とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ハ・ジウォン



ハ・ジウォン主演の韓国映画「パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛」をWOWOWで観た。

なかなか新作を書けない推理小説家が、小説のネタに…と連続殺人犯の取材を進めているうちに、事件に巻き込まれてしまうコメディ映画。

劇場未公開の作品をどこよりも早く放送する「WOWOWジャパンプレミア」の一本。


満足度 評価】:★★☆☆☆(2.5)

うーーーん。どこを楽しめば良かったのか…。

なぜ、私がこの映画に乗れなかったのかについて、理由を考えてみた。

「パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛」予告編 動画

(原題:목숨 건 연애(命がけの恋愛)/英題:Life Risking Romance)




「パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛」 [DVD]

パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛 [DVD]

新品価格
¥4,104から
(2017/5/2 11:33時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ハ・ジウォン
…(「朝鮮美女三銃士」、「第7鉱区」など)

〇チョン・ジョンミョン

〇チェン・ボーリン

監督・脚本

〇ソン・ミンギュ

2016年制作 韓国映画

パーフェクト・プロファイラー命がけの恋愛

あらすじ

推理小説家のハン・ジェイン(ハ・ジウォン)は、なかなか新作を書けないことに悩んでいた。

そんな時、彼女が住んでいるソウルの梨泰院(イ・テウォン)では、同一犯による連続殺人事件が起きていた。

そこで、その犯人を主人公にした小説を書こうと思ったジェインは、幼なじみで警察官であるソル・ロクファン(チョン・ジョンミョン)の力を借りて、連続殺人事件の取材を始める。

そんなある時、ジェインは自宅のアパートの上の階から換気扇越しに女性の悲鳴を聞き、上の階の住人が犯人なのでは…と疑い始めるが、その部屋の住人のジェイソン(チェン・ボーリン)がジェインの好みのタイプだっため判断が鈍ってしまう…。


パーフェクト・プロファイラー命がけの恋愛3

感想(ネタバレあり)


世界の人々が韓国エンタメ業界に求めるもの


近年、韓国エンタメ界には、世界に誇るお家芸がいくつかある。

K-pop、サスペンス映画、韓流ドラマ、韓流スターなどなど。

大人気のK-POPグループは世界中でコンサートを行い、サスペンス映画は世界中の映画祭で賞を受賞し、また、ハリウッドでリメイクをされる場合もある。

韓流ドラマは、日本だけでなくアジア圏を中心に世界中で放送され、韓流スターは、日本や中国、ハリウッドにまで活動の幅を広げている。

今や、韓国エンタメ業界が世に送り出すコンテンツの数々は、韓国経済を支える重要な輸出産業の1つである。

この映画は、そんな韓国エンタメ界が世界に誇る魅力を色々つまんで詰め込んだ「つまみ食い」作品である。

シリアルキラーによる連続殺人事件、韓流ドラマに代表されるラブロマンス、中国で人気の韓流スター ハ・ジウォンの出演など。

「これはどこから観ても、韓流っぽい作品でしょう~」

という要素が満載の作品になっている。

パーフェクト・プロファイラー命がけの恋愛5

中国市場を狙い撃ちしたキャスティング


さらに、この映画からは、明らかに中国市場を狙っているという意図が感じられる。

確かに、3~4年程前までは、韓国エンタメ界は明らかに中国市場を狙った動きをしていた。

K-POPグループは頻繁に中国でコンサートを行い、韓流スターたちは中国でファンミーティングを行っていた。

この映画の主人公を演じるハ・ジウォンもそんな韓流スターの1人だった。

しかし、パク・クネ政権になり中国との関係が悪化すると、文化交流も次第に尻すぼみになっていく。

中国市場が閉ざされたことで、大口の輸出先を失ったしまったエンタメ業界は、今後、日本への売り込みを増やすと見込まれている。

とはいっても、13億人と言われる中国の人口は、未だに韓国エンタメ界にとって魅力なのは違いない。

そこで、この映画では主人公に人気韓流スターのハ・ジウォンを起用する。

さらに、彼女が一目ぼれするFBI捜査官ジェイソンに台湾の俳優チェン・ボーリンを招く。

韓国語が話せないチェン・ボーリンのために、舞台設定をソウルの中でも外国人が多く居住する梨泰院(イテウォン)にする。

また、ハ・ジウォンに英語のセリフを多くしゃべらせることで、彼女の国際性をアピールするような意図も感じられる。

この映画を観ていると、たとえ現在は停滞中だとしても、韓国エンタメ界が水面下では中国市場を諦めていないことが良くわかる。


パーフェクト・プロファイラー命がけの恋愛2

韓国エンタメ界で人気の要素をつまみ食い


しかし、世界の人々が韓国エンタメ界に求めている「サスペンス」とは、誰も想像しないような狂気と恐ろしさと息をもつかせぬ展開であり、「ラブロマンス」に求めているのは、燃えるような運命の恋である。

そして、何よりも大切なのは、まるで現実にある場面を見ているようなリアリティである。

残念ながら、この映画はそれらの要素の表面を色々とつまみ食いしただけである。

コメディだから仕方ないと言われればそれまでだけど、海外市場を意識し、あれもこれも詰め込まなきゃと思った結果、どれも中途半端になってしまった印象がある。

最初から観始めた時点で、ジェインとロクファンが結ばれるんだろうなぁと思ってしまったし、ということは、ジェイソンは犯人なんだろうなぁと思ってしまう。

まぁ、そう思っても、そうなるまでの過程が面白ければいいかと思って観ていても、ジェインのおならが臭いなんていう下品な下ネタでは笑えないし、ジェイソンにも凄みがない。

書けない推理小説家の割に広いアパートに住んでいるジェインの日常からはリアリティも感じない。


パーフェクト・プロファイラー命がけの恋愛4

結局、ハ・ジウォンとチェン・ボーリンありきの作品


結局のところ、中国で人気のあるハ・ジウォンと、台湾の人気俳優チェン・ボーリンを共演させることが、この映画の目的だったんだろうなと思ってしまう。

だったら、ハ・ジウォンのウリである、キレのあるアクションでも見せたらいいのに…と思ってしまうが、それもない。

中国市場、海外市場を念頭において映画を作ってしまったことで、結局、どれも中途半端になってしまった印象だった。

私が、この映画の中で唯一良いなと思ったのは、ハ・ジウォンがチョン・ジョンミョンのことを回想するシーンの中で、「殺人の追憶」ごっこがあったシーン。

あれには、「私も『殺人の追憶』ロケ地巡りしたい」と思った。

それぐらいかな。

見ているこちらとしても、「韓国映画はレベルが高い」と思って自然とハードルを上げて観てしまうので、こういう作品に出会ってしまうと、とても残念な気持ちになる。

でも、それでも、ハ・ジウォンが好きな人から観たら、可愛いハ・ジウォンが満載で嬉しいし、楽しいのかもしれない。

「あのハ・ジウォン、かわいかったよねぇ~。ツッコミどころ満載だけど、まぁいっかぁって思っちゃう」

ファンの間から、そんな声が聞こえてきそうな映画である。

それ程ハ・ジウォンが好きでない私からしたら、とても退屈な時間でしかなかった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛」 [DVD]

パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛 [DVD]

新品価格
¥4,104から
(2017/5/2 11:33時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハ・ジウォン主演の韓国映画「朝鮮美女三銃士」をWOWOWで観た。

一言で言えば、「チャーリーズエンジェルの韓国時代劇版」だな。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

何も考えずに、ひたすら笑ってた。何も考えたくない時におススメ。

「朝鮮美女三銃士」予告編 動画

(原題:조선 미녀 삼총사




「朝鮮美女三銃士」DVD

朝鮮美女三銃士 [DVD]

新品価格
¥3,869から
(2016/3/12 00:48時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ハ・ジウォン

〇ソン・ガイン


 
〇チュ・サンウク

〇チェ・ソンミン

監督

〇パク・チェヒョン

2013年製作 韓国映画



あらすじ


ジノク(ハ・ジウォン)、ホンダン(カン・イェウォン)、カヒ(ソン・ガイン)の三人は、バウンティハンター(賞金稼ぎ)。

人相書が出ると、三人で捕まえてきた。

そんな三人の元へ、ある時、1000両という破格の賞金がかかった人相書が舞い込んできたのだが…。



朝鮮美女三銃士



感想(ネタバレあり)


ドリフのコントレベルの爆笑シーンあり!チャーリーズエンジェル丸パクリ映画


設定は、まるでチャーリーズエンジェルの丸パクリで、作っている方もそれを意識してわざとパロディにして作ったと思われるコメディ映画。

だから、時代考証とか、設定とか、小道具とか細かいことは一切気にしないで観た。

そこへ、主人公ジノクの死んだはずの父親が登場して、無理やりでも泣かせようとするあたりが、なんとも韓国らしい。

でもなぁ。泣けないよなぁ。明らかにコメディ映画だもんなぁ。

ドリフのコントレベルのコメディ映画だもん(笑)



朝鮮美女三銃士2



アクションシーンの派手さは、さすが韓国映画


しかし、それでも、されど韓国映画。

アクションシーンの迫力はさすが、相変わらず男優と互角でアクションシーンをするハ・ジウォンはさすがとしか言いようがない。

特に、刀を二本持って二刀流で闘うシーンは、観た感じそれなりに重みがありそうな刀を二本同時にブンブンと振り回しているのを観て、すごい!と思った。

しかし、三銃士の子たちが、華やかな衣装で出てきたり、派手なアクションシーンを演じているを観ているのは楽しかったけど、男性たちに魅力がなさすぎた。

師匠(コ・チャンソク)は面白かった。

笑いのほとんどは、この師匠が持って行ったと思う。

それ以外の男優さん、特にチュ・サンウクなんて、ほとんどいいところ出さずに終わってしまったように思う。

もう少し、男優さんたちの見せ場も作ってくれたら、映画に厚みが出て良かったんじゃないかな。



朝鮮美女三銃士6



三銃士を演じる女優とアイドル


三銃士のリーダーで、主役のジノクを演じるのは、ハ・ジウォン

韓国で、女性もののアクション映画となると、ハ・ジウォンのイメージが定着しているなぁ。

今回も、バリバリのアクションシーン満載で、良かったな。



朝鮮美女三銃士3



三銃士の中で、唯一結婚しているホンダンを演じるのは、カン・イェウォン

この三人の中では、お笑い担当。

要所要所で笑わせてくれて、面白かった。



朝鮮美女三銃士4



そして、一番マンネ(末っ子)のカビを演じたのは、Kpopグループ Brown Eyed Girls のソン・ガイン

三人の中では、マンネだけど一番クールなカビ。

これは、ハリウッドでもそうだけど、ダンスをやっていた人がアクション俳優になるケースがとても多い。

身体が柔らかいっていうのと、アクションシーンって、ダンスと同じく振付があってできるものだから、やりやすいのかなぁ。

演技をやるのであれば、アクションを積極的にやるのも良いと思う。



朝鮮美女三銃士5



肩の力を抜いて、思いっきり楽しみましょう


日頃、映画を見る時には、このブログでも「感情面の描き方ががどうの」とか、「そのシーンの設定がどうの~」とか、いろいろ言ってしまうけど、コメディ映画っていうのは、そういう堅苦しい考え方を全部外して、何やってもアリ!だと思っている。

そうじゃないと、面白くないし、楽しめない。

この映画もそう。

細かいこと言ったら、いろいろ文句がいっぱい出てきちゃうけど、ここでは無し。

思いっきり楽しんだもん勝ち。

おかげで、ゲラゲラ笑って楽しめたぁ~。

続編、希望!!





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「朝鮮美女三銃士」DVD

朝鮮美女三銃士 [DVD]

新品価格
¥3,869から
(2016/3/12 00:48時点)













WOWOW_新規申込 はこちら




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハ・ジウォン主演の韓国映画「第7鉱区」をWOWOWで観た。

韓国、済州島沖にある石油採掘海域、第7鉱区。

25年前に採掘中止となったその鉱区には、未知の生物が生きていた…。


満足度 評価】★★☆☆☆(2.5)

B級アクションスリラーにしては、無駄にお金かけすぎな印象。

すごく退屈だったわけではないけど、すごく面白かったわけでもない。

「第7鉱区」予告編 動画

(原題:7광구





DVDで観る:「第7鉱区」

第7鉱区 [Blu-ray]

新品価格
¥1,533から
(2019/1/25 00:19時点)



ネット配信で観る:「第7鉱区」

第7鉱区

新品価格
¥300から
(2019/1/25 00:20時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ハ・ジウォン
…(「パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛」、「朝鮮美女三銃士」、「第7鉱区」など)


…(「風と共に去りぬ!?」など)

〇イ・ハンウィ


〇ソン・セビョク

〇チャ・イェリョン

監督

〇キム・ジフン


2011年製作 韓国映画




あらすじ


済州島沖にある石油採掘地区第7鉱区は、25年ぶりに石油の採掘を再開。

かつてそこで勤務し、事故で行方不明となった父の無念を晴らすため、ヘジュン(ハ・ジウォン)は、誰よりも強い思いで採掘作業にあたっていた。

しかし、石油が出る可能性が低いと判断され、本社から撤収命令がくだり、その指揮者としてヘジュンもよく知るジョンマン(アン・ソンギ)が送られてきた。

ヘジュンの強い説得により、ジョンマンの本社への働きかけ、石油の採掘を再開。

無事、石油を掘り当てるが、それ以来、その採掘場では奇妙なことが起き続ける…。


韓国映画「第7鉱区」



感想(ネタバレあり)


最初からB級映画になると認識して、クリーチャーに独創性を!


残念ながら、日頃、ハリウッドが大量に生産し続ける大作映画のせいで、ちょっとやそっとの特殊効果では、「これは合成だな」と分かってしまう。

その瞬間、観客はその映画を「B級映画だな」と認識して観続ける。

そこで観客を引き付けるのに必要なのは、「ハリウッドに負けない独創性」だ。

画面のリアリティでは絶対に勝てないから、せめてアイディアだけでも度肝を抜けば、ハリウッドも振り向いてくれる映画になる。

しかし、この映画に出てくるクリーチャーも、それに対抗する人間たちの行動も、「常識の範囲内」のものであり、観ている観客の度肝を抜くような独創性は感じられなかった。

だいたいクリーチャーを観た瞬間、怖くない上に、笑っちゃうようじゃダメだよ。

これは以前「グエムル -漢江の怪物-」の時にも思ったけど、この程度のクリーチャーを作るのであれば、飛び切り個性的なクリーチャーを作ることができる人間を、外国から呼んだ方が良い。

もし、それなりに投資するだけの資金があるなら、国内のクリエイターに任せるよりも世界中からコンペでもなんでもして見つけた方が良いものが作れる。

現に、ハリウッドはそうやって世界中から才能を集めて作っている。

もしも、そこに対抗しようと思って作っているのであれば、それなりの資金力を使って制作するべき。

二番煎じで収まりたいのなら、その必要はないし、この程度で十分だけど。

 ↓ この構図は「エイリアン」で観たことあるよね(笑)
韓国映画「第7鉱区」ハ・ジウォン



25年前のハリウッドB級映画「トレマーズ」だってもっと面白い…


まぁ、まぁこの映画を観る前に、「おや、もしかして、これは『グエムル-漢江の怪物-』の二の舞か?」と思わなかったわけでもないのに、結局見てしまった私にも問題がある(笑)

こうなることは分かってただろう(笑)

しかし、そんなクリーチャーだけど、あの歯並びと口の開き方を観たら、1990年のケビン・ベーコンの映画「トレマーズ」を思いだした(笑)

「トレマーズ」とは、地中の中をはい回るお化けモグラみたいなクリーチャーで、時々地中から首を出しては人を驚かせるという、それこそハリウッドのB級映画。

しかし、低予算ながら多くの人を楽しませ、今年はテレビドラマとしてリブートされるという話まである伝説的映画だ。


「トレマーズ」Blu-ray

トレマーズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2016/2/23 00:32時点)



それでも、ハリウッドでは25年前の作品だからなぁ。

やっぱり、この手の特撮映画となるとレベルが違い過ぎるんだよなぁ

いや、比べちゃいけなんだ。

でも、どうしても比べてしまう(笑)

韓国映画「第7鉱区」ハ・ジウォン



わたし的「第7鉱区」結末 を考えてみた(笑)


私には、この映画を見始めた時から、勝手に考えていたオチがある。

25年前に行方不明になったハ・ジウォンのお父さん。

しかし、実は彼は謎の深海生物にとりつかれ、怪物になっていた。

そのことに気付いたハ・ジウォンは、ラスト近くになって、「もしかして、お父さんなの??私よ、ヘジュンよ」と必死に語りかけ、一瞬正気を取り戻した怪物は、自ら海の底へと帰っていく…ジ・エンド

みたいなオチを想像していたんだけど(笑)

同じB級作品をつくるなら、それぐらいくだらない方が面白いのに(笑)

どえらいまともな映画で残念だったわーーー(笑)


韓国映画「第7鉱区」ハ・ジウォン



韓国の人気俳優が大集合


主役のヘジュンを演じるのは、ハ・ジウォン

本当に、韓国はハ・ジウォンが大好きだよね。

この手の超大作アクション映画のヒロインは、最初からハ・ジウォンに決まっているかのような印象。



第7鉱区の怪物をひっそりと養育していたベテラン技術者、ジョンマンにはアン・ソンギ

韓国では演技界で最高峰の地位にいるアン・ソンギが、悪役をやるとは意外だった。

その、「誰もがこの人は悪役をやらないと思っている」ところがポイントだったんだろうけど。

いつもより、ちょっとファンキーなアン・ソンギも良かったな。

先生も、たまにはこういう緩い役もいいのでは。



ヘジュンの恋人で、同じく第7鉱区の技術者、ドンスにはオ・ジホ

監督は、「光州5・18」のキム・ジフン



韓国映画「第7鉱区」オ・ジホ、ハ・ジウォン、アン・ソンギ



韓国映画界に期待すればこその辛口


んーー。感想を書いているつもりが、クリーチャーの悪口と、私の勝手な結末妄想が暴走しただけの、感想文なのかどうか分からない文章になってしまったけど、これは、きっと韓国映画に対する私の期待あればこそなんだなぁ~。

スペイン映画界も、その猛烈な個性がさく裂してクリーチャーの世界で一つ頭を飛び出しているから、できないことはないと思うんだよねぇ~ ←しつこい!(笑)

まぁ、その前に「一流の映画ではなく、B級映画を作っているんだ」ぐらいの、開き直った心構えが必要だと思うけどね。

だって、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の後に、この映画は観られないでしょう??







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



DVDで観る:「第7鉱区」

第7鉱区 [Blu-ray]

新品価格
¥1,533から
(2019/1/25 00:19時点)



ネット配信で観る:「第7鉱区」

第7鉱区

新品価格
¥300から
(2019/1/25 00:20時点)



「トレマーズ」Blu-ray

トレマーズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2016/2/23 00:32時点)













WOWOW_新規申込





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック