とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ブノワ・ポールヴ―ルド



ブノワ・ポールヴ―ルド主演の映画「チャップリンからの贈り物」をWOWOWで観た。

1978年スイスで実際に起きたチャップリンの遺体盗難事件をコメディタッチで描く。

【満足度 評価】:★★★★☆

チャップリンが愛し、映画の中で描いてきた貧しく町の片隅で生きる市井の人々。

彼らが救われる姿に心が温かくなる映画だった。好きだなぁ。この映画。


出演:ブノワ・ポールヴ―ルド、ロシュディ・ゼム、キアラ・マストロヤンニ、ピーター・コヨーテ

監督:グザヴィエ・ボーヴォワ 2014年製作 フランス映画

「チャップリンからの贈り物」予告編 動画

(原題:LA RANCON DE LA GLOIRE / 英題:THE PRICE OF FAME)




「チャップリンからの贈りもの」 DVD

チャップリンからの贈りもの [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2016/8/23 00:57時点)



サウンドトラック「チャップリンからの贈りもの」

チャップリンからの贈りもの

新品価格
¥2,000から
(2016/8/23 00:57時点)



あらすじ


1978年のスイス。

出所したばかりのエディ(ブノワ・ポールヴ―ルド)を迎えに行ったのは親友のオスマン(ロシュディ・ゼム)。

エディは、オスマンの家に居候しているが、オスマンには小学生の子供がいて、妻は病気で入院している。

妻には手術を受けさせたいが、移民で保険に入っていないオスマンには手術費用が高すぎる。

その時、世界を騒がせたのは、喜劇王のチャップリンが亡くなったという悲しいお知らせだった。

チャップリンのご遺体は晩年を過ごしたスイスに埋葬されるという。

そこで、働かずにオスマンの家に居候していたエディが思いついたのは、とんでもない儲け話だった…。


チャップリンからの贈り物

感想(ネタバレあり) 主人公はちょっと残念な移民の二人組


主人公は2人の中年男。

1人はベルギーからスイスにやってきた移民のエディ。

彼は出所したばかりで、親友のオスマンを頼り、彼の家に居候しているが、どうやら働こうという意志が感じられない。

その親友のオスマンもアルジェリアからやってきた移民。

彼には妻と娘が1人いるが、妻は病気で入院している。

妻に手術を受けさせたいが、移民の彼らは保険に入っておらず、高額の手術代を払うことができない。

エディもオスマンも貧しさから抜け出せず、オスマンは毎日肉体労働をしながら暮らしている。


チャップリンからの贈り物2

どうしようもない彼らがどうにも憎めない


そこで、エディが思いついたのは「チャップリンのご遺体の誘拐」だった。

ちょっとご遺体をお借りして、お金持ちの遺族からお金をいただこうという話だった。

もう、ここまでくると、「こいつら(特にエディ)どうしようもないな」って思った。

そんなことに熱心になる時間があるんだったら、働きなよ!!そう思った。

そんなことして、オスマンが刑務所に行ったら奥さんや、娘はどうするの??

でも、そんなどうしようもない彼らがどうにも憎めない。

遺族たちと身代金の交渉するのも下手くそで、どう考えてもうまくいかないのに、絶対に成功すると信じて疑わない。

あぁやれやれだよ。

そんなエディとオスマンのやりとりに笑わされながら観ていた。

チャップリンからの贈り物3

チャップリンの遺族の反応にビックリ


ところがだ。

さすがに、世界の喜劇王チャップリンの遺族は、普通の人と考え方が遥かに違っていた。

穴だらけの「誘拐計画」ゆえに、身代金を得ることがないまま逮捕されてしまったエディとオスマン。

しかし、チャップリンの遺族たちは彼らを起訴しなかった。

それどころか、オスマンの奥さんの手術費用まで払ってくれたという。

(その後、オスマンは長い間をかけて返すと言っていたけど)

そのおかげで、エディとオスマンは刑務所に入らずに済んだのだ。

チャップリンからの贈り物4

もしもチャップリンが生きていたら、彼らに何んと声をかけただろうか


そして、ここでようやく気付く。

「このエディとオスマンこそが、チャップリンがこよなく愛し、映画のテーマにしてきた貧しくも良心的な市井の人々なんだ」と。

そんな人たちを訴え、賠償金を得ることなどできない。

むしろ、彼らを助けてあげなければいけない。

もしも、チャップリンが生きていたら、そう考えたのではないかという結末が最後に待っていた。

もう、私はこの結末にやられてしまった。

なんと人間愛に溢れ、心が温かくなる話なのかと。

さらに、サーカスを好きになり、「あなたもやってみない?」と言われたことがきっかけで道化をするようになったエディ。

ライムライトの音楽が流れながら、ステージの幕が開くラストシーンがとても印象的だった。

あぁ、なんて素晴らしい映画なんだろう。そう思った。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「チャップリンからの贈りもの」 DVD

チャップリンからの贈りもの [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2016/8/23 00:57時点)



サウンドトラック「チャップリンからの贈りもの」

チャップリンからの贈りもの

新品価格
¥2,000から
(2016/8/23 00:57時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブノワ・ポールヴ―ルド主演の映画「ラブ・トライアングル 秘密」を観た。

ある女性と運命的な出会いをしたマルコだったが、その女性とは結ばれず、その後結婚。ところが結婚相手の姉が、かつて運命的な出会いをした女性だとわかり…。

劇場未公開の作品を、WOWOWがどこよりも早く放送する「WOWOWジャパンプレミア」のうちの一本。

満足度 評価】:★★★★☆

原題が「3つの心臓」というだけに、最初から最後までドキドキしたながら観た作品であり、「この中のどこに私はいるんだろう…」と考えながら観た作品だった。

出演:ブノワ・ポールヴ―ルド、シャルロット・ゲンズブールキアラ・マストロヤンニカトリーヌ・ドヌーブ

監督ブノワ・ジャコー


「ラブ・トライアングル 秘密」予告編 動画

(原題:3 cœurs / 英題:3 Hearts)






あらすじ


税務署で働くマルコ(ブノワ・ポールヴ―ルド)は、出張の帰り、終電に乗り遅れてしまう。

小さな町をぶらぶらとする彼は、その街に住む女性シルヴィ(シャルロット・ゲンズブール)と出会う。

出会った時から彼女とは気が合ったマルコは、一週間後のパリで再会する約束をして別れる。

しかし、約束の時に心臓発作を起こしてしまったマルコはシルヴィに再会することができなかった。

その後、仕事の関係で知り合った古物商の女性ソフィ(キアラ・マストロヤンニ)と結婚することに。

そして、もうすぐ結婚式という時に、ソフィの姉がシルヴィだということを知ってしまう…。


ラブ・トライアングル秘密



感想(ネタバレあり) 結婚相手の姉は運命を感じた女性だった…


次は何が起きて、どうなるんだろう…とドキドキしながら観た作品だった。

主人公のマルコは、運命的な出会いをした女性とは事故があって結ばれず。

その後、結婚することになった女性の姉が、かつて運命的な出会いをした女性だったという話。

こんなことってあるのかな??

と思いつつ、いや、あるかもしれないよね。

広い意味で考えたら、姉が夫の元カノとか、妹が夫の元カノとかっていう場合も含めれば、結構似たような状況は身近にあるんじゃないだろうか…。

意外とね、世界は広そうで狭いもんだよね。

もし、現実にこんなことがあったら、私はどこにいて、どんな行動をとるだろうかと考えてしまった

ラブ・トライアングル秘密2

心に秘密を抱えるシルヴィ派か、何も知らずに幸せになるソフィ派か。


そもそも、私は兄はいるけど、姉妹はいないので、同じ状況にはなりえないけど、妹を親友と置き換えて考えれば、きっと私はシルヴィ的立場になるだろうなと思う。

言ってはいけない秘密を抱えたまま、何事もなかったような顔で結婚式に出席する。

そんな自分がすごく想像できる。

何も知らずに幸せを享受する妹ではないだろうなと思った。

なぜ、私が姉タイプなのかはうまく説明できないけど、私って、いつも簡単に幸せをゲットできるタイプではないから。

すごーーーく遠回りした上に、うまくいかないとか、結局は破局ってなるパターンがいつも多いから、きっと姉のシルヴィタイプなんだろうなと思った。

逆に、何も知らずに幸せになるソフィタイプも私の周りによくいる。

旦那が遊び人とか、他に好きな人がいるとか。

でも、結果的に、シルヴィも、ソフィも幸せになれないというのが、この映画のポイント。

心に誰かがいるうちは、新しい恋愛を始めてはいけない

やはり、それっていくつになっても鉄則なんだなぁ。

ラブ・トライアングル秘密5

実の母娘プラス ワンの絶妙なキャスティング


その姉、妹、夫の三角関係をさらに際立たせるのが、キャスティング。

姉を演じるのはシャルロット・ゲンズブール、妹を演じるのはキアラ・マストロヤンニ

母を演じるのは、カトリーヌ・ドヌーブ

キアラ・マストロヤンニカトリーヌ・ドヌーブは、実生活もリアル母娘

だから、どうしても母と姉妹が三人でいるシーンでシャルロット・ゲンズブールだけが、なんだか浮いて見えてしまう

そのちょっとした緊迫感のある疎外感が、この三角関係をリアルに演出している

シルヴィだけが、1人でこそこそしてマルコと会っているような。

母は、明からにソフィーの味方をしているような、ちょっとシルヴィを蔑むような目で見ているような。

そして、姉シルヴィは追いこまれ、マルコから離れようとするのが自然の流れのように感じる。

ラブ・トライアングル秘密3

恋愛は頭よりも心でするもの


そもそもこの映画は、マルコが誰を好きなのかという映画ではなく、マルコのハートは誰を求めているのかという映画だったように思う。

マルコも頭の中では、結婚相手はソフィーで彼女のことが好きだと頭では理解しながらも、ハートではシルヴィを求めてしまう

それは、出会った時の思い出が素晴らしかったからなのか、理性よりも本能でシルヴィを求めているということなのか。

恋愛というのは、頭ではなくハートでするものなんだとつくづく感じた作品だった。

しかし、マルコのハートにしたがったために、結局、みんなが不幸になるという終わり方もやけにリアルで切ない終わり方だった。

ラブ・トライアングル秘密4





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック