とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:パスカル・ショメイユ



「ロマン・デュリスの偶然の殺し屋」をWOWOWで観た。

たまたま引き受けた仕事が「殺し屋」だったという失業中の男によるちょっと変わった職探しの顛末を描くコメディ映画。

劇場未公開の作品をどこよりも早く放送する「WOWOWジャパンプレミア」の一本。



満足度 評価】:★★★☆☆

失業中で、生活のために仕事をしたいけれど、やりたい仕事が見つからない。

そんな時は、向いている向いていないに関わらず、誰もやりたがらないような仕事をしてみたら、意外と成果があって、次につながっていくことがあるかもしれない。

そんな「仕事」に対して、前向きなパワーを感じる作品で、軽く楽しめる作品だった。



「ロマン・デュリスの偶然の殺し屋」予告編 動画

(原題:Un petit boulot/英題:Odd Job)




オリジナルサウンドトラック:「Un Petit Boulot」

Ost: Un Petit Boulot

新品価格
¥2,455から
(2018/3/15 16:50時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ロマン・デュリス
…(「パパは奮闘中!」、「ゲティ家の身代金」、「彼は秘密の女ともだち」、「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」、「ロシアン・ドールズ」、「スパニッシュ・アパートメント」など)

〇ミシェル・ブラン

〇アリス・ベレイディ

〇ギュスタヴ・ケルヴェン

〇シャーリー・デュポン


監督

パスカル・ショメイユ
…(「幸せになるための5秒間」、「バツイチは恋のはじまり」など)


2016年製作 フランス・ベルギー合作映画



ロマン・デュリスの偶然の殺し屋



あらすじ


フランスのある田舎町。

工場が閉鎖してしまったため、ジャック(ロマン・デュリス)は失業してしまう。

暇を持て余すジャックに、知人のガルドー(ミシェル・ブラン)が「妻を殺して欲しい」と殺人の依頼をする。

お金が欲しかったジャックは、ガルドーの話を引き受け、彼の妻を殺すと、次の殺人の依頼が舞い込み…。



ロマン・デュリスの偶然の殺し屋2



感想(ネタバレあり)


失業対策が殺し屋!?



現在のフランスでは失業率の高さに悩まされているという。

この映画が製作された2016年のフランスの失業率は10.04%であり、10人に一人が失業中である。

同じく2016年の日本の失業率が3.12%であり、日本の約3倍という数字を見れば、フランスにおける失業率の高さがよくわかる。

(参考:世界経済のネタ帳 フランス、日本、失業率の推移



そんなフランスの「失業事情」が、この映画のベースにある

主人公のジャックの場合は、それまで働いていた工場が経費削減によって閉鎖になってしまう。

その「町にあった大きな工場が閉鎖して失業者が大量にあふれる」という田舎町の風景は、フランスに限らず、世界中のどこの国でもよく見られる話だ。

この映画では、そんな失業中に人たちに「一風変わった解決方法」を提示している。



ジャックはそれまで工場で働く日々を「単調でつまらない」と思っていたけれど、実際に仕事を失ってみると、生活していけなくなり、やはり、仕事が必要だと思うようになるのだが、だからといって田舎町には工場で働いていた全ての人を受け入れる程の仕事がない。



では、失業者はこれからどうやって生きていけばいいのか。

その失業者問題について描いているのが、この「ロマン・デュリスの偶然の殺し屋」であり、その解決策の一つとして、ジャックが引き受けるのが「殺し屋」なのである



「殺し屋」というのは、発想がちょっと突飛だけれども、それが示すのは「誰もがやりたがらない汚れ仕事」である。

つまり、失業中の男が「誰もがやりたがらない汚れ仕事」を引き受けることで、彼自身の生活が変わっていくことをこの映画は描いているのである。



そう思ってこの映画を観ていると、「仕事をする」ということに対して前向きになり、「単調でつまらない日々」がどれだけ恵まれていることなのかがわかるようになってくるのである。



ロマン・デュリスの偶然の殺し屋4


「殺し屋」になってめぐってきた運



ジャックが殺し屋を引き受けたのは、はじめはお金のためだった。

お金が欲しくて知人ガルドーからの「妻を殺して欲しい」という依頼を引き受けてしまう。



そして、それがうまくいくと、ガルドーから次々と「暗殺依頼」が舞い込むようになる。



そうして、ガルドーの依頼を次々とこなしているうちに、ジャック自身の運が開けてくるようになる

仕事を受けた時は失業者だったジャックだったが、受けた直後に友達トムの紹介でガソリンスタンドの職が決まる。

そして、さらに仕事を重ねていくと、殺人容疑で疑われた時に行った警察でアニタと出会い、やがて恋人同士になる。



また、トムと一緒に働いていたガソリンスタンドは、トムと共同で買収することになり、ジャックはトムと共に経営者になる。

そうしてジャックは、かつて工場で働いていた時のように「単調な日々」を送り始めるようになる。

しかし、同じ単調な日々でも、工場で働いていた時はつまらなかった日々なのに、ガソリンスタンドを買収した現在は充実した日々になっているのである。



アニタと出会ったのも「殺人」の仕事を引き受けたことで活動の幅が広がったからだし、トムと共にガソリンスタンドを買収したのも、「殺人」の仕事で稼いだ金が元手になったからである。

どちらも、「殺人」の仕事を引き受けたからこそめぐってきた運なのである。

だからこそ、人生はいつ何が起きるかわからないのである。


ロマン・デュリスの偶然の殺し屋5


「どんなことも断らない」というオープンマインドが運を開く



そもそも、なぜ、ジャックにはそんな風に運が舞い込んでくるんだろうか。



それはジャックの「オープンマインド」にあると思った。

とにかく「来るものは拒まず」で、どんな仕事も受けてしまう

ドイツだろうが、スペインだろうが、仕事があれば出向く。

ときには、計画通りにいかず、予想通りの結果にならないこともあるけれど、それでも、めげずに次へと進む。



私は、そんなジャックの「断らないノリ」を観ていて楽しかった。

普通なら、なんだかんだと文句を言ってやりたくないアピールをするような仕事も、あまり深く考えずに「まぁ、なんとかなるだろう。とりあえずやってみるか」ぐらいに思っている。

それが、たとえ「殺人」という仕事であってもだ。



そんなジャックが、どんどん汚れ仕事を引き受けていくうちに、生活の活動範囲が広がり、運が開けていくのを観て「オープンマインド」っていうのは、幸運を呼び込むものなんだなぁと思うようになった。



ロマン・デュリスの偶然の殺し屋3


殺し屋とは、誰もやりたがらない汚れ仕事



私もこれまで様々な仕事をしながら生きてきたけど、どの仕事が自分に一番向いていたのかなんて、いまだによくわかっていない。

しかし、この映画を観ていると、仕事とは、自分が向いている向いていないを考えて選ぶものではなく、もしも、仕事がないのなら、たとえそれがどんな汚れ仕事であっても、「とりあえずやってみる」ということがあってもいいのではないかと思った。



この映画は、そのなかで「殺人」を推奨しているわけではなく、それは「だれもやりたがらない汚れ仕事」の比喩であって、その「だれもやりたがらない仕事」をしている中で、次第に本当にやりたいことが見えてくることもあるし、恋人に出会う可能性だってある

とにかく動いたらいいのではと提案している。



失業中だからといって、家の中に閉じこもって腐っていても、人生は何も動かないのだ

外へ出て、人と会い、会話をする中で、時には仕事の依頼を受けることもあるし、それが向いている向いていないに関わらず受けてみれば、思わぬ成果があって、それが次の仕事を呼び込み、やがて運が開けてくる。



本気で失業に悩んでいる人からしたら、ちょっと能天気な話のようだけど、「何もやらないよりはまし」ということだってある

時間があるなら、外へ出て人と会うだけでもいい。

家の中でじっとしていても、仕事が勝手にやってきてドアをノックしてくれるわけではない。



また、ジャックを演じているロマン・デュリスには、のらりくらりとした感じが良く似合う。

彼の「なんとなくうまくいっちゃった感」がとても良かった。



この映画は、コメディタッチでフランスの失業事情を描きつつ、ちょっとした自己啓発ものだった。

そこに、フランスの地方の田舎を感じることもできたし、ちょっとした拾い物だった。






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





オリジナルサウンドトラック:「Un Petit Boulot」

Ost: Un Petit Boulot

新品価格
¥2,455から
(2018/3/15 16:50時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ピアース・ブロスナン主演のコメディ映画「幸せになるための5秒間」をWOWOWで観た。

劇場未公開の映画をどこよりも早く放送するWOWOWの「ジャパンプレミア」の一本。

大晦日の夜、自殺しようと思ってタワーの頂上へ行った4人の男女。互いに知り合うことで再び生きる気力を取り戻していくコメディタッチの人間ドラマ。

出演ピアース・ブロスナントニ・コレット、アーロン・ポール、イモージェン・プーツサム・ニールロザムンド・パイク

監督パスカル・ショメイユ(「バツイチは恋のはじまり」)イギリス・ドイツ合作映画。

満足度 評価】:★★★☆☆

すごくつまらないわけではないけど、これといって心に残ることも無い作品だった。

「幸せになるための5秒間」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:A Long way Down)




ネット配信で観る:「幸せになるための5秒間」(字幕版)

幸せになるための5秒間(字幕版)

新品価格
¥400から
(2017/11/5 12:04時点)



原作本「ア・ロング・ウェイ・ダウン」

ア・ロング・ウェイ・ダウン (集英社文庫)

新品価格
¥886から
(2016/6/13 16:46時点)



「LONG WAY DOWN」DVD【輸入版】

LONG WAY DOWN

新品価格
¥1,338から
(2016/6/13 16:47時点)



あらすじ


テレビで朝の情報番組の司会をしていたマーティン(ピアース・ブロスナン)は、15歳の未成年と不倫関係になってしまい逮捕され、裁判で実刑判決を受けてしまう。

それがきっかけで、テレビのレギュラーも、妻も子供も全て失ってしまい、大晦日の夜、自殺しようと思い、自殺の名所であるタワーの頂上へ。

するとそこには、同じことを考えた自殺志願者たち…モーリン(トニ・コレット)、JJ(アーロン・ポール)、ジェス(イモージェン・プーツ)が集まってきて、マーティンは自殺することができず…。

そして、その翌日には、マーティンが有名司会者、ジェスが政治家(サム・ニール)の娘だったこともあり、新聞で大きく報道されてしまい、彼らは一躍有名人となるのだが…。

幸せになるための5秒間

感想(ネタバレあり)自殺を思いとどまるまでの5秒間


自殺をしようと思った時、実際に行動する5秒前に誰かが自分を必要としてくれていることを思い知らせてくれたら、思いとどまるかもしれない。

この映画では、その幸せになるための5秒間について描かれている。

登場するのは、今すぐこの世から消えてしまいたい4人の男女。

15歳の少女との不倫関係がきっかけで全てを失ってしまった元人気司会者マーティン。

何をやってもうまくいいかず、思い切ってイギリスに移住してきたアメリカ人のJJ。

父が有名な政治家で、姉は失踪して行方不明。それ以来、精神的に不安定なジェス。

息子に障害があり、毎日が在宅介護におわれるモーリン

そんな彼らに共通するのは、誰にも理解してもらえない空しさ

しかし、彼らは心に同じ傷も持つ者同士、少しずつ理解し合い、次第に絆を深めていく。

そんな話だった。

幸せになるための5秒間2

同じ心の傷を持ち、互いに乗り超えた戦友たち


うわ泣きそうだ…と、思った時。

隣にいる人が、自分より早く号泣していたら、泣くに泣けなくなってしまう…。

そんな経験はないだろうか。

泣くことと、自殺は大きく違うけど、似たようなものかなと思った。

マーティンは、本気で死のうと思ってタワーの屋上へ行ったけど、すぐそばに、やっぱり自殺したいという志願者がいて、死ぬに死ねなくなってしまった

そして、そんな経験と時間を共にした彼らは、まるで共に戦場を乗り超えた戦友のように絆を深めていく

誰にも理解されずに死のうと思っていた彼らが、同じ傷を持つ者同士だからこそ、互いを理解し合い、分かり合う。

幸せになるための5秒間3

目玉は豪華な出演者


この映画の目玉は、豪華な出演者、

主人公のマーティンを演じるのは、ピアース・ブロスナン

元007の彼が、未成年の女の子に手を出したばっかりに全てを失ってしまうという設定が面白かった。

他の出演作には、「マンマ・ミーア!ヒア・ウィーゴー」、「さよなら、僕のマンハッタン」、「ゴーストライター」、「サバイバー」、「スパイ・レジェンド」、「おとなのワケあり恋愛講座」など


他にも、トニ・コレット(「マダムのおかしな晩餐会」「へレディタリー 継承」「アンダーカバー」「シックス・センス」)や、サム・ニール(「ピーターラビット」、「心霊ドクターと消された記憶」、「ジュラシック・パーク」シリーズなど)、ロザムンド・パイク(「ゴーン・ガール」など)、アーロン・ポール(ドラマシリーズ「ブレイキング・バッド」)などが出演。

幸せになるための5秒間4

自殺を思いとどまったのはいいけど…


しかし、この映画で残念なのは、自殺を思いとどまったまではいいけど、そこからどうやって生きる気力をつけていったのかの過程が描かれていないこと。

バレンタインの日にJJが自殺を思いとどまったことで、一旦「自殺サークル」としての役割はそれぞれ終了したようだけど、彼らはその後どうやって日常生活に戻って行ったのか、

そこからいきなり320日後になってしまったので、その過程を知ることができず残念だった。

人は悲しみと失敗を乗り超えて克服し、新たの人生を歩み始めるのに、その「どのように克服したのか」について知りたかったのになぁと思う。

残念。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「幸せになるための5秒間」(字幕版)

幸せになるための5秒間(字幕版)

新品価格
¥400から
(2017/11/5 12:04時点)



原作本「ア・ロング・ウェイ・ダウン」

ア・ロング・ウェイ・ダウン (集英社文庫)

新品価格
¥886から
(2016/6/13 16:46時点)



「LONG WAY DOWN」DVD【輸入版】

LONG WAY DOWN

新品価格
¥1,338から
(2016/6/13 16:47時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
フランス映画 に参加中!
ダイアン・クルーガー主演のフランス映画「バツイチは恋のはじまり」をWOWOWで観た。

主人公の家に代々伝わる「1度目の結婚は早く終わる」というジンクスのために、好きな人と結婚できない女性のロマンティックコメディ

最近フランス映画が好きで、この映画もWOWOWで放送しているのを真っ先に観てみたら、やっぱり面白くて、良い映画だったんだよねぇ。

好きだなぁ。この「バツイチは恋のはじまり」

どうも、最近はフランス映画と相性が良いらしい。

「バツイチは恋のはじまり」予告編 動画

(原題:UN PLAN PARFAIT(完璧な計画)/FLY ME TO THE MOON(英題))






「バツイチは恋のはじまり」DVD

バツイチは恋のはじまり [Blu-ray]

新品価格
¥3,918から
(2015/11/28 01:11時点)



あらすじ


歯科医のイザベル(ダイアン・クルーガー)は、同じく歯科医のピエール(ロベール・プラニョル)と同棲するようになってから10年が過ぎていた。

イザベルの家では「一度目の結婚はうまくいかない」というジンクスが代々受け継がれており、ピエールと結婚しても、うまくいかないのではと恐れるあまりに、結婚に尻込みをしていた。

そこで、誰かと結婚して、すぐに離婚すれば良いと考えたイザベル。

その時、彼女の目の前には、旅行雑誌の記者をするジャン=イヴ(ダニー・ブーン)がいて・・・。

バツイチは恋のはじまり

感想(ネタバレあり) イザベルはすごく嫌な女だけど、私にも思い当たる節が・・・


この映画の主人公のイザベルって女は、とてつもなく嫌な女なんだよね。

すごく身勝手で、自分の家のジンクスから逃れるために、すごく人の良いジャン=イヴを散々利用して、それこそ本当にボロぞうきんみたいにいらなくなったら捨てるわけ。

「あぁ、酷い女だなぁ~」

って見てて思うんだけど、彼女を見ていて、すごく昔の自分を思い出したの。

やっぱり、私も、その昔に、とても人が良い男の人に、散々酷いことして、酷いこと言って、相手を傷つけて、私は知らん顔してたことがあったんだよね。

なんだか、その時のことを思い出して、私も随分酷いことしたよなぁって思いながら見てたら、イザベルがピエールと別れながらも、ジャン=イヴに踏み切れない気持ちがよく分かるなぁと思ったの。

どんな顔して会えばいいんだか分からないんだよね。

なんて言って謝ればいいんだか分からないの。

バツイチは恋のはじまり2

人の気持ちを汲み取って抱きしめるお父さんが素敵


この映画の中で、私が一番印象に残っているシーンは、ピエールとの結婚をやめたイザベルが、お父さんとツリーハウスの中でお話をするシーン。

お父さんは、イザベルにとっては、本当のお父さんではない。

そのツリーハウスを作ったのは、イザベルの本当のお父さん。

2番目のお父さんは、「このツリーハウスなんて壊してしまえ」と何度思ったことか。「今は、俺の家なんだ」と、いつも思っていたと。

お母さんにとって、1番目のイザベルのお父さんは、病気で亡くなっている。

決してうまくいかなくなったから、別れたわけではない。

2番目のお父さんのライバルは亡霊だった。決して、最初から幸せだったわけではない。

お父さんはイザベルにそんな話をして、全てがジンクスの通りではないことを伝えると、

「お前の大切な時間を無駄にしてはいけないよ」

と言う。

お父さんが、その時に、「やせっぽちさん」と言いながら、イザベルを抱きしめるシーンにはすごく胸が締め付けられた。

バツイチは恋のはじまり3

素直な気持ちを素直に伝えることが一番大切なこと


ジャン=イヴを傷つけてしまい、どんな顔していいんだか分からないイザベルは、お父さんに背中を押してもらったよね。

どんな顔して会うも、どんな風に謝ればいいのなんて、考える必要は無かった。

今の素直な気持ちで、素直に話をすればいい。

それで、最後には、あのイザベルのプロポーズが待っている。

だからね、あのお父さんのツリーハウスでの出来事が、どんだけイザベルに大きな力を与えたか。

私が、過去に傷つけてしまった相手は、私にとっては恋愛対象ではなかったけど、もしかしたら、相手は私に好意をもってくれていたのかもしれないと、今になって思う。

あの時、私も素直な気持ちで何か伝えておけば、今頃になって、こんな風に胸が痛くなることもなかっただろうなと思う。

最後の最後に、イザベルは本当によく頑張ったと思って、すごく感動した。



ハリウッド・フランス・ドイツで映画に出演するインターナショナルな女優・ダイアン・クルーガー


主役のイザベルを演じるのは、ドイツ出身で、最近ではハリウッドでもお仕事をしているダイアン・クルーガー。

パパが遺した物語」、「ナショナル・トレジャー」シリーズ、などなど。

本当にきれいな人で、あぁきれいだなぁって、時々、ぼんやり眺めちゃった。

そして、とても人柄がよく、ちょっとダサくて、ドジな ジャン=イヴを演じるのは、ダニー・ブーン(ミック・マック)

いや~、ジャン=イヴのドジっぷりには、かなり笑わせてもらった。

(毛が全部抜けちゃうところとか(笑))

でも、確かに!あんな人がそばにいたら、毎日がサプライズで、毎日が楽しいだろうねぇ~(笑)

監督は、ヴァネッサ・パラディ出演「ハートブレイカー」のパスカル・ショメイユ。

この映画が2作目。

バツイチは恋のはじまり5

フランス映画を好きなのは、「心の中をほじくって」欲しいから?


フランス映画って、そうやって、私の昔の引き出しをこじ開けたように、人の心の奥底に向かって、

「思い当たる節はありませんか??」

って問いかけるのが、すごく得意なんだよね。

えぇ、えぇ、確かに、思い当たる節はあるし、そのことで、昔の自分のダメだったところに久しぶりに会ったよ。

でも、そんな「ダメな人」も人間なんだよ。誰でも失敗はするんだよ。って皮肉交じりに、人間を描くのもフランス映画なんだよねぇ。

そんな、「心をほじくって欲しくて」

最近、フランス映画を観るのが楽しみな今日この頃。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「バツイチは恋のはじまり」DVD

バツイチは恋のはじまり [Blu-ray]

新品価格
¥3,918から
(2015/11/28 01:11時点)









↓ 「バツイチは恋のはじまり」も放送しているWOWOW_新規申込








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック