とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ヒトラー



ブルーノ・ガンツ主演の映画「ヒトラー~最期の12日間~」をNHK BSプレミアムで観た。

1945年4月のベルリン。地下要塞にこもっていたヒトラー。彼の秘書の視点から観た最期の12日間を描く。

満足度 評価】:★★★★☆

20世紀最悪の独裁者ヒトラーについて、その事実を描いたことにとても意義がある映画。

出演ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ララ、ユリアーネ・ケーラー、トーマス・クレッチマン

監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル 2004年製作 ドイツ・イタリア合作映画

「ヒトラー~最期の12日間~」予告編 動画

(原題:DER UNTERGANG /英題:DOWNFALL)




「ヒトラー ~最期の12日間~」Blu-ray

ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray

新品価格
¥1,391から
(2016/8/10 23:56時点)



原作本「ヒトラー 最期の12日間」

ヒトラー 最期の12日間

中古価格
¥298から
(2016/8/10 23:57時点)



あらすじ


特に熱心なナチ党員というわけでもない普通の女性トラウドゥルは、その好奇心から総帥ヒトラー(ブルーノ・ガンツ)の秘書に応募し、採用される。

それ以来、彼女が見てきたヒトラーについて、ベルリンがソ連に侵攻されてから最後の12日間が描かれる。

ヒトラー最後の12日間

感想(ネタバレあり) ヒトラーの最期って??


この映画で描かれるのは、まるでドキュメンタリー映画のようにリアルなヒトラーとその周辺にいるナチの姿。

特に、首都ベルリンがソ連に侵攻されてから、親衛隊と共に地下の要塞に潜った後の、最期の12日間が描かれる。

個人的にそれ程興味がないこともあり、ヒトラーがどんな最期を遂げたのか、私は全く知らない。

昔、中学ぐらいだったか、学校の授業で習った時は、「その死は謎に包まれている」だの「未だに死体が見つからない」だのそんな風に習った記憶があり、「どこか遠くへ逃げたのではないか」と、私は思っていた。

だから、この映画を観る際は、その「謎の死」についてどのように描かれているのかが私の興味の中心だった。

しかし、この映画を観てみると、そこには約1㎞先までソ連に攻め入られ、今にもドイツが完全に敗戦することに気付き、苛立ち、慌て、ヒステリーを起こしながら親衛隊に当たらり散らしている、1人の中年男の姿があった。


ヒトラー最後の12日間4

恐怖心にかられる小心者か…


その姿を見ていると、ヒトラーという人は、えらく小心者で、ドイツ以外の他国の多くを脅威に感じ、そのため、自分たち以外の人種を全て抹殺するという極端な思想に走ってしまった男に見えた。

その一方で、女性や子供には部下や親衛隊たちには見せない優しさや温かさを見せる一面もある。

もしかして、その彼の中の「他国、他人種に対する恐れ」のようなものがなかったなら、もっと違う指導者になれたのかもしれないなとさえ、思ってしまった。

実際、彼の都市計画の素晴らしさは未だに評価され(代表的な物にアウトバーンがある)、この映画の中でも、都市計画に対する夢を語るシーンがある。

その素晴らしい才能をもっと上手に使えれば、世界はもっと平和だったのにと思うとすごく残念だ。

ヒトラー最後の12日間2


その勝手なプライドのせいで…


しかし、結局、彼の恐怖心から来る独裁政権と民族浄化計画により、多くの無実な人の命を奪う犯罪人へと変貌してしまった。

そして、この映画で最も心に残るのは、「最後まで、自分が降伏するなんてあり得ない」という、彼のつまらないプライドだった。

もう、その何カ月も前に「この戦争は負け戦だ」と気付いていたはずで、もしもその時に降伏をしていれば、助かった命がたくさんあったという事実が非常に残念だ。

私たちは、そんな彼の最期の姿を見て、

「どんなに恐れられている独裁者も、最期に追い詰められれば、ただの気の小さい小市民と全く変わらない姿になる」

と学ぶことになる。


ヒトラー最後の12日間5

どんなに人間的に描かれても同情できない


そして、残念ながら、本人がどんなに小心者であろうと、女性と子供に対してどんなに優しい一面を見せようとも、この男に同情することはできない。

なぜなら、私たちは彼がどんなに極悪非道な人間なのかを知っているからだ。

だから、私にとって、最大の謎だった「彼の死に方」を知ったところで、「あぁそんな感じだったのかぁ」と思うしかない。

それは、彼の死に対して、気の毒だとか、悲しいとかいう感情がわかないからだ。


ヒトラー最後の12日間3


後世に伝えるために意義のある映画


正直な気持ちを言えば、この映画を「良い映画だった」と言っていいのか考えてしまう。

この映画を評価することは、ヒトラーそのものを評価しているような気分になってしまうからだ。

私がそんな気分になってしまうほどに、この映画はリアルでドキュメンタリー映画を観ているような気分になってしまう映画だった。

だから、「20世紀で最悪の独裁者とその親衛隊の末路を描いた」として、この映画はリアルで素晴らしかった。

また、今後もこの悲しい出来事を二度と繰り返さないためにも、この独裁者の最期を後世の人々に残すためにも意義のある映画だったと思う。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ヒトラー ~最期の12日間~」Blu-ray

ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray

新品価格
¥1,391から
(2016/8/10 23:56時点)



原作本「ヒトラー 最期の12日間」

ヒトラー 最期の12日間

中古価格
¥298から
(2016/8/10 23:57時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
トム・クルーズ主演の映画「ワルキューレ」を観た。

ナチスドイツ将校にいながらヒトラーの暗殺を企てたシュタウフェンベルグの実話を映画化。

ヒトラーを暗殺するために何をしたのか、それがどういう結果になったのかについては良く分かる映画だけど、その中でシュタウフェンベルグをはじめ、ヒトラー否定派の将校たちは、何を思い、何に葛藤していたのかが、中々伝わりにくい映画だった。

こういう歴史ものでは、史実を忠実に伝えることが第一なのは良く分かるけど、もっと人間らしさもあって良いと思った。


「ワルキューレ」予告編 動画

(原題:VALKYRIE)



「ワルキューレ」DVD

ワルキューレ [Blu-ray]

新品価格
¥3,405から
(2015/11/3 23:50時点)



シュタウフェンベルグについてもっと詳しく知りたくなったら

ヒトラーとシュタウフェンベルク家 ~「ワルキューレ」に賭けた一族の肖像

新品価格
¥3,456から
(2015/11/3 23:52時点)



あらすじ


1944年7月のナチスドイツ。

アフリカの前線で戦い負傷し、両手の一部と片目を失ったシュタウフェンベルグ(トム・クルーズ)は、ベルリン司令部での勤務となる。

そこで、オルブリヒト将軍(ビル・ナイ)に声をかけられ、ヒトラー暗殺計画に加わるよう声をかけられる。

そして、「ワルキューレ」という名前の暗殺計画を立てる

ワルキューレ


感想(ネタバレあり) ヒトラー暗殺計画・・・知らなかった


いや~、世の中には知らないことがいっぱいあるね(^^;

とても歴史に疎い私は、こんな暗殺計画があったことも、シュタウフェンベルグっていう、その後ドイツでは英雄になった将校がいたことも知らなかった。

だから、その事実を知れただけでも、観て良かったなぁと思う。

しかし、暗殺計画がうまくいかなかったことは、そんな歴史に疎い私でも知っている。

多分、世界中の人が、うまくいかなかったことを知っている。

ワルキューレ2

もっと将校たちの人間性を深掘りして欲しかった


だったら、この計画を映画化するのであれば、もう一歩踏み込んで、そのシュタウフェンベルグっていう人はどんな人だったのか、その人間性について、もっと深く描いて欲しかった。

もちろん、彼だけではなく、彼と一緒に行動していた将校たちも。

こちらから見ている側は

「どうせうまくいかないんでしょう」

という気持ちで観ている。

それなのに、ただひたすらに事実だけが、それも知っている人なら誰でも知っている事実が、ただ淡々と描かれているだけなら、心が弾まないし、引き込まれない。

これは、ドキュメンタリーではなく、ノンフィクション映画。

私たちが見たいのは、再現VTRではなく、

「ヒトラーを暗殺しなければならない」

という使命感に燃えた将校たちの胸の内。

ヒトラーが独裁者だなんて、誰だって知っている。

しかし、身内の中にもその反逆者がいたとなれば、彼らは日々命がけで何を思い、世界をどんな風に変えたいと思って行動を起こしたのか、その熱い決意を知りたかった。

ワルキューレ3

主役はトム・クルーズ。監督はブライアン・シンガー


主人公のシュタウフェンベルグを演じるのは、トム・クルーズ。

ミッション・インポッシブル」や「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」など、アクション映画が得意の彼が、この映画ではシリアスな演技に挑戦する。

ウィキペディアで見たところでは、この役を演じるにあたり、シュタウフェンベルグの遺族から苦情があったという。

私も、映画を見終わってみて、この役はトム・クルーズにピッタリだったか??

と聞かれれば、「No」と答えるでしょう。

残念ながら、ナチの制服を着て、ただセリフをしゃべっているだけの役になってしまったように思う。

ただし、それは、監督であるブライアン・シンガーの制作意図かもしれないので、トム・クルーズのせいとも言えず・・・。

ブライアン・シンガーは、傑作映画「ユージュアル・サスペクツ」を発表した後、「X-MEN」や「スーパーマン」などのヒット作の演出はしているものの、名作には出会えてないような気がする。

ここらで、初心に帰って、小さな作品を演出してみるっていうのはどうだろう・・・。

私には、「ユージュアル・サスペクツ」のカイザー・ソゼがいつまでも心から離れない程に衝撃だったので、あの時のブライアン・シンガーに戻ってきて欲しいんだな~。

ワルキューレ4

揚げ足取りはしたくないので、このへんで・・・


まぁ、そもそもが、ナチの人たちが英語をしゃべっている時点で、ちょっと絵空事のような気がしてしまった本作。

一体、ケネス・ブラナーやテレンス・スタンプは、どんな重要性があってキャスティングされたんだろう・・・

などなど、揚げ足を取り始めると止まらなくなってしまうので、この辺で。

とにかく、ブライアン・シンガーには、もっと心のこもった小さい作品を撮ることをおススメします(笑)



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ワルキューレ」DVD

ワルキューレ [Blu-ray]

新品価格
¥3,405から
(2015/11/3 23:50時点)



シュタウフェンベルグについてもっと詳しく知りたくなったら

ヒトラーとシュタウフェンベルク家 ~「ワルキューレ」に賭けた一族の肖像

新品価格
¥3,456から
(2015/11/3 23:52時点)












買取ならもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
ドイツ映画「ヒトラー暗殺、13分の誤算」の予告編を観た。

予告編を観ただけでも、すごく面白そうで、観たいなぁ。

ヒトラー暗殺未遂で逮捕された平凡な家具職人の人生の実話。

「ヒトラー暗殺、13分の誤算」予告編 動画

(原題:ELSER)



ヒトラー暗殺の映画といえば「ワルキューレ」DVD

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥2,660から
(2015/10/8 10:54時点)



一人の家具職人がヒトラー暗殺計画を立てる実話の映画化


ミュンヘンで行われたヒトラーの恒例の記念演説。

いつもよりも早く退席したヒトラー。

そして、その13分後に、会場で爆破事故が起きる。

その爆破事故の犯人として逮捕されたのは、どの政治団体にも属さないただの家具職人であり、彼のそれまでの人生を調べ始めるというお話。

ドイツがこれまで極秘にしていた話で、70年ぶりに明かされた真実の物語なんだって。

ただの家具職人がヒトラーを暗殺するっていう設定が面白いなぁと思ったんだけど、さらに、それが実話だったと聞いて、ますます観たくなった。

ヒトラー暗殺13分の誤算

もしも、暗殺計画が成功していた・・・


もしも~だったらという話は、言ってはいけない話のように思うけど、もしも、この時、暗殺計画が成功していて、ヒトラーが殺されていたら・・・と思わずにはいられない。

この事件が起きたのが1939年11月のことだから、もしも成功していたら、世界は今とはガラリと変わっていたことでしょう。

第二次大戦は無かったかもしれないし、日本も戦争をしなかったかもしれない。

原題のタイトル「ELSER」は、この映画「ヒトラー暗殺、13分の誤算」の主人公ゲオルク・エルサーの名前からきている。

彼は、ただの家具職人だったのに、なぜヒトラーを暗殺しようと思ったのか、そして、なぜドイツは彼の存在今まで隠してきたのか・・・。

その真実は映画の中で語られる。

あぁぁぁぁぁ観たいなぁ。この映画。

10月16日(金)からの公開予定。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ



ヒトラー暗殺の映画といえば「ワルキューレ」DVD

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥2,660から
(2015/10/8 10:54時点)













このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
ジョージ・クルーニ主演・脚本・監督、マット・デイモン共演の映画「ミケランジェロ・プロジェクト」の予告編を観た。

第二次大戦中、世界中から数々の美術品を略奪していったヒトラーから、美術品を守るために立ち上がった男たちがいた。

実際にあった話を映画化。

俳優が監督をやる映画は、当たりハズレがあるから、ちょっと引き気味で予告編を観てみたら、笑えるところもありそうだし、俳優たちは超豪華で、面白そうだった!これ観たい!!

「ミケランジェロ・プロジェクト」予告編 動画

(原題:THE MONUMENTS MEN)




映画の予習に!美術少年だったヒトラーを描いた「アドルフの画集」

アドルフの画集 [DVD]

新品価格
¥5,080から
(2015/9/29 11:14時点)



ヒトラーが美術収集家だった話を聞くと思い出す映画「アドルフの画集」


ヒトラーが美術が好きで、世界中の美術品を集めていたって話はよく聞く話だけど、それを阻止しようとしていた人たちがいたって話は初めて聞いた。

10年ぐらい前に、ジョン・キューザック主演の「アドルフの画集」って映画があって、そこではヒトラーは、政治家になる前は、地味な美術少年で、とても絵が上手だったっていう話だったけど、その映画のことを思い出した。

独裁者となって、権力を手にした後は、大好きな美術品を自分の手元においておきたくなっちゃったんだね。

そのヒトラーから美術品を守ろうとしていた人たちがいたなんて。知らなかったなぁ。

しかし、ヒトラーと聞くと、それだけで重そうな雰囲気を感じるけれど、予告編を観た限りでは、ちゃんと笑えるところも用意してあって、面白そう。

ミケランジェロ・プロジェクト

さすがジョージ・クルーニ監督の豪華なキャスティング


それに、出演者たちもとても豪華。

オデッセイ」「プロミスト・ランド」「インビクタス」「コンテイジョン」のマット・デイモン、「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ロスト・イン・トランスレーション」のビル・マーレイ、「ニュースの真相」「ブルージャスミン」「キャロル」のケイト・ブランシェット、「パトリオット・デイ」「バートン・フィンク」のジョン・グッドマンに、もちろん、ジョージ・クルーニ(「フィクサー」)

はぁぁぁぁぁため息の出るようなキャスティング。

もう、正直、このキャスティングを観ているだけで、この映画が観たくなったよね。

公開は11月6日。あぁ観たいなぁ



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



映画の予習に!美術少年だったヒトラーを描いた「アドルフの画集」

アドルフの画集 [DVD]

新品価格
¥5,080から
(2015/9/29 11:14時点)



















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック