とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:マ・ドンソク



キム・ヘス主演の韓国映画「グッバイ・シングル」をコリアン・シネマウィーク 2017で観た。

落ち目の大女優が妊娠してしまった女子高生と出会い、人生が変わっていくコメディ映画。


グッバイ・シングル



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

笑って楽しめて、最後には心が温かくなるハートウォーミングコメディ映画。

仕事に必死になって働いてきて、気付けば40代一人ぼっち。

このまま一人でいることに不安になってきた…。

そんな時、目の前にいた十代の妊婦は彼女にとって天使なのか…!?



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「グッバイ・シングル」予告編 動画

(原題:굿바이 싱글(グッバイ・シングル))






更新履歴

・2017年11月10日 コリアン・シネマ・ウィーク 2017 で観た感想を掲載。

・2019年12月13日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。




キャスト&スタッフ


出演者

キム・ヘス
…(「修羅の華」、「コインロッカーの女」、「観相師-かんそうし-」など)

マ・ドンソク
…(「ファイティン!」、「犯罪都市」、「新感染 ファイナル・エクスプレス」、「殺されたミンジュ」、「悪のクロニクル」、「フェニックス 約束の歌」、「結婚前夜~マリッジブルー~」、「アンダー・ドッグ 二人の男」など)

〇キム・ヒョンス

〇キム・ヨンゴン

ソ・ヒョンジン
…(「大好きだから」など)

〇クァク・シヤン

監督

〇キム・テゴン

2015年製作 韓国映画




あらすじ


大女優のコ・ジュヨン(キム・ヘス)は、人気急上昇中の若手俳優のジフン(クァク・シヤン)と付き合っていたが、ジフンに若い恋人がいることが発覚し、ジフンはジュヨンを売名のために利用していただけだったことが分かる。

そんなジフンと別れ、一人ぼっちになってしまったジュヨンは、精子提供を受けて子供を産もうと考えるが、既に子供が産めない身体だったことが分かる。

そんな時、ジュヨンは子供を妊娠してしまった女子中学生タンジ(キム・ヒョンス)と出会う。

タンジは姉と2人で貧しい暮らしをしているし、今後の人生を考えると出産できないと考え、堕ろすつもりで産婦人科に来ていた。

そこで、ジュヨンはタンジに、生まれる子供はジュヨンが産んだことにして養子として引き取るから、ジュヨンの元で出産することを提案する…。



韓国映画「グッバイ・シングル」



感想(ネタばれあり)


下がり続ける出生率と、増え続ける未婚率の間に生まれたコメディ


コメディ映画なので、全体的にホンワカとして笑えるし、最後には、ジーンときて心が温まる作品に仕上がっている。

しかし、その背景には、韓国で上昇し続ける未婚率の高さと、日本より低いと言われる出生率の低下があって、この映画は、そんな韓国を完全に皮肉ったコメディ映画である



なぜ、キャリアのある女性たちは結婚しないのか、なぜ、出生率があがらないのか。

この映画を観ていると、その仕組みが分かるようにできている。



少し前に観た、韓国映画「女は冷たい嘘をつく」では、同じく女性が1人で子育てしていくことの大変さを描いていた。

女は冷たい嘘をつく」は、希望がないサスペンスとして描かれ、「やっぱり、韓国で女性が1人で子供を育てるのに無理がある」と思わざるを得ない作品になっている。

しかし、この「グッバイ・シングル」はコメディ映画のなので、そんな韓国の社会事情を笑いつつも、最後には希望を描き、「どうやって出生率を上げていくべきか」という新しいスタイルを提案している。



同じく、最近見たチャ・テヒョン主演の「大好きだから」でも、「妊娠してしまった女子高生」が登場する。

恐らく、韓国社会の現状として、「妊娠・中絶をする未成年」が増加する一方で、「生涯独身を貫くキャリア女性たち」が増加し、結果、出生率は下がる一方なのではないか。

だったら、その「産みたくても産めない未成年」と「未婚のキャリア女性」の間をうまく橋渡しすれば、どちらにとってもハッピーな社会が誕生するのでは、と考えたところに、この映画「グッバイ・シングル」がある



コメディはコメディでも、単なる笑えるだけのコメディじゃなく、社会情勢もちゃんと織り込んでくるところが、この映画の良い所であり、韓国映画の強さでもある



韓国映画「グッバイ・シングル」



私生活よりも仕事に夢中になって生きてきた…気付けば一人ぼっち


キム・ヘスが演じる主人公のコ・ジュヨンは女優である。

彼女は貧しい家の出身ながら、必死になってキャリアを築き上げてきた。

そして、今や富豪の仲間入りをしている。



そんな彼女の姿は、私生活よりも仕事を優先して生きてきた中年女性たちの姿と重なる

その中には、20代から30代前半の、最も仕事にやりがいを感じた時代に、結婚かキャリアかの選択を迫られ、仕事を選んだ女性もいるだろう。

特にキム・ヘスのような女優の場合は、その時に「結婚・出産」を選んでいたなら、「お母さん役」しか回って来なくなるのでは…という不安もあったかもしれない。



問題は、やりがいを感じている仕事を手放したくない一方で、全ての女性たちに満足のいく産休が与えられるわけではなく、子供を育てるほどの給料がもらえているわけでもないという雇用の実態。



その時、「結婚をして今の仕事を手放すぐらいないなら、独身でいたい」と感じた女性たちが40代になり、子供を産めなくなった頃になってはじめて、『老後・死』を意識するようになる

それならば、その時はそれなりの地位も確立してお金に余裕があるのなら、養子縁組をすればいいのでは?と考える。

その『養子縁組』にチャレンジする様子がこの映画の中で描かれているが、審査が厳しく難しい。



とは言っても、この映画の中のコ・ジュヨンは、決して一人ではない。

マ・ドンソク演じる幼なじみのマネージャーが困った時は、いつだって側にいてくれる。

しかし、ジュヨンとしては、いくら幼なじみだと言っても、妻子持ちの友達に頼るわけにはいかないと思ったんだろう。



それにしても、「1人きりで生きていく」ことが現実的で深刻な女性たちよりは、かなり恵まれている。



そこで、そんな「仕事に必死になって、気付けば一人ぼっち」という女性たちへの救済策として、この映画では『産みたくても産めない若い妊婦たちへのサポート』を提案しているのだ



韓国映画「グッバイ・シングル」



子供を妊娠したら、中絶よりも産んで育てられる仕組みづくりをする


タンジは、予想外に妊娠してしまった女子中学生。

しかし、中学生というだけでなく、姉と2人暮らしをしている彼女は、貧しくてとても子供を産める状況ではない



そこで、『子供が欲しい』と願っているコ・ジュヨンと出会い、彼女から「全部費用を出すから子供を産んで欲しい」と言われ、子供を産むことになる。

タンジにとっては、絵の勉強をしたいからお金が欲しいという思いもあった。



韓国の「貧しくて子供を産めない」という環境を象徴しているのが、タンジというキャラクターである



先日観た韓国映画「エンドレス 繰り返される悪夢」では、ピョン・ヨハン演じる救命士が大学生の妻と「子供を作る、作らない」でケンカする場面が出てくる。

それは、救命士というしっかりとした仕事があるにも関わらず、「子供を育てるのが難しい」経済状況であることを示している。

奥さんが大学生であり、その学費がかかるからというのも、彼らの家計を悪化させている要因の一つなのだが。



それにしても、ちゃんと働いているのに、なぜそんなことになるのかと思った。



それぐらい、韓国では子供を産んで育てることにお金がかかるし、一般家庭への負担が大変なことがよく分かる。

だから、出生率が増えないのだ。



この映画のタンジが中学生という設定なのは、ちょっとやりすぎな気も過ぎるけど、十代の子たちの無計画な妊娠と中絶も出生率を低下させている原因の1つ。

そこで、この映画は、タンジの出産をジュヨンがサポートしたように、そういう十代の子供たちの中絶をやめさせて、子供が産めなくても産めない人と養子縁組させる、または共同で育児をするという「新しい家族の形」を提案している。



これからの時代を考えると、子供を欲しがっているのは中年女性だけではなく、子供を産めない同性愛カップルなども考えられるから、この『新しい家族の形』も、そんなに突飛な発想ではないと思えてくる

むしろ「血がつながっている、つながっていない」にこだわらず、産める人が産む、育てられる人が育てる

産んだ人と育てる人の間にその後も交流がある。



そんな生活スタイルがあっても良いと思えた。



韓国映画「グッバイ・シングル」



新しい家族はお金だけで買えるものではない


私自身は、コ・ジュヨンと立場が全く同じなので、将来、一人で生きていくことに不安なのがよく分かる。

それに、これまで何もかも一人で生きてきた女性ならではの、『身勝手さ』は観ていて胸が痛くなった

タンジの出産をサポートするなんて言っておきながら、『偽装妊娠』で仕事が忙しくなってしまうと、仕事に夢中になってタンジのことなど忘れてしまう。



ジュヨンはダメな人だなぁと思いつつも、心の奥底では、気持ち分かるなぁと思いながら観ていた。

ジュヨンは恋愛や家庭よりも仕事が好きだから、今まで独身だったのだ



これまでのパートナーだって、タンジにそうしてきたように、彼らの存在をそっちのけで仕事をしてきたのではないだろうか。

もしくは、新しい恋人(ニュースキャスター)ができたら、タンジや子供よりも、恋人の方に夢中になってしまうのではないか



そこが、『出産・育児の新しいスタイル』への課題になるんだろうと思う。

「どれほど本気で子供を育てる気があるのか」ということ。



時には、自分のやりたいことやプライベートを我慢してでも、家族に目を向けることができるのか。

結婚や、出産という「儀式」を経ずに、覚悟が定まらないまま新しい家族ができてしまい、これまでの生活スタイルを変えないままやり過ごしてしまっている。



そこで、この映画の中では、「マスコミ」という怪物がジュヨンに襲いかかり、結局、彼女はこれまでの生活を全て捨てることになる。

それは、新しい家族を迎え入れるということは、これまでの生活スタイルをガラリと変えることになることを示している

軽い気持ちで、簡単に養子を迎え入れられても困るという話だ。



それでも、彼女が全財産を失って、ゼロから生活を新たに始めることになっても、一緒に住みたいと思えるなら、もう、彼らはれっきとした家族なのである。

そこが、この映画の希望であり、未婚率が上昇し、出生率が低迷する韓国社会の希望でもある。

どこの国よりも「血のつながり」を重視する韓国だからこそ、この映画が提案する「新しい家族の形」に意義があるんだと思う







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



DVDで観る:「グッバイ・シングル」

グッバイ・シングル [DVD]

新品価格
¥3,351から
(2019/12/13 18:13時点)



Amazonプライムで観る:グッバイ・シングル(字幕版)

グッバイ・シングル(字幕版)

新品価格
¥400から
(2019/12/13 18:12時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マ・ドンソク主演の韓国映画「ファイティン!」を映画館で観た。

幼い頃にアメリカに養子に出され育ったアームレスリングの選手が、韓国で家族探しをしながら腕相撲の選手権に挑戦する姿を描くハートウォーミングな作品。


映画「ファイティン!」


満足度 評価】:★★★★☆

楽しかった!マ・ドンソクの麗しき二の腕が大活躍!

顔は怖いけどしゃべるとキュートなマブリーが家族の問題に直面しながら一流の選手へと成長していく。

人に優しく温かい映画で、マブリーの人柄がにじみ出ているような映画だった。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『ファイティン』予告編 動画

(原題:챔피언 Champion)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年10月20日 映画館にて鑑賞。

・2018年11月2日 感想を掲載。

・2019年12月11日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓





キャスト&スタッフ


出演者


〇クォン・ユル

〇ハン・イェリ

〇チェ・スンフン

〇オク・イェリン

〇カン・シニョ

〇ヤン・ヒョンミン

〇イ・ギュホ


監督

〇キム・ヨンワン


2018年製作 韓国映画




あらすじ

韓国で生まれ、幼い頃にアメリカへ養子に出されたマーク(マ・ドンソク)は、アメリカで育ち、ボディガードとして働いていた。

しかし、仕事をクビになってしまったマークは、後輩のジンギ(クォン・ユル)を頼って韓国へ。

そこでマークは、これまで会ったことのない家族を探しながら、ジンギの紹介でアームレスリングの試合に出場するようになり…。



映画「ファイティン!」



感想(ネタばれあり)


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


ファイティン! (2018)


★★★☆ [70点] 「気は優しくて力持ち!強面マブリー大活躍!」


面白かったー

特になんのひねりもない、どストレートなスポ根、家族愛映画だったけど、楽しかった~!

最後は、ちょっとホロっとしてしまった。



幼い頃にアメリカへ養子にだされたマーク(マ・ドンソク)は警備の仕事をしていたが、弟のように可愛がっていた友達に誘われて韓国へ

やがて、マークは韓国で腕相撲の試合に出るようになり…。



なんといっても、この映画はマ・ドンソクの魅力がたっぷりつまった作品で、「気は優しくて力持ち」なマブリーが大活躍する。

養子に出されてから、その歳になるまで本当の家族に会ったことのないマークが、韓国で家族探しをし、その中で、様々な現実と直面しながら、腕相撲レスラーとして成長していくという話。



その話にはなんのひねりもなく、とても分かりやすくできている、直球勝負な作品。

けれど、その中で、主人公のマークがとても実直で温厚で真面目な人柄であり、それは、演じるマ・ドンソクの人柄がそのまま表れているように見える。

見た目は怖いけど、でも、話してみると、とてもキュートな人。

マークは、そんなタイプの人で、だからこそ、彼を観ている観客は、彼のことを応援してしまう。



そして、忘れちゃいけないのが二の腕!!

こんなに二の腕が強調される映画も珍しい(笑)

どう見ても、太ももにしか見えないマブリーの二の腕が大活躍!



私は、この映画を観終わって、すごく腕相撲が強くなった気分になった(笑)

それぐらい、この映画には腕相撲の魅力もたっぷり詰まっている

これまで、腕相撲って興味なかったけど、実際に見てみたら楽しそう!って思った。

ということで、マ・ドンソクが好きな人にも、腕相撲が好きな人にも、二の腕フェチな人にもオススメな作品。

スカッとスッキリ楽しめる爽快なエンターテイメント作品だった。


Posted by pharmacy_toe on 2018/10/23 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「ファイティン!」(字幕版)

ファイティン!(字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/12/11 18:10時点)



DVDで観る:「ファイティン!」

ファイティン! [DVD]

新品価格
¥3,351から
(2019/12/11 18:11時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マ・ドンソク主演の映画「犯罪都市」を映画館で観た。

2004年に起きた朝鮮族マフィア一斉検挙の実話を元に描いたアクション映画。


満足度 評価】:★★★★☆

面白かった!!

自ら先頭に立ち、ケガをも恐れず、向かってくる悪者を次から次へとバタバタと倒していくマ・ドンソクは理想の上司!!

血も涙もない冷酷無比なユン・ゲサンも恐ろしく、時には笑えるところもあって、最初から最後まで楽しめるエンタテインメント作品だった。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「犯罪都市」予告編 動画

(原題:범죄도시(犯罪都市)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年5月18日 映画館にて鑑賞。

・2019年3月7日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


ネット配信で観る:「犯罪都市」(字幕版)

犯罪都市(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2018/10/5 11:49時点)



DVDで観る:「犯罪都市」

犯罪都市 [Blu-ray]

新品価格
¥3,853から
(2018/10/5 11:50時点)



キャスト&スタッフ


出演者




…(「一級機密」など)

〇チン・ソンギュ


監督・脚本

〇チン・ユンソン


2017年 韓国映画



犯罪都市



あらすじ


2004年の韓国ソウルでは、それまで、地元警察の強力部 副班長のマ・ソクト(マ・ドンソク)が、地元マフィアを抑えていたが、そのシマを中国朝鮮族マフィア 黒竜組に荒らされる事件が頻発するようになった。

中国朝鮮族マフィア 黒竜組のボス チャン・チェン(ユン・ゲサン)は、極悪非道で血も涙もない人間で、彼に抵抗する者は、次から次へと殺されていた。

その黒竜組に対し、地元マフィアのファン社長(チョ・ジェユン)は、黒竜組に対して戦いを挑み、マ・ソクトは、地元マフィアを抑えつつ、朝鮮族マフィア一斉検挙を企てる…。



犯罪都市2



感想(ネタバレあり)


実在していた!中国で生まれ育った朝鮮族のマフィアたち


これは、韓国警察 vs 韓国マフィア vs 中国朝鮮族マフィア の仁義なき戦い!!

2004年に韓国ソウルで実際にあった中国系朝鮮族マフィア一斉検挙の実話にインスパイアされて製作された作品。



で、ここでちょっとわかりづらいのが中国朝鮮族マフィア。

簡単に説明すると、正式には中国の国籍を持ちながら戸籍の民族の欄に「朝鮮」の記載がある人を中国朝鮮族と呼ぶのだとか。(参考:Wikipedia 朝鮮族

戸籍に民族の欄があるのかぁと、違うところで感心したりして。



分かりやすく言えば韓国系中国人。

とはいっても、中には北朝鮮系中国人もいるだろうから、南北合わせて朝鮮族と言うのが適切なような気がする。



で、この映画に登場する中国朝鮮族マフィア 黒竜組は、中国で散々悪事を繰り返し、国を追われて中国から船で脱出。

釜山に船でたどり着いた彼らは、韓国でも悪事を繰り返し、ソウルへ流れ着いてきたという設定になっている。



民族は朝鮮でも育ったのが中国だからか、彼らは中国語と韓国語の両方を話せるが、会話は中国語がメイン。

その当時、ソウルで暴れていた朝鮮族は、この映画にあったように斧や刀を持ち歩き、些細なもめごとで暴れ回って、周辺住民を脅していたようで。

脅された人たちは報復を恐れて、警察に通報できなかったそう。



この映画では、そこで刑事のマ・ドンソクがヒーローのように登場し、バタバタと向かってくるマフィアを倒しながら地域住民を恐怖から救うのである。

それは、それは、もうマ・ドンソクにピッタリの作品であって、まさに、マ・ドンソクのために作られたような映画である。



犯罪都市3



気は優しくて力持ち、自ら先頭きって敵に向かって行く理想の上司!マブリー


新感染 ファイナル・エクスプレス」がヒットして以来、日本でもマ・ドンソクの人気は急上昇している。

細めの女性のウエストぐらいはありそうな二の腕を振り回し、向かってくる敵をバタバタを倒す力強さの反面、愛嬌がある笑顔を併せ持ち、そのラブリーさから、韓国ではマ・ドンソクとラブリーを合わせた造語マブリーのニックネームで親しまれている



そのマブリーが演じているのが、韓国人マフィアと朝鮮族マフィアに挟まれつつ、市民の平和のために尽力する刑事 マ・ソクトである。

韓国映画に登場する刑事と言えば、マフィアからワイロをもらってその場を取り繕うだけで、ろくに犯罪も摘発してくれないような悪徳刑事が多いだけに、この市民とマフィアの間で盾になって守ってくれるマ・ソクトは、理想の刑事である。



しかし、彼もはじめから正義のために戦う刑事だったわけではなく、町に韓国マフィアしかいないころは、ファン社長が経営するカラオケボックスに入り浸って、酒を飲んだりして、マフィアを手なずけてそれなりにうまくやっていた。

ところが、そこへ朝鮮族マフィアがやってきて、一気に治安が悪くなったものだから、本腰を入れて戦わざるを得なくなってしまったのだ。

この辺のツンデレ具合も、笑えるし、愛嬌があって良いのだ



それに、彼は理想の刑事というだけでなく、理想の上司でもあった

ある程度出世してしまうと、自分の立場を維持するために保守的になり、汚れ仕事は部下に任せてしまう人間もいる。

しかし、このマ・ソクトは自ら進んで敵に向かって行く

そこが良い



相手の黒竜組は、斧やら刀やら持っているのに、そこへ先頭きって平気で向かって行く。

時には、太い二の腕を切られてしまうこともあるけれど、そんな「かすり傷」はものともせずに、さらにグイグイ向かって行く

ケガを恐れず、誰よりも先頭に立って敵に向かって行くなんて、それこそ「新感染 ファイナル・エクスプレス」再び!だけれども、なんとも頼りになる上司ではないか。



その上、誰に対しても怖いわけではなく、部下には優しく、地域住民に対してもとても優しい

だからこそ、部下にも、地域住民にも慕われているのだ。

中でも、地元の中華料理店の少年との疑似親子のような関係には、心が温かくなる。

その優しく温かいマ・ソクトは、マ・ドンソクのラブリー面が十分に発揮されている部分である



そんな気は優しくて力持ちで理想の上司のマ・ソクトは、この映画の最大の魅力の一つである。



犯罪都市5



血も涙もない冷酷無比な男・チャン・チェン


そのマブリーと対照的なのが、極悪非道で血も涙もない朝鮮族マフィアの男 チャン・チェンである。

演じているのは、ユン・ゲサンである。

ユン・ゲサンといえば、これまでは「ちょっと情けないけれどやる時はやる男」というイメージだったので、この冷酷無比な役柄は意外だった。



だから、今までのパターンだったら、悪役をマ・ドンソクが演じて、刑事をユン・ゲサンを演じたのだろうけど、マ・ドンソクの人気急上昇につき、立場が逆転したのではと思う。

それに、このユン・ゲサンの悪役ぶりが新鮮でとても良かった

彼は、この映画に出たことで新たな一面を開拓したことになったように思う。



チャン・チェンという人は、人を殺すことをなんとも思ってなく、むしろ、人が目の前で死んでいくのを笑いながら見ていられるような人間だった。

理想の上司 マ・ソクトとは対照的に、自分のことしか考えてない人間で、汚れ仕事は全部部下に任せて、自分はさっさと逃げるような男である。

その、卑劣さ、感情のなさが恐ろしい男だった。



しかし、全てにおいて、マ・ソクトと正反対で対照的だからこそ、二人のキャラクターが際立つのである。

人情派と冷酷無比、チャン・チェンは、マ・ソクトに比べたら損な役回りではあるけど、その冷酷さが印象深い役だった。



犯罪都市4



アクションあり、笑いあり、恐怖あり、人情ありのエンターテインメント


その、マ・ソクトとチャン・チェンが正面衝突し、そこへ、韓国マフィアが入ってきて戦い続ける、つまり、最後から最後まで誰かと誰か殴り合っている映画である。

もうそうなると、誰が朝鮮族で、韓国マフィアで、刑事なのか、見分けがつかなくなってくる(笑)

それぐらい、もみくちゃになって彼らは殴り合う



そんな「殴り合いの映画」だと言われると、「苦手だなぁ」と思う人もいるかもしれない。

しかし、この映画には笑えるところがたくさんあって、そこが、救いになっている

そこが、この映画をただのマフィア映画ではなく、エンターテインメント作品にしている部分でもある。



気に入らないことがあれば、次から次へと人を殺していく朝鮮族マフィア チャン・チェンの恐ろしさ

朝鮮族マフィアと韓国マフィアが抗争を繰り広げる中へ先頭きって入っていき、悪い奴らをバタバタ倒していく刑事 マ・ソクトの頼もしさと、きっとマ・ドンソクだったら、なんとかしてくれるだろうというヒロイズム

血が飛び散る凄惨な場面が続く中で、時には笑わせてくれる楽しさ

その全てが、この映画の魅力だった。



しかし、それにしても、マ・ドンソクは、どんどんドウェイン・ジョンソン化していくのである…(笑)




Twitterでも、映画や海外ドラマの情報を発信しています~










↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「犯罪都市」(字幕版)

犯罪都市(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2018/10/5 11:49時点)



DVDで観る:「犯罪都市」

犯罪都市 [Blu-ray]

新品価格
¥3,853から
(2018/10/5 11:50時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コン・ユ主演の韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を試写会で観た。

ソウル発釜山行きの高速鉄道KTXという密室の中で、ゾンビと戦うことになってしまった乗客たちを描くサスペンスアクション映画。



満足度 評価】:★★★★★

とてつもなく怖くて、とてもつなく面白い!!

次から次へとわいてくる(本当にわいてくる)ゾンビたちが恐ろしいんだけど、

人が危機的状況に陥った時、一番恐ろしいのは、「自分だけでも助かりたい」という人間のエゴ

これが、本当に恐ろしかった。

それが、どれだけ恐ろしいものなのかは、ぜひ、実際に映画を観て確かめて欲しい。



もっと、この映画の内容を知りたくなった方は、この先の感想コーナーへ…。


「新感染 ファイナル・エクスプレス」予告編 動画

(原題:부산행(釜山行き)




更新履歴・販売情報

・2017年12月4日 試写会で観た感想を掲載。

・2018年8月19日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信・DVD共に販売中。



ネット配信で観る:「新感染 ファイナル・エクスプレス」(字幕版)

新感染 ファイナル・エクスプレス(字幕版)

新品価格
¥399から
(2018/8/19 00:46時点)



DVDで観る:「新感染 ファイナル・エクスプレス」

新感染 ファイナル・エクスプレス [Blu-ray]

新品価格
¥3,220から
(2018/8/19 00:47時点)



【Amazon.co.jp限定】「新感染 ファイナル・エクスプレス」ブルーレイ・プレミアム・エディション(特典ディスク付)

【Amazon.co.jp限定】新感染 ファイナル・エクスプレス ブルーレイ・プレミアム・エディション(特典ディスク付) [Blu-ray]

新品価格
¥7,020から
(2017/12/4 16:22時点)



キャスト&スタッフ


出演者

コン・ユ
…(「密偵」、「男と女」、「サスペクト 哀しき容疑者」、「トガニ 幼き瞳の告発」など)

マ・ドンソク
…(「ファイティン!」、「犯罪都市」、「殺されたミンジュ」、「悪のクロニクル」、「フェニックス 約束の歌」、「結婚前夜~マリッジブルー~」、「グッバイ・シングル」、「アンダードッグ 二人の男」など)

チョン・ユミ
…(「悪魔は闇に蠢く」、「トガニ 幼き瞳の告発」、「ソニはご機嫌ななめ」、「カンチョリ オカンがくれた明日」など)

〇チェ・ウシク
…(「オクジャ okja」など)

〇アン・ソヒ

キム・ウィソン
…(「ゴールデンスランバー」、「ザ・キング」、「プリースト 悪魔を葬る者」、「造られた殺人」、「国選弁護人 ユン・ジンウォン」など)

シム・ウンギョン
…(「ソウル・ステーション パンデミック」(声のみ)、「少女は悪魔を待ちわびて」、「怪しい彼女」、「王になった男」、「サニー 永遠の仲間たち」など)


監督

ヨン・サンホ
…(「我は神なり」、「ソウル・ステーション パンデミック」など)


2016年製作 韓国映画



新感染ファイナル・エクスプレス



あらすじ


誕生日に母親に会いたいという娘・スアンの願いを叶えるため、別居している妻の元へとスアンを送り届けるべく、スアンと共に、ソウル駅から早朝のKTXで釜山へと向かったソグ(コン・ユ)。

ところが、ソウル駅を出発してから間もなく、車両にゾンビが現れ、その側にいた人間はゾンビに噛まれた瞬間にゾンビ化し、次から次へと感染していく。

ソグはスアンを抱き、感染していない人間だけがいる車両へと逃げ込むのだが、外へ出ようにも出られず、助けを呼ぼうにも通信環境が悪くなっていき…。



新感染ファイナル・エクスプレス2



感想(ネタバレあり)


娘とうまく打ち解けられないダメパパが、娘を守ることで強くなっていく


韓国の高速鉄道KTX、日本で言えば新幹線。

その密室の中で、ゾンビが発生

たった一体のゾンビが、次から次へと感染し、次第に列車の中はゾンビだらけに…



うおぉぉぉぉぉぉぉぉ。

どうしよう!!

もう、どこにも逃げられない…!!



でも、目の前にゾンビがいるぅぅぅぅぅ。

もうやめてくれぇぇぇぇぇ(涙)

誰か助けてぇぇぇぇぇぇぇ

そんな映画だった!!



主人公のソグ(コン・ユ)は、仕事中毒のファンドマネージャー。

家庭をかえりみず、仕事ばかりしていて妻とは別居中

娘のスアンはソグが母の手を借りて養育しているものの、あまり会話がなく、スアンはママを恋しがっている。



つまり、スアンにとってソグは、仕事ばかりして遊んでくれないダメパパで、一緒にいてもつまらないのだ

だから、誕生日はママと過ごしたい。

そう思って、パパと一緒にママのいる釜山へと向かっている最中だった。



しかし、そこへ、急遽ゾンビが現れたものだから、なんとしてでもソグはスアンを守り抜き、釜山にたどり着かなければならなくなった。



この映画は、明らかにゾンビ映画だけれども、

それと並行して、

このスアンとソグの父娘関係や、その他にも、家族や恋人を命がけで守ろうとしている乗客たちの人間ドラマも描かれている



その中でも、ソグは、これまで家庭よりもビジネスを優先し、常に自分本位で物事を考えてきたダメ人間だった。

しかし、この惨事をきっかけに、娘や、他の弱い人たちを命がけで守る姿を見せるようになる

これは、ソグにとっての成長の物語でもあるのだ。



だから、どうか、「どうせゾンビが襲いかかってくるありがちなゾンビ映画なんでしょ」という先入観を捨てて、この映画を観て欲しい

きっと、「どうにもならない危機的状況の中で、なんとか愛する人を守り抜こうとする人々の人間ドラマ」に感動するはずだから。



新感染ファイナル・エクスプレス3



密室だから怖い!!!


何が怖いって、「密室」が怖い

高速で線路の上を走っている密室の中、ゾンビが急増中!!

外に逃げ出したくても逃げられないし、助けを呼ぼうにも、誰も助けてくれない

これは本当に怖い!!



この映画のゾンビたちが生まれた原因は謎である。

ゾンビに噛みつかれたものは、間もなく発症する。

ゾンビは常に新しい血を追い求め、人間を「見れば」噛みつく性質を持っている。



だから、暗闇など、視界をさえぎると、彼らは襲ってこない

一度、発症してしまうと、感染前の記憶をどんどんなくしていく。

完全にゾンビ化した後は、人間ではなくて別の生き物だと思うべし。

そうじゃないと、戦うことに躊躇してしまう



実際、生き残った人間が、ゾンビ化した友人を打ちのめさなければいけないというシーンもあって、それは、観ているこちらも非常に考えさせられる場面だった。

そのゾンビに微妙に残った人間らしさが、この映画の切ないところでもある。



もしも、彼らに遭遇したら、噛みつかれないようにするしかないのだけれど、力の加減を知らず、無意識の中、欲求だけで生きている彼らは、力が非常に強い。

それに、ゾンビ一体だけならいいけど、次から次へと襲われたら、抵抗することはできない…!!



そんなゾンビの様子を見ながら、ぼんやりと

もしも、これが日本の新幹線で同じことが起きたら、と考えていた。



そして、気付いた!

これが日本なら速攻で乗客が全滅する!!!



わずかに、トイレの中に入れた人と、運転席にいる人だけが助かるかもしれない。

なぜなら、日本の新幹線の車両は自動ドアだから!!!

絶対助からないじゃん!!!と思った(怖)

日本人の親切心は、こんなところでアダになっている(笑)



なぜ、『自動ドアだと全滅するのか』、その理由が知りたかったら、ぜひ、映画を観て欲しい



新感染ファイナル・エクスプレス4



ゾンビより恐ろしいのは人間のエゴ


密室のゾンビよりも恐ろしいのは、「自分だけが助かりたい」という人間のエゴである

エゴは親切にしてくれた人を踏み台にし、その人を捨て去り、自分だけが先に進もうとする



終盤、このエゴがKTXにパニックを巻き起こす

人間同士の争いがパニックを生み、助かるはずの人が死に、死ぬべき人が生き残る

危機的状況になってくると、人間同士が醜い争いを繰り広げる

それはまるで、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」のような地獄絵図だった。



人は危機的状況に追い込まれると、心の美しさも汚さも全てが露出する。

最後に何を思うか、何を守り、何を助け、自分はどう生きるか。

その全てが、その人の最後の瞬間に集約される



新感染ファイナル・エクスプレス5



最後にゾンビに勝つのは「自己犠牲」の愛


まるで元人間とは思えないぐらい、次から次へと溢れ出すゾンビたちには仰天だし、本当に逃げ場がなくて恐ろしかった

そして、そこには、ソグとサンファ(マ・ドンソク)という二人の父親がいて、彼らの愛すべき者たちへの愛が試される場でもあった。

次から次へと襲いかかる困難に、彼らの愛が打ち勝つことができるかを試され、彼らは最高の愛で強さを見せつける



彼らの愛の強さは、涙なくしては観られない

こんなに泣けるゾンビ映画は、始めた観たような気がする



そして、つくづく感じたのは、『蜘蛛の糸』の教えの通り、人間は自分だけ助かろうと思っても、生き残ることなどできないということ

共に助け合い、時には自分よりの他の人を優先しないといけない時がやってくる。



次から次へと溢れ出るゾンビの恐ろしさを感じながらも、人間のエゴの醜さと、自己犠牲の美しさを同時に感じさせてくれる人間ドラマでもあった

やはり、最後の最後にゾンビに勝ったのは、「自己犠牲の精神」なのだ。



そんなことを考えさせてくれるこの映画は、ただのゾンビ映画ではない。

ゾンビ映画を観ていたはずが、いつの間にか、人間愛に感動している


たとえ、そこまで考えなかったとしても、こんなに面白い娯楽作品は、なかなかないと思う。



関連記事

〇あわせて観たい!「新感染」前日譚






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「新感染 ファイナル・エクスプレス」(字幕版)

新感染 ファイナル・エクスプレス(字幕版)

新品価格
¥399から
(2018/8/19 00:46時点)



DVDで観る:「新感染 ファイナル・エクスプレス」

新感染 ファイナル・エクスプレス [Blu-ray]

新品価格
¥3,220から
(2018/8/19 00:47時点)



【Amazon.co.jp限定】「新感染 ファイナル・エクスプレス」ブルーレイ・プレミアム・エディション(特典ディスク付)

【Amazon.co.jp限定】新感染 ファイナル・エクスプレス ブルーレイ・プレミアム・エディション(特典ディスク付) [Blu-ray]

新品価格
¥7,020から
(2017/12/4 16:22時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SHINeeのミンホ(ミノ)主演、韓国映画「アンダードッグ 二人の男」をWOWOWで観た。

社会の底辺で生きる青年たち、大人たちの実態を描く。

劇場未公開の作品を、どこよりも早く放送する「WOWOWジャパンプレミア」の作品。



満足度 評価】:★★★☆☆


新感染 ファイナル・エクスプレス』のヒットで、マ・ドンソク株が上昇中で、そういえば、この映画も見落としていたなと思い、HDDから掘り起こして観た。

この映画のマ・ドンソクは100%悪人ではないけれど、事情があって悪い奴になってしまった男の役。

悪い奴だけど、憎めない男を好演。

ただ、そのマ・ドンソクに向かっていく青年たちは、社会の底辺で暮らす割には、あまりも美しすぎてリアリティに欠ける印象だった。

これを、アイドルに演じさせるには、ちょっと限界がある作品のような気がした。


「アンダードッグ 二人の男」予告編 動画

(原題:두 남자)





DVDで観る:「アンダードッグ 二人の男」(初回生産限定)

アンダードッグ 二人の男(初回生産限定) [DVD]

新品価格
¥3,836から
(2018/6/4 10:49時点)



ネット配信で観る:「アンダードッグ/二人の男」(字幕版)

アンダードッグ/二人の男(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/6/4 10:51時点)



【輸入版DVD】韓国映画「アンダードッグ 二人の男」 (DVD) 台湾盤

韓国映画/ アンダードッグ 二人の男 (DVD) 台湾盤  Derailed

価格:3,300円
(2017/11/14 14:58時点)
感想(0件)



キャスト&スタッフ


出演者

〇ミンホ(SHINee)

マ・ドンソク
…(「ファイティン!」、「犯罪都市」、「新感染 ファイナル・エクスプレス」、「殺されたミンジュ」、「悪のクロニクル」、「フェニックス 約束の歌」、「結婚前夜~マリッジブルー~」、「グッバイ・シングル」など)

〇イ・ユジン

〇キム・ジェヨン

〇チョン・ダウン

監督・脚本

〇イ・ソンテ


2016年製作 韓国映画



アンダードッグ二人の男



あらすじ


両親がいない環境で育ったジニル(ミンホ)は、育児放棄されたガヨン(チョン・ダウン)たちと共に、万引きや窃盗をして日銭を稼ぎながら、路上で生活していた。

しかし、生活が苦しいので、ガヨンは「体を売って」金を作ろうとする。

そして、ネットで声を掛けた客、ヒョンソク(マ・ドンソク)のモーテルの一室に向かうが、ジニルはその部屋に乗り込み、仲間のホンギル(イ・ユジン)と2人がかりでヒョンソクを倒し、ガヨンを部屋から連れ出す。

そして、ヒョンソクの乗っている外国車を盗み、ネットで売りに出すのだが…。



アンダードッグ二人の男2



感想(ネタバレあり)


SHINeeミノ、マ・ドンソク共演、劇場未公開作品


新感染 ファイナル・エクスプレス』のヒットにともない、コン・ユはもちろんのこと、マ・ドンソクも人気が上がっているようで、嬉しい限り。

マ・ドンソクは、『新感染 ファイナル・エクスプレス』のように、頼りになる兄貴を演じることもあれば、「殺されたミンジュ」のように復讐に燃える処刑人を演じることもあって、役の幅が広い。

私としては、韓国版ドウェイン・ジョンソンのようなポジションになるのではと期待している。



そのマ・ドンソクは、この映画の中で悪役のヒョンソクを演じている。

ヒョンソクはケンカが強く、女の子を売春させちゃうような最低な男だけれども、根っからの悪という訳ではなく、彼なりに事情があって、汚い仕事をしている。

もちろん、それを正当化してはいけないけれど、ヒョンソクというキャラクターを知っていくうちに、「この人、憎めないな」と思えてくるのは、ひとえにマ・ドンソクの力だと思う。



と言ってマ・ドンソクをほめちぎっているが、主役はミンホ(ミノ)だ。

日本でも絶大な人気を誇るKpopグループのメンバー。

私もミノは知っていたけれど、彼が演技している姿を観るのは初めて。



ミノはこの映画の中で、両親のいない孤独な環境で育った青年ジニルを演じている。

同じく施設で出会った子たちと、仕事もせず、窃盗、万引きなどを繰り返して生活しているが、それが、最後には悲しい結果を引き起こすことになる。

ただ、私としては、ミノはこの役を演じるには、美しすぎるなと思った。



あまりにも髪の毛サラサラ、お肌つやつやで、どう見ても『貧困層で生きている』ようには見えない

顔をボコボコに殴られ、血だらけになって奮闘しているのはよく分かるけど、むしろ、宿敵のソンフンの方が強烈な印象だった。



アンダードッグ二人の男3



貧困層で暮らす・若者たちの事情



この映画が観客に訴えかけるのは、主人公のジニルのような若い人たちが引き起こす、窃盗、万引き、売春などの犯罪は、主に貧困層で起きているということ。

また、そのジニルたちのような貧困層の若者たちは、幼い頃に両親を亡くしたり、ネグレクト(育児放棄)が原因んで家出した子供たち

十分な教育も受けず、生活能力もなく、ただ「一緒にいたい」が、行き場がないという気持ちだけで、町をブラブラして生活している。



その、幼い頃に両親を亡くしたり、とか、ネグレクトで家出した子供たちの間で犯罪が増えているというのは、何も韓国だけの問題ではなく、世界中で言えることだと思う。

とはいえ、では、彼らをとりまく環境の中で、特に韓国のどこが悪いのかと考えた時に、この映画では、その本質が描かれていない。

「彼らは両親に見放された子供だから、犯罪を起こしやすいんです」

ということは、誰でも考えつくこと。



韓国では、そういう子供たちを育てるシステムのここに問題があるから、犯罪者に育ちやすいとか、

彼らに対するこういう差別があるんですとか、具体的に訴えかけるものがあれば、

もっとジニルたちのことも、親身になって観られたかもしれない


ただ、犯罪をしながら日々を暮らしているだけなら、救いようのない、ただの不良にしか見えない



そんなただの不良が盗んだ車の相手が悪かったことで、事件に巻き込まれることになったとしても、あまり、同情する価値がない

つまり、主人公であるジニルのキャラクターに、あまり魅力を感じない映画なのだ。

キャラクターの魅力は、全て「アイドル」のミノに頼ってしまっているところに問題があるように思う。

やっぱり、キャラクターは芝居の中で作っていくもののように思う。



アンダードッグ二人の男5



貧困層で暮らす・大人の事情



その主人公のジニルに、社会の厳しさを叩き込むのがマ・ドンソク演じるヒョンソクである。

ヒョンソクも、ジニルと同じく、「貧困層」の人間である。



元々は、そうではなく、手広くカラオケボックスを運営するやり手のオーナーだった。

しかし、仕事仲間に裏切られ、大金を奪われ、多額の借金を抱え込むことになった。

それでも、妻子ある彼は、これまでしてきた贅沢な生活の質を落とさずに、生活を続けるため、ガヨンのような未成年の女の子に声をかけ、自分が経営するカラオケボックスで売春を斡旋するようになった



このヒョンソク、とにかく腕っぷしが強い。

ジニルなどがかかっていっても、殴り飛ばしてしまうような巨漢だ。

しかし、そんなヒョンソクも一旦家に帰れば、娘を甘やかす優しいパパの顔になる。

その家庭人としての表の顔と、カラオケボックスオーナーとしての裏の顔のギャップが、このヒョンソクの魅力であり、

優しいパパでとしての姿を観ていると、「あぁ、ヒョンソクも仕方なく今の仕事をしているんだなぁ」と同情的な目で観てしまう。



そこはやはり、マ・ドンソクの俳優としての魅力のなせる業というところもあって、ミノとマ・ドンソクの違いが出てしまっている部分でもある



アンダードッグ二人の男4



貧困層で暮らしていく環境の厳しさ


若いジニルと大人のヒョンソク。

どちらにも言えるのは、貧困層の人間が生活していく環境の厳しさ

一人だけで生活していくのはなんとかなっても、ジニルのように恋人がいたり、ヒョンソクのように家族を養っていかなければならないのは、とても難しい。

厳しいから、「より簡単な方法で」現金を手に入れることを考えてしまう

そして、結局、犯罪を繰り返し、その生活から抜け出すのは難しくなってしまう



でも、方法が全くないわけではない、ヒョンソクは整備工の仕事をして、ガヨンはコンビニでアルバイトをすれば、収入が0円ではない。

ところが、「今、お金が必要だから、ウリをしよう」と考える。

まともに教育を受けていない彼らは、忍耐もできず、そういう簡単な方法を選び、結局、犯罪を積み重ねることになる



ヒョンソクも、生活の質を落とす努力をすればいい

今住んでいるアパートを売りに出し、もっと狭いアパートに引っ越し、乗っている車も外国車から小さな国産車に乗り換えれば、ある程度の金は返せただろうし、経営している店も縮小させれば、なんとかやりすごせたかもしれない。

しかし、「家族に心配かけたくない」という見栄が、彼を犯罪へと導くことになった

娘が怖い思いをすることになったのも、自業自得なんだろう。



残念なのは、この物語には、何の解決策もないまま、ジニルに反省の機会を与える間もなく終了してしまっているところ

あの終わり方では、途中で試合放棄してしまっているように見える。

それぐらい、韓国の貧困層には救いようがないのかもしれないけれど、せめて、残された人々に更生の道を示すぐらいのことはして欲しかった



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「アンダードッグ 二人の男」(初回生産限定)

アンダードッグ 二人の男(初回生産限定) [DVD]

新品価格
¥3,836から
(2018/6/4 10:49時点)



ネット配信で観る:「アンダードッグ/二人の男」(字幕版)

アンダードッグ/二人の男(字幕版)

新品価格
¥500から
(2018/6/4 10:51時点)



【輸入版DVD】韓国映画「アンダードッグ 二人の男」 (DVD) 台湾盤

韓国映画/ アンダードッグ 二人の男 (DVD) 台湾盤  Derailed

価格:3,300円
(2017/11/14 14:58時点)
感想(0件)



















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キム・キドク監督の韓国映画「殺されたミンジュ」をWOWOWで観た。

再開発が進む地域で、何者かにより女子高生のミンジュが殺される。それから1年後、ミンジュを殺した容疑者たちが謎の集団に1人ずつ拷問されていく…。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

何が正義で何が悪なのかということに線引きをせず、登場人物たちの全てが、「限りなくクロに近いグレー、もしくは真っ黒」というのが面白かった。

私が想像している以上に、韓国では貧富の差が激しく、貧しい者たちがそこからはい上がることは難しい。

また、彼らがそれを訴えても、世の中を変えることはできない。

主人公を演じたマ・ドンソクの一言、「貧しい人間は、生きていればいるだけ不幸になる」と言った言葉が、この映画を表しているように思う。


「殺されたミンジュ」予告編 動画

(原題:일대일





「殺されたミンジュ」 DVD

殺されたミンジュ [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2017/8/2 00:24時点)



キム・ギドク Blu-ray BOX初期編(初回限定版)

キム・ギドク Blu-ray BOX初期編(初回限定版)

新品価格
¥11,380から
(2017/8/2 00:24時点)



キャスト&スタッフ


出演者

マ・ドンソク
…(「ファイティン!」、「犯罪都市」、「新感染 ファイナル・エクスプレス」、「悪のクロニクル」、「フェニックス 約束の歌」、「結婚前夜~マリッジブルー~」、「グッバイ・シングル」、「アンダードッグ 二人の男」など)

〇キム・ヨンミン

〇イ・イギョン

〇チョ・ドンイン

監督・脚本

キム・キドク
…(「鰻の男」(脚本のみ)、「レッド・ファミリー」(脚本・製作)など)

2014年製作 韓国映画

殺されたミンジュ

あらすじ


高級マンションを建設するために、再開発を予定している地域で、女子高生のミンジュが何者かによって殺され、道端に捨てられているのが発見された。

それから1年後、ミンジュ殺害の容疑者たちが謎の集団にさらわれる。

彼らは密室に入れられ座らされると、机の上には紙が用意され、謎の集団のリーダー(マ・ドンソク)に「5月9日に何をしたのか、そこに書け」と言われ、それを拒否すると書くまで拷問される。

その「粛清」は1人ずつ行われ、全容が明らかになるまで続けられる…。

殺されたミンジュ3

感想(ネタバレあり)


土地を転がす人(=お金持ち)と、土地にしがみつく人(=貧しい人)の対立


ちょうど一カ月前、同じく韓国映画で『国選弁護人 ユン・ジンウォン』という映画を観た。

土地の再開発が進む地域で、利益を得ようとする特権階級の人々と、その裏で犠牲になる貧しい人々を描き『正義』とは何かについて描かれた作品だった。

この映画『殺されたミンジュ』も『国選弁護人 ユン・ジンウォン』と同じように、土地開発で利益を得ようとする特権階級の富裕層と、その裏で犠牲になっている貧困層の対比を描いている。

しかし、これらの二つの映画について、その間にある大きな違いは、この映画には『正義』がない。

実際のところ、『国選弁護人 ユン・ジンウォン』でも、正義が勝つわけではない。

そこに大きく立ちふさがる暗い闇に対し、小さな正義はなす術もない。

その中でも国民の心の中に正義があることを、その映画では描いていた。

それに比べて『殺されたミンジュ』では、初めから正義などない。

登場人物の全てが何かしらの犯罪を犯し、全員が限りなく黒に近いグレー、または黒である。

彼らは既に、この世に正義などないと諦めている。

この2作品を通じて思うのは、富裕層と貧困層の間にある想像以上の格差だ。

富める者は富み続け、貧しい者は苦しい生活を強いられる。

そして、そこは様々な種類の犯罪を生み出す、現代の韓国の病巣の1つとなっていることを、この映画は描いていた。

殺されたミンジュ2

社会に不満を抱えるものたちが、天に代わって成敗する


女子高生ミンジュが殺されてから1年後。

謎の集団が、容疑者たちの粛清を始める。

その『謎の集団』とは、一体何者なのか。

彼らは日頃から、SNSに社会の不満をぶちまけているところを、リーダーに声を掛けられ、集められたメンバーである。

彼らは、皆、貧しい生活をしていて、脱北者や、再開発の土地に不法占拠する者、アメリカのアイビーリーグへ留学して帰ってきても就職口が見つからない者までいる。

リーダーは、彼らの『この世を変えたい』と思う気持ちをパワーに変え、容疑者たちの粛清に利用しようと考えた。

しかし、いくら貧しい生活をしていて、社会に不満があるからといって、特権階級の人々を痛めつけることができるワケではない。

いくら特権階級にいる人たちが憎くても、人を殺すことはできない。

彼らにも良心があるのだ。

粛清のメンバーに加わったものの、後半になるとドンドンと離脱していくのが印象的だった。

殺されたミンジュ5


恐怖政治に利用された女子高生の死体


粛清する側とは対照的に、粛清される側の容疑者たちは、皆、裕福な者たちだ。

彼らは拉致されてイスに座らされるなり、「お前たちはオレが誰だか分かってやっているのか」と口々に言う。

大きな会社の重役や、軍隊の上官など、特権階級の人々たち。

日頃から権力を振りかざして生活してきたから、そういう言葉が真っ先に出てくるのだろう。

それでは、なぜ、そんな者たちがミンジュを殺したのか。

私が思うに、ミンジュは住民たちへの見せしめのために殺されたのだと思う。

そこは、開発中の地域で、不法占拠者たちがなかなか立ち退きをしない場所だった。

そのままだと、計画が思いどおりに進まないので、住民たちを追いださないといけない。

しかし、住民には居住権があり、強制的に追いだすことはできない。

そこで、開発側は、住民たちに「そこにいても良いことないよ」ということを知らせるための『見せしめ』が必要になり、女子高生のミンジュを殺して放置したのだ。

恐らく、女子高生なら、誰よりもショッキングで、効果的だと考えたのだろう。

容疑者グループのリーダーに「なぜ殺したのか」と聞くと、「理由はない」と答えた。

そこに、『ミンジュでなければならない理由』などなく、住民たちに恐怖を植え付けられれば、それでよかったのだ。

殺されたミンジュ4

因果応報は、貧富の差に関係なく、全ての人に等しくくだされる


つまり、この映画は、貧しい人間が裕福な特権階級の人々に対して「殺人罪」で訴えを起こしても、容疑者が痛い思いをすることはないから、それならば、自分たちで自警団を作って仕返しをしてしまえという話だった。

娘であるミンジュを殺されてしまった父の復讐の物語だったのだ。

ミンジュを殺したものたちが悪ならば、その父もまた悪となり、やられたらやり返すという負のスパイラルへとはまっていってしまう。

この映画が特徴的なのは、決して貧乏の味方をしているわけではないという所。

最後には、粛清したリーダーにも因果応報の罰がくだされる。

人を殺した人間に正義などない。

そのリーダーであるミンジュの父が、「この国では、貧しい者が生きているればいるだけ不幸になる」と言ったのがとても印象的だった。

軍や警察や司法が富裕層の仲間なら、貧しい者たちを誰が救うのか。

そこに答えがないからこそ、韓国から犯罪がなくならないのだ。

そんな出口の見つからない迷宮に入り込んだような映画だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「殺されたミンジュ」 DVD

殺されたミンジュ [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2017/8/2 00:24時点)



キム・ギドク Blu-ray BOX初期編(初回限定版)

キム・ギドク Blu-ray BOX初期編(初回限定版)

新品価格
¥11,380から
(2017/8/2 00:24時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ソン・ヒョンジュ主演の韓国映画「悪のクロニクル」をWOWOWで観た。

正当防衛で人を殺してしまったベテラン刑事が、出世のために事件を隠蔽してしまい、それがきっかけで話が思わぬ方向へと展開していくサスペンス映画。


韓国映画「悪のクロニクル」


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

面白かったなぁ。相変わらず、韓国産サスペンス映画には安定感あり。

そして毎回のことながら、韓国警察の賄賂や裏金、隠ぺいなど、悪にまみれた姿をさらけ出してエンターテインメントにしているところが面白い。



「悪のクロニクル」予告編 動画

(原題:악의 연대기(悪の年代記))






キャスト&スタッフ


出演者




〇チェ・ダニエル

〇チョン・ウォンジュン


監督

〇ペク・ウナク

2015年製作 韓国映画




あらすじ


ソウル江南署 捜査一課のチェ・チャンシク課長(ソン・ヒョンジュ)は、出世街道を順調に歩んでいた。

しかし、警察庁から優秀な刑事だと表彰され、部下たちが出世のお祝いをしてくれた日の夜、チェ課長は、乗っていたタクシーの運転手に襲われ、取っ組み合いのケンカとなり、その結果、タクシー運転手を殺してしまう。

一旦はその場で通報しようとしたチェ課長だったが、出世の約束を取り消されることを恐れ、現場から彼の指紋を全て消し、その場から姿を消してしまう。

するとその翌日、江南署の目の前にある工事現場の屋上から、クレーンに吊るされたタクシー運転手の死体が発見されてしまい…。




感想(ネタバレあり)


オープニングから騙されて監督の思う壺


この映画、冒頭から面白かった。

12人の遺体が発見され、その犯人を逮捕。犯人の息子は、「殺人鬼の息子」として育てられる…。

そこで、フムフム。なるほど。この殺人犯の息子の物語なのね。どんな鬼畜が登場するのやら。と、その後の展開をとても期待させるオープニングから始まっている。

そして、蓋を開けてみると、話が二転三転して、息のつけないサスペンス映画が展開する。

私は、その「僕は殺人鬼の息子として育てられた」っていう独白の後に、チェ課長のアップが入ったので、最初はチェ課長が殺人鬼の息子なのかと思ってしまった。

それはもう、すっかりだまされている(笑)監督の思う壺だ。



韓国映画「悪のクロニクル」ソン・ヒョンジュ



代々受け継がれていく隠蔽、汚職体質


この映画の面白さは、もちろん、その「真犯人探し」にもあるけれど、それとは別に、警察の汚さを暴くところにもある。

これまでたくさんの映画が韓国警察の汚さを描いてきた(例えば、イ・ソンギュン主演の「最後まで行く」など)けど、これは、韓国警察の体質の汚さが、悪を生み、またそれが連鎖反応を起こして続いて行くという恐ろしさを描いていてゾッとする。

主人公のチェ課長は、容疑者から賄賂を受け取り、それを自分の部下に分配し、普段から部下が自分の言うことを聞きやすい環境を作り出している。

もちろん、それは現在の署長が課長だったころから行われていた伝統のようなものだ。

だから、もしも、過去の事件で捜査が難航し、マスコミが注目しているというプレッシャーの中で、決定的な証拠が上がらない時に、課長が「誰でも良いから犯人をつかまえろ!」と言ったら、その命令は絶対であり、状況証拠しかなくても犯人に仕立ててきた。

その悪習が産み出したのが、この映画の真犯人ドンジェだった。



韓国映画「悪のクロニクル」マ・ドンソク、パク・ソジュン、ソン・ヒョンジュ



警察の体質が新たなる悪を産む


ドンジェは、賭場で父が酷い扱いを受けていたのを観ていられず、彼らの飲み物に青酸カリを混ぜてしまう。

そして、その場にいた12人が全員死亡。

警察は、決定的な証拠が見つからない中、状況証拠のみでドンジェの父を逮捕、起訴してしまう。

ドンジェが何度も「殺したの僕だ。僕を逮捕して」と言ったにも関わらず。

その時に捜査を担当したのが、現在の江南署の署長であり、その部下のチェ課長だった。

そして、ドンジェの父に死刑判決が下る。

父は真犯人ではないのに。

少年は、幼いながらも父が冤罪で殺されることを知ってしまう。

それ以来、警察に復讐することばかりを考えて育った少年は希望通り警察官になり、当時の捜査官チェ課長に近づいていく。

まさに、ドンジェこそが、警察の「いい加減な捜査」という腐った体質が産んだ悪だった。

ドンジェは、幼い頃から父を殺した警察官たちを殺すというシナリオを練って大人になった。

そして、彼が書いたシナリオの最後のページは、チェ課長が逮捕される瞬間を課長の息子に見せるというものだった。

そこで、警察に恨みを持った少年がまた1人誕生した…。

それこそが、まさにドンジェの書いたシナリオ「悪の年代記(原題)」の完成なのだ。



韓国映画「悪のクロニクル」チェ・ダニエル、ソン・ヒョンジュ



韓国で最も数字を持つ男の1人 ソン・ヒョンジュ


主演のチェ課長を演じたのは、ソン・ヒョンジュ

現代、韓国のテレビドラマ界、映画界で、最も数字を持っている俳優の1人。

韓国でも多数の演技賞の受賞経験あり。

日頃から、「人の良いお父さん」をやらせたピカイチだが、この映画「悪のクロニクル」では、出世のために賄賂にまみれ、殺人事件を隠蔽するという悪い一面も見せる。

その意外さが観客の判断を鈍らせ、「犯人は誰だ」探しを惑わせる結果となったように思う。



 ↓ 韓国で数字を持つ男優「ソン・ヒョンジュ」
韓国映画「悪のクロニクル」韓国で数字を持つ男優「ソン・ヒョンジュ」



汚いところも平気でさらすところが韓国サスペンスの面白さ


最近の韓国映画といえば、サスペンスが面白い。

この映画も、本国では「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」や「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を超え興行収入1位を記録する大ヒットだったという。

そのサスペンス映画の面白さは、日常に潜む汚れた体質を赤裸々にさらすところにあるように思う。

例えば、今回のように、韓国の恥部とも言えるような汚職にまみれた警察内部の様子を丸裸にし、それを国民が指さして笑っているような面白さを感じる。

日常にある悪を映画が代弁してくれている。

国民としては、そんな警察がコテンパンにされているのを観て、爽快な気分になっている人もいるんじゃないだろうか。

そんな「恥」の部分をさらして笑う力強さが、韓国映画のサスペンスの底辺を流れる面白さなんだと思う。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「悪のクロニクル」(字幕版)

悪のクロニクル(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/10/25 00:45時点)



DVDで観る:「悪のクロニクル」

悪のクロニクル [DVD]

新品価格
¥3,219から
(2018/10/25 00:46時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
韓国映画 に参加中!
FTISLAND ホンギ主演の映画「フェニックス 約束の歌」をWOWOWで見た

どんな映画なのか知らずに見始めて、面白いなぁと思いながら引き込まれて、後半は泣きながら見てた

「フェニックス 約束の歌」予告編 動画

(原題:뜨거운 안녕(熱いさようなら))


あらすじ


韓国のトップアイドル・チュンイ(イ・ホンギ)は、プライベートで売られたケンカを買い、暴行事件を起こしてしまう

その罪を償うために、彼に課せられたのはホスピスでの社会奉仕活動だった

気分が乗らないまま、しかたなくホスピスでの生活を始めるチュンイだったが、チュンイの担当であるアンナ(ペク・ジニ)、元やくざのボス(マ・ドンソク)、病気が進行しても酒がやめられないボンシク(イム・ウォニ)たちが結成しているバンドの指導をすることになり・・・

フェニックス

感想(ネタバレあり) 余命数か月と言われた時、死ぬまでにやりたいことは何だろう


余命数か月と言われた患者が、死ぬまでにやりたいと思うことは何だろう

その人が「やりたい」と思ったことが、実現できる人はどのぐらいいるだろう

しかし、多くの人が、思いを遂げられずにこの世を去っていくのでしょう

もしも、全ての末期患者がこの映画のように、ビデオレターを残し、最後までやりたいことをやり切って死んで行けたら、それだけでも、幸せなことなんだろうなぁと思う

末期患者の人たちが、どんな思いで病気と闘っているのか、その人たちに対し、私たちにできることは何なのかを考えさせられる映画だった

私も、病気で苦しんでいる人たちに対し、何かできることがあるんじゃないかと考える

それだけでも、この映画を見た価値があったと思う

フェニックス2


音楽が人の苦しみを和らげ、また人を成長させる


この映画の中でも、特に「患者の苦痛を音楽が和らげる」という視点がすごく良いと思った

音楽は、年齢も性別も関係なく楽しめるもので、人を喜ばせる力を持っているものだから

いつも口が悪くてみんなから怖がられてるボスが必死になってドラムの練習をしたり

酒で体を壊してしまったボンシクが、一生懸命、ギターのコードの練習をしたり

彼らにとって、その必死になっている瞬間は、病気の痛みを忘れている瞬間だったのでないか

また、彼らに音楽の指導をするチュンイもまた成長していく姿が良い

今までの言動を改め、彼らを見て感じたこと、得たものを音楽に反映していくところはジーンとくる

フェニックス3


とは言っても、ツッコミどころがたくさんある映画でもある

そもそも財政難なホスピスに、韓国のトップアイドルが奉仕活動に行くようなことがあるのか・・とか

トップアイドルだったら、一声発するだけでお金が集まるんじゃないかとか・・

細かいところを、もう少し丁寧に描いてくれたら、もっと良い映画になっていたような気がしてならない

フェニックス4

アイドル映画と思っていたけど・・・そうではなかった


本当のことを言うと、FTのホンギが主演ということで、もしかしてアイドル映画なのでは・・・

と、心配をしていたけれども、その心配は全く不要だった

FTやホンギを知らなくても、十分楽しめる映画になっている

それに、笑えるシーンもいっぱいあって、お涙頂戴になっていないところが良い

肩の力を抜いて、気軽に楽しめるので、お休みの日などにのんびりと映画を見たい時におススメ



映画 ブログランキングへ



フェニックス~約束の歌~ Blu-ray スペシャル・エディション

新品価格
¥5,885から
(2015/8/11 10:52時点)



フェニックス~約束の歌~ DVD スタンダード・エディション

新品価格
¥2,972から
(2015/8/11 10:54時点)



フェニックス~約束の歌~ Blu-ray スペシャル・エディション

新品価格
¥5,885から
(2015/8/11 10:54時点)



イ・ホンギ in 「フェニックス~約束の歌~」 メイキングDVD

新品価格
¥5,190から
(2015/8/11 10:55時点)



◆サントラ盤

『フェニックス~約束の歌~』ORIGINAL SOUNDTRACK

新品価格
¥2,136から
(2015/8/11 10:53時点)



 ↓「フェニックス ~約束の歌~」も放映しているWOWOW_新規申込




 ↓ 【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2PMのテギョンが出ているから、WOWOWで放映していた韓国映画「結婚前夜~マリッジブルー~」を見てみた

結婚を1週間後に控えた4組のカップルの群像劇

テギョンきっかけで観たものの、テギョンは登場シーンも少ないし、あまり印象に残ってなく・・・

テギョンとは違うカップルが印象に残った映画だった


「結婚前夜~マリッジブルー~」予告編動画

(原題:결혼전야)





あらすじ


1週間後に結婚式を控えた4組のカップル

1組目は、野球の2軍コーチ・テギュ(キム・ガンウ)と泌尿器科の女医・ジュヨン。

コーチは、彼女が本当に結婚相手として問題が無いか疑い始める・・・

2組目は、花屋の主人ゴノと、ウズベキスタンから来た花嫁ヴィカ

ゴノは、美しすぎる花嫁がどうして自分と結婚するのか信じることができず・・・

3組目は、ウェディングプランナーのイラと、泌尿器科の受付・デボク

イラは既に妊娠中。しかし、イラの父はキリスト教の神父でとても厳格。

そのため、イラは父親に妊娠を告げることができず、そのことでデボクとも衝突し・・・

4組目は、韓国で最も注目される料理人・ウォンチョル(テギョン)とネイリストのソミ(イ・ヨニ)

付き合って7年。倦怠期。そろそろ結婚しようかぁの一声で結婚することに。そのため、ネイリストの仕事を辞めて、家庭に入る準備をしていたソミだが、結婚式の直前、済州島で行われるネイリストのコンテストに出場することを決めてしまい、ウォンチョルには、親戚に結婚の挨拶をしに行くと嘘をつき、済州島へ3日間の旅行へ

済州島では、旅行ガイド・キョンス(チュ・ジフン)がソミのガイドを担当することになり・・・


一番気になったカップルは・・・ 感想(ネタバレあり)


軽~いタッチで楽しく見られるロマンティックコメディ

マリッジブルーというと、普通、女性が結婚前に揺れ動く心を挿すけど

この映画「結婚前夜~マリッジブルー~」は、女性よりも男性が弱腰で逃げ腰なのが面白い

さらに、4組のカップルが描かれているから、大抵誰か感情移入できたり、

お気に入りのカップルができたりしながら見られるので、とても見やすくできている

私が、この中で気に入ったのは、花屋のゴノとウズベキスタン人のヴィカ

ヴィカは、ゴノに内緒で、ゴノのことを思って韓国料理の勉強をしているのに、

ゴノはそんなことも知らずに、ヴィカが自分と結婚するのは、永住権が欲しいからだと思い込み

どうしても、一歩先に踏み切れない

ゴノちゃんは、する必要のない心配をしていた模様(笑)

それが誤解だと気付いて、ヴィカに本当の気持ちを告白するゴノに思わず涙・・・

もう、なんで、もっと早く言わないのよ(笑)

久しぶりのチュ・ジフン


ストーリーの他に気になったのが、チュ・ジフン

チュ・ジフンを見るのが、久しぶり過ぎて、最後までチュ・ジフンだと気付かなかった

どっかで見たことある人だなぁ~ってずっと考えてて、後で、公式サイト見てチュ・ジフンだと分かったわ(笑)

その後、真面目に俳優生活を送れているんでしょうか。余計なお世話だけど

今後も、ご活躍を期待します。

チュ・ジフンの他の出演作には、「アシュラ」など

結婚前夜


強気の花嫁に弱腰の花婿


全体的な印象として、やっぱり基本的に韓国は、女は強気。男は弱気だよね

マリッジブルーって女の人がなるイメージだけど、この映画からすると、マリッジブルーだったのは、みんな男子

野球コーチのテギュは、彼女の過去が許せなかったし

花屋のゴノは、美人過ぎる奥さんに弱腰

泌尿器科のデボクは、花嫁の父にビビり過ぎ

唯一、女の子で逃げ腰になったのは、ネイリストのソミだけかな

この辺の、女性が強気で男性が弱気っていうのが、どうにも国民性が出ていて面白いよね

みんな、相手に怒鳴られてシュンってなっちゃう

むしろ、女性たちの強気さが怖いよね

「なんで、今さら結婚できないとか言うのよぉ~」って目をひんむいて怒るみたいな(笑)

その辺のお国柄、人柄の違いも見られて面白いかな


女性監督による女性目線の作品


監督はホン・ジヨン。女性監督。

私は、初めてお目にかかる監督さん

女性監督と聞いて、なるほどと思った。

女性たちの主張が強くて、気が強いわけだ

韓国で、女性監督にお目にかかるのもなかなか無いので、今後が楽しみな監督さんです


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

結婚前夜~マリッジブルー~ (特典DVD付2枚組) [DVD]

新品価格
¥4,041から
(2015/7/9 01:10時点)



結婚前夜~マリッジブルー~ナビゲートDVD -Would you marry me?-

新品価格
¥3,118から
(2015/7/9 01:11時点)




↓  WOWOW_新規申込 はこちら
WOWOW_新規申込





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック