とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ホープ・デイヴィス



ニコラス・ホルト主演「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」を映画館で観た。

「ライ麦畑でつかまえて」で知られるベストセラー作家J・D・サリンジャーの生涯を描く。


映画「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」


満足度 評価】:★★★★☆

「ライ麦畑でつかまえて」は、どのように生まれ、なぜ、J・D・サリンジャーは隠遁生活を送ることになったのか。

サリンジャーは自分を救うために小説を書くが、彼の小説を読んだ多くの人が救われても、彼自身は救われなかったことが切なかった。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』予告編 動画

(原題:Rebel in the Rye)

更新履歴・公開、販売情報

・2019年2月2日 映画館にて鑑賞

・2019年3月14日 感想を掲載。

・2019年12月19日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓





キャスト&スタッフ


出演者


ケヴィン・スペイシー
…(「ベイビー・ドライバー」、「アウトブレイク」、ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」など)



…(「ボーダーライン」など)



監督・製作・脚本

〇ダニー・ストロング


2017年製作 アメリカ映画





あらすじ

コロンビア大学に入学したサリンジャー(ニコラス・ホルト)は、ウィット・バーネット教授(ケヴィン・スペイシー)の指導のもと、小説を書き始める。

書いても書いても、なかなか出版社に採用されなかったサリンジャーだが、ようやく、自筆の小説が掲載されることに。

しかし、第二次世界大戦の勃発で掲載は見送られ、サリンジャーは従軍する。

戦地で地獄を見て帰還したサリンジャーが書いた「ライ麦畑でつかまえて」は大ヒットし、サリンジャーは一躍有名人となるのだが…。



映画「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」ニコラス・ホルト



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー (2017)


★★★☆ [70点]「なぜ、彼は姿を消したのか」


ケヴィン・スペイシーが出演してる映画にお金を払うのもどうかと思ったのだけど、ニコラス・ホルトを観たい!と思って行ってきた。

で、結局のところ観てよかった。

伝説の小説家 J・D・サリンジャーのことが少しわかった気がした。



この映画は世界的ベストセラー小説「ライ麦畑でつかまえて」を書いた小説家 J・D・サリンジャーの生涯を描いている。

どのようにして「ライ麦畑でつかまえて」が生まれ、その後、なぜ彼は姿を消してしまったのか。

これまで多くの謎に包まれていた「その理由」がわかる作品になっている。



私が「ライ麦畑でつかまえて」に初めて出会ったのは20代前半の頃だった。

大人たちから押し付けられた社会に反発し、ひたすら悪態をつき続ける主人公ホールデンにとても共感し、「僕は子供たちが崖から落ちないように見守る大人になりたい」と言うホールデンの優しさに感動したことを今でも鮮やかに覚えている。



そのホールデンというキャラクターの背景には、サリンジャー本人の戦争体験があったことを、この映画を観て初めて知った。



サリンジャーは1930年代後半から第二次世界大戦に従軍し、ヨーロッパへ派兵され、多くの仲間たちが死んでいくのを目の当たりにしてしまう。

壮絶な戦争体験をした後、終戦して帰国したサリンジャーはPTSDに悩まされることになる。

そんな彼が戦時中も、戦後も、心の拠り所としたのが「小説を書くこと」だった。



心に深い傷を負ったサリンジャーが生み出した「ライ麦畑でつかまえて」はベストセラーとなり、サリンジャー本人は人々の注目を集めるようになる。

その当時、社会に溶け込むことができないホールデンを描いた「ライ麦畑でつかまえて」が爆発的ベストセラーになったのは、その背景に、サリンジャーと同じように戦争の後遺症に悩んでいた人々がたくさんいたからだったのだ。



彼らは「ライ麦畑でつかまえて」を読み、「ホールデンは私だ」と信じ込む

そういう人たちがこの映画の中にも登場し、J・D・サリンジャーをストーキングして、彼を悩ませていた。



彼らもサリンジャーと同じように従軍してPTSDに悩まされたからこそ、ホールデンに共感し、まるで自分のことを書いていると思うのだ



1980年、ジョン・レノンを暗殺したチャップマンの愛読書は「ライ麦畑でつかまえて」だというのは有名なの話だ。

サリンジャーは、自分自身を戦争後遺症から救うために本を書いたのだが、彼が生み出したホールデンが彼から離れて一人歩きしてしまったのだ。

そして一気に増加したホールデンのファンたちは創造主サリンジャーを英雄視するようになる

サリンジャー本人は小説を書いても救われなかったのに、彼の小説を読んで救われた人々がたくさんいたというのは、なんとも皮肉な話



私は「ライ麦畑でつかまえて」と出会って以来、サリンジャーがその後隠遁生活を送ることになったのが、とても謎だったのだけど、この映画を観てようやく理解できた。

サリンジャーという人は、小説家向きではあるけど、戦争に行くにはあまりにも繊細過ぎたのだ。

その心は戦争によって破壊され、サリンジャーは自分を守るために固い殻を作ってしまった。

その反発心がホールデンというキャラクターを生み、彼の心の奥にある優しさが「崖から子供が落ちないように見守りたい」という言葉を生み出したのだと思った。



サリンジャーに隠遁生活を送らせた一番の要因は第二次世界大戦だったのだ。

「フィールド・オブ・ドリームス」では伝説の小説家として登場し、「小説家を見つけたら」のモデルと言われるサリンジャー。

そこまで熱望されても、一切、マスコミの前に姿を現わすことはなかったサリンジャー



そんな彼の生涯を知ることができて、観てよかったと思った

それにしても、切なずぎる生涯だった。


Posted by pharmacy_toe on 2019/02/15 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」(字幕版)

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/12/19 18:03時点)



DVDで観る:「ライ麦畑の反逆児/ひとりぼっちのサリンジャー」

ライ麦畑の反逆児/ひとりぼっちのサリンジャー[Blu-ray]

新品価格
¥4,031から
(2019/12/19 18:04時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アンソニー・ホプキンス主演の映画「アトランティスのこころ」をU-NEXT で観た。

シングルマザーと二人暮らしの少年が、彼らの家に下宿している不思議な力を持った老人と友情を育んでいく物語。




映画「アトランティスのこころ」



満足度 評価】:★★★★☆

父を亡くし、仕事に忙しい母に構ってもらえず、寂しい思いをしている少年の前に現れたのは不思議な力を持った老人。

二人の間には出会うべくして出会った運命があり、寂しい少年を救う物語に原作者キングの優しさを感じた。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『アトランティスのこころ』予告編 動画

(原題:Hearts in Atlantis)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年10月24日 U-NEXT にて鑑賞。

・2019年11月4日 感想を掲載。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



Amazonプライムで観る:「アトランティスのこころ」(字幕版)

アトランティスのこころ (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/11/4 15:10時点)



DVDで観る:「アトランティスのこころ」

アトランティスのこころ 特別版 [DVD]

新品価格
¥725から
(2019/11/4 15:11時点)



オリジナルサウンドトラック「アトランティスのこころ」

アトランティスのこころ ― オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥699から
(2019/11/4 15:12時点)





キャスト&スタッフ


出演者

アンソニー・ホプキンス





監督

スコット・ヒックス
…(「シャイン」など)


2001年製作 アメリカ映画




あらすじ


50歳の写真家ボビー(デヴィッド・モース)は、少年時代の友人を訃報を聞き、11歳の夏を回想する。

その当時、幼い頃に父を亡くしたボビー(アントン・イェルチン)は、母(ホープ・デイヴィス)と二人暮らしだった。

母は、自分を着飾ることにお金をかけても、ボビーを構うことは一切なかった。

そんな二人が暮らす家の二階にテッド(アンソニー・ホプキンス)が下宿することになった。

ボビーは知識が豊富なテッドとすぐに親しくなり、友情を育むようになる。

そして、テッドには予知能力があり、そのせいで政府から追われていることを知るのだが…。



映画「アトランティスのこころ」アントン・イェルチン



感想(ネタばれあり)


寂しい思いをしながら暮らしている少年へのプレゼント


幼い頃に父親を亡くし、生活費を稼ぐのに一生懸命な母と二人暮らしの少年ボビー。

そんな、寂しい思いをしているボビーと、不思議な力を持った老人テッドの歳の差を越えた友情を描いた作品だった。




スティーヴン・キング原作というと、「シャイニング」「IT」「ミザリー」のようなホラー映画と、「ショーシャンクの空に」や「スタンド・バイ・ミー」、「グリーン・マイル」のようなハートウォーミングな作品がある。

この「アトランティスのこころ」は、後者のハートウォーミングなタイプだ。



主人公のボビーはシングルマザーの家庭に育ち、その母はボビーのことよりも、自分の生活に一生懸命で、ボビーは寂しい思いをしながら暮らしている。

キングは、「IT」や「スタンド・バイ・ミー」のように、いじめられっ子や、家庭に問題を抱えた子供たちを主役にすることが多い。

そこには、辛い思いや、寂しい思いをして暮らしている子供たちへの「君はそのままでも大丈夫だよ」というメッセージを感じる。



この映画では、たとえ構ってくれなくても、反抗することなく、母を助けて健気に生きているボビーの前にテッドが現れる。

ボビーはテッドと出会うことで、父親がいない寂しさから救われていく

それは、「テッドが優しい子だから、神様がプレゼントを贈ってくれた」ようにも見える。



つまり、ボビーは、辛い思いをしながら生活している子供たちに対して「真面目に生きていればきっといいことがある」という希望に見える。

そして、そんな日々も、大人になれば美しい思い出になると。



ホラーで人々を怖がらせながらも、そういった人への優しさも忘れないところに、キングが世界中から愛される理由があるのではないかと思う。

この映画も、そんな世界の片隅にいる人たちへの優しさと希望に溢れた映画だった。



映画「アトランティスのこころ」テッド



テッドとの出会いがボビーを成長させる


思春期の男の子にとって、父親はとても必要な存在だ。

なぜなら、母親には思春期の男の子の頭の中のことなど、想像もつかないからだ。



そんな思春期にさしかかったボビーに元に現れたのがテッドだった。



テッドは知識が豊富で、まるで百科事典のような人だけれど、それだけでなく、彼はボビーの初恋の相談にものってくれる。

それに、初めて好きになった女の子キャロルに、どうやってアプローチしたらいいのかまで教えてくれる。



そして、そんなテッドが政府から追われている身だと知った時、ボビーはテッドを守りたいと思うようになる。



それまで、自信がなく、自ら前に出ることがなかったボビーが、女の子にキスをして、キャロルが上級生から酷い目に遭わされると仕返しをし、友達のテッドが窮地に追い込まれると助けようと奔走する。

ボビーはテッドと出会ったことで、彼から勇気をもらい、今まで知らなかった世界を知り、強くなる。




そんなテッドは、ボビーにとって父であり、祖父であり、教師であり、友人なのだ。

そして、11歳の夏、ボビーはテッドと出会って大人への階段を上がったのだ。

そもそも、未来が読めるテッドは、そんなボビーを助けるために、彼らの家を選んだに違いない



映画「アトランティスのこころ」アンソニー・ホプキンス



ママは本当に悪者だったのか


そして、テッドは、ボビーだけではなく、ママも救いたかったに違いないと思った。



ママはボビーや、近所の人たちから「子供のことに構わず、自分ばかり着飾っている」と言われていたが、彼女は本当に悪者だったのだろうか。

私は、そんなママの気持ちが分かる気がした。



この時代は冷戦時代の真っただ中。

恐らく、1960年代から70年代だと思われるけれど、その当時、女性たちが一人で子供を育てることは、相当、大変だったはずだ。



周りの人たちは「ボビーのお父さんはとても良い人だった」と言うけれど、バーの店員の話からギャンブルをしていたのは間違いない。

となると、ママが「パパはお金を残さずに死んでしまった。」と言っていたのは恐らく本当のことで、それには、誰だって、文句の一つも言いたくなってしまう。



そして「ママはいつもキレイな服を着て着飾って」ということが批判の的になっていたけれど、その当時「女らしさ」で上司に気に入られなければ、お金を稼げない人もいたのだ。

ママにとっては、いつもキレイにしていることが、彼女の生きる道だったのだ。



手に職があるわけでもない彼女は、それはそれで必死だったし、生活は大変で、彼女なりに不幸だったんだろうと思う。

不幸だからこそ、つい息子に愚痴をこぼしてしまうんだし、嫌な上司でも我慢して出張について行ったのだ。



結局、そんな嫌いな男について行くところをテッドに指摘されてしまうのだけど、悪いのは、そんなシングルマザーの足元を見ている最低な上司であって、ママではない

そんな彼女を見ていると、当時の女性たちの大変さをひしひしと感じて胸が痛くなる



その後、ママは引っ越しを決意することになるが、それもテッドとの出会いがあったからだろう。

そうなることをテッドは分かっていて、あの家に引っ越してきたはずだと思う。



映画「アトランティスのこころ」ホープ・デイヴィス



人は人と出会い、世界を広げていく



ボビーとママにとって、テッドとの出会いは、彼らの大変な生活を救うことになった。



しかし、長い間、FBIから逃亡する生活をして、家族のいないテッドにとっても、彼ら家族と過ごした夏は幸せな日々だったに違いない。

追手が迫っているのを感じながら、もう逃げきれないと思ったからこそ、テッドはボビーと過ごすことを選んだのはではないか。



きっとボビーなら、テッドとの日々をいつまでも覚えていてくれると信じて

年老いたテッドにとって、「誰かの記憶に残ること」はとても大切なことだからだ。




ボビーにとって、そんなテッドはそれ以上の存在となった。

テッドを忘れるどころか、彼は「この人に出会っていなかったら、全く違う人生になっていただろう」と思える人だった。



そんな人に出 会えるということはとても幸せなことだ。

けれど、人は日々過ごしていく中で「全く違う人生」というほどではなくても、人との出会いによって新しい世界を知ることはよくある

そうやって、出会いを重ねていくことで、私たちは成長し、自分の世界を広げていくのだ。



そんな「人との出会い」の大切さ、まさに一期一会を感じた作品だった。

彼らのピュアな友情に心が洗われる、心が荒んだ時に観たい作品だ。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「アトランティスのこころ」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジェイソン・べイトマン主演の映画「ディス/コネクト」をWOWOWで観た。

日常生活がうまくいかず、心のつながりをSNSの世界に求め、その結果、犯罪に巻き込まれてしまう人たちの群像劇。

満足度 評価】:★★★★☆

「これ、SNSであるあるだなぁ」と思うことが次々と起きて、世界に引き込まれてしまう見応えのある映画だった。

面白かったなぁ。

「ディス/コネクト」予告編 動画

(原題:DISCONNECT)




「ディス/コネクト」DVD

ディス/コネクト [Blu-ray]

新品価格
¥4,010から
(2016/4/10 01:14時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ジェイソン・ベイトマン
…(「ザ・ギフト」、「ズートピア」(声の出演)、「モンスター上司」、「ディス/コネクト」、「ファング一家の奇想天外な秘密」、「あなたを見送る7日間」、ドラマシリーズ「オザークへようこそ」(製作総指揮・主演)など)

アレクサンダー・スカルスガルド
…(「ターザン:REBORN」、「メイジーの瞳」、「キヴァー 記憶を注ぐ者」)

ミカエル・ニクヴィスト
…(「間奏曲はパリで」、「ジョン・ウィック」、「コロニア」、「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」、「ミレニアム2 火と戯れる女」、「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」など)

ホープ・デイヴィス
…(「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」など)

フランク・グリロ
…(「スカイライン-奪還-」、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」、「パージ:大統領令」)

監督

〇ヘンリー=アレックス・ルビン

2012年製作 アメリカ映画

あらすじ


弁護士のリッチ・ボイド(ジェイソン・べイトマン)は、高校生の息子・ベンが自殺未遂を起こしてしまう。

その理由を知りたくなったリッチは、ベンのPCを開き、彼が見ていたサイトを観ていると、彼がSNSで頻繁に会話をしている女性ジェシカにたどり着く。

シンディ(ポーラ・パットン)は、生まれたばかりの子供を失い、それ以来、夫(アレクサンダー・スカルスガルド)との仲もギクシャクしていた。

その寂しさを癒すようにチャットルームで会話をしていた日々の中、インターネットを通じてクレジットカード詐欺の被害に遭っていることに気付く。

ジャーナリストのニーナ(アンドレア・ライズブロー)は、未成年の男女がネットの前で裸になってライブ中継して金もうけしている性犯罪の実態を取材するため、その中の1人、カイルに近づくのだが…。


ディス/コネクト

感想(ネタバレあり)


いつでも、どこでも誰とでもつながれる便利な世の中

便利な世の中になったなぁと思う。

LINEがあれば、いつでも友達とお話できるし、趣味があってtwitterやfacebookに入れば、共通の趣味を持った友達を作ることが簡単にできる。

リアルな日常でつらいこがあって、SNSで愚痴をこぼせば、誰かしら寄ってきて慰めてくれる。

それで本当に心が救われた瞬間は、「あぁなんてありがたい世の中なんだ」と、SNSを開発してくれた人に感謝したくなる。

でも、そうやって人が心のよりどころをSNSに頼るようになったことで、人と人とのスキンシップや心のつながりが希薄になっているのでは…と、この映画は訴えている。

ディス/コネクト4

家族のコミュニケーションがあれば自殺は防げたのか


もしも、リアルな世界で親子や、夫婦や職場でしっかりと人間同士、目を見つめ合ってコミュニケーションがとれていたら、ここで起きるような事件が起きなかったのでは…ということばかりが起きてしまう。

例えば、高校生の息子が自殺未遂を起こした家庭。

父はやり手の弁護士で、仕事を家に持ち込み息子や娘と会話をすることが無く、彼らが何が好きで、何に悩んでいたのかすら知らない。

それは、高校生の男子に特有の思春期が、親と息子の間に壁を作ってしまうこともあったかもしれない。

それでも、もしも日頃から頻繁に会話をしている親子だったら、父は息子ベンがジェシカに入れ込む前に気付いて、何か手助けをすることができたかもしれない。


ディス/コネクト6


夫婦仲が良ければカード詐欺に遭わなかったのか


クレジットカード詐欺に遭ってしまった夫婦はもっと明らかで、夫婦仲がよくて、しっかりとコミュニケーションが取れていたら、妻は心の寂しさを吐き出すためにチャットルームへ行くことなんかなかったように思う。

しかし、彼らの場合は、災いが転じて、この事件を通して夫婦仲が良くなったようだから(笑)

終わり良ければ総て良しだったのかな。

でもね、使いこまれたお金がちゃんと帰ってくるといいけどね。

パソコンにウィルス対策ソフトをインストールしましょうね(笑)

ディス/コネクト7

SNSはリアルな日常を表す鏡のようなもの


とはいっても、私はSNSが大好きで、スマホが手放せない生活をしている。

だから、SNSが全部悪いと思っていないし、SNSを使ってすごくHappyになったこともたくさんある。

いや、むしろ、SNSに日常助かっていることの方が多い。

でも、思うのは、リアルな日常生活でコミュニケーションが苦手で、トラブルを起こすような人は、きっとSNSでもトラブルを起こすんじゃないかということ。

日常生活でコミュニケーションが苦手な人が、SNSの中では、すごくコミュニケーション上手っていうのは考えづらい。

日常生活でコミュニケーションが希薄になっている人は、SNSでのコミュニケーションも決して濃いものではなく、希薄だから、問題が起きるのではないかと思う。

だから、この映画のように、日常生活でコミュニケーションがなく、寂しくなってSNSに助けを求めたところで、中の世界でも同じく問題が起きてしまうんじゃないかと思う。

ディス/コネクト3

出演者はジェイソン・べイトマン、アレクサンダー・スカルスガルド


高校生の息子が自殺未遂してしまう弁護士ボイドを演じるのは、ジェイソン・べイトマン

つい先日、「あなたを見送る7日間」を観たばかり

仕事にばかり夢中になって、息子の悩みに気付いてやれなかったお父さんを演じている。

「あなたを見送る7日間」とは、ほぼ真逆と言っていい程、笑顔が全くない役。

この人は、隣にいそうな親近感がいいんだろうなぁ。

ディス/コネクト2


もう1人、気になったのは、妻がカード詐欺に遭ってしまう夫デレックを演じた、アレクサンダー・スカルスガルド

初めは、不愛想で暗い人だなぁと思っていたら、そのうち、だんだん、「元海兵隊員」だという本性が出てきて、最後には、ちょっと怖い人になっていた。

今年(2016年)が、ブレイクの年になる予感大の俳優さん。


ディス/コネクト5

問題はSNSというよりも、その人の日常生活や環境にあるのでは…


ネットの中のSNSの世界と、リアルな日常世界が交差する世の中だからこそ、日頃の人間同士のコミュニケーションが大切だと、この映画は訴える。

SNSは、この世界の美しさも汚さも、そのまま映す鏡だから。

この映画に描かれているようにSNSの世界には、悪もあれば、闇もある。

でも、心に隙があって、ダマされてしまうのは、SNSの中だろうと、日常生活も一緒だ。

だから、最後にお父さんが「僕の大切な者たち」と言って家族を抱きしめたように、日頃から、周りの人たちとコミュニケーションを取ることで、心の隙を減らし、だまされにくくなると考える。

SNSはただのツールであり、人の心の問題は、日常生活や日頃の環境にあるんじゃないかなぁと私は思う。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ディス/コネクト」DVD

ディス/コネクト [Blu-ray]

新品価格
¥4,010から
(2016/4/10 01:14時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グウィネス・パルトロウ主演、アンソニー・ホプキンスジェイク・ギレンホール共演の映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」をWOWOWで観た。

偉大な数学者を父に持つ娘が、病の父の介護と父の名を超える苦悩を描く。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

満足度 評価】:★★★★☆

父と娘、、姉と妹、新しい恋人と自分など、それぞれの関係を通じて自分とは何者かを証明していく映画。

じっくりと、俳優たちの演技を楽しめる映画だった。

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」予告編 動画

(原題:PROOF)





キャスト&スタッフ


出演者

グウィネス・パルトロウ
…(「アイアンマン」、「コンテイジョン」、「恋におちたシェイクスピア」など)

アンソニー・ホプキンス
…(「ハイネケン誘拐の代償」、「羊たちの沈黙」、「アミスタッド」、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」、「9デイズ」、「ノア 約束の舟」など)

ジェイク・ギレンホール
…(「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」、「ライフ」、「オクジャ okja」、「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」、「プリズナーズ」、「エヴェレスト3D」、「ミッション:8ミニッツ」、「サウスポー」、「ムーンライト・マイル」、「遠い空の向こうに」、「ブロークバック・マウンテン」)

ホープ・デイヴィス
…(「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」、「ディス/コネクト」など)

監督

ジョン・マッデン
…(「恋におちたシェイクスピア」、「マリー・ゴールドホテルで会いましょう」など)


2005年制作 アメリカ映画



あらすじ


シカゴで暮らす27歳のキャサリン(グウィネス・パルトロウ)は、最近偉大なる数学者の父親(アンソニー・ホプキンス)を亡くしたばかり。

自宅の父の書斎には、父の弟子である数学者のハル(ジェイク・ギレンホール)が入り浸って父の研究を漁っている。

NYに住む姉のクレア(ホープ・デイヴィス)は、父の葬儀のため帰宅し、キャサリンと目が合えば小言が絶えず、ケンカばかり。

そんな中、キャサリンは、父や彼女のことを気遣ってくれるハルに心が惹かれ始める…。




感想(ネタバレあり)


親の老いは悲しく切ない


親の老いを目の当たりにするっていうのは、悲しいものだよね。

それは、子供のとても勝手な言い分だとは分かっているけど、とても偉大だった親が老いていくのはすごく寂しい。

主人公のキャサリンは27歳。

とても偉大な数学者を父に持つ。

父に似て数学が好きな彼女は、大学で数学を学び始める。

ある時、彼女は自分が証明した定理について、父に意見を聞こうとした時、もう父は、彼女の書いた理論について、1行も理解できない状態になっていた…。

これは、切ないよなぁ。

27歳の娘としては、まだまだ親に褒めて欲しい時だったのだと思う。

しかし、現実は彼女に対して、とても冷たかった。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス



ひねくれ、こじらせ、もがきながら親の殻を破る娘


彼女が証明した定理は、父に検証してもらうことなく埋もれていくところで、恋人のハルがそれを見つけ出す。

この時、キャサリンは父以外の人間に認めてもらう瞬間だった。

なのに、彼女は素直に喜ばない。

それは、キャサリンの証明を、父のものだと勘違いしたためだった。

もしも、この時、少し素直になって彼女が証明したものだと、キチンと説明すれば良かった。

しかし、そうではなく、ひねくれてしまったために、話をこじらせてしまった。

「あぁもったいない。素直に喜べばいいのに」と思うのは、すっかり大人になって、人生の中で物事の進め方を学んでしまったから。

キャサリンは、27歳とはいえ、まだまだ子供で、父親の庇護が欲しい年頃だった。

その庇護という殻を一生懸命破ろうとし、話をこじらせてしまった。

それは、本人も良く分かっている。

だからこそ、一旦、シカゴを出てNYへ行くという提案を受け入れ、空港へ向かうタクシーの窓を開け、ハルの投げたノートを受け入れたんだ。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、ホープ・デイヴィス、ジェイク・ギレンホール



全ての殻を破った時、「本当にやりたいこと」が見えてくる


そして、ほんの少し心の扉を開けたキャサリンは、そこから「本当に自分がやりたいこと」に気付く。

これは、本当にハルの力が大きい。

「君が見つけたことを証明しよう」と言ってくれたハル。

彼の力がなければ、父の殻を破って外に出ることはできなかったと思う。

この映画の良いところは、こんなにひねくれちゃったキャサリンにも、すごく優しく温かく接しているところだ。

人はみんな素直にすくすく成長できるわけではない。

時には、深く傷つき、そのせいでひねくれる時もあるし、言ってはいけないことを言ったりもする。

でも、そんな時だからこそ、優しく手を差し伸べたら、またすくすくと成長する生き物なのだ。

その彼女の成長の過程を観るのが、深く考えさせられ、また清々しい映画だった。

映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、ホープ・デイヴィス、ジェイク・ギレンホール



豪華な出演者の演技を観ているのが楽しい映画


主人公のキャサリンを演じるのは、グウィネス・パルトロウ

彼女は、とてもクールなイメージだけど(例えば「アイアンマン」シリーズのペッパー)、こうやって喜怒哀楽が激しい役もやるんだなぁと思った。

また、その喜怒哀楽の激しさがとても良かった。

何かに行き詰ったり、傷ついたりした時は、こうやって落ち込んで、怒って、泣くことで、ネガティブな感情を全部吐き出すことも必要だよなぁと思った。

また、それが成長するということでもあるんだよね。

とても将来が気になる数学者、キャサリンだった。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ


キャサリンの父で偉大なる数学者には、アンソニー・ホプキンス

さすがに、彼は出てきただけで数学者に見えるんだなぁ。不思議なことに。

ただ、うつ病患者には見えなかったし、彼がどれだけ偉大な数学者だったのかというのも、ちょっと伝わりづらかった。

ちょっと彼については説明不足のところがあったかなぁと思った。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス


キャサリンの父の弟子であり、キャサリンの恋人になるハルに、ジェイク・ギレンホール

本当に、いつも、ジェイク・ギレンホールは優しい彼氏だよね。

そこは裏切らない。

今回も、キャサリンの良いところも、悪いところも理解して側にいてくれる優しい彼氏。

で、彼はそれをちゃんと自然に表現するから良い。

安心して観ていられる。


映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」ジェイク・ギレンホール


監督は、「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン

グウィネス・パルトロウとは2作目。

視線がね、優しくて良いんですよ。この監督は。



映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」グウィネス・パルトロウ、ジェイク・ギレンホール



「一緒にがんばろう」と言ってくれる人のありがたさ


この映画を見てて思ったのは、自分が精神的に追い詰められた状況にある時って、「君が正しいよ。だから、一緒にがんばろう」って言ってくれる人の存在って、本当に大きいなぁと思った。

世間を騒がせたSTAP細胞の話も、同じように「力になるから、一緒に証明しよう」っていう人がいたら、少しでも状況が変わったのかもしれないなと思った。

だれかが手をつないでくれたり、背中を押したりしてくれるだけで、その目の前に広がる世界が変わってくる。

だから、そんなことがあった瞬間は、絶対にひねくれたり、そっぽを向いたりしてはいけない。

しっかりと、相手と見つめ合って、本気かどうかを確かめた上で、一緒に前に進むことが大切なことなんだと思う。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



DVDで観る:「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

プルーフ・オブ・マイ・ライフ [DVD]

新品価格
¥1,132から
(2019/12/5 15:19時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック