マイケル・ケイン主演、4月16日より公開予定の新作映画「グランド・フィナーレ」の予告編を観た。

主題歌のオペラ「Simple Song #3」は、2016年のアカデミー賞主題歌賞にノミネートされている。

アルプスの麓にあるホテル。引退した有名作曲家が、最後の大舞台に挑むまでの葛藤を描く。

主演は、マイケル・ケイン、ハーヴェイ・カイテル、ジェーン・フォンダ、レイチェル・ワイズなど

【観たい度】:★★★★☆



「グランド・フィナーレ」予告編 動画

(原題:YOUTH)





「グランド・フィナーレ」OST【輸入版】

Youth

新品価格
¥1,888から
(2016/2/17 09:45時点)



引退した有名作曲家に舞い込んできた女王陛下からの依頼


有名作曲家のフレッドは、引退後、アルプスの麓にあるホテルで過ごしていた。

そこへ、女王陛下から、フレッドの代表作「Simple Song #3」を、フレンド本人の指揮で聴きたいという依頼がくる。

しかし、彼は、娘にも明かしていない、その曲を指揮できない理由があった。

グランド・フィナーレ

家庭をかえりみない父と娘の間にあった葛藤


私はクラシック音楽にはあまり興味がないし、オペラなんて観たこともないけど、この映画「グランド・フィナーレ」の予告編を観て、すごく観たくなった。

予告編の中で交わされる父と娘の会話がとても気になった。

娘:「パパは、家族のことなんて眼中になかった。全てを音楽に捧げて何が残った?」

父:「つまり、私は無意味に年を重ねてきたのか?自分を愛せないまま」

つい仕事に夢中になって、家族のことが二の次になってしまうことって、誰にでもあることじゃない?

それが有名作曲家なら、尚更のこと。

でも、幼い娘にとっては、お父さんが必要な時もあった。

それが、いつしか心の傷になって残っている。

二人の間に、そんなことがあったんじゃないかなと、思わせるこの会話がとても気になった。

でも、お父さんには、お父さんなりに、家族を二の次にしてしまった理由があったはず。

この後、お父さんは何を思い、娘に対し、どう対応するのかにすごく興味が出て、この映画を観たいなぁと思った。

その「理由」というのが、たとえ女王陛下からの依頼であっても「Simple Song #3」を指揮できないという「理由」にもつながってくるのでは・・・と期待して。

グランド・フィナーレ3


名優たちの共演が作品の質を上げる


主人公のフレッドを演じるのは、マイケル・ケイン。

渋いよねぇ。引退した有名作曲家って役柄が本当にピッタリ。

他の出演作には、バットマンの「ダークナイト」シリーズ(アルフレッド役)、「ジーサンズ はじめての強盗」、「キングスマン」、「インターステラー」、「インセプション」など。

フレッドの友人で、映画監督のミックにハーヴェイ・カイテル

初老の役で、ハーヴェイ・カイテルっていうのは、ちょっと意外だった。

もちろん、年齢的にはおかしくないんだろうけど、なんだかいつまでも現役なイメージ。

きっと、演じる姿を観たらしっくりくるんだろうな。

他の出演作には、「スモーク」、「ピアノレッスン」、「リオ、アイラブユー」、「贖罪の街」、「グランド・ブタペスト・ホテル

フレッドの娘役には、レイチェル・ワイズ

レイチェル・ワイズ好きなんだなぁ。知的な感じがとても良いよね。

この映画でも、そんな知的な雰囲気が際立っている感じがして良い感じ。

他の出演作には、「否定と肯定」、「光をくれた人」、「ロブスター」、「アレクサンドリア」、「ナイロビの蜂」、「コンスタンティン

監督は、イタリア人のパオロ・ソレンティーノ

他の作品には、「リオ、アイラブユー」、「イル・ディーヴォ-魔王と呼ばれた男-」など。

グランド・フィナーレ2


カンヌ国際映画祭でも、コンペティション部門に正式出品され、話題になった本作。

日本の公開は、4月16日の予定。

Simple Song #3 アカデミー賞主題歌賞ノミネート






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「グランド・フィナーレ」OST【輸入版】

Youth

新品価格
¥1,888から
(2016/2/17 09:45時点)