、よく分からない」…。

なんだか『不完全燃焼』…。

その『不完全燃焼の理由』は、細かい部分をテキトーに描いていてしまっていたことや、いろいろなことが説明不足であることが原因だと、私は思っている。



映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」トム・クルーズとアナベル・ウォーリス

「ダークユニバース」第一弾。案内役はジキル博士


そもそも、この映画は「ユニバーサルスタジオ」が企画している「ダークユニバース」の第一弾

「ダークユニバース」とは、これまで「ユニバーサルスタジオ」が製作してきたモンスター映画を次々とリメイクしていく企画



その第一弾として1932年に製作された「ミイラ再生」のリメイクが、この「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」である。

ちなみに、1999年に公開された作品「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」も、「ミイラ再生」をリメイクしたもの

この後にもハビエル・バルデム主演の「フランケンシュタインの花嫁」や、ジョニー・デップ主演の「透明人間」のリメイクが予定されている。



★2019年4月20日追記:
ユニバーサルスタジオの「ダークユニバース」は事実上、消滅しました


今思えば、この時の「ザ・マミー」の失敗が痛かったんだな…



その「ダークユニバース」シリーズの全作品で共通して登場し、案内役を務めるのが、ラッセル・クロウ演じる「ジキル博士とハイド氏」なのだと言われている。



しかし、私にとっては、このジキル博士がこの映画の『違和感 その1』で。

途中まで、ミイラ映画だったのに、ヒロイン、ジェニーの紹介で、「ミイラ研究の第一人者」として、ジキル博士が登場し、しばらくすると、恐ろしいモンスターのハイド氏になってしまう。

えぇ??それってちょっと、唐突すぎやしませんか??



もしかして、「ダークユニバース」シリーズの第一弾として公開されるべきだったのは、ラッセル・クロウの「ジキル博士とハイド氏」だったのでは??

ジキル博士がハイド氏になるストーリーを知った上で登場してくれないと、なぜ、ジキル博士がいきなりハイド氏になるのか分からない。



「『ジキル博士とハイド氏』の話なんて、みんな知っているだろ」と言われても、それが、なぜ、この「ザ・マミー」に乱入してくるのかが分からない

それは、あまりにも乱暴で、説明不足なんじゃないかと思った。


映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」ラッセル・クロウ


十字軍の兵士がエジプトの女王にひれ伏す世界って…


その「説明不足」は、他にもあって。

飛行機が墜落して、一旦、死亡が確認されたはずのニックが生き返ったのも、イマイチよく分からなかった。



それは「選ばれし者」だから?

なんだか、トムくんの全裸シーンでごまかされちゃった感あり

(これが本当の話なんだから困っちゃう)



それで、生き返ったニックが友達のクリスみたいに、「いかにもミイラ」っぽくしててくれたら、まだ分かりやすかったんだけど

いつものように、美しい姿のトム・クルーズでいたから、生きているのか、死んでいるのか、ミイラなのか何なのかよく分からない(笑)



ついでに気になったところを言うと、ロンドンに到着して目覚めたエジプトの女王アマネットが、ニックの身体に乗り移って世界征服を目論むのだけど

ロンドンの地下で眠っているミイラを全て起こして、ニックを襲わせる。

その、ロンドンの地下で眠っているミイラっていうのが、十字軍のミイラで。

この十字軍たちが、目覚めたアマネットにひれ伏しているんだけど。



いくら、目覚めたアマネットに力があるからといって、十字軍の兵士が異教徒の王女にひれ伏すなんて、ナンセンスだろーーーと思った。

そこはさすがに失笑してしまった。

他にやり方はなかったのかな。



やっぱり、ペルシャで発掘したエジプトの女王をロンドンで暴れさせることに、無理があったような気がしてならない



映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」ソフィア・ブテラ

やっぱり、結局は「説明不足」


結局のところ、「ミイラ取りがミイラになって」、ニックは全能の力を得て終了する。


んーーーー。

私としては、「ハムナプトラ」のような、砂嵐と戦うトム・クルーズを期待していたし、そうでなくても、ミイラに追いかけられて死にそう!!

っていう、迫力満点のアクションを次から次へと見られるんじゃないかと期待してしまったんだけど、そいういう「娯楽的な楽しさ」が無かったように思う。



その中でも、ラッセル・クロウトム・クルーズが闘う場面は、迫力があったのと思うので、やっぱり、あそこはもっと掘り下げて描いて欲しかった

やっぱり、「説明不足」っていうのが、この映画の欠点なんだと思う。

キングスマン」や「スター・トレック BEYOND」で、キレキレのアクションを見せてくれたソフィア・ブテラも、今回はあまりアクションらしいアクションが無かったのも残念なところ。



次回の、「ダーク・ユニバース」は「フランケンシュタインの花嫁」が企画されているらしいけど、詳細は不明。

これを機に、よりブラッシュアップした作品を期待したい。



ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



DVDで観る:「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/4/20 12:51時点)



ネット配信で観る:「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」(字幕版)

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2019/4/20 12:55時点)



元ネタ「ミイラ再生」Blu-ray

ミイラ再生 [Blu-ray]

新品価格
¥1,375から
(2017/8/5 00:14時点)



1999年製作リブート版:「ハムナプトラ失われた砂漠の都」 (字幕版)(Amazonプライム)

ハムナプトラ失われた砂漠の都 (字幕版)

新品価格
¥300から
(2017/8/5 00:16時点)



「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」Blu-ray

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 [Blu-ray]

新品価格
¥1,150から
(2017/8/5 00:18時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演の映画「マイノリティ・リポート」をWOWOWで観た。

2054年のアメリカ。「プリコグ」と呼ばれる「未来を予測できる3人組」の予知能力をシステム化し、犯罪を未然に防ぐことが可能に。もう殺人事件は起きないと思われていたのだが…。



満足度 評価】:★★★★☆

もう10年以上も前の作品とはいえ、未来の風景にはワクワクするし、エンターテイメント作品でありながらいろいろと考えさせられる作品だった。



「マイノリティ・リポート」予告編 動画

(原題:MINORITY REPORT)




「マイノリティ・リポート」予告編 動画

・2016年6月25日 WOWOWで観た感想を掲載しました。

・2018年6月4日 NHK BS プレミアム での放送(21時より)に合わせて加筆・修正しました。

現在、ネット配信、DVD、共に販売中です。


DVDで観る:「マイノリティ・リポート」

マイノリティ・リポート [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,000から
(2018/6/4 14:28時点)



ネット配信で観る:「マイノリティ・リポート」(字幕版)

マイノリティ・リポート (字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2018/6/4 14:29時点)



「マイノリティ・リポート」パンフレット(中古)の販売をしています






キャスト&スタッフ


出演者

トム・クルーズ
…(「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」、「バリー・シール/アメリカをはめた男」、「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」、「m:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3」、「アウトロー」、「コラテラル」、「大いなる陰謀」、「ザ・ファーム 法律事務所」、「ワルキューレ」、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「ザ・エージェント」など)

コリン・ファレル
…(「ダンボ」、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」、「ウォルト・ディズニーの約束」、「クレイジー・ハート」、「ロブスター」、「ヴェロニカ・ゲリン」、「ジャスティス」、「ニューヨーク 冬物語」など) 

サマンサ・モートン
…(「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」、「マッド・マザー 生贄の少年」など)

マックス・フォン・シドー
…(「シャッター アイランド」など)


監督

スティーヴン・スピルバーグ
…(「レディ・プレイヤー1」、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」、「ブリッジ・オブ・スパイ」、「リンカーン」、「アミスタッド」、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」、「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」、「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」など)


2002年製作 アメリカ映画



マイノリティ・リポート



あらすじ


2059年のワシントンDC。

天文学的な数字で増え続ける犯罪を未然に防ぐため、「プリコグ」と呼ばれる「未来を予測できる3人組」の予知を元に、事件が起こる寸前で「犯罪を起こす予定の人」を逮捕することが可能に。

警官ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)は、犯罪予防局のチーフとして活躍していた。

しかし、ある時、「プリコグ」はジョンをこれから起きる殺人事件の犯人だと予測する。

殺される予定の人物を知らないジョンは、なぜ自分が犯罪を起こすのか理由が分からないまま、そこから逃亡する…。



マイノリティ・リポート2



感想(ネタバレあり)


あり得なくもない近未来の描写

この映画が作られたのは2002年。

多少、映像や音楽の使い方が古いなぁ~と感じつつも、ここで描かれる未来は、より便利で楽しそうに見える。

その中でも「網膜センサー」や「自動運転 自動車」など、現在、実用化されようとしているものもあり、「あり得ない未来」でもないなと思う。



この映画のように「網膜センサー」が広く実用化され、指紋認証の代わりに網膜認証が使われるようになると、全ての人間の管理がとても簡単になる。

IDを持ち歩く代わりに、「網膜センサー」が採用され、国は全ての国民を簡単に管理し、逆に国民はプライベートの全てを一瞬で国に管理されるようになってしまう。



それはそれで怖い未来設定だ。

しかし、その「あり得なくもない未来」の設定があるからこそ、ここで描かれている未来をより身近に感じることができる

ただ「プリコグ」を除けば…。



マイノリティ・リポート4



どんなシステムにもバグがある


「もしも、これから起きる殺人事件を未然に防ぐことができたら」という発想の元、「プリコグ」と呼ばれる「未来を予知できる3人組」が見た殺人事件について、予知された殺人犯を逮捕することが可能に。

このプリコグは、3人がそれぞれの力を合わせることで、未来について同時に同じ映像をみることができる



3人が同じ映像を見たのだから、その未来予測に間違えはないとされ、その「プリコグ」システムを導入したことで、アメリカで天文学的数字で増えていた犯罪の90%を減らすことに成功。

これ以上、犯罪が増えることがないと思われていた。

しかし、どんなシステムにも「バグ」と呼ばれる誤作動が起きるように、この「プリコグ」システムにも誤作動が起きていた



時に、3人のうちもっとも予知能力が高いと言われていたアガサ(サマンサ・モートン)が1人だけ違う未来を見るということが度々起きていた。

この誤作動は、少数派意見(マイノリティ・リポート)と呼ばれ、未来予知からは抹殺されていた

3人のうち、2人が見た未来と、1人が見た未来が違っている。

もしかしたら、正しいのはマイノリティ・リポートかもしれない…。



マイノリティ・リポート6



本当に少数派の意見は間違っているのか


物語は、そのマイノリティ・リポートを糸口として、「プリコグ」システムを崩壊へと導いていく…。

ここで、スピルバーグ監督が描きたいのは、「少数派の意見を抹殺しようとする世の中」への批判だ。

というのも、そもそもスピルバーグ監督自身がユダヤ人であり、マイノリティである。



長い長い歴史の中で、常に批判と偏見にさらされてきたユダヤ人は、世界で最も優秀な人種と言われながら、数多くの人々が抹殺されてきた。

そんなユダヤ人の彼にとって、「マイノリティ・リポート」は決して他人事ではない

世の中は「民主主義」という大義の元、何事も「多数決」で多数派の意見を尊重する風潮がある。



しかし、本当に「多数派の意見」が正しいのか

もしかしたら、少数派の意見が正しいこともあるのではないか

そう映画は問いかけている。



何事も少数派の意見を無視し、多数派の意見に沿って動けば、とんでもない間違えを起こすことがあるのではないか

もっと少数派の意見を尊重し、議論をし尽すことが必要なのではないか。

確かに、スピルバーグが訴えたいことも一理あるなと思わされる映画だった。



マイノリティ・リポート5



主演はトム・クルーズ


主役の犯罪予防局のチーフ、ジョンを演じるのはトム・クルーズ

繊細な感情表現を必要としないアクション満載のSFには、これ以上ないキャスティングであり、自分の主義主張を世界に訴えたいスピルバーグにとっても、これほど都合の良いスターはいない。

オープニングからラストまで、ひたすら「走る!走る!」トム・クルーズのアクションは必見ものだと思う。



マイノリティ・リポート3



されどスピルバーグ印のエンターテイメント


世の中は、どんどん便利になる一方で、あらゆる個人情報が国や企業に握られ、少数派の意見はどんどん抹殺されるようになるのではないか

というスピルバーグからの警笛のような映画だった。



まぁ、そんな小難しいことは考えずに、ただのエンターテイメント!!だと思って楽しもうと思えば、それはそれで楽しめちゃう!!っていうのも、また世界のスピルバーグらしいところ

私は、網膜センサーのスパイダーと巻貝みたいなパトカーがすごく気になったな。

あぁいうの見てると、未来って楽しそうだなぁて思っちゃうんだよね。

そんな楽観的なのも、良いんじゃないかな。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「マイノリティ・リポート」

マイノリティ・リポート [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,000から
(2018/6/4 14:28時点)



ネット配信で観る:「マイノリティ・リポート」(字幕版)

マイノリティ・リポート (字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2018/6/4 14:29時点)



「マイノリティ・リポート」パンフレット(中古)の販売をしています




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演の映画「ザ・エージェント」をWOWOWで観た。

大手スポーツエージェント会社に勤めていたジェリー・マグワイアが、会社をクビになったことからフリーになり、再び一流エージェントとして成功するまでを描くサクセスストーリー。


満足度 評価】:★★★★☆

先日、「レゴバットマン ザ・ムービー」を観た時に、この映画のワンシーンが出ていた。

でもその時は、話の内容をすっかり忘れており、「なぜ、ここで『ザ・エージェント』なのか」という理由がイマイチピンと来なかった。

そしたら、都合よくWOWOWで放送していたので、久しぶりに観てみた。

結局のところ、よくある自己啓発本をそのまま映画化したような作品。

話の軸を「ビジネス」よりも「愛情」に置いているところが、アメリカ流だなと思った。

しかし、それはそれで、観ているとポジティブな気分になってやる気が出てくるのが、この映画の良いところだなと思った。


「ザ・エージェント」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:JERRY MAGUIRE)




ネット配信で観る:「ザ・エ-ジェント」(字幕版)

ザ・エ-ジェント (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/24 01:23時点)



DVDで観る:「ザ・エージェント」

ザ・エージェント (1枚組) [DVD]

新品価格
¥975から
(2017/4/18 00:07時点)



キャスト&スタッフ


出演者

トム・クルーズ
…(「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」、「バリー・シール/アメリカをはめた男」、「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」、「m:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3」、「アウトロー」、「コラテラル」、「大いなる陰謀」、「ザ・ファーム 法律事務所」、「ワルキューレ」、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「マイノリティ・リポート」など)

レニー・ゼルウィガー
…(「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」、「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月」、「ブリジット・ジョーンズの日記」、「砂上の法廷」、「ふたりの男とひとりの女」、「母の眠り」など)

キューバ・グッディング・Jr
…(「アウトブレイク」、ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー<O・J・シンプソン事件>」など)

〇ケリー・プレストン

〇ボニー・ハント

…(「ビール・ストリートの恋人たち」など)

〇ボー・ブリッジス

監督・脚本

〇キャメロン・クロウ
…(「あの頃ペニー・レインと」など)


1996年制作 アメリカ映画

第69回アカデミー賞(1997年) 助演男優賞(キューバ・グッディング・Jr)受賞作品

映画「ザ・エージェント」



あらすじ


一流スポーツエージェント事務所に勤務するジェリー・マグワイア(トム・クルーズ)は、現在の事務所の運営方法では、クライアントであるスポーツ選手たちへのケアが十分にできないと感じ、クライアントを減らし、マネージメントを充実させるという構造改革の提案書を全社員に配る。

しかし、その提案を受け入れられない事務所側はジェリーを解雇してしまう。

解雇されたジェリーは、彼と共に事務所を出る社員を募るが彼の意見が正しいと信じついてきてくれたのは、事務員のドロシー(レニー・ゼルウィガー)のみだった。

そして、ジェリーが担当していたスポーツ選手たちも続々と事務所側に回り、唯一、フットボール選手のロッド(キューバ・グッディング・Jr)のみが彼を信じ、ジェリーはたった一人の事務員と、クライアントからスタートすることとなった。


映画「ザ・エージェント」トム・クルーズ



感想(ネタバレあり)


トム・クルーズ演じるスポーツエージェントのジェリー・マグワイアが、大手事務所を辞めて、独立し、成功するまでが描かれている。

久しぶりに観たら、20年の前に観た時よりもずっと面白くて、感動した。

映画の中が前向きになれるパワーに溢れていて、すごく元気になれる映画だった。

日々の仕事に疲弊していて、「私は(俺は)このままで良いのかなぁ」と日々感じているビジネスマンもきっと共感できるはず。

ここでは、「どのようにして、ジェリー・マグワイアが成功することができたのか」について4つのステップに分けて紹介する。

映画「ザ・エージェント」トム・クルーズ



ステップ1 今の生活に疑問を持ってみる。『本当にこのままで良いのか』


物語は、主人公のジェリー・マグワイアが今の満ち足りた生活に疑問を投げかけるところからスタートする。

「本当にこのままで良いのか。どこか間違っているのではないか」

全米一のスポーツエージェント事務所に所属し、クライアントは花形スターたち。

私生活も問題ない。

しかし、「本当にクライアントが望むマネージメントができているのか」と考えてみると、金儲けに必死になるあまり、選手1人1人に対するケアがおろそかになっているのではないか…と思い始める。

そこで彼は、事務所の構造改革に関する提案書を作成する。

今よりもクライアントを減らし、1人1人へのサービスをもっと充実させる。

その結果、クライアントに満足のいく結果を出してもらうようなマネージメントシステムにする。

といった内容の提案書だった。

ここでのポイントは、「順調な毎日に疑問を持つこと」と「思ったことは即実行すること」だ。

人は安定した毎日を望むため、つい順調な毎日にあぐらをかいてしまう。

しかし、そのままでは成長できない。

常に疑問を持ち、次のステップを考えることが成長につながっていく。

夜中に改革案を思いついたジェリーは、一気に提案書を書き上げて、全社員に配った。

しかし、結果は惨敗。

「クライアントを減らす」という提案が気に入らない上層部の判断により、ジェリーの提案書が却下されるどころか、解雇されてしまう。

解雇はやりすぎで、いささか映画的な展開のような気もするが、社員の意見に耳も貸さないような会社にいても無駄だ。

むしろ解雇されてラッキーだと思うべし。



映画「ザ・エージェント」キューバ・グッディング・Jr、トム・クルーズ



ステップ2 自分を信じてくれる人を味方にしろ


大手の会社を解雇されてしまったジェリー。

それならば自分一人でスポーツエージェントとして独立しようと、共に働いてくれる人を募集する。

しかし、そこで手を挙げたのは、シングルマザーのドロシーだけだった。

さらに、それまで彼がサポートしてきたクライアントたち(スポーツ界の花形選手たち)もみな、ジェリーから続々と離れていき、結局残ったのは、アメフト界ではトップ選手とはいえないロッドだけだった。

これは、ジェリーにとっての初めての挫折であり、試練となった。

残念ながら、世の中、多くの人たちが安定した生活を好むもので、自ら喜んで清水の舞台から飛び降りる人などいない。

とはいえ、ジェリー側から見れば、この周りの反応は彼に対するリトマス試験紙のようなもの。

この時、どん底にいた彼に親身になってくれた人は、生涯、彼にとって味方となり、今まで好印象だった人が手のひらを返したように態度を変えたのなら、その人の本性が見えたことになる。

たとえ、ドロシーがただの事務員で、ロッドが花形スターではなくても、「彼のことを信じてくれた」という気持ちが大切なのだ。

仕事だけができても彼の信念を信じていない人なんかより、ずっと力になってくれる存在だ。

どんなに成功した人間でも、本当に親身になって味方してくれる人はほんのわずか。

これはジェリーにとって、周りの人間をふるいにかけ、「本当の味方は誰か」を選別する良い機会だったと思えば良い。


映画「ザ・エージェント」トム・クルーズ、レニー・ゼルウィガー



ステップ3 たとえ失敗しても信じた道を進むのみ


そうして、クライアント1名、事務員1名の個人事務所として独立したジェリー。

私生活もまた惨敗で、それまで付き合ってきた恋人が、彼を「負け犬」と呼び、目の前から去っていった。

これはジェリーにとって人生で一番のどん底だった。

しかし、それでも、前進あるのみ。

目の前にいるロッドが「Show me the money!!」と言うのなら、エージェントとして彼の希望と叶えなければならない。

ただ、ひたすらにそこに集中するしかない。

なぜなら、「現状を打破したい」と思って、新たな道を提示したのはジェリーであり、彼の思いに共感し、彼についてきたドロシーとロッドのためにも、ジェリーは働き続けなければならない責任がある。

責任とは、人を一回りも二回りも大きくするものなのだ。

その責任に押しつぶされず、前を向いて動き続けた人間こそ、成功することができる。

これは、ジェリーだけでなく、どんな仕事でも言えること。

仕事に失敗してしまったから、上手くいかないからと言って、立ち止まってはいけない。

自分が立ち止まっている間に、時代はどんどん動いている。

もちろん、ライバルたちもどんどん動いている。

立ち止まったりしたら、その瞬間に周りから追い抜かされていくだけだ。

だから、目の前にあってできることを1つ1つ実行していくしか生きる道はない。


映画「ザ・エージェント」キューバ・グッディング・Jr



ステップ4 仕事ばかりじゃなく、私生活も充実させること


これまでの華やかな生活から、一気に落ちてしまったジェリー・マグワイア。

「なんとかしなきゃいけない」という焦りからか、仕事のことばかり考えるようになり、私生活をおろそかにしてしまう。

この映画の中で、一番心に残るセリフは

「心が空っぽな人間は、頭の中も空っぽである」

という一言だった。

この辺の考え方が、非常にアメリカらしいなと思いつつ、充実した人生っていうのは、仕事も私生活も両方とも充実してこそ。

やりがいのある仕事に夢中になって必死になることももちろん大切。

でも、仕事で成功した時や、嬉しいことがあった時は、心から喜び合える人に側にいて欲しいと思うもの。

この映画のラスト。ロッドが劇的なタッチダウンを決めた時。

マスコミが一斉にロッドに注目した時、ロッドと共にジェリーの株も上がる。

しかし、その時、一緒に喜んでくれる人、ジェリーにとってはドロシーが側にいてくれなければ、人生は空しいだけじゃないのか。

そこでジェリーは、充実した私生活があってこそ、仕事を達成させる喜びがあるんだと悟る。

ジェリーがドロシーに送った言葉。

「君が僕を完璧にする」

これは、どんなに仕事ができても、愛がなければ完璧ではないとジェリーが悟ったセリフである。

「自分の人生を愛し、家族も愛すること」

これが、この映画が最も伝えたかったメッセージ。

仕事がうまくいった時は、誰かに話を聞いてもらいたいし、聞いてもらってこそ、さらにその上を目指せるのだと思う。

人生、仕事だけしていても、心は空しいものなのだ。



全部見終わって、「レゴバットマン ザ・ムービー」の中で、なぜ、この映画が2回も流れたのか、意味が良くわかった。

しかし、その話は「レゴバットマン ザ・ムービー」の方に書こうと思う。

もし、まだ、「レゴバットマン ザ・ムービー」を観ていないなら、この映画の記憶があるうちに観ることをおススメする。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ザ・エ-ジェント」(字幕版)

ザ・エ-ジェント (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/24 01:23時点)



DVDで観る:「ザ・エージェント」

ザ・エージェント (1枚組) [DVD]

新品価格
¥975から
(2017/4/18 00:07時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演のヒット作「アウトロー」の続編で、11月11日に公開予定の新作映画「ジャック・リーチャー Never Go Back」の予告編を観た。

かつて米軍で腕利きの捜査官。今は1人彷徨う一匹オオカミのジャック・リーチャーが、悪と戦うシリーズの第2弾。

【観たい度】:★★★★☆

この映画に期待したいのは、アメリカでベストセラーのハードボイルド小説「Never Go Back」が原作になっているということ。

ベストセラーに忠実作られれば、面白い作品になるはず!!

「ジャック・リーチャー Never Go Back」予告編 動画

(原題:Jack Reacher: Never Go Back)




予習はこちらから!シリーズ第一作「アウトロー」

アウトロー [Blu-ray]

新品価格
¥780から
(2016/6/26 22:27時点)



原作本「Never Go Back」【洋書】

Never Go Back (with bonus novella High Heat): A Jack Reacher Novel

新品価格
¥700から
(2016/6/26 22:39時点)



ジャック・リーチャーの過去が明らかに!?


予告編を見る限り、相変わらず警察にも軍隊にもFBIにもどこの組織にも属さない一匹オオカミのジャック・リーチャーが悪と戦うお話のよう。

アメリカの映画データベースIMDbの「ジャック・リーチャー Never Go Back」ページによると、この映画の概要は、

「Jack Reacher returns to the headquarters of his old unit, only to find out he's now accused of a 16-year-old homicide. 」

と書かれている。

直訳すると、

ジャック・リーチャーは、16年前に起きた殺人事件について問われている件を調査するために、かつての古巣に戻った」

そんな内容らしい。

ほぉぉぉぉぉ。

ということは、「アウトロー」では描かれなかった彼の過去についての話になるんだね。

なるほど。それは面白そうだ。


ジャック・リーチャーnevergoback2

主演、監督は「ラスト・サムライ」コンビ


主役のジャック・リーチャーを演じるのは、もちろんトム・クルーズ

予告編を見る限り、今回もキレのあるアクションは健在。

そして、共演は、「アベンジャーズ」シリーズに出演しているコビー・スマルダーズ

監督は、「ディファイアンス」、「ブラッド・ダイアモンド」、「ラスト・サムライ」のエドワード・ズウィック

日本公開は11月11日の予定。

ジャック・リーチャーnevergoback



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





予習はこちらから!シリーズ第一作「アウトロー」

アウトロー [Blu-ray]

新品価格
¥780から
(2016/6/26 22:27時点)



原作本「Never Go Back」【洋書】

Never Go Back (with bonus novella High Heat): A Jack Reacher Novel

新品価格
¥700から
(2016/6/26 22:39時点)

















 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス主演の映画「コラテラル」をWOWOWで観た。

暗殺者にカージャックされてしまったタクシー運転手のついてない一夜。

満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

トム・クルーズ出演作の中では割と好きな作品。冷酷で全く感情のない暗殺者と、真面目で人情あふれるタクシー運転手の対比が良い。トム・クルーズがとにかく怖い。

出演トム・クルーズジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット・スミス、マーク・ラファロハビエル・バルデム

監督:マイケル・マン 2004年製作 アメリカ映画


「コラテラル」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:COLLATERAL)




「コラテラル」スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2016/6/25 00:00時点)



あらすじ


LAのタクシー運転手マックス(ジェイミー・フォックス)は、夜のシフトを担当し、LAで一晩中タクシーを走らせている。

ある日、1人目の客が地方検事のアニー(ジェイダ・ピンケット・スミス)で、仕事のことで落ち込んでいる彼女を励ますと、「何か相談してほしいことがあったら連絡して」と名刺を置いていった。

美しい彼女から恥ずかし気に渡されたその名刺を見ながら、「今日は、一日良い気分で仕事ができそうだ」と思った時、アニーと入れ替わりで乗ってきたのは殺し屋のヴィンセント(トム・クルーズ)だった。

そしてその瞬間から、ヴィンセントの最もついていない一日がスタートした。

コラテラル




コラテラル5


感想(ネタバレあり) たまたま暗殺者を乗せてしまったツイてないタクシー運転手


電車やバスに乗った時、たまたま隣に乗り合わせた人が、「もしも人殺しだったらどうしよう…」と思うことがある。

たまたま隣に座った若い男子が、何気ない顔をして痴漢をするように、凶悪な殺人犯もこの映画に登場するヴィンセントのように、普段は普通のサラリーマン風の人に違いないと思っているからだ。

ビジネススーツを着て、キチンと磨かれた革靴を履き、ブリーフケースを持って歩いている。

どこにでもいる人と同じように。

そのどこにでもいる普通の人が、凶悪犯だったり、殺人犯だと知ったら、急に緊張感が増すし、電車に乗っていると分かれば、車両を変えるに違いない。

タクシー運転手のマックスも、きっと始めはヴィンセントをただのビジネスマンだと思ったはず。

どこからかLAに出張してきて、何人か友達に会って帰る。

そのために一晩貸し切りにして欲しいと言う。

まさか、暗殺者だとは思っていなかった。

この映画の面白さは、その「とても真面目な普通の人」が、ある日突然「殺人犯と遭遇してしまった恐怖体験」にある


コラテラル2

リアルな恐怖感


マックスの視線が観客の視線と合うように作られているのが、この映画の面白さだ。

上からタクシーの上に人が落ちてくれば腰を抜かし、ヴィンセントに銃を向けられ脅されれば、黙って言ううことを聞いてしまう。

うまくやれば、何度も逃げ出すチャンスがあったはずなのに、要領が悪くてうまく逃げ出すことができない。

彼の行動は、観客の「私だったらこうするだろうな」の範囲を超えることがない。

「ダイ・ハード」のように事件に巻きこまれたおっさんが暗殺者と戦って、相手をのしてしまうようなことはしない。

現実は、「ダイ・ハード」のようにうまくいかないからだ。

あくまでも「小市民が暗殺者と出会ったら」という前提で、物語は進行していく

だから、観客はつねにマックスに同情し、彼の行動に一喜一憂し、ドキドキしてしまう

そして、「お願いだからマックスだけは助けてあげて」と、ヴィンセントに懇願するようになる。

コラテラル6

暗殺者は人間離れしているのか


その一方で、暗殺者のヴィンセントは、かなり浮世離れした存在として描かれている。

まず、感情がない。

ただひたすらに、標的を殺すことだけに集中している。

いわば、プロフェッショナルの暗殺者だ。

そのヴィンセントに対するマックスの質問に思わずうなずいてしまった。

どうやったら、あんたみたいに人を簡単に殺すことができるんだ??

その質問に対しヴィンセントは何も答えなかった。

しかし、マックスがプロのタクシー運転手として誇りを持って仕事をしているように、ヴィンセントは職業として暗殺者を選んだまでのように見えた。

彼にとっては、それが最もお金を稼げる手段であり、もっとも性に合った職業だと

この辺の、ヴィンセントが暗殺者として覚悟して生きている様と、コツコツ地味に、日々夢を持って生きている小市民マックスの対比が非常に面白かった。

コラテラル7

ジェイミー・フォックスとトム・クルーズの一騎打ち


タクシー運転手のマックスを演じるのは、ジェイミー・フォックス

初めはおどおどしていたところから、徐々に腹が座ってきて、最後はアニーを守るのに必死になる小市民っぷりがすごく良かった。

ジェイミー・フォックスの他の出演作は「ベイビー・ドライバー」、「アニー」、「Ray/レイ」など

コラテラル4


マックスのタクシーに乗り合わせる暗殺者ヴィンセントを演じたのはトム・クルーズ

トム・クルーズも演出次第でこんなに変わるんだよという代表作のようなこの作品。

いつものキレキレのアクションを生かし、無表情のまま次から次へと人を殺していく暗殺者ヴィンセントは、本当に怖かった。

個人的に、トム・クルーズ出演作の中では、この「コラテラル」は好きな方の作品。

他の出演作には、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」、「バリー・シール/アメリカをはめた男」、「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」、「大いなる陰謀」、「ザ・ファーム 法律事務所」、「ワルキューレ」、「ミッション・インポッシブル」シリーズ、「オール・ユー・ニード・イズ・キル


コラテラル3

生きていることに幸せを感じる朝


結局のところ、真面目な小市民マックスは、凶悪な暗殺者に勝つんだけれども、一晩2人で過ごしたマックスとヴィンセントの間には、友情では無いけど、それに近いような心の交流が合ったように思う

だから、マックスがヴィンセントを打ち負かしても「やったー」という気分にはなれず、なんだか、スッキリしない気分のまま終了する。

救いはマックスもアニーも無事だったこと。

アニーが検事で、マックスへの嫌疑が晴れたこと。

生きて平和な朝を迎えられたこと。

最後まで見応えのある面白い映画だった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「コラテラル」スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2016/6/25 00:00時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演の映画「アウトロー」をNHK BSプレミアムで観た。

かつて陸軍兵で腕利きだった捜査官ジャック・リーチャーが、ある銃乱射事件にまつわる陰謀を暴く。

満足度 評価】:★★★☆☆

陸軍出身、腕利きの捜査官ジャック・リーチャーっていうわりに、事件は小ぶりで、あまり迫力がなかった印象だった。それでも、トム・クルーズのキレのあるアクションシーンは見応えあり。

出演トム・クルーズロザムンド・パイクリチャード・ジェンキンスロバート・デュバル、ヴェルナー・ヘルツォーク、デヴィッド・オイェオウォ、ジェイ・コートニー

監督クリストファー・マッカリー 2012年製作 アメリカ映画

「アウトロー」予告編 動画

(原題:JACK REACHER)




「アウトロー」 Blu-ray

アウトロー [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2016/6/23 23:26時点)



原作本「アウトロー」 上

アウトロー 上 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:38時点)



原作本「アウトロー」 下

アウトロー 下 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:40時点)



あらすじ


一般市民6人を無差別に殺害した銃乱射事件。

元兵士が容疑者として逮捕されるが、彼は事件について語ろうとせず、唯一要求したのは「ジャック・リーチャーを呼んでくれ」の一言だった。

ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)は、かつて陸軍で活躍した捜査官で、華々しい軍歴がありながら退役した人物で、その後の足取りがつかめていなかった。

そこへ、テレビのニュースでこの件を知ったジャック本人が、捜査本部に現れたのだが…。


アウトロー



アウトロー4


感想(ネタバレあり) トム・クルーズが謎の男??


果たして…。この映画は何を語りたかったのか。

「謎の男。ジャック・リーチャー」なのか、それとも「ジャック・リーチャーが巻きこまれた陰謀」なのか。

どっちつかずのまま、中途半端な形で終わってしまったように思う。

ジャック・リーチャーは、陸軍出身の腕利き捜査官。

華々しい軍歴がありながら、ある日突然退役し、姿を消してしまう。

その謎の男が、容疑者に指名されると、また突然に姿を現す。

「彼は一体何者なのか」について、多くは語られない。

しかし、残念ながら、このジャック・リーチャーにそんな想像もつかないような過去があった「陰のある人」のようには見えない

これは、「トム・クルーズが『つかみどころのない陰のある謎の男』に見えない」ってことに尽きるように思う。

この映画はすごくスケールは小さくなるけど、「『ミッション・インポッシブル』の新シリーズだよ」って言われたら、そう見えなくもない。

私からすると、例えばリーアム・ニーソンのような俳優が演じたらしっくりくるんじゃないかな~と思った。

アウトロー3

背筋の凍るような陰謀が欲しかった…


そして、もう一つの問題は、「ちっぽけな陰謀」だった。

元陸軍のエリートを巻きこんで、アメリカの政治を覆すような陰謀が…っていうのならまだしも、「地元の小さな会社を欲しかっただけ」っていうスケールの小ささにがっかり。

そんな大勢の人を巻きこんでの銃乱射事件なんか起こさなくたって、手に入れることはできたのでは??

そもそも、その会社が欲しいっていう理由がイマイチ伝わりづらかったんだよね。

本当は原作には、もっとそれなりの理由が描かれていたんじゃないだろうか。

ところが、映画はジャック・リーチャーを描くことに力を注ぎすぎて、その陰謀の方に時間が割けなかったんじゃないだろうか。

もっと背筋が凍るような理由あってこその陰謀だし、そこがサスペンスの面白さなので、その辺の見せ方をもっと丁寧にして欲しかった

アウトロー5

さすが、トム・クルーズのアクションはピカイチ


その中で、この映画でも「面白い」と思えたのは、トム・クルーズのキレのあるアクションシーンだった。

バーで5人の男に囲まても、手際よく倒していくシーンはすごく見応えあった。

しかし、最後の最後に、敵(ジェイ・コートニー)と向かい合った時、それまで散々、銃を乱射してきたにも関わらず、素手で闘うっていうは、ありがちなヒーロー的アクション映画の結末を観ているようでしらける。

なんだ。やっぱり、トム・クルーズをヒーローにしたかっただけの映画なんだなと思った。

ラスボス(ヴェルナー・ヘルツォーク)を殺してしまったのも、意味がよく分からなかった。

あのラスボスは、結局、何者だったんだ??

アウトロー2

続編への期待


ということで、なんだか批判とモヤモヤの多い感想になってしまった。

トム・クルーズ程の人になると、出演作があまりにも多すぎて、似たような役を演じると、全て同じように見えてしまう。

この「アウトロー」も、近々続編が公開されるという。

それならば、「ジャック・リーチャー」にしかできない「何か」個性をつけないと、他の映画と並列して埋没してしまう

なぜ、トム・クルーズがジャック・リーチャーをやるのか

その位置づけをキチンと考えた続編を期待している。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「アウトロー」 Blu-ray

アウトロー [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2016/6/23 23:26時点)



原作本「アウトロー」 上

アウトロー 上 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:38時点)



原作本「アウトロー」 下

アウトロー 下 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:40時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ロバート・レッドフォード主演、監督の映画「大いなる陰謀」をWOWOWで観た。

アメリカの行く末を憂う大学教授とジャーナリスト。彼らの憂いの裏にある大きな陰謀とは…。



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

本当はもっと言いたいことがあるのに、言えないまま終了してしまったような不完全燃焼な映画だった。



「大いなる陰謀」予告編 動画

(原題:LIONS FOR LAMBS)




DVDで観る:「大いなる陰謀」<特別編>

大いなる陰謀<特別編> [DVD]

新品価格
¥1,071から
(2016/6/19 00:41時点)



ネット配信で観る:「大いなる陰謀」(字幕版)

大いなる陰謀(字幕版)





キャスト&スタッフ


出演者





監督



2007年製作 アメリカ映画



あらすじ


アメリカで将来有望と言われているアーヴィング上院議員(トム・クルーズ)は、1時間だけという約束でリベラル派のベテランジャーナリストであるジャニーン・ロス記者(メリル・ストリープ)を呼び出す。

彼は、彼女に独占インタビューを提案し、その代わり、彼の主導で現在アフガニスタンで起きているテロとの闘いでの作戦を報道して欲しいと言う。

現実のアフガニスタンでは、その彼が計画した穴だらけの作戦のために、2人の若者が犠牲になろうとしていた。

その2人の若者は、政治学を教えるマレー教授(ロバート・レッドフォード)の将来有望な生徒たちだった…。



大いなる陰謀



感想(ネタバレあり)


今の学生を観て憂う


「アメリカに何の利益ももたらさないこんな戦争は、今すぐ止めるべきだ」と言いたいところが、すごく遠回りしてしまい、結局伝わりづらいものになってしまったような印象を受ける。

ハリウッドでもリベラル派で知られるレッドフォードが、アメリカの行く末を憂いて描いた作品。

そのレッドフォードの代弁者として登場するのが、2人のベテラン。

そのうちの1人は、大学で政治学を教えるマレー教授。

若い頃に反戦運動をしていた彼は、大学教授として論文を書き、この世界を変えようとかつては夢見ていた。

しかし、その夢も叶わず、学生たちを観れば、世の中を変えようと思っている若者(アニーとアーリアン)が戦場へ行き、無駄に命を落とし、世の中に無関心な学生たちは、何もせずにただ生き永らえようとしている。

その現実を変えようと思っていた矢先、彼の元に訃報が届いてしまう。

自分は若い頃、反戦運動をしていたから、今の若者たちにも、もっと政治に興味を持って欲しいという気持ちは分かる

でも、だったら、彼の行っている授業を変える必要があって、そんな学生を産んだのは、先生にも責任があるんじゃないかと思う。

その中でも優秀な学生を1人選んで、そこから突破口をと思うのは、あまりにも時間がかかるやり方なのではないかな。



大いなる陰謀4



今の政治家を観て憂う


アメリカの行く末を憂うのは、もう1人。

リベラル派のジャーナリスト、ジャニーン・ロス記者。

彼女が、かつて、「共和党期待の星」と名付けたアーヴィング上院議員に呼び出され、机上でしか戦争を知らない彼が始めた作戦を報道するよう迫られる。

現地で、何が起きているのか知る由もないジャニーンは、アーヴィングの言う通りに報道するしか手立てがないが、本当にそれでいいのかと自分に問う。

恐らく、監督のレッドフォードは、ここで、今のジャーナリストの姿勢を描きたかったのだと思う。

米軍や議会が提供する情報をうのみにして、そのまま垂れ流して報道することが、本当のジャーナリズムなのか

現地で何が行われているのか、裏をとって描くのがジャーリズムではないのか。

それは、アメリカだけでなく、日本でもよく見られる光景なので、伝えたい気持ちはよく分かる。

でも、しかし、これまた遠回りでちょっと分かりづらい。

もっと、ジャニーンとアーヴィングが対立するぐらいの力強さや、勢いがあっても良かったように思う



大いなる陰謀6



出演者は、ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ


主人公のマレー教授を演じるのは、ロバート・レッドフォード

監督も兼任。

リベラル派で知られる彼が、2007年当時のアフガニスタンでの戦争を否定したい気持ちは分かるが、イマイチ、心に響かないのが残念なところ。



大いなる陰謀3



ベテランのリベラル派ジャーナリスト、ジャニーン・ロス記者を演じるのは、メリル・ストリープ

彼女もまた、ハリウッドの中ではリベラル派で知られているので、納得のキャスティング。

作戦の裏にある真実を暴きたくて悶える姿は圧倒的だけど、彼女からしたら、まるで子供みたいなアーヴィング上院議員を論破するようなシーンがあっても良かったように思う。



大いなる陰謀5



そして、将来有望な共和党のホープとして登場するアーヴィング上院議員を演じるのは、トム・クルーズ

これは、共和党の若手のホープと言われる人間は上っ面だけで、中身が無いっていうのが言いたいがためのトム・クルーズのキャスティングかな??としか思えなかった。

でも、しかしよく一対一でメリル・ストリープと対面する役を引き受けたなと思った。

その勇気だけでも、素晴らしい。



大いなる陰謀2



この先、どこへ向かうべきなのか


この映画は、ロバート・レッドフォードが現状を憂う映画だ。

では、ここからどこへ向かうべきかや、若者たちは何をすべきかという提案が何一つない。

となると、これでは、お年寄りの愚痴で終わってしまう。

ベトナム戦争の頃は、兵役があった。

当時の若者たちは、国に働きかけ兵役はなくなった。

戦争が起きると、志願兵(ボランティア)を募ることになるが、政治に対する意識が高く、また貧しい暮らしをしている若者こそが志願兵で命を落としていく。

では、彼らはどうするべきなのか。

成績優秀だからと、国が優遇すべきなのか。

だから戦争をなくすべきなのか。

ロバート・レッドフォードの答えは、ここには無いが、何よりアメリカが他国に介入するような戦争は、もうやめるべきだと私は思う。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「大いなる陰謀」<特別編> DVD

大いなる陰謀<特別編> [DVD]

新品価格
¥1,071から
(2016/6/19 00:41時点)



ネット配信で観る:「大いなる陰謀」(字幕版)

大いなる陰謀(字幕版)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック