とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:メリル・ストリープ



メリル・ストリープトム・ハンクス主演の映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」を試写会で観た。

1971年のアメリカで「ベトナム戦争に勝ち目がない」とシンクタンクが分析した文書を当時のニクソン政権が隠ぺいし、その文書を手に入れた「ワシントン・ポスト紙」が政府の圧力がありながら掲載に向けて戦った実話を描く


映画「ペンタゴン・ペーパーズ」


満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

新聞社同士のスクープ合戦にハラハラドキドキし、主人公であるキャサリンの葛藤に共感した作品だった。

そして「報道の自由」とは、一体、誰のためのものなのかを改めて考えさせられた作品。



この感想には映画の結末に関わるネタバレを含みます。映画をご覧になってからお読みください。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」予告編 動画

(原題:The Post)




更新履歴

・2018年3月6日 試写会で観た感想を掲載。

・2020年1月5日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。




キャスト&スタッフ


出演者

メリル・ストリープ
…(「メリー・ポピンズ リターンズ」、「マンマ・ミーア!ヒア・ウィーゴー」、「マダム・フローレンス!夢見るふたり」、「未来を花束にして」、「幸せをつかむ歌」、「イントゥ・ザ・ウッズ」、「8月の家族たち」、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」、「ジュリー&ジュリア」、「大いなる陰謀」、「母の眠り」、「プラダを着た悪魔」など)

トム・ハンクス
…(「ハドソン川の奇跡」、「インフェルノ」、「ブリッジ・オブ・スパイ」、「ウォルト・ディズニーの約束」、「キャプテン・フィリップス」、「幸せの教室」、「天使と悪魔」、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」など)

ボブ・オデンカーク
…(「インクレディブル・ファミリー」(声の出演)、「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」、ドラマシリーズ「ベター・コール・ソウル」、「ブレイキング・バッド」など)

〇サラ・ポールソン

〇トレイシー・レッツ

ブラッドリー・ウィットフォード
…(「ゲット・アウト」、「アイ・ソー・ザ・ライト」など)

ブルース・グリーンウッド
…(「ニュースの真相」、「白い沈黙」、「ドローン・オブ・ウォー」、「パパが遺した物語」、「エレファント・ソング」、「デビルズ・ノット」、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「スター・トレック」など)

〇マシュー・リス

…(ドラマシリーズ「GLOW ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」など)


監督

スティーヴン・スピルバーグ
…(「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」、「ブリッジ・オブ・スパイ」、「リンカーン」、「マイノリティ・リポート」、「アミスタッド」、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」、「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」、「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」など)


2017年製作 アメリカ映画




あらすじ


1971年、ニクソン政権下のアメリカ。

ベトナム戦争が長期化し、反戦運動が沸き起こる中、政府が委託したシンクタンクであるランド社は「ベトナム戦争でアメリカの勝ち目なし」という調査結果報告文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を提出するが、政府はこれを隠ぺいする。

大手新聞社 NYタイムズはこの文書の一部を極秘に入手して掲載するが、ホワイトハウスから発行差し止めの通告を受ける。

地方紙であるワシントン・ポスト紙はNYタイムズにスクープを奪われるが、独自のルートで残りの全文を手に入れる。

NYタイムズが発行差し止めを受けている中で、それをワシントン・ポストが掲載すれば独占スクープとなるのだが、「法廷侮辱罪」で訴えられる可能性もあり、編集長のベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)は、社主のキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)に判断を仰ぐことになり…。


映画「ペンタゴン・ペーパーズ」



感想(ネタバレあり)


「強いアメリカ」のために犠牲になっていく兵士たち


現在のアメリカ トランプ政権では、大統領がTwitterや記者会見で特定の新聞社や報道局を名指しし「フェイク・ニュースだ」と非難することが度々あり、記者会見場から新聞社や報道局が締め出されるという事態も起きている。

これは明らかに、マスコミがトランプ政権から「報道の自由」を奪われているのである。



その、トランプ政権によるマスコミ締め出しと同じようなことが、今から45年以上も前のニクソン政権でも起きていた。

スピルバーグ監督は、その当時のできごとを通して「『報道の自由』とは、一体誰のためのものなのか」を現代のアメリカに訴えかけている



これは、1970年代、冷戦時代のアメリカで起きた実話である。

1955年から始まったベトナム戦争は長期化し、1971年頃には反戦運動が巻き起こっていた。

アメリカから委託を受けたシンクタンクのランド社は、その30年も前からベトナム戦争について調査・分析を行い、「ベトナム戦争に勝ち目なし」という文書(ペンタゴン・ペーパーズ)をアメリカ国務省(通称:ペンタゴン)に提出していた。



しかし、アメリカの歴代大統領はそのペンタゴン・ペーパーズの存在を知りながら隠ぺいしてきた



なぜ、隠ぺいしたのか。

「それでもベトナム戦争を続けるべき」という理由が3つあった

1.資本主義を守るため

2.南アジアの経済発展を支援するため

3.偉大なるアメリカは負けてはいけない

という3つの理由だったのが、中でも3番目の「アメリカは負けてはいけないから」という「見栄」がその理由の大半をしめていた



歴代の大統領たちは「アメリカは敗戦した」と認めたくないために、終戦を先送りし、延々と続けていたのだ。

これには、思わず目がテンになってしまった。



そんなソ連との意地の張り合いのために、多くの人たちがベトナムで犠牲になっていたなんて。



そのペンタゴン・ペーパーズの全文を入手したワシントン・ポスト紙は単独のスクープ記事として掲載すべきと考えるが、そこには、越えなければならない政府の圧力があった



映画「ペンタゴン・ペーパーズ」


全文を手に入れろ!新聞社同士のスクープ合戦


現在だったら、ニュースはネットで流れてくるもので、スマートフォンさえあれば、最新のニュースをいつでもどこでも手に入れることができる。



しかし、インターネットが普及してなかった当時は、新聞のスクープ合戦が過激だった

その「ネタの奪い合い」は、この映画の面白さの一つである。



面白かったのは、ワシントン・ポスト紙がインターンの若者をNYタイムズに走らせ「明日の一面に何を載せようとしているのか探ってこい」という指令だった。

郵便配達のフリをした若者が得てきた情報で、ワシントン・ポストは、NYタイムズがペンタゴン・ペーパーズの一部を手に入れたことを知る。



ところが、その記事があだとなり、ホワイトハウスはNYタイムズ発行の差し止めを裁判所に請求する。

ワシントン・ポスト紙としては、ライバルのNYタイムズに完全に出し抜かれたと思っていたのに、ホワイトハウスのおかげでスクープのチャンスが巡ってきたのだ。



「ペンタゴン・ペーパーズ」のような文書があるという情報を入手しながら、実際の文書はNYタイムズが先に得ていたために諦めていたのに、そのNYタイムズが発行停止。

もしも「ペンタゴン・ペーパーズ」の全文を手に入れれば、単独スクープをワシントン・ポストがものにできる!!



しかし、もしも裁判所が「発行差し止めを棄却」すれば、NYタイムズはすぐに掲載するだろう。

だから、ワシントン・ポスト紙がその千載一遇のチャンスをものにできるまでの時間は限られていた

なんとしてでも、早急に全文を手に入れたいワシントン・ポスト紙は、記者の一人であるベン(a.k.a ソウル・グッドマン(ボブ・オデンカーク))が、かつてシンクタンクのランド社で働いていたことから、そのつてをたどって文書の全文を手に入れるのである。



この、実話なのにまるでドラマのような展開には、私もワクワクドキドキ、胸を躍らせながら観ていた



しかし、「全文を手に入れたからこれで安泰」というわけではなかった

NYタイムズが「発行差し止め」を請求された記事を、ワシントン・ポスト紙が掲載するということは「法廷侮辱罪」に当たるという。

そのため、弁護士たちは全力で記事の掲載を阻止しようとし、その決断は会長の判断に任された。



映画「ペンタゴン・ペーパーズ」


アメリカ新聞社史上初の女性発行人の葛藤


反政府的な記事の掲載を反対したのは弁護士だけではなかった。

その当時、ワシントン・ポスト紙はワシントンDCの地方紙でありながら株式を公開したばかりだった。

そこで、政府を批判するするような記事をの載せれば、株の評価が下がりかねない…。

そう思った取締役たちは記事の掲載を反対する。



そのとき、社長になったばかりのキャサリンは、アメリカでは新聞社史上初の女性発行人だった。

元はと言えば、キャサリンの父が買収した新聞社だった。

父の死後は、キャサリンの夫が受け継ぐが、その夫が急死してしまう。

しかも、その夫は自殺で亡くなったと伝えられている。

(参考:Wikipedia ワシントン・ポスト



それまで「子供を育てることに幸せを見出していた」ような主婦だったキャサリンが、夫が突然いなくなったことで、社長になり「もしかしたら廃刊にまで追い込むかもしれない」ような決断を迫られる。



「このとき、キャサリンの胸の内はどんなだったのだろうか」と思った。

確かに、読者が激減し、株主が離れていく事態になるかもしれないけれど、「もしも、目の前に国民に知らせるべき記事があったら、父や夫だったら、どうするか」と思ったのではないか



キャサリンは編集長のベンと話をするとき、父と夫の思い出話が多かった。

そして、いつも夫の最後の日を思い出すと語っている。

それは、彼女が悩んだ時に頼りにしたのは彼らの言葉だったからではないのか



夫から息子へと社長業を引き継ぐ間のつなぎの社長として、キャサリンは存在していたのかもしれないけれど、だからといって、父と夫が作り上げた現在のワシントン・ポスト紙のカラーを変えてはいけない

読者と株主を失っても、「ワシントン・ポスト紙らしさ」を失ってはいけないとキャサリンは考え、結論を出したのではと思った。



私は、そのキャサリンの「掲載するかしないかの葛藤」にとても共感した

もう彼女は新聞社のお嬢さんでも、奥さんでもなく、社長であり「方向性の決断」を迫られている。

そして、決断をくだした後は、腹をくくり、一切の抗議を受け付けない姿が凛として、とてもかっこよかった

その瞬間、彼女はワシントン・ポスト紙の「お飾りではない」事実上の社長になったのである。



この映画では、それまで素人だったキャサリンを主役にしたことで、「素人の目線」で物語が語られているので、当時の政治を知らなくても楽しめるエンターテインメント作品になった

誰が見ても理解できるし、自然と「報道の自由」について考える作品になっている

その辺りの「見せるうまさ」がこの映画のスピルバーグ監督らしさなのだと思った。



映画「ペンタゴン・ペーパーズ」


「報道の自由」とは国民のためにあり、統治者のためのものではない



そうして、ワシントン・ポスト紙はトップページに「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在をスクープし、その後、他社もワシントン・ポスト紙に追随する記事を掲載。

「政府によるペンタゴン・ペーパーズの隠ぺい」は社会問題へと発展する。



けれど、ワシントン・ポスト紙はNYタイムズと共に「ペンタゴン・ペーパーズ」の掲載差し止めの件で、裁判所に呼び出される。



そして「勝訴」を勝ち取る

その時の判決の理由が感動的だった。

「報道の自由」とは、報道を守るために作成されたものであり、国民に付与するものである。統治者に付与するものではない



たとえ、国の統治者が報道を差し止めようとも、報道の自由によって守られ、国民には知る権利があるのである。



だから、たとえトランプ大統領が「フェイク・ニュースだ」と言って、マスコミを締め出そうとしても、マスコミには報道の自由があり、国民はその報道を見たり読んだりする権利があるのだ。



ワシントン・ポスト紙はこの報道によって注目を浴びた直後、「ウォーターゲート事件」でスクープ記事を書き、再び注目を浴びるが、「反体制的な新聞」として政府と対立するようになる。

今後、株式に上場したばかりの地方紙が世界を変えることになるである。



それは、キャサリンが父と夫から教えられたことを忠実に守り、彼らが信じて編成した編集部を彼女も同じく信じたことから生まれたスクープだったように思う。

たとえ政府に嫌われても、拒絶されても「伝えるべきこと」があり、それが世界を変えるのだと改めて思った作品だった。



そして、この後、ワシントン・ポスト紙は「ウォーターゲート事件」でスクープ報道をする

この映画も、民主党本部に何者かが盗聴器を仕掛けている場面で終了している。



ワシントンDCのFBI本部にいるディープスロートは、この「ペンタゴン・ペーパーズ」の件を見てワシントン・ポストを選んだのだろう。

この「ペンタゴン・ペーパーズ」が持ち込まれた時は、株主が離れるとか、読者が減ると心配されたのがだが、実際は勇気を持ってスクープ報道をしたことで、次のスクープが舞い込んできたのだ。

その成功は「どんな圧力にも屈してはいけない」という「報道があるべき姿勢」を私たちに教えてくれる。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazonプライムで観る:「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(字幕版)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 (字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2020/1/5 11:59時点)



DVDで観る:「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 [AmazonDVDコレクション]

新品価格
¥1,000から
(2020/1/5 12:00時点)



ペンタゴン・ペーパーズ 「キャサリン・グラハム わが人生」より

ペンタゴン・ペーパーズ 「キャサリン・グラハム わが人生」より

新品価格
¥2,160から
(2018/9/15 14:20時点)



【映画パンフレット】「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

【映画パンフレット】ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

新品価格
¥1,200から
(2018/9/15 14:20時点)



「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」オリジナル・サウンドトラック

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,592から
(2018/3/6 01:00時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


エミリー・ブラント主演のミュージカル映画「メリー・ポピンズ リターンズ」を映画館で観た。

1964年公開の映画「メリー・ポピンズ」の続編。

あれから20年後、子供たちが大人になって、彼らも子供を持つ歳になった時、あの魔法使いが帰ってきた!


映画「メリー・ポピンズ リターンズ」


満足度 評価】:★★★★☆

どんなに辛くて悲しいことがあっても、子供たちの笑顔があれば家族は幸せになれる。

そのためにメリー・ポピンズは子供たちの元へやってくる。

そんな素敵な思いが感じられる可愛くて楽しいミュージカル映画だった。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想
  6. 関連記事


『メリー・ポピンズ リターンズ』予告編 動画

(原題:Mary Poppins Returns)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年2月15日 映画館にて鑑賞。

・2019年3月30日 感想を掲載。

・2019年6月5日 DVD発売。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓




キャスト&スタッフ


出演者



〇リン=マニュエル・ミランダ


エミリー・モーティマー

ジュリー・ウォルターズ

コリン・ファース


〇アンジェラ・ランズベリー

〇ディック・ヴァン・ダイク


監督

〇ロブ・マーシャル


2018年製作 アメリカ映画




あらすじ


「メリー・ポピンズ」から20年。大恐慌時代のロンドン。

長男マイケル(ベン・ウィショー)は子を持つ親となり、銀行で臨時の仕事をしていた。

しかし、マイケルは妻に死なれたばかりで、家の中は荒れ放題。

収入も少なく、生活も大変で、姉のジェーン(エミリー・モーティマー)が手伝いに来てくれるが、嵐のような日々を過ごしている。

そんなバンクス家に、あの魔法使いのメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が帰ってきた…!


映画「メリー・ポピンズ リターンズ」



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


メリー・ポピンズ リターンズメリー・ポピンズ リターンズ (2018)

【監督】ロブ・マーシャル
【出演】エミリー・ブラント / リン=マニュエル・ミランダ / ベン・ウィショー / エミリー・モーティマー / ジュリー・ウォルターズ / コリン・ファース / メリル・ストリープ


★★★★ [80点]「いつの時代も子供の幸せが大人たちの願い」

明るくて、かわいくて、楽しいミュージカルだった~。

これは元ネタ「メリー・ポピンズ」から20年後の話



当時は子供だったマイケルは、大人になって家庭を持つが、妻が亡くなり、家は荒れ放題。

さらに借金がかさんで、家は差押えに…。

そこへ、メリー・ポピンズが現れる。



この映画の裏側については、映画では
トム・ハンクスエマ・トンプソン共演の映画ウォルト・ディズニーの約束」で描かれている。

その映画によると、この物語は原作者パメラ・L・トラバースの家族に起きたできごとが元になっている。



パメラの家も、幼い頃に母を亡くし、お父さんが大変だったところへ、叔母さんが手伝いにきてくれて、彼らの家族は救われる。

その叔母さんを魔法使いにしたのが、このメリー・ポピンズである。



あまりにも辛い現実を忘れさせてくれるように、メリー・ポピンズは子供たちを華やかで、幻想的な世界へ連れて行って楽しませてくれる…。

それは、原作者のパメラ自身の幼い頃の願望だったのだろうと思う。



この物語の中では、どんなに貧しくても、辛い毎日でも、メリーがいれば、お風呂の時間は大海への大冒険になるし、眠れない夜は、陶器のボールに描かれた絵の世界への冒険になる。

現実世界のパメラは、そんな風に「辛い現実を忘れさせてくれる魔法使いがいてくれたらなぁ」と思っていたに違いない。

お金をかけなくても、乳母が話してくれる楽しい冒険があれば、子供たちは幸せだし、子供たちが幸せなら、お父さんも元気になれるのだ。



この映画が再びこうして製作されるのは、いつの時代も子供たちの幸せは大人たちの変わらぬ願いだからだ。

そして、そんな夢見ることが大好きだった子供時代の思いを忘れてしまった大人たちに、その純粋な気持ちを思い出してもらうためでもある。



この映画を観ていて、幸せな気分になるのは、子供たちだけではない。

エミリー・ブラントの歌と踊りは素晴らしいし、思いがけずメリル・ストリープの歌と踊りが観られちゃうし、ベン・ウィショーコリン・ファースや、ジェシカおばさんだって観られてしまう。

とてもキラキラして楽しいミュージカルだった。

現実逃避をしたい人に、ぜひ、おススメの作品。


Posted by pharmacy_toe on 2019/02/19 with ぴあ映画生活




関連記事


あわせて観たい!メリー・ポピンズ誕生秘話


Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon Primeで観る:「メリー・ポピンズ リターンズ」(字幕版)

メリー・ポピンズ リターンズ (字幕版)

新品価格
¥2,500から
(2019/6/5 17:59時点)



DVDで観る:「メリー・ポピンズ リターンズ」

メリー・ポピンズ リターンズ MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー MovieNEXワールド] [Blu-ray]

新品価格
¥3,461から
(2019/6/5 18:01時点)



オリジナルサウンドトラック:「メリー・ポピンズ リターンズ」

メリー・ポピンズ リターンズ(オリジナル・サウンドトラック)(デラックス盤)

新品価格
¥3,270から
(2019/3/30 16:33時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
メリル・ストリープ主演のイギリス映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」をNHKのBSプライムで観た。

誰もが知っているイギリスの元首相マーガレット・サッチャーの伝記映画。


映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

満足度 評価】:★★★★☆

マーガレット・サッチャーが改めてイメージ通りの恐ろしい人だと再認識し、やはりメリル・ストリープは世界最高の女優だと再確認した映画だった。

メリル・ストリープは、この映画でアカデミー賞最優秀女優賞、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門女優賞を受賞している。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」予告編 動画

(原題:THE IRON LADY)




更新履歴・公開、販売情報

・2017年12月24日 NHK BS プライムで観た感想を掲載。

・2019年10月18日 NHK BS プライムでの放送に合わせて加筆修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazonプライムで観る:「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(字幕版)

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (字幕版)

新品価格
¥200から
(2019/10/18 10:35時点)



DVDで観る:「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 スペシャル・プライス [Blu-ray]

新品価格
¥1,414から
(2019/10/18 10:37時点)



合わせて読みたい「サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈上〉」

サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈上〉

新品価格
¥2,935から
(2015/12/27 01:06時点)



◆「サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈下〉

サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈下〉

新品価格
¥2,935から
(2015/12/27 01:07時点)





キャスト&スタッフ


出演者

メリル・ストリープ
…(「メリー・ポピンズ リターンズ」、「マンマ・ミーア!ヒア・ウィーゴー」、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「未来を花束にして」、「マダム・フローレンス!夢見るふたり」、「幸せをつかむ歌」、「イントゥ・ザ・ウッズ」、「8月の家族たち」、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」、「ジュリー&ジュリア」、「大いなる陰謀」、「プラダを着た悪魔」など)

ジム・ブロードベント
…(「パディントン2」、「ベロニカとの記憶」、「イーグル・ジャンプ」、「パディントン」、「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」、「ウィークエンドはパリで」、「ビッグゲーム」、「ブルックリン」、「ターザン:REBORN」、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」など)



アレクサンドラ・ローチ
…(「ワン チャンス」など)

監督

〇フィリダ・ロイド

2011年製作 イギリス映画




あらすじ


食料品店の娘として育ったマーガレット・サッチャー(アレクサンドラ・ローチ/メリル・ストリープ)は、24歳の時政治家になる決意をし、34歳の時に下院議員に初当選を果たす。

当選から16年後に保守党の党首になり、それから4年後に首相の座に上り詰める。

国民から非難を受けながらも、財政難、フォークランド紛争などの難問を解決した彼女は、11年間の名が気に渡り、首相の座を務めることとなる・・・。




感想(ネタバレあり)


誰にも負けない強い意志が彼女を首相にした


この映画の中で最も興味があったのは、イギリスで初の女性首相であるサッチャーが、
どのようにして首相にまで上り詰め、11年間もその座に居座り続けることができたのか」だった。

そして、この映画を観て分かったことは、彼女は人望があったわけでもなく、強力なコネがあったわけでもなく、絶対的な財力があったわけでもない。

ただし、誰にも負けない強い意志があった

ただそれだけ



毎日毎日、政治について考え、どうやって実行すればいいのかを考え続けただけだった。

誰よりも強く。

これは非常に興味深いことだった。



つまり言い換えれば、イギリスの政界には彼女以上に政治について考え、強い意志を持った人間が11年間現れなかったってということ。

世の中は冷戦でオイルショックのさ中、国の貧しさについて本気で考えようとした人間がいなかったとのは、悲しいことでもある。



映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」


どれだけわずかであっても、全ての国民を守るのが母の役目


この映画を見る限り、サッチャーが政治家としてピークだったのは、フォークランド諸島を占領された時に、多くの国民を犠牲にしながらアイルランドと戦う決意をした瞬間だった。

その中で最も印象に残っているのは、アメリカの国防大臣がイギリスを訪問した際に、首相官邸へ招き、自らティーポットを手に持ち、「紅茶にミルクを入れますか?入れませんか??」と聞いた時のサッチャーの表情だった。

その表情からは、彼女はイギリスの国母であり、その子供たちと土地は自分に守る責任があり、またその主張を絶対に曲げない堂々した態度がうかがえ、また結果として、その対談が彼女の鉄の意志を全世界に知らしめることとなった。



これが男性の首相だったら、自ら紅茶をふるまうようなことは絶対にないだろう。

「これから戦争を始める」という物騒な話をしている時に、紅茶で場を和ませるという女性らしい細やかな気配りが功を奏した場面だった。



そして、そこに責任を感じた彼女はフォークランド紛争で犠牲になった兵士の家族たちに手紙を書き続ける。

これも、彼女の人気をあげた要因の一つだろう。


映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」



世界最高の女優は、プレッシャーをも演技の糧にしてしまう


主役のマーガレット・サッチャーを演じたのは、若き日をアレクサンドラ・ローチ、後年をメリル・ストリープが演じる。

メリル・ストリープと組んで若い頃のサッチャーを演じるとは、かなりのプレッシャーだったと思うが、アレクサンドラ・ローチはそれを見事にやってのけたと思う。

どこかで見た顔だなぁと思ったら、「ワン チャンス」の女優さんだった。



そして、なんと言っても、この映画はメリル・ストリープの演技力に尽きると思う。

サッチャーがイギリス首相時代に世界最強の女だったように、彼女もその演技力が世界最高のものであると見せつける作品となった。



しかし、それこそイギリスの母であるサッチャーをアメリカ人が演じることについて、批判もあっただろうし、プレッシャーも相当のものだったろうと思う。

だからこそ、そこへ果敢に挑戦していく姿が、自分の信じた道を突き進むサッチャーと重なり、相乗効果でメリル・ストリープをよりサッチャーへ近づけていたのではと思う。



また、サッチャーを陰で支えた夫のデニスを演じるのはジム・ブロードベント

イギリス人らしく、ちょっと皮肉屋でダンスが好きで陽気なデニスが良かったなぁ。

彼が見えているということは幻覚だったというのは、なんだか切ない話だったけれど。



監督はフィリダ・ロイド

イギリスの女流監督である彼女の前作は「マンマ・ミーア!」であり、もう一度メリル・ストリープと一緒に仕事がしたいと熱望したそう。

先程書いた紅茶の場面や、手紙を書いたシーンなどのサッチャーの女性らしい一面をしっかりと描写しているのは、女性監督ならではだったんだなと納得した。



映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」



野心を持つ世界中の女性たちの手本となるその生き様


女性が野心を持って、誰よりも高い地位を目指したいと思った時、それは日本に限らず、まだまだ多くの障害があって簡単に実現できることではない。



その壁を乗り越えるのはとても難しいことだけれども、この映画のサッチャーのように、どこにでもあるような食料雑貨店の娘として生まれた女性が上り詰める姿は、多くの女性に勇気を与えることと思う。



何よりも大切なのは、絶対に曲げない強い意志と諦めない気持ち

同じ女性として、この映画を観ながら少し背筋が伸びたような気がしている…。

誰にも負けない野心を持とう。



見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

Amazonプライムで観る:「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(字幕版)

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (字幕版)

新品価格
¥200から
(2019/10/18 10:35時点)



DVDで観る:「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 スペシャル・プライス [Blu-ray]

新品価格
¥1,414から
(2019/10/18 10:37時点)



合わせて読みたい「サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈上〉」

サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈上〉

新品価格
¥2,935から
(2015/12/27 01:06時点)



◆「サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈下〉

サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈下〉

新品価格
¥2,935から
(2015/12/27 01:07時点)













このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アマンダ・セイフライド主演の映画「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」を試写会で観た。

ABBAのヒット曲にのせて送る、人気ミュージカル映画の続編。

前作でミツマタが発覚したママと三人のパパたちのなれそめが描かれる。



満足度 評価】:★★★★☆

ABBAを聴いてるだけで一緒に踊りたくなっちゃう続編!


キラキラ新星のリリーと貫禄のシェールの歌声が加わって、音楽の素晴らしさも増し増しで楽しさも倍増!


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』予告編 動画

(原題:Mamma Mia! Here We Go Again)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年8月13日 ジャパンプレミアムにて鑑賞。

・2018年9月14日 感想を掲載。

・2018年12月21日 ブルーレイ&DVD発売

現在、全国公開中。詳しい上映劇場情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」公式サイト


DVDで観る:「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ブルーレイ DVDセット<英語歌詞字幕付き> [Blu-ray]

新品価格
¥4,309から
(2018/10/19 00:52時点)



「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」サウンドトラック

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック

新品価格
¥2,700から
(2018/9/14 14:53時点)



予習に!ネット配信で観る:「マンマ・ミーア!」(字幕版)

マンマ・ミーア!(字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/9/14 14:56時点)



予習に!DVDで観る:「マンマ・ミーア!」

マンマ・ミーア![AmazonDVDコレクション]

新品価格
¥1,000から
(2018/9/14 14:57時点)






キャスト&スタッフ


出演者

…(「レ・ミゼラブル」など)





〇クリスティーン・バランスキー

ジュリー・ウォルターズ


〇アレクサ・デイヴィーズ

〇ジョシュ・ディラン

〇ジェレミー・アーヴァイン

〇ヒュー・スキナー

〇ジェシカ・キーナン・ウィン


…(「バーレスク」など)



監督

〇オル・パーカー


2018年製作 アメリカ映画



マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー




あらすじ

エーゲ海に浮かぶカロカイリ島でママ(メリル・ストリープ)との夢だったホテルを開業させるソフィ(アマンダ・セイフライド)。

しかし、NYでホテルビジネスを学ぶスカイ(ドミニク・クーパー)から、ニューヨークへ来ないかと声をかけられ、気持ちが揺れている。

そんなソフィだが、妊娠が発覚。

ママが妊娠した時と重ね合わせ、ママが若い頃(リリー・ジェームズ)にソフィを妊娠した時、どんなことがあったのか…と思いをはせる。



マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー3




感想

この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。



マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー (2018)


★★★★ [80点] 「青い海と青い空とABBA!それだけでハッピー!」

楽しかった~!!

この続編で語られるのは、前作で語られたママの3人の彼氏とのなれそめと、ソフィのその後。

とは言っても、やっぱり、この映画は ABBA あってこそ!

いつの時代に聞いても、やっぱり踊り出したくなっちゃう ABBA は最高!



そして、そんな音楽がギリシャの青い空と海によく似合う!

そのうえ!

今回は、メリル・ストリープ演じるドナの若かりし頃をリリー・ジェームズが、ドナのお母さんをシェールが演じていて、この新加入した2人が、とても良い!

ベイビー・ドライバー」で、リリー・ジェームズの歌は確認済みだけど、やっぱり、間違いなく、リリー・ジェームズの歌声は良い!

まるで太陽のようにキラキラと輝いたリリーが歌う姿は、本当に素晴らしかった



そして、大御所シェールは貫禄たっぷり!

歌手として、または女優として、誰よりも長ーーーーく活躍してきた彼女の魅力がここに凝縮されている。

まるでフェスのHEAD LINER ぐらいのラスボス感で、圧倒的な存在感を見せつける。



そんな2人の新加入もあり、前作から引き続き、ドナの3人の元カレも登場し、映画全体がパーティ!の盛り上がりを見せる

楽しい~ !!

それにやっぱり、ギリシャの「いろいろあってもなんとかなるさ」的な超楽観主義が、この映画にピッタリ!



小さいことでくよくよしてないで、何があっても、なんとかなるさー。

そう思える楽しい映画だった!

前作ファンも、そうでない人も、ライブを楽しむ感じで楽しんで欲しい。


Posted by pharmacy_toe on 2018/09/11 with



マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー2




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~


Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ブルーレイ DVDセット<英語歌詞字幕付き> [Blu-ray]

新品価格
¥4,309から
(2018/10/19 00:52時点)



「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」サウンドトラック

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック

新品価格
¥2,700から
(2018/9/14 14:53時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キャリー・マリガン主演の映画「未来を花束にして」を映画館で観た。

20世紀初頭のイギリスで、参政権を得るために闘った女性たちの実話を映画化。


満足度 評価】:★★★★☆

今では当たり前の参政権を獲得するために、罵倒され、虐げられながら命がけで闘った女性たちがいたなんて全く知らないかった。

そのことに驚きつつ、彼女たちを強くしたのは、子供たちへの想いだったことに感動した。

いつの時代も、どこの世界でも子を想う母の愛は普遍的なものだと思った。

「未来を花束にして」予告編 動画

(原題:SUFFRAGETTE(婦人参政権論者))




ネット配信で観る:「未来を花束にして」(字幕版)

未来を花束にして(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/3/30 10:30時点)



DVDで観る:「未来を花束にして」

未来を花束にして [DVD]

新品価格
¥3,045から
(2018/3/30 10:31時点)



参考図書「イギリス女性参政権運動とプロパガンダ: エドワード朝の視覚的表象と女性像」

イギリス女性参政権運動とプロパガンダ: エドワード朝の視覚的表象と女性像

新品価格
¥2,700から
(2017/2/9 19:50時点)



キャスト&スタッフ


出演者

キャリー・マリガン
…(「インサイド・ルーウィン・デイビス 名もなき男の歌」、「ドライヴ」、「プライドと偏見」など)

ヘレナ・ボナム・カーター
…(「オーシャンズ8」、「英国王のスピーチ」、「レ・ミゼラブル」、「シンデレラ」、「天才スピヴェット」、「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」など)

ベン・ウィショー
…(「メリー・ポピンズ リターンズ」、「パディントン2」、「パディントン」(声の出演)、「リリーのすべて」、「ロブスター」、「白鯨との闘い」、「007 スカイフォール」、ドラマシリーズ「英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件」など)

ブレンダン・グリーソン
…(「ロンドン、人生はじめます」、「パディントン2」、「ヒトラーへの285枚の葉書」、「夜に生きる」、「ある神父の希望と絶望の7日間」、「白鯨との闘い」、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」など)

メリル・ストリープ
…(「メリー・ポピンズ リターンズ」、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「マダム・フローレンス!夢見るふたり」「幸せをつかむ歌」、「イントゥ・ザ・ウッズ」、「8月の家族たち」、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」、「ジュリー&ジュリア」、「大いなる陰謀」など)

監督

〇セーラ・ガヴロン

2015年製作 イギリス映画

未来を花束にして


あらすじ


20世紀初頭のイギリス。

女性たちが政治に直接参加する婦人参政権を求める運動が強まる中、洗濯工場で働くモード・ワッツ(キャリー・マリガン)は、同僚のバイオレットに運動に参加しないかと声を掛けられる。

洗濯工場で生まれ育ち、同僚のサニー(ベン・ウィショー)と結婚したモードは外の世界を知らず、運動にもあまり乗り気ではなかった。

しかし、バイオレットや医師のイーディス(ヘレナ・ボナム・カーター)の話を聞くうちに、今まで当たり前だと思っていた男尊女卑の生活が、当たり前ではないことに気付き始める…。

未来を花束にして2

感想(ネタバレあり)


命がけの闘いの末に得た参政権


女性参政権運動と聞くと、「うーーん。そういえば世界史の授業でそんな勉強をしたかな」程度の知識しかなかった。

生まれた頃から男性も女性も関係なく自由な暮らしをしてきた身としては、あまりピンと来ない話だった。

二十歳になった時には選挙権をもらい、社会人になって自分で税金を払うようになってからは投票にも行っている。

それは、社会の仕組みとして当たり前のことだと思い、女性に選挙権が与えられない世界のことなど考えたこともなかった。



しかし、私がその当たり前の権利だと思っていた女性参政権が、多くの女性が命がけで闘って得られたものだということを、この映画「未来を花束にして」を観て初めて知った。

そして、彼女たちの心には自分たちの娘やその孫たちへの思いがあってこそだったことに感動した。

母が子を想う気持ちは、いつの時代も強く温かい



未来を花束にして3



彼女たちの前に立ちはだかる「常識」という厚い壁


20世紀初頭のイギリス。

当時の女性たちは「男尊女卑」が当たり前だった。

男性と同じ仕事をするにも、女性は安い給料で過酷な労働を強いられる

労働環境の改善を訴えようにも、その機会すら与えられない



しかし、多くの女性たちは、それが「当たり前」だと思って暮らしているために、その生活に我慢しながら暮らしていた。

そこで、彼女たちの中から「進歩的」と言われる女性たちが、自分たちの権利を国会で主張できるよう、参政権を求めて運動を始めた



主人公のモードはとても常識的な人で、初めは疑問に思っていなかった人のうちの1人。

そのうち、運動に参加している人たちの話を聞きようになると、「新しい世界の魅力」に気付き、運動に参加するようになる。



しかし、そこで彼女の壁になるのは、頭と心の中にどっかりと座った「常識」である

男性が女性よりも社会的地位が優先されることが当たり前だと思って育った彼女には、その「常識」を打ち破る勇気が出なかった。



それは、彼女だけの話ではない。

多くの女性たちが、「常識」という厚い壁に悩まされていたからこそ、運動に参加するモードたちを後ろ指さす人たちも大勢いた。

その時、その厚い壁を打ち破ったのは、娘たちへの愛情だった



未来を花束にして4



勇気を奮い立たせた「娘たち、未来の孫たちへの愛情」


そんな、彼女たちの心に火をつけたのは歴史に残る女性参政権運動家のパンクハースト夫人だった。

メリル・ストリープが演じる彼女が運動に参加する女性たちの前で演説するシーンは、この映画の中で最も感動した場面だった。

あなたたちの娘たちが、将来、息子たちと同じ権利を平等に得られるように闘ってください」と彼女は演説する。



そこで私はハッとした。

それまで、彼女たちの運動が少し過激すぎるんじゃないかと思っていたからだ。

でも、パンクハースト夫人の演説を聞いて、「なぜ、彼女たちがそこまで強くなれるのか」その理由が分かったような気がした



彼女たちは、自分たちが選挙に行きたくて運動しているだけではない。

娘やその孫たちが、男性たちと同じような権利を持てるようにと願って運動をしている

子を想う母の愛は誰よりも何よりも強い

だから、多少過激なことでもできてしまうんだと思った。



物語の中で、モードが活動にのめり込んでいくのと同時に、息子のジョージから引き離されるシーンが挟みこまれているのは、「母の愛」が強いことを証明するためだった。

しかし、どんなに母の愛が強くても、母親に養育権はなく、養子に出すのも父親次第というのは「女性に一切の権利がない」時代だからこその出来事だった。

だからこそ、モードには女性参政権が必要なんだと納得させるための場面だった。



未来を花束にして5



まだまだ闘いは続く…


これはイギリスでの女性参政権の話。

結局、最後はメンバーの一員が命がけで訴えたことで、社会が目を向けるようになる

そこまでしなくてはいけないのかという悲しさが残った。



しかし、それもまた事実。

エンドクレジットに入る直前には、何年にどの国で参政権が得られたのかがずらずらと流れていた。

その中に日本はなかったけど、日本で本格的に女性参政権が施行されたは、1945年、第二次大戦後の直後だった。

GHQの命令によるものだった。



日本が民主主義国家になる一貫で、女性も権利を得るようになった。

おかげで、私は自由平等の世界で生きている。



今でも、中東やアフリカ諸国で女性参政権が認められない国々があり、戦いは今も続いている

こうやって過酷な歴史を観て、「毎日の自由な生活が当たり前」と思える現在は、本当に幸せな時代なんだなと改めて思った。

そして、母親の子への愛情を感じ、私自身も母親孝行をしたくなった映画だった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「未来を花束にして」(字幕版)

未来を花束にして(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/3/30 10:30時点)



DVDで観る:「未来を花束にして」

未来を花束にして [DVD]

新品価格
¥3,045から
(2018/3/30 10:31時点)



参考図書「イギリス女性参政権運動とプロパガンダ: エドワード朝の視覚的表象と女性像」

イギリス女性参政権運動とプロパガンダ: エドワード朝の視覚的表象と女性像

新品価格
¥2,700から
(2017/2/9 19:50時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


メリル・ストリープ主演の映画「マダム・フローレンス!夢見るふたり」を東京国際映画祭で観た。

1944年にカーネギーホールでリサイタルを行った絶世のオンチ。マダム・フローレンスの実話を描く。


満足度 評価】:★★★★☆

笑って、泣いて、元気になる!そして、最後にはすっかりマダム・フローレンスのファンになっていた。

情熱は、人の心を熱くする。愛すべき映画。

「マダム・フローレンス!夢見るふたり」予告編 動画

(原題:FLORENCE FOSTER JENKINS)




DVDで観る:「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」Blu-ray

マダム・フローレンス! 夢見るふたり [Blu-ray]

新品価格
¥3,927から
(2017/12/24 16:38時点)



ネット配信で観る:マダム・フローレンス! 夢見るふたり(字幕版)

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(字幕版)

新品価格
¥399から
(2017/12/24 16:39時点)



「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」オリジナル・サウンドトラック

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,700から
(2016/10/27 12:20時点)



フローレンス・フォスター・ジェンキンスの生歌はこちら ↓

「ハイCsの殺戮」オリジナル・レコーディング(1937-1951)

新品価格
¥625から
(2016/10/27 12:22時点)



キャスト&スタッフ


出演者


メリル・ストリープ
…(「メリー・ポピンズ リターンズ」、「マンマ・ミーア!ヒア・ウィーゴー」、「未来を花束にして」、「幸せをつかむ歌」、「イントゥ・ザ・ウッズ」、「8月の家族たち」、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」、「ジュリー&ジュリア」、「大いなる陰謀」、「母の眠り」、「プラダを着た悪魔」など)

ヒュー・グラント
…(「パディントン2」、「コードネーム U.N.C.L.E.」「Re:LIFE リライフ」、「トゥー・ウィークス・ノーティス」、ドラマシリーズ「英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件」など)

〇サイモン・ヘルバーグ

レベッカ・ファーガソン
…(「愛の亡命」、「ライフ」、「ミッション:インポッシブル/ローグネイション」など)

〇ニナ・アリアンダ

監督



2016年製作 イギリス映画




マダム・フローレンス夢見るふたり

あらすじ


1944年。第二次世界大戦の末期。

富豪の女性フローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)は、音楽が大好きで、歌手になることを夢見ていた。

夫・シンクレア(ヒュー・グラント)の支えもあり、伴奏者コズメ・マクムーン(サイモン・ヘルバーグ)を雇い歌のレッスンを始めたフローレンスだったが、彼女には決定的な欠点があった。

それは、彼女が絶世のオンチだということ。

ところが、彼女は音楽活動を続け、夢の舞台カーネギーホールでのリサイタル公演の予約を入れてしまう…。


マダム・フローレンス夢見るふたり2


感想(ネタバレあり)


富豪の女性。歌手になることを夢見る…しかし絶世のオンチ


いい映画だったなぁ~。

観終わった後にすごく心が温かく元気になった映画だった。

たくさん笑って、たくさん泣いた

そして、主人公のマダム・フローレンスを大好きになった。



このマダム・フローレンスは1944年のアメリカに実在した女性だ。

彼女は、自分で使いきれない程の資産を持ち、そのお金を大好きな音楽のために寄付などをして使ってきた。



そして、ある時、自分自身も歌手になることを夢見るようになる。

ところが困ったことに、彼女は絶世のオンチだった!!



マダム・フローレンス夢見るふたり3



前半はひたすら笑う!笑う!笑う!


この映画を見始めた時は、彼女のそのオンチっぷりに笑ってしまった

音がちょっとはずれているなんてもんじゃない。

「大きく」はずれている。



こんなオンチさんにはなかなかお目にかかれないぐらいにはずれている。

もう、目が点になっちゃう。



さらには、彼女を周りで支える人たちの困惑ぶりもすごく笑える

特に伴奏者として雇われたコズメ・マクムーンの反応といったら、思い出しただけでも笑ってしまう。



そして、いつも側で彼女を支えていたのは夫のシンクレアで、調子っぱずれなフローレンスの歌を聴きながらも彼女を笑顔で支えつつ、困ったなぁ(汗)という顔を見せる。

この「笑顔ながら困惑のシンクレア」がなんとも絶品

こういう顔をさせたら、ヒュー・グラントは天下一品の演技を見せてくれる。



マダム・フローレンス夢見るふたり4



フローレンスの音楽への情熱を育てた孤独


そんなフローレンスの音楽への情熱はどこからくるのか

彼女の情熱の源は、富豪の彼女でさえも埋めることができない、孤独と寂しさにあった



フローレンスは18歳の時に初めての結婚をしていた。

しかし、その時の夫が遊び人で梅毒をうつされてしまう。

その病気が原因で手の神経を侵されてしまったフローレンスは、ピアニストになる夢を諦めざるを得なくなる。



それが、初めの挫折だった。



さらには、一見、愛し合っている夫婦のように見える、現在の夫シンクレアとの関係も、彼女を寂しくさせていた。

シンクレアには別宅があった。

病気で子供を産むことができず、その負い目からか、夫の二重生活を許しているフローレンス



とはいえ、チャーミングで魅力的な夫が他の女性と過ごしていることに対する不安を払拭することができない

そんな彼女の人生を常に支えていたの音楽への情熱だった



彼女がカーネギーホールでリサイタルをすることを決めたのも、シンクレアが愛人とゴルフ旅行へ行っている最中だった。



フローレンスが夫を責めることは一度もなかった。

口には出さなくても、夫が側にいないというのが彼女を不安にさせ孤独にしていたことは明らかで、私は彼女の寂しさに強く心を打たれ、音痴でも挑戦したいという彼女のその音楽への情熱を次第に応援するようになっていった



マダム・フローレンス夢見るふたり6



笑いから涙へ


そして、いよいよ、カーネギーホールでの舞台。

私は最初こそ彼女のオンチを笑っていたが、彼女の人生や音楽への情熱を知った頃にはすっかりフローレンスのファンになっていた



だから、この舞台をはやし立てる兵士たちに物凄く腹が立ってしまった。

その時、金髪美女のアグネスが「あんたち!笑ってないでちゃんと聞きなさいよ!!」と言った時は、私の気持ちを代弁してくれたと思った。

彼女も一番最初にフローレンスの歌を聞いた時は、笑い過ぎて会場にいられなかったのに…。



もう、そこから先のステージは涙なくしては見られなかった

笑顔で支えるシンクレア、動じずに仕事を続けるコズメ。

そんな周りの人たちの存在もさらに私を感動させた。



マダム・フローレンス夢見るふたり5



本当に心を打つ音楽とは


そんなマダム・フローレンスに泣き笑いして分かったことは、感動させる音楽というのは「歌の上手さ」が全てではないということ。

もちろん、絶対音感を持っているとか、〇オクターブの声域を持っているとか…というのは素晴らしいと思うし、その上手さに感動すると思う。

でも、それが全てではない。



このマダム・フローレンスのオンチな歌声を聴いて元気をもらえるのはなぜか

そこには誰にも負けない情熱があって、一生懸命な気持ちがある

その気持ちは、確実に人の心を動かしている



それが、「こいつ面白いぜぇ~」という反応であったとしても。

少なからず、人の心に触れるところがあるから、人はそれを面白がって聴くし、そこから元気をもらっている。



それは、音楽にとって必要なのは、歌い手が歌に込めた心なんだと再認識することになった。

心がある音楽は、必ず人の心を打つし、永遠に語り継がれる

そして、音楽は人を救うんだなぁと改めて思った。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」Blu-ray

マダム・フローレンス! 夢見るふたり [Blu-ray]

新品価格
¥3,927から
(2017/12/24 16:38時点)



ネット配信で観る:マダム・フローレンス! 夢見るふたり(字幕版)

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(字幕版)

新品価格
¥399から
(2017/12/24 16:39時点)



「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」オリジナル・サウンドトラック

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,700から
(2016/10/27 12:20時点)



フローレンス・フォスター・ジェンキンスの生歌はこちら ↓

「ハイCsの殺戮」オリジナル・レコーディング(1937-1951)

新品価格
¥625から
(2016/10/27 12:22時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アン・ハサウェイ主演の映画「プラダを着た悪魔」をWOWOWで観た。

ファッション雑誌「ランウェイ」の名物 鬼編集長であるミランダの第2アシスタントとして採用されたアンディの奮闘を描くコメディドラマ。


映画「プラダを着た悪魔」



満足度 評価】:★★★★☆

久しぶり(恐らく劇場公開時以来、10年ぶり)に観た。

鬼編集長のミランダ vs 新入社員アンディ の構図は相変わらず面白かった。

しかし、思っていた映画とちょっと違っていたのが個人的に衝撃だった。


「プラダを着た悪魔」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:THE DEVIL WEARS PRADA)

 



キャスト&スタッフ


出演者

アン・ハサウェイ
…(「オーシャンズ8」、「マイ・インターン」、「レ・ミゼラブル」、「インターステラー」など)

メリル・ストリープ
…(「メリー・ポピンズ リターンズ」、「マンマ・ミーア!ヒア・ウィーゴー」、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「未来を花束にして」、「マダム・フローレンス!夢見るふたり」、「幸せをつかむ歌」、「イントゥ・ザ・ウッズ」、「8月の家族たち」、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」、「ジュリー&ジュリア」、「大いなる陰謀」など)

エミリー・ブラント
…(「メリー・ポピンズ リターンズ」、「クワイエット・プレイス」、「ボーダーライン」、「ジェイン・オースティンの読書会」、「アジャストメント」、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「イントゥ・ザ・ウッズ」など)

スタンリー・トゥッチ
…(「美女と野獣」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「ハンガーゲーム」シリーズ、「ジュリー&ジュリア」、「バーレスク」など)

〇エイドリアン・グレニアー

〇トレイシー・トムズ

〇サイモン・ベイカー

監督

デヴィッド・フランケル
…(「素晴らしきかな、人生」、「ワン チャンス」、「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」)

2006年製作 アメリカ映画



あらすじ


ジャーナリスト志望のアンディ(アン・ハサウェイ)は、数多くの出版社に就職希望を出すが、その中で唯一、面接の約束が取れたのがファッション雑誌「ランウェイ」の編集長ミランダ(メリル・ストリープ)の第2アシスタントの職だった。

ミランダは人使いが荒いため、多くのアシスタントがクビになり、アンディが面接希望を出した時もちょうど席が空いた時だった。

ミランダから直接面接を受けたアンディは、その内容に全く手応えを感じていなかったアンディだったが、見事、即採用が決まってしまう。

そして、その場ですぐ第1アシスタントのエミリー(エミリー・ブラント)の指示の下、仕事を始めたアンディだったが…。



映画「プラダを着た悪魔」メリル・ストリープとアン・ハサウェイ


感想(ネタバレあり)


10年前に観た時と感想が違う!!


記憶が定かではないけど、恐らくこの映画を観たのは劇場公開時の2006年だったと思う。

今からちょうど10年前になる。

その時の記憶では、20代、がんばる女子のサクセスストーリーだった。

それは、当然、主人公のアン・ハサウェイ演じるアンディの視点から観たもの。

しかし、10年経って見返してみると、私はすっかりミランダの立場でこの映画を観ていた。

そして、それはサクセスストーリーではなく、20代女子のちょっと青臭い挫折映画のように見えた。

まるで真逆!!!

この映画が面白かったことには違いないんだけど、見終わった後の解釈と感想がまるで違うとか、10年という月日は短いようで長く、その間に私もいろいろあったんだなぁと思った。



映画「プラダを着た悪魔」メリル・ストリープとアン・ハサウェイ


この悪魔には「愛」がある


この映画の面白さは、なんと言っても ミランダ鬼編集長 vs 新人アシスタント アンディ の構図。

きっと誰しもが身に覚えのある「理不尽上司」のワガママにアンディがどれだけ答えることができるのか。

みんなが心当たりがあるからこそ、「がんばれ~」とアンディにエールを送りながら二人のバトルを観ることができる。

しかし、ここにも10年前には気付かなかったことがある。

私はミランダの鬼っぷりを観ながら、「ミランダにはアンディへの愛がある」と思った。

コメディ映画だけに、彼女のワガママっぷりは多少デフォルメされているものの(特に「ハリーポッター」の新刊のくだりや、嵐の中マイアミから飛行機を出すくだりなど)、もしも編集者として雑誌業界で働こうとするなら、プラスになることばかり。

アパレル会社のランスルーの現場に同席させ、パーティにも呼ばれ、パリコレに同行させる。

新入社員1年目の新人の分際で!!!

しかも、ミランダはアンディに対し理不尽なことで罵倒したりしない。

私は経験あるけど、ワガママを言いたいだけ言った上に、人のことを「バカ」だの「アホ」だの言いたい放題言う嫌な上司は山ほどいる。

しかし、ミランダはあくまでもアンディに対し「仕事への貢献」で判断している。

厳しいことを言うようだけれども、ミランダは見かけはとても理不尽に見えるけど、中身は非常にフェアな人間だと思った。



映画「プラダを着た悪魔」メリル・ストリープとアン・ハサウェイ


憧れのポジション。どうせ辞めるなら、美味しい思いをしてから辞めるべき


10年前に観た時は、「絶対、こんな人に出会いたくない嫌な上司ナンバー1」ぐらいに思っていた。

しかし、今では違う。

こんなに厳しい人の下で5年も働けば、どこでも通用する人になると思った。

実はそのことを「ランウェイ」に入社したばかりのアンディが周りの友人や、実家の両親に語っていた。

「ミランダはパリコレにも呼ばれる人で、世界中のプレスとつながっている。

その機会に私はたくさんのコネを作るわ」

まさにその通りで、日頃理不尽なワガママを聞いている分ミランダを通じてコネを作り、最終的には大手出版社にコネを作って転職するというのが、最高のシナリオだと思った。

その間に様々な現場を経験したり、編集のノウハウを盗めばいい。

きっと、誰にも負けない最強のアンディが出来上がるはず。だった…。



映画「プラダを着た悪魔」メリル・ストリープとスタンリー・トゥッチ


わずか1年足らずでふりだしに戻る残念さ


しかし、アンディはそうは考えない。

ミランダはパリで、新しいブランドの新規ポストを与えられ喜んでいるナイジェルから、その新しいポジションを奪ってしまう。

そして、ミランダは「私は、この人のやり方についていけない」と思い、ミランダの側を飛び出してしまう。

アンディから見たミランダは、「自分の都合で人の思いを踏みにじる人」に見えたらしい。

しかし、私からしたらアンディこそが「青臭いお嬢さん」に見えた。

常にTOPにいる人のプレッシャーとは、尋常ではない。

日々切磋琢磨し、自分のポジションを奪われないようにと必死になっている中、「部下を裏切って酷い」なんて言って逃げ出す姿は、なんとも青臭く見えた。

その後、新しいポストを失ったナイジェル(スタンリー・トゥッチ)は、今まで以上のポジションを与えられたかもしれない。

この時ナイジェル本人もそう言っていた。「きっと、別のことで埋め合わせしてくれるでしょ」

まだ、そのポジションにいて1年も経っていないのに、業務の楽しさも味わっていないまま辞めてしまい、振出しに戻るなんて、私には挫折した女の子にしか見えなかった。

しかも、次の就職先はミランダの口利きで決まるとか。

それは成長ではなく、ミランダからの憐みのような気がしてならない。

恐らくこれは、「ちょっと遠回りしたけど『本当にやりたいこと』に気付いた女の子の話」なんだろう。

でも、後になって「あの頃の自分はすごく輝いていた」と、気付いても遅い。

辞めるのは死ぬほど業界を吸いつくした後でも遅くない。

まぁ、そんな結末も、それはそれで面白かったけど。

最後の最後に振出しに戻ったのは、すごく残念だった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「プラダを着た悪魔」(字幕版)

プラダを着た悪魔 (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/9/17 14:59時点)



DVDで観る:「プラダを着た悪魔」

プラダを着た悪魔 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,000から
(2018/9/17 15:00時点)



オリジナルサウンドトラック「プラダを着た悪魔」

プラダを着た悪魔

新品価格
¥1,449から
(2017/3/6 17:03時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


レニー・ゼルウィガー主演、メリル・ストリープ共演の映画「母の眠り」を観た。

新聞社に勤務する20代女性が、母の病気をきっかけに実家に帰り、両親と共に暮らしながら家族について見つめ直す物語。

満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

いつか自分にもこんな時がくるのかも…と思いながら観た作品。

家族だから腹が立つこと、家族だから言えないこと。

「家族」それぞれへの想いについて考えさせられる作品だった。

「母の眠り」予告編 動画

(原題:ONE TRUE THING)




「母の眠り」DVD

母の眠り [DVD]

新品価格
¥892から
(2016/12/12 00:24時点)



原作本「母の眠り」

母の眠り

中古価格
¥399から
(2016/12/12 00:25時点)



キャスト&スタッフ


出演者

レニー・ゼルウィガー
…(「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」、「砂上の法廷」、「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月」、「ブリジット・ジョーンズの日記」、「ふたりの男とひとりの女」など)

メリル・ストリープ
…(「メリー・ポピンズ リターンズ」、「マンマ・ミーア!ヒア・ウィーゴー」、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「未来を花束にして」、「マダム・フローレンス!夢見るふたり」「幸せをつかむ歌」、「イントゥ・ザ・ウッズ」、「8月の家族たち」、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」、「ジュリー&ジュリア」、「大いなる陰謀」など)

ウィリアム・ハート
…(「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、「ニューヨーク 冬物語」など)

〇トム・エヴェレット・スコット
…(「すべてをあなたに」、「マネー・ゲーム」など)

監督

〇カール・フランクリン
…(「タイム・リミット」、「ハイ・クライムズ」、「青いドレスの女」など)

母の眠り

あらすじ


NYで働くジャーナリストのエレン(レニー・ゼルウィガー)は、実家から連絡を受け、母のケイト(メリル・ストリープ)が末期癌であることを知らされる。

父ジョージ(ウィリアム・ハート)から実家に帰ってきて介護と手伝いをするよう頼まれたエレンは、仕事を抱えたまま実家へ帰省する。

仕事を持ち帰ったエレンだったが、思うようにはかどらず、そのことに焦りを感じる日々だったが、母の病状は少しずつ悪化していった。

さらに、そんな状況で父が家族には言えない秘密を抱えていることを知ってしまい…。

母の眠り4


感想(ネタバレあり)


キャリアアップが全てだと思っていた女子が実家へ強制送還


男女平等の時代だと言われているが、家族が病気になったり、介護が必要になった時、家事を切り盛りしたり、病人の介護をしたりするのは、今でも女性の役目になる場合が多い。

20代後半から30代にかけて独身女性がキャリアアップを目指そうとした時、キャリアよりも家族の世話を選んだことで、昇進を断念してしまう女性たちを良く見る。

この映画の主人公エレンも、そのタイプの女性の1人だ。

野心溢れるジャーナリストの彼女は、もう少しで大物政治家のスキャンダルを暴露できると思った頃、母の病気が発覚し、実家へ帰らざるをえない状況になってしまう。

そして、その結果、夢に見てきた「NYの花形ジャーナリスト」の地位を見送ることになってしまう。

しかし、果たしてそれが本当に彼女にとってマイナスのことだったのか。

田舎に帰り、家族の世話をすることがキャリアを失うことであり、その人の人生にとってマイナスのことだったのか。

私もどちらかと言えば、家庭よりもキャリアを優先したいタイプの人間だったのだが、この映画を観ることで、それが全てではないし、家族と向き合うことで見えることもあるなと考えるようになった。

母の眠り5

「今の自分」を受け入れるということ


野心家にとって「田舎で過ごす時間」というのは、不安でしかない。

特に、この映画が作られた時代は今と全く状況が違っていた。

携帯電話を持っているのは、一部の特権階級の人間であり、パソコンもなければ、もちろんインターネットもない。

そんな状況でジャーナリストが原稿を抱えて実家に帰ったところで、流れている時間が違い過ぎる。

ライバルたちが足を使って積極的に取材を進めている時、自分はやったこともないケーキ作りをしたり、トイレ掃除をする毎日。

「このままでは自分は忘れ去れた存在になってしまう」と焦り始め、NYへ戻って取材をしても、NYにいた頃の自分と、田舎へ帰った自分では、全く考え方が違っていた。

そうなってようやく、エレンは「今の自分」を徐々に受け入れるようになる。

今、自分にとって目の前にある危機は「大物政治家のスキャンダル」ではなく、「病気の母の衰弱」であり「父の不倫」であり、家庭の不和だった。

その自分の置かれた状況を少しずつ受け入れていくことで、エレンも少しずつ人間として成長していく。

母の眠り3


「母の偉大さ」に気付く時


そのエレンが成長していくきっかけとなったのは、自分の人生を家族のために犠牲にすることを何年も前に受け入れた上で生きてきた「母」の偉大さだった。

私がこの映画の中で、とても印象に残る母のセリフがある。

それは、母の癌の症状が進んでいく中、自分のキャリアアップが思うようにいかず、田舎にいる自分とのジレンマや、父の浮気に気付いてイライラしているエレンに対して母が言った言葉だった。

「あなたが幸せになると分かっていたら、今すぐにでも死ねるのに。

私は、あなたの結婚式の手伝いをしてあげることもできない。

幸せになることはすごく簡単なことなのよ。

今、目の前にあるものを全て愛すればいいの。

過ぎ去ったものにしがみついても空しいだけ」

母は自分の病気と闘いながらも、父の不倫も、エレンのキャリアアップへの焦りも全て気付いて受け入れていた。

その上で、エレンに「自分の人生を愛しなさい」と語りかけていた。

「自分の人生を犠牲にすることで、家族が幸せになるのなら、喜んで自分の人生を受け入れる」と母は言いたかったんだろうと思う。

だからエレンにも、「自分の人生を受け入れて、家族の幸せを考えた時、きっと幸せが訪れる」と言いたかったんだろうと思った。

母の眠り2


「人生を受け入れ、愛する」という生き方


もちろん、それは「夫の不倫を受け入れることが素晴らしいこと」だと言っているワケではない。

それは、あくまでもこの映画の中での母の考え方であり、彼女の人生哲学である。

しかし、常に「あの時、ああしてれば」とか、「なんでお父さんはそんな行動をするんだろう」と考えるよりも、一歩引いて人生の全体像を観た上で世界の全てを愛したら、その向こうには幸せがきっとやってくる。

そんな母の言葉から感じたのは、彼女の大きさであり、まだ大人の考えができないエレンに対して「もう少し大人になりなさい」というメッセージなんだなと思った。

そうやってエレンは、母の哲学を受け入れ、受け継ぎ、成長していくんだと思った。

NYにいた頃は、「田舎で暮らすことは負け犬であり、敗北だ」と思っていたのに、その頃には、母のような生活をすることも悪く無いなと思えていたはずだ。

エレンにとって、母と過ごした最後の日々は彼女の人生を受け入れ受け継いでいく時間だったように思う。

この映画を観ながら思ったのは、自分の母の存在だった。

私の母も同じく、自分の人生を犠牲にして家族のために生き、父の欠点も受け入れて日々を生きている。

そんな彼女を横目に観ながら、もしかしたら、そのうち私も母のような生き方をするのかもしれない。

それは決してネガティブなことではなく、それもまた、「私の愛すべき人生」になる。

そう思えた作品だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「母の眠り」DVD

母の眠り [DVD]

新品価格
¥892から
(2016/12/12 00:24時点)



原作本「母の眠り」

母の眠り

中古価格
¥399から
(2016/12/12 00:25時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ロバート・レッドフォード主演、監督の映画「大いなる陰謀」をWOWOWで観た。

アメリカの行く末を憂う大学教授とジャーナリスト。彼らの憂いの裏にある大きな陰謀とは…。



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

本当はもっと言いたいことがあるのに、言えないまま終了してしまったような不完全燃焼な映画だった。



「大いなる陰謀」予告編 動画

(原題:LIONS FOR LAMBS)




DVDで観る:「大いなる陰謀」<特別編>

大いなる陰謀<特別編> [DVD]

新品価格
¥1,071から
(2016/6/19 00:41時点)



ネット配信で観る:「大いなる陰謀」(字幕版)

大いなる陰謀(字幕版)





キャスト&スタッフ


出演者





監督



2007年製作 アメリカ映画



あらすじ


アメリカで将来有望と言われているアーヴィング上院議員(トム・クルーズ)は、1時間だけという約束でリベラル派のベテランジャーナリストであるジャニーン・ロス記者(メリル・ストリープ)を呼び出す。

彼は、彼女に独占インタビューを提案し、その代わり、彼の主導で現在アフガニスタンで起きているテロとの闘いでの作戦を報道して欲しいと言う。

現実のアフガニスタンでは、その彼が計画した穴だらけの作戦のために、2人の若者が犠牲になろうとしていた。

その2人の若者は、政治学を教えるマレー教授(ロバート・レッドフォード)の将来有望な生徒たちだった…。



大いなる陰謀



感想(ネタバレあり)


今の学生を観て憂う


「アメリカに何の利益ももたらさないこんな戦争は、今すぐ止めるべきだ」と言いたいところが、すごく遠回りしてしまい、結局伝わりづらいものになってしまったような印象を受ける。

ハリウッドでもリベラル派で知られるレッドフォードが、アメリカの行く末を憂いて描いた作品。

そのレッドフォードの代弁者として登場するのが、2人のベテラン。

そのうちの1人は、大学で政治学を教えるマレー教授。

若い頃に反戦運動をしていた彼は、大学教授として論文を書き、この世界を変えようとかつては夢見ていた。

しかし、その夢も叶わず、学生たちを観れば、世の中を変えようと思っている若者(アニーとアーリアン)が戦場へ行き、無駄に命を落とし、世の中に無関心な学生たちは、何もせずにただ生き永らえようとしている。

その現実を変えようと思っていた矢先、彼の元に訃報が届いてしまう。

自分は若い頃、反戦運動をしていたから、今の若者たちにも、もっと政治に興味を持って欲しいという気持ちは分かる

でも、だったら、彼の行っている授業を変える必要があって、そんな学生を産んだのは、先生にも責任があるんじゃないかと思う。

その中でも優秀な学生を1人選んで、そこから突破口をと思うのは、あまりにも時間がかかるやり方なのではないかな。



大いなる陰謀4



今の政治家を観て憂う


アメリカの行く末を憂うのは、もう1人。

リベラル派のジャーナリスト、ジャニーン・ロス記者。

彼女が、かつて、「共和党期待の星」と名付けたアーヴィング上院議員に呼び出され、机上でしか戦争を知らない彼が始めた作戦を報道するよう迫られる。

現地で、何が起きているのか知る由もないジャニーンは、アーヴィングの言う通りに報道するしか手立てがないが、本当にそれでいいのかと自分に問う。

恐らく、監督のレッドフォードは、ここで、今のジャーナリストの姿勢を描きたかったのだと思う。

米軍や議会が提供する情報をうのみにして、そのまま垂れ流して報道することが、本当のジャーナリズムなのか

現地で何が行われているのか、裏をとって描くのがジャーリズムではないのか。

それは、アメリカだけでなく、日本でもよく見られる光景なので、伝えたい気持ちはよく分かる。

でも、しかし、これまた遠回りでちょっと分かりづらい。

もっと、ジャニーンとアーヴィングが対立するぐらいの力強さや、勢いがあっても良かったように思う



大いなる陰謀6



出演者は、ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ


主人公のマレー教授を演じるのは、ロバート・レッドフォード

監督も兼任。

リベラル派で知られる彼が、2007年当時のアフガニスタンでの戦争を否定したい気持ちは分かるが、イマイチ、心に響かないのが残念なところ。



大いなる陰謀3



ベテランのリベラル派ジャーナリスト、ジャニーン・ロス記者を演じるのは、メリル・ストリープ

彼女もまた、ハリウッドの中ではリベラル派で知られているので、納得のキャスティング。

作戦の裏にある真実を暴きたくて悶える姿は圧倒的だけど、彼女からしたら、まるで子供みたいなアーヴィング上院議員を論破するようなシーンがあっても良かったように思う。



大いなる陰謀5



そして、将来有望な共和党のホープとして登場するアーヴィング上院議員を演じるのは、トム・クルーズ

これは、共和党の若手のホープと言われる人間は上っ面だけで、中身が無いっていうのが言いたいがためのトム・クルーズのキャスティングかな??としか思えなかった。

でも、しかしよく一対一でメリル・ストリープと対面する役を引き受けたなと思った。

その勇気だけでも、素晴らしい。



大いなる陰謀2



この先、どこへ向かうべきなのか


この映画は、ロバート・レッドフォードが現状を憂う映画だ。

では、ここからどこへ向かうべきかや、若者たちは何をすべきかという提案が何一つない。

となると、これでは、お年寄りの愚痴で終わってしまう。

ベトナム戦争の頃は、兵役があった。

当時の若者たちは、国に働きかけ兵役はなくなった。

戦争が起きると、志願兵(ボランティア)を募ることになるが、政治に対する意識が高く、また貧しい暮らしをしている若者こそが志願兵で命を落としていく。

では、彼らはどうするべきなのか。

成績優秀だからと、国が優遇すべきなのか。

だから戦争をなくすべきなのか。

ロバート・レッドフォードの答えは、ここには無いが、何よりアメリカが他国に介入するような戦争は、もうやめるべきだと私は思う。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「大いなる陰謀」<特別編> DVD

大いなる陰謀<特別編> [DVD]

新品価格
¥1,071から
(2016/6/19 00:41時点)



ネット配信で観る:「大いなる陰謀」(字幕版)

大いなる陰謀(字幕版)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2016年2月11日から開催されていた第66回ベルリン国際映画祭の授賞式が20日に行われ閉幕した。

審査員には、メリル・ストリープ、クライヴ・オーウェンなど


今年の審査員は、審査員長をアメリカの女優メリル・ストリープがつとめ、他にイギリスの俳優クライヴ・オーウェンや、イタリアの女優アルバ・ロルヴァケルの他、映画評論家や映画監督、写真家などが参加している。

審査員長のメリル・ストリープは、その抱負について、「人種や民族、ジェンダー、宗教に対して開かれた平等な視点で作品をみたい」と語り、他の審査員たちには、「まっ白な状態で偏見なしでみてほしいから、作品や監督の情報が書かれたブックレットを事前に読むことを禁止しました」と伝えたという。

また、同じく審査員をつとめるクライヴ・オーウェンは、「我々が出した決断で何人かの映画監督の運命が変わる。責任重大ですね」と話したそう。

「朝日新聞」デジタル版 ベルリン国際映画祭特集より


 ↓ 審査委員長のメリル・ストリープ(左から2番目)、審査員のクライヴ・オーウェン(左から3番目)
ベルリン国際映画祭審査員

金熊賞(最高賞)は、イタリアの移民問題を扱ったドキュメンタリー映画が受賞


20日に行われた授賞式で、最高賞である金熊賞に選ばれたのは、イタリアのジャンフランコ・ロージ監督によるドキュメンタリー映画「Fear at Sea(火の海)」が受賞した。

イタリアの地中海にある小さな島、ランペトゥーザが舞台。

そもそもは、漁師しかいないような静かな島だったが、アフリカからヨーロッパへ入国する密航者たちの通過点ととして知られるようになり、島民たちに起きるハプニングを12歳の少年の視点で観たドキュメンタリー映画。

最近の、ヨーロッパ映画は、この「移民問題」が本当に多いもんなぁ。

その最前線では、何も知らない村人たちが巻きこまれてるんだなぁ。

その内容を聞いただけで、とても観たくなった。

「Fear at Sea(火の海)」が金熊賞に選ばれた理由について、審査員長のメリル・ストリープは、

「ストーリーテリングに長け、ニュアンスに富み、見る者の心を掴む、優れたドキュメンタリー。今年のベルリン映画祭の主役」と、絶賛したそう。(「映画.com」より

ちなみに、ジャンフランコ・ロージ監督は、2013年の第70回 ベネチア国際映画祭でドキュメンタリー映画「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」が最高賞にあたる金獅子賞を受賞している。

  ◆「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち 」DVD

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち [DVD]

新品価格
¥3,913から
(2016/2/23 23:55時点)



  ↓ 金熊賞を受賞したジャンフランコ・ロージ監督
ベルリン国際映画祭金熊賞2




その他の受賞作品はこちら↓から

第66回ベルリン国際映画祭 主要部門受賞結果一覧



金熊賞

「Fire at Sea(火の海)(英題)」

ベルリン国際映画祭金熊賞


銀熊賞 審査員グランプリ

「Death in Sarajevo(英題)」

銀熊賞 アルフレッド・バウアー賞

「A Lullaby to the Sorrowful Mystery(英題)」

銀熊賞 監督賞

ミア・ハンセン=ラブ「Things to Come(英題)」

銀熊賞 女優賞

トリーヌ・ディルホム「The Commune(英題)」

銀熊賞 男優賞

Majd Mastour「Hedi(英題)」

銀熊賞 脚本賞

トマシュ・ヴァシレフスキ「United States of Love(英題)」

銀熊賞 芸術貢献賞

リー・ピンビン「Crosscurrent(英題)」(撮影)



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



  ◆「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち 」DVD

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち [DVD]

新品価格
¥3,913から
(2016/2/23 23:55時点)



 















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック