とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:フィリップ・シーモア・ホフマン



フィリップ・シーモア・ホフマン主演の映画「パイレーツ・ロック」をNHK BSプレミアムで観た。

1966年のイギリス。ラジオ放送の規制が厳しかったため、どの国からも規制を受けない北海上に船を出し、そこから音楽を流し続けた「海賊放送」があった。愛する音楽を守り、流し続けることに人生をかけたDJたちの物語。

満足度 評価】:★★★★★

この映画が大好きだ!!音楽もカッコイイし、DJたちもみんなカッコイイ!!笑いあり、感動あり、涙ありの最高の映画だった!!


出演フィリップ・シーモア・ホフマンビル・ナイリス・エヴァンス、トム・スターリッジ、ケネス・ブラナーエマ・トンプソン

監督リチャード・カーティス 2009年製作 イギリス、ドイツ合作映画

「パイレーツ・ロック」予告編 動画

(原題:THE BOAT THAT ROCKED)





「パイレーツ・ロック」DVD

パイレーツ・ロック [DVD]

新品価格
¥927から
(2016/8/18 16:20時点)



「パイレーツ・ロック」 オリジナル・サウンドトラック

パイレーツ・ロック オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥8,890から
(2016/8/18 16:20時点)



あらすじ


1966年のイギリスでは、政府がラジオ放送局でロックとポップスを流す時間を45分間と限定していた。

そのため、ブリティッシュロックとポップスをこよなく愛する国民のため、どの国からも規制のかからない北海の海上に船を出し、海賊放送を流し続けたラジオ放送局があった。

Radio Rock も、その放送局の1つ。

彼らは、アメリカから人気DJの伯爵(カウント)(フィリップ・シーモア・ホフマン)を呼び、24時間、ロックとポップスを流し続け、最も人気のあるラジオ局の1つだった。

カール(トム・スターリッジ)は、母の紹介でそのRadio Rockへ乗船したのだったが…。

パイレーツ・ロック

感想(ネタバレあり) 誰にも譲れない信念を貫くことのかっこ良さ


面白かったなぁ~。隅から隅まで面白かった。

誰にも譲れない信念を持ち、その信念を貫き通すことの素晴らしさ。

人生は、こうでなっくっちゃ、こんな風に生きて行きたい!!

そう思える映画だった。

1966年のイギリス。

政府はラジオ局でロックとポップスを流せる時間を45分と限定。

そのためラジオDJたちは、どの国からも規制のかからない公海である北海上に船を浮かべ、そこから24時間音楽を流し続けた。

まず、イギリスにそんな時代があったことを知らず、へぇ~と思いながら観ていた。

パイレーツ・ロック2

国内じゃむり。だったら、船の上からやろう!!


これ、最初に考えた人がすごいなぁと思った。

まず、国の弾圧を受けても諦めない。

さらに、法律の目をすり抜けて、「合法的に」、どこだったら音楽を流し続けることができるのかと考える。

あぁ、船の上だったらいいんじゃない??って。えぇぇぇぇ?船の上????

その発想がユニークだよなぁ~。

これが日本だった場合、東京に向けて放送するとなるとかなり遠くの太平洋のど真ん中に船を浮かべて、そこから放送するっていうことに。

えぇ??マジか??そんなことできるのか??

自分たちのこととして置き換えて考えてみると、すごく無理なことのように思える。

でも、この映画の中には、そんなことは無理だとか、できっこない、っていうネガティブな考えが微塵も感じられない。

それよりもむしろ、「俺たちスゲーだろ!!」的な自信を持って政府に挑んでる姿勢すら感じられる。

そこがカッコいいんだなぁ。

パイレーツ・ロック3

みんなちゃらんぽらんな人たちなのに、仕事になるとすごく真剣っていうギャップのかっこ良さ


さらに、この船 Rock Radio に乗っているDJたち。

ディスクジョッキーの仕事をしている以外の間は、とてもいい加減な人たち(笑)

音楽と同じぐらいに女性たちを愛し(笑)、しかも、すごくモテる。

死ぬほど遊んでるけど、音楽を愛する気持ちは誰にも譲らず、みんな誰もが「自分がNo.1のDJだ」と思って仕事に取り組んでいる。

その一見ちゃらんぽらんな人たちが、仕事やらせたら誰よりもすごいっていうギャップもまたすごく良い!!

中でも、やっぱり私が好きなのは、伯爵(カウント)。

「死ぬまで音楽を愛し抜く」と決め、No.1DJの座をかけてギャヴィンとチキンレースをして、その結果骨折したり、彼らを取り締まる法律ができても、一番最初に破ったのは伯爵だったし、船が沈む最後の最後までDJをやり続けたのは伯爵だった。

伯爵はチキンじゃない。

誰よりも勇敢なDJだった。本当にかっこ良かったなぁ。

パイレーツ・ロック4

幸せな時間は涙で終了


最後の最後、もう、彼らは終わりじゃないか…と思った時。

たくさんの船が、彼らを助けにやってきたシーンに涙した。

すごく泣いた。

あぁ、Radio Rockが終わっちゃう。

そう思ったら、すごく泣けちゃったんだなぁ。この映画がやっている時間がとても幸せだったから。

もちろん、助けに来てくれて良かったというホッとした部分と。

パイレーツ・ロック5


どうせ同じ人生を生きるなら、勇気を持って自分な好きなことをやり抜く人生でありたい。

信念を持ち続けて生きることって、本当にカッコイイ。

そう思える。本当に素敵な映画だった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「パイレーツ・ロック」DVD

パイレーツ・ロック [DVD]

新品価格
¥927から
(2016/8/18 16:20時点)



「パイレーツ・ロック」 オリジナル・サウンドトラック

パイレーツ・ロック オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥8,890から
(2016/8/18 16:20時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
さて、いよいよ「ハンガー・ゲーム」の最終章が11月20日から公開です!

私も、WOWOWさんのシリーズ一挙放送のおかげで、この数日で追いつきました(笑)



超簡単に、これまでの内容を説明すると、

独裁国家パネムでは、全国にある12の地域から、それぞれ男女一名ずつを選出して、最後に一人だけが生き残るまで殺し合いをさせる「ハンガー・ゲーム」を行っていた。

第12地区から選出された、カットニス(ジェニファー・ローレンス)とピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)は、見事、勝者となり、虐げられた生活を送る国民の希望となる。

それをよく思わないスノー大統領(ドナルド・サザーランド)は、革命のシンボルとなりつつあるカットニスを殺すため、ハンガー・ゲーム優勝者大会を行う。

しかし、その裏で、滅びたはずの第13地区のコイン首相(ジュリアン・ムーア)は革命軍を興し、水面下で活動を行っており、そのゲームにも、何人かの革命派を送り込んでいた。

そして、優勝者大会で、革命派の誘導もあり、カットニスはゲーム会場を破壊、コイン首相は彼女を無事救出する。

しかし、ゲームの中で、「カットニスの恋人」とされたピータは救出することができなかった・・・。

救出されたカットニスは、コイン首相と、参謀のヘブンズビーにより、国民の救世主として、そのイメージを作り上げられていた・・・。

▼ それぞれの詳しいお話と感想はこちらから ▼

ハンガー・ゲーム

ハンガー・ゲーム2

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス


ハンガー・ゲーム4


そして、最後の最後に、パネムからピータを救出したものの、彼は生きる殺人兵器として洗脳されていたところで、話は終了しています。

おっとと~、かわいそうなピータはどうなっちゃうの~??

では、「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」の予告編を観ましょうか。

「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」予告編 動画

(原題:THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 2)




「ハンガー・ゲーム」

ハンガー・ゲーム [Blu-ray]

新品価格
¥1,350から
(2015/11/11 11:08時点)



「ハンガー・ゲーム2」

ハンガー・ゲーム2 Blu-ray

新品価格
¥1,490から
(2015/11/11 11:09時点)



「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(初回限定版) [Blu-ray]

新品価格
¥3,789から
(2015/11/11 11:10時点)



予告編を観たところでは、どうやらピータは無事なようで。

良かった。

そして、いよいよ、vs スノー大統領の決戦が始まりますね。


なんか、こんな映像もあるんですね。

「第13地区PR動画」なんてものも見つけました。

「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」第13地区PR映像





なんか、一瞬、カットニスがダースベーダに見えたけど、大丈夫か??(笑)

「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」インタビュー


ジェニファー・ローレンスとリアム・ヘムズワースへのインタビュー動画を見つけました。

撮影の裏話など聴けるので、興味のある方は、是非。




2人ともすごく仲が良さそう(^-^)

リアムが話している間、ジェニファーがずっと見つめているのが印象的。



そして、ストーリー展開も気になりますが、この映画は、音楽の使い方もとても好き。

音楽かっこいいなぁ~と思ったら、監督ゲイリー・ロス(「シービスケット」)は、ミュージックビデオの監督の経験もあるそう。

なるほどなぁと思うのは、カットニスが歌う「the hanging tree」のシーン

The Hunger Games: Mockingjay - Part 1 "The Hanging Tree"




「The Hanging Tree ((Rebel Remix) From The Hunger Games: Mockingjay Part 1)」

The Hanging Tree ((Rebel Remix) From The Hunger Games: Mockingjay Part 1)

新品価格
¥250から
(2015/11/11 10:59時点)




タイトルが「首吊りの木」なんて、ちょっとショッキングだけど・・・

これだけ見ても、ミュージックビデオ観たいで、思わず見入ってしまう。

FINAL:レジスタンスでは、この曲がとても効果的に使われているけど、レボリューションでも使われるんだろうか・・・。


いろいろ動画を観ていると、ますますレボリューションが楽しみになる~。

音楽と言えば、私は、「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」のエンディングの曲がすごく好き。

Lorde - Yellow Flicker Beat (Hunger Games)




Yellow Flicker Beat (From "The Hunger Games: Mockingjay Part 1" Soundtrack)

Yellow Flicker Beat (From "The Hunger Games: Mockingjay Part 1" Soundtrack)

新品価格
¥250から
(2015/11/11 10:57時点)



かっこいいなぁと思って、速攻で調べました。

Lordeも、今後チェックしたいなぁと思うシンガーになった。

最後は、どんな終わり方をするのか、超期待~

その気になる最終話は、11月20日 世界同時公開!!楽しみだ~



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
ジェニファー・ローレンス主演のシリーズ第3弾、「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」をWOWOWで観た。

ハンガー・ゲーム2」で国民の反乱への闘志に火をつけたカットニスが、革命のシンボルとして立ち上がる姿を描く。

面白かったけど、今までの3作品の中では、一番中だるみを感じた作品だったなぁ。

第3作目は、「正しいジャンヌ・ダルクのつくり方」

カットニスをシンボルとして祭り上げようとしている参謀の動きが面白かった。

ハンガーゲーム3_1

「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」予告編 動画

(原題:THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 1 )




「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」DVD

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(初回限定版) [Blu-ray]

新品価格
¥3,789から
(2015/11/9 16:50時点)



原作本「ハンガー・ゲーム3 上 マネシカケスの少女」

ハンガー・ゲーム3 上_マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ)

新品価格
¥637から
(2015/11/9 16:51時点)



原作本「ハンガー・ゲーム3 下 マネシカケスの少女」

ハンガー・ゲーム3 下_マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ)

新品価格
¥637から
(2015/11/9 16:52時点)



あらすじ


前作のハンガー・ゲームで、電磁波ドームを破壊したカットニス(ジェニファー・ローレンス)。

それを見ていた国民たちは、カットニスに続いて反乱を起こせと蜂起する。

しかし、スノー大統領(ドナルド・サザーランド)は、国中で起こり始めた暴動を制圧するため、武力行使をし、カットニス、ゲイル、ピータが住んでいた第12地区は壊滅状態にされてしまう。

気を失ったまま助けられたカットニスが目を覚ますと、そこは全滅していたはずの第13地区であり、そこでは、地下で多くの市民が革命に向けて着々と準備を進めていた。

カットニスは、そこにピータがいないことに憤慨する。

第13地区のコイン首相(ジュリアン・ムーア)と、ゲーム・メイカーのヘブンズビー(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、
全国に名の知られたカットニスをシンボルにすべくカットニスに働きかけるが、カットニスには決断ができない・・・。

ハンガーゲーム3_2

感想(ネタバレあり) 参謀たちが演出する「革命のシンボル カットニス」


今回は、カットニスが革命のシンボルになるまでが描かれているんだけど、これを見ていると政治の選挙戦(特にアメリカ)をみているような気分になる。

これが観ていて、なるほどなぁ、さすがアメリカだよなぁと思うことしきりで面白かった。

まず、カットニスがシンボルになると決意した時、一番最初にやったことは、衣装選び。

何より見栄えが大事なんだな。

選挙でも、まずやることはポスター作りよね。

着ているスーツとか、ネクタイの色とかいろいろこだわるじゃない。

あれと一緒。

今は亡きシア(レニー・クラヴィッツはどこへ行った??)の提案により、ハンガー・ゲームで重要な役割をした「マネシカケス」をテーマにした衣装を作成。

(だから、原題の「マネシカケス」はとても大事なのに、日本版のタイトルではバッサリカット(笑))

ちなみに、マネシカケスは人の言葉を真似する鳥(架空だよ、もちろん)で、鳥から鳥へつぶやきが伝わっていく。

カットニスがマネシカケスのイメージということは、カットニスの革命にかける思いが、人づてに全国へ伝わっていくということを意味している。


ハンガーゲーム3_3

イメージ戦略には、ショートムービーも大切


そして、所信表明をするイメージビデオづくり。

国民たちを、革命へうまく誘導するような動画を作らなければいけない。

最初はスタジオ撮影で、スローガン読ませたり、風を当てて強さを際立たせたり。

まるで棒読みで使いものにならなかったカットニスが面白かった。

ジェニファー・ローレンスって、やっぱりうまい役者さんなんだなぁ(笑)

ここでヘイミッチ(ウディ・ハレルソン)が、戦地へ連れて行けと言った一言が大正解。

このカットニスの分かりやすい感じが、使われてしまう要因なんだなぁ。

カットニスをシンボルに仕立てる会の参謀たち、コイン首相、ヘブンズビー、ヘイミッチ、ビーティ(ジェフリー・ライト)とアフィ(エリザベス・バンクス)・・・。

今のところ、彼らの思惑通りにうまいこと洗脳されていくカットニス。

ハンガーゲーム3_4

ピータは計算外だったのか、それとも計算ずくだったのか


ここまで来ると、彼ら参謀たちにとって、一番の問題は「人間兵器」になって帰ってきたピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)のこと。

一番最初、カットニスの復讐心をあおるため、助けられたピータを置いていったのは、計算通り。

でも、もう十分役割を果たしたと思われたピータを奪還に行くと、彼が人間兵器と化していたことは、彼らの計算通りだったのか。

これからカットニスには重要な役割を果たしてもらわなければならない時に、今度はピータをどう使うのか。

っていうところで、話は最終話へ。

ハンガーゲーム3_5

大女優 ジュリアン・ムーア登場


今回、レギュラーメンバーに加え、新たなメンバーになったジュリアン・ムーア。

第13地区のコイン首相を演じる。

どんなことにも妥協を許さず、常に冷静沈着な指導者コイン首相。

でも、個人的には、ジュリアン・ムーアとフィリップ・シーモア・ホフマンの二人のシーンが多かったので、二人の演技を見ているだけで、幸せな気分になったなぁ。

「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」予告編 動画

(原題:THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 2)

第3作目は、最終章へのつなぎなようなものかな。

シンボルとしてのカットニスの出だしは、まずはOKっていったとこかな。

今後、一番気になっているのは、ピータの身の安全(笑)

では、気になる予告編を見ようか。




どうやら、ピータは大丈夫そう??

予告編を見る限りでは、レボリューションの方が面白そうだよねぇ。

いや~、やばいな。観たいなぁ~。

公開は2015年11月20日 全世界同時公開。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」DVD

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(初回限定版) [Blu-ray]

新品価格
¥3,789から
(2015/11/9 16:50時点)



原作本「ハンガー・ゲーム3 上 マネシカケスの少女」

ハンガー・ゲーム3 上_マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ)

新品価格
¥637から
(2015/11/9 16:51時点)



原作本「ハンガー・ゲーム3 下 マネシカケスの少女」

ハンガー・ゲーム3 下_マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ)

新品価格
¥637から
(2015/11/9 16:52時点)



↓ 「ハンガー・ゲーム」も放送しているWOWOW_新規申込





買取ならもったいない本舗



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最新版の「ミッション・インポッシブル5」の予習をしようと思って、WOWOWで放映していた「m:i:3」を観た

アクション満載で、テンポも早くて面白かった~

でも、感想と言われると、それだけしかない映画でもあるんだよねぇ (^^;

「m:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3」予告編 動画





「ミッション:インポッシブル」シリーズは、現在U-NEXT で配信中


Amazon Primeで観る:M:i:III (字幕版)

M:i:III (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/16 10:54時点)



DVDで観る:「M:i:III」

M:i:III [Blu-ray]

新品価格
¥1,626から
(2018/7/16 10:55時点)





キャスト&スタッフ


出演者

トム・クルーズ


ヴィング・レイムス


〇ジョナサン・リース=マイヤーズ

〇マギーQ






監督・脚本

J・J・エイブラムス


2006年製作 アメリカ映画




あらすじ


イーサン・ハント(トム・クルーズ)は、現場での諜報活動から退き、隊員を養成する仕事に就き始めたことを機に、かねてから付き合っていたジュリア(ミシェル・モナハン)と結婚することに

しかし、そんなイーサンの元へマスグレイブ(ビリー・クラダップ)から、ある任務の命令がくだる

それは、武器商人デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)に捕らえられてしまった隊員リンジー(ケリー・ラッセル)を救出するという任務だった

リンジーは、イーサンの教え子だということもあり、その任務を引き受けるのだが・・・

映画「ミッションインポッシブル3」

感想(ネタバレあり)


なんと言っても、アクション至上主義


まぁ、なんと言っても、この映画の見どころは、アクション、アクション、アクション

ストーリーなんて、あって無いようなもの。

理解しなくても十分楽しめる

最初から、最後までジェットコースターに乗った気分で全部楽しく乗り切ったもん勝ちの映画なんだなぁ

それも、イタリア、上海、アメリカと、例によって世界各地に飛ぶイーサン。

いろんな景色を観ていると、一緒に旅してる気分にもなれちゃう!


中でも、私が一番印象に残っているアクションシーンは、上海の高層ビルを乗り移るところ

斜めになっているビルの上空から落ちてきて滑りながら敵を撃つシーンはドキドキしながら観た!



映画「ミッションインポッシブル3」



あまりストーリーに印象がなくて・・・


って、面白いのはそこまで。

残念ながら、ストーリーに魅力が無いもので、それ以上に、グッと惹きつけるものが無い

見終わって、

「いや~アクション凄かったなぁ~。で、この局長って人は悪い人じゃないかったっけ??」

なんて、ストーリーの内容が頭からすっぽり抜けちゃってる

というよりもむしろ、そこには全く力を入れていない・・・

印象がアクションシーンしか残らないので、肉付けが無くてとても薄い感じ・・・



映画「ミッションインポッシブル3」トム・クルーズ



フィリップ・シーモア・ホフマン投入で、面白く見せようと努力した形跡あり


しかし、それでも、いつもより面白く見せようという努力は感じられる

何より、今回の悪役は、今は亡き名優「誰よりも狙われた男」のフィリップ・シーモア・ホフマン
私は、この人が悪役を演じる時のすごくいやらしい目つきが好きなんですよねぇ~(笑)

演技派の彼を、悪役にキャスティングしたあたりで、とてもやる気が感じられる

そのために、異例のファーストシーンは、フィリップ・シーモア・ホフマンからという、制作サイドの力の入れよう

しかし!残念ながら、フィリップ・シーモア・ホフマンの見どころはそれほど無い・・・

その、ファーストシーンぐらいかな

 ↓ もっと気持ち悪いシーンを増やして欲しかった フィリップ・シーモア・ホフマン
映画「ミッションインポッシブル3」フィリップ・シーモア・ホフマン



その他の俳優陣もとても豪華な面々


トム・クルーズと、フィリップ・シーモア・ホフマン以外の出演者も豪華で、IMFの局長にはローレンス・フィッシュバーン

その部下でイーサンに命令をくだすマスグレイブにはビリー・クラダップ

イーサンの教え子で、今回の事件の発端となったリンジーにはケリー・ラッセル

MIシリーズ常連のヴィング・レイムスミシェル・モナハンサイモン・ペッグ等々は、今回もご出演


今回は、ミッション・インポッシブル5へとつながる予習のつもりで観た

同じくアクション映画でも、「ジェイソン・ボーン」シリーズみたいに内容が充実した作品もあるので、

アクションも楽しめたし、今後に向けて、もうすこし内容を肉付けしてくれるとありがたいなぁ。

関連記事


ミッション:インポッシブルシリーズ


「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(MI4)核戦争を阻止せよ!アクション連発であっという間の2時間。MIシリーズ第4弾

「ミッション:インポッシブル/ローグネイション」トム・クルーズ主演の人気シリーズ第5弾。とにかく怒涛のアクションが気持ちいい!トム・クルーズに老いは無し!【感想】

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」映画館でしか体験できない!!まさに怒涛!!生身のアクションを満喫せよ!人気シリーズ第6弾!トム・クルーズ主演【感想】


「ミッション:インポッシブル」シリーズは、現在U-NEXT で配信中






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:M:i:III (字幕版)

M:i:III (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/16 10:54時点)



DVDで観る:「M:i:III」

M:i:III [Blu-ray]

新品価格
¥1,626から
(2018/7/16 10:55時点)



M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

新品価格
¥1,200から
(2015/8/24 00:54時点)



M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥19,800から
(2015/8/24 00:55時点)





 ↓ 「m:i:Ⅲ」も放映しているWOWOW_新規申込






 ↓ 古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


とても静かでいて力強く、心をつかんで離さず、ラストには呆然としてしまい、しばらく何も考えられなかった

名優 フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作。

WOWOWで放映しているのを見た

「誰よりも狙われた男」予告編 動画

(原題: A MOST WANTED MAN)




あらすじ


ドイツのハンブルグにあるテロ対策チームの責任者 バッハマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、イスラム系テロ組織に大金を流している大物実業家アブドゥラを追っていた
そんな中、バッハマンは、チェチェンから一人のイスラム系移民イッサがハンブルグに流れ込んできたことを知ると、彼を監視し、調査し、チェチェンでテロを起こした過去を知ると、彼を利用してアブドゥラに近づく作戦を思いつく
しかし、移民の人権を保護することが専門の女弁護士アナベル(レイチェル・マクアダムス(「アバウト・タイム」))がイッサをバッハマンから守ろうとし、さらに、CIA(ロビン・ライト(「ブレードランナー 2049」、「ワンダーウーマン」))がこのことを嗅ぎ付け接触してくる・・・



感想(ネタバレあり) カーチェイスもアクションも無いスパイ映画


スパイ映画と聞けば、「007」、「ミッション・インポッシブル」、「ボーン・アイデンティティ」・・などなど、派手で華麗な映画の印象があるけど、この映画にその派手さは無く、むしろ地味

アクションシーンは一つも無く、カーチェイスもない

この映画は、テロリストを巡るスパイたちの心理戦にフォーカスをあてて描かれている

ドイツ当局内部、CIA、弁護士、銀行家、それぞれに思惑があり、その思惑にしたがってイスラム系テロリストのイッサに近づいていくが、それぞれの思惑違いから、心理戦を引き起こしていく。

その心のやり取りがこの映画の面白さ


彼らの「思惑」とは何か

ドイツ当局も、CIAも目指しているのは世界平和

ドイツ当局のバッハマンは、アブドゥラを通して巨大なテロ組織のあぶり出すことが目標であり

CIAは、どんな小さな分子であってもテロリストを自由にしておくべきではないと考える

つまり、バッハマンはイッサを制裁することよりも、その先にあるもっと大きなテロリスト集団の撲滅を目指し、CIAは、イッサのようなテロリストを生かしておくと、アメリカに来てテロを起こすから、生かしておくべきではないと考える

バッハマンとCIAは、同じ目的を見ているようで、そこに至るまでのやり方の違いがあり、それが心理戦を引き起こす元になっている

この映画の中で、最も印象的なセリフがあって、

それは、バッハマンがCIAから「何のためにこの仕事をしているの?」と質問されて、答えた時の一言

” to meke the world safe place"(世界を平和にするために)

その時、二人は、目的が同じだと同意をしていたけれど

腹の中では、二人が考える「平和」が違っていた


誰よりも狙われた男


それぞれが考える「平和」の違い


その「平和」に対する考え方の違いで、最終的には、悲しい結果を産むことになる

ラストシーンを見た時には、唖然としてしまって、しばらく何も考えられなかった

大きな平和のために、小さな悪を許し、救うのか

それとも、

小さな悪をもすべて抹殺することで、復讐という悪を作り出し、さらに悪を拡大していくのか

すごく考えさせられた

でも、これが現実なんだろうなぁと思った

私たちの知らないところで、こんなことがたくさん起きていて、どんどん小さな悪を産み出し続けているんだろうなぁって

悲しいことだけれども、世界の平和は、最も強いところが考える「平和」で成り立っている

私たちは、その「平和」にしたがって生きるしか方法がない


見応えある作品を支える スタッフ & キャスト



監督は アントン・コービン。

私は、彼の作品は初めて見たけれど、そもそも写真家として有名な方らしく。

なるほど。画面がとてもきれいな作品になっている


原作はジョン・ル・カレ

誰もが知ってるスパイ小説家。彼の作品で映画化されたものは数えきれない


主演は フィリップ・シーモア・ホフマン(「ハンガー・ゲーム2」「m:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3」)

残念ながら、昨年、急逝してしまった名俳優。

この作品が、最後の主演作となってしまった。本当に惜しい人を亡くしたとしか言いようが無い

この映画についての彼のインタビュー動画をみつけたので、是非、見て欲しい


フィリップ・シーモア・ホフマン インタビュー 「誰よりも狙われた男」について






フィリップ・シーモア・ホフマンの演技が本当に素晴らしい、最後の主演作。

映画としても素晴らしいので、一人でも多くの人に見て欲しい


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

誰よりも狙われた男 [Blu-ray]

新品価格
¥3,756から
(2015/7/12 01:12時点)




誰よりも狙われた男 [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2015/7/12 01:09時点)




◆ 誰よりも狙われた男 原作本

誰よりも狙われた男 (ハヤカワ文庫NV)

新品価格
¥1,123から
(2015/7/12 01:10時点)




↓ WOWOW_新規申込 はこちらから





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック