とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:マーク・ウォルバーグ



リドリー・スコット監督 ミシェル・ウィリアムズ主演の映画「ゲティ家の身代金」を試写会で観た。

1973年に起きた大富豪ポール・ゲティ三世の誘拐事件を元に映画化。



満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

面白かった!!

富豪の思考回路が理解できず、先が読めない展開が面白い。

世界中の金を握る富豪の金の使い方とその末路。

オイルショック真っただ中の1973年、ミケランジェロとマフィアとパパラッチが同居するローマを舞台に、「起こるべくして起きた」誘拐事件を描く。



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ゲティ家の身代金」予告編 動画

(原題:All the Money in the World)



更新履歴・公開情報


・2018年5月14日 試写会にて鑑賞

・2018年5月28日 感想を掲載。

・2019年3月31日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。 



ネット配信で観る:「ゲティ家の身代金」(字幕版)

ゲティ家の身代金(字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2019/3/31 15:31時点)



DVDで観る:「ゲティ家の身代金」

ゲティ家の身代金 [Blu-ray]

新品価格
¥3,623から
(2019/3/31 15:31時点)



ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)

ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)

新品価格
¥1,049から
(2018/5/28 17:18時点)




キャスト&スタッフ



出演者

ミシェル・ウィリアムズ
…(「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」、「ヴェノム」、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」「フランス組曲」、「ブロークバック・マウンテン」、「マリリン 7日間の恋」、「OZ はじまりの戦い」など)




〇チャーリー・プラマー




監督



2017年製作 アメリカ映画



ゲティ家の身代金





あらすじ


1973年のイタリアの首都 ローマ。

大富豪の孫 ポール・ゲティ・三世(チャーリー・プラマー)が誘拐される。

破格の身代金(現在の価値で約50億円)を要求された母・ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は、富豪の義父ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)に身代金を用意して欲しいとお願いするが、あっさりと断られてしまう。

その代わり、ポール・ゲティは、身代金を使わずに孫を取り戻すために、犯人との交渉役として元CIA捜査官のフレッチャー(マーク・ウォルバーグ)をゲイルに紹介し、フレッチャーは犯人捜しを開始する…。



ゲティ家の身代金4





感想(ネタバレあり)



1973年のローマで、起こるべくした起きた富豪の孫の誘拐事件


これは、1973年にイタリアのローマで、大富豪 ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された実話を映画化したものである。




このジャン・ポール・ゲティという人は、1940年代から中東で油田の開発をし、巨額の富を得て石油王として知られるようになる。

世界一の富豪に選ばれたこともある。

しかし、その一方で、よく言えば倹約家、悪く言えばケチとしても有名で、この映画では、そのケチな部分のジャン・ポール・ゲティが浮き彫りにされている



この事件が起きた 1973年はオイルショックが起き、石油の価格が高騰した年である。

ということは、石油王であるジャン・ポール・ゲティにとっては最高に利益が出ていた頃であるが、その反面、物価が高騰したことで、苦しい生活を強いられた人々から憎まれていたということでもある。

「私たちはトイレットペーパーも買えないような生活をしているのに、あいつは石油が高騰して笑いが止まらないなんて許せない!!」

そんな悲痛な憎しみの叫びが聞こえそうである。



だから、孫の誘拐が発覚した当初、真っ先に疑われたのは共産ゲリラだったのだ。

共産ゲリラにとって贅沢は敵だからだ。

しかし、ローマの共産ゲリラは、日頃から傲慢なジャン・ポール・ゲティを目の敵にしていたことを認めるが、誘拐には一切関与していないと分かる。



誘拐が起きたローマという町は、観光客にとっては素晴らしい建造物や美術品にあふれた美しい街である

この映画の中でも、コロッセオやカラカラ浴場、システィーナ礼拝堂やトレビの泉などの名所が次から次へと登場し、さながら観光案内のVTRを観ているような気分にさえなってくる。



しかしその裏で、貧しい人たちの生活はその荘厳な美しさとはかけ離れたところにあった

イタリアという国は、ローマ帝国やミケランジェロという世界で有数な美を生み出した国であると同時に、パパラッチやマフィアという下劣なものを生み出した国でもあるのだ。



この映画は、そのイタリアという国の「美と下劣の二面性」と、ゲティのような富裕層と、誘拐犯たちの貧困層の間にある絶対的な格差が見事にマッチし、その背景には1973年の社会事情が絡みあって、「起こるべくした起きた誘拐事件」であることを炙り出しているのだ。

それは画面の隅から隅まで、全てにおいて素晴らしく見事な作品だった。



ゲティ家の身代金2



予測不能で理解不能!富豪の思考回路


この映画の面白さは「先が読めないスリリングな展開」にある

では、なぜ先の展開が読めないのか。



それは、大富豪「ジャン・ポール・ゲティの思考」が私たち庶民からしたら全く理解できないからである。

もしも「あなたの孫が誘拐されました。お金がないので助けてください」と言われたら、誰だって、かわいい孫のためにありとあらゆる金をかき集めるはずだ。

もちろん、誘拐犯たちだってそんなジャン・ポール・ゲティを期待して孫を誘拐する。



ところが、この大富豪は違う。

そんな誘拐犯に対し、「身代金を一切払わない」ときっぱりと断るのだ。

「この一人の孫を助けるために、身代金を払ったら、他の全ての孫(12人いた)にも同じように誘拐されてしまう。

そんなことをしていたら、私は破産してしまう」と言うのだ。

なんと、ケチなんだ!!!



そのくせ、身代金と同じ値段の美術品には迷わず金を払うのだ。

その富豪の奇妙な行動をみて、「えっ?? 美術品 >>> 孫の命 なの??」と思うではないか。

さらに、彼の豪邸の廊下には美術館にあるようなフェルメールの絵が飾られていたり、電話を借りようとしたら公衆電話だったり、身代金を使って節税対策をしようとしたり。

なんとも仰天のエピソードが続く

これには唖然とし、口があんぐりしてしまう。



そんな富豪の行動がイチイチ予測不能で奇妙で理解できず、まるで「あなたの知らない世界」を見せられているようで面白かった



けれど、そのうち予測不能で理解不能なのも当然かなと思うようになった。

世界の上位から1%の富裕層に所属する富豪の思考回路を、その他99%の庶民が理解できるはずもない。

世界中の金を握る1%の人間は、それまで、他の人たちがしないことをすることで、富を築いてきたのだ

庶民と同じ思考回路で行動していたら、飛び抜けられるはずもない



トランプ大統領の思考回路がぶっ飛んでいるのを考えればよくわかる。

貧しい人たちを入国させたくなくて、国境に壁を立ててしまう思考回路はゲティとよく似てる。

それが富豪の「ノーマルな」考え方なのだ。



誘拐犯は、明らかに誘拐をする人間を間違えたのだ。

誘拐犯がイラついてポールの耳を切り落としてしまったのは、いかにもマフィア的なやり口だが、相手がいつまでも金を払う意志を見せなかったから、ポールの耳は切り落とされたのだ。

これは、身代金を用意できたのに、しなかった祖父を持ってしまったポールに舞い降りた不幸である。



ゲティ家の身代金3




子供の命を助けたいゲイルは、義父を相手に大ハッタリを打つ


しかし、ポールの母ゲイルは、なんとか息子の命を救いたい。

それには、「一切金は払わない」と言う祖父から、なんとしてでも金を引き出さなければならないのだ。



ポールの耳が切り落とされた後、富豪は一部の金をゲイルに「貸し付ける」約束をする。

ただ渡すのではなく、貸し付ければ「節税になる」からだ

身代金で節税対策をするのだ!!



それでも、お金が足りない。

どうすればいいのか…。と考えた時、ゲイルは「富豪の思考に合わせた大一番」を打つ



そのヒントになったのが、「ミノタウロスの像」である。

幼いポールが祖父の家に行った時に、祖父の部屋にあったミノタウロスの像に興味を持つ。

それを見た富豪は、「これは高価な美術品だ。しかし、それをお前にやろう」と言う。

その時のことを思い出し、ゲイルはそれを現金にして身代金にしようと、その像をサザビーズに持っていくのだが、それは美術館のお土産であり、数十ドルの価値しかないことを知らされる。



あのケチな富豪が、たとえ相手が孫だとしても、高価な美術品をプレゼントするはずがない

ジャン・ポール・ゲティは、その価値がないものも「いかにも価値があるように見せる」天才なのだ。



そこに気付いたゲイルは、「身代金は用意できていないのに、いかにもあるように見せる」ことでお金を引き出そうと考えた

記者会見を開き「お金が用意できました」とゲイルは言ったが、それは一か八かの大一番であり、ジャン・ポール・ゲティへのハッタリだったのだ。



ジャン・ポール・ゲティが何よりも大切にしているのは「プライドと見栄」なのだ。

もしも、「一旦払うと言ったものを取り下げること」になったら、世間はどう見るか。

この予想外の展開に焦ったゲティは、残りのお金も用意すると申し出る

ゲイルは、最後の賭けに勝ったのだ。



ゲティ家の身代金5




築いた富で私腹を肥やした結果、孤独な最後を迎える富豪たち…


そんなゲティとゲイルの駆け引きを観ていると、「金とは何のためにあり、何のために使うのか」を考えてしまう。

この映画を観る限り、世界でもトップクラスの富豪 ジャン・ポール・ゲティとマフィアなどで構成された誘拐犯たちが考える「命の重さ」は同レベルである。

ゲティにとっては孫の命に払う金はなくても、美術品に払う金はあり、誘拐犯たちにとって、富豪の孫はただの金づるでしかなく、耳を切り落とすことなど珍しいことではない。



むしろ、ロマン・デュリスが演じた誘拐犯チンクアンタの方がゲティよりも人情や優しさを感じたところに、富豪への皮肉が感じられる



さらに、最後まで身代金の支払いを渋り、値下げまでさせたゲティは家族からも敬遠されてしまう

しかし、ゲイルとともに誘拐犯と交渉し、犯人捜しに尽力したフレッチャーは、最後にゲイルから「彼は家族よ」と言われる

家族とは、血のつながりだけではないのだ。



ラストシーンで暖炉の前にいるゲティは、マリアの絵を眺めながら亡くなっていくが、これはオーソン・ウェルズの「市民ケーン」のラストシーンと同じである。

「市民ケーン」は新聞社を設立した富豪の孤独で空虚な人生を描いたものである。

「暖炉の前でマリアの絵を眺めるゲティ」は、リドリー・スコットが「ジャン・ポール・ゲティの孤独で空虚な人生」を表したものなのだ。

市民ケーン [Blu-ray]

新品価格
¥2,000から
(2018/5/28 17:53時点)





自分で稼いだ金をどう使うかは、その人の自由だ。

しかし、その金を私腹を肥やすことだけに使っていたのでは、恨みを買うだけで、誰も寄ってこない。

結局、孤独な晩年を過ごすことになってしまう



世界中の金の多くを1%の富裕層が握り、残りの99%が貧困に陥ることが、近年問題視されているが、その理由は富裕層の金の使い方に問題がありそうだ。

ローマ帝国が栄華を誇りながらも衰退したように、巨万の富を築いてもいつかは衰退する時がやってくる。

そして、最後に孤独を感じながら一生を終えるのなら、命を救うことにお金を使って欲しいと思うのは、庶民の平凡な意見に過ぎないのだろうか…。





ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ゲティ家の身代金」(字幕版)

ゲティ家の身代金(字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2019/3/31 15:31時点)



DVDで観る:「ゲティ家の身代金」

ゲティ家の身代金 [Blu-ray]

新品価格
¥3,623から
(2019/3/31 15:31時点)



ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)

ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)

新品価格
¥1,049から
(2018/5/28 17:18時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マーク・ウォルバーグ主演、ピーター・バーグ監督の映画「マイル22」を映画館で観た。

CIAの特殊部隊が重要参考人を22マイル移送する任務を追うことになったが、次から次へと敵に襲われるアクション映画。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

怒涛のガンアクションの合間にイコ・ウワイスの華麗なるシラットが炸裂!

Wバーグの最新作はアクションが盛り盛りで楽しかった!

そんなガチなアクション映画なのに女性キャストが多かったのも好感度大!

何も考えずに楽しみたい!


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『マイル22』予告編 動画

(原題:Mile 22)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年1月25日 映画館にて鑑賞。

・2019年2月19日 感想を掲載

現在、全国順次公開中。詳しい劇場情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画「マイル22」公式サイト

オリジナルサウンドトラック「Mile 22」

Mile 22 (Original Motion Picture Soundtrack)

新品価格
¥1,600から
(2019/2/19 15:00時点)



【映画パンフレット】「マイル22」

【映画パンフレット】 マイル22 ピーター・バーグ 監督 マーク・ウォールバーグ, ローレン・コーハン, イコ・ウワイス, ロンダ・ラウジー,

新品価格
¥1,800から
(2019/2/19 15:02時点)



「Mile 22」【輸入盤 Blu-ray】

Mile 22 BD

新品価格
¥2,033から
(2019/2/19 15:03時点)




キャスト&スタッフ


出演者


〇ロンダ・ラウジー

〇ローレン・コーハン

…(「バーニング・オーシャン」、「シークレット・サービス」、「マルコヴィッチの穴」、「コン・エアー」、「RED」など)

〇CL

監督

ピーター・バーグ
…(「パトリオット・デイ」、「バーニング・オーシャン」など)


2018年製作 アメリカ映画



マイル22




あらすじ

CIA特殊部隊のリーダー ジェームズ・シルバ(マーク・ウォルバーグ)は重要参考人のリー・ノアー(イコ・ウワイス)を国外脱出させるため、米国大使館から、米軍基地までの22マイルの移送の任務を遂行することに。

しかし、外ではリー・ノアーを殺そうとする敵に囲まれ、行く先を阻まれてしまう。

それでも、シルバは訓練されたチームで先へ進もうとするのだが…。



マイル22_2




感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に書いたものをご紹介します。


マイル22 (2018)



★★★☆ [70点]「なんてったってイコ・ウワイス」


イコ・ウワイス観たさに行ってきたけど、怒涛のノンストップアクションが面白かったー!

「重要機密を持っている亡命希望者(
イコ・ウワイス)をアメリカ大使館から飛行場までの22マイルを移送するため、その護衛の任務をマーク・ウォルバーグ率いる特殊部隊が請け負うことに…」というストーリーなんだけど、とても矛盾点の多い話で、一個一個突き詰めると破綻しちゃう。



この映画の面白さはそこではなく、最初から最後までノンストップで続くアクションシーン

ひたすら撃って撃って撃ちまくる。

そんなアクションを「おぉースゲー」って思いながら観てたら、あっという間に終わっちゃう。



その中で、重要な役割を演じているのがインドネシアが生んだスター
イコ・ウワイス

明らかに、今、世界で最も強くて勢いのあるアクションスター

撃って、飛んで、蹴って、殴ってる
イコ・ウワイスを観てるだけで「おぉーもっとやれー!!」って気分になる(笑)



欲を言えば、
イコ・ウワイスはもっとシラット多めにして欲しかったんだけど、ハリウッドメジャーでこれほどイコ・ウワイスを活躍を観られる作品もないから、まぁ、良しとするか(笑)



それと、関心したのは、ガチのアクション映画だったにも関わらず、キャストの半数ぐらい女性だったこと。

現在のご時世を配慮してのキャスティングだと思うけど、たくましい女性たちで、全然違和感がなかった。

そこはすごく好感が持てた



イコ・ウワイス本人がアクションシーンの振り付けまでしていることからも、ピーター・バーグ監督も、イコ・ウワイスの魅力をよくわかっているはず。

なので、今後のWバーグのコンビ作に
イコ・ウワイスも入れて欲しい。

というか、彼のアクションの素晴らしさをもっと世界に広めたいんだよね

なので、
イコ・ウワイスに興味がある方に是非観て欲しい作品


Posted by pharmacy_toe on 2019/02/07 with ぴあ映画生活



マイル22_3





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





オリジナルサウンドトラック「Mile 22」

Mile 22 (Original Motion Picture Soundtrack)

新品価格
¥1,600から
(2019/2/19 15:00時点)



【映画パンフレット】「マイル22」

【映画パンフレット】 マイル22 ピーター・バーグ 監督 マーク・ウォールバーグ, ローレン・コーハン, イコ・ウワイス, ロンダ・ラウジー,

新品価格
¥1,800から
(2019/2/19 15:02時点)



「Mile 22」【輸入盤 Blu-ray】

Mile 22 BD

新品価格
¥2,033から
(2019/2/19 15:03時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マーク・ウォルバーグ主演の映画「パトリオット・デイ」を試写会で観た。

2013年4月15日「愛国者の日(パトリオット・デイ)」にボストンで起きた爆弾テロ事件の実話を映画化。



満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

想像以上にテロ発生現場は壮絶で市民の悲しみは深く、あまりの理不尽な出来事に最後の方は号泣しながら見ていた。

そして、この映画を観た翌日にアリアナ・グランデのコンサートでのテロ事件があったことで、よりこの映画の現実味が増すことになってしまった。



「パトリオット・デイ」予告編 動画

(原題:PATRIOTS DAY)




DVDで観る:「パトリオット・デイ」

パトリオット・デイ [Blu-ray]

新品価格
¥3,806から
(2017/10/2 00:02時点)



ネット配信で観る:パトリオット・デイ(字幕版)

パトリオット・デイ(字幕版)

新品価格
¥2,700から
(2017/10/2 00:04時点)



「Patriots Day」OST

Patriots Day

新品価格
¥2,508から
(2017/10/2 00:03時点)



キャスト&スタッフ


出演者

マーク・ウォルバーグ
…(「マイル22」、「ゲティ家の身代金」、「バーニング・オーシャン」、「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」、「ザ・ファイター」、「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」、「裏切り者」、「極悪の流儀」など)

ケヴィン・ベーコン
…(「COP CAR/コップ・カー」、「激流」、「ミスティック・リバー」など)

ジョン・グッドマン
…(「アトミック・ブロンド」、「キングコング:髑髏島の巨神」、「ミケランジェロ・プロジェクト」、「人生の特等席」、「10 クローバーフィールド・レーン」、「アルゴ」など)

J・K・シモンズ
…(「フロントランナー」、「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」、「ラ・ラ・ランド」、「ザ・コンサルタント」、「Re:LIFE リライフ」、「セッション」、「マーダー・オブ・キャット」、ドラマシリーズ「カウンターパート/暗躍する分身」など)

ミシェル・モナハン
…(「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」、「禁断のケミストリー」、「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル」、「ミッション:8ミニッツ」、「M:i:III」、「イーグル・アイ」など)


監督

ピーター・バーグ
…(「マイル22」、「バーニング・オーシャン」など)

2016年制作 アメリカ映画

パトリオット・デイ


あらすじ

2013年4月15日「愛国者の日(パトリオット・デイ)」ボストンでは、市民マラソンが開催されていた。

トップのランナーがゴールし始めてから数分後、ゴール付近で1度目の爆発起きる。

そして、その数分後、2度目の爆発が起きる。

その現場にいた警察官のトミー(マーク・ウォルバーグ)は、マラソンの観客を避難させたりしていたところ、FBI捜査官のリック(ケヴィン・ベーコン)が現れ、「これはテロ攻撃だから、FBIが現場を仕切る」と言われ、リックの指揮の元、犯人の捜索が開始された。



パトリオット・デイ2


感想(ネタバレあり)


アリアナ・グランデのコンサート爆破テロを見て、映画の現実味が増す


この映画を試写会で観た翌日、イギリスのマンチェスターでアリアナ・グランデのコンサート客を狙った爆弾テロ事件が起きた。

この記事を書いている時点では、まだ事件の全貌は明らかになっていない。

しかし、明らかになっている部分だけでも、この映画の中で描かれていたボストンマラソンの悲劇と似通っている部分が見受けられた。



ボストンマラソンもアリアナ・グランデのコンサートも、地元住民の人たちが心待ちにしていたイベントだった。

ボストンマラソンはトップの選手がゴールしてから数分後、その周辺が歓喜のムードに包まれていたところが狙われる。

マンチェスターでもコンサートが終わった直後、観客がとても幸せな気持ちで満たされていたところを狙われてしまう。



どちらの事件も幸せな気持ちに満たされた人々を奈落の底に引きずり下ろすことを目的としたテロ行為だった。

この「パトリオット・デイ」を観た翌日に、実際に起きたテロ事件の報道を見て、この映画で描かれていたことはフィクションではなく、現実なんだなと改めて思った。

私たちの周りには「幸せな気持ちになっている人々に悪夢を見せたい」と思っている人たちが常にいて、どんなにセキュリティを厳しくしてもイベント会場のような人ゴミではそれを防ぐことができないのである。



パトリオット・デイ3



移民を排斥することが平和への道にはならない


アリアナ・グランデのコンサートがあったのはイギリスのマンチェスターだが、この「パトリオット・デイ」はアメリカのボストンで起きた話。

現在、どちらの国も悩まされているのは、「移民問題」である。

私がこの記事を書いている時点では、マンチェスターのテロ攻撃についてISが犯行声明を出しているという。

自爆した犯人は死亡したものの、それ以外の関係者も逮捕されていると聞いた。



「パトリオット・デイ」の犯人も中東系の移民である。

中東系移民の兄弟がジハードのためにボストンマラソンの観客を攻撃し、それが成功すると、次はNYでテロ攻撃をしようと画策していた。

そんな犯人たちの様子を見ていると、大統領選挙でトランプを選び、「移民はこの国から出て行け」と過激なことを言う国民たちの気持ちが分からなくもない。

いっそのこと、アラブイスラム系の人たちを追い出してしまえば平和になるのではないかと思ってしまう



しかし、確かに爆弾テロの実行犯は中東系移民だったけれども、彼らに車を奪われ誘拐されるも、勇気を振り絞って逃げた上、警察に通報し、犯人逮捕のきっかけを作ったマニもまた中国系移民だった。

つまり、アメリカは既に移民だらけであって、特にボストンのような有名大学が集まる都市では世界各地から優秀な学生たちが集まっている

彼らがいるからこそ経済が成り立っている部分もあり、全てを排斥したら平和になるとは一概には言えないところまで来てしまっている。

移民たちもまた、ボストン市民の1人なのである。



パトリオット・デイ4



犯人を追い詰める速さは、FBIよりも土地勘のある地元警察だからこそ


私がこの映画の中で最も感動したのは市民たちの地元愛である。

爆弾テロが発生した直後、FBI捜査官が現れ、現場の指揮を執り始める。



しかし、犯人逮捕に最も強いのは地元をよく知る警察官だった。



最も印象に残るのは、容疑者を特定する場面

ある1人の捜査官が、監視カメラの映像から怪しい人間をピックアップする。

しかし、解像度が悪いため、他の監視カメラの映像が必要になる。

その時、主人公のトミーがその容疑者と思われる人物の足取りを想定する。



どこに監視カメラがあるかの全てを把握しているトミーは、容疑者が通る監視カメラを1~2分刻みで言い当てる。

すると、トミーの言った通りの監視カメラに容疑者が映し出され、さらに共犯者の姿まで確認することができた。

この容疑者の割り出しの速さが、結果として早く事件を解決することになった要因だったように思う。



膨大な数の監視カメラ映像の全てを解析しなければならないFBIに地元警察のトミーのような能力はない

下手したら片っ端から解析することになってしまう。

その後、容疑者を追跡する時も、地元警察の連係プレー、協力体制、土地勘があってからこそできた部分が非常に大きかった



パトリオット・デイ5



悲しみ暮れることはテロに屈すること


そして、テロ攻撃の犠牲になってしまった市民のために、最後まで犯人逮捕を諦めない姿。

ボストンレッドソックスの選手たちから市民たちへのエール。

このテロ事件の被害者で足を失ってしまい、それでもこの悲しみを乗り越えるために義足でボストンマラソンに挑戦する夫婦。

町に溢れる「STAY STRONG」「LOVE」の言葉。



悲しい思い出と向き合って、それを乗り越えようとする姿は、日本の東日本大震災の被害者たちの思いと重なるところがある

どんなに平和で幸せな日々を過ごしていても、私たちは予測できない悲しい出来事や事件、事故に遭遇してしまうこともある。

大切なのは、その悲しみとどう向き合い、どう乗り越えるか

そして、今後二度と同じことが起きないためにどうすれば良いのかという考察である。



ただ移民を追い出せば問題が解決するわけではない

犯人たちが「人々が悲しみに暮れる姿」を観ることを楽しみにしているのなら、私たちはどんな時も、たとえ悲しいことがあっても「強く、元気に、前向きに明るく生きる力」をテロリストたちに見せつけなければならない

だから、この映画の中でボストンの市民たちが力を合わせて前向きに力強く生きようとする姿こそが、「テロリストに屈しない」という意志の表れなのである。



関連記事・あわせて観たい

・ボストンマラソンテロ事件で両足を失った被害者の戦いを描く
「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」必死で生きる姿は誰かの力になり、真の理解者がいてこそ強くなれる。実話の映画化。ジェイク・ギレンホール主演【感想】






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「パトリオット・デイ」

パトリオット・デイ [Blu-ray]

新品価格
¥3,806から
(2017/10/2 00:02時点)



ネット配信で観る:パトリオット・デイ(字幕版)

パトリオット・デイ(字幕版)

新品価格
¥2,700から
(2017/10/2 00:04時点)



「Patriots Day」OST

Patriots Day

新品価格
¥2,508から
(2017/10/2 00:03時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マーク・ウォルバーグ主演の映画「バーニング・オーシャン」を映画館で観た。

2010年4月、メキシコン湾に浮かぶ石油採掘基地「ディープウォーター・ホライズン」で実際に起きた火災事故を映画化。


満足度 評価】:★★★★☆

火の勢いが物凄くて怖い映画だった。

利益至上主義で安全テストの予算を削減した石油採掘会社が起こした事故。

事故の原因を分析し、丁寧に分かりやすく描いた上でエンターテイメント作品としても楽しめる作品になっているところがとても良かった。


「バーニング・オーシャン」予告編 動画

(原題:DEEPWATER HORIZON)




DVDで観る:「バーニング・オーシャン」

バーニング・オーシャン [Blu-ray]

新品価格
¥3,714から
(2018/4/14 15:26時点)



ネット配信で観る:「バーニング・オーシャン」(字幕版)

バーニング・オーシャン(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/4/14 15:28時点)



【映画パンフレット】「バーニング・オーシャン」

【映画パンフレット】バーニング・オーシャン 監督:ピーター・バーグ 出演:マーク・ウォールバーグ カート・ラッセル ジョン・マルコヴィッチ ほか

新品価格
¥1,300から
(2017/5/9 23:28時点)



キャスト&スタッフ


出演者

マーク・ウォルバーグ
…(「マイル22」、「ゲティ家の身代金」、「パトリオット・デイ」、「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」、「ザ・ファイター」、「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」、「裏切り者」、「極悪の流儀」など)

カート・ラッセル
…(「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」、「ワイルド・スピード ICE BREAK」、「ヘイトフル・エイト」、「ワイルド・スピード7 スカイミッション」など)

ジョン・マルコヴィッチ
…(「マイル22」、「シークレット・サービス」、「マルコヴィッチの穴」、「コン・エアー」、「RED」など)

〇ジーナ・ロドリゲス

ディラン・オブライエン
…(「アメリカン・アサシン」、「メイズ・ランナー 最期の迷宮」、「メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮」、「メイズ・ランナー」など)

ケイト・ハドソン
…(「パーフェクト・プラン」、「ミッシング・ポイント」、「あの頃ペニーレインと」など)

監督

〇ピーター・バーグ
…(「マイル22」、「パトリオット・デイ」など)

2016年制作 アメリカ映画


バーニング・オーシャン

あらすじ


2010年4月20日。

いつものようにメキシコ湾に浮かぶ石油採掘施設「ディープウォーター・ホライズン」へ行った石油採掘業のトランスオーシャン社の社員マイク(マーク・ウォルバーグ)、責任者のジミー(カート・ラッセル)、航海士のアンドレア(ジーナ・ロドリゲス)たち一行。

現場では採掘用の穴を新たに掘り進めていたので、ジミーが安全テストが済んでいるのかどうか確認したところ、石油会社のBPの社員であるヴィドリン(ジョン・マルコヴィッチ)が利益優先のために、予算がないからテストをしなかったと言う。

そのBP社の判断に納得がいかないジミーは、作業員にその穴が耐えられるかどうかのテストをさせたところ、大量のガスと石油が地下から溢れ出てきてしまい…。

バーニング・オーシャン3



感想(ネタバレあり)


2010年4月メキシコ湾に浮かぶ石油採掘施設「ディープウォーター・ホライズン」で起きた実話


事実は小説より奇なりというけれど、これが実話かと思うと、とても恐ろしい話で、むしろフィクションであって欲しいと思うような話だった。

2010年4月20日に、メキシコ湾で実際に起きた石油採掘施設での火災事故の映画化。



2011年に制作されたハ・ジウォンが主演の韓国映画「第7鉱区」は海に浮かぶ石油採掘施設を舞台にしたアクション映画で、もしかしたら、この事故があって着想されたのかもしれないと思った。



海に浮かんでいる石油採掘施設の映像はよく見かけるけど、そこがどんな施設なのはなかなか想像がつかない。

もちろん、石油を掘っているというのは分かるけど、作業員の人たちがそこで生活しているという感覚があまりない



だから、はじめは知らないことばかりで驚かされた。

作業員の人たちはそこまでヘリコプターで行くということ、石油採掘施設は一艘の大きな船であり、移動させることができるということ。

そこで暮らす人たちは、インターネットをしたり普通の日常生活を送れているということなど。



正直、この映画を観るまでは、そこにあまり人がいる印象がないというか、生活感がない感じがした。

しかし、その中では私の予想をはるかに超える多くの人たちが日常生活を送り、暮らしていた

実際、その事故が起きた時、そこでは126人の作業員が働いていたという。

彼らは事故に巻き込まれ、11名の方が命を落とすという惨事になってしまった。



バーニング・オーシャン4



事故の原因は「安全テストの予算カット」


そもそも、なぜ、事故は起きたのか

それは、大手石油会社が利益優先で作業費を削減したために、安全テストの予算を削ったことにあった。



地下深くに掘られた石油採掘用の穴は、ガスや石油が吹き出さないように、コンクリートで十分固める必要がある。

カート・ラッセル演じる石油採掘業者の責任者ジミーが、その固めたコンクリートの安全テストを行ったのかどうかの確認をしたところ、ジョン・マルコヴィッチ演じる石油会社の社員ヴィドリンがテストをしていないと言いきったのだ。

正しく作業をしていれば、テストをしなくても安全だと分かるというのが、その理由だった。



テストに予算や時間をかけるよりも利益を優先すべきというのが、石油会社側の考えだった。

結局、その考えが史上最悪の事故を招くことになる。



それを当たり前のように考え、ふんぞり返っている石油会社の態度を見ながらいろいろと考えさせられてしまった。

「安全」よりも「目先の利益」を優先して手抜き作業を行っているのは、この石油会社だけではない。



例えば、建物の耐震構造。

本当に全ての建物が震度7の直下型地震に耐えられるように作られているのか。

私たちは何も知らずに日常生活を送っているが、もしかしたら、私が住んだり働いたりしている建物は利益優先で予算を削り、手抜きで建てられているものかもしれない



この石油会社の「安全テスト」飛ばしは、そんなことを想像させる話だった。

日本は他の国よりも安全基準が厳しい国だと思っているが、それでもいろいろと考えると恐ろしくなる。



バーニング・オーシャン2



なぜ事故が起きたのかを誰にでもわかりやすく描く


この映画の良いところは、その事故の原因についてとても分かりやすく丁寧に描いているところだ。



例えば、マーク・ウォルバーグ演じるマイクが家を出る出発の日の朝、彼の娘は小学校で「お父さんのお仕事紹介」の発表があると言って、マイクの前で実演して見せる。

この場面は非常に分かりやすかった。



コーラ缶を地下に眠る地下資源と見立て、上から穴をあけ、管を通す。

それこそが、マイクがやっている作業だ。

そこからガスが噴出さないようにハチミツを流し込み作業完了!のはずが、ハチミツの量が足りなくて吹き出してしまう。

それはまさに、それはその日に起きる事故を予兆しているような場面だった。



さらに、その後、ディープウォーター・ホライズンに着いた後、ジミーがマイクに「今日は歯を磨いたか?その時フロスは使ったか?」と質問する場面がある。

「歯は磨いたけど、フロスまではしていない」とマイクは答える。



そこで「多少時間と予算がかかっても、フロスを毎日していれば虫歯になることはない。

結果として、歯医者の治療代がかからなくて済むから、長期的に見れば安上がりなんだ」とジミーは言う。



それは、「メンテナンスの予算を削減すると、後々大きな代償を払わされることになる」ことのたとえであり、ジミーから石油会社BP社の予算の組み方に対する苦言だったのだ。

この映画には、そういう身近な物事で分かりやすく解説するセリフがさりげなく盛り込まれていて、自然と理解できるように作られていたのがとても良かった。



日々のメンテナンスを怠らないのは当たり前のようだけど、でも、毎日やるというのがなかなかできない。

でも、こんな恐ろしい事故の中でそれが語られると、「毎日のメンテナンスの大切さ」がすごく深いところに響いてくる



バーニング・オーシャン5



二度とこのような事故が起きないために


この映画をもっと大衆受けするように作ろうと思えば、マイクをヒーローにしたアクション映画にもできたように思う。

「実話を元にした」ということで。

しかし、この映画をそうしなかったのは、この事故で亡くなった方たちへの敬意からだと思った。



彼らの死を無駄にしてはいけないと考えたからこそ、原因を分析し、できるだけ事実に忠実に描いたのだと思う。

二度とこんな事故が起きないことを願って



現場での安全確認をないがしろにして、再び無駄な死が出ないように。

助かった人たちが船の上に集まり、哀悼の意を表しているシーンはそれをよく表している。



もちろん、それだけでなく火事の恐ろしさが伝わるエンターテインメントな作品にもなっている。

私は火が恐ろしくて本当に泣きそうになってしまった。



この映画は、なぜ事故が起きたのかの分析を行い、それを丁寧に再現し、多くの人が楽しめるようにエンターテインメント化している。

それは、できるだけ多くの人にこの事故の現実を知って欲しいからだ。

だから、この映画を観た観客の1人として、この事故の悲惨さをこうして伝えるのは私の役割のようにも感じている。



ちなみに、この映画は映画ファンを楽しませる小ネタも仕込まれている。

監督のピーター・バーグは、マーク・ウォルバーグと入れ替わりで帰る技術者(スキップって名前だったと思う)の役で登場している。



また、マーク・ウォルバーグの妻を演じたケイト・ハドソンカート・ラッセルの娘で、カート・ラッセルが松葉杖をつきながら帰ってきた時に、マーク・ウォルバーグではなく、なぜかケイト・ハドソンがハグをしている。

2人の関係性を知っている人はそれを観て、「あぁ良かった。娘にハグしてもらって」と思ったはず(笑)



いやーしかし、予算削減、予算削減と簡単に言うけれど、人間の命や安全性に関わる予算は絶対に削減してはいけないということが良くわかる映画だった。






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「バーニング・オーシャン」

バーニング・オーシャン [Blu-ray]

新品価格
¥3,714から
(2018/4/14 15:26時点)



ネット配信で観る:「バーニング・オーシャン」(字幕版)

バーニング・オーシャン(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/4/14 15:28時点)



【映画パンフレット】「バーニング・オーシャン」

【映画パンフレット】バーニング・オーシャン 監督:ピーター・バーグ 出演:マーク・ウォールバーグ カート・ラッセル ジョン・マルコヴィッチ ほか

新品価格
¥1,300から
(2017/5/9 23:28時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ギャレット・ヘドランド主演の映画「極悪の流儀」を観た。

若い頃からハリウッドで成功し、富と名声を手に入れた男が砂漠で連続殺人犯と出会い、死闘を繰り広げる。

劇場未公開の作品をどこよりも早く放送する「WOWOWジャパンプレミア」の作品の一本。

満足度 評価】:★★★☆☆

ハリウッドって夢と希望の街である反面、様々な人間が大金に群がる胡散臭い街だなぁとつくづく思った作品。

オスカー・アイザックの演技は楽しめたけど、イマイチグッと心に迫るモノがなかった。


出演:ギャレット・ヘドランド、オスカー・アイザックマーク・ウォルバーグ、ルイーズ・ブルゴワン、ウォルトン・ゴギンズ

監督:ウィリアム・モナハン

「極悪の流儀」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:Mojave)




DVDで観る:「極悪の流儀」

極悪の流儀 [DVD]

新品価格
¥3,450から
(2017/11/5 22:35時点)



ネット配信で観る:「極悪の流儀」(字幕版)

極悪の流儀(字幕版)

新品価格
¥500から
(2017/11/5 22:36時点)



あらすじ


若い頃からハリウッドで成功し、富と名声を得たトム(ギャレット・ヘドランド)は、ある日突然、モハーベ砂漠へと旅立つ。

しかし、旅の途中でジープが横転。

そこから徒歩での移動を強いられてしまう。

夜中、砂漠の真ん中でキャンプをしていたトムに近づいてきたのは、ライフルを持った男ジャック(オスカー・アイザック)だった。

しばらく会話をした後、ジャックはトムを襲うおうとし、2人は格闘。

なんとかそこを逃れたトムだったが、ジャックはどこまでもトムを追いかけてきて…。


極悪の流儀


感想(ネタバレあり) 砂漠へ行ったら、殺人犯と遭遇


この物語は、全てが虚構でできた街、ハリウッドで起きたサスペンス。

主人公のトムは、若い頃からハリウッドで成功。富も名声も得ている。

そんな彼が、ある日突然「砂漠へ自分探しの旅」に出かける。

と言ったら聞こえは良いけど、あらゆることに手詰まりになって、ちょっとした気分転換に出かけたんだろう。

砂漠にでも行ったらいいアイディアが生まれるかもしれないとか思ったかな。

まぁ、お金持ちがそうやって良い気になっている時は、たいてい悪いことが起きる。

トムは、砂漠で連続殺人犯のジャックと出会ってしまった。

しかも、このジャックは「一度狙った獲物は絶対に逃がさない」という本当の悪だった。


極悪の流儀2

謎めいたジャックを封印するために考えたシナリオ


このジャック、初めに画面に登場した時から「胡散臭い」雰囲気を漂わせている。

しかも、次から次へと人を殺しているが、彼が「何のために」殺しているのかが分からない。

お金のためか、名声のためか、ただの趣味なのか。

だから、ますます謎めいていて気持ち悪くなる。

そのジャックに対してトムは、「シナリオ」を考える。

自分がどう動いたらトムはどう動き…と考え、全てが終わった後に自分が最も有利に見えるようなシナリオだ。

たとえ、「罪を犯した」としても、周りの他人からトムが有罪に見えなければ問題はない。

その完全犯罪の方法を考えながら、トムに応戦していく。

極悪の流儀3

この街では、一番、本当らしい嘘をついた人が勝ち


この映画の中のセリフで度々出てきて印象に残っているセリフがある。

「どうせ、この街は全てが嘘。それならば、一番リアルに見える嘘が勝ちだ」

これは、たとえトムが「真犯人」であっても、「真犯人」らしく見えなければ、犯人にはならない。

ということなのか。

トムとジャックをつなげる証拠がなければ、ジャックを殺しても誰もトムを犯人だと思わない…。

私は、トムがジャックを殺した後、1人思案する姿を見て思った。

この出来事を元に、多少登場人物を変えて、脚本を書き、主演、監督で映画でも作るんじゃないかと。

「虚構の街」ハリウッドだからこそ、それが実話だとは誰も信じない。

自分の経験を生かせるのだから、迫真の演技ができるだろう…。

そこまで考えて、トムのシナリオは終了なのかなと思った。

極悪の流儀4


なんでもネタにしてお金にしちゃう街ハリウッド


あらゆる出来事、有象無象を巻きこんで、取り込んで、それをビジネスにするのがショウビズの街、ハリウッド。

トムもまた、連続殺人犯との死闘を経験し、それをビジネスに昇華してこそハリウッドの住人だろう。

人を2人も殺しておいて、次の日から何食わぬ顔で暮らせるのが、この街の業界人。

「新しいネタ」を発掘したという意味では、トムが砂漠へ「自分探しの旅」に出たのは正解だった。

しかし、もう二度と「砂漠へ行ってくる」なんてことは言わないと思うが…。

オスカー・アイザックの演技は薄気味悪かったし、つまらないわけではないけど、イマイチ心に残るものが無い作品だった。

そうだなぁ。舞台がハリウッドだけに、もっと派手な死闘を繰り広げても良かったんじゃないかな…。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「極悪の流儀」

極悪の流儀 [DVD]

新品価格
¥3,450から
(2017/11/5 22:35時点)



ネット配信で観る:「極悪の流儀」(字幕版)

極悪の流儀(字幕版)

新品価格
¥500から
(2017/11/5 22:36時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マーク・ウォルバーグ主演、ホアキン・フェニックス共演の映画「裏切り者」をWOWOWで観た。

刑務所帰りの青年が人生をやり直そうとした時、友人が引き起こした汚職事件に巻きこまれてしまう話。

満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

大好きな友人に裏切られてしまった男の物語。

正直、もっとつまらない映画なのかと思っていたら、予想以上に引き込まれて観てしまった。


「裏切り者」予告編 動画

(原題:THE YARDS)




「裏切り者」DVD

裏切り者 [Blu-ray]

新品価格
¥2,571から
(2016/5/29 00:41時点)



あらすじ


友人の罪をかぶり1年4ヶ月の服役を終え、自宅へ戻ってきたレオ(マーク・ウォルバーグ)。

彼を待ち受けていたのは、彼を一人で育てた母(エレン・バースティン)と、親友のウィリー(ホアキン・フェニックス)、そして従妹のエリカ(シャーリーズ・セロン)だった。

レオは病弱な母を助けるために翌日から働こうと思い、叔父で電車の工事や部品の製造をする工場の社長をしているフランク(ジェームズ・カーン)を訪ねるが、フランクはレオに学校へ通って仕事の技術を学ぶことを提案する。

すぐにでも金が欲しいレオは、同じくフランクの会社で働くウィリーと同じ仕事をすることを希望する。

しかし、ウィリーの仕事は事業の競争入札で、フランクの会社が優先して落札できるように裏工作することだった…。


裏切り者

感想(ネタバレあり) 家族と友人が世界の全てだった若い頃


若い頃は、まだまだ世界が狭くて、家族と友達がその世界の全てになってしまいがち。

だから、とても強い意見を持っていたり、強い権力のある友達の言うことに、ズルズルと引きずられてしまうことがある。

私も若い頃はそうだった。

自分で何事も単独で判断して行動するより、友達と一緒にいた方が楽だから、常に友達と一緒にいることを望んでいた。

友達がいないところには行きたくないとさえ、思っていたこともあった。

でも、いつからだろう。

友達に意見を合わせることが面倒になり、全てを自分の判断で決めたくなるようになった。

たとえ、それが明らかに自分が孤独になってしまう選択だったとしても。

今思えば、それは、大人への成長の第一歩だったのかもしれない。

裏切り者3

家族と友達の世界から脱皮する時は、大人になる時


この映画では、主人公のレオがその家族と友達が全てだった世界から脱皮して、味方が1人もいない新しい世界へ足を踏み出すという、大人になる瞬間が描かれている。

もうすっかり大人になってしまった人からすれば、「あんな子と付き合わなければいいのに」と客観的に判断できるけど、本人からしたら友達との関係は世界の全て。

簡単に縁を切ることなんて絶対にできない。

それは、きっと誰もが通った道だから、レオとウィリーの関係を観ていて心が切なくなる人も多いのではと思う。

しかし、頑なにレオが親友のウィリーを守ったにも関わらず、ウィリーは簡単にレオを捨ててしまう。

2人の明暗を分けたのは、「電車の操車場(the yard(原題))」だった。

あの時、ウィリーたちが破壊工作をしているのをただぼんやりと見ていたレオは、殺人犯にされてしまう…。

裏切り者6

脱皮した人には、新しい世界が待っている


そこで、目が覚めたレオは、大人への階段を歩き始め、家族も友達も捨てる道を選択する。

きっと、その時、レオ本人からしたら絶望的な気分になったことと思うけど、実際はそうではない。

新しい世界を開いたレオには、新しい友人が待っている。

新しいステージにピッタリと合った友人が。

そして、きっと新しい家族もできる。

だから、自分の心に正直に、全てを告白して正解だったんだ。

それが大人になるということなんだなぁ。

そもそも、この映画は公共工事の裏取引に巻きこまれた若い青年の話として描かれたものだったんだけど、私としては、そのレオの心の成長がとても気になったし、彼を見ていてすごく応援したくなった。

裏切り者2


14年前のマーク・ウォルバーグ、ホアキン・フェニックス、シャーリーズ・セロン共演作


主人公のレオを演じるのは、マーク・ウォルバーグ

なんと、これは14年も前の映画になるんだけど(^^;

この映画は、マーク・ウォルバーグが、スター街道を歩き始めた頃の作品。

「パーフェクト・ストーム」と「PLANET OF THE APES 猿の惑星」の間。

はぁぁぁぁ。どうも、このレオを演じてるマークは若いよねぇ。

今のマークもそんなに劣化もしていないし。

その頃と変わらず、今でもキチンと主役クラスで仕事をしているんだから、偉い。

そうかぁ。このころのマークは、まだ大人と子供の間ぐらいの年齢だったんだなぁ。

その初々しさ、青さがとても良い。好印象なマーク・ウォルバーグだった。

他の出演作には、「マイル22」、「ゲティ家の身代金」、「パトリオット・デイ」、「バーニング・オーシャン」、「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」、「ザ・ファイター」、「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」、「TED テッド」など

裏切り者7


レオの親友ウィリーを演じるのは、ホアキン・フェニックス

当時、スター街道を歩き始めたマーク・ウォルバーグに対し、ホアキンは「グラディエーター」の助演で、ようやくリバー・フェニックスの弟という肩書きが取れ始めた頃。

最近は、主役クラスの役を演じつつ、個性派俳優としての位置も確立している。

今年は、日本でウディ・アレン監督の新作映画「教授のおかしな妄想殺人」が公開待機中。

他の出演作には、「ビューティフル・デイ」、「炎のメモリアル」、「her/世界で一つの彼女」、「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」など


裏切り者5



そして、ウィリーの恋人で、レオの従妹であるエリカを演じるのは、シャーリーズ・セロン

強くて、仕事ができて、羽振りの良いウィリーを好きになったエリカは、追々ウィリーの正体を知ってしまう。

エリカにとっても、大人への成長の物語だった。

しかし、気付くのが遅すぎて悲劇を招いてしまう。

この映画は、そもそもWOWOWの「シャーリーズ・セロン特集」の一本。

今では、セクシーな大人の女、シャーリーズ・セロンも、この頃は初々しさがあって、すごくかわいい。

昨年は、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のフェリオサが当たり役だった。

現在、最も人気も実力もある女優の一人。

他の出演作には、「タリーと私の秘密の時間」(兼 製作)、「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」(声の出演)、「アトミック・ブロンド」、「ダーク・プレイス」、「あの日、欲望の大地で」など


裏切り者4

終わりに希望があって良かった


この映画は、悲劇的な終わり方を選択しようと思えば、それもできたので、途中、どうなることかと思ったけど、希望のある終わり方で良かった。

私の希望としては、出所してきたウィリーが心を入れ替えて、マジメな人生を送って欲しいということ。

このブログでは、当時若手だった、今ではハリウッドの主力選手3人しか紹介できなかったけど、他にも、ジェームズ・カーン、フェイ・ダナウェイ、エレン・バースティンという超ベテラン大物俳優が登場。

アメリカン・ニューシネマが大好きな人たちは、それだけで楽しめるのでは…という作品だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「裏切り者」DVD

裏切り者 [Blu-ray]

新品価格
¥2,571から
(2016/5/29 00:41時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
今日観た映画 に参加中!
マーク・ウォルバーグ製作、主演、クリスチャン・ベール共演の映画「ザ・ファイター」を観た。

アメリカに実在する、二人のボクサー、ミッキー・ウォードと、デイッキー・エクルンドの異父兄弟の実話を映画化。

ケンカが強い方が偉いって考え方が好きではないので、ボクシングをはじめ、格闘技はとても苦手。

だから、この映画もあまり期待しないで見ていたんだけど、見始めたら、この兄弟の世界にグイグイと引き込まれて観てしまった。

すごく面白かったなぁ~。

「ザ・ファイター」予告編 動画

(原題:THE FIGHTER)




「ザ・ファイター」DVD

ザ・ファイター コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

新品価格
¥1,000から
(2015/11/17 17:41時点)



あらすじ


元チャンピオンのディッキー(クリスチャン・ベール)を兄に持つミッキー(マーク・ウォルバーグ)は、兄に憧れ、ボクサーになるも、一度も勝てない日々が続いていた。

兄は、かつては地元のヒーローだったが、ドラッグにおぼれ自堕落な日々を送っていたが、父親の違う弟ミッキーとは、ボクシングでつながっていた。

そして、ミッキーの才能が認められようとしていた時、ディッキーは警官を殴ってしまい、刑務所へ入れられてしまう。

その時、ディッキーをかばい、指の骨を折る重傷をしたミッキーだったが、「兄と縁を切る」ことが条件でトレーナーが付き、再びリングに立つトレーニングを始める。

ザ・ファイター

感想(ネタバレあり)第一印象悪かったんだよねぇ・・このお兄さん


見始めてしばらくしてから、兄・ディッキーがとにかく嫌で、「うわ~、私、無理だ~。この人~」って思った。

ジャンキーでとにかくだらしなく、薬のせいと思われる薄くなった髪も、歯が抜けてしまっているのも、とにかく嫌だった。

また、兄がそんな状態であるのに、それを放置して、非難しようともしない母親も嫌で、自分の子がかわいいのは分かるけど、もっとしっかり現実を見ようよって、すごく言いたかった(笑)

この映画でとても興味深く観たのは、そんな彼らが共に愛する弟のミッキーが、ボクシングを通して成長していく姿を見て、自分たちも少しずつ変わっていく姿を、とても丁寧に描いているところだった。

ザ・ファイター2

ジャンキーだった兄が少しずつ更生していく姿に心を打たれる


彼らの成長を描く中で、私のとても嫌いだった兄・ディッキーが、警官をなぐって騒動を起こす最低の時期から、刑務所で薬を抜いて、クリーンな状態になって人として変わっていく姿に心を打たれた。

この映画で、最も印象に残ったのは、そのディッキーが心も体も、本当にクリーンになったかも・・と思わせたシーン。

ディッキーの出所直後、ディッキーと、ミッキーと、ミッキーの恋人シャーリーン(エイミー・アダムス「メッセージ」、「her/世界でひとつの彼女」、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ナイト ミュージアム2」)は出所後のディッキーの扱いについてケンカする。

シャーリーンは、身体がクリーンになったと主張するディッキーに対して、

「またやるに決まってる!!ディッキーを切らないなら、ミッキーとは別れる」

と言い、その場から立ち去ってしまう。

この時、私もそう思った。そんなこと言ってまたやるクセにって思ってた。


ザ・ファイター4

「人への思いやり」を見せたディッキー


でも、その後のディッキーの行動が、私の頭から離れない。

その時、ディッキーが真っ先に向かったのは、ドラッグがある家ではなく、シャーリーンの家だった。

「ミッキーと君の仲を裂くつもりはない。だったら俺は身を引くから、ミッキーとは別れないでくれ」

この一言が驚愕で。それまでだったら、「あんなクソ女忘れてしまえ」って言いかねなかったディッキーが、人に頭を下げてお願いしている!!!!

シャーリーンの家を去る時も、しばらく彼女のことを気にしながら、チラチラと後ろを見遣る姿が、

「この人は、本当に更生したかも・・・」

と思わせる後ろ姿だった!!

もう、これは、クリスチャン・ベール(「The Promise/君への誓い」「ファーナス/訣別の朝」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」)の演技こそのディッキー。

初めはガリガリのジャンキーから始まって、少しずつ更生した身体に戻していく姿は、鳥肌モノの演技だった。

エンドロールには、実在の兄弟の映像があるが、実在のディッキーのしゃべり方が、クリスチャン・ベール演じるディッキーのそれとそっくりでビックリ。

クリスチャン・ベールは、この役でアカデミー賞助演男優賞を受賞したのも納得の演技だった。

あんなにディッキーが嫌いだった私も、ディッキーが「本当は心がもろくて、とても気が弱い人」と分かり、最後には同情してしてまうほどに、心境が変わっていた。

ザ・ファイター5

恋人を支えるシャーリーンの姿に憧れる


女性の立場として観ると、私はシャーリーンみたいな女性になりたいと思った。

何よりも、ミッキーを誰よりもしっかりと支えていたその姿に憧れる。

時には厳しく、そして優しく。

いつも心が折れそうになった時、ミッキーをリングに立たせたのは、シャーリーンだった。

心が折れそうになるのは、ボクシングとは関係ないことに、心をとらわれてしまうから。

シャーリーンは、そこをいつもしっかりと見抜いて、軌道修正していた姿が素晴らしいと思った。

あぁ、私もあんな女性になりたいと思った。

ザ・ファイター3

題材はボクシングでもスポ根ではなく、人間ドラマ


この映画「ザ・ファイター」は、あるボクシングチャンピオン兄弟について描かれた物語であるけれど、よくあるボクシング映画のようなスポ根の映画ではない。

家族がいて、恋人がいて、挫折があり、再起する。

ボクシングそのもののファイトシーンよりも、家族や恋人との愛情や葛藤、挫折や再起にかける成長を描くことに重点を置いている。

これは、ボクシングよりも人間ドラマに重点を置いた作品だった。

だからこそ、ボクシングが苦手な私でも、見ることができたし、見終わった後には、彼らを愛してしまうまでになったんだと思う。

「どんな状況でも、最後まで諦めなければ、奇跡が起きる」

とても素晴らしい作品だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ザ・ファイター」DVD

ザ・ファイター コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

新品価格
¥1,000から
(2015/11/17 17:41時点)












買取ならもったいない本舗





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
マーク・ウォルバーグ主演の映画「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」をWOWOWで観た。

ギャンブル依存症の大学教授が、家族やマフィアから金を借りながらギャンブルを続け、一念発起人生をやり直す物語。

日本では劇場公開されず、DVDの発売のみとなった作品。

満足度 評価】:★★☆☆☆

いや~、この映画が大好きな人がいて、このブログを読んでいたら大変申し訳ないけど、退屈な映画だったなぁ~。

主人公が何がしたいのか、全く伝わってこない映画だった

「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」予告編 動画

(原題:THE GAMBLER)




ネット配信で観る:「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」(字幕版)

ザ・ギャンブラー/熱い賭け (字幕版)

新品価格
¥199から
(2017/5/31 15:31時点)



DVDで観る:「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」DVD

ザ・ギャンブラー/熱い賭け [Blu-ray]

新品価格
¥1,490から
(2015/11/2 00:47時点)



キャスト&スタッフ


出演者

マーク・ウォルバーグ
…(「マイル22」、「ゲティ家の身代金」、「パトリオット・デイ」、「バーニング・オーシャン」、「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」、「ザ・ファイター」、「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」、「裏切り者」、「極悪の流儀」など)

〇ジェシカ・ラング

ジョン・グッドマン
…(「パトリオット・デイ」、「キングコング:髑髏島の巨神」、「ミケランジェロ・プロジェクト」、「人生の特等席」、「10 クローバーフィールド・レーン」、「アルゴ」など)

ブリー・ラーソン
…(「キャプテン・マーベル」、「フリー・ファイヤー」、「キングコング:髑髏島の巨神」、「ルーム」、「ショート・ターム」、「ギャンブラー/熱い賭け」など)

監督

ルパート・ワイアット
…(「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」など)


2014年制作 アメリカ映画



あらすじ


大学教授のジム(マーク・ウォルバーグ)は、ギャンブルでお金を使い果たす毎日。

挙句の果てにマフィアからお金を借りてしまい、そのために母(ジェシカ・ラング)から借りたお金も使い果たしてしまう。

しかし、彼は教え子のエイミー(ブリー・ラーソン)と出会うことで、人生を変えようと思い立つ・・・。

ザ・ギャンブラー



感想(ネタバレあり)


なんでマーク・ウォルバーグが主役なのか考えた・・・


1974年にジェームズ・カーン主演で制作された映画「熱い賭け」のリメイク版。

ジェームズ・カーン主演「熱い賭け/ザ・ギャンブラー」

熱い賭け/ザ・ギャンブラー [DVD]

新品価格
¥927から
(2015/11/2 00:50時点)



私は日頃から、映画に出る俳優さんの演技の上手い下手はあんまり関係ないと思っている。

もちろん、基礎的な部分は必要だし、最低限のレベルっていうのはあるけど、良い演技ができたとか、良い味を出してるっていうのは、監督のお仕事だと思うんだよね。

それにしても、今回のこの「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」でのマーク・ウォルバーグ(「パトリオット・デイ」「バーニング・オーシャン」「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」「ザ・ファイター」)は、さすがにミスキャストじゃないかと感じた。

まず、大学教授に見えない、ギャンブル依存症にも見えない。

なんで、こんなキャスティングなんだよって思ったら、なるほど、マーク本人のプロデュース映画なんだね。

自分が本当にやりたいと思う役柄と、日頃演じている役柄では、なるほど、こんなにもかい離しているもんなんだなぁと、妙なところで感心してしまう。

ザ・ギャンブラー2



ジムの心の葛藤が伝わってこない・・・


主役のジムは、大学教授だけに、当然自分の今の生活に納得がいっておらず、

「俺はギャンブラーじゃない」

っていうのが口癖。

マフィアからお金を借りておきながら、母親から大金を借りておきながら。

それでも、ギャンブラーじゃないとのたまう。

そんなジムが女の子と出会って、人生を変えようと思い、最後の最後にオールインの大博打に出る

その、ジムの心の葛藤がまるで見えてこない。

どうも、マーク・ウォルバーグが27㎏の減量に成功したことが話題って言ってるみたいだけど、減量に成功したって、その成果が見えてこなければ、演技力とは全く関係のない話になってしまう。

正直、マークとか、オーウェン・ウィルソンみたいな太陽が良く似合う俳優には向いてない役なんだよね。

もっと、マット・デイモンとか、カンバーバッチみたいな内向きで、根暗な感じの俳優さんの方が、この役の味が良く出せと思う。

それで、減量ってなったか。

もう、筋肉バカの役はやりたくなくなったか。

私は、マークのことが嫌いなわけではなく、他にもピッタリな役はたくさんあると思うので、

ザ・ギャンブラー3



女性のキャスティングはとても良かった


今回の映画で、一番印象に残っているのは、久しぶりに見たジェシカ・ラングだなぁ~

相変わらず、とてもキレイ。

そして、マークの相手役を演じていたブリー・ラーソン(「フリー・ファイヤー」)も可愛かったな。

まぁ、まぁ、なんだか愚痴をこぼしまくりの感想になってしまったけど、最後にもう一つ。

ジムは、生まれ変わるみたいなこと言ってるけどさ、あれは、病気だから。

メンタル面を本当に直さないと、ギャンブルから足を洗えないんだよね。

それを、オールインの一発逆転で人生も心機一転みたいな甘いこと言ってるから、ますます愚痴りたくなるんだよね。

んー。とにかく、残念な映画だったな。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



ネット配信で観る:「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」(字幕版)

ザ・ギャンブラー/熱い賭け (字幕版)

新品価格
¥199から
(2017/5/31 15:31時点)



DVDで観る:「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」DVD

ザ・ギャンブラー/熱い賭け [Blu-ray]

新品価格
¥1,490から
(2015/11/2 00:47時点)



ジェームズ・カーン主演「熱い賭け/ザ・ギャンブラー」

熱い賭け/ザ・ギャンブラー [DVD]

新品価格
¥927から
(2015/11/2 00:50時点)











↓「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」も放送しているWOWOW_新規申込





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マーク・ウォルバーグ主演、マイケル・ベイ監督の映画「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」をWOWOWで観た

1995年にマイアミで起きたコロンビア人富豪の誘拐事件の実話を映画化

マーク・ウォルバーグ主演で、マイケル・ベイ監督となれば、それなりに面白いエンターテイメント映画になっているんじゃないかと期待して見てみた

しかし!残念!!あまりにも主人公たちがおバカすぎて、最後まで気が乗らなかった映画だった・・・

「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」 予告編 動画

(原題:pain & gain)




ネット配信で観る:「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」(字幕版)

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/7/16 15:37時点)



◆DVDで観る:「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2015/9/7 01:14時点)






キャスト&スタッフ


出演者

マーク・ウォルバーグ







監督

マイケル・ベイ


2013年製作 アメリカ映画



あらすじ


1995年のマイアミ。

ダニエル(マーク・ウォルバーグ)は筋肉を鍛えることが大好きで、ジムのトレーナーをしている

彼は、日頃からもっと稼いで好きなことをしたいという願望があり、しかし、トレーナーの給料だけではのし上がっていけないことに焦っていた

そこで、ダニエルは、お金を欲しがっていたトレーナー仲間のエイドリアン(アンソニー・マッキー)、刑務所から出所したばかりで誰よりもケンカが強いジムの会員ポール(ドウェイン・ジョンソン)に声をかけ、ジムの富豪の会員でコロンビア人のヴィクター(トニー・シャルーブ)を誘拐して一獲千金して大儲けする計画を立てるが・・・



ペイン&ゲイン



感想(ネタバレあり)


悪人が主役なら、もっと魅力的な犯罪者にして欲しかった


犯罪映画が嫌いなわけではない、でも、悪人を主役にするのなら、

そのキャラクターに、せめて、「あぁ、この人、すごい悪い人だけど、ここが憎めないなぁ」っていう、付加価値をつけて欲しかった

人を人と思わず、人の金は自分の金と思っているような悪党で、しかもすごいバカとなると、同情もできず、呆れてしまうだけで、この人たちのどこに魅力を感じればいいのか分からない

ただのしょーもないチンピラ3人組の犯罪実話を見せられて、何を得るものがあるんだろう・・・

当時のマイアミでは、話題になった事件だったのかな?

だったら、話題性で作ったのかな??

はたして、監督のマイケル・ベイは観客に何を訴えたかったのだろうか・・・私には、全くピンと来ない映画だった



ペイン&ゲイン2



犯罪者が主役でも良い映画、面白い映画はたくさんある


凶悪犯罪を描く映画で、しかも犯人が主役で面白い映画は世界にたくさんある

例えば、「ファーゴ」や「レザボアドッグス」なんかは、すごく面白い犯罪映画の典型

「ファーゴ」DVD

FARGO/ファーゴ DVDコレクターズBOX

新品価格
¥4,709から
(2015/9/7 01:18時点)



◆「レザボア・ドッグス」DVD

レザボア・ドッグス [DVD]

新品価格
¥1,650から
(2015/9/7 01:20時点)



登場人物たちの一人一人のキャラがすごく立っていて、観ていてすごく面白かったし、何度も観たいと思う映画だ

実話を元に映画化したとはいえ、ストーリーに脚色をするのも、映画の仕事だよね



ペイン&ゲイン3



犯罪者もバカなら、それを追う警察もバカ過ぎる


と、散々ボロクソに言ってしまったけど、この映画「ペイン&ゲイン 史上最低の一獲千金」で一番印象に残ったのは、マイアミ警察のビックリするぐらいの適当さ Σ( ̄ロ ̄|||)

誘拐されていた被害者ヴィクターが車にひかれて傷だらけで、病院に運ばれた時、マイアミの刑事がろくに聴取もしないまま帰って行った!!

ヴィクターは一か月も誘拐されていたのに!

顔は車にひかれて傷だらけだったのに!!ヴィクターが暴言吐きまくったことに腹を立てて、聴取もしないで帰っちゃうって、これ本当に実話!?

当然、そんな適当なことしたからダニーたちは調子に乗って、どんどん犯罪も大きくなっちゃった

ばかじゃないのぉ~

なんだろうなぁ。つまり、犯罪を犯した側も、それを捕まえる側も、バカばっかりってことなんだよね・・(´・ω・`)



ペイン&ゲイン4



スタッフ&キャストは超豪華な面々なのに・・・


監督は、「バッド・ボーイズ」「アルマゲドン」「ザ・ロック」「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ。

そして、主演はマーク・ウォルバーグドウェイン・ジョンソンエド・ハリス

とにかく、言葉も汚いし、主人公に魅力ないしで、残念な映画だったけど、このメンバーだったらもっと良い映画つくれたよね

本当に残念








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ




◆「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2015/9/7 01:14時点)





↓ 「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」も放送しているWOWOW_新規申込






↓ 古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック