とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:トーマス・クレッチマン



韓国映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」を試写会で観た。

1980年に韓国で起きた光州事件を取材し、真相を世界に広めたドイツ人ジャーナリスト ピーターと彼の運転手をしたタクシー運転手 マンソプの2日間を実話を元に描く。


満足度 評価】:★★★★★

前半はほのぼの、後半は号泣。

現実社会における真のヒーローとは、武器も持たず、特殊な能力を持たず、真実と正義のために命をかけられる人のことを言うのだと思い知らされた映画だった。

また、主人公のマンソプが最後の最後まで「ただのタクシー運転手」を貫き通したのも良かった。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「タクシー運転手 約束は海を越えて」予告編 動画

(原題:택시 운전사/英題:A Taxi Driver)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年4月8日 試写会で観た感想を掲載。

・2019年6月2日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


ネット配信で観る:「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」(字幕版)

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~(字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/4/6 01:58時点)



DVDで観る:「タクシー運転手 約束は海を越えて」

タクシー運転手 約束は海を越えて [DVD]

新品価格
¥2,873から
(2019/4/6 01:59時点)



参考:増補 光州事件で読む現代韓国

増補 光州事件で読む現代韓国

新品価格
¥3,024から
(2018/4/8 11:06時点)




キャスト&スタッフ


出演者

ソン・ガンホ
…(「密偵」、「王の運命(さだめ)歴史を変えた八日間」、「観相師-かんそうし-」など)

トーマス・クレッチマン
…(「ヒトラー~最後の12日間~」、「ワルキューレ」など)

ユ・ヘジン
…(「1987、ある闘いの真実」、「コンフィデンシャル/共助」、「LUCK-KEY/ラッキー」、「国選弁護人 ユン・ジンウォン」、「あいつだ」、「極秘捜査」など)

リュ・ジュンヨル
…(「沈黙、愛」、「ザ・キング」、「奴隷の島、消えた人々」など)


監督

〇チャン・フン


2017年製作 韓国映画



映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」




あらすじ


1980年5月、韓国では独裁政権が続き、戒厳令が行使されていた。

そのため、自由化を求めるデモが各地で起き、光州では軍部による制圧で無実の市民が殺されるという事態が発生していた。

その話を東京で聞いたドイツ人ジャーナリストのピーター(トーマス・クレッチマン)は、取材のためにソウルから光州までタクシーで向かおうとしていた。

運転手のマンソプはお金のためにピーターの運転手を買って出て、「外出禁止時間までに帰ってくる」という約束で、往復10万ウォンで請け負う。

それは、マンソプにとって「楽勝の仕事」のはずだった…。



映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」ソン・ガンホ



感想(ネタバレあり)


ドイツ人ジャーナリスト ピーターとお金が欲しいタクシー運転手 マンソプ


前半はほのぼのした雰囲気で、相変わらずすっとぼけたソン・ガンホ 演じるマンソプを笑いながら観ていた。

ところが、中盤にピーターを乗せたタクシーが光州に差し掛かると、一気に空気が緊迫し、後半に光州の中心地へ入ると、恐怖と感動の両方で号泣し、涙が止まらない作品だった



この映画がすごいなと思うのは、実話を元にして描かれているということ。

もちろん、多少の脚色はあるだろうが、それでも、この時、これほど勇気を持って正義のために戦っていた人たちがいたのかという事実に胸が熱くなる作品である。



1980年 5月、韓国では独裁政権による戒厳令が行使されていた。

韓国各地で自由を求める市民たちによるデモが行われ、軍が制圧に向かうが、光州では軍と市民の衝突で無実の市民が多数殺されていた。



ドイツ人ジャーナリストのピーターはその話を東京でジャーナリスト仲間から聞かされ、取材のために現地へ向かう。

そこで、運転手を買って出たのがマンソプだった。

その時、マンソプは光州でそんなことが起きていることなど知らず、生活が大変で、それが「楽にお金を稼げる仕事」だと思い、手を挙げたのだ。



それまでマンソプは「デモ行進など暇な学生がするもの」ぐらいにしか思っておらず、ソウルでは光州で起きていることなど、一切報道されていなかったのだ。

だから、彼は10万ウォンでソウルと光州を往復する仕事を「楽勝な仕事」だと思っていた。



映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」リュ・ジュンヨル、トーマス・クレッチマン



「暴徒化した市民」の心温まる歓迎


マンソプとピーターがその現実を知ったのは、通行止めを避けるために裏道を通り、山道を抜け、軍に遭遇すれば「外人のお客さんが光州に重要な書類を忘れちゃって」と適当な嘘をついて通行止めをすり抜け、ようやく光州の中心地に着いてからだった。



マンソプとピーターが光州に着いたとき、その様子は明らかにおかしかった

町には頭から血を流している人たちがいて、病院はけが人であふれ、軍人が市民をこん棒で殴っている姿を目撃する。



それを観たピーターはカメラを回し、マンソプはようやく状況を理解する。



その時、新聞やテレビでは「光州では市民が暴徒化し、軍人が殺される事件が発生」と報道されていた。

しかし、彼らが出会った光州の市民たちは、マンソプの車が壊れれば、自分たちのタクシーの部品を差し出し、ガソリンスタンドに行けば、買った分以上にサービスしてくれ、デモの取材に行けばおにぎりを分けてくれ、生活が貧しいにも関わらず、泊まっていきなさいといって、料理をごちそうしてくれる。

それは、日本の田舎町でも見られるような、都会から来た人たちにとても優しくて温かい歓迎をする市民の姿だった。



一体、どこに国が報道する「暴徒化した市民」がいるのか

とても心優しい彼らは、自分たちの自由を求めるために、デモ行進を行っていただけなのだ。



しかし、この映画は、「光州事件」について詳しく描かれているわけではなく、「その裏で起きていた真相」が描かれている作品である。

だから、もしも光州事件について知識がなければ、イ・ジュンギ主演の映画「光州 5・18」で予習しておくことをお勧めする。

光州5・18 スタンダード・エディション [DVD]

中古価格
¥2,700から
(2018/4/8 00:32時点)




映画「光州5・18」は、デモに参加した青年たちの運命を正面から描いたものであり、この映画「タクシー運転手」は、その裏で青年たちを必死になって助けようとした人たちと、それを命がけで報道した人たちの物語である。

韓国の人たちにとって、『光州事件』とはどんな事件だったか誰もが知っている話なので、その表側の事実をこの映画ではあまり詳しく描かない。

しかし、日本人の中には知らない人もいると思うので、ある程度の知識は持っておいた方が、よりこの映画を理解できると思う。



映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」リュ・ジュンヨル、トーマス・クレッチマン、ユ・ヘジン、ソン・ガンホ



ソウルから来たよそ者が市民とふれあい正義に目覚めていく


私が、この映画の中で最も感動し、号泣し、心に残ったのはユ・ヘジン演じる光州のタクシー運転手 テスルたちが、「軍に撃たれている市民たちを助けよう!」と言って、タクシーで向かっていった場面だった。



それまでマンソプは「ソウルから来たよそ者」だった。

離れた場所から軍人が市民を痛めつけている場面を眺め、「娘のために早く帰りたい。早くお金が欲しい」と思っていた。



しかし、ピーターと共に近くで凄惨な現場を目にし、光州の人たちから優しくされていくうちに、正義に目覚めていく

だから、その時マンソプはテスルの呼びかけに「俺も行く!」と言い出すのだ。



韓国軍が、無実の市民に銃口を向け一斉に銃撃しているところへ、彼らは「助けに行く」と言っているのだ。

この場面は思い出すだけで涙が出てくる。



そうして、彼らはその場にタクシーを乗り付け、タクシーを銃撃から市民を守る盾にして、まだ息のある市民を助けたのだ。

こういう出来事が本当にあったのかどうかはわからないけれど、この場面が示しているのは、光州の市民がそれぐらい命をかけて、撃たれている人たちを助けようとしていたということであり、その思いを凝縮して、あのタクシー運転手たちに投影させている



デモに参加した学生だけでなく、周りにいた光州の市民たちも政府軍から命がけで人を助けようと思い、なんとかピーターを空港に送り届けたいと思っていた

その思いが、テスルというキャラクターに凝縮されていたのだと思った。



映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」ユ・ヘジン、ソン・ガンホ



丸腰の心優しきヒーローたち


そんな光州の市民たちと、それを命がけで報道しようとしたピーターと、彼の運転手であるマンソプは市民を守ったヒーローだった。

彼らを見ていると、現実社会におけるヒーローとは、武器も持たず、特殊な能力も持たず、正義と真実のために命をかけることができる人のことを言うのだと思った。



そして、彼らは命がけで人々を助けながら、それが立派なことをしているという自覚はなく、当たり前のことをしたと思っている

そこがまた感動的だった。



マンソプもまた、最初から最後まで「ただのタクシー運転手」であることを貫き、ピーターは彼にとって「大事なお客様」であり、最後まで送り届けることだけを考えていた。

一度はピーターを置いて待っている娘のために帰ろうとしたけれど、それを思いとどまったのは、「タクシー運転手」としての任務を全うしようと思ったからだ。

もしもあの時、マンソプがそのまま光州に戻らなかったら、ピーターの動画は日の目を見ることはなかったかもしれない。



マンソプもまた、光州の市民を救ったヒーローのうちの一人である。



マンソプは、はじめは「金のために」引き受けた仕事だったにも関わらず、次第に正義に目覚めていく。

そのキャラクターはソン・ガンホが最も得意とする役どころであり、あまりにも自然に小市民っぷりを演じているものだから、その頼りなさに観ている側が手に汗握る作品になっている

やはり、彼は現在、韓国で最高の俳優だった。



つくづく、最近の韓国映画のクオリティは高いなと思いながら観た作品だった。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」(字幕版)

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~(字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/4/6 01:58時点)



DVDで観る:「タクシー運転手 約束は海を越えて」

タクシー運転手 約束は海を越えて [DVD]

新品価格
¥2,873から
(2019/4/6 01:59時点)



参考:増補 光州事件で読む現代韓国

増補 光州事件で読む現代韓国

新品価格
¥3,024から
(2018/4/8 11:06時点)



光州5・18 スタンダード・エディション [DVD]

中古価格
¥2,700から
(2018/4/8 00:32時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブルーノ・ガンツ主演の映画「ヒトラー~最期の12日間~」をNHK BSプレミアムで観た。

1945年4月のベルリン。地下要塞にこもっていたヒトラー。彼の秘書の視点から観た最期の12日間を描く。

満足度 評価】:★★★★☆

20世紀最悪の独裁者ヒトラーについて、その事実を描いたことにとても意義がある映画。

出演ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ララ、ユリアーネ・ケーラー、トーマス・クレッチマン

監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル 2004年製作 ドイツ・イタリア合作映画

「ヒトラー~最期の12日間~」予告編 動画

(原題:DER UNTERGANG /英題:DOWNFALL)




「ヒトラー ~最期の12日間~」Blu-ray

ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray

新品価格
¥1,391から
(2016/8/10 23:56時点)



原作本「ヒトラー 最期の12日間」

ヒトラー 最期の12日間

中古価格
¥298から
(2016/8/10 23:57時点)



あらすじ


特に熱心なナチ党員というわけでもない普通の女性トラウドゥルは、その好奇心から総帥ヒトラー(ブルーノ・ガンツ)の秘書に応募し、採用される。

それ以来、彼女が見てきたヒトラーについて、ベルリンがソ連に侵攻されてから最後の12日間が描かれる。

ヒトラー最後の12日間

感想(ネタバレあり) ヒトラーの最期って??


この映画で描かれるのは、まるでドキュメンタリー映画のようにリアルなヒトラーとその周辺にいるナチの姿。

特に、首都ベルリンがソ連に侵攻されてから、親衛隊と共に地下の要塞に潜った後の、最期の12日間が描かれる。

個人的にそれ程興味がないこともあり、ヒトラーがどんな最期を遂げたのか、私は全く知らない。

昔、中学ぐらいだったか、学校の授業で習った時は、「その死は謎に包まれている」だの「未だに死体が見つからない」だのそんな風に習った記憶があり、「どこか遠くへ逃げたのではないか」と、私は思っていた。

だから、この映画を観る際は、その「謎の死」についてどのように描かれているのかが私の興味の中心だった。

しかし、この映画を観てみると、そこには約1㎞先までソ連に攻め入られ、今にもドイツが完全に敗戦することに気付き、苛立ち、慌て、ヒステリーを起こしながら親衛隊に当たらり散らしている、1人の中年男の姿があった。


ヒトラー最後の12日間4

恐怖心にかられる小心者か…


その姿を見ていると、ヒトラーという人は、えらく小心者で、ドイツ以外の他国の多くを脅威に感じ、そのため、自分たち以外の人種を全て抹殺するという極端な思想に走ってしまった男に見えた。

その一方で、女性や子供には部下や親衛隊たちには見せない優しさや温かさを見せる一面もある。

もしかして、その彼の中の「他国、他人種に対する恐れ」のようなものがなかったなら、もっと違う指導者になれたのかもしれないなとさえ、思ってしまった。

実際、彼の都市計画の素晴らしさは未だに評価され(代表的な物にアウトバーンがある)、この映画の中でも、都市計画に対する夢を語るシーンがある。

その素晴らしい才能をもっと上手に使えれば、世界はもっと平和だったのにと思うとすごく残念だ。

ヒトラー最後の12日間2


その勝手なプライドのせいで…


しかし、結局、彼の恐怖心から来る独裁政権と民族浄化計画により、多くの無実な人の命を奪う犯罪人へと変貌してしまった。

そして、この映画で最も心に残るのは、「最後まで、自分が降伏するなんてあり得ない」という、彼のつまらないプライドだった。

もう、その何カ月も前に「この戦争は負け戦だ」と気付いていたはずで、もしもその時に降伏をしていれば、助かった命がたくさんあったという事実が非常に残念だ。

私たちは、そんな彼の最期の姿を見て、

「どんなに恐れられている独裁者も、最期に追い詰められれば、ただの気の小さい小市民と全く変わらない姿になる」

と学ぶことになる。


ヒトラー最後の12日間5

どんなに人間的に描かれても同情できない


そして、残念ながら、本人がどんなに小心者であろうと、女性と子供に対してどんなに優しい一面を見せようとも、この男に同情することはできない。

なぜなら、私たちは彼がどんなに極悪非道な人間なのかを知っているからだ。

だから、私にとって、最大の謎だった「彼の死に方」を知ったところで、「あぁそんな感じだったのかぁ」と思うしかない。

それは、彼の死に対して、気の毒だとか、悲しいとかいう感情がわかないからだ。


ヒトラー最後の12日間3


後世に伝えるために意義のある映画


正直な気持ちを言えば、この映画を「良い映画だった」と言っていいのか考えてしまう。

この映画を評価することは、ヒトラーそのものを評価しているような気分になってしまうからだ。

私がそんな気分になってしまうほどに、この映画はリアルでドキュメンタリー映画を観ているような気分になってしまう映画だった。

だから、「20世紀で最悪の独裁者とその親衛隊の末路を描いた」として、この映画はリアルで素晴らしかった。

また、今後もこの悲しい出来事を二度と繰り返さないためにも、この独裁者の最期を後世の人々に残すためにも意義のある映画だったと思う。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ヒトラー ~最期の12日間~」Blu-ray

ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray

新品価格
¥1,391から
(2016/8/10 23:56時点)



原作本「ヒトラー 最期の12日間」

ヒトラー 最期の12日間

中古価格
¥298から
(2016/8/10 23:57時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
トム・クルーズ主演の映画「ワルキューレ」を観た。

ナチスドイツ将校にいながらヒトラーの暗殺を企てたシュタウフェンベルグの実話を映画化。

ヒトラーを暗殺するために何をしたのか、それがどういう結果になったのかについては良く分かる映画だけど、その中でシュタウフェンベルグをはじめ、ヒトラー否定派の将校たちは、何を思い、何に葛藤していたのかが、中々伝わりにくい映画だった。

こういう歴史ものでは、史実を忠実に伝えることが第一なのは良く分かるけど、もっと人間らしさもあって良いと思った。


「ワルキューレ」予告編 動画

(原題:VALKYRIE)



「ワルキューレ」DVD

ワルキューレ [Blu-ray]

新品価格
¥3,405から
(2015/11/3 23:50時点)



シュタウフェンベルグについてもっと詳しく知りたくなったら

ヒトラーとシュタウフェンベルク家 ~「ワルキューレ」に賭けた一族の肖像

新品価格
¥3,456から
(2015/11/3 23:52時点)



あらすじ


1944年7月のナチスドイツ。

アフリカの前線で戦い負傷し、両手の一部と片目を失ったシュタウフェンベルグ(トム・クルーズ)は、ベルリン司令部での勤務となる。

そこで、オルブリヒト将軍(ビル・ナイ)に声をかけられ、ヒトラー暗殺計画に加わるよう声をかけられる。

そして、「ワルキューレ」という名前の暗殺計画を立てる

ワルキューレ


感想(ネタバレあり) ヒトラー暗殺計画・・・知らなかった


いや~、世の中には知らないことがいっぱいあるね(^^;

とても歴史に疎い私は、こんな暗殺計画があったことも、シュタウフェンベルグっていう、その後ドイツでは英雄になった将校がいたことも知らなかった。

だから、その事実を知れただけでも、観て良かったなぁと思う。

しかし、暗殺計画がうまくいかなかったことは、そんな歴史に疎い私でも知っている。

多分、世界中の人が、うまくいかなかったことを知っている。

ワルキューレ2

もっと将校たちの人間性を深掘りして欲しかった


だったら、この計画を映画化するのであれば、もう一歩踏み込んで、そのシュタウフェンベルグっていう人はどんな人だったのか、その人間性について、もっと深く描いて欲しかった。

もちろん、彼だけではなく、彼と一緒に行動していた将校たちも。

こちらから見ている側は

「どうせうまくいかないんでしょう」

という気持ちで観ている。

それなのに、ただひたすらに事実だけが、それも知っている人なら誰でも知っている事実が、ただ淡々と描かれているだけなら、心が弾まないし、引き込まれない。

これは、ドキュメンタリーではなく、ノンフィクション映画。

私たちが見たいのは、再現VTRではなく、

「ヒトラーを暗殺しなければならない」

という使命感に燃えた将校たちの胸の内。

ヒトラーが独裁者だなんて、誰だって知っている。

しかし、身内の中にもその反逆者がいたとなれば、彼らは日々命がけで何を思い、世界をどんな風に変えたいと思って行動を起こしたのか、その熱い決意を知りたかった。

ワルキューレ3

主役はトム・クルーズ。監督はブライアン・シンガー


主人公のシュタウフェンベルグを演じるのは、トム・クルーズ。

ミッション・インポッシブル」や「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」など、アクション映画が得意の彼が、この映画ではシリアスな演技に挑戦する。

ウィキペディアで見たところでは、この役を演じるにあたり、シュタウフェンベルグの遺族から苦情があったという。

私も、映画を見終わってみて、この役はトム・クルーズにピッタリだったか??

と聞かれれば、「No」と答えるでしょう。

残念ながら、ナチの制服を着て、ただセリフをしゃべっているだけの役になってしまったように思う。

ただし、それは、監督であるブライアン・シンガーの制作意図かもしれないので、トム・クルーズのせいとも言えず・・・。

ブライアン・シンガーは、傑作映画「ユージュアル・サスペクツ」を発表した後、「X-MEN」や「スーパーマン」などのヒット作の演出はしているものの、名作には出会えてないような気がする。

ここらで、初心に帰って、小さな作品を演出してみるっていうのはどうだろう・・・。

私には、「ユージュアル・サスペクツ」のカイザー・ソゼがいつまでも心から離れない程に衝撃だったので、あの時のブライアン・シンガーに戻ってきて欲しいんだな~。

ワルキューレ4

揚げ足取りはしたくないので、このへんで・・・


まぁ、そもそもが、ナチの人たちが英語をしゃべっている時点で、ちょっと絵空事のような気がしてしまった本作。

一体、ケネス・ブラナーやテレンス・スタンプは、どんな重要性があってキャスティングされたんだろう・・・

などなど、揚げ足を取り始めると止まらなくなってしまうので、この辺で。

とにかく、ブライアン・シンガーには、もっと心のこもった小さい作品を撮ることをおススメします(笑)



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ワルキューレ」DVD

ワルキューレ [Blu-ray]

新品価格
¥3,405から
(2015/11/3 23:50時点)



シュタウフェンベルグについてもっと詳しく知りたくなったら

ヒトラーとシュタウフェンベルク家 ~「ワルキューレ」に賭けた一族の肖像

新品価格
¥3,456から
(2015/11/3 23:52時点)












買取ならもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック