とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ハン・ソッキュ



キム・レウォン、ハン・ソッキュ共演の韓国映画「監獄の首領」を映画館で観た。

刑務所を舞台に全ての受刑者、刑務所長、刑務官を巻き込む「アリバイ100%」の犯罪組織を描くクライム・アクション映画。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

「スクールカースト」ならぬトップから底辺まで序列がきちっと決まっている「刑務所カースト」を観ているのが面白い映画だった。

それに、女性がほとんど出てこない男臭ーーーーーーーいところも、この映画の特色で、面白いところだった。

その中でトップにはい上がれるのは「金と腕力」というあたりに韓国社会の縮図を見た。



この感想にはネタバレを含みます。映画を観終わってからお読みください。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「監獄の首領」予告編 動画

(原題:프리즌(THE PRISON))



更新履歴・公開、販売情報

・2018年1月24日 映画館にて鑑賞した感想を掲載。

・2018年10月25日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



ネット配信で観る:監獄の首領(字幕版)

監獄の首領(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/8/30 00:44時点)



DVDで観る:「監獄の首領」

監獄の首領 [DVD]

新品価格
¥3,046から
(2018/10/25 16:02時点)





キャスト&スタッフ


出演者

…(「黄泉がえる復讐」など)

〇ハン・ソッキュ

〇チョン・ウンイン

チョ・ジェユン
…(「犯罪都市」、「逆謀~反乱の時代~」など)

〇シン・ソンロク



監督・脚本

〇ナ・ヒョン

2017年製作 韓国映画



韓国映画「監獄の首領」



あらすじ


元刑事のユゴン(キム・レウォン)は、ひき逃げの容疑で逮捕されソウルにある刑務所に収監されてくる。

その刑務所には、受刑者イクホ(ハン・ソッキュ)をトップにした犯罪組織があり、刑務所長・刑務官をワイロで抱き込み、受刑者が脱獄しては殺人・強盗・ドラッグ販売などあらゆる犯罪に手を染めていた。

しかし、受刑者たちは常に刑務所にいることになっており、それらの犯罪は「100%アリバイが成立」していた。

入ったばかりの受刑者ユゴンは、次第にその犯罪組織の中で頭角を現していく…。



韓国映画「監獄の首領」キム・レウォン



感想(ネタバレあり)


受刑者・刑務所長・刑務官を全て含めた「刑務所カースト」


「スクールカースト」という言葉をご存知だろうか。

高校の同級生たちの中で、人気の度合いをインドの身分制度になぞらえて序列にしたものである。

たとえば、恋愛経験が豊富な人たちや、体育会系の部員の人たちは上位で、オタクや引きこもりタイプの人たちは下位とか。

きっと誰もが、高校時代にそんな理不尽な序列を感じたことがあるはずだ。

(詳しくは、Wikipedia「スクールカースト」




私が、この映画「監獄の首領」を見て面白いなと感じたのは、その「スクールカースト」に似た「刑務所カースト」だった。

この刑務所の「刑務所カースト」が特徴的だなと思ったのは、そのカーストが受刑者だけのものではなく、刑務所長・刑務官など全てを含めて序列ができていたところだった。



しかも、そのカーストのトップに君臨するのは刑務所長でも、刑務官でもなく、一人の受刑者なのだ。

そして、カースト最下位に位置する新入りのユゴンはそこから上位を目指してはい上がっていく。

さすがに元刑事は敵も多く、したたかで汚い手を使わなければのし上がれない。

その刑務所カーストに、私は常に問題になっている韓国社会の歪みを観たし、強烈な個性を放っていて面白いなと思った。



これまでも刑務所を描いた作品の中で、「受刑者に協力的な刑務官」が登場する映画はたくさんあった。

しかし、刑務所長・刑務官を含めて刑務所ぐるみで犯罪組織ができているというのは、これまでなかったように思う。

たとえあったとしても、善人が必ずいて、最終的には正義が悪を倒すような話になっていたはず。



ところが、この映画に正義はあるのかと言えば、「ありそうでない」不条理な世界が浮かび上がってくる

その煮え切らなさも、とても現実的で切ないところだった。



韓国映画「監獄の首領」キム・レウォンとハン・ソッキュ


犯罪組織に魅入られていく元刑事・ユゴン


その刑務所カーストで、唯一無二のトップに居座るのは、受刑者・イクホ(ハン・ソッキュ)である。

刑務所内での犯罪によって金を稼ぎ、刑務所長や刑務官を買収し、彼の配下にしてしまう。

そして、やがて彼の犯罪は刑務所の外でも行われるようになる。



なにせ、そこは刑務所だ。

あらゆる分野のエキスパートを取り揃えている。

当然、そんじょそこらのマフィアよりも優秀な犯罪組織ができあがる。

そして、何よりも強いのは、たとえ彼らが容疑者として浮上したとしても、「刑務所の中にいる」というアリバイが100%成立し、誰も彼らを逮捕することができないというところだ。



そこへ入ってきた新人受刑者のユゴンは、受刑者のフリをした潜入捜査官だった。

ユゴンは兄をイクホの組織に殺され、その復讐のために潜入していた。

しかし、このユゴン。

この組織にどんどんはまっていってしまう。



ユゴンはイクホに近づくために、どんどん犯罪に手を染めていくのだ。

この時、ユゴンは兄の復讐を思いながらも、イクホの人間性にひかれていった部分があったに違いない。

だからこそ、早期に決着をつけなければと思ったユゴンの焦りは、イクホを逮捕する計画を失敗へと導いてしまう。



イクホはユゴンが思っていた以上に慎重で、誰よりも勘の鋭い人間であり、何より人を引き付ける魅力の持ち主なのだ。

だからこそ、イクホはカーストのトップに君臨するのだ。



韓国映画「監獄の首領」ハン・ソッキュ


ワイロさえあれえば世界を手にすることができる


受刑者のイクホは巨額のわいろを使って刑務所長も刑務官も買収し、その犯罪の手を刑務所の外にまで伸ばしている。

これは、これまでたびたび韓国映画の中でも描かれてきた「ワイロさえあれば世界を手にすることができる」様子を表している。



イクホも映画の中で、「すべての刑務所を手に入れてやる」と言っている。

一度力を手に入れたら、その野望の行きつく先は果てしなく広がっていく。

この映画は「刑務所の中」という特殊な空間を描きつつも、韓国社会の縮図を描きだしているのだ。



ただ、刑務所長や刑務官を買収できるのはわかるけど、刑務所の外にまで犯罪の手を広げていくというのは、ちょっと荒唐無稽じゃないか…と思わなくもない。

しかし、それでも「ワイロが何よりものを言う国」韓国なら、それもありなのかも…と思えてしまうのだから恐ろしい。



そんなにワイロがあるならば、警察の中にも「金で買った犬」を配置してユゴンの動きを察知させることもできたのでは…と思うけど、そこまで手が回らなかったあたりに、この映画の甘さがあるような気がした。

そこから、これはあくまでも刑務所内の「トップをめぐる男同士の戦い」を描いたものであり、韓国の社会情勢を描いたものではないことが分かる。

そこに社会情勢をもっと丁寧に反映させてくれたら、もっと壮大で面白い作品になったような気がした。



韓国映画「監獄の首領」キム・レウォンとハン・ソッキュ


刑務所に正義など存在しないのか…


その「トップをめぐる男同士の戦い」の中で、トップに君臨するイクホは「狂気」で他を圧倒する

自分のために心血を注ぐ人間は、それなりにかわいがるけれど、ちょっとでも裏切りを見せた瞬間に、簡単に殺してしまう。

人の命をなんとも思わない、血も涙もないような男だった

しかし、だからこそ、このクレイジーな世界の中でトップを維持していくことができるのだ。



そのイクホの口癖が「敵を見つけたら、まずはそのトップを倒せ」である。

もしも、彼らに対立してくるような組がいれば、まず、その中でトップの人間を倒せば、その組全体を手に入れることができる。

結局、最後に勝つのは「腕力」ということなのだ。

その辺は、なんとも刑務所らしい話だった。



その教えを守り続けたユゴンは、最後は元警察官であり、兄の恨みを晴らすためにイクホを倒す。

しかし、ユゴンは潜入捜査のはずなのに、彼の刑務所内での行いを許されず、再び刑務所の中へと戻される。



どうも最後の場面を見る限り、ユゴンはイクホの後を継ぐような気がしてならなかった

なぜなら、彼はナンバー1のイクホを倒したからだ。

しかし、本来ならユゴンは兄の遺志をつぎ、刑務所内に正義をもたらすために潜入したはずだ。

それなのに、ユゴンの後を継ぐような雰囲気で終わらせているということは、そこには「正義」など存在しないということなのか…。



そもそも刑務所とは犯罪者の集まりだから、そこに正義を求めるのが間違っているのか…。

それはなんとも空しくなる終わり方だった。






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:監獄の首領(字幕版)

監獄の首領(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/8/30 00:44時点)



DVDで観る:「監獄の首領」

監獄の首領 [DVD]

新品価格
¥3,196から
(2018/8/30 00:44時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
韓国映画 に参加中!
ハン・ソッキュ、コ・ス、パク・シネ共演の韓国映画「尚衣院-サンイウォン-」の予告編を観た。

韓国王室の衣装の制作をする部署、尚衣院(サンイウォン)を舞台に新旧デザイナーが対立するというお話。

予告編を再生した瞬間に、金の糸で刺しゅうする手のドアップが出てくるんだけど、その瞬間に「見たい!!」と思った。

なんだか、ただ静かに刺しゅうをしているだけのシーンが美しくてドキドキしてしまった。

「尚衣院-サンイウォン-」予告編 動画

(原題:상의원/The Royal Tailor.)



ネット配信で観る:「尚衣院 ーサンイウォンー」(字幕版)

尚衣院 -サンイウォン-(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/10/15 22:02時点)



DVDで観る:「尚衣院ーサンイウォンー」

尚衣院-サンイウォン- デラックス版 [DVD]

新品価格
¥3,836から
(2018/10/15 22:02時点)


お久しぶりのハン・ソッキュが若手と対立するベテラン職人を演じる


予告編で観たところで分かったのは、尚衣院でベテラン職人のハン・ソッキュと、天才肌新人のコ・スが、パク・シネ演じる王妃の衣装を作ることになって、対立するらしいこと。

どうも、コ・スとパク・シネの間には、許されない恋が芽生えてそうなこと。

観た感じでは、それだけが分かった。

まぁ、まぁ、なんと言っても、私にはお久しぶりのハン・ソッキュ先生。

「シュリ」「8月のクリスマス」以来、どうにも、作品に恵まれていない感があるので、ここらでベテランの腕を見せて欲しいところ。

観たことない人は是非!「シュリ」DVD

シュリ [DVD]

新品価格
¥5,400から
(2015/10/30 00:44時点)



こちらもおススメ「八月のクリスマス」

八月のクリスマス [DVD]

新品価格
¥5,980から
(2015/10/30 00:47時点)



なんと言っても、同じ頃に出てきたソン・ガンホは、韓国では誰もが認める大俳優になってしまっているんだから。

そろろそ良いところが見たいよねぇ。

サンイウォン

コ・スとパク・シネの切ない恋に期待


しかし!恐らく、多くの人は、コ・ス(「ファイアーブラスト」)とパク・シネ(「七番房の奇跡」)の許されない恋が観たくて、この映画を観るに違いない・・・(笑)

衣装デザイナーさんていうのは、対象の人の身体を隅から隅まで知らなければいけない職業だから、密着度もハンパないと思われ・・・、ドキドキするに違いない・・・。

そして、そして、予告編を観た限りでは、コ・スがめっちゃ笑顔だった。

あんな天真爛漫なコ・スは初めてかもっていうぐらいの笑顔だった。

きっと、今までのコ・スとは違った新しいコ・スを観られるんじゃないかと。

それに、コ・スが時代劇っていうのも、珍しいよね。

そして、相手がパク・シネちゃんですよ。

七番房の奇跡」では、かなり号泣させてもらいました。

現在、WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ピノキオ」でも、毎週号泣してるし、今回も、泣かせる切ない演技するんじゃないかと・・・。

サンイウォン2

尚衣院(サンイウォン)という部署とは・・・


そして、映画では、韓国王朝で、衣装の制作・管理をつかさどるという尚衣院(サンイウォン)を舞台にするのも珍しいよね。

私は、この部署のこと、この映画で初めて知ったわ。

冒頭にも書いたけど、この映画を観たい!と思ったきっかけは、刺しゅうをする職人の手のアップだったので、この尚衣院(サンイウォン)の人たちが、どんなお仕事をしているのかも、すごく楽しみ。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村









↓ 古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック