とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ノア・テイラー



ドウェイン・ジョンソン主演の映画「スカイスクレイパー」を映画館で観た。

香港の超高層ビル(スカイスクレイパー)の警備員を始めた男とその家族が、ビルを狙ったテロに巻き込まれるアクション映画。



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

高所恐怖症的な面白さ(高いところ大好き!)あり、ジェットコースター的な楽しさあり、やっぱりロック様は強かった!という娯楽作。

内容はほぼ「ダイ・ハード」だけど、絶え間なく続くアクションは最後まで飽きずに楽しめた!



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『スカイスクレイパー』予告編 動画

(原題:Skyscraper)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年9月23日 映画館にて鑑賞。

・2018年10月11日 感想を掲載。

現在、全国順次公開中。詳しい上映劇場情報につきましては、下記、公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画『スカイスクレイパー』公式サイト

オリジナルサウンドトラック「スカイスクレイパー」

スカイスクレイパー

新品価格
¥2,592から
(2018/10/11 16:07時点)



【映画パンフレット】「スカイスクレイパー」

【映画パンフレット】スカイスクレイパー 監督 ローソン・マーシャル・サーバー  キャスト ドウェイン・ジョンソン, ネーブ・キャンベル, チン・ハン, ローランド・ムーラー,

新品価格
¥1,100から
(2018/10/11 16:08時点)






キャスト&スタッフ


出演者


…(ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」など)

〇チン・ハン

〇ローラン・モラー


〇パブロ・シュレイバー

〇ハンナ・クィンリヴァン

〇ノア・コットレル

〇マッケンナ・ロバーツ


監督

ローソン・マーシャル・サーバー
…(「なんちゃって家族」など)


2018年製作 アメリカ映画



スカイスクレイパー



あらすじ

かつてFBIの特殊部隊で働いていたウィル・ソーヤー(ドウェイン・ジョンソン)は、片方の足の膝から下を失い退職。

その後、香港で開業間近、地上1000メートル以上ある超高層ビル「ザ・パール」で警備責任者として働くことになり、家族と共に香港に移住していた。

ところが、彼が就任したその日、パールに何者かが侵入し…。



 スカイスクレイパー2





感想(ネタばれあり)


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


スカイスクレイパー (2018)


★★★☆ [70点]「戦うお父さんはカッコいい!」


楽しかった~!

高所恐怖症的な面白さ(私は高いところ大好き)あり、ジェットコースター的な楽しさあり、ツッコミどころもありつつ、やっぱりロック様は強かったという完全なる娯楽作!



元海兵隊員のウィル・ソーヤー(ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック))は、隊員時代に担当した事件で足を負傷してから、ビルの警備員として仕事をしていた。

そして、香港最高の高さを誇るビル ザ・パールの警備責任者に就職したその日に、そのビルを襲うテロに巻き込まれてしまい…



という「巻き込まれちゃった不運な俺」というストーリーを聞けば、きっと多くの人が「ダイ・ハード」を思い出すに違いない。

その連想は間違ってなくて「ダイ・ハード」のロスのナカトミピルから、香港の超高層ビル ザ・パールへと舞台を移し、ここては、妻だけでなく、幼い子供たちも人質に取られてしまう。

そこで、ロック様は、妻と子供たちを救うために、ザ・パールの96階へと向かう



あとはだいたい「ダイ・ハード」と同じだけれど、そこはロック様、見ていてゾクゾクするようなアクションに挑戦している。

飛んだり、跳ねたり、戦ったり

それが、次から次へと起きるものだから、最後まで飽きずに楽しむことができた



そして、なんといっても、やっぱりロック様は強い!

あんな山みたいな人には誰も勝てない(笑)



また、そのロック様の妻を、懐かしのホラー映画「スクリーム」のネーヴ・キャンベルが演じている

テレビドラマ
ハウス・オブ・カード 野望の階段」では、その姿を観ていたんだけど、スクリーンで観るのはとても久しぶりで、そんな懐かしの彼女もまた、アクションに果敢に挑戦していて「強いお母さん」を演じていた。



そして、この映画もまた、最近のハリウッドでの中国の強さを感じさせる作品だった。

かつて、日本もバブルだった頃「ダイ・ハード」で日系企業のビルが舞台になったように、現代では香港が舞台になっている。

このところ、「 MEG ザモンスター 」、「 クレイジーリッチ 」、そして本作と、中国系アジアを舞台にした映画が続いていて、今後も、この傾向は続くのかな??と思った



まぁ、結局のところ「戦うお父さんはカッコいい!」という「ドウェイン・ジョンソン祭り in 香港」な映画だった

もうちょっと悪役に怖さがあると、もっと楽しめたかなと思う



Posted by pharmacy_toe on 2018/09/27 with ぴあ映画生活



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村







オリジナルサウンドトラック「スカイスクレイパー」

スカイスクレイパー

新品価格
¥2,592から
(2018/10/11 16:07時点)



【映画パンフレット】「スカイスクレイパー」

【映画パンフレット】スカイスクレイパー 監督 ローソン・マーシャル・サーバー  キャスト ドウェイン・ジョンソン, ネーブ・キャンベル, チン・ハン, ローランド・ムーラー,

新品価格
¥1,100から
(2018/10/11 16:08時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブリー・ラーソン主演の映画「フリー・ファイヤー」を映画館で観た。

倉庫で行われたギャング同士の武器取引。ささいなことがきっかけで、銃撃戦が始まってしまい…。


満足度 評価】:★★★☆☆

古い倉庫の密室で行われる殺し合いと言ったら、思いつくのは「レザボア・ドッグス」

「レザボア」に比べ圧倒的にユーモアの要素が足りなすぎた。

もっと笑える痛快な作品だったら良かったけど、これではただ痛いだけ。

「フリー・ファイヤー」予告編 動画

(原題:FREE FIRE)




DVDで観る:「フリー・ファイヤー」

フリー・ファイヤー [Blu-ray]

新品価格
¥3,974から
(2018/5/20 17:57時点)



ネット配信で観る:「フリー・ファイヤー」(字幕版)

フリー・ファイヤー(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/5/20 17:58時点)



オリジナルサウンドトラック「Free Fire」【輸入版】

Ost: Free Fire

新品価格
¥2,313から
(2017/5/13 16:57時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ブリー・ラーソン
…(「キャプテン・マーベル」、「キングコング:髑髏島の巨神」、「ルーム」、「ショート・ターム」、「ギャンブラー/熱い賭け」など)

アーミー・ハマー
…(「ビリーブ 未来への大逆転」、「君の名前で僕を呼んで」、「カーズ/クロスロード」(声の出演)、「コードネーム U.N.K.L.E」、「ローン・レンジャー」、「ソーシャル・ネットワーク」、「白雪姫と鏡の女王」など)

キリアン・マーフィー
…(「ダンケルク」、「麦の穂を揺らす風」、「真珠の耳飾りの少女」、「白鯨との闘い」、「トランセンデンス」、「インセプション」など)

シャールト・コプリー
…(「ハードコア」、「チャッピー」、「マレフィセント」など)

サム・ライリー
…(「高慢と偏見とゾンビ」、「フランス組曲」など)

ジャック・レイナー
…(「シング・ストリート 未来へのうた」、「人生、サイコー!」、「トランスフォーマー ロストエイジ」、「リチャードの秘密」など)

ノア・テイラー
…(「スカイスクレイパー」、「プリデスティネーション」、「シャイン」など)

監督

〇ベン・ウィートリー

製作総指揮

マーティン・スコセッシ
…(<監督>「沈黙-サイレンス-」、「シャッター アイランド」、「ディパーテッド」、「グッド・フェローズ」など)


2016年制作 イギリス・フランス合作映画



フリー・ファイヤー



あらすじ


ある古い倉庫に集まった二組のギャング。

そこでは銃の取引が行われていた。

しかし、途中でギャング同士が小競り合いを初め、銃を撃ったことから銃撃戦が始まってしまう…。



フリー・ファイヤー2



感想(ネタバレあり)


酒の席でのトラブルが次の日には殺し合いに発展!


飲み会の席で、酒に酔った勢いで言った一言が、その場にいた誰かの「腹の虫」に火をつけてしまい、思わぬ大げんかに発展してしまうことがある

次の日になって、「昨日はごめんよ。酔っ払ってたみたいで覚えてないんだ」と笑って済ませられることならいいけど、時には上司を怒らせたりして取り返しのつかないことになっていることもある。

この映画は、「酔った勢いの失態」が翌日には殺し合いにまで発展してしまった話である。



登場人物は二組のギャング。

一組はアイルランド系で銃を欲しがっている。
ブリー・ラーソンキリアン・マーフィーサム・ライリー…)

もう一組はとにかく銃をさばきたい男たち。
アーミー・ハマーシャールト・コプリージャック・レイナーノア・テイラー…)

倉庫に集められた彼らは、銃の取引を行っていた。



銃を売りたい男たちチームのジャック・レイナーは、アイリッシュギャングチームに前日に飲み屋で従妹を酷い目に遭わせた男サム・ライリーを見つける。

サム・ライリーは、早い段階でジャック・レイナーに気付き、バレないようにしていたのに、ついにバレてしまう。

さらに、サム・ライリージャック・レイナーに対して謝るどころが開き直ってしまい、従妹のことを「アバズレ」呼ばわりする。



そのサム・ライリーの態度にキレたジャック・レイナーサム・ライリーに向けて銃を発砲

たちまち、二つのグループによる銃撃戦が始まってしまった



フリー・ファイヤー4



ユーモアとキャラ立ちが足りない…


そこからは、仁義なき殺し合いがスタート。

互いに息の根が止まるまでとことん撃ち続ける。



ここで必要なのは、そんな悲惨な現状を笑い飛ばすユーモアである。

むしろ、「え、こんな状況で笑ってもいいのかな??」と思えるぐらいの笑いが欲しいところ。

しかし、この映画にはそれがない。

確かに、多少はクスッと笑えるシーンがあったものの、圧倒的にユーモアが足りない



もっと言うと、それぞれのキャラクターの個性がまだまだ薄い。

それぞれのキャラクターが薄いから、誰と誰が味方チームなのか次第に分からなくなってくる



密室劇では景色に変化がないので、100%登場人物たちに目がいってしまう。

それぞれのキャラクターをもっと際立たせてくれないと、画面に魅力を感じないのだ。

その結果、アーミー・ハマーもキリアン・マーフィーも「イケメン」を売りにするようになるし、ブリー・ラーソンもありがちな「したたたか女」で片づけられてしまう。



フリー・ファイヤー3



スターたちがいたから面白かったところも


となると、出演している豪華なスターたちは何のために集められたのか?ということになる。

ブリー・ラーソンキリアン・マーフィーアーミー・ハマーシャールト・コプリーノア・テイラーに加え、期待の新星サム・ライリージャック・レイナーまでいる。

アメリカ、イギリス、アイルランド、南アフリカ…と様々な国から集められた若手俳優たち。

その豪華さは、何かしてくれるだろうと誰だって期待してしまうはず



恐らく、これは製作総指揮であるマーティン・スコセッシの力によるものではと思うけど、正直、彼らが揃ったから、この映画を楽しめているけど、無名のキャスティングだったら、半分ぐらいの面白さしかなかったように思う。

残念ながら、彼らが共演することで期待した化学反応は見られなかったように思う。



ブリー・ラーソンがお金を横取りする計画を裏で立てていたところまでは良かったんだけどな。

そこをもうちょっと発展させて痛快などんでん返しにはできなかったのかな。



フリー・ファイヤー5



倉庫・密室・殺し合いといったら…あの映画!


倉庫・密室・殺し合いと聞いて思い出すのは「レザボア・ドッグス」

比べるのは悪いと思いつつ、この映画の中で私の頭の中にひたすら出てきたのは「レザボア」だった。

最初から最後まで、「レザボア」の衝撃を越えることができなかったのが残念だった。



結局、最後は誰が味方で、誰が誰の敵なのか良くわからなくなってしまったし(この混乱は意図したものなのかもしれないけど)

最後にどんでん返しがあると期待していたのになかったし

結局ただの殺し合いで、誰も得しない話だし。



もしも最後に誰かが1人で全部持ち逃げして「うわーーー!!こいつやりやがったなぁ~!!」っていう展開になっていたら、最後は楽しい気分で終われたかもしれないなぁ。

その辺がとても残念。



結果として、「キャラクターの個性を中心にもっと脚本を練るべきだった」っていうのが、私のこの映画に対する感想

そしたら、もっと楽しめたに違いない。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「フリー・ファイヤー」

フリー・ファイヤー [Blu-ray]

新品価格
¥3,974から
(2018/5/20 17:57時点)



ネット配信で観る:「フリー・ファイヤー」(字幕版)

フリー・ファイヤー(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/5/20 17:58時点)



オリジナルサウンドトラック「Free Fire」【輸入版】

Ost: Free Fire

新品価格
¥2,313から
(2017/5/13 16:57時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジェフリー・ラッシュ主演の映画「シャイン」をWOWOWで観た。

オーストラリアのピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの半生を映画化。

この映画でジェフリー・ラッシュ第69回アカデミー賞(1996年)主演男優賞を受賞している。


満足度 評価】:★★★★☆

親の期待に押しつぶされていたデヴィッドがその呪縛から解け、ピアニストとして舞台に上がった姿に感動。

20年前に観た時はそうは思わなかったけど、今見ると父親の度を超したしつけが息子への虐待だったことに気付く。

子供に対する過剰な期待が子供にどんな影響を及ぼすのかがよく分かる映画だった。


「シャイン」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:SHINE)




「シャイン」―デジタル・レストア・バージョン― Blu-ray

シャイン ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2017/3/10 00:12時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ジェフリー・ラッシュ
…(「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」、「鑑定士と顔のない依頼人」、「やさしい本泥棒」など)

〇アーミン・ミューラー・スタール

ノア・テイラー
…(「スカイスクレイパー」、「フリー・ファイヤー」、「プリデスティネーション」など)

監督

〇スコット・ヒックス

1995年製作 オーストラリア映画

シャイン

あらすじ


デヴィッド(ノア・テイラー)は幼いころから父親(アーミン・ミューラー・スタール)の厳しい指導の元、ピアニストになることを目指していた。

子供の頃から大人が弾くのも難しいラフマニノフの曲を弾いていたデヴィッドは、オーストラリア国内で話題のピアニストへと成長していく。

父はデヴィッドを大人になっても自分の元で育てたいと思っていたが、デヴィッドは父の制止を振り切り、ロンドンにある王立音楽院で本格的にピアノを学び始める。


シャイン4


感想(ネタバレあり)


オーストラリア人ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの半生


1995年に製作されたこの映画がWOWOWで放送していたので、久しぶりに観返してみた。

そしたら思った以上に心にズシンとくる映画だった。

オーストラリアのピアニストデヴィッド・ヘルフゴットの半生を映画化。

デヴィッド少年は、幼いころから輝けるピアノの才能があり、オーストラリア国内でも期待されていた。

しかし、デヴィッド本人が精神を病んでしまい、ピアニストとしての成功の道を絶たれてしまう。

この映画では、デヴィッドと父親の関係を軸に、なぜ、彼が心を病んでしまったのか、そして、それをどのように克服していったかについて描いている。


シャイン2

度を越した厳しすぎる「しつけ」は子供に対する虐待でしかない


私が20年前に観た時は、「厳しいお父さん」と「ちょっと変わったピアニスト」の話という印象しかなかった。

しかし、今になって観てみるとその厳しいお父さんのしつけは、デヴィッドに対する完全な虐待だったことが分かる。

「絶対的にピアニストになれ」という過剰な期待、「必ずラフマニノフを弾け」などという言葉での強要、暴力、濡れたタオルで叩くなどの肉体的な虐待…。

デビッドが少年だった頃は、そんなお父さんは「厳しいしつけ」をしているだけだったかもしれない。

しかし、今、こうして観ると、それはただの幼児虐待でしかない。

そして、その結果、デヴィッドは「ラフマニノフ」に憑りつかれ、ノイローゼを発症し、その後精神科病院に入院することになる。

未だにテレビを見ると、「厳しいしつけは必要だ」論がワイドショーなどで取り上げられているが、「厳しすぎる」しつけは子供に対して悪影響しかないことがよく分かる。


シャイン3

なぜ、お父さんは息子に厳しくあたってしまったのか


しかし、そんなお父さんにも全く同情できないわけではない。

これは、20年前に観た時には気付かなかった点だった。

ユダヤ系ポーランド人の父も少年時代はバイオリニストを目指していた。

ところが、やはり父の父もまたしつけに厳しく、彼のバイオリンを折ってしまう。

その時、バイオリニストとしての夢に破れた彼は、自分の子供であるデヴィッドをピアニストにすることに夢がシフトしていく。

さらに、戦時中に強制収容所に入れられ、一家離散してしまった経験から、

「家族は常に一緒にいなければならない」

という思いにとらわれてしまう。

それまでの経験から、父はデヴィッドをピアニストにすることと、家族が絶対一緒にいることに固執してしまった。

そんなお父さんの姿を観ていると、「なんて酷い父親なんだ」とも思えない。

彼が「私はお前のことを世界で一番愛している」とデヴィッドに言っていた言葉は決して嘘ではないし、どの親よりも情熱的に愛していた。

しかし、あまりにも「度を越した」振る舞いがデヴィッドを追い込んでしまったけれども、父には父なりの悲しい背景を抱えていた結果だった。

20年前の私には、そのお父さんの悲しい背景に気付いてあげることができなかったように思う。


シャイン5

父親の呪縛が解けた瞬間が最も輝けるとき


私がこの映画の中で最も感動したのは、ラストでデヴィッドが初めてのピアノリサイタルを行った場面だった。

オーストラリアの輝ける(シャイン)才能と言われたデヴィッド。

しかし、心を病んでしまい、そのせっかくの才能も花を咲かせることのないままの人生を送ることになってしまう。

もうすぐ40歳を迎えようとした頃、彼は妻のジリアンと出会う。

デヴィッドの才能と、彼の子供のような無邪気な性格を愛した占い師のジリアンの助けもあり、初のリサイタルを行う。

リサイタルは成功し、スタンディングオベーションを受けたデヴィッド。

それは、父親から受けた虐待の呪縛が解けた瞬間だったと思う。

父親の過剰なまでのしつけがなかったら、デヴィッドはもっと早くピアニストになっていたかもしれないけど、そんな父親がいなかったら、そもそも彼はピアニストになれなかったのかもしれない。

結局は、厳格な父との関係性が生んだピアニスト デヴィッド・ヘルフゴットだったんだと思う。

しかし、最後に父の墓参りをしたデヴィッドが

「ここへ来てもなんとも思わない」

と言っていたのが、デヴィッドにとっての父親の全てであり、その事実がなんとも切ない。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「シャイン」―デジタル・レストア・バージョン― Blu-ray

シャイン ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2017/3/10 00:12時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


イーサン・ホーク主演のSF映画「プリデスティネーション」をWOWOWで観た。

時空を超え犯罪者を追い詰め捜査官が、1人の青年と出会い、彼を本来の運命へと導いていく話。



満足度 評価】:★★★★☆

今まで観たことのないプロットの作品だった。最初から最後まで先が読めず、なんだこれーーーと観終わった後に頭を抱えてしまう。

そんな映画だった。


「プリデスティネーション」予告編 動画

(原題:PREDESTINATION)




「プリデスティネーション」 ブルーレイ

プリデスティネーション [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/1/20 00:00時点)



原作本「輪廻の蛇」

輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥972から
(2016/8/30 20:06時点)




キャスト&スタッフ


出演者

イーサン・ホーク

〇セーラ・スヌーク



監督

〇スピエリッグ兄弟


2014年製作 オーストラリア映画




あらすじ


1970年のニューヨーク。

あるバーを訪れたジョン(セーラ・スヌーク)は、バーテン(イーサン・ホーク(「マグニフィセント・セブン」、「マギーズ・プラン-幸せのあとしまつ-」など))に作家の仕事をしているという話から、身の上話をし始める。

それは、生まれた時は女性だったこと、親に捨てられ、孤児院で育てられたこと、宇宙旅行のスタッフとしてスカウトされたこと、ある男性と恋に落ちるが捨てられてしまい、その後、彼の子供である女の子を出産したが、その際、同時に性転換の手術を行ったこと…など

普通の人ではありえないような波乱万丈の人生を語るのだった。

しかし、バーテンは驚くどころか、彼も時空を超えた捜査官をやっていので、一緒に仕事をしないか…とジョンをスカウトするのだった…



プリデスティネーション



感想(ネタバレあり)


主人公は時空を駆け抜ける捜査官


この映画は、一言で説明するのがとても難しい。

こんな映画は他に観たことがなく、最初から最後まで話の展開が読めず、グイグイ引き込まれながら観た映画だった。

しかし、すごい映画だった。

主人公の男(イーサン・ホーク)は、時空を駆け抜ける捜査官だ。

彼が追っている犯罪者は爆弾魔で、いつも、あと一歩のところで逃げられてしまう。

その捜査の最中、1970年のNYを訪れた時、バーテンダーに扮していた彼は1人の青年ジョンに出会う。

ジョンから、波乱万丈の身の上話を聞かされた彼は、自分が時空を超えた捜査官であり、これから爆弾魔を逮捕に行くのを手伝って欲しいとジョンに言う。

実は、この時既に、ジョンから身の上話を聞くのも、彼を捜査に誘うのも全て決まっていたことだった。


プリデスティネーション2



常識を遥かに超えたストーリー展開


話は、ここから時空の性別も超えた話へと発展していく。

そして、私は常識という思考のガードを捨て去ることにした。

常識という枠組みで、この映画を判断することができなくなったからだ。

この映画の中では、時空や性別を超えることが珍しいことではないし、難しいことではない。

とりあえず、この映画が語るように、その全てを受け入れてみようと思った。

するとそこから、ある一人の男の、時空に翻弄された悲しい運命が見えてきた。


プリデスティネーション3



悩んでも答えはない。全ては運命によって定められたできごと


「卵が先か、鶏が先か」

悩んでも答えは見つからない。

鶏が卵を産み、卵から鶏がかえる。

永遠にその繰り返しだ。

この映画を表しているのが、まさにその言葉だ。

「ジェーンが先か、ジョンが先か」

悩んでも答えは見つから無い。

ジェーンがジェーンを産み、ジェーンがジョンになる。

永遠にその繰り返しだ。

ありのままに、その運命(「プリデスティネーション」)を受け入れるしかない。

いやしかし、なんて映画なんだろうなぁ。これ。

プリデスティネーション4



いつ、どこで何が起きるか、運命は定められている


この映画を観終わって思ったのは、

「理屈抜きに定められた運命を受け入れろ」

ということだった。

人は、生まれた時から既に「何年、何月、何日、何時、何分、何秒」に何が起きるのか、運命によって決まっている。

どんなにあがいても、もがいても、その運命を変えることはできない。

だから、潔くその人生を受け入れて、毎日を一生懸命生きるしかない。

そんなことを思った。

目の前にいる人に出会ったのも、その人が去っていくのも、悲しい出来事も、不条理なことも、自分が変わっていくのも、全て定められた運命なのだ。





ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「プリデスティネーション」 ブルーレイ

プリデスティネーション [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2019/1/20 00:00時点)



原作本「輪廻の蛇」

輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥972から
(2016/8/30 20:06時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック