とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ビル・プルマン



ウディ・ハレルソン主演の映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」を試写会で観た。

ジョン・F・ケネディ大統領暗殺後、急遽、大統領に就任することになったジョンソン大統領を描く社会派人間ドラマ。



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

国民から絶大な人気を誇るJFKの代わりに、急遽、大統領に就任したLBJ 。

そこから彼自身もケネディのように愛される大統領になろうと考え直したところからが面白かった。

政治は国民のものなのだ

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『LBJ ケネディの意志を継いだ男』予告編 動画

(原題: LBJ)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年9月26日 試写会にて鑑賞。

・2018年10月12日 感想を掲載。

・2019年9月2日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画『LBJ ケネディの意志を継いだ男』公式サイト

見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazon Primeで観る:「LBJ ケネディの意志を継いだ男」(字幕版)

LBJ ケネディの意志を継いだ男 (字幕版)

新品価格
¥299から
(2019/9/1 23:30時点)



DVDで観る:「LBJ ケネディの意志を継いだ男」

LBJ ケネディの意志を継いだ男 [Blu-ray]

新品価格
¥4,377から
(2019/9/1 23:32時点)






キャスト&スタッフ


出演者






…(「ヘイトフルエイト」、「マニシスト」など)

監督

ロブ・ライナー
…(「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」、「最高の人生のつくり方」など)


2016年製作 アメリカ映画



映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」




あらすじ

1960年、リンドン・B・ジョンソン(ウディ・ハレルソン)は国会の民主党の院内総務として活躍していたが、予備選挙でジョン・F・ケネディ(ジェフリー・ドノヴァン)が民主党代表に選出され、JFKは大統領当選を果たす。

JFKから副大統領に指名されたLBJは、それを受けるが、実際にLBJの意見が反映されることはなかった。

しかし、1963年、ダラスでJFKが暗殺されると、LBJが大統領を務めることになるが、それをよく思わないロバート・ケネディ(マイケル・スタール=デヴィッド)としばしば対立するようになり…。



映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」




感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。

LBJ ケネディの意志を継いだ男 (2016)


★★★☆ [70点]「JFK の後釜という苦悩」


切り取る角度を変えると、歴史の違う表情が見えてくる」という歴史の見方の面白さを感じた作品。



まず、LBJ という名前になじみがないんだけれども、それは、リンドン・B・ジョンソン元大統領のこと。

彼は、上院議員の院内総務(一番力のある人)を務めていたため、大統領選挙に立候補するもJFKに負けてしまう。

ケネディとは、全く正反対の意見をもつLBJ だが、ケネディは力のある彼を副大統領に指名する。



ケネディは「敵は外よりも、近くに置いた方がいい」と考えたからだ。

とはいえ、世間が注目するのはJFKで、LBJの意見が反映される機会などない。



ところが、間もなくJFKが暗殺されてしまう。

アメリカでは「ベトナム戦争を長引かせた大統領」という評価を受けたLBJだったけれど、果たして本当にそうだったのか…と、この映画では問いかける



大統領に就任したJFKが推し進めていたのは、黒人の権利を認める公民権であり、国民は「アメリカに差別のない新しい時代がやってくる」と期待していた。

しかし、その、イケメンでスマートなケネディ大統領は暗殺されてしまい、アメリカに「ケネディロス」の波が押し寄せる。



そのケネディの代わりに「正しく法律にのっとって」大統領に就任したのは、南部の田舎町からやってきた保守的なおっさんのLBJだった。

それまでLBJは公民権に反対だったけれど、急遽、大統領に就任したことで、反対を貫き通すか、賛成するかの選択を迫られる



このLBJは、田舎から出てきたおっさん丸出しの古いタイプの政治家で、言うことも下ネタ満載だけれど、どこか憎めないタイプ。

彼は彼なりに、考え方は正反対だけれど、国民から絶大な支持を集めるケネディについて、彼が愛される理由を考え、自分も愛される人間になろうと努力していた

そんな彼の裏側の姿がここでは描かれているから、憎めないんだろうと思った。



「もしも、JFKが生きていたら、もっと違う世の中になっていた」というのは、よく語られることだけど、「もし、この時ジョンソンが違う選択をしていたら」というのは、あまり聞いたことがない。

今、多様性が叫ばれる時代だからこそ、この時のジョンソンの選択について、再考察するべきなのでは…と考えさせられる作品になっている



勉強不足な私としては、ケネディの次はニクソンだとばかり思っていて、このジョンソン大統領の印象がなく、それだけでも、とても勉強になった映画だった。



加えて、そのジョンソンを通して、JFKの偉大さを改めて感じる映画だった

政治とは、権力闘争で勝ち抜くためのものなのか、それとも、国民のためのものなのかを考えさせられる作品だった。


Posted by pharmacy_toe on 2018/09/29 with ぴあ映画生活


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon Primeで観る:「LBJ ケネディの意志を継いだ男」(字幕版)

LBJ ケネディの意志を継いだ男 (字幕版)

新品価格
¥299から
(2019/9/1 23:30時点)



DVDで観る:「LBJ ケネディの意志を継いだ男」

LBJ ケネディの意志を継いだ男 [Blu-ray]

新品価格
¥4,377から
(2019/9/1 23:32時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


エマ・ストーンスティーヴ・カレル共演の映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」を試写会で観た。

1973年に男女の壁を越え、世紀のテニスマッチ「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」を行ったビリー・ジーン・キングとボビー・リッグスの実話を描く。


満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

面白かった!

男女同権を求める戦いとは、性別の垣根をなくし、男女関係なく自分らしい生き方を手に入れることだと感じた。

今でも女性蔑視はあるけれど、現代の女性たちにとってビリー・ジーンのように権利を得るために戦った人たちの存在は尊い。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」予告編 動画

(原題:Battle of the Sexes)



更新履歴・公開情報

・2018年6月28日 試写会にて鑑賞

・2018年7月31日 感想を掲載。

・2019年6月30日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。詳しい作品情報などは下記公式サイトをご参照ください。
 ↓


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」は、現在U-NEXT で配信中


Amazon Primeで観る:「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(字幕版)

バトル・オブ・ザ・セクシーズ (字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/6/30 16:33時点)



DVDで観る:「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」

バトル・オブ・ザ・セクシーズ [AmazonDVDコレクション]

新品価格
¥1,500から
(2019/6/30 16:35時点)





キャスト&スタッフ


出演者

エマ・ストーン
…(「女王陛下のお気に入り」、「ラ・ラ・ランド」、「マジック・イン・ムーンライト」、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、「アメイジング・スパイダーマン」など)



〇サラ・シルヴァーマン


…(「バーレスク」、「チョコレートドーナツ」、ドラマシリーズ「グッド・ワイフ 彼女の評決」など)

…(「デス・ウィッシュ」など)



監督


〇ヴァレリー・ファリス


2017年製作 アメリカ映画



映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」



あらすじ


1973年、テニス界における賞金の男女格差について、女性の地位向上を訴えていた女子世界チャンピオンテニスプレイヤーのビリー・ジーン・キング(エマ・ストーン)は、テニス協会を出て女子テニス協会を立ち上げる。

そんなビリー・ジーンに対して、元男子世界チャンピオンのボビー・リッグス(スティーヴ・カレル)は、挑戦状をたたきつけ、テニスマッチ「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」を申し出る。

そんなことよりも、女子テニス協会の強化に集中したいビリー・ジーンはその挑戦を断っていたのだが…。



映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」エマ・ストーン、スティーヴ・カレル



感想



この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に投稿したものを紹介します。


バトル・オブ・ザ・セクシーズ (2017)


★★★★☆ [90点]「男女同権とは自分らしい生き方をする権利」

思っていた以上に素晴らしく、感動した作品だった。

もっと軽めのコメディタッチの作品かと思っていたら、そうではなく、男女同権を訴える勇気ある女性の物語だった。



1973年 女子テニス世界チャンピオンのピリー・ジーン・キングエマ・ストーン)は、テニス界における女性の地位向上のために戦っていた。

そんなピリー・ジーンに対し「男性至上主義」を訴える55歳の元男子テニス世界チャンピオンのボビー・リッグス
スティーヴ・カレル)が挑戦状を叩きつける。

そんな2人の試合は全米から注目を集めるようになり…。



今から45年前の1973年は、「女が男に勝てるはずがない」と言われ、「女は台所にいればいい」と言われていた

もしも今、そんなことを言われたら「なんて時代遅れな!!」と思ってしまうけれど、

それは、この映画の主人公ビリー・ジーンのように女性たちの権利を求めて闘った人たちがいるからである。



この映画がいいなと思ったのは、その世紀の戦いを描いただけではなく、そこに至るまでの2人の葛藤を描いているところだった。

ビリー・ジーンもボビーも、世界チャンピオンになった経験があるアメリカの偉大なテニスプレーヤーである。

そんな2人も、私生活に悩みを抱え、時には感情的になってしまうこともある



特に現役プレーヤーのビリー・ジーンは、感情に支配され、勝てるはずの試合を落としてしまうこともあった。

その一方で、ボビーは「ギャンブル癖」を克服出来ず、妻から離婚を言い渡されていた。



そんな彼らの姿は、偉大なるテニスプレーヤーにも普通の人たちと同じような悩みがあることを示している

そして、世紀のテニスマッチ「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」は、彼らにとっては自分自身との戦いであり、自分らしい生き方を手に入れるための戦いとなっていく。



つまり、それまでは何をするにも男性上位だった社会の中で、女性が男性と同等の権利を手に入れたいと主張するのは、「男性だから」「女性だから」という垣根をなくし、「人として自由に生きる権利を手に入れたい」と主張しているということなのだ。



ラ・ラ・ランド」でオスカー女優となったエマ・ストーンは今回も素晴らしい演技を見せてくれる。

前回とは、全く違うエマ・ストーンに驚かされた

戦う時の彼女は、まさにプロテニスプレーヤーの顔をしていて、気迫がみなぎっていた。



人は、自分の主義主張を通すためには、時には渡りたくない橋を渡らなければいけない時もあって、それを乗り越えた時、ようやく、これまで見たことのない景色が見えるようになるんだなと思った。

何かに挑戦したいと思っている人にオススメの作品。

きっと勇気をもらえるはず。


Posted by pharmacy_toe on 2018/06/28 with ぴあ映画生活


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」は、現在U-NEXT で配信中




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon Primeで観る:「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(字幕版)

バトル・オブ・ザ・セクシーズ (字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/6/30 16:33時点)



DVDで観る:「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」

バトル・オブ・ザ・セクシーズ [AmazonDVDコレクション]

新品価格
¥1,500から
(2019/6/30 16:35時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


リアム・ヘムズワース主演の映画「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」を観た。

「インディペンデンス・デイ」から20年。再び侵略者たちが地球へ攻めてくる。

満足度 評価】:★★★☆☆

すごくつまらなかったわけではないけど、残念なところが多い映画だった。

出演リアム・ヘムズワースジェフ・ゴールドブラムシャルロット・ゲンズブール、マイカ・モンロー、ビル・プルマン、ジェシー・アッシャー、ウィリアム・フィクトナー

監督:ローランド・エメリッヒ 2016年製作 アメリカ映画

「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」予告編 動画

(原題:INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE)




20年前の地球決戦「インデペンデンス・デイ」 Blu-ray

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]

新品価格
¥927から
(2016/8/11 12:28時点)



あらすじ


地球を侵略者の手から守って20年。

またしても侵略者たちが地球を襲ってくる…。


インディペンデンス・デイリサージェンス


感想(ネタバレあり) 小学生でも思いつきそうなストーリー展開…


お話はとても単純明快。

20年ぶりに宇宙から侵略者たちが地球を襲ってくる話。

今度の侵略者たちは、まるでよく訓練されたスズメバチのように、中心に女王をしたがえ、兵隊たちが女王のテレパシーによる指導の元、重力を自在に操りながら地球の建造物を破壊していく。

再び侵略される危機を迎えたアメリカ軍は、この20年で蓄えた頭脳と技術を使って、侵略者を迎え撃つ。

ここまでで、既にツッコミどころ満載。

筋書きは小学生でも思いつきそうな単純明快なお話で、随所で「アメリカは強いんだぜ!!」と言いながら拳を振り上げているそんな映画だった。


インディペンデンス・デイリサージェンス2

どこよりも強いアメリカは地球代表


ここで面白いのは、地球が侵略者によって攻められた時、「地球で一番強いのはアメリカ」であり、「アメリカの中で一番強いのは大統領」だから、「地球のみなさん、アメリカのやり方にしたがってもらいますよ。大統領の言うことをお聞きなさい」っていう考え方。

自己中心的なアメリカの発想。

それは、20年前の「インディペンデンス・デイ」から一貫して変わっていないのが面白かった。

とはいえ、この作品ではマイノリティに配慮したのか、アフリカの小さな部族の人たちや、フランス人の学者(シャルロット・ゲンズブール)、それに中国人の女性パイロットなど、多国籍な人々を登場させ、人類が一丸となって闘っている様子をアピールしている。

にしても、最終的に侵略者が攻めてきたのはアメリカであり、彼らを打ち負かしたのは米軍だったから、「アメリカ万歳」に見えた印象は変わらない。

インディペンデンス・デイリサージェンス3

クリーチャーがまるで爬虫類。昭和感のあるクオリティ


そして、もう1つ残念だったのは、ここへ登場する宇宙人にチープな印象を受けてしまうこと。

「ずば抜けた科学技術を持った宇宙人」の割に、その印象はまるで爬虫類。

ポケモンGOのモンスターの中にいそうで、「いかにもありがちなクリーチャー」ばかりが登場する。

ローランド・エメリッヒ監督はヒーロー映画がお嫌いらしいけど、その辺のクオリティは「スター・トレック」や「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのクオリティの高さと比べると、面白味が無い。

20年前のチープなクリーチャーを見せられて、「おぉーーこれはすごく頭が良さそうで、強そうだ!!」とは到底思えない。

だいたい、「宇宙人を仕切っているのは一匹の女王様」っていう設定は、すでに1997年に「エイリアン4」でやっていて新鮮さを感じない。

つまり、SFアクション映画にとって観客の心を惹きつけるのは、そのクリーチャーの独創性なのに、見た目もキャラ設定の時代遅れ感たっぷりという残念さだった。

「ヒーロー映画が嫌い」とバッサリ切ってしまう前に、最近の観客には何を求められているのか、クリーチャーに対し、どれだけ目が肥えているのかを考える必要があるように思う。

インディペンデンス・デイリサージェンス5

スピード感で畳みかける圧倒的な迫力はエメリッヒならでは


とはいえ、数あるヒット作を作り続けてきたローランド・エメリッヒ。

観客が映画館の座席に座ってから、最後まで飽きさせない方法をよく知っている。

私も「こりゃないわーー」「チープだわー」「このCGはただのアニメだわー」と突っ込みながらも、そのスピード感と次から次へと変わっていく場面展開に飽きることなく最後まで観てしまった。

世界中のランドマーク的建造物をぶち壊し、圧倒的な迫力で最後まで押し切るパワーは、彼ならではのものといえる。

だからこそ、この映画にしかない独創的な世界観があれば、もっと楽しめただろうなと思う。

その辺が本当に残念な映画だった。

インディペンデンス・デイリサージェンス4



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





20年前の地球決戦「インデペンデンス・デイ」 Blu-ray

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]

新品価格
¥927から
(2016/8/11 12:28時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
新作映画の話題 に参加中!
2016年夏公開予定の新作映画「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」の予告編を観た。

前作、「インディペンデンス・デイ」から20年。

さらに強大になった宇宙人が地球を攻めてくるお話。

【観たい度】:★★★☆☆

「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」予告編 動画

(原題:Independence Day: Resurgence)





続編の前に予習を!「インデペンデンス・デイ 」DVD

インデペンデンス・デイ [DVD]

新品価格
¥550から
(2015/12/24 00:00時点)



ウィル・スミスはギャラの高騰により出演しない・・・


まず、何よりも、前作から20年経ってるのかぁってことに驚きで(笑)

さらに、あの「インディペンデンス・デイ」に続編を作る必要があったのかということも、また驚きで(笑)

そして、前作で主役だったウィル・スミスは出演しない。

理由は、ギャラの高騰だとか。残念だなぁ。

続編の内容としては、20年前に倒した宇宙人たちが、さらにパワーアップして地球へ襲来。

地球人が、宇宙人と対決するというお話。

なるほど。前回同様、とっても分かりやすい。

インディペンデンス・デイ2

主人公は「ハンガー・ゲーム」のリアム・ヘムズワース


ウィル・スミスに変わって、主演は、「ハンガー・ゲーム」のリアム・ヘムズワース。

兄のクリス・ヘムズワースは、「マイティ・ソー」で地球を救い、弟のリアム・ヘムズワースは「インディペンデンス・デイ」で地球を救うなんて、救世主兄弟だな(笑)

他に、ジェフ・ゴールドブラム(「ウィークエンドはパリで」、「グランド・ブタペスト・ホテル」)は前作から続投。

前回、ウィル・スミスが演じたヒラー大尉の息子役に新人俳優のジェシー・アッシャーが大抜擢。

また、ヒロイン役には「とらわれて夏」「フィフス・ウェイブ」「イット・フォローズ」に出演したマイカ・モンロー。

えーと、「とらわれて夏」のどの役なんだろうか・・・。

ビル・プルマンは前作から続投し、シャルロット・ゲンズブールが新たに加入・・・。

監督は、ローランド・エメリッヒが続投。

さてさて、どんな話になるんだろうか・・・。

全米の公開は6月24日。日本での公開は2016年夏の予定。

「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」スーパーボウル TV CM(日本語字幕なし)









↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



続編の前に予習を!「インデペンデンス・デイ 」DVD

インデペンデンス・デイ [DVD]

新品価格
¥550から
(2015/12/24 00:00時点)



















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック