とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:パク・フンシク



ハン・ヒョジュ主演の韓国映画「愛を歌う花」を映画館で観た。

日本占領下の朝鮮で、妓生(キーセン)として育てられ親友同士だった2人が、やがてそのうちの1人が嫉妬心を抱くようになり、思わぬ行動へと出てしまう姿を描く。


満足度 評価】:★★★★☆

主人公の気持ちがよく分かり、とても泣いてしまった。

誰もが自然に抱く、妬み、ひがみ、憎悪の感情を、非常に丁寧に描いている作品だった。

きっと誰もが自然に抱く感情だからこそ、多くの人が共感できる作品だと思う。


「愛を歌う花」予告編 動画

(原題:해어화(解語花))




ネット配信で観る:「愛を歌う花」(字幕版)

愛を歌う花(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/2/26 16:09時点)


DVDで観る:「愛を歌う花」

愛を歌う花 【DVD】

新品価格
¥3,172から
(2018/2/26 16:09時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ハン・ヒョジュ
…(「ゴールデンスランバー」、「ビューティ・インサイド」、「監視者たち」、「ファイアー・ブラスト 恋に落ちた消防士」、「王になった男」など)

チョン・ウヒ
…(「哭声/コクソン」、「ビューティ・インサイド」、「明日へ」など)

ユ・ヨンソク


監督

パク・フンシク
…(「メモリーズ 追憶の剣」など)

2016年製作 韓国映画


韓国映画「愛を歌う花」


あらすじ


1943年。日本統治下の朝鮮。

妓生(キーセン)養成学校で育った二人の女性ソユル(ハン・ヒョジュ)とヨニ(チョン・ウヒ)は、無二の親友同士であり、共に歌うことが好きで歌手になることを夢見ていた。

そして、ソユルには以前より付き合っていた男性ユヌ(ユ・ヨンソク)がいるのだが、ソユルはユヌが大学生だと思っていたのに、隠れて作曲家として活動していたことを知る。

それからソユルはユヌが作曲した歌で歌手になることを夢見ていた。

しかし、ユヌはヨニが歌を歌った時から、ヨニのために曲を書きたいと思うようになり、ヨニはユヌの曲でレコーディングをする。

そしてユヌの心は、次第にヨニに惹かれていく。

その事実を知ったソユルは、ヨニに対し嫉妬心を抱くようになるが…。


韓国映画「愛を歌う花」ハン・ヒョジュ



感想(ネタバレあり)


舞台は朝鮮最後の妓生養成学校


主人公は、日本統治下の朝鮮で、妓生(キーセン)として育てられたソユルとヨニ。

妓生は、またの名を『解語花』(ヘオファ)(言葉を解する花(美人))と言うのだとか。

歌や踊りで言葉を感情豊かに表現することで、男性を喜ばせることが仕事だと教育された女性たちだ。

日本の芸者に近いのかなと思う。

韓国ドラマの時代劇などでは、政治の大事なファクターとして登場することもあるこの妓生。

朝鮮が日本から独立するまでいたんだと思った。

この妓生養成学校の様子を見たのは初めてだったので、とても興味深かった。

中でも、芸を売りにする紅組と、娼婦のような仕事をする青組に別れていた初めて知ったことで、ちょっとビックリした。



韓国映画「愛を歌う花」



感情豊かな彼女たちだからこそ、夢見る思いも強い


この映画で描かれたのは、そんな妓生として解語花として育てられた2人だからこそ起きた悲劇だった。

美しいものを美しいと表現するために、感情豊かに育てられた2人。

そして、小さい頃から歌を歌い、将来は歌手になることを夢見ていた2人。

しかし、現実は残酷だ。

ソユルとヨニが共に夢見た歌手。

先に夢を叶えたのはヨニだった。

複雑な心境だったソユルだったが、ヨニの成功を祝っていた。

少なくとも表面上は。

そして更なる悲劇が襲う。

ソユルの恋人ユヌは歌手の才能に溢れたヨニを愛してしまう。

韓国映画「愛を歌う花」チョン・ウヒ



全てにおいて自分より優れている友人に対する嫉妬心


ここで、ヨニに対するソユルの嫉妬心が爆発してしまう。

これ、気持ち分かるなぁと思った。

同じ夢を観て、隣にいる親友がその夢を先に叶えていく切なさ。

さらに、恋人までも取られてしまうなんて。

人に対する妬み、ひがみ、憎しみといった感情は、口には出さなくても、誰でも一度は経験があること。

同じだけがんばったはずななのに、神様は、友人だけを優遇していると思ってしまう哀しさ。

そして、その友人が誰よりも輝いて見えてしまう切なさ。

さらに、輝いている友人に比べて、自分はなんでもないちっぽけな存在なんだと感じてしまう劣等感。

こんなに惨めなことはないと思う。

そんなソユルの気持ちが痛いぐらいに良く分かり、彼女の姿に涙が止まらなかった。


韓国映画「愛を歌う花」ハン・ヒョジュ、ユ・ヨンソク



嫉妬心は全てを壊し、失ってしまう


そして、その嫉妬心は気持ちの処理の仕方を間違えると、凶器にも成り得る。

鋭い刃は、人を殺すほどの勢いがある。

嫉妬心は、誰も抱く感情だからこそ、その気持ちを込めて歌で表現すれば、多くの人の心に届いたはず。

しかし、気持ちに余裕がなかった当時のソユルはそのことに気付けずにいた。

彼女の嫉妬心は凶器となり、ヨニの心を殺してしまう。

彼女の仕返しの方法(日本兵を喜ばせるために歌う娼婦として送り込む)は、あまりにも酷すぎると思った。

これは、可愛さ余って憎さ百倍なのか。

ヨニは死に、ユヌもヨニの後を追う。

ところが、最後にユヌがソユルのために遺した歌「愛と嘘」という歌がある。

これは、ユヌがソユルに対する謝罪の歌だったのだが、ソユルが最も得意とする歌い方で作られた曲だった。

結局、ソユルの歌手としての才能を最も理解し、評価していたのはユヌだった。

しかし、そのユヌを死に追い込んだのもソユルだった。

そして、ソユルは友人も、恋人とも、歌手になる夢も全て失ってしまう…。

彼らは出会うにはあまりにも若すぎて、生きていくことが精一杯だった。

もっと大きなことに目を配ることができず、目の前のことに必死だった。

そこから生まれた悲劇は、あまりにも悲しすぎた。

もしかして、本当にこんなことがあったのかもしれないと思う程のリアリティを感じる作品だった。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「愛を歌う花」(字幕版)

愛を歌う花(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/2/26 16:09時点)


DVDで観る:「愛を歌う花」

愛を歌う花 【DVD】

新品価格
¥3,172から
(2018/2/26 16:09時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


イ・ビョンホン主演の映画「メモリーズ 追憶の剣」をWOWOWで観た。

共に王と戦うことを誓った3人の剣士だったが、1人が裏切ったために憎しみ合い、殺し合うことになってしまった彼らの運命を描く歴史ドラマ。

満足度 評価】:★★★☆☆

映像はとても美しいけれど、内容の薄っぺらさが非常に残念な作品だった。

もっと細部を丁寧に描けば重厚な作品にも成り得た気がした。

「メモリーズ 追憶の剣」予告編 動画

(原題:협녀:칼의 기억




「メモリーズ 追憶の剣」 通常版 【DVD】

メモリーズ 追憶の剣 通常版 【DVD】

新品価格
¥3,000から
(2016/12/18 13:49時点)



キャスト&スタッフ


出演者

イ・ビョンホン
…(「それだけが、僕の世界」、「天命の城」、「エターナル」、「MASTER マスター」、「マグニフィセント・セブン」、「インサイダーズ 内部者たち」、「ターミネーター/新起動:ジェネシス」、「王になった男」、「甘い人生」など)

チョン・ドヨン
…(「男と女」、「無頼漢 乾いた罪」、「ユア・マイ・サンシャイン」など)

キム・ゴウン
…(「コインロッカーの女」、「ウンギョ 青い蜜」など)

ジュノ(2PM)
…(「二十歳」、「監視者たち」など)

〇ペ・スビン

監督・脚本

〇パク・フンシク

2015年製作 韓国映画

メモリーズ追憶の剣



あらすじ


高麗王朝末期、最強として恐れられた3人の剣士、ドッキ(イ・ビョンホン)、ソルラン(チョン・ドヨン)、プンチョン(ペ・スビン)は王朝と戦っていたが、ドッキは権力に屈して王朝に寝返ってしまう。

そのドッキを殺そうとしたプンチョンはソルランによって殺され、生き残ったプンチョンの娘はドッキの剣により背中を切られてしまう。

その後、ドッキは王朝で将軍にまで登りつめ、最後の玉座を虎視眈々と狙い、ソルランはプンチョンが遺した娘ホンイ(キム・ゴウン)を一人前の剣士に育て、ドッキに復讐する機会を狙っていた…。

メモリーズ追憶の剣2



感想(ネタバレあり)


時系列が分かりづらいのが難点…


「この世の中を変えたい」という志を持った同士3人・ドッキ、ソルラン、プンチョン。

彼らは切磋琢磨して共に戦ったものの、最後の最後で、その仲間のうちの1人・ドッキが権力に屈して裏切ってしまう。

さらには、そのドッキへの愛が捨てきれずに、ソルランはプンチョンを殺してしまう。

しかし、ソルランは裏切り者を愛したことと、プンチョンを殺してしまったことへの良心の呵責から、ドッキへの復讐を誓い、自分自身は盲目となり、残されたプンチョンの娘ホンイを一人前の剣士に育て上げる。

ところが、実はプンチョンの娘ホンイはドッキに切られた時に死んでおり、その後、ソルランとドッキの間に生まれた娘をホンイとして育てていた。

娘は、その全ての事実を知りながらも、母に教えられた「復讐」を果たすため、腕を磨いていた。

というお話なんだけれども、どうにもこの全貌が伝わりにくい映画だった。

ストーリーは、ドッキが将軍となったところから始まり、過去のことはその間に回想シーンとして差し込まれていくが、時代劇ということもあって時系列が分かりづらく、この回想シーンはいつのものかと推理しながら先に進まないとならず、観客に対し不親切で雑な編集をしているなという印象を受けてしまった。


メモリーズ追憶の剣3



一つ一つのストーリーやキャラクター設定が薄い


最初から、最後まで、「この回想はいつの頃のものかな」…なんて、考えながら観ていったにも関わらず、内容はその割にとても薄っぺらい印象だった。

最強と言われた3人の剣士、ドッキ、ソルラン、プンチョンが登場するが、彼はなぜ、何のために王朝と戦っていたのか。

その理由が語られていない。

きっと王政が悪政だったんだろうということは想像がついても、どれ程までに酷い仕打ちを受けたから彼らは立ち上がったのか。

その理由が知りたかった。

そして、戦い抜き王の目の前まで来て、なぜドッキは仲間を裏切ったのか。

権力が欲しかったから?それとも王朝に入ったら、中から王政を覆せると思ったから??そこもまた、野心なんだろうなぁと推測するしかない。

そういう一つ一つのことの理由と、その心情背景が描かれないまま話が進んでいくために、物語はどんどん薄っぺらくなっていく。

その後、ドッキの忠実な部下として登場するユルについては、キャラクター設定さえも曖昧で、何か意味がありそうな役割を匂わせたまま、結局、あまり重要性を感じないまま終了してしまう。

もう少し、それぞれのキャラクターの持つ意味や、彼らの持つ「愛」や「憎しみ」の感情をもっと丁寧に描いていれば、もっと良い作品になっただろうなぁと思うと、とても残念だった。


メモリーズ追憶の剣4



内容よりも映像美に力を入れた感あり


その内容が薄くなった分、映像の美しさにはとても力を入れて描かれていた。

だからきっと、すごく美しい童話だと思って観ればいいのかなと思ったんだけど、その割に内容が「愛憎劇」だったので、そうもいかなくなってしまった。

ひまわりや、白い花が咲き誇る草原。

深い緑の竹林や、雨や雪のシーンもすごく効果的だった。

あぁ美しいなぁと思って見とれるシーンもいくつかあった。

それに、殺陣のシーンは、さすがの韓国クオリティで迫力満点だった。

しかし、あまり、ワイヤーを使って飛んだりしてしまうと、「足技」が見せ場の韓国カラーがちょっと薄れてしまって残念。

チョン・ドヨンやキム・ゴウンのような、あまりアクションシーンを演じてこなかった女優たちを使ったために投入したワイヤーなんだろうけど、「韓国だからこそ」の飛び蹴りやまわし蹴りを楽しみにしているファンも多いはず。

でも、まぁ、映像の美しさの力の入れようを見ると、内容の奥行きよりも、映像の美しさを重視したんだなという印象だった。


メモリーズ追憶の剣5



演技の上手さでも脚本の薄さはカバーできない


きっと、その分、イ・ビョンホンチョン・ドヨンキム・ゴウンといった新旧の演技派たちを集めて、演技の重厚さで内容の薄さをカバーしようと考えたのかなと思った。

しかし、残念ながらいくらうまい演技を見せられたところで、脚本の内容の薄さはカバーしきれない。

最後にホンイが念願の復讐を果たしたものの、「で、どうしたの??」っていうのが、私の率直な感想だった。

肝心なのは、「ホンイが復讐を果たして何を思ったか」だと思ったんだけど、そこについては何も語られず。

ということは、結局は、ソルランが自分の娘を巻きこんで復讐を果たしたかっただけの自分本位な物語だったのか。

ソルランは、ホンイに復讐を託したものの、未来は託していなかったのか。

彼らは、この世の中をよくするために生きていはいなかったのか…。

結局、復讐を果たして、「愛する人と死ぬまで一緒」という願いを叶えたかっただけの物語だったのか…。

なんだか、心に残るものもなく、残念な物語だった。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~



ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「メモリーズ 追憶の剣」 通常版 【DVD】

メモリーズ 追憶の剣 通常版 【DVD】

新品価格
¥3,000から
(2016/12/18 13:49時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック