とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ヒョンビン



ヒョンビン主演の韓国映画「スウィンダラーズ」を映画館で観た。

詐欺師だけをだます詐欺師が検事と手を組んで、大物詐欺師を捕まえる!?どんでん返しあり!のアクション・エンターテインメント作品。


満足度 評価】:★★★★☆

面白かった!!

詐欺師と検事が手を組んだ大捕り物。

数々の悪行をなした者には必ずその報いがあるという因果応報。

しかし、恨みつらみでドロドロせずにスカッと爽快なのは、ヒョンビンだから!

私も、このコンゲームにすっかり騙されて楽しんだ。



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「スウィンダラーズ」予告編 動画

(原題:꾼/英題:THE SWINDLERS)



更新履歴・公開情報

・2018年7月9日 映画館にて鑑賞。

・2018年8月12日 感想を掲載。

・2019年8月2日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD、共に販売中。詳しい作品情報は、下記公式サイトより。
 ↓



見逃しちゃった?でも大丈夫!韓国映画「スウィンダラーズ」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazon Primeで観る:「スウィンダラーズ」(字幕版)

スウィンダラーズ(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/8/2 18:39時点)



DVDで観る:「スウィンダラーズ」

スウィンダラーズ [DVD]

新品価格
¥3,195から
(2019/8/2 18:42時点)



【映画パンフレット】「スウィンダラーズ」

【映画パンフレット】スウィンダラーズ 

新品価格
¥2,300から
(2018/8/13 00:18時点)





キャスト&スタッフ


出演者




パク・ソンウン

〇ナナ(AFTER SCHOOL)

アン・セハ




監督

〇チャン・チャンウォン

2017年製作 韓国映画



韓国映画「スウィンダラーズ」




あらすじ


有名な詐欺師のドゥチルが死亡したというニュースが国中を騒がせるが、ファン・ジソン(ヒョンビン)は、まだ死亡していないと確信。

ジソンはドゥチルを追っている検事のパク・ヒス(ユ・ジテ)に接触し、ドゥチルを捕らえるための詐欺を提案する。

そこにヒスが裏で使っている詐欺師たちコ・ソクトン(ペ・ソンウ)、キム課長(アン・セハ)、チュンジャ(ナナ)も合流し、チームを組んでドゥチルの側近クァク・スンゴンに接近するのだが…。



韓国映画「スウィンダラーズ」ペ・ソンウ、ユ・ジテ、ヒョンビン




感想


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に掲載した感想をご紹介します。


スウィンダラーズ (2017)


★★★★ [80点]「騙されれば騙されるほど楽しい!」


これ、面白かった!!

詐欺師しか騙さないという詐欺師(
ヒョンビン)と、野心溢れる検事(ユ・ジテ)。

彼らは共通の敵を倒すために出会い、その敵を捉えるための大捕物を思いつく。



この映画は、何を言ってもネタバレになってしまうので、あまり多くは語れないけれど、

物語の前半には、様々な伏線が散りばめられ、後半には、それらが非常に美しく回収されていく。

数々の悪業を成した人は、その数だけ人の恨みを買い、それがいつか、きっちりと返ってくるという
因果応報を描いたエンターテイメントだった!



とはいえ、ドロドロとした恨みツラミはなく、スカッと爽やかに楽しめるのは、ひとえにヒョンビンを主役にした効果だろう。

その上、その
ヒョンビンと手を組む検事を「オールド・ボーイ」のユ・ジテに演じさせているところは、映画ファンへのプレゼントなのでは



私は、彼らが演じるコンゲームにすっかり騙されてしまい、最後の種明かしでは、思わず「うわぁ-」と口に出してしまった。

こういう映画は、騙された時ほど楽しいものはない。

日頃のイライラをスカッと吹き飛ばす爽快な作品になっているので、ぜひ、映画好きの人たちに観ていただきたい一本!!


Posted by pharmacy_toe on 2018/08/12 with ぴあ映画生活


見逃しちゃった?でも大丈夫!韓国映画「スウィンダラーズ」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon Primeで観る:「スウィンダラーズ」(字幕版)

スウィンダラーズ(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/8/2 18:39時点)



DVDで観る:「スウィンダラーズ」

スウィンダラーズ [DVD]

新品価格
¥3,195から
(2019/8/2 18:42時点)



◆【映画パンフレット】「スウィンダラーズ」

【映画パンフレット】スウィンダラーズ 

新品価格
¥2,300から
(2018/8/13 00:18時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヒョンビン主演、ユ・ヘジン共演の韓国映画「コンフィデンシャル/共助」を試写会で観た。

北朝鮮から流出した偽ドル札の原板を追う北朝鮮の刑事が、韓国の刑事と共助操作で犯人を追跡するアクション映画。

満足度 評価】:★★★★☆

面白かったーー!!

ヒョンビンかっこいい、アクションかっこいい、笑えるとこもたくさんあるし、南北関係にも思いをはせる。

そんな映画だった。


この感想にはラストに関するネタバレが含まれています。映画をご覧になってからお読みください。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「コンフィデンシャル/共助」予告編 動画

(原題:공조)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年2月1日 試写会にて観た感想を掲載。

・2019年3月8日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


ネット配信で観る:「コンフィデンシャル/共助」(字幕版)

コンフィデンシャル/共助(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2018/10/28 21:42時点)



DVDで観る:「コンフィデンシャル/共助」

コンフィデンシャル/共助 [Blu-ray]

新品価格
¥3,847から
(2018/10/28 21:42時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ヒョンビン
…(「王の涙 イ・サンの決断」など)

ユ・ヘジン
…(「1987、ある闘いの真実」、「タクシー運転手 約束は海を越えて」、「LUCK-KEY/ラッキー」、「国選弁護人 ユン・ジンウォン」、「あいつだ」、「極秘捜査」など)

…(「復讐のトリック」など)

〇ユナ(少女時代)


監督

〇キム・ソンウン


2017年製作 韓国映画



韓国映画「コンフィデンシャル/共助」


あらすじ


北朝鮮の刑事チョルリョン(ヒョンビン)は、上官のギソン(キム・ジュヒョク)によって奪われ、韓国に流出した北朝鮮の偽ドル札(スーパーノート)の原板を追って韓国のソウルへ向かう。

ソウルでは韓国の刑事・ジンテ(ユ・ヘジン)と共に共助捜査を行うのだが、スーパーノートの存在は極秘事項であり、ジンテに明かすことができない。

一方でジンテは、チョルリョンが「何を隠しているのか」を探るため、自宅に招いたり妻の手料理でもてなしたり、「人情で心を開かせる作戦」に出るのだが、ちょっとでも目を離すとチョルリョンは単独で行動をしていて…。



韓国映画「コンフィデンシャル/共助」ヒョン・ビン、ユ・ヘジン


感想(ネタバレあり)


アクション満載で笑える南北バディムービー


この記事を書いているのは2018年2月。

もうすぐ、韓国の平昌では冬季オリンピックが開かれてようとしていて、韓国と北朝鮮で「合同チーム」を作るか、作らないかがニュースで報じられている。

そこには、両国の首脳同士の思惑があるのだが、その思惑に振り回される選手たちも大変だろうし、気の毒だ。



きっと私たちが思う以上に、選手同士が「共に手を組む」ことの難しさがあるに違いない。

ちょっと軽めではあるけれど、その「難しさ」を描いたのが、この映画『コンフィデンシャル/共助』である。



はじまりは北朝鮮だった。

北朝鮮では「スーパーノート」(ずいぶん久しぶりに聞いた)と言われる偽ドル札を大量に印刷していた。

しかし、その原版が幹部兵士ギソン(キム・ジュヒョク)によって持ち去られ、韓国へ流出。



この世に存在していないはずのスーパーノートの原版が流出してしまった北朝鮮では、ギソンを犯罪者として国際手配し、近々行われる首脳会議に合わせて刑事・チョルリョン(ヒョンビン)を韓国へ送り込む。

韓国では、刑事・ジンテ(ユ・ヘジン)に共助捜査としてチョルリョンの相手をさせ、北朝鮮の「本当の狙い」を探る。

しかし、このチョルリョンがスーパーエリート刑事で、ジンテの監視をすり抜けてギソンを追い詰めていく…。



ストーリーだけを追うと、なんだかとてもシリアスな感じがするが、随所に笑えるところもあるし、アクションも迫力があって、「リーサルウェポン」のようなバディムービーに仕上がっていた

ヒョンビンのアクションがかっこよく、ユ・ヘジンの三枚目っぷりに笑いつつ、韓国と北朝鮮の関係も感じ取ることができるエンターテインメント娯楽作品だった。



韓国映画「コンフィデンシャル/共助」ヒョン・ビン、ユ・ヘジン


国の命令が絶対の北朝鮮刑事 VS 人情派の韓国刑事


北朝鮮の刑事・チョルリョンは「国の命令が絶対」の完全無欠なエリート

感情を表に出すことはなく、自分の目標に向かって狙った獲物にまっしぐら。

しかし、そんな彼も、その裏では殺された妻の復讐を誓っていた

当然、北朝鮮はチョルリョンのそんな「復讐心」を利用していた部分もあったに違いない。



一方で、ジンテは「うだつの上がらない」刑事である。

家族をこよなく愛し、目の前にいる犯罪者にも逃げられてしまうような、そんな刑事だ。

彼が共助捜査に選ばれたのは、チョルリョンに時間稼ぎのために観光案内をさせるためで、「仕事ができないからこそ」選ばれた人間だった。

韓国としては、チョルリョンにいろいろと国内を嗅ぎ回られては困ると考えたのだ。



韓国でよくあるタイプの「ワイロを使ってうまく立ち回る」ような悪いこともできないジンテは、日本でいえば下町にいるような「人情派」であり、完ぺき主義で全く愛想のないチョルリョンとは対照的である。



完ぺき主義者の二枚目と、人情派の三枚目のバディムービーと聞けば、ありがちなコンビのように聞こえるけれど、実は、そこには現在の南北関係が反映されているのである。



韓国映画「コンフィデンシャル/共助」ヒョン・ビン


「人情派」のジンテが示す「太陽政策」


南北の上層部は互いに「本当の狙い」を隠し、腹の探り合いをする中で、現場にいる南北の国民同士、チョルリョンとジンテは時間を追うごとに心の距離が近くなっていた



愛想もなく、無表情で感情を表に出さないチョルリョンだったが、次第に「人情派」のジンテの「おもてなし」により、少しずつ「凍っていた心」が溶けていき、次第に自分の身の上を話すようになる。

そして、チョルリョンとジンテの凸凹コンビも、「バディ」らしいコンビへと変化していく。



そのジンテのチョルリョンに対する「おもてなし」は、韓国の「太陽政策」を象徴している

「太陽政策」とは、軍事的な圧力よりも、人情や人間同士の交流で関係を融和させていくというもの。

だからこそ、ジンテはチョルリョンを自宅へ招くのだ。

そして、ジンテの家族との会話でチョルリョンは少しずつ心を開いていく。



しかし、その家族との会話の中でジンテの妻や義理の妹が「北朝鮮の人が飢えてるなんて、そんなぁ」と苦笑いする場面がある。

それに対してジンテは「お前らも少しは新聞を読め」とたしなめる。

そこには「主婦や若い人たちは政治に無関心」という、ややステレオタイプ的な描き方だけれども、「北朝鮮の現状が韓国に伝わっていない」という皮肉が込められている。



「太陽政策」で北朝鮮との関係を改善しようとしたけれども、進展は見られず、国は積極的には北朝鮮の現状を知らせていない一面があることがそこから見受けられる。



その現状があっての、これはチョルリョンとジンテの南北バディなのだ。

ほぼほぼ殺人兵器と化したチョルリョンの頑なになった心を、ジンテの温かいもてなしがその心を溶かし、最後にはチョルリョンがジンテを「ヒョン(兄貴)」と呼ぶまでになる

この二人の活躍と兄弟になるまでの過程には、韓国国民の願いが込めれられているように思う。



大事なのは、国同士の問題よりも国民同士の心の交流なのだ。



韓国映画「コンフィデンシャル/共助」ヒョン・ビン



国民の願いを乗せて映画は大ヒット


聞くところによれば、この映画は韓国で「上半期ナンバー1」の大ヒットになったのだとか。

もちろん、アクションと笑いが融合したそのエンターテインメント性が受けた結果だと思う。

しかし、そこには韓国国民の「南北統一の願い」が表れているのではと思った。



この映画の中で統一が語られることはないけれど、映画のラストでは、またしても合同捜査をしなければならない事件が起きて、次はジンテが北朝鮮へと向かうシーンで終わっている。



そこには、こういった「人的交流」の機会がどんどん増えていけばいいという希望が込めれれている。



とはいえ、今回の平昌オリンピックで、南北合同チームを作るにあたって、韓国国内からの反発の声が上がっているという。

やはり、現実は映画のようにはいかないのだ。

映画では描ききれない「生の人間の心情」というものがあるんだなぁと感じた。



映画と現実の違いを痛切に感じる平昌オリンピックなのである



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「コンフィデンシャル/共助」(字幕版)

コンフィデンシャル/共助(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2018/10/28 21:42時点)



DVDで観る:「コンフィデンシャル/共助」

コンフィデンシャル/共助 [Blu-ray]

新品価格
¥3,847から
(2018/10/28 21:42時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
韓国映画 に参加中!
ヒョンビン主演、韓国映画「王の涙 イ・サンの決断」をWOWOWで観た。

朝鮮李王朝第22代国王、イ・サンの暗殺計画が行われた24時間を描く。



満足度 評価】:★★★★☆

米櫃に入れられて殺された思悼世子(さどせじゃ)と、その息子イ・サンの話は、韓国の歴史ドラマの中でよく出てくる話であり、今回映画化されたイ・サンもテレビドラマで見て知っていたので、その「韓国人なら誰もが知っている人」をどう描くのかに興味があって観てみた。

面白かったなぁ。

特に、イ・サンの周りに取り巻く人たちの描き方がとても面白く、美しい映像もこの映画の見どころの一つだと思う。

「王の涙 イ・サンの決断」予告編 動画

(原題:역린(逆鱗))




「王の涙 イ・サンの決断」DVD

王の涙 -イ・サンの決断- [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/5/16 10:40時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ヒョンビン
…(「スウィンダラーズ」、「コンフィデンシャル/共助」など)

チョン・ジェヨン

チョ・ジョンソク
…(「造られた殺人」、
観相師」など

ハン・ジミン
…(
それだけが、僕の世界」、「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」など)

パク・ソンウン
…(
復讐のトリック」、「スウィンダラーズ」、愛を歌う花」、「無頼漢 渇いた罪」、「皇帝のために」、「ゴシップサイト 危険な噂」、「鬼はさまよう」など)

監督

〇イ・ジェギュ

2014年制作 韓国映画




あらすじ


イ・サン(
ヒョンビン)は、前国王である祖父を亡くして間もなく、李王朝第22代国王に即位したばかり。

それは、現王室最大の敵対勢力である老論(のろん)派にとっては、阻止せねばならないことであり、その老論派を裏で率いる大妃(
ハン・ジミン)は、イ・サン暗殺の指揮をとる。

しかし、そのことにいち早く気付いたイ・サンは、その芽を一つずつ摘み取ろうとするのだが・・・。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」



感想(ネタバレあり)


王の周りで世話をする人たちの悲しいお話


今回のこのイ・サンの物語の中で、私が最も心を惹かれたのは、幼い頃に捨てられ、そこから暗殺者として教育され、宮中に送り込まれた 77番、220番、224番のなんとも悲しい物語。

最もイ・サンに近く、誰よりも王のことを知っていた77番、尚冊(サンチェク)のカプス(
チョン・ジェヨン

幼い頃から、イ・サンと共に兄弟のように育ったカプスも、途中までは心の裏側は暗殺者だった。途中までは。

それが、いつの日からか、心からイ・サンに忠誠心を抱くようになる。

私が、この映画の中で最も印象に残っているのは、イ・サンがその尚冊の生い立ちを知ってしまった時。

本当だったら、その場で殺されてもおかしくない状況で、イ・サンは尚冊の追放を命じる。

泣いたわ~。この映画の中で、このシーンが一番泣いた。

これは、尚冊にも、イ・サンにも、とてもつらい瞬間だった。

イ・サンは涙を流し、尚冊は呆然と立ち去るしか無かった。

本当は、もう尚冊は改心しているのだから許してあげて欲しいと願いながら見たシーンだった。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン


恋する暗殺者は運命的に兄と再会する


220番・ウルス(
チョ・ジョンソク観相師」)は、暗殺の実行犯。

守りたいと思っていた女を目の前で王に奪われ、逆上。

ためらっていた暗殺も、率先して実行する立場に変わる。

しかし、77番とは、兄弟のように育った間柄で、お互いに常に命を案じる仲だった。

そして、220番ウルスと77番カプスは運命的に再会する。

220番は暗殺者として、77番は王を守る立場として。

「王はダメだ」と言いながら、自分の身を楯にしてウルスを守り死んでいくカプスの姿が悲しかった。

韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン



恋する洗濯女は密かに告発をする・・


224番、女官のウォレは、王の洗濯係。

目の前で、幼い女官に暗殺命令がくだるのを見て、幼い頃の自分を思い出し、それまでの生い立ちを王に直訴する。

この人は謎の人だったなぁ。

きっと、彼女と同じような人生を歩む子供たちを一人でも減らしたい。

そんな思いだったんだろう・・。

結局、彼女のおかげで暗殺者集団も、計画も明るみになったんだと、最後に知る。

220番に運命的に惹かれていったのは、同じ生い立ちを抱えていたからだったんだね。

彼らの恋の話も切なかった。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン、ハン・ジミン



周りの人たちの行動でイ・サンの人柄を思い知る


結局、77番も、220番も、老論派に育てられるも、王の側で働くことで、王を信頼し、王を守る方へと方向転換する。

それは、イ・サンという人の人柄の良さが分かるエピソードだ。

この周りにいた「幼い暗殺者」のエピソードは、他のイ・サンを描いたドラマなどには無い、映画オリジナルの登場人物で、彼らの人間性が魅力的だったからこそ、この映画「王の涙」は面白かったんだと思う。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン、チョン・ジェヨン



ヒョンビンの弓とチョン・ジェヨンの背中の焼き印


主役、イ・サンを演じるのは
ヒョンビン

ヒョンビンのドラマは観たことがあっても、映画で観るのは初めてかなぁ。

正直、イ・サンのイメージではなかったので、少し心配していたんだけど、思った以上にイ・サンになりきっていて良かった。

特に、弓を射るシーンが良かったなぁ。

それに、尚冊との別れのシーンは
ヒョンビンに泣かされたよ。

しかし!今回の映画で、最も素晴らしい功労者はその尚冊を演じた
チョン・ジェヨン(「さまよう刃」)だった。

自分は暗殺者であるという烙印を背中に焼き付けたまま、時にはイ・サンの相談に乗り、イ・サンのストレスも受け止めていた尚冊。

その動を秘める静の演技が見事だった。

最後、恩返しだったんだろう、なんとしてでもイ・サンに老論派を叩く書を届けたいと宮中に向かう姿がとても切なくて今でも私の記憶から離れてくれない。



韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン、チョン・ジェヨン



長編映画デビュー作のイ・ジェギュ監督


監督は、この映画が長編映画デビュー作となった
イ・ジェギュ

どうも、調べたところでは、この映画がプレビューされた時は、評論家の意見が批判的なものばかりだったそう。

しかし、公開してみれば大ヒットとなったので良かったというインタビュー記事を読んだ。

なんで、批判ばっかりだったんだろうね。

テレビドラマでは「ベートーベン・ウィルス」の演出を担当している
イ・ジェギュ

「ベートーベン・ウィルス」も好きなドラマだったから、ぜひ、批評家の批判を気にせず、映画を撮り続けて欲しい。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「王の涙 イ・サンの決断」DVD

王の涙 -イ・サンの決断- [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/5/16 10:40時点)









↓ 「王の涙 イ・サンの決断」も放送しているWOWOW_新規申込




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック