とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ミラ・ジョヴォヴィッチ



ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画「サバイバー」をWOWOWで観た。

アメリカ大使館の出国ビザを発行するセキュリティ担当者が、暗殺者から狙われながらもテロを阻止する話。


満足度 評価】:★★☆☆☆(2.5)

うーーーん。観ている途中で、「もう、どうでもいいや」と思った。

きっと、ミラ・ジョヴォヴィッチを使って女版「ダイ・ハード」みたいな映画を作りたかったんだろうなと思う。

でも、いくらなんでも、これはちょっとご都合主義が過ぎる作品だった。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「サバイバー」予告編 動画

(原題:SURVIVOR)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年11月14日 WOWOWで観た感想を掲載。

・2019年5月9日 午後のロードショーでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



ネット配信で観る:「サバイバー」(字幕版)

サバイバー(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2018/7/30 15:04時点)



DVDで観る:「サバイバー」

サバイバー [Blu-ray]

新品価格
¥4,045から
(2018/7/30 15:04時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ミラ・ジョヴォヴィッチ
…(「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」、「バイオハザード:ザ・ファイナル」、「パーフェクト・ゲッタウェイ」など)

ピアース・ブロスナン
…(「マンマ・ミーア!ヒア・ウィーゴー」、「さよなら、僕のマンハッタン」、「ゴーストライター」、「クーデター」、「幸せになるための5秒間」、「おとなのワケあり恋愛講座」、「スパイ・レジェンド」など)

ディラン・マクダーモット
…(「ニューオーリンズ・トライアル」、「ザ・シークレット・サービス」など)

〇アンジェラ・バセット…(「エンド・オブ・キングダム」など)

〇ロバート・フォスター


監督

〇ジェームズ・マクティーグ
…(「Vフォー・ヴェンデッタ」、「ニンジャ・アサシン」など)


2015年製作 アメリカ・イギリス合作映画


映画「サバイバー」



あらすじ


ロンドンにあるアメリカ大使館に勤務することになったケイト・アボット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、アメリカへの出国審査でセキュリティの担当をしている。

任務に就き始めた頃、出国審査の最中に怪しい人物を発見したので、保留にした直後、同じ職場の同僚たちとランチに行ったレストランが爆破され、たまたま、その時に席を外していたケイトは命が助かった。

しかし、その直後に、次はプロの殺し屋(ピアース・ブロスナン)から殺されそうになり、その後、その人物から追われるようになってしまう…。

なぜ、彼女は命を狙われるのか…。

誰も信用できなくなったケイトは、独自に理由を探り始める…。


映画「サバイバー」ミラ・ジョヴォヴィッチ、ロバート・フォスター



感想(ネタバレあり)


作りたかったのは、女版「ダイ・ハード」??


アメリカ大使館の職員が、たまたま怪しい人物に気付いちゃったせいで、命を狙われる羽目になる。

これまでは、「ダイ・ハード」シリーズ等で扱っていた題材を女性の主人公にして作ってみたけど、どう??

そんな映画だった。



映画が始まってから数分で、そのビザ発給で人を見抜くスペシャリストだという彼女が、どんな人が怪しいのか?と聞かれた時に、速攻で、「科学者が怪しい」と言い切る。

いやーーーー。それは、世界中の科学者が怒るぜーーーー。



なんだよ。科学者はみんなテロリスト候補生なのか??

そりゃないよねぇ??

脚本家は、科学者に謝罪した方が良い。



まぁ、最初からそんな風に適当な脚本なもんだから、最後までどうでもいい展開が続いちゃう(笑)



映画「サバイバー」ディラン・マクダーモット

世界が彼女を中心に回っている ご都合主義


ということは、全てがご都合主義。

全てが、主人公のケイトが思うように、やりたいように地球が動いてくれる。

世界は彼女を中心に回っている(笑)



指名手配中の人間なのに、えらい簡単にパスポートが偽造できて、えらい簡単に出国できる。

そして、とても簡単にアメリカに入国できるんだから凄い。



この映画の最後には「アメリカは何人ものテロリストを水際で防いでいる」っていうテロップが流れる。

まぁ、そんなこと言うんだったら、まず、指名手配犯を絶対に入国させないようなシステムを作った方が良い(笑)



そして、ケイトは世界でトップクラスの暗殺者に追われているのに、なぜか、弾丸が彼女をすり抜ける。

どんなに至近距離から撃っても、彼女には当たらないようにできている(笑)

きっと、その辺はトム・クルーズと同じ血が流れていると思われる。



映画「サバイバー」ミラ・ジョヴォヴィッチ

良かったのは、珍しく悪役を演じてるピアース・ブロスナン


この映画の見どころといったら、ピアース・ブロスナンが悪役を演じていたことだった。

元MI6の「007」が、世界でトップクラスの暗殺者に転身してるとか、なかなかセンスが良い(笑)



いつものニヒルなジェントルマンを封印して、無表情な暗殺者を好演していた。

未だにアクションもきちんとやってたし、まだまだ衰えを知らない感じが良かった。

なかなか怖かったし。



しかし、この映画ではそのピアース・ブロスナンの良さを生かされていない感じがしたので、次回は、もっと自分の才能をキチンと描いてもらえる監督と仕事をしましょう。



映画「サバイバー」ピアース・ブロスナン

テロとの戦いをアピールしたいのは分かるけど…


さっきもちょろっと言ったけど、この映画のラストには、「アメリカでは、何人ものテロリストを逮捕している」というテロップが流れる。

きっと、「日夜、アメリカ大使館や、税関の職員の尽力で、テロを未然に防いでいる」ということが言いたかったんだろうと思うし、その象徴としてケイトというキャラクターができているんだろう。



しかし、そのケイトが指名手配を受けているにも関わらず、偽造パスポートと、偽名で入国しているんだったら意味がない。

暗殺者と科学者だって、ちゃんとアメリカに入国できている。



たまたま、ご都合主義でケイトがテロの実態を知ってしまったから、未然に防げたようなものの、アメリカの職員たちはその事実に何にも気付いていなかったよねぇ??

だから、そんなテロップを最後に流されても、ちっとも説得力がない…。

まぁまぁ。愚痴ばかりが並んだ感想になっちゃったけど、こういう薄っぺらい作品に出会うと、本当に残念なんだよね…。






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「サバイバー」(字幕版)

サバイバー(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2018/7/30 15:04時点)



DVDで観る:「サバイバー」

サバイバー [Blu-ray]

新品価格
¥4,045から
(2018/7/30 15:04時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ウディ・ハレルソンジェームズ・マースデン主演の映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実」を映画館で観た。

ブッシュ政権当時、イラクに侵攻し戦争を始めたことについて疑問を抱き、真実を伝えるために奔走した二人の新聞記者の実話を映画化。


映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

もしも政府が嘘をついていて、報道側もその嘘を信じていたら、私たちは何を信じればいいのか。

これはバイスとセットで観るべき作品。

ブッシュ政権当時の酷さを再確認し、報道側も混乱していたことが分かる作品。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想
  6. 関連記事


『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』予告編 動画

(原題: Shock and Awe)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年4月1日 映画館にて鑑賞。

・2019年4月30日 感想を掲載。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」公式サイト




キャスト&スタッフ


出演者

ウディ・ハレルソン

ジェームズ・マースデン


〇ジェシカ・ビール

ミラ・ジョヴォヴィッチ
…(「バイオハザード:ザ・ファイナル」、「サバイバー」、「パーフェクト・ゲッタウェイ」など)

ロブ・ライナー
…(<監督作>「LBJ ケネディの意志を継いだ男」、「最高の人生のつくり方」など)


監督

ロブ・ライナー
…(<監督作>「LBJ ケネディの意志を継いだ男」、「最高の人生のつくり方」など)


2017年製作 アメリカ映画




あらすじ


2002年。ブッシュ政権は、イラクが大量破壊兵器を保持していることを理由にイラクへの侵攻を宣言。

それは、やがてイラク戦争へと発展するのだが、小さな新聞社 ナイト・リッダー社の記者 ジョナサン・ランデー(ウディ・ハレルソン)とウォーレン・ストロベル(ジェームズ・マースデン)は、大手新聞各社がその戦争に賛同する中、イラクの大量破壊兵器保持に対して疑問を持ち始める。

そして、アメリカ国防総省の関係者たちに取材をしていくと、そこから他の新聞社が気付いていない真実にたどり着き…。



映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」ジェームズ・マースデン、ウディ・ハレルソン



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


記者たち~衝撃と畏怖の真実~ (2017)


★★★☆ [70点]「私たちは何を信じるべきなのか」


もしも、政府が嘘をついていて、報道側もその政府の嘘を鵜呑みにしていたら、私たちは、何を信じればいいのか

それは、911のテロとの戦い後にアメリカで実際に起きた話で、この映画では、その時、唯一真実を報道した小さな新聞社を舞台に描かれている。



「その時、政府では何が起きていて、なぜ、米軍がイラク侵攻をすることになったのか」については、映画「バイス」で描かれているので、この映画は「バイス」とセットで観るべき作品だった。

バイス」を先に観てしまった側からすると、これは「バイス」程の衝撃はないものの、当時のブッシュ政権の酷さを再認識したし、マスコミ側も混乱していたんだなということがよくわかる。

きっと、新聞社もチェイニーや、ラムズフェルドが、そこまで酷いことをするとは思っていなかったんだろう。



ここで気をつけなくてはいけないのは、政府がすることに対して、政府側の人間だけでなく、必ず、政府と利害関係のない人々の意見も聞くべきということ。

この映画の記者たちが真相を知ることができたのは、小さな新聞社ゆえに、政府の大物にインタビューできず、政府から離れた立場の人々にインタビューせざるを得なかったからだ。



それが、結果として、真実に繋がった

そこからして、どんな時も、冷静な立場からの意見がなければいけないなと思った


Posted by pharmacy_toe on 2019/04/12 with ぴあ映画生活





関連記事


イラク戦争の裏で起きていた真実

「バイス」政治を笑え!権力を愛した政治家!ブッシュ政権の副大統領ディック・チェイニーの実話を映画化。社会派コメディ。クリスチャン・ベール主演、アダム・マッケイ監督【感想】




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「記者たち 衝撃と畏怖の真実」(字幕版)

記者たち 衝撃と畏怖の真実(字幕版)

新品価格
¥500から
(2019/12/3 16:33時点)



DVDで観る:「記者たち 衝撃と畏怖の真実」

記者たち 衝撃と畏怖の真実 [Blu-ray]

新品価格
¥4,031から
(2019/12/3 16:34時点)



【映画パンフレット】「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」

【映画パンフレット】 記者たち 衝撃と畏怖の真実 SHOCK AND AWE 【映画パンフレット】 記者たち 衝撃と畏怖の真実 SHOCK AND AWE 監督 ロブ・ライナー 出演 ウディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、トミー・リー・ジョーンズ、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジェシカ・ビール、ロブ・ライナー

新品価格
¥2,300から
(2019/4/30 17:23時点)



オリジナルサウンドトラック「SHOCK & AWE」

SHOCK & AWE

新品価格
¥1,299から
(2019/4/30 17:25時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」を映画館で観た。

プレイステーションのゲーム「バイオハザード」を原作にしたアクション映画シリーズ最終章。

主人公が次から次へと襲いかかるゾンビを殺しまくる話。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

正直言って、全く期待しないで観たんだけど想像以上に面白い映画だった。

ご都合主義なところは笑いながらツッコミを入れつつ、途中、突然投入されるトラップに驚きながら最後まで楽しんだ。

「バイオハザード:ザ・ファイナル」予告編 動画

(原題:RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER)




DVDで観る:バイオハザード:ザ・ファイナル

バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]

新品価格
¥2,210から
(2017/7/23 11:36時点)



ネット配信で観る【字幕版】:Amazonプライム「バイオハザード:ザ・ファイナル」

バイオハザード:ザ・ファイナル (字幕版)

新品価格
¥399から
(2017/7/23 11:36時点)



ネット配信で観る【吹替え版】:Amazonプライム「バイオハザード:ザ・ファイナル」

バイオハザード:ザ・ファイナル (吹替版)

新品価格
¥2,500から
(2017/7/23 11:38時点)



バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)

バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)

新品価格
¥778から
(2017/1/5 14:56時点)



【映画パンフレット】 バイオハザード ザ・ファイナル 豪華版

【映画パンフレット】 バイオハザード ザ・ファイナル 豪華版

新品価格
¥3,480から
(2017/1/5 14:56時点)



バイオハザード I~V Blu-rayスーパーバリューパック 『バイオハザード:ザ・ファイナル』公開記念スペシャル・パッケージ

バイオハザードI~V Blu-rayスーパーバリューパック 『バイオハザード:ザ・ファイナル』公開記念スペシャル・パッケージ

新品価格
¥6,730から
(2017/1/5 14:56時点)



バイオハザード ザ・ファイナル 劇場プログラム特別版 映画バイオハザード全記録

バイオハザード ザ・ファイナル 劇場プログラム特別版 映画バイオハザード全記録

新品価格
¥3,800から
(2017/1/5 14:57時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ミラ・ジョヴォヴィッチ
…(「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」、「サバイバー」、「パーフェクト・ゲッタウェイ」など)

〇アリ・ラーター

〇ショーン・ロバーツ

〇イアン・グレン

〇イ・ジュンギ
…(「光州5・18」、「フライ・ダディ」、「王の男」、「ホテル ビーナス」など)

〇ローラ

監督・脚本

〇ポール・W・S・アンダーソン

2016年製作 アメリカ映画


バイオハザード:ザ・ファイナル

あらすじ


人間をゾンビに変えるT-ウイルスが蔓延し、人類があとわずかで消滅しようとしている世界。

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、アンブレラ社がT-ウイルスを消し、アンデッド(ゾンビになってしまった人間)を殺すワクチンを保有していることを知る。

48時間以内にそのワクチンを散布すれば、人類は滅亡せず生き残れると聞いたアリスは、ワクチンを求めアンブレラ社の本部へと向かう…。


バイオハザード:ザ・ファイナル3

感想(ネタバレあり)


これまでの話はよく知らないけど、予想外に面白かった


「バイオハザード」はパート1を観たきり

ゲームも一切やらないので、良くわからない



正直言って、「ゾンビを殺しまくる映画」ぐらいのイメージしかなかったので観るのが不安だった。

よくありがちなホラー映画みたいに、ゾンビを殺しまくって終了…。

そんな映画なんだろうなぁと思い、大丈夫かな??と思っていた。



しかし、意外や意外、これが想像以上に面白かった

観始めた途端に、容赦なく襲いかかるゾンビに驚いたり、各ステージに仕込まれているトラップに素直に反応したり、あきらかにご都合主義なところはツッコミを入れて楽しんだり。



「予想不能なお化け屋敷」を観ている感覚で最後まで楽しんだ

時として、こういう「つまんないだろうなぁ」と思いながら観る映画に限って楽しんで帰るということが度々あるので、映画はやめられない。



バイオハザード:ザ・ファイナル2



ステージをクリアするごとに仲間が減っていく生き残りゲーム


主人公のアリスは、前半で頼もしい仲間を10人程ゲットする。

しかし、その後、次なるステージへ進むごとに様々なトラップが用意されている。

例えば、アンデッドの大群に襲われたり、ケルベロス(ゾンビ化した狂犬)の大群に追いかけられたり。



そのステージをクリアするごとに、仲間は1人ずつ減っていく…。

「なんだか、これはとてもゲームっぽい映画だな…」と思った自分に笑ってしまった。

そりゃそうだ。当たり前だ。これはゲームが原作の映画だったんだ(笑)



一人ぼっちでスタートしたアリスは勇敢な仲間を得てスタート。

様々なステージを乗り越え敵陣の本部まで行き、世界を救うワクチンを手に入れ、屋外で散布すればゲームオーバー

ミッション・コンプリート。

制限時間は48時間。



もちろん、この時間は都合が良いもので、あっという間に進んでしまう時もあれば、ラストでは、もんのすごいゆっくりと時間が経過するようにできている(笑)

でも、そのルールさえ頭に入っていれば、これまでのシリーズの内容とか、1人1人の登場人物の背景とか知らなくても十分楽しめる作品だった。



バイオハザード:ザ・ファイナル5



お約束のツッコミどころも満載


もちろん、「おバカ映画にツッコミ入れながら観るのが大好き!」な人のニーズも十分に満たされる作品になっている

アメリカ産アクション映画のお家芸である「ご都合主義」はここでも健在だ。



まぁ、私がなんと言ってものけ反ったのは、アリスが徹底して「ダイハード(なかなか死なない奴)」であること。

どんなに銃を乱射しようが、コンピュータで標準を合わせようが、彼女に弾は命中しない

かすったり、命に別状はない負傷は山ほどある。



敵に背中を向け、なんの防護壁もなく無防備なままバイクに乗っている時でさえ、銃を乱射されても、まるでシールドがかかったみたいに弾が当たらない。ワーオーーー!!

私はその時、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」で、ドニー・イェンが「フォースと共にあれ」と言いながら乱射されている銃弾をよけ、スイッチを入れるドニー・イェンを思い出した(笑)

あの時、ドニー・イェンはフォースの力でスイッチまでたどり着けた。

もしやアリスもフォースの使い手なのか!?(笑)



その時の銃弾がミラ・ジョヴォヴィッチをよけて飛んでいく様は、トム・クルーズも真っ青な仕上がりだった。

そして、思わず「すげーなぁー」と声に出してしまう私(笑)

まぁ、そこだけに限らず、ツッコミどころは満載なので、イチイチツッコミながら観るっていうのも、この映画の楽しみ方の1つ



バイオハザード:ザ・ファイナル6



祝!ローラとイ・ジュンギ ハリウッドデビュー


というわけで、この「バイオハザード:ザ・ファイナル」は、お友達とワイワイとゲームをするように楽しめばいいんじゃないかな。

日本では、ローラの「ハリウッド・デビュー作」として話題になったこの映画

日本版の予告編を観ると、アリスの仲間の1人として活躍しそうな雰囲気で登場している。

が、残念ながら、あっという間に瞬殺されてしまう。



この映画を観た私の友人は、「その後、ゾンビになるのかと思った」と言っていたけれど、残念ながらアンデッドとして生き残るわけでもない。

まぁ、これまで女優としての経歴もなかった彼女にとってのハリウッド・デビュー。

セリフがあるだけでもすごいと思った方がいいのかな。



私はそんなローラよりも気になったのは、韓国人俳優のイ・ジュンギ

アンブレラ社の戦闘員の1人で、装甲車から出てきてアリスと闘い、まわし蹴りでアリスを追い込んだ彼のハリウッド・デビューの方が印象的だった。

まぁすぐに殺されてしまうのは一緒だけど。



あの一瞬のキレキレアクションを見て、ハリウッドがイ・ジュンギを使ってくれるといいなと、ちょっと期待している。

そんな下世話なネタも含め、なーーーーんも考えたくない時におススメの映画が、この「バイオハザード:ザ・ファイナル」でございます。



 ↓ 祝!ハリウッド・デビュー
バイオハザード:ザ・ファイナル4







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:バイオハザード:ザ・ファイナル

バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]

新品価格
¥2,210から
(2017/7/23 11:36時点)



ネット配信で観る【字幕版】:Amazonプライム「バイオハザード:ザ・ファイナル」

バイオハザード:ザ・ファイナル (字幕版)

新品価格
¥399から
(2017/7/23 11:36時点)



ネット配信で観る【吹替え版】:Amazonプライム「バイオハザード:ザ・ファイナル」

バイオハザード:ザ・ファイナル (吹替版)

新品価格
¥2,500から
(2017/7/23 11:38時点)



バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)

バイオハザード ザ・ファイナル (角川ホラー文庫)

新品価格
¥778から
(2017/1/5 14:56時点)



【映画パンフレット】 バイオハザード ザ・ファイナル 豪華版

【映画パンフレット】 バイオハザード ザ・ファイナル 豪華版

新品価格
¥3,480から
(2017/1/5 14:56時点)



バイオハザード I~V Blu-rayスーパーバリューパック 『バイオハザード:ザ・ファイナル』公開記念スペシャル・パッケージ

バイオハザードI~V Blu-rayスーパーバリューパック 『バイオハザード:ザ・ファイナル』公開記念スペシャル・パッケージ

新品価格
¥6,730から
(2017/1/5 14:56時点)



バイオハザード ザ・ファイナル 劇場プログラム特別版 映画バイオハザード全記録

バイオハザード ザ・ファイナル 劇場プログラム特別版 映画バイオハザード全記録

新品価格
¥3,800から
(2017/1/5 14:57時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」をWOWOWで観た。

ハワイでハネムーン中の新婚カップル。しかし、ホノルルで新婚カップルを狙ったと思われる殺人事件が発生し、自分たちも狙われるのでは…と心配するが…。



満足度 評価】:★★★☆☆

つまらくはなかったけど、すごく面白かったわけでもない。軽めのものを暇つぶしに観たい時なんかにピッタリの作品だと思う。

※この映画の感想には、結末についてネタバレしています。是非、映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」を観てからお読みください。


「パーフェクト・ゲッタウェイ」予告編 動画

(原題:A PERFECT GETAWAY)




「パーフェクト・ゲッタウェイ」 DVD

パーフェクト・ゲッタウェイ [DVD]

新品価格
¥2,090から
(2018/9/22 11:35時点)



キャスト&スタッフ


出演者




〇キーリー・サンチェズ


〇マーリー・シェルトン

監督

〇デヴィッド・トゥーヒー


2009年製作 アメリカ映画



あらすじ


シドニー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)とクリス(スティーヴ・ザーン)は、ハワイでハネムーンの最中。

そこへ、同じくハワイのホノルルでハネムーン中のカップルが殺される事件が起きる。

防犯カメラを観た結果、犯行は男女のカップルであり、新婚カップルを狙っているというニュースを聞いたシドニーとクリスは、周りのカップルを疑い始める。

そして、彼らと同じタイミングでトレッキングを楽しんでいるニック(ティモシー・オリファント)とジーナ(キーリー・サンチェズ)と行動を共にし始めるが…。



パーフェクト・ゲッタウェイ



感想(ネタバレあり)


美しい景色の中、新婚カップルを狙った殺人事件が勃発


主人公は、ハワイへハネムーンに行ったシドニーとクリスのカップル。

まず、このハワイの景色が美しすぎる!!

私は、ハワイの景色を見ると、すぐに「ジュラシック・パーク」を想像しちゃう悪い癖があるんだけど、まさに、この映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」の舞台も、あの「ジュラシック・パーク」の舞台となったジャングル。

もう今すぐにでも、恐竜が出てきそうな雰囲気満載。

綺麗だったなぁ~。

その景色を観ているだけで、ハワイに行きたくなった。シーカヤックとか、すごく楽しそう。

いやいや、観光案内のVTRを観たのではない(笑)

サスペンス映画の「パーフェクト・ゲッタウェイ」だ。話を戻す(笑)

主人公の新婚さんがハネムーンをしている最中、ワイキキで同じく新婚でハネムーン中のカップルを狙った殺人事件が起きる。

そのニュースを知った時から、シドニーとクリスは周りが信じられなくなってしまう。



パーフェクト・ゲッタウェイ



どんでん返しにそれ程の驚きがなかった…


このブログはネタバレOKのブログなので言ってしまうと、実は、主人公のシドニーとクリスこそが、その新婚カップルを狙った殺人犯だったというオチ。

彼らは、歳が同じぐらいのカップルを殺しては、その人たちになりすまして暮らす強盗殺人犯。

彼らの新しいターゲットがニックとジーナのカップルだったというお話だった。

しかしなぁ、そのどんでん返し、それにしても驚きが少ない。

どうも途中でジーナがヤギをさばいたり、ニックがいかにも海兵隊上がりのちょっとおかしな奴を演じてて、ちょっとやりすぎだなと思ってた。

このまま、ジーナとニックが殺人鬼だったら、1つも面白くないと思っていたから、なんかちょっとひねりがあるんだろうなぁと思っていたら、やっぱりあった。

そんな感じだったなぁ。

えぇ~??っていうのけ反り系はなかった。



パーフェクト・ゲッタウェイ



驚きがなかったのは、ミラ・ジョヴォヴィッチのミスキャストのせい


というのも、私が思うに、この映画でミラ・ジョヴォヴィッチをキャスティングしたことが、そもそも間違っている。

映画の冒頭からミラ・ジョヴォヴィッチが、しおらしい新婚主婦の役なんておかしいと思い、きっとなんかやらかすに違いないんだろうなぁと思っていた。

だから、「やっぱり私たちが殺人鬼よ」と言われたところで、「あぁやっぱりな」としか思えない。

むしろ、「キャスティング時点でバレてるじゃないか」と思ってしまった。

ミラ・ジョヴォヴィッチをキャスティングするんだったら、殺人鬼のシドニー役じゃなくて、狙われる側のジーナの方が良かったように思うんだよね。

ミラ・ジョヴォヴィッチがあの顔でヤギをさばいていたら、それこそ怪しさ満載だし、こいつら絶対犯人だわぁって疑いなく思うはず(笑)

さらに、シドニーの夫のクリスがインパクト薄いもんで、殺人鬼と言われても、あまりピンと来ないんだなぁ。

やっぱり、この映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」のインパクトの薄さは、キャスティングミスに原因があるとしか思えない。



 ↓ もはや貞淑な妻の役などできないミラ・ジョヴォヴィッチ
パーフェクト・ゲッタウェイ もはや貞淑な妻の役などできないミラ・ジョヴォヴィッチ



ブレイク寸前のクリス・ヘムズワースに会える映画


しかし、そんな中、私が最も期待していたのは、ブレイク前のクリス・ヘムズワース

「マイティ・ソー」に出演する前のクリヘムが、ほんの少し登場している。

こちらは、あの巨体で立っているだけで怪しさ満載。

容疑者の雰囲気を匂わせる役目は十分に果たしたように思う。

クリヘムも、もうこんなに小さい役はやらないだろうから、この登場シーンはかなり貴重だと思うなぁ。

ちなみに、この作品は「スター・トレック」でカーク船長のお父さんの回送シーンに出演した後の作品であり、この後、「マイティ・ソー」が続く。

まさに、ブレイク前夜の作品だった。

本音を言えば、もう少し出番があっても良かったと思うんだけど。

ちなみに、弟はリアム・ヘムズワースで、「ハンガーゲーム」シリーズや、「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」に出演している。



 ↓ 出番が少ないながらキチンと印象を残すクリス・ヘムズワース
パーフェクト・ゲッタウェイ 出番が少ないながらキチンと印象を残すクリス・ヘムズワース



丸く収まってめでたしめでたし


結局のところ、そうやって話が二転三転ドタバタしたものの、最後は「愛が勝つ」という王道で終了。

愛のないカップルは、パートナーにかばってもらうことなく撃沈。

まぁ、これはこれで、丸く収まって良かったんじゃないかな。

しかし、私はそんなカップルたちの悲喜こもごもよりも、ハワイの美しい景色に心が奪われ、行ってみたいなぁという気持ちを募らせた映画だった(笑)

これ、やっぱり、観光VTRとしていけると思うんだけど(笑)

あ、新婚さんが行きたくなくなっちゃうからダメか(笑)





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「パーフェクト・ゲッタウェイ」 DVD

パーフェクト・ゲッタウェイ [DVD]

新品価格
¥2,090から
(2018/9/22 11:35時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
ミラ・ジョヴォヴィッチ、ピアース・ブロスナン主演、10月17日公開予定の映画「サバイバー」の予告編を観た

スタートから、いきなりスナイパー登場からのミラ・ジョヴォヴィッチ、そして爆破シーンの動画を見た瞬間に、「面白そう!!これーー」と思った。是非!観たい!!

いや~、いいなぁ。やっぱり、こういう単純明快なアクション映画。

週一間隔で、日々の栄養剤として注入していきたところだね

***********

〇 「サバイバー」観ました!!

映画の感想はこちらから →「サバイバー」ご都合主義のオンパレード。軽くて薄くてテキトーで残念なスパイアクション映画。脚本家は科学者に謝罪しろ(笑)ミラ・ジョヴォヴィッチ主演【感想】

***********

「サバイバー」予告編 動画

(原題:survivor)



映画の予習に!同じ監督作品「Vフォー・ヴェンデッタ」

Vフォー・ヴェンデッタ [DVD]

新品価格
¥436から
(2015/9/9 09:47時点)



舞台はロンドン。最強の暗殺者に追われる女性大使館員

予告編を見たところによれば、舞台はロンドン。

テロリストグループは、あるテロ計画のためにアメリカの大使館員を全員殺したつもりが、一人だけ生存者がいた

その生存者を演じるのが、ミラ・ジョヴォヴィッチ(「バイオ・ハザード」シリーズ)であり、彼女を追うテロリストにピアース・ブロスナン(「007」元ジェームズ・ボンド、「スパイ・レジェンド」「ゴーストライター」)というお話だと推測


サバイバー


女性も自分の身は自分で守る時代

今まで、この手のタイプの映画でありがちなのが、ある秘密を握ってしまった女性大使館員がいて、その秘密を守るために、屈強な男がヒーローとして登場!

最後まで、彼女を守り切って恋に落ちるみたいな話が典型だったけれども(笑)

やはり!時代は男女雇用機会均等法ですよ

女も男に頼ってはいけません

強くなきゃ生きていけないっつーことで、自分の身は自分で守りましょう

当然、ミラ・ジョヴォヴィッチ、テロリストたちと戦いますよ

いや~、いいね。かっこいいね

サバイバー2

元MI6所属ジェームズ・ボンドがテロリストに転身

そして、そのミラを追うテロリストにピアース・ブロスナン

元ジェームズ・ボンドが登場。

ジェームズ・ボンドを演じていたせいか、右手に拳銃、左手に美女っていうイメージが強かったピアース・ブロスナンも、髪が銀髪になって渋いいぶし銀にイメージ・チェンジ

いいね。このピアース・ブロスナン。女性を片手にニヤけてた頃よりも、この渋いイメージの方がずっと良い

また、ロンドンの景色がよく似合うよね


いや~、どっちの視点から見ても楽しそう!!

公開は10月17日の予定。是非、観たくて楽しみな一本



***********

〇 「サバイバー」観ました!!

映画の感想はこちらから →「サバイバー」ご都合主義のオンパレード。軽くて薄くてテキトーで残念なスパイアクション映画。脚本家は科学者に謝罪しろ(笑)ミラ・ジョヴォヴィッチ主演【感想】

***********



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画の予習に!同じ監督作品「Vフォー・ヴェンデッタ」

Vフォー・ヴェンデッタ [DVD]

新品価格
¥436から
(2015/9/9 09:47時点)

















古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック